TED日本語 - アントニー・D・ロメロ: これこそが民主主義のあるべき姿

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アントニー・D・ロメロ: これこそが民主主義のあるべき姿

TED Talks

これこそが民主主義のあるべき姿
This is what democracy looks like
アントニー・D・ロメロ
Anthony D. Romero

内容

2017年におけるアメリカ合衆国の政治情勢の解読を追求する上で、ACLU(アメリカ自由人権協会)のエグゼクティブ・ディレクターを務める弁護士アントニー・D・ロメロは、意外な所に答えを求めました ― イタリア・ルネッサンス期の巨匠アンブロージョ・ロレンツェッティが描いた14世紀のフレスコ画です。600年前に描かれた絵画が、現代社会に一体何を教えてくれるのでしょうか?実は、意外にもたくさんのことでした。この絵画同様に印象深いロメロのトークが全てを説明してくれます。

Script

Silicon Valley is obsessed with disruption, but these days, the biggest disruptor didn't come out of Silicon Valley. It came out of steel towns in Ohio, rural communities in Pennsylvania, the Panhandle in Florida. And this last US presidential election was the mother of all disruptions. Once again, politics is personal. Millions of Americans became activists overnight, pouring into the streets in record numbers in record time.

(Laughter)

The election has done to family holiday dinners what Uber has done to New York City's taxi system. Couples have broken up and marriages disrupted. And the election is doing to my private life what Amazon is doing to shopping malls. These days, the ACLU is on the front lines 24/7, and even if I manage to sneak away for a couple of miles on the treadmill, any cardio benefit I get is instantly obliterated when I read another presidential tweet on the headline scroll. Even my secret pleasure of studying the Italian painters have been infected by politics.

Now, I study, even stalk, the old masters. This is my desk, with a postcard exhibition of some famous and obscure paintings mostly from the Italian Renaissance. Now, art used to provide me with a necessary break from the hurly-burly of politics in my daily work at the ACLU, but not anymore.

I was at the Women's March in San Francisco the day after inauguration, and the crowd was chanting, "This is what democracy looks like." "This is what democracy looks like." And there I was holding my sign and my umbrella in the rain, and I flashed on an old painting that first captivated me many years ago. I struggled to remember the different pieces of an actual painting of good and bad government. It was almost like the old master was taunting me. You want to know what democracy looks like? Go back and look at my frescoes.

And so I did. In 1339, Ambrogio Lorenzetti finished a monumental commission in the governing council chamber of Siena's Palazzo Pubblico. It's a painting that speaks to us, even screams to us, today. "Art is a lie that makes us realize truth," Pablo Picasso once said. And as we search for the truth about government, we should keep Ambrogio's work, not a lie but an allegory, in our collective mind's eye.

During Lorenzetti's time, the political legitimacy of Italian city-states was often on very shaky ground. Siena was a republic, but there had been enormous unrest in the two decades leading up to the commission. Siena's political leaders, who would literally govern under the eyes of these allegorical figures, were Lorenzetti's intended audience. He was cataloging the obligations of the governing to the governed.

Now, you can spend years studying these frescoes. Some scholars have. I'm hardly an art historian, but I am passionate about art, and a work this massive can overwhelm me. So first, I focus on the big stuff.

This is the allegory of good government. The majestic figure here in the middle is dressed in Siena's colors and he personifies the republic itself. Lorenzetti labels him "Commune," and he's basically telling the Sienese that they, and not a king or a tyrant, must rule themselves. Now, surrounding Commune are his advisors. Justice is enthroned. She's looking up at the figure of wisdom, who actually supports her scales of justice. Concord, or Harmony, holds a string that comes off the scales of justice that binds her to the citizens, making them all compatriots in the republic. And finally we see Peace. She looks chilled out, like she's listening to Bob Marley. When good government rules, Peace doesn't break a sweat.

Now, these are big images and big ideas, but I really love the small stuff. Along another wall, Lorenzetti illustrates the effects of good government on the real and everyday lives of ordinary people with a series of delicious little details. In the countryside, the hills are landscaped and farmed. Crops are being sown, hoed, reaped, milled, plowed, all in one picture. Crops and livestock are being brought to market. In the city, builders raise a tower. People attend a law lecture, a TED Talk of the 14th century.

(Laughter)

Schoolchildren play. Tradesmen thrive. Dancers larger than life dance with joy. And watching over the republic is the winged figure Security, whose banner reads, "Everyone shall go forth freely without fear."

Now, what's amazing about these images from 800 years ago is that they're familiar to us today. We see what democracy looks like. We experience the effects of good government in our lives, just as Lorenzetti did in his life.

But it is the allegory of bad government that has been haunting me since November 9. It's badly damaged, but it reads like today's newspapers. And ruling over bad government is not the Commune but the Tyrant. He has horns, tusks, crossed eyes, braided hair. He obviously spends a lot of time on that hair.

(Laughter)

Justice now lies helpless at his feet, shackled. Her scales have been severed. Justice is the key antagonist to the Tyrant, and she's been taken out.

Now, surrounding the Tyrant, Lorenzetti illustrates the vices that animate bad government. Avarice is the old woman clutching the strongbox and a fisherman's hook to pull in her fortune. Vainglory carries a mirror, and Lorenzetti warns us against narcissistic leaders who are guided by their own ego and vanity. On the Tyrant's right is Cruelty. Treason, half lamb, half scorpion, lulls us into a false sense of security and then poisons a republic. Fraud, with the flighty wings of a bat. On the Tyrant's left, you see Division. She's dressed in Siena's colors. "Si" and "No" are painted on her body. She uses a carpenter's saw to chop her body in half. And Fury wields the weapons of the mob, the stone and knife.

In the remainder of the fresco, Lorenzetti shows us the inevitable effects of bad government. The civic ideals celebrated elsewhere in this room have failed us, and we see it. The once beautiful city has fallen to pieces, the countryside barren, the farms abandoned. Many are in flames. And in the sky above is not the winged figure Security, but that of Fear, whose banner reads: "None shall pass along this road without fear of death."

Now, the final image, the most important one, really, is one that Lorenzetti did not paint. It is of the viewer. Today, the audience for Lorenzetti's frescoes is not the governing but the governed, the individual who stands in front of his allegories and walks away with insight, who heeds a call to action. Lorenzetti warns us that we must recognize the shadows of Avarice, Fraud, Division, even Tyranny when they float across our political landscape, especially when those shadows are cast by political leaders loudly claiming to be the voice of good government and promising to make America great again.

And we must act. Democracy must not be a spectator sport. The right to protest, the right to assemble freely, the right to petition one's government, these are not just rights. In the face of Avarice, Fraud and Division, these are obligations. We have to disrupt --

(Applause)

We have to disrupt our lives so that we can disrupt the amoral accretion of power by those who would betray our values. We and we the people must raise justice up and must bring peace to our nation and must come together in concord, and we have a choice. We could either paint ourselves into the worst nightmare of Lorenzetti's bad government, or we can stay in the streets, disruptive, messy, loud. That is what democracy looks like.

Thank you.

(Applause)

Chris Anderson: First of all, wow. Obviously, many people passionately -- you spoke to many people passionately here. I'm sure there are other people here who'd say, look, Trump was elected by 63 million people. He's far from perfect, but he's trying to do what he was elected to do. Shouldn't you give him a chance?

Anthony Romero: I think we have to recognize the legitimacy of him as president versus the legitimacy of his policies. And when so many of the policies are contrary to fundamental values, that we're all equal under the law, that we're not judged by the color of our skin or the religion we worship, we have to contest those values even as we recognize and honor the fact that our democracy rendered us a president who is championing those values.

CA: And the ACLU isn't just this force on the left, right? You're making other arguments as well.

AR: Well, you know, very often we piss everyone off at one point. That's what we do. And we recently were taking stands for why Ann Coulter needs to be able to speak at Berkeley, and why Milo has free speech rights. And we even wrote a blog that almost burnt the house down among some of our members, unfortunately, when we talked about the fact that even Donald Trump has free speech rights as president, and an effort to hold him accountable for incitement of violence at his marches or his rallies is unconstitutional and un-American. And when you put that statement out there to a very frothy base that always is very excited for you to fight Donald Trump, and then you have a new one saying, "Wait, these rights are for everybody, even the president that we don't like." And that's our job.

(Applause)

CA: Anthony, you spoke to so many of us so powerfully.

Thank you so much. Thank you.

(Applause)

シリコンバレーは 「破壊」にとりつかれています ところが最近の破壊の一番の火付け役は シリコンバレーではなく オハイオ州の鉄鋼の町 ペンシルバニア州の田舎町 フロリダ州の北西部から発生してます 一番最近の米国大統領選挙は まさに破壊の産みの母でした 今回も政治は個人的な心情を揺さぶりました 何百万人ものアメリカ人が 一晩で活動家に変身し 史上最多の人数が 史上最速で 街中に溢れ出ました

(笑)

選挙は祝日の家族の夕食を すっかり変えてしまいました ウーバーがニューヨーク市のタクシー業界に もたらしたものと同じです カップルは別れ 結婚生活は破綻しました 選挙は私の個人生活にも アマゾンがショッピングモールに 与えたのと同じ影響を与えてます 最近ではACLUも週7日24時間体制で 前線に立っており 私は ちょっとの時間抜け出して ランニングマシーンで数マイル走っても 心臓に対する健康効果は ニュースの見出しに流れる 大統領のツイートを見ると 一瞬で帳消しになってしまいます 私の密かな楽しみである イタリア美術の鑑賞も 政治に侵されてきたのを感じています

実は 私は古典の巨匠を 追いかけ回すほど惚れ込んでいます 私の書斎机は 主にイタリアルネッサンス期の 有名無名の絵画の 絵葉書でいっぱいです 以前は美術鑑賞が ACLUの毎日の仕事である 政治の世界のごたごた から逃れる手段でした ところが最近それも変わりました

サンフランシスコで 女性大行進に参加した時のこと 大統領就任式の翌日のことでしたが 民衆は叫んでいました 「これが民主主義の素顔だ」 「これが民主主義の素顔だ」と 私もプラカードを掲げ 雨の中 傘をさして参加していると ある古い絵画が パッと頭に浮かんだのです ずいぶん前に出会った時から 魅惑された作品でした 細かい部分を思い出すのに 記憶を巡らしたのが 善の政府と悪の政府を描いた 実在する絵画です まるで古典の巨匠に 挑発されているようでした 民主主義の真の姿を見てみたいか? ならば 私のフレスコ画を もう一度観察してみろ

そこで私はその通りにしました アンブロージョ・ロレンツェッティは 1339年に依頼された巨大な作品を シエナ市のプブリコ宮殿内の 運営審議会室に完成させました この作品は今日も我々に話しかける いや訴えるような作品です 「芸術とは 我々に真実を悟らせる嘘である」 パプロ・ピカソの言葉です 私達が政府についての真実を 探求する上で アンブロージョの作品を思い浮かべ 嘘ではなく 寓意として 我々集団の心の目として捉えるべきです

ロレンツェッティの時代には イタリアの都市国家は その政治的正統性を 頻繁に問われていました シエナ市は共和国でしたが 作品が依頼される20年程前から 大規模な社会不安が蔓延していました これらの寓意的人物の視線を 気にしながら国を治めていた シエナ市の政治指導者達が ロレンツェッティが意図した観客でした 彼は支配される者に対する 支配する側の義務を 目録のように描いたのです

この壁画の研究には 幾年も費やすことが可能で 実際 そのような研究に没頭した学者もいます 私自身は美術史の専門家ではありませんが 美術に情熱を感じていることは事実で これほど大きな作品は 私を圧倒します ですので まず最初に 大きな要素に注目します

これは善の政府の寓意です 真ん中に立つ威厳ある人物は シエナのシンボルカラーをまとい この都市国家を象徴しています ロレンツェッティはこの人を 「コムーネ(自治都市)」と名付け シエナの人々に 王様でも圧制家でもなく 市民が自ら国家を治めるべきことを 伝えています コムーネを囲むのは彼の助言者らです 「正義」は王座に就いています 彼女は「知識」の姿を見上げていますが 「知識」は正義の天秤を支えます 「共和」 または「調和」は 正義の天秤からほころびた糸を 持っていますが この糸が彼女を国民と結んでおり 国民全てが国家の同胞であることを 表しています 最後に「平和」に目を向けると 彼女のくつろいだ姿は まるでボブ・マーリーでも 聞いているようです 善の政府が国を統治していると 「平和」は汗もかかずに安心していられます

これらは大きな図像の 大きなアイデアですが 私が好むのは小さなものです 別の壁に ロレンツェッティが描いたのは 善の政府の効果ですが 市民の現実や日常生活への影響が 細部まで実に魅力的に描かれています 田園風景に見られるのは きちんと整えられて耕された丘 作物の種がまかれ 畑が起され 収穫 製粉され 耕される様子が 全て一つの絵に描かれています 収穫した作物や家畜が マーケットに集められます 街中では建築業者が塔をたてます 市民は法律の講習 14世紀のTEDトークのようなイベントに参加します

(笑)

学童が遊び 商人は繁盛し 喜びに満ちた踊り子達は ひときわ力強く描かれています その国家の様子を見下ろしているのが 翼を広げた「安全」 垂れ幕に書かれている言葉は 「誰でも恐れることなく 自由に行き来するであろう」

800年前に描かれたこの イメージの素晴らしさは 現在も見慣れた情景である点です 民主主義の素顔を表しています 私達は善政が暮らしに与える効果を ロレンツェッティが生きた時代と 同じように体験します

ところが11月9日以来 私の頭から離れないのが 悪の政府の寓意です 損傷は激しいですが まるでこんにちの新聞紙面と 同じような内容を語ってます 悪の政府の支配を握るのは コムーネではなく 一人の「暴君」 角と きばと 寄り目の容姿で 髪を編み込んでいます 絶対この髪型には かなり時間をかけているようです

(笑)

ここでは「正義」が彼の足元で 哀れな姿で横になり 鎖でつながれています 天秤は壊され 「暴君」の一番の敵 「正義」は 連れ去られています

「暴君」を囲むように ロレンツェッティが描いたのが 悪政を活気づける悪徳の姿 片手で金庫をしっかり握る老婆は「強欲」 もう一つの手には漁師のかぎ針を持ち これで財産を引き寄せます 「うぬぼれ」は鏡を持ち ロレンツェッティはここで 自尊心と虚栄心に支配される 自己陶酔的な指導者への警戒を訴えています 「暴君」の右側に並ぶのが「残酷」 羊とさそりの2つの姿を持つ「反逆」が 偽りの安全感を与え 国家に毒を与えます 移り気なコウモリの翼を持つのが 「詐欺」 暴君の左に並ぶのが「分裂」 彼女もシエナの色をまとっており 「Si(賛成)」「No(反対)」と 体に描かれています 大工のノコギリで体を半分に 切り分けています 「憤激」は大衆の武器 石と剣を振るいます

フレスコ画の残余の部分に ロレンツェッティは 免れられない悪政の影響を表してます この会議室の他の壁で祝福されている 市民の理想が裏切られたことが ここで明らかになります かつて美しかった町は荒廃し 田園は不毛地帯となり 農家は打ち捨てられ その多くから炎が上がります 頭上の空にいるのは 翼を広げた「安全」ではなく 「恐怖」 その垂れ幕に描かれている言葉は 「何人たりとも この道を 死の恐怖を抱かずに歩むことはできぬ」

一番重要な最後のイメージを 実はロレンツェッティは描いていません それはこの壁画の鑑賞者です こんにちロレンツェッティの フレスコ画の鑑賞者は 支配する者ではなく 支配される者 彼が描いた寓意の前に立ち 作品から得た洞察を持ち帰り それを行動に変える者 ロレンツェッティが警告しているのは 「強欲」「詐欺」「分裂」や「専制」の影が 我々の政治情勢の視界に現れた時に 見逃さないこと 特に注意が必要なのは 「アメリカを再び偉大な国にする」と 声高げて約束するような 善の政府の声を装った政治指導者によって その影が落とされた時です

我々は行動しなくてはなりません 民主主義はスポーツ観戦ではありません 反対する権利 自由に集会を持つ権利 政府へ請願する権利 これらは単なる権利ではありません 「強欲」「詐欺」「分裂」に対抗する 我々の義務です 我々に必要なのは ―

(拍手)

我々に必要なのは 生き方を改革し 我々の価値観に背く者に 道徳に反する権力が 集中するのを防ぐことです 私達 国民が 正義の地位を高め 国家に平和をもたらし 一致して協力する必要があります 私達には選択権があります ロレンツェッティが描く悪の政府の 悪夢のような絵を 現実のものにしてしまうのか 破壊的で混乱し 喧騒に満ちた 街中に出て行動するのか これこそ民主主義の あるべき姿なのです

ありがとうございました

(拍手)

クリス・アンダーソン:「すごい」の一言に尽きます もちろん 沢山の人々に情熱が伝わって ― あなたはここにいる沢山の人に 情熱を持って伝えましたが 中にはトランプ氏は 6300万人に支持され 当選したと反論する人もいるでしょう 彼が完璧だとはとても言えませんが 選ばれた上でやるべきことを やろうとしている努力を認め チャンスを与えるべきではないでしょうか?

アントニー・ロメロ:私達が 認識しなくてはならないことは 彼の大統領としての正当性と 彼の政治理念の正当性の違いです 彼の政策の多くが 基本的な理念 ― 法の前では全ての者が平等で 肌の色や信じる宗教で差別されない といった理念に反する場合 私達は その政策の理念に 異議を唱える必要があります それは たとえ私達が 民主主義の原則によって そういう価値観を掲げる大統領が 選ばれた事実自体は認め 尊重するとしてもです

クリス:ACLUは左派の力を代表するだけの 組織ではないですよね? 他の論議もされてますね

アントニー:ご存知のように 我々の活動は人の反感をよく招きます それが我々の務めです 例えば最近支持したのが アン・コールターがバークレー大学で 演説する権利や マイロにも言論の自由があることについてで ブログにも書きました 残念なことに メンバーの一部は それで分裂寸前にまでなりました 書いたのは こんなことでした ドナルド・トランプにも 大統領として言論の自由があり 彼を支持する行進や 集会での暴力を扇動する言動にまで 彼に責任を負わせるのは 憲法違反であり反アメリカ的だと そういう意見を ドナルド・トランプと闘おうと 興奮して口角泡を飛ばしている人々に 向けて発信し その後に 「ちょっと待った これは万人の権利で 我々が嫌う大統領にも この権利はある」と発言する ― それが私達の仕事です

(拍手)

クリス:アントニー あなたはたくさんの人に 力強い話をしてくれました

本当にありがとう ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画