TED日本語 - ジョン・マクウォーター: 新しい言語を学ぶべき4つの理由

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジョン・マクウォーター: 新しい言語を学ぶべき4つの理由

TED Talks

新しい言語を学ぶべき4つの理由
4 reasons to learn a new language
ジョン・マクウォーター
John McWhorter

内容

英語が急速に世界共通語になりつつあり、即時翻訳の技術が年々向上する中、なぜ、わざわざ外国語を学ぶ必要があるんでしょう?言語学者でコロンビア大学教授のジョン・マクウォーターが、新しい言語を学ぶことの魅惑的な効能を4つ紹介します。

Script

The language I'm speaking right now is on its way to becoming the world's universal language, for better or for worse. Let's face it, it's the language of the internet, it's the language of finance, it's the language of air traffic control, of popular music, diplomacy -- English is everywhere.

Now, Mandarin Chinese is spoken by more people, but more Chinese people are learning English than English speakers are learning Chinese. Last I heard, there are two dozen universities in China right now teaching all in English. English is taking over.

And in addition to that, it's been predicted that at the end of the century almost all of the languages that exist now -- there are about 6,000 -- will no longer be spoken. There will only be some hundreds left. And on top of that, it's at the point where instant translation of live speech is not only possible, but it gets better every year.

The reason I'm reciting those things to you is because I can tell that we're getting to the point where a question is going to start being asked, which is: Why should we learn foreign languages -- other than if English happens to be foreign to one? Why bother to learn another one when it's getting to the point where almost everybody in the world will be able to communicate in one?

I think there are a lot of reasons, but I first want to address the one that you're probably most likely to have heard of, because actually it's more dangerous than you might think. And that is the idea that a language channels your thoughts, that the vocabulary and the grammar of different languages gives everybody a different kind of acid trip, so to speak. That is a marvelously enticing idea, but it's kind of fraught.

So it's not that it's untrue completely. So for example, in French and Spanish the word for table is, for some reason, marked as feminine. So, "la table," "la mesa," you just have to deal with it. It has been shown that if you are a speaker of one of those languages and you happen to be asked how you would imagine a table talking, then much more often than could possibly be an accident, a French or a Spanish speaker says that the table would talk with a high and feminine voice. So if you're French or Spanish, to you, a table is kind of a girl, as opposed to if you are an English speaker.

It's hard not to love data like that, and many people will tell you that that means that there's a worldview that you have if you speak one of those languages. But you have to watch out, because imagine if somebody put us under the microscope, the us being those of us who speak English natively. What is the worldview from English?

So for example, let's take an English speaker. Up on the screen, that is Bono. He speaks English. I presume he has a worldview. Now, that is Donald Trump. In his way, he speaks English as well.

(Laughter)

And here is Ms. Kardashian, and she is an English speaker, too. So here are three speakers of the English language. What worldview do those three people have in common? What worldview is shaped through the English language that unites them? It's a highly fraught concept. And so gradual consensus is becoming that language can shape thought, but it tends to be in rather darling, obscure psychological flutters. It's not a matter of giving you a different pair of glasses on the world.

Now, if that's the case, then why learn languages? If it isn't going to change the way you think, what would the other reasons be? There are some. One of them is that if you want to imbibe a culture, if you want to drink it in, if you want to become part of it, then whether or not the language channels the culture -- and that seems doubtful -- if you want to imbibe the culture, you have to control to some degree the language that the culture happens to be conducted in. There's no other way.

There's an interesting illustration of this. I have to go slightly obscure, but really you should seek it out. There's a movie by the Canadian film director Denys Arcand -- read out in English on the page, "Dennis Ar-cand," if you want to look him up. He did a film called "Jesus of Montreal." And many of the characters are vibrant, funny, passionate, interesting French-Canadian, French-speaking women. There's one scene closest to the end, where they have to take a friend to an Anglophone hospital. In the hospital, they have to speak English. Now, they speak English but it's not their native language, they'd rather not speak English. And they speak it more slowly, they have accents, they're not idiomatic. Suddenly these characters that you've fallen in love with become husks of themselves, they're shadows of themselves.

To go into a culture and to only ever process people through that kind of skrim curtain is to never truly get the culture. And so to the extent that hundreds of languages will be left,one reason to learn them is because they are tickets to being able to participate in the culture of the people who speak them, just by virtue of the fact that it is their code. So that's one reason.

Second reason: it's been shown that if you speak two languages, dementia is less likely to set in, and that you are probably a better multitasker. And these are factors that set in early, and so that ought to give you some sense of when to give junior or juniorette lessons in another language. Bilingualism is healthy.

And then, third -- languages are just an awful lot of fun. Much more fun than we're often told. So for example, Arabic: "kataba," he wrote, "yaktubu," he writes, she writes. "Uktub," write, in the imperative. What do those things have in common? All those things have in common the consonants sitting in the middle like pillars. They stay still, and the vowels dance around the consonants. Who wouldn't want to roll that around in their mouths? You can get that from Hebrew, you can get that from Ethiopia's main language, Amharic. That's fun.

Or languages have different word orders. Learning how to speak with different word order is like driving on the different side of a street if you go to certain country, or the feeling that you get when you put Witch Hazel around your eyes and you feel the tingle. A language can do that to you.

So for example, "The Cat in the Hat Comes Back," a book that I'm sure we all often return to, like "Moby Dick." One phrase in it is, "Do you know where I found him? Do you know where he was? He was eating cake in the tub, Yes he was!" Fine. Now, if you learn that in Mandarin Chinese, then you have to master, "You can know, I did where him find? He was tub inside gorging cake, No mistake gorging chewing!" That just feels good. Imagine being able to do that for years and years at a time.

Or, have you ever learned any Cambodian? Me either, but if I did, I would get to roll around in my mouth not some baker's dozen of vowels like English has, but a good 30 different vowels scooching and oozing around in the Cambodian mouth like bees in a hive. That is what a language can get you.

And more to the point, we live in an era when it's never been easier to teach yourself another language. It used to be that you had to go to a classroom, and there would be some diligent teacher -- some genius teacher in there -- but that person was only in there at certain times and you had to go then, and then was not most times. You had to go to class. If you didn't have that, you had something called a record. I cut my teeth on those. There was only so much data on a record, or a cassette, or even that antique object known as a CD. Other than that you had books that didn't work, that's just the way it was.

Today you can lay down -- lie on your living room floor, sipping bourbon, and teach yourself any language that you want to with wonderful sets such as Rosetta Stone. I highly recommend the lesser known Glossika as well. You can do it any time, therefore you can do it more and better. You can give yourself your morning pleasures in various languages. I take some "Dilbert" in various languages every single morning; it can increase your skills. Couldn't have done it 20 years ago when the idea of having any language you wanted in your pocket, coming from your phone, would have sounded like science fiction to very sophisticated people.

So I highly recommend that you teach yourself languages other than the one that I'm speaking, because there's never been a better time to do it. It's an awful lot of fun. It won't change your mind, but it will most certainly blow your mind.

Thank you very much.

(Applause)

今ここで 私が話している言語は 世界共通語への道を歩みつつあります いいか悪いかは別としてね 考えてもみてください それは インターネットの言語であり 金融の言語 航空交通管制の言語 大衆音楽や 外交の言語でもあります 英語は どこにでもあります

実は 英語よりも 中国標準語を話す人の方が多いのですが 中国語を学ぶ英語話者よりも 英語を学ぶ中国語話者の方が多いのです この前 聞いたところでは 中国では 24の大学が全授業を 英語で行っているそうです 英語が世界を席巻しつつあります

さらに こんな予測もあります 今世紀末には 現存する約6千の言語の ほぼ全てが 話されなくなってしまい たった数百しか残らない というのです さらには 今や 会話をその場で 翻訳できるだけでなく その品質も年々向上しています

なぜ こんなことを お話ししているかと言いますと ある問いに向き合うべき時期が来ている ― そう思うからです それは「なぜ外国語を学ぶべきか」です ここでは 英語が 外国語に当たる場合は除きます 世界中の誰もが ひとつの言語で意思疎通できる時代に なりつつあるのに なぜ わざわざ別の言語を学ぶのでしょう

理由はたくさんありますが まず取り上げたいのは 皆さんが最もよく耳にされている理由です この理由は 皆さんが思うより ずっと危険なんです どんなものかと言うと 思考は言語を介して伝わるものなので 異なる言語の語彙や文法を学ぶことで 誰もが ある種のトリップ状態になれる そう考えるのです とてつもなく魅力的に聞こえますが 実は 問題ありなんです

まったくもって間違い というわけではありません 例えば フランス語とスペイン語では 「テーブル」を意味する単語は なぜか女性名詞であるとされています 女性定冠詞を付けて「la table」 「la mesa」と言わないといけません 従って フランス語かスペイン語を話す人に テーブルが「話す」ところを 想像してもらったとしたら 単なる偶然ではなく かなりの確率で テーブルは 女性のような高い声で話すと 答えると言うのです フランス人やスペイン人にとっては テーブルは女の子みたいなもので 英語を話す人とは 違う感覚を持っているのです

こうしたデータは誰もが好きで よく言われるのが これこそ 特定の言語を話すことで持てる 世界観があることを示すものだということです でも 気を付けてください もし私たちのような 英語を母語として話す人を 冷静に分析してみたとしたら? 英語から生まれる世界観って何ですか?

ある英語話者を例にとって 考えてみましょう スクリーンに出ているのは ボノです ボノは英語を話しますね 確かに 彼は ある世界観を持っていると思います では こちらのドナルド・トランプ 彼だって いちおう 英語を話しますよね

(笑)

こちらは キム・カーダシアン 彼女も英語を話します さて 英語話者が3人そろいました 彼らが共通して持っている 世界観って何でしょう? 3人をつなぐ英語という言語を通じて 形づくられる世界観とは何かって? これは非常に問題のある考え方なんです 言語が思考を形づくるという考えが 徐々に一般的になりつつありますが 何となくそう考えているだけで 確固たるものが ないことも多く 世界に関する違った見方を 与えてくれるという趣旨ではありません

さて それならば なぜ 外国語を学ぶんでしょう? 私たちの考え方を 変えてくれるものではないなら 他にどんな理由があって学ぶんでしょう いくつかあります 1つ目の理由は ある文化を受け入れ しっかりと味わい その一部になりたいというとき 言語が文化を伝えるものかは さておき ― それ自体も怪しいですが ― その文化を受け入れるには その文化が営まれる言語を ある程度 マスターする必要がある ということです そうするしか ないのです

このことがよく分かる 面白い例があります 少し ぼかさないといけませんが きっとご理解いただけるでしょう カナダのドゥニ・アルカン監督の ある映画のお話です ちなみに 監督の名前は 英語では 「デニス・アルカンド」になります 彼の映画『モントリオールのジーザス』では 登場人物の多くが 活発 陽気で情熱的な 面白いフランス系カナダ人で フランス語を話す女性です 映画の終盤にあるシーンで そんな女性たちが ある友人を 英語対応の病院に連れて行きます その病院では 英語で話さないといけません 英語は話せる人たちなのですが 母語ではないので できれば英語は避けたいわけです 彼女たちの英語は ゆっくりで 訛っていて 表現も自然ではありません すると 愛すべき登場人物が一転して 張りぼてのように見え 存在感にも陰りが出てしまうわけです

ある文化の中に入って行っても そうしたレースのカーテン越しに 人々を捉えていては 決して文化を真に理解することにはなりません 数百の言語が生き残るとして それらを学ぶ理由のひとつは 言語能力はすなわち その言語を話す人たちの文化に 参加するためのチケットだからです ただ それが彼らのルールだから というだけです これが1つ目の理由です

2つ目の理由は よく言われるように 2ヶ国語が話せれば 認知症になりにくく 並行作業がうまくなる ということです これらは若いうちに 定着するものなので いつから 子どもに新しい言語を 学ばせるべきか ヒントを与えてくれるでしょう 2ヶ国語を使うことは 健全なんです

そして3つ目 言語は ただただ楽しいんです 言われているより ずっと面白いです アラビア語で「katab」は 「彼は書いた」ということで 「yaktubu」は 「彼は書く」「彼女は書く」 「Uktub」は「書け」を意味します これらの単語の共通点は? 実はこれらに共通するのは 柱のごとく 真ん中にある子音なんです 微動だにしない子音 そのまわりで 母音が踊っています 誰だって 口を動かして 発音してみたいでしょう ヘブライ語にもありますし エチオピアで広く話される アムハラ語もそうです 楽しいんです

さらには 言語によって語順も違います いつもと違う語順で 話すことを学ぶのは 外国に行って道路の反対側を 運転したり 土地の薬草を目のまわりにつけたとき ヒリヒリするような感覚と 似ています 言語で それができるのです

ですから例えば 『戻ってきた帽子ネコ』 皆さん大好きな本ですよね 『白鯨』みたいにね その本に こんなセリフが出てきます 「どこで 猫を見つけたと思う? どこにいたと思う? お風呂でケーキ食べていたんだよ 本当だよ」 さて これを中国語で習得するとなったら こんな文の練習が必要です 「わかる どこで見つけた 猫を? 猫はお風呂 かぶりつくケーキの中 間違いない かぶりつき かんでいる」 これ 言えたら気分良いですね 何年も何年も ぶっ続けで こんな風に楽しめるなんて良いでしょう

カンボジア語を学んだことはありますか? 私もないのですが もし話せたら 口の中で たかだか14種類程度の 英語の母音どころではなく それより多い ― 30は優に超える母音を カンボジア人のように 滑らかに にじみ出せるのです 巣箱のミツバチのようにです これこそ 言語の力です

もっと言うなら 今ほど 外国語の独学が しやすい時代はありません 昔は 教室に通わないといけませんでした そこには勤勉な先生や 天才的な先生がいるものですが 決まったときにしかいないので 教室に行くといっても 時間は限られるわけです とにかく語学といえば教室でした それができなければ 「レコード」なるものを使いました 昔の私はそれで練習をしました レコード1枚に入るデータには 限りがありました それはカセットでも 今や骨董品と化した「CD」なるものでも同じです ほかに「本」もありましたが 役に立たず まあ そんなものでした

今では 寝転がって リビングルームで ゴロゴロしつつ ウイスキーをすすりながら お望みの言語を独学で学べます 「ロゼッタストーン」など 素晴らしい教材がありますからね 認知度は低いですが 「Glossika」も かなりお勧めです いつでもできるので 学習の量も質も高まります 朝の習慣を様々な言語で 楽しむこともできます 私は毎朝欠かさず いろんな言語で 『ディルバート』を楽しみます 言語能力も上がりますよ 20年前には できなかったことです 自分が好きな言語 どれでも ポケットに入れて持ち歩き 電話から情報を得るなんて 当時なら どんな聡明な人でも サイエンス・フィクションだと言ったでしょう

皆さんに ぜひお勧めします ここで私が話している言語以外の言語を 学んでみてください 今ほど学ぶのに適した時代は ありません ものすごく 楽しいですよ 心を「変える」ことはできませんが 心底「ぶっ飛ぶ」ような発見が 待っていること請け合いです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画