TED日本語 - リチャード・J・ベリー: 路上生活者に仕事や安全を提供する実践的な方法

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - リチャード・J・ベリー: 路上生活者に仕事や安全を提供する実践的な方法

TED Talks

路上生活者に仕事や安全を提供する実践的な方法
A practical way to help the homeless find work and safety
リチャード・J・ベリー
Richard J. Berry

内容

アルバカーキの市長であるリチャード・J・ベリーは、「仕事をください」と書かれたボール紙を持った男性を道で見かけた時、彼の(そして同じ状況でボール紙を手にした人達の)訴えをかなえてやろうと決めました。彼はスタッフと共に、路上生活者に仕事や寝る場所を提供する市全体の取り組みを始め、素晴らしい結果を出しました。この率直で前向きなスピーチを聞いて、あなたの市がどのようにアルバカーキの手本を再現できるか見出しましょう。

Script

So, raise your hand if you've seen somebody in your city standing on a corner, holding a sign like this. I think we all have. If you're being honest, at least one time, have you wondered if they mean it? If we offered them a job, would they really take it? And what would that job mean to them in their lives? Well, this is a story about what happened in my city when we decided to find out, when we decided to think differently about panhandling, and lift people up through the dignity of work.

We call it, "There's a Better Way." We call it There's a Better Way because I believe there's a better way to get the money you need than panhandling on the corner. I believe there's a better way to help your brothers and sisters in need than handing a few dollars out the car window. We know there's dignity in work. We also know that people are much more likely to invest in themselves if they believe that their community is willing to invest in them first. And because we're all wired to be kind and compassionate, it always feels good to hand a couple of dollars to someone that is in need. But if you talk to panhandlers, many of them will tell you that your few dollars don't necessarily go towards feeding the body, they go towards feeding an addiction. There's a better way.

My name is Richard Berry, and I have one of the best jobs in the world. I get to be the mayor of a great American city, Albuquerque, New Mexico. I was at lunch on July 17,2015, in my great American city, and on my way back to city hall, I saw this gentleman standing on a corner. As you can see, he's holding a sign, and his sign says he wants a job. But if you look closer at the picture, you'll see he's standing underneath a blue sign, and that sign says, if you need help, if you need food or shelter or you'd like to donate, please call 311, our community service number.

So why is this guy standing underneath my sign with his sign? Well, we wondered if anybody would call that 311 sign, and as it turns out, they did -- 11,000 times people called. I put those up in about 30 intersections. And we did connect them with food and shelter and services. But yet he's still standing under my sign with a sign that says he wants a job. It's simple: he wants a job. So I decided to do something rare in government. I decided to make the solution simpler rather than more complicated. I went back to my office, I gathered my staff around and I said, "We're going to take this man at his word, and others like him. The man says he wants a job, we're going to give him a job, and we're going to make our city an even better place in the meantime."

You see, Albuquerque is a beautiful place. We're a mile high, the Sandia Mountains on the east, the Rio Grande runs through the center of the city; we're the home of the Albuquerque International Balloon Fiesta. On a day like today, you could literally ski this morning and golf this afternoon. But there's always something to do -- always weeds to pull, litter to pick up. If you're going to have an initiative like this in your city, you have to ask yourself two questions. First one is: Is there anything left to do in your city? And if the answer is no, would you please give me your mayor's phone number, because I need some advice.

(Laughter)

But the second question you have to ask is this: Are your solutions to panhandling working? If you're like Albuquerque, and you're taking the punitive approach like we used to, handing out tickets to panhandlers or those who give them money, I'm going to suggest that your solutions aren't working, and I know you're not getting to the root of your problem in your city. So if you have something to do and you need people that need something to do, there's a better way. And the good news is, it's not that complicated.

This a 2006 Dodge van. It was in my motor pool not doing anything. We put some new tires on it, wrapped it with a logo. This van now goes out to street corners where our panhandlers are -- we go to them. We stop the van, we get out, we ask them if they would like a day's work rather than panhandling for the day. And if you wondered if they really mean it -- it takes us about an hour to fill this van up in the morning, because almost everybody we ask takes a job for the day.

But you need more than just a van. You need a super-fantastic human being to drive that van. And my super-fantastic human being, his name is Will. This is him in the yellow vest. Will works at our local nonprofit partner. He works with the homeless every day. The panhandlers trust him, he believes in them, he hustles. I like to say, "Where there's a Will, there's a way." So if you're going to do the Better Way campaign in your city, you need to find yourself a Will, because he's really one of the keys to making this successful in the city of Albuquerque.

You also need a great nonprofit partner. Ours is St. Martin's Hospitality Center. They've been in our community for over 30 years. They provide counseling, food, shelter, and if they don't provide it, they know somebody in our city that does. But they do something much more for me as the mayor. They provide agility. You see, it takes me two weeks, maybe two months sometimes, to onboard an employee with the city of Albuquerque. So you could imagine -- my old Dodge van, my super-fantastic human being, Will, a great local nonprofit partner -- they drive to the corner, there's a panhandler, they say, "Would you like to work for the day?" The panhandler says, "Yes," and Will says, "Great! I'll be back in six weeks to pick you up."

(Laughter)

It wouldn't work. It's really important that we have that agility in our program. And they do the paperwork, they do the insurance, they do all of the other forms that I can't do quickly.

We pay our panhandlers nine dollars an hour. We feed them once at the jobsite. At the end of the day, our old Dodge van takes them right back to St. Martin's, and they get connected with counseling services.

So far, with the pilot program and a couple days a week, and a fantastic human being and a Dodge van, we've cleaned up 400 city blocks in the city of Albuquerque. We've picked up over 117,000 pounds of trash, weeds and litter. I don't know if you've ever weighed a tumbleweed, but they don't weigh much, so you can imagine the volume of material that we've picked up.

My city has 6,000 employees, and none better than my solid waste department. We send our trucks out at the end of the day, they help the panhandlers put into the truck the material they've picked up during the day, and we take it to the landfill. I'm lucky that I have city employees that are willing to work side by side with our panhandlers. They're lifting up our city while lifting up their lives. And like anything else -- listen, it takes resources. But the good news is it doesn't take much. We started with an old van, a super-fantastic human being, a great local nonprofit and $ 50,000.

But we also had to have community trust. And fortunately, we had built that up in years prior to Better Way. We have a program called "Albuquerque Heading Home," a Housing First model where we house the chronically homeless, and when I told my community we wanted to do that differently, I said there's a smart way to do the right thing. We have now housed 650 chronically homeless, medically vulnerable -- frankly, most likely to die on the streets in our city. We commissioned our university, they studied it. We could tell the taxpayers, we can save you 31.6 percent over the cost of leaving someone to struggle for survival on the streets. We've now saved over five million dollars while housing 650 people.

So we had that community trust, but we had to have a little bit more of an honest conversation also as a community, because we had to get people to understand that when they hand those five dollars out the window, they might actually be minimizing their opportunity to help the person in need, and here's why: that five dollars might go to buying some fast food today -- a lot of times it goes to buying drugs and alcohol. That same five dollars, if you gave it to one of our shelters, could feed seven people today. And if you gave it to one of our local food banks or food pantries, we could actually feed 20 people with that money.

People ask," Well, Albuquerque is 600,000 people -- million, metro -- this wouldn't work in our city, we're too big, we're too small." I disagree; if you have one panhandler on one city block, you can do this. If you live in a city of eight-and-half million people, you can do this. It doesn't matter what you do. It's not the work that you do, it's the dignity of the work. You could do anything. So I think any city could do this. And people say to me, "Mayor, that's just a little too simple. It can't work that way."

But I tell you what, friends: when you go to a street corner and you engage with a panhandler with dignity and respect, maybe for the first time in years, maybe in their life, and you tell them that you believe in them and that this is their city as much as it's your city, and that you actually need their help to make our place better, and you understand that this isn't the answer to all their problems, but at least it's a start, an amazing thing happens. When they get out on the jobsite and they start working together, you start seeing amazing things happen. They see teamwork; they see the fact that they can make a difference. And at the end of the day, when they get back to St. Martin's in that old Dodge van, they're much more likely to sign up for whatever services they need -- substance abuse, mental health counseling, you name it.

So far with our pilot program, we've offered about 1,700 days of day work. We've connected 216 people to permanent employment opportunities. Twenty people actually qualified for our Housing First model, Heading Home, and they've been housed. And over 150 people have been connected to mental health substance abuse services through There's a Better Way.

This is me just two weeks ago, at St. Martin's, doing our point-in-time survey that we do every two years. I'm interviewing a gentleman who's homeless, like we do, getting his information, figuring out where he's from, how he got there, what we can do to help him. And you notice he's holding the same sign that the guy was holding in 2015, same sign I walked out with here today.

So you have to ask yourself: Is it really making a difference? Absolutely it's making a difference. Albuquerque is now one of the national leaders in combating some of the most stubborn and persistent social issues that we have. Combined with Albuquerque Heading Home, the Better Way program, Albuquerque has reduced unsheltered homelessness in our city by 80 percent last year. Since I took over as mayor, we've been able to reduce the chronic homeless population in our city by 40 percent. And by HUD's definition, we've gotten to functional zero, which means we've literally ended veteran homelessness in the city of Albuquerque, by being intentional.

(Applause)

So I'm happy to report that other cities are hearing about this, other mayors are calling us -- Chicago, Seattle, Denver, Dallas -- and are now starting to implement programs where they bring the dignity of work to the equation. And I can't wait to learn from them. I can't wait to see what their experiment looks like, what their pilot project looks like, so we can start taking a collective approach nationally through the dignity of work. And I want to commend them -- the mayors, their communities, their nonprofits -- for the work that they're doing.

So who's next? Are you and your city ready to step up? Are you ready to think differently about these persistent social issues? Are you ready to lift people up in your community through the dignity of work, and make your city profoundly better in many ways? Well, if you are, my friends, I promise you there is a better way.

Thank you.

(Applause)

ご自分の町でこのようなサインを持ち 道路の隅に立っている人を 見たことがある人は 手を挙げてください 全員があると思います 皆さんは正直 本気なんだろうかと 一度でも考えたことがありませんか? 仕事を与えたら それを本当に引き受けるでしょうか? その仕事は彼らの生活に どんな意味を成すのでしょうか? その疑問を明らかにし 物乞いという行為に対する 考え方を改め 労働の尊厳を通して 人々を奮い立たせようとした 私の市の話をしようと思います

“There's a Better Way(もっと良いやり方がある)” この活動をこう呼ぶのは お金を得るためには 道路で物乞いをするよりも 良い方法があると 信じているからです 困窮した人を助けたいのなら 交差点でお金を渡すより より良い方法があると 信じています 仕事には尊厳があります 人は 地域社会が自分に 投資しようとしていることが分かれば 自分自身に投資をする 可能性が高いと思います 私達人間は親切で 思いやりのある生き物ですから 困っている人にお金を渡すと 良い気分になるのです しかし 物乞いをする人に聞けば 彼らの多くは 渡された数ドルは必ずしも 食欲を満たすためではなく ドラッグを買うために 使うと言うでしょう もっと良いやり方があります

私はリチャード・ベリーです 世界で最高の職の一つに 就いています 私は素晴らしいアメリカの都市 ニューメキシコ州 アルバカーキ市の市長です 2015年7月17日 私は この素晴らしい市内で昼食をとり 市役所に戻る途中で 交差点に立つ 男性を見かけました 見てお分かりの通り サインを持っており 仕事が欲しいと書かれています しかしこの写真をよく見ると 彼が青い看板の下に 立っているのがわかります 看板には 困っていて 食べ物や保護所が必要な人 または寄付をしたい方は コミュニティサービスの 311にお電話を と書かれています

ではなぜこの男性は我が市の看板の下で このサインを持って立っているのでしょうか? 看板を立てるときには 電話はあるだろうかと心配しましたが 実際にはかかってきました 11,000回の電話がありました 30か所の交差点に この看板を設置しました そして実際に 食糧や宿泊所 その他のサービスの提供をしました それでも彼は仕事が欲しい というサインを持って 市の看板の下に立っています 単純です ― 彼は仕事が欲しいのです そこで私は行政では稀なことを することにしました 解決策を複雑にするより よりシンプルにしようとしたんです 私はオフィスに戻り スタッフを集め こう言いました 「私達はこれから この男性や彼のような人の 言葉を信じていこう」 「彼が仕事が欲しいというなら 私達が提供し その過程で私達の市を より良い場所にしていこう」

アルバカーキは とても美しい場所なんです 高度は約1600mで 東にはサンディア山があり 町の中心に リオグランデ川が流れ アルバカーキ国際気球フェスティバルの 本拠地でもあります 今日のような日には 文字通り 朝にスキーをし 午後にはゴルフが出来ます でも やるべきことは 残っています 草むしりやゴミ拾いです 自分の町のための 新たな取り組みをする際には 2つのことを 自分に問う必要があります 1つ目は あなたの町に やるべきことが残されていますか? 答えがノーなら 市長さんの電話番号を 教えてくれませんか アドバイスが欲しいので

(笑)

でも あなたが2つ目に 問うべきことはこれです 自分の町で 物乞いのための解決策が 機能しているか? 以前のアルバカーキのように 物乞いをする人やお金を渡す人に 反則チケットを渡すような 懲罰的なアプローチを しているのなら その解決策は 機能していないと思います あなたが 町の問題の根源に たどり着いていないこともわかります もしやるべきことがあって 一方 何かやることを求めている 人手が必要なら もっと良い方法があります 幸いなことに それはそんなに複雑ではありません

これは2006年製の ダッジバンで 私の駐車場に使われないまま 放置されていました 私達は タイヤを交換し ロゴマークを付けました このバンは物乞いをする人たちがいる 通りへ行きます ― 私達から会いに行きます バンを停め 外に出て 物乞いをするよりも 日雇いの仕事が欲しいか 彼らに尋ねます 彼らが本当に希望するかと お考えですか ― 朝1時間ほどで バンがいっぱいになります 声をかければ ほぼ全員が 仕事を引き受けるからです

しかし必要なのは バンだけではなく そのバンを運転する 最高に素晴らしい人間が必要です そして最高に素晴らしい人間がウィルです 彼は黄色のベストを着ています ウィルは地元の 非営利パートナーに勤めており 彼は毎日 路上生活者と共に働きます 彼らはウィルを信用し ウィルは彼らを信用し 彼は奮闘します 「意志(ウィル)のあるところに 道は開ける」と言いましょう あなたの町でBetter Way キャンペーンを実施するなら ウィルのような人が必要です なぜなら彼こそが このアルバカーキで 事業が成功している 一つの鍵だからです

また 素晴らしい 非営利パートナーも必要です 私達の場合は聖マーティン ホスピタリティ・センターです 彼らは私達の地域社会に 30年以上も関わっており カウンセリングや食糧 保護所を提供し それが出来ない場合は 提供してくれる 他の場所を教えてくれます しかし市長の私にとって 彼らはそれ以上に 機敏さを提供してくれます 私がアルバカーキで 雇用者を働かせるには 準備に2週間 時に2か月もかかります なので想像してみてください 私の古いバンで 最高に素晴らしい人間 ウィルや 素晴らしい地元の 非営利パートナーが 通りを運転し 物乞いをする人を見つけ 「日雇いの仕事をしたいですか?」 と聞きます その人は「はい」と答え ウィルが「ならば6週間後に あなたを迎えに来ますね」と言います

(笑)

それでは機能しません 私達のプログラムには 機敏さがとても重要です 彼らが書類を整え 保険をかけ 私が迅速に行うことの出来ない 全ての事務処理をやってくれます

私達は雇った人たちに 時給9ドルを支払います 現場で一回の食事を与え 一日の終わりに 私達の古いバンで 彼らを聖マーティンへと運び そこで彼らは カウンセリングサービスを受けます

今までのところ この週2、3回の 試験的なプログラムで 1人の最高に素晴らしい人間と 1台のダッジバンと共に 私達はアルバカーキ市の 400の区画を一掃しました 約53トン以上の ゴミや雑草を回収しました 回転草の重さをはかった人が いるかは分かりませんが あまり重くないので 回収されたものの体積が 想像できると思います

アルバカーキには 6000人の市役所職員がおり とても素晴らしい 廃棄物処理課があります 私達は一日の終わりに トラックを出し 路上生活者が その日に集めたゴミなどを トラックに運ぶのを その課の職員が手伝い ゴミ処理場に運びます 路上生活者と協力して 共に働いてくれる職員がおり 私は幸運です 自身の生活の質を上げると同時に 市をより良い場所にしています また何をするにも やはり費用がかかりますが 幸いにも このプログラムには あまり費用がかかりません 私達は1台の古いバンと 1人の最高に素晴らしい人間 素晴らしい地元の非営利団体 そして5万ドルの予算で始めました

しかし同様に私達には 地域の信頼が必要でした 幸い私達はこの事業を始める 数年前からその信頼を築いていました “Albuquerque Heading Home”というプログラムは 長期路上生活者を家に住まわせる ハウジングファースト型の事業です 私は地域コミュニティに 正しいことをするためには 今までとは違った もっと賢いやり方があると伝えました 現在までに私達は650人の 長期路上生活者に家を与えました 彼らは医学的弱者 つまり 路上で死ぬ可能性が最も高い人たちです 私達が地元の大学に 研究を依頼したところ 路上で生き延びる為に苦しんでいるのを 放っておくよりも 31.6%の税金を 節約できることがわかりました 私達は650人に家を与えた一方 500万ドルを節約しました

私達には地域の 信頼がありましたが 一つの地域社会として さらなる誠実な対話が 必要でした 人々に理解してもらう 必要があったからです 車窓から 5ドルを渡すとき 実際には困窮する人を 助ける機会を 最小にしているのです その理由は ― その5ドルが ファストフードを買う代わりに ドラッグやお酒を買うために 使われるからです その5ドルを 私達の保護所に寄付すると 7人に食事が与えられます 私達の地元のフードバンクや フードパントリーに寄付すれば 実際に20人に 食事を与えることができます

人はこう言います 「アルバカーキという60万人の大都市だけど 私の町では上手くいかない 私の町は大きすぎるとか 小さすぎるとか」 私は違う意見です 1区画に1人でも物乞いをする人がいたら 実行できます 人口850万人の大都市に 住んでいても 実行できます 皆さんの職業は関係ありません 重要なのは その仕事に尊厳があるかです どんな仕事でも関係ありません 私はどんな町でも これが実行できると思います 中には私に 「市長 それは少し シンプルすぎて そうは機能しないでしょう」 という人もいます

でも私はこう言えます あなたが通りに行って 尊厳と敬意を持って 物乞いをする人と接し もしかしたら何年か振りに もしくは彼らの人生で初めて あなたが彼らを 信用すると伝えれば そしてその場所が彼らの町で あなたの町でもあり より良い場所にするために 実際に彼らの助けが必要なら 彼らの問題を 全て解決するわけではないと分かっていても 少なからずその行動が 素晴らしいことを 起こすための第一歩となります 彼らを作業現場に連れていき 一緒に働き始めるとき 素晴らしいことが 起こるのを体験します 彼らはチームワークを感じ 変化を起こせると感じます そして一日の終わりに 古いダッジバンで 聖マーティンに帰ってくると 彼らは自分に必要などんなサービスにも 参加する可能性が高くなります 薬物乱用や精神衛生相談など 何でもです

今まで私達の 試験的なプログラムで 合計約1700日分の 仕事を提供し 216人を正規雇用の機会に 結び付けました 20人が実際に ハウジングファーストの資格を得て 家に帰るというこの事業で 彼らは家を与えられました またBetter Wayプログラムで 150人以上が薬物乱用に対する 精神衛生サービスと つながりました

これは私が2週間前の 聖マーティンで 2年に一度の 現状調査をしている所です 私は路上生活者である 男性と対談しています 彼についての情報を聞くことで 彼の出身や 路上生活者になった経緯や どんな助けが 必要かを知るためです 私が2015年に見た男性と同じサインを 彼が持っていることに気付いたと思います 今日私が持ってきた サインと同じです

自分自身に問わなければいけません 現状は改善しているのか? 確実に改善しています アルバカーキは現在 私達が直面している 手に負えないほど根深い社会問題に 立ち向かうことについて 国を先導しています Albuquerque Heading Homeや Better Wayプログラムで 去年アルバカーキの 住処のない路上生活者の人口が 8割減少しました 市長に就任してから 私達の市の 長期的な路上生活者の人口を 4割減らすことができました また住宅都市開発省の定義する 「実質ゼロホームレス」状態を アルバカーキ市の退役軍人に対して 計画的に 実現することができました

(拍手)

私は 他の都市がこの事を耳にしていると 報告できて嬉しいです 数人の市長から 連絡がありました シカゴやシアトル デンバー、ダラス ― これらの都市は 労働の尊厳を考慮した プログラムを 導入し始めています 彼らから学ぶことができるのが 待ち遠しいです 彼らがどのような経験をし どんな試験的な事業を行うのか とても楽しみです それにより労働の尊厳を通して 全国的に力を合わせたアプローチを 始めることができます そして私は この事業を行う 市長や地域社会 非営利団体を 称賛したいです

次は誰でしょうか? 皆さんと皆さんの町は 向上する準備ができていますか? こうした根深い社会問題に対する考えを 変える準備ができていますか? 労働の尊厳を通して 地域の人々を奮い立たせ 多くの面で 町を根本的に改良する 準備ができていますか? 準備ができているなら もっと良いやり方がきっと見つかります

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画