TED日本語 - イーマン・ムハンマド: 語られなかった話を語る勇気

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - イーマン・ムハンマド: 語られなかった話を語る勇気

TED Talks

語られなかった話を語る勇気
The courage to tell a hidden story
イーマン・ムハンマド
Eman Mohammed

内容

イーマン・ムハンマドは、ガザ地区の数少ない女性報道写真家です。男性の同僚の多くから、あからさまな嫌がらせを受けつつも、彼女は男性に禁じられた場所を初めて取材することができました。短くも視覚に訴えるトークの中で、彼女は語られることのなかった話に光を当てることによって、パレスチナの社会に存在する性差別を批判します。

Script

When I turned 19, I started my career as the first female photojournalist in the Gaza Strip, Palestine. My work as a woman photographer was considered a serious insult to local traditions, and created a lasting stigma for me and my family. The male-dominated field made my presence unwelcome by all possible means. They made clear that a woman must not do a man's job. Photo agencies in Gaza refused to train me because of my gender. The "No" sign was pretty clear.

Three of my colleagues went as far as to drive me to an open air strike area where the explosion sounds were the only thing I could hear. Dust was flying in the air, and the ground was shaking like a swing beneath me. I only realized we weren't there to document the event when the three of them got back into the armored Jeep and drove away, waving and laughing, leaving me behind in the open air strike zone.

For a moment, I felt terrified, humiliated, and sorry for myself. My colleagues' action was not the only death threat I have received, but it was the most dangerous one.

The perception of women's life in Gaza is passive. Until a recent time, a lot of women were not allowed to work or pursue education. At times of such doubled war including both social restrictions on women and the Israeli-Palestinian conflict, women's dark and bright stories were fading away. To men, women's stories were seen as inconsequential.

I started paying closer attention to women's lives in Gaza. Because of my gender, I had access to worlds where my colleagues were forbidden. Beyond the obvious pain and struggle, there was a healthy dose of laughter and accomplishments. In front of a police compound in Gaza City during the first war in Gaza, an Israeli air raid managed to destroy the compound and break my nose. For a moment, all I saw was white, bright white, like these lights. I thought to myself I either got blind or I was in heaven. By the time I managed to open my eyes, I had documented this moment.

Mohammed Khader, a Palestinian worker who spent two decades in Israel, as his retirement plan, he decided to build a four-floor house, only by the first field operation at his neighborhood, the house was flattened to the ground. Nothing was left but the pigeons he raised and a jacuzzi, a bathtub that he got from Tel Aviv. Mohammed got the bathtub on the top of the rubble and started giving his kids an every morning bubble bath.

My work is not meant to hide the scars of war, but to show the full frame of unseen stories of Gazans. As a Palestinian female photographer, the journey of struggle, survival and everyday life has inspired me to overcome the community taboo and see a different side of war and its aftermath. I became a witness with a choice: to run away or stand still.

Thank you.

(Applause)

私は19才でこの仕事を始めました パレスチナのガザで 最初の女性フォトジャーナリストに なったのです 女性報道写真家という仕事は この地方の慣習に対する 重大な侮辱とみなされ 私と家族に対して 消えることのない汚名が 着せられたのです 男性優位のこの分野では私の存在を あらゆる手段で封じようとしました 女は男の仕事をしてはならないと きつく言われました ガザの報道写真業界からは 訓練を拒まれました 女だからという理由です きっぱりと「ノー」と言われたのです

同僚の3人が 私を空爆の現場に連れて行きました そこで聞こえて来るのは 炸裂する爆音だけでした 粉塵が舞い上がり 足元がふらつく程 大地がぐらぐらと揺れていました ここに仕事のために来たのではないと 気づいたのは 同僚の3人が装甲ジープに戻り 私を空爆のただ中に残して あざ笑いながら手を振って 走り去った時です

一瞬の間 恐怖と 惨めさと後悔に襲われました 同僚たちの行為と似たような 命に関わる脅迫はそれまでもありましたが この時の恐怖とは 比較になりませんでした

ガザにおける女性の立場は 弱いものです 最近まで多くの女性は 就業や教育を 許されませんでした 女性に課された社会的制約と パレスチナ問題という 二重の戦いのもとでは 女性の話は良いものも悪いものも 消え入ってしまいます 男にとって女の話は 取るに足らないものと見なされました

私はガザの女性達の生き方に 注目するようになりました 私は女性であることから 同僚たちが禁じられた場所にも行けました 目に見える苦痛と闘いを越えたところには 笑い声や達成感を得て 健やかに心晴れる ひとときもあります ガザでの最初の戦闘中 警察署の前でのことです イスラエル側の空爆で建物が崩壊し 私は鼻を骨折しました その瞬間目にしたのは 白く眩しい光だけでした ちょうどこの照明のようでした 心の中で 目が見えなくなったか 天国に行ったかと思いました かろうじて目を開けることができた時 この瞬間を捕らえたのです

ムハンマド・カダールは パレスチナの労働者で 20年間イスラエルで働きました 退職の際 かねての計画通り 4階建ての家を建てることに決めました 自宅近くで行われた最初の戦闘で 彼の家は崩壊しました 残ったのは彼が育てた鳩と テル・アビブから買って帰った ジャグジー付きのバスタブだけでした ムハンマドはバスタブを がれきの上に置いて 子どもたちに 毎朝バブルバスを楽しませました

私の仕事は戦争の傷を隠すことではなく 誰も知らないガザの住人たちの 日常を余すところなく知らせることです パレスチナ生まれの女性写真家として 日々を闘い 生き抜くことから力を得て この社会の抱えるタブーを克服し 戦いとその余波の知られざる側面を 報じています 目撃者としての私は選ばねばなりません 逃げるのか 留まるのか

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画