TED日本語 - ボニファス・ムワンギ: 私が1人で立ち上がった日

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ボニファス・ムワンギ: 私が1人で立ち上がった日

TED Talks

私が1人で立ち上がった日
The day I stood up alone
ボニファス・ムワンギ
Boniface Mwangi

内容

写真家のボニファス・ムワンギは、祖国ケニアでの汚職に抗議したいと願っていました。そこで計画を立てます ― 人々が多く集まる公の場で、友人と共に立ち上がり、野次を飛ばそうと。しかし、その時が来ると自分一人しかいませんでした。彼は語ります。そこで起きたことによって、真の自分の存在意義が見出せたのだと。彼は、「人生には最も重要な日が2度ある。生まれた日と、生まれた理由を見出す日なのだ」と言います。写真も紹介します。

Script

People back home call me a heckler, a troublemaker, an irritant, a rebel, an activist, the voice of the people. But that wasn't always me.

Growing up, I had a nickname. They used to call me Softy, meaning the soft, harmless boy. Like every other human being, I avoided trouble. In my childhood, they taught me silence. Don't argue, do as you're told. In Sunday school, they taught me don't confront, don't argue, even if you're right, turn the other cheek.

This was reinforced by the political climate of the time. (Laughter) Kenya is a country where you are guilty until proven rich. (Laughter) Kenya's poor are five times more likely to be shot dead by the police who are meant to protect them than by criminals. This was reinforced by the political climate of the day. We had a president, Moi, who was a dictator. He ruled the country with an iron fist, and anyone who dared question his authority was arrested, tortured, jailed or even killed. That meant that people were taught to be smart cowards, stay out of trouble. Being a coward was not an insult. Being a coward was a compliment. We used to be told that a coward goes home to his mother. What that meant: that if you stayed out of trouble you're going to stay alive.

I used to question this advice, and eight years ago we had an election in Kenya, and the results were violently disputed. What followed that election was terrible violence, rape, and the killing of over 1,000 people. My work was to document the violence. As a photographer, I took thousands of images, and after two months, the two politicians came together, had a cup of tea, signed a peace agreement, and the country moved on.

I was a very disturbed man because I saw the violence firsthand. I saw the killings. I saw the displacement. I met women who had been raped, and it disturbed me, but the country never spoke about it. We pretended. We all became smart cowards. We decided to stay out of trouble and not talk about it.

Ten months later, I quit my job. I said I could not stand it anymore. After quitting my job, I decided to organize my friends to speak about the violence in the country, to speak about the state of the nation, and June 1,2009 was the day that we were meant to go to the stadium and try and get the president's attention. It's a national holiday, it's broadcast across the country, and I showed up at the stadium. My friends did not show up. I found myself alone, and I didn't know what to do. I was scared, but I knew very well that that particular day, I had to make a decision. Was I able to live as a coward, like everyone else, or was I going to make a stand? And when the president stood up to speak, I found myself on my feet shouting at the president, telling him to remember the post-election violence victims, to stop the corruption. And suddenly, out of nowhere, the police pounced on me like hungry lions. They held my mouth and dragged me out of the stadium, where they thoroughly beat me up and locked me up in jail. I spent that night in a cold cement floor in the jail, and that got me thinking. What was making me feel this way? My friends and family thought I was crazy because of what I did, and the images that I took were disturbing my life. The images that I took were just a number to many Kenyans. Most Kenyans did not see the violence. It was a story to them.

And so I decided to actually start a street exhibition to show the images of the violence across the country and get people talking about it. We traveled the country and showed the images, and this was a journey that has started me to the activist path, where I decided to become silent no more, to talk about those things. We traveled, and our general site from our street exhibit became for political graffiti about the situation in the country, talking about corruption, bad leadership. We have even done symbolic burials. We have delivered live pigs to Kenya's parliament as a symbol of our politicians' greed. It has been done in Uganda and other countries, and what is most powerful is that the images have been picked by the media and amplified across the country, across the continent.

Where I used to stand up alone seven years ago, now I belong to a community of many people who stand up with me. I am no longer alone when I stand up to speak about these things. I belong to a group of young people who are passionate about the country, who want to bring about change, and they're no longer afraid, and they're no longer smart cowards. So that was my story. That day in the stadium, I stood up as a smart coward. By that one action, I said goodbye to the 24 years living as a coward.

There are two most powerful days in your life: the day you're born, and the day you discover why. That day standing up in that stadium shouting at the President, I discovered why I was truly born, that I would no longer be silent in the face of injustice. Do you know why you were born? Thank you. (Applause)

Tom Rielly: It's an amazing story. I just want to ask you a couple quick questions. So PAWA254: you've created a studio, a place where young people can go and harness the power of digital media to do some of this action. What's happening now with PAWA?

Boniface Mwangi: So we have this community of filmmakers, graffiti artists, musicians, and when there's an issue in the country, we come together, we brainstorm, and take up on that issue. So our most powerful tool is art, because we live in a very busy world where people are so busy in their life, and they don't have time to read. So we package our activism and we package our message in art. So from the music, the graffiti, the art, that's what we do. Can I say one more thing?

TR: Yeah, of course. (Applause)

BM: In spite of being arrested, beaten up, threatened, the moment I discovered my voice, that I could actually stand up for what I really believed in, I'm no longer afraid. I used to be called softy, but I'm no longer softy, because I discovered who I really am, as in, that's what I want to do, and there's such beauty in doing that. There's nothing as powerful as that, knowing that I'm meant to do this, because you don't get scared, you just continue living your life.

Thank you.

(Applause)

自分は祖国では野次馬野郎 問題児、鬱陶しいやつ 反抗者、活動家 人々の声を代弁する者と 呼ばれています でも 最初からそうであった訳では ありません

子どもの頃 あだ名がありました かつては「ソフティ」って呼ばれていました ソフトで害のない奴だったのです 他の人達と同じく 私はトラブルを避けていました 子供の頃 黙っているべしと 教わりました 議論などせず 言われた通りにしろと 日曜学校では 人と対峙するな 議論するな 自分が正しいと思っても 侮辱を甘んじておきなさいと教わりました

当時の政情は このことを さらに後押ししました (笑) ケニアは 金持ちになるまでは だれもが罪深いとされる そんな国です (笑) ケニアでは銃によって殺された貧者の数は 犯罪者によるものより 人々を守るべき立場である 警察によるものが 5倍に上ります 当時の政治的環境から このような状況になりました モイという名の大統領がいました 彼は独裁者でした 彼は鉄拳を振りかざし 国を支配しました 彼の権力に盾突くものは 誰もが逮捕され 拷問を受け 投獄され 時には殺されました だから トラブルに巻き込まれないように 賢明な臆病者たるべきと言われたのです 臆病という言葉は 侮辱にはなりません 臆病は褒め言葉でした 臆病者は母さんのいる所に帰れるのだと 言われ続けてきました トラブルに巻き込まれなければ 生きていられるという意味です

この言葉にいつも疑問を抱いていました そして8年前のことです ケニアで選挙がありました その結果は 激しい抗争を生みました 選挙の後に ひどい暴力 レイプが起き さらには千人以上が殺害されました 私の仕事は暴力行為を 記録に残すことでした 写真家として数千枚の写真を撮りました 2か月後には 対立する両者は歩み寄り お茶を飲み そして 平和協定書に署名しました こうしてこの国は先へと進んでいきました

暴力を目の当たりにしていた私は 精神的にとても滅入っていました 殺人を目にし 強制退去を目にしました レイプされた女性を目撃し 私は動揺しました しかし 国内では 誰もそれを語りませんでした みんな 見ぬふりをして 賢明な臆病者になっていたのです トラブルを避け 口外しないと 決め込んでいたのです

10か月後 私は仕事を辞めました これ以上耐えられないと思ったのです 仕事をやめた後 友人達を巻き込んで この国の暴力について語ろう 国情について語ろうと決意しました 2009年6月1日のことです スタディアムに行って 大統領の注意を引こうと 計画しました その日は国民の祝日です その様子は国中に放映されます 私はスタディアムに行きましたが 友人は姿を現しませんでした 自分一人になり どうしたらよいか 分りません 私はびくびくしました でも その日 決断すべきだということを よく理解していました 皆と同じように臆病者として生きるのか それとも立ち上がるのか? 大統領が演説のために登壇した時 私は立ち上がり 大統領に向かって叫びました 「選挙後の犠牲者たちのことを覚えていますか」 「汚職をやめるべきです」 と言ったのです 突然どこからともなく 腹を空かせたライオンのように 警官が私に飛びかかりました 私の口を押え スタディアムから引きずり出し 徹底的に私をたたきのめし 刑務所に収監しました 冷たいセメントの床で 一夜を過ごした時 思いに耽りました なぜ私はこんなことを する気になったのだろう? 友人や家族は 私の気が触れて こんな行動をとったのだと思っているだろうとか 自分が撮った写真が いかに私の人生を揺るがしているか それは多くのケニア人にとって 数多ある 紙切れに過ぎませんでした 殆どのケニア人は暴力を目にしていません それはただの物語に過ぎないのです

そこで路上の展覧会を開くことを 決心しました 暴力を写した写真を全国で見せて それについて人々に語らせるのです 国中を旅し 写真を見せていきました これが私の活動家としての 旅の始まりです もう口を閉じて黙ることなく 語っていくのだと 決心したのです 旅していくと 街頭展覧会に使った 普通の場所が 汚職や誤ったリーダーシップなど 国情を映し出す 政治的な落書きがなされる 場になっていきました 抽象的な埋葬も行いました 政治家の貪欲さのシンボルとして ケニアの国会に 生きたブタを届けたりしました これはウガンダなど他の国でも 行なわれていたことです その影響力はめざましく 映像がメディアに取り上げられ 国中に そしてアフリカ大陸全体に 波及していきました

7年前には私一人で立ち上がりましたが 今や 一緒に行動する多数の人からなる コミュニティに属しています 物事を語るのに もはや 私は1人ではありません 情熱をもって 国を変えていきたいと願っている 若者達のグループと一緒にいます 彼らはもう恐れてはいません 抜け目ない臆病者ではありません これが私のストーリーです あの日のスタディアムで 抜け目ない臆病者だった私が 立ち上がりました たった一つの行動が 24年間臆病者だった自分に別れを告げました

人生には重要な日が2度訪れます 生まれた日 そして なぜ自分が生まれたかを悟る日です スタディアムで立ち上がり 大統領に向かって叫んだ日 その日が自分が生まれた理由 つまり 沈黙せず不正に立ち向かうことなのだと 発見した日でした 皆さんは自分が生まれた理由を 知っていますか? 有難うございました (拍手)

トム・ライリー: 素晴らしいお話でした いくつか質問させてください PAWA254について あなたは こういった行動を起こすために 若者が訪れていって デジタルメディアの力を利用するための スタジオを開かれました PAWAは今 どうなっていますか?

ムワンギ: このコミュニティは 映画の制作者 漫画家、音楽家の集まりで 国内で何か問題が起きると 一緒に集まり ブレーンストーミングをして 問題を取り上げていきます もっとも効果があるのがアートです なぜなら 日常が忙しい そんな とてもせわしい世の中にあって 人々は文字を読む時間がありません ですから 我々は行動指針や メッセージをアートにして伝えます 音楽、グラフィティ、芸術 そんなことをやっています もう一言 言っていいですか?

勿論です (拍手)

逮捕され 打ちのめされ 脅迫されましたが その時 自分の心の声が聞こえたのです 自分が真に信ずることのために 立ち上がれと もう恐れてはいません ソフティと呼ばれたことがありましたが もう違います なぜなら自分の役割を見出し 行動しているからです そこには美というものがあります 自分が何をすべきかを知っていることほど 大切なことはありません 恐れなければ 自分の人生を 生きていくことが出来るからです

有難うございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画