TED日本語 - キトラ・カハナ: ホームレスと隠れ家の物語

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - キトラ・カハナ: ホームレスと隠れ家の物語

TED Talks

ホームレスと隠れ家の物語
A glimpse of life on the road
キトラ・カハナ
Kitra Cahana

内容

フォトジャーナリストそしてTEDフェローのキトラ・カハナは、小さい女の子だった時、家から逃げ出し、自由気ままに道端で生きることを夢見ていました。現在成人した彼女は、自称さすらい者として、現代の遊牧民を彼らの住処 - 貨物コンテナ、バス停、駐車場それから休憩所のトイレ - まで追いかけます。狭間の文化に一瞥を送りながら。

Script

As a little girl, I always imagined I would one day run away. From the age of six on, I kept a packed bag with some clothes and cans of food tucked away in the back of a closet. There was a deep restlessness in me, a primal fear that I would fall prey to a life of routine and boredom. And so, many of my early memories involved intricate daydreams where I would walk across borders, forage for berries, and meet all kinds of strange people living unconventional lives on the road.

Years have passed, but many of the adventures I fantasized about as a child -- traveling and weaving my way between worlds other than my own -- have become realities through my work as a documentary photographer. But no other experience has felt as true to my childhood dreams as living amongst and documenting the lives of fellow wanderers across the United States. This is the nomadic dream, a different kind of American dream lived by young hobos, travelers, hitchhikers, vagrants and tramps.

In most of our minds, the vagabond is a creature from the past. The word "hobo" conjures up an old black and white image of a weathered old man covered in coal, legs dangling out of a boxcar, but these photographs are in color, and they portray a community swirling across the country, fiercely alive and creatively free, seeing sides of America that no one else gets to see.

Like their predecessors, today's nomads travel the steel and asphalt arteries of the United States. By day, they hop freight trains, stick out their thumbs, and ride the highways with anyone from truckers to soccer moms. By night, they sleep beneath the stars, huddled together with their packs of dogs, cats and pet rats between their bodies.

Some travelers take to the road by choice, renouncing materialism, traditional jobs and university degrees in exchange for a glimmer of adventure. Others come from the underbelly of society, never given a chance to mobilize upwards: foster care dropouts, teenage runaways escaping abuse and unforgiving homes.

Where others see stories of privation and economic failure, travelers view their own existence through the prism of liberation and freedom. They'd rather live off of the excess of what they view as a wasteful consumer society than slave away at an unrealistic chance at the traditional American dream. They take advantage of the fact that in the United States, up to 40 percent of all food ends up in the garbage by scavenging for perfectly good produce in dumpsters and trash cans. They sacrifice material comforts in exchange for the space and the time to explore a creative interior, to dream, to read, to work on music, art and writing.

But there are many aspects to this life that are far from idyllic. No one loses their inner demons by taking to the road. Addiction is real, the elements are real, freight trains maim and kill, and anyone who has lived on the streets can attest to the exhaustive list of laws that criminalize homeless existence. Who here knows that in many cities across the United States it is now illegal to sit on the sidewalk, to wrap oneself in a blanket, to sleep in your own car, to offer food to a stranger? I know about these laws because I've watched as friends and other travelers were hauled off to jail or received citations for committing these so-called crimes.

Many of you might be wondering why anyone would choose a life like this, under the thumb of discriminatory laws, eating out of trash cans, sleeping under bridges, picking up seasonal jobs here and there. The answer to such a question is as varied as the people that take to the road, but travelers often respond with a single word: freedom. Until we live in a society where every human is assured dignity in their labor so that they can work to live well, not only work to survive, there will always be an element of those who seek the open road as a means of escape, of liberation and, of course, of rebellion.

Thank you.

(Applause)

小さな女の子だった私は いつも心に描いていました いつか逃げ出すだろうと 6才から 服に詰めたかばんを用意し 缶詰の食べ物を クローゼットの後ろに隠していました 私の中には深い焦燥感があり つまらないありきたりの生活の 餌食になってしまうという 根本的な恐怖を抱えていました だから 幼少期の記憶の多くでは ベリーを探し回っている内に 境界を超えた先の こんがらがった白昼夢の中で 路上生活をしている 型にはまらない あらゆる種類の たくさんの変わった人達に出会うのです

何年か経ち 私が子供として夢想した 多くの冒険 ― 旅をし 自分の独自の道よりも 他の人の道を紡ぐ ― という冒険は ドキュメンタリーの写真家としての 私の仕事を通して現実になったのです しかし アメリカ中の放浪者仲間と 共に生活をし 彼らの人生を記録すること以上に 私の子供時代の夢のように思えるような体験は 他に何もないのです これはアメリカン・ドリームとは 別の種類の夢 放浪の夢で 若い浮浪者 旅行者  ヒッチハイカー 放浪者や売春婦が生きる夢です

多くの人の心には 放浪者は過去の産物だという思いがあります 「浮浪者」という言葉から想起するのは 古いモノクロ写真の中で 石炭にまみれたよぼよぼの老人が 貨物コンテナから 足をぶら下げている姿です でも これらの写真はカラーのもので 国を取り巻きながら 猛烈に生き抜き 創造性に富んだ 自由な共同体を 誰も目もくれない アメリカの裏表を見つめつつ 描き出しているのです

先人たちのように 現代の遊牧民は アメリカ中の線路と アスファルトの大きな道を 旅しているのです 日中 彼らは貨物列車に飛び乗り 親指を突き出して トラック運転手や子どもの課外活動に いそしむ母親などと 高速道路を走ります 夜は星空の下で眠ります 犬と猫と ペットのねずみで ぎゅうぎゅう詰めです

自らの選択で 路上生活を選ぶ人もいます 物質主義や因襲的な仕事 大学の学位と引き換えに おぼろげな冒険を手にします また別の人は 社会の底辺から 這い上がるチャンスを 与えられない人達で 養護施設の離脱者 虐待や厳格すぎる家庭から 逃げ出した十代の 少年少女達です

周りの人々にとって 困窮と経済的失敗とみなされる 物語を旅する者は 解放と自由のキラメキを通して 己の存在を見つめるのです 彼らは典型的なアメリカンドリームを得るという 非現実的なチャンスのために あくせく働くよりも 無駄な消費社会からの余剰を頼りに 生きる方がましなのです 彼らが便乗しているのは アメリカにおいて 全ての食物の40%が 十分食べられるにも関わらず 大型のゴミ箱や くずかごに廃棄される事実で これを食しています 彼らが内なる創造的な探究のため 犠牲にしているのは 物質的な快適さですが 替わりに手にした場所と時間で 夢を描き 本を読み 音楽を奏で 芸術や執筆を楽しみます

しかし この生活は素晴らしいものとは程遠く こもごもの側面があるのです 路上に出るだけで 内なる悪を消せる人なんて 誰も居ません 中毒は現実で 要素は現実で 貨物列車は彼らを轢き殺し 通りで生活する者は誰もが その存在を犯罪とみなす 容赦ない法律で 取り締まりの対象となり得るのです ここにいる皆さんは アメリカの多くの都市で 歩道にしゃがみ込むことや 毛布で体を包むことや 自家用車で寝泊まりすることや 見知らぬ人に食べ物をあげることが 今では違法だとは ご存知ないでしょう 私は多くの友人や旅行者達が これらの犯罪に関わったとして 刑務所に放り込まれたり 召喚状を受け取ったので これらの法律のことは知っています

皆さんの多くは なぜこんな生活を選ぶのかと 不思議に思うかもしれません 差別的な法律の言いなりになって ゴミ箱から食べ物を漁り 橋の下で眠り 短期の仕事を渡り歩くなんて と そんな問いへの答えは 人々を路上へ向かわせる理由と 同じくらい多岐に渡りますが 旅する者たちの答えは しばしば一言に尽きます 「自由」 私たち全員が ただ生き延びるだけでなく より良く生きるために働く そんな人間の尊厳が保障されるような 社会に住めるようになるまでは この開かれた道を 逃げ道として 解放の道として それからもちろん ― 反抗の道しるべとして 追い求める者たちが存在するでしょう

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画