TED日本語 - スティーヴン・ウィルクス: 移りゆく時間を、一枚の写真の中に

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - スティーヴン・ウィルクス: 移りゆく時間を、一枚の写真の中に

TED Talks

移りゆく時間を、一枚の写真の中に
The passing of time, caught in a single photo
スティーヴン・ウィルクス
Stephen Wilkes

内容

写真家スティーヴン・ウィルクスは、昼から夜への移り変わる様子が写り込む、目を見張るような素晴らしい風景写真を制作し、二次元の静止画写真の中に表せる時間と空間を探求しています。パリのトゥルネル橋、ヨセミテ国立公園のエル・キャピタン、そしてセレンゲティ国立公園中心に位置する、命を潤す水場などの、世界的に知られる絶景を、ウィルクスの作品と制作過程を通して巡るトークです。

Script

I'm driven by pure passion to create photographs that tell stories. Photography can be described as the recording of a single moment frozen within a fraction of time. Each moment or photograph represents a tangible piece of our memories as time passes. But what if you could capture more than one moment in a photograph? What if a photograph could actually collapse time, compressing the best moments of the day and the night seamlessly into one single image?

I've created a concept called "Day to Night" and I believe it's going to change the way you look at the world. I know it has for me.

My process begins by photographing iconic locations, places that are part of what I call our collective memory. I photograph from a fixed vantage point, and I never move. I capture the fleeting moments of humanity and light as time passes. Photographing for anywhere from 15 to 30 hours and shooting over 1,500 images, I then choose the best moments of the day and night.

Using time as a guide, I seamlessly blend those best moments into one single photograph, visualizing our conscious journey with time. I can take you to Paris for a view from the Tournelle Bridge. And I can show you the early morning rowers along the River Seine. And simultaneously, I can show you Notre Dame aglow at night. And in between, I can show you the romance of the City of Light.

I am essentially a street photographer from 50 feet in the air, and every single thing you see in this photograph actually happened on this day.

Day to Night is a global project, and my work has always been about history. I'm fascinated by the concept of going to a place like Venice and actually seeing it during a specific event. And I decided I wanted to see the historical Regata, an event that's actually been taking place since 1498. The boats and the costumes look exactly as they did then. And an important element that I really want you guys to understand is: this is not a timelapse, this is me photographing throughout the day and the night. I am a relentless collector of magical moments. And the thing that drives me is the fear of just missing one of them.

The entire concept came about in 1996. LIFE Magazine commissioned me to create a panoramic photograph of the cast and crew of Baz Luhrmann's film Romeo + Juliet. I got to the set and realized: it's a square. So the only way I could actually create a panoramic was to shoot a collage of 250 single images. So I had DiCaprio and Claire Danes embracing. And as I pan my camera to the right, I noticed there was a mirror on the wall and I saw they were actually reflecting in it. And for that one moment, that one image I asked them, "Would you guys just kiss for this one picture?" And then I came back to my studio in New York, and I hand-glued these 250 images together and stood back and went, "Wow, this is so cool! I'm changing time in a photograph." And that concept actually stayed with me for 13 years until technology finally has caught up to my dreams.

This is an image I created of the Santa Monica Pier, Day to Night. And I'm going to show you a little video that gives you an idea of what it's like being with me when I do these pictures. To start with, you have to understand that to get views like this, most of my time is spent up high, and I'm usually in a cherry picker or a crane. So this is a typical day,12-18 hours, non-stop capturing the entire day unfold.

One of the things that's great is I love to people-watch. And trust me when I tell you, this is the greatest seat in the house to have.

But this is really how I go about creating these photographs. So once I decide on my view and the location, I have to decide where day begins and night ends. And that's what I call the time vector. Einstein described time as a fabric. Think of the surface of a trampoline: it warps and stretches with gravity. I see time as a fabric as well, except I take that fabric and flatten it, compress it into single plane.

One of the unique aspects of this work is also, if you look at all my pictures, the time vector changes: sometimes I'll go left to right, sometimes front to back, up or down, even diagonally. I am exploring the space-time continuum within a two-dimensional still photograph.

Now when I do these pictures, it's literally like a real-time puzzle going on in my mind. I build a photograph based on time, and this is what I call the master plate. This can take us several months to complete. The fun thing about this work is I have absolutely zero control when I get up there on any given day and capture photographs. So I never know who's going to be in the picture, if it's going to be a great sunrise or sunset -- no control. It's at the end of the process, if I've had a really great day and everything remained the same, that I then decide who's in and who's out, and it's all based on time. I'll take those best moments that I pick over a month of editing and they get seamlessly blended into the master plate. I'm compressing the day and night as I saw it, creating a unique harmony between these two very discordant worlds.

Painting has always been a really important influence in all my work and I've always been a huge fan of Albert Bierstadt, the great Hudson River School painter. He inspired a recent series that I did on the National Parks. This is Bierstadt's Yosemite Valley. So this is the photograph I created of Yosemite. This is actually the cover story of the 2016 January issue of National Geographic. I photographed for over 30 hours in this picture. I was literally on the side of a cliff, capturing the stars and the moonlight as it transitions, the moonlight lighting El Capitan. And I also captured this transition of time throughout the landscape. The best part is obviously seeing the magical moments of humanity as time changed -- from day into night.

And on a personal note, I actually had a photocopy of Bierstadt's painting in my pocket. And when that sun started to rise in the valley, I started to literally shake with excitement because I looked at the painting and I go, "Oh my god, I'm getting Bierstadt's exact same lighting 100 years earlier."

Day to Night is about all the things, it's like a compilation of all the things I love about the medium of photography. It's about landscape, it's about street photography, it's about color, it's about architecture, perspective, scale -- and, especially, history.

This is one of the most historical moments I've been able to photograph, the 2013 Presidential Inauguration of Barack Obama. And if you look closely in this picture, you can actually see time changing in those large television sets. You can see Michelle waiting with the children, the president now greets the crowd, he takes his oath, and now he's speaking to the people. There's so many challenging aspects when I create photographs like this. For this particular photograph, I was in a 50-foot scissor lift up in the air and it was not very stable. So every time my assistant and I shifted our weight, our horizon line shifted. So for every picture you see, and there were about 1,800 in this picture, we both had to tape our feet into position every time I clicked the shutter. (Applause)

I've learned so many extraordinary things doing this work. I think the two most important are patience and the power of observation. When you photograph a city like New York from above, I discovered that those people in cars that I sort of live with everyday, they don't look like people in cars anymore. They feel like a giant school of fish, it was a form of emergent behavior. And when people describe the energy of New York, I think this photograph begins to really capture that. When you look closer in my work, you can see there's stories going on. You realize that Times Square is a canyon, it's shadow and it's sunlight. So I decided, in this photograph, I would checkerboard time. So wherever the shadows are, it's night and wherever the sun is, it's actually day.

Time is this extraordinary thing that we never can really wrap our heads around. But in a very unique and special way, I believe these photographs begin to put a face on time. They embody a new metaphysical visual reality. When you spend 15 hours looking at a place, you're going to see things a little differently than if you or I walked up with our camera, took a picture, and then walked away.

This was a perfect example. I call it "Sacre-Coeur Selfie." I watched over 15 hours all these people not even look at Sacre-Coeur. They were more interested in using it as a backdrop. They would walk up, take a picture, and then walk away. And I found this to be an absolutely extraordinary example, a powerful disconnect between what we think the human experience is versus what the human experience is evolving into. The act of sharing has suddenly become more important than the experience itself. (Applause)

And finally, my most recent image, which has such a special meaning for me personally: this is the Serengeti National Park in Tanzania. And this is photographed in the middle of the Seronera, this is not a reserve. I went specifically during the peak migration to hopefully capture the most diverse range of animals. Unfortunately, when we got there, there was a drought going on during the peak migration, a five-week drought. So all the animals were drawn to the water. I found this one watering hole, and felt if everything remained the same way it was behaving, I had a real opportunity to capture something unique.

We spent three days studying it, and nothing could have prepared me for what I witnessed during our shoot day. I photographed for 26 hours in a sealed crocodile blind,18 feet in the air. What I witnessed was unimaginable. Frankly, it was Biblical. We saw, for 26 hours, all these competitive species share a single resource called water. The same resource that humanity is supposed to have wars over during the next 50 years. The animals never even grunted at each other. They seem to understand something that we humans don't. That this precious resource called water is something we all have to share.

When I created this picture, I realized that Day to Night is really a new way of seeing, compressing time, exploring the space-time continuum within a photograph.

As technology evolves along with photography, photographs will not only communicate a deeper meaning of time and memory, but they will compose a new narrative of untold stories, creating a timeless window into our world.

Thank you.

(Applause)

物語を伝える写真を撮るという その純粋な情熱に 私は突き動かされています 一般的に写真とは ほんの刹那に捉えた ― ある1つの瞬間を記録したものです どの瞬間も どの写真も 時間の流れの中の 目に見える確かな記憶の断片を 表しています でも もし1枚の写真に 1つの瞬間以上の時間を捉えられたら? もし 写真を使って 時間という概念を崩し 昼夜両方の最高の瞬間を 途切れなく ただ1枚の絵の中に 詰め込むことができたら どうでしょうか?

私が作ったコンセプト 「Day to Night(昼から夜へ)」 これが 人々の世界の見方を変えると 信じています 私にとってそうでしたから

私の作業は 人々の記憶の中に散在する ― 象徴的な場所を撮影することから 始まります 見晴らしの良い地点を1つ定め そこから片時も動かずに撮影します 時間の経過とともに 人間と光が 移ろう瞬間の連続を捉えます 撮影には 15時間から30時間をかけ 1500枚以上の写真を撮影して その中から 昼と夜それぞれで 最高の瞬間を選びます

時間を指標として 昼から夜へと流れる時間を 滑らかにつなぎ合わせて1枚の写真にします 時間と共に流れる 私たちの意識を描き出すのです パリのトゥルネル橋からの景色を ご覧ください こちらは 明け方 セーヌ川に沿って ボートを漕ぐ人たちです そして同時に ライトアップされた 夜のノートルダムが見えます そして朝と夜の中間には 光の都のロマンスが写ります

地上15メートルからの撮影が 私の主なスタイルですが 皆さんがご覧になった すべての写真が それぞれ同じ日に撮影されています

「Day to Night」は グローバルなブロジェクトで 私の作品は 常に歴史に関連しています 私はヴェニスのような場所を訪れ 特定のイベントの際に 自分の目で見るということに 強い興味を惹かれるので 歴史ある「レガッタ」を 見にいくことに決めました 1498年から続いているイベントです 船と乗客は 当時と一切変わらぬ姿です ぜひ皆さんに ご理解いただきたいのですが 単に隔たった2つの瞬間を 撮るのではなく 一日中 そして一晩中ずっと撮影を続けます 特別な瞬間を切り取り 貪欲に集めています そんな瞬間を1つたりとも逃したくないという切迫感が 私を突き動かしています

「Day to Night」というコンセプトそのものは 1996年に生まれました 雑誌『LIFE』に バズ・ラーマンの映画 『ロミオ+ジュリエット』の キャストとクルーのパノラマ写真を依頼され セットに着いたとき 真四角だと気付きました つまり パノラマ写真を作るには 250枚の写真を撮影して つなぎ合わせるという 方法しかありません ディカプリオとクレア・デーンズが 抱き合っている様子を撮り カメラを右へと寄せていくと 鏡の存在に気が付きました その鏡にしっかり2人が見えました なので この瞬間と絵のために キスしてもらえるようにと お願いしました そして私は ニューヨークのスタジオへ戻り 250枚の写真を 1つ1つ手で つなぎ合わせ 全体を見て思いました 「これはすごいぞ! 写真の中に時間の流れを描き出せている」 そしてこのコンセプトを その後13年の間 テクノロジーが私の夢に追いつくまで 温めていました

これはサンタモニカ・ピアで撮った 「Day to Night」です これからお見せする短い映像で 撮影中の私に同行すると どんな感じになるのか ご覧いただきたいと思います まず始めにご説明すると こういった景色を撮るには ほとんどの時間を高い所で過ごします 通常は高所作業車や クレーンの中です この日もいつも通り 12~18時間 休みなく 全日 撮影を続けました

幸いなことに 人間観察が大好きなのです 自信を持って言えることは もし家からの眺めだったら 最高だということです

でもこれが 私がこういった 作品を撮る方法なのです さて いったん撮る景色と 撮影場所を決めたら 朝の始まりと夜の終わりを 決めなくてはなりません 「時間ベクトル」と呼んでいます アインシュタインは 時間を布地になぞらえたと言います トランポリンの表面を 思い浮かべてください 重力の影響により 歪んだり伸びたりします 私もまた時間を 布地のように考えています ただ私の場合は その生地を 平らな1枚の写真へと圧縮するわけです

この仕事のユニークな側面は 私の写真からお分かりの通り 時間ベクトルが変化することです 時に左から右へ また時には前から後ろ、上から下へ 場合によっては斜め移動です 時間と空間を連続させる表現を 二次元の静止写真の中で 模索しているのです

写真を合成しているときは まさに心の中で並行して パズルをしているような感覚に陥ります 時間を軸に写真を組み立てますが これを「原板」と呼んでいます この過程が完了するのに 数カ月を要します この仕事の面白い部分は どんな日に撮影しても 撮影場所に登った時点で 自分の思い通りにできる要素が 何一つないことです つまり写真の中に 誰が映り込むかとか 日の出や日没の光景がどうなるかなど 全てが未知数なのです では工程の最後の段階です 一日中本当に調子が良くて 全てが変わりなければ 写真の中に誰を残し 誰を消すか 時間のみを基準にして決めます 1ヶ月かけて選別した最高の瞬間を 1枚の原板に継ぎ目なく 切り貼りしていきます 自分の目で見た通りに 昼と夜とを統合し 全く相容れない2つの世界の間に 類まれな1つの調和を作り上げるのです

私の作品はいつも 絵画に強く影響を受けてきました 例えばハドソン・リバー派の アルバート・ビアスタットは 素晴らしい画家です 彼の作品に触発され 最近 国立公園シリーズを撮りました これは彼の描いたヨセミテ国立公園です そしてこれが 私が制作したヨセミテの写真です 『ナショナルジオグラフィック』 2016年1月号の 巻頭特集を飾りました この写真を撮るのに 30時間以上かけました 私はそれこそ崖に張り付いた状態で 星々と月が移りゆく中で エル・キャプテンの一枚岩を 月の光が照らす様子を撮り続けました そして風景の隅々にまでわたる 時間の変移を捉えました もちろん 見どころは 人々が見せるとびきりの瞬間が 時間の流れに合わせ ― 昼から夜へ変容する様子です

実のところを言えば ビアスタットの絵のコピーが ポケットに入っていました そして渓谷に太陽が登り始めたとき 興奮で実際に体が震えてきました 手元の絵を見て こう思ったんです 「すごいぞ これこそビアスタットが 100年前に描いた光加減そのものだ」

「Day to Night」とは つまるところ 写真という媒体において 私が大切に思うもの全ての結晶です それは風景であり 同時にストリート写真であり 色彩であり 建築でもあり 遠近やスケール感や 特に歴史に関することです

この写真は これまで撮ってきた中でも 最も歴史的な1枚です 2013年 バラク・オバマ大統領 就任式典の写真です よく見ていただければわかるのですが 大型スクリーンそれぞれに 時の経過が 映し出されています ミシェル夫人と 子供たちが待っている様子 次に大統領のあいさつ そして宣誓 最後はスピーチの様子です こうした写真の撮影には 本当に多くの課題が付き物です 特にこの写真に関しては 地上15メートルの高所作業台から 撮影していて 足場が不安定でした 私と助手が 重心を変えるたびに 水平線が傾きました ご覧になっている写真には 約1800枚の写真を使いましたが 毎回のシャッターを切るごとに 両足をいちいち 固定しなければなりませんでした (拍手)

この仕事から素晴らしい学びを 本当にたくさん得てきました その中でも最も重要であると 私が思うのは 忍耐と観察力です 例えばニューヨークのような都市を 俯瞰撮影するとき 日常生活に登場するような 例えば車の中の人々は もはや「車の中の人々」ではありません まるで魚の大群のように 群れとして同じような動きをします 人々はよくニューヨークの 活気について語りますが 私はこの写真がその一端を 的確に捉えていると思っています 私の作品をよく見ていただくと そこには物語があります タイムズスクエアは 1つの渓谷に見えてきて 光と影が 浮き上がります だから私はこの写真で 時間を格子状に並べる事にしました 影のあるところは どこであれ夜なのであり そして太陽のあるところは 常に昼なのです

時間とは とてつもないもので 人智を超えた存在です しかし 私が制作している写真は 独特かつ特殊な方法で 時間の姿を 捉え始めていると思っています 新たな形而上の視覚的現実を 具現化しているのです 15時間 ある場所を ひたすら眺めていると カメラを持ってきて写真を撮り その場を去るより 少し違った角度で 物事が見え始めるようになります

これはその代表例です 「サクレ・クール・セルフィー」 と呼んでいます 15時間以上 観察していましたが サクレ・クール寺院自体には 誰も目もくれません 写真の背景として寺院を使う方に 興味があったのです 歩いて行って 写真を撮り そして去ります 私たちが考える「経験」と 進化しつつある経験そのものとの 甚大な隔たりを表した例として これ以上のものを 私は知りません シェアするという行為が 気がつけば 経験そのものよりも 重視されるようになっていたのです (拍手)

最後に 私の最新作ですが 特別な思い入れのある作品です タンザニア セレンゲティ国立公園の セロネラ中心部で 撮影しました ここは保護区ではありません 動物たちの大移動が 起こる時期を狙いました 動物の多様性を最大幅で 捉えるのが目的でした 不幸にも 私たちが訪れたとき 移動のピークにもかかわらず 日照りが続いていました 5週間の干ばつです よって どの動物も水を探していました 私がこの水源を見つけたとき その場で起こっていることが 全てそのまま続けば 何か特別な光景を撮る またとない機会だと感じました

3日間かけ その水場を調べましたが 実際に何を目にすることになるか この時点では知る由もありませんでした 私は26時間 写真を撮り続けました 地上6メートルに設置された 狩猟用の隠れ場所からです そして 想像もつかない景色を 目の当たりにしました 聖書の1ページのようでした 26時間の間 生存を賭けて争う動物同士が 水という1つのを資源を共有していたのです 同じ資源を巡り 人類は向こう50年にわたって 戦争を続けると言われています 動物たちは互いに 敵意を示すことさえありませんでした 人間には分からない何かを 理解しているように思えます それはつまり 水という貴重な資源を誰もが 共有しなくてはならないということです

この写真が出来上がったとき 「Day to Night」とは まさに 物事の新しい見方であり 時間を集約し 写真の秘める時空間の連続を 探求するものだと気付きました

テクノロジーは 写真と共に発展します 時間と記憶の深い意味合いを 写し出すだけではなく かつて知られなかった 新しい物語を紡ぎ出し 時を超えて私たちの世界を覗く窓を 創り出しているのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画