TED日本語 - アナスタシア・テイラー=リンド: 闘う男たちと悲しむ女たち ― ウクライナ革命にて

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アナスタシア・テイラー=リンド: 闘う男たちと悲しむ女たち ― ウクライナ革命にて

TED Talks

闘う男たちと悲しむ女たち ― ウクライナ革命にて
Fighters and mourners of the Ukrainian revolution
アナスタシア・テイラー=リンド
Anastasia Taylor-Lind

内容

「男たちは闘い、女たちは彼らを悼む」、これは写真家のアナスタシア・テイラー=リンドの言葉です。ウクライナのマイダンで起きたデモで撮影した、飾り気のない印象的な写真を通して、TEDフェローである彼女が、革命の中で捉えた人々の親密な表情を紹介します。これは恐ろしくも美しい話なのです。

Script

When I arrived in Kiev, on February 1 this year, Independence Square was under siege, surrounded by police loyal to the government. The protesters who occupied Maidan, as the square is known, prepared for battle, stockpiling homemade weapons and mass-producing improvised body armor. The Euromaidan protests began peacefully at the end of 2013, after the president of Ukraine, Viktor Yanukovych, rejected a far-reaching accord with the European Union in favor of stronger ties with Russia. In response, tens of thousands of dissatisfied citizens poured into central Kiev to demonstrate against this allegiance.

As the months passed, confrontations between police and civilians intensified. I set up a makeshift portrait studio by the barricades on Hrushevsky Street. There, I photographed the fighters against a black curtain, a curtain that obscured the highly seductive and visual backdrop of fire, ice and smoke. In order to tell the individual human stories here, I felt that I needed to remove the dramatic visuals that had become so familiar and repetitive within the mainstream media. What I was witnessing was not only news, but also history. With this realization, I was free from the photojournalistic conventions of the newspaper and the magazine. Oleg, Vasiliy and Maxim were all ordinary men, with ordinary lives from ordinary towns. But the elaborate costumes that they had bedecked themselves in were quite extraordinary. I say the word "costume" because these were not clothes that had been issued or coordinated by anyone. They were improvised uniforms made up of decommissioned military equipment, irregular combat fatigues and trophies taken from the police. I became interested in the way they were choosing to represent themselves, this outward expression of masculinity, the ideal of the warrior.

I worked slowly, using an analog film camera with a manual focusing loop and a handheld light meter. The process is old-fashioned. It gives me time to speak with each person and to look at them, in silence, while they look back at me.

Rising tensions culminated in the worst day of violence on February 20, which became known as Bloody Thursday. Snipers, loyal to the government, started firing on the civilians and protesters on Institutskaya Street. Many were killed in a very short space of time. The reception of the Hotel Ukraine became a makeshift morgue. There were lines of bodies laid in the street. And there was blood all over the pavements. The following day, President Yanukovych fled Ukraine. In all,three months of protests resulted in more than 120 confirmed dead and many more missing. History unfolded quickly, but celebration remained elusive in Maidan.

As the days passed in Kiev's central square, streams of armed fighters were joined by tens of thousands of ordinary people, filling the streets in an act of collective mourning. Many were women who often carried flowers that they had brought to lay as marks of respect for the dead. They came day after day and they covered the square with millions of flowers. Sadness enveloped Maidan. It was quiet and I could hear the birds singing. I hadn't heard that before.

I stopped women as they approached the barricades to lay their tributes and asked to make their picture. Most women cried when I photographed them. On the first day, my fixer, Emine, and I cried with almost every woman who visited our studio. There had been such a noticeable absence of women up until that point. And the color of their pastel coats, their shiny handbags, and the bunches of red carnations, white tulips and yellow roses that they carried jarred with the blackened square and the blackened men who were encamped there.

It is clear to me that these two sets of pictures don't make much sense without the other. They are about men and women and the way we are -- not the way we look, but the way we are. They speak about different gender roles in conflict, not only in Maidan, and not only in Ukraine. Men fight most wars and women mourn them. If the men showed the ideal of the warrior, then the women showed the implications of such violence.

When I made these pictures, I believed that I was documenting the end of violent events in Ukraine. But now I understand that it is a record of the beginning. Today, the death toll stands around 3,000, while hundreds of thousands have been displaced. I was in Ukraine again six weeks ago. In Maidan, the barricades have been dismantled, and the paving stones which were used as weapons during the protests replaced, so that traffic flows freely through the center of the square. The fighters, the women and the flowers are gone. A huge billboard depicting geese flying over a wheat field covers the burned-out shell of the trade union's building and proclaims, "Glory to Ukraine. Glory to heroes." Thank you. (Applause) .

今年2月1日に 私がキエフに着いた時 独立広場は 政府側の警官隊に包囲されていました 「マイダン」と呼ばれている この広場を 占拠したデモ隊は 戦闘準備を進めていて 自家製の武器を山のように集め 即席の防護服を大量に製作していました ユーロマイダンでの抗議デモは 2013年の末に穏やかに始まりました ウクライナ大統領 ヴィクトル・ヤヌコビッチが EUとの広範な協定を拒絶して ロシアとの関係強化を 目論んだ直後のことでした これに反発した数万人の市民は キエフ中心部に集結し ロシアへの忠誠に 反対するデモを行いました

数か月後 警官隊と市民の対立は 激化しました 私はフルシェフスキー通りの バリケード沿いに仮設スタジオを作り そこで黒いカーテンを背景にして 戦闘員たちを撮影しました 炎や氷や煙といった 目を奪う視覚的な背景を カーテンで覆い隠したのです 一人ひとりの物語を伝えるには 主要なメディアでよく目にする 劇的な背景を 取り除かねばと思ったのです 私が目撃していたのはニュースであり 同時に歴史でもありました それに気づいた私は 新聞や雑誌の 報道写真の枠組みから 自由になれました オレグもヴァシリーも マクシムも平凡な町に生まれ 平凡な生活を営む 平凡な男性でした でも彼らが身にまとう 手の込んだ衣装は 驚くべきものでした 今「衣装」と言ったのは 誰かが支給して 合わせたものでは なかったからです どれも軍の払い下げや 非正規の軍服や 警官から奪った戦利品で 工夫して作った制服でした 彼らが自分を表現するために 選んだ方法と 男らしさや理想の戦士像を 外見で表す様子に 興味を引かれました

私はマニュアルフォーカスの アナログのフィルムカメラと 手持ちの露出計を使って ゆっくり作業しました 昔風のやり方です そのおかげで一人ひとりと 話す時間と お互い静かに視線を交わす 時間ができるのです

緊張は高まっていき とうとう2月20日には 最悪の衝突に発展しました これは「血の木曜日」と 呼ばれるようになりました 政府側の狙撃手が インスティトゥーツカ通りにいた 市民やデモ隊に発砲し始め 短時間に多数の死者が出ました ホテルウクライナのフロントは 仮設の遺体安置所と化しました 通りには何列も 遺体が横たわっていました 路上は血に染まりました 翌日ヤヌコビッチ大統領は ウクライナから逃亡しました 3か月の抗議運動で 120人以上の死亡が確認され さらに多数の人々が 行方不明になりました 歴史はすごいスピードで 展開しましたが マイダンに祝賀ムードは ありませんでした

キエフの独立広場では 日を追うごとに 武装した戦闘員たちに 数万人の一般市民が合流し 追悼集会をするために 通りを埋め尽くしました 多くは女性で 死者に弔意を表すため 花束を手にしていました 人々は毎日やって来て 広場を数百万本の花で 埋め尽くしました マイダンは悲しみに包まれました とても静かで 鳥の声が聞こえました 以前は聞こえたことなどなかったのに

お供えを置くため バリケードまで来た女性たちを 私は呼び止めて 写真を撮らせてほしいと頼みました 撮影中ほとんどの女性が 泣いていました 撮影初日は仲介役のエミネーも私も スタジオを訪れた 女性たちと一緒に泣きました その時までは女性の姿は まったく目にしませんでした 彼女たちのパステルカラーのコートや ピカピカのハンドバッグ 彼女たちが抱えている 赤いカーネーションや 白いチューリップや黄色いバラは 黒く煤けた広場や 野営する薄汚れた男たちとは 不釣り合いでした

この2種類の写真は 片方が欠けると 意味をなさないことは はっきりしています 男と女そして私たちの 在り方に関する写真だからです 私たちがどう見るかではなく 在り方が問題なのです 写真が語るのは マイダンやウクライナに限らない 闘いにおける 男女それぞれの役割です 男たちが闘い 女たちは彼らを悼むのです 男が理想の戦士を体現し 女は暴力が 意味するものを体現します

私がこの写真を撮った時 ウクライナにおける暴力の終わりを 記録していると信じていました でも実際は「始まり」を 記録していたのです 現在死者数は約3千人にのぼり 数万人が避難しています 6週間前に再びウクライナを訪れました マイダンではバリケードが撤去され デモで武器として使われた 敷石は交換され 広場の中心部を 車が自由に行き交っています 戦闘員も女性たちも 花束もすでにありません 小麦畑の上を飛ぶ 雁が描かれた巨大な看板が 黒焦げになった労働組合会館の 外壁を覆い こう訴えています 「ウクライナに栄光あれ 英雄たちに栄光あれ」と ありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画