TED日本語 - エリン・サリヴァン: 写真を撮る瞬間はあなたから体験を奪うのか?

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - エリン・サリヴァン: 写真を撮る瞬間はあなたから体験を奪うのか?

TED Talks

写真を撮る瞬間はあなたから体験を奪うのか?
Does photographing a moment steal the experience from you?
エリン・サリヴァン
Erin Sullivan

内容

素晴らしいものを目にすると、多くの人は無意識に携帯電話を取り出して写真を撮ります。これは体験に影響を及ぼしたすべての事象を写真に撮ることに拘っているからでしょうか?瞑想的なトークの中で、エリン・サリヴァンはレンズをより意図的に使うことで、その瞬間を楽しむ力がどう増えたかを検証します。そして、あなたも同じように楽しめるよう手助けしてくれるでしょう。

Script

What is the most beautiful place you have ever been? And when you were there, did you take a picture of it? Here's a place that tops that list for me. This is Mesa Arch in Canyonlands National Park in Utah at sunrise. It's the traditional homeland of the Pueblo, Ute, Paiute and Navajo people, and when you are there, it is absolutely stunning. The sunrise illuminates the bottom of the arch orange, and then behind it you see the buttes and clouds and cliffs.

But what you might not see from my photo here is the 30 people behind me who were also taking photos. And these are just the committed people, the sunrise people, right? So when you think about that, there must be hundreds if not thousands of photos of Mesa Arch taken every week.

I've been sharing my photography on Instagram for years, and it started to become really interesting and funny, even, just how many similar photos of the same places I started to see online. And I was participating in it.

So this made me wonder: Why are we taking photos in the first place? Sometimes, I visit a popular landmark -- this one is Horseshoe Bend in Arizona -- and I see all the people with their phones and cameras out who snap a photo, just to turn and get back in the car or walk back to the trailhead. And sometimes it seems like we are missing the point of going to this place to experience it for ourselves or to see it with our own eyes.

When I'm behind the camera, I notice the smallest details: the layers of light in the mountains as the light fades at the end of the day; the shapes that nature so expertly makes, abstract and yet completely perfect. I could go on and on here musing about the intricacies of this planet and the way that it makes me feel.

Photographing the beauty and complexity of this world for me is like making a portrait of someone that I love. And when I make a photograph, I have to think about what I want it to say. I have to ask myself what I want it to feel like. When you're communicating through an image, every creative choice matters. Sometimes, I plan to share my images, and other times, I take them just for myself.

I currently host a video series on the future of the outdoors, and for one of the episodes we wanted to explore the relationship between photography and outdoor spaces. I learned about the research of Kristin Diehl and her colleagues at USC, who studied photo-taking's effect on enjoyment levels. They found that when we're behind the camera, when we're the ones taking the picture, we enjoy our experiences more, not less. But it wasn't true all the time. If the person took the photo solely with the intention of sharing it, there was no increase in enjoyment, because they didn't do it for themselves. So this points to an important distinction: photography can enhance your experience if it's done intentionally. The intention piece is what matters.

As a photographer, I've really had to check myself on this. When does it help me to have my camera out, and when do I just need to put it away? On a trip to Alaska, I had the opportunity to photograph Alaskan brown bears. I was on a boat with four other photographers, and we were all having our minds blown at the same time in such close proximity to these animals. It's an emotional experience. Being eye to eye with these bears gave me a feeling of connection that transcends words, and having my camera with me in this case enhanced that. We were all creating independently but also all completely in the moment, both with nature and with each other. I so clearly remember capturing the water droplets and the motion as the bears swam and the cute cubs following their mothers. That group and I will have that experience together and these images to look back on time and time again, and photography is what enabled us to share this in the first place.

Other times, I choose to leave the camera behind, and I think that choice ultimately improves both my experience and my work. I recently flew to the South Pacific island of Tonga to swim with humpback whales. I noticed myself feeling pressure and a certain obligation to take the camera with me, when sometimes I just wanted the pure experience itself. And the experience is seriously amazing. You're talking about being in the water with a curious baby animal the size of a station wagon while you are surrounded by particles that float around you like glitter, and the mom swims gracefully below you. There were times, obviously, when I did take my camera with me, and those were really amazing to capture as well. But the setup is pretty big. It's like this big box. This is what it looks like. And so this is between me and the whales, and at times that feels like a block between you and reality. Is there a difference when it's just your phone?

Last year, I went to Uluru in Central Australia, which is this massive rock that towers over the desert. This is sacred land to Anangu, who are the Aboriginal people from this area and the traditional owners of the land. There are particular spots in Uluru that you can not photograph professionally, because they are culturally sensitive, equivalent to sacred scripture to Anangu. So because of this, most of my photographs are from either far away, like this one, or from specific angles in the park. You could say that some of the most interesting and beautiful visuals in Uluru are located in these sensitive areas, but the request not to photograph them is an explicit and direct invitation to learn more about the land, its importance and its people. Isn't that what we should be doing anyway? So my visit to Uluru quickly became not about me but about connecting with the place. Ironically and unsurprisingly, I have found that presence and connection also happens to make for more compelling images.

We can probably all point to social media as being a good place to share the images from our travels and from our lives. We not only share pieces of the world that we have seen but also parts of our day-to-day experiences. And if we're applying intentionality to the photos we take, then hopefully we're sharing intentionally too. For me, allowing people to see pieces of my story and my perspective online has reminded me that I'm not alone. It's helped me build support and community to do the same for others.

Let me be clear: I am not trying to discourage you from taking photos. Even if thousands of people have been to whatever exact location and taken whatever exact photo, I encourage you to get out and create too. The world needs every voice and perspective, and yours is included. But what I'm trying to show you is that the phone or camera doesn't have to stay out all the time. What I'm trying to encourage you to do is to put it away, just for a moment -- a moment for you.

So let's go back to Mesa Arch, the way that the rock glows orange and the lovely layers of blue in the background. What if the next time you were somewhere amazing, you couldn't bring your camera or phone? What if you were not allowed to take any pictures at all? Would it feel like a limitation? Or would it feel like a relief?

So what can we do? Well, the next time you feel the impulse to take out your camera or phone, or, in my case, once you realize you have already pulled it out --

(Laughter)

First: stop. Pause. Take a deep breath. Look around. What do you notice? Are you experiencing this moment with someone else? Remember that this moment only comes once. Photography can be part of a beautiful experience. Just don't let it be a block between you and reality. Be intentional, and don't lose a beautiful, irreplaceable memory, because you were too focused on getting the shot.

Thank you.

(Applause)

みなさんが今まで行った場所で 1番素敵なところはどこですか? そして そこで写真を撮りましたか? こちらが私のお気に入りの場所です これはユタ州にある キャニオンランズ国立公園での 朝焼けのメサアーチです ここはプエブロ族やユト族 パイユート族やナバホ族の従来の居住地で そこで過ごす時間は ものすごく素敵なものです 朝日がアーチの下側を朱に染め その奥には切り立った丘、雲、崖が見えます

写真には写っていませんが 30人ばかりが私と並んで 写真を撮っています 朝焼けを撮りに来た人たちなわけですね そこで考えてみると 何千枚でなくとも 何百枚もの メサアーチの写真が毎週撮られています

私は何年間もInstagramに 写真を投稿してきました 同じ場所の似たような写真が どれほどたくさん ― ネット上に公開されているだろう これって面白いことだと 思うようになりました 自分もその中に混じっているのです

そこで不思議に思いました 「そもそも写真を撮るのはなぜだろう?」と ときに私は人気のランドマークを訪れます これはアリゾナのホースシュー・ベンドです 人々を見てみると 携帯やカメラを取り出して 写真を撮ったら トレイルの出発点の 車の所まで歩いて戻ります ときに 現地を訪れ 自分自身で体験したり 自分の目で見たりすることの意味を 逃しているように見えることもあります

カメラを通してみると 非常に細かいことに気が付きます 山々の光の層が 1日の終わりにつれて薄れていく様子や 自然の非常に巧みな造形は 抽象的でありながらも完璧なものです 私は地球の複雑さと そう感じる点について 長々と思いを巡らせました

私にとって 世界の美しさと 複雑さを撮影することは 愛する人の肖像画を作るようなものです そして 私は写真を創作するとき 写真で伝えたいことについて 考える必要があります どのように感じられる写真にしたいか 自分自身に問う必要があります 画像を通じて気持ちを伝えるときには あらゆる創造的な選択が重要です シェアするために写真を撮るときもあれば 自分のためだけに撮るときもあります

私は現在 アウトドアの未来に関する 動画を運営していて シリーズ物の1つとして 私たちは写真とアウトドア空間との関係を 調べることにしました そこでクリスティン・ディールが 南カリフォルニア大学の同僚と研究した ― 「写真撮影が楽しさへ与える影響」について 知りました 研究によると 私たちがカメラ越しで見たり 写真を撮っているときの体験は より楽しいものになっていて 損なわれてはいません でも 例外はありました シェアするためだけに写真を撮った場合 楽しさは増えないのでした 自分のために撮影していなかったからです これが重要な違いを示しています 意図的に写真を撮影することで 自分の体験を向上させられるのです 重要なのは「意図」の部分です

私は写真家として これを確認しなければなりませんでした カメラを取り出すと良いのはいつで カメラをしまうべきなのはいつなのか? アラスカへの旅行で ヒグマを撮影する機会がありました 私は4人の写真家とボートに乗っていて ヒグマのすぐ近くまで 近づけたことに 全員驚きました 感動的な体験です ヒグマと目を合わせることで 感じるつながりは 言葉を超えた感覚をくれて この時はカメラを持っていたことが その感覚を高めました それぞれがカメラに収めましたが その瞬間は完全に 自然や仲間とつながっていました 私は鮮明に覚えています 水しぶきやクマが泳ぐときの動きや かわいい子グマが 母グマについていく様子を撮ったこと 私たちはその体験を共有し 写真を見ることで 幾度となく思い出します 写真を通じて はじめて体験を共有できたのです

ときに 私のカメラを置いていく判断が 結果的に 体験と作品の両方を より良くすると思います 私は最近 南太平洋のトンガ島へ ザトウクジラと泳ぎに行きました 私はカメラを持って行かなければという プレッシャーや義務を感じているのに 気付きました 純粋に体験がしたいと思っていたのにです 一緒に泳ぐ体験は 本当に素晴らしいものです 水中にはステーションワゴンほどの大きさの 好奇心旺盛なクジラの赤ちゃんがいました 周りはキラキラと浮かぶ粒子に囲まれ お母さんクジラが優雅に下を泳いでいました 確かにカメラを持って行ったときも 何度もありました そして 彼らを撮ることも 本当に素晴らしいことでした しかし 撮影機材はかなり大きく 大きな箱みたいな このような感じのものです これは私とクジラの間に 構えているのですが 自分と現実の間の障害物のように 感じるときもあります ただの携帯でも違いはあるでしょうか?

昨年 私は中央オーストラリアの ウルルに行きました ウルルは砂漠に突き出た巨大な岩です これはアナング族の神聖な土地です 彼らはこの土地に暮らす先住民族で 土地の伝統的な所有者です ウルルにはプロが写真撮影してはいけない 特別な場所があります 文化的に特別な扱いが求められるのは アナング族の聖典に相当するからです このため写真のほとんどは このように遠くから撮影されたり 公園の特定の角度から撮影されています ウルルで最も興味深くて 美しい景色のいくつかは 配慮の必要な地域にあると言えます 撮影を禁止されることが その土地やその重要性 そこに暮らす人々についてより深く学ぶ 端的で直接的なきっかけとなります それが私たちのすべきことではありませんか? 私のウルルでの滞在はすぐに 自分自身のためのものではなく この場所との繋がりのためのものになりました 皮肉にも 意外ではありませんが 存在との繋がりが結果的に より魅力的な写真を 生み出していることがわかりました

ソーシャルメディアは 旅行や生活の写真のシェアに適した場所だと 誰もが言えるでしょう 私たちは自分が見た世界の一部分だけでなく 日々の体験もシェアしています そして 撮影する写真に意図を込めていれば 意図的にシェアもしているはずです 私にとって 自分の話や見方の一部を ネット上に示すことで 私は独りでないと気付くことができます そうすることで サポートやコミュニティを作り 他の人にも一人でないと 気づいてもらうことができました

はっきりさせときますね 私は皆さんに写真の撮影を やめさせようというつもりはありません たとえ何千人もの人々が まさに同じ場所で まさにそっくりの写真を撮ったとしても 皆さんも外に出かけて 写真を撮ることを勧めます 世界には 皆さんの意見や見方も含めて あらゆる意見や見方が必要です 私が皆さんに言いたいのは 携帯やカメラを 常に出しておく必要はないということです 皆さんに薦めたいことは ほんの少しだけそれを片付けることです ほんの一瞬で良いのです

それでは メサアーチに戻りましょう 岩が朱に染まり 背景には青く美しい層があります 次にどこか素晴らしい場所へ行くときに カメラや携帯を持って行けなかったら? 一切 写真を撮ることが 許れていない場合はどうでしょうか? 制限だと感じますか? それとも安心した気分になるのでしょうか?

私たちに何ができるでしょう? 次にカメラや携帯を取り出したくなったら あるいは 私みたいに既に取り出していると 気づいたら

(笑)

まず 待って 少し間を取って 深呼吸をします 周りを見てみましょう 何かに気づきましたか? 他の誰かとその瞬間を体験していますか? その瞬間は一度だけであることを 覚えていてください 写真は美しい体験の一部となります ただ それがあなたと現実の間の 障害にならないようにしてください 意図して行いましょう そして 写真を撮ることに 集中しすぎたあまりに 美しくかけがえのない記憶を なくさないでください

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画