TED日本語 - バラット・アリ・バトー: 密入国斡旋人との絶望の旅

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - バラット・アリ・バトー: 密入国斡旋人との絶望の旅

TED Talks

密入国斡旋人との絶望の旅
My desperate journey with a human smuggler
バラット・アリ・バトー
Barat Ali Batoor

内容

報道写真家のバラット・アリ・バトーはアフガニスタンに住んでいましたが、その仕事が危険を招き、国を脱出しなければならなくなりました。バトーは、ハザーラ人 ― 歴史的に国を追われた民族 ― でしたが、彼自身も、パキスタンへと脱出することになったのです。しかし、そこさえも危険だったのです。安全な場所を求める旅は、飛行機のチケットを買えばよいという容易なものではなく、彼は密入国斡旋人にお金を払い、船で亡命をしようとする移民者の一群に加わりました。彼の鮮烈な写真が、厳しい海の旅の様子を伝えます。

Script

I am a Hazara, and the homeland of my people is Afghanistan. Like hundreds of thousands of other Hazara kids, I was born in exile. The ongoing persecution and operation against the Hazaras forced my parents to leave Afghanistan.

This persecution has had a long history going back to the late 1800s, and the rule of King Abdur Rahman. He killed 63 percent of the Hazara population. He built minarets with their heads. Many Hazaras were sold into slavery, and many others fled the country for neighboring Iran and Pakistan. My parents also fled to Pakistan, and settled in Quetta, where I was born.

After the September 11 attack on the Twin Towers, I got a chance to go to Afghanistan for the first time, with foreign journalists. I was only 18, and I got a job working as an interpreter. After four years, I felt it was safe enough to move to Afghanistan permanently, and I was working there as a documentary photographer, and I worked on many stories.

One of the most important stories that I did was the dancing boys of Afghanistan. It is a tragic story about an appalling tradition. It involves young kids dancing for warlords and powerful men in the society. These boys are often abducted or bought from their poor parents, and they are put to work as sex slaves. This is Shukur. He was kidnapped from Kabul by a warlord. He was taken to another province, where he was forced to work as a sex slave for the warlord and his friends.

When this story was published in the Washington Post, I started receiving death threats, and I was forced to leave Afghanistan, as my parents were. Along with my family, I returned back to Quetta. The situation in Quetta had changed dramatically since I left in 2005. Once a peaceful haven for the Hazaras, it had now turned into the most dangerous city in Pakistan. Hazaras are confined into two small areas, and they are marginalized socially, educationally, and punished. This is Nadir. I had known him since my childhood. He was injured when his van was ambushed by terrorists in Quetta. He later died of his injuries. Around 1,600 Hazara members had been killed in various attacks, and around 3,000 of them were injured, and many of them permanently disabled. The attacks on the Hazara community would only get worse, so it was not surprising that many wanted to flee.

After Afghanistan, Iran, Pakistan, Australia is home to the fourth largest population of Hazaras in the world. When it came time to leave Pakistan, Australia seemed the obvious choice. Financially, only one of us could leave, and it was decided that I would go, in the hope that if I arrived at my destination safely, I could work to get the rest of my family to join me later.

We all knew about the risks, and how terrifying the journey is, and I met many people who lost loved ones at sea. It was a desperate decision to take, to leave everything behind, and no one makes this decision easily. If I had been able to simply fly to Australia, it would have taken me less than 24 hours. But getting a visa was impossible. My journey was much longer, much more complicated, and certainly more dangerous, traveling to Thailand by air, and then by road and boat to Malaysia and into Indonesia, paying people and smugglers all the way and spending a lot of time hiding and a lot of time in fear of being caught.

In Indonesia, I joined a group of seven asylum seekers. We all shared a bedroom in a town outside of Jakarta called Bogor. After spending a week in Bogor,three of my roommates left for the perilous journey, and we got the news two days later that a distressed boat sank in the sea en route to Christmas Island. We found out that our three roommates -- Nawroz, Jaffar and Shabbir -- were also among those. Only Jaffar was rescued. Shabbir and Nawroz were never seen again. It made me think, am I doing the right thing? I concluded I really had no other choice but to go on.

A few weeks later, we got the call from the people smuggler to alert us that the boat is ready for us to commence our sea journey. Taken in the night towards the main vessel on a motorboat, we boarded an old fishing boat that was already overloaded. There were 93 of us, and we were all below deck. No one was allowed up on the top. We all paid 6,000 dollars each for this part of the trip. The first night and day went smoothly, but by the second night, the weather turned.

Waves tossed the boat around, and the timbers groaned. People below deck were crying, praying, recalling their loved ones. They were screaming. It was a terrible moment. It was like a scene from doomsday, or maybe like one of those scenes from those Hollywood movies that shows that everything is breaking apart and the world is just ending. It was happening to us for real. We didn't have any hope. Our boat was floating like a matchbox on the water without any control. The waves were much higher than our boat, and the water poured in faster than the motor pumps could take it out. We all lost hope. We thought, this is the end. We were watching our deaths, and I was documenting it.

The captain told us that we are not going to make it, we have to turn back the boat. We went on the deck and turned our torches on and off to attract the attention of any passing boat. We kept trying to attract their attention by waving our life jackets and whistling.

Eventually, we made it to a small island. Our boat crashing onto the rocks, I slipped into the water and destroyed my camera, whatever I had documented. But luckily, the memory card survived.

It was a thick forest. We all split up into many groups as we argued over what to do next. We were all scared and confused. Then, after spending the night on the beach, we found a jetty and coconuts. We hailed a boat from a nearby resort, and then were quickly handed over to Indonesian water police.

At Serang Detention Center, an immigration officer came and furtively strip-searched us. He took our mobile, my $ 300 cash, our shoes that we should not be able to escape, but we kept watching the guards, checking their movements, and around 4 a.m. when they sat around a fire, we removed two glass layers from an outside facing window and slipped through. We climbed a tree next to an outer wall that was topped with the shards of glass. We put the pillow on that and wrapped our forearms with bedsheets and climbed the wall, and we ran away with bare feet.

I was free, with an uncertain future, no money. The only thing I had was the memory card with the pictures and footage. When my documentary was aired on SBS Dateline, many of my friends came to know about my situation, and they tried to help me. They did not allow me to take any other boat to risk my life. I also decided to stay in Indonesia and process my case through UNHCR, but I was really afraid that I would end up in Indonesia for many years doing nothing and unable to work, like every other asylum seeker.

But it had happened to be a little bit different with me. I was lucky. My contacts worked to expedite my case through UNHCR, and I got resettled in Australia in May 2013.

Not every asylum seeker is lucky like me. It is really difficult to live a life with an uncertain fate, in limbo.

The issue of asylum seekers in Australia has been so extremely politicized that it has lost its human face. The asylum seekers have been demonized and then presented to the people. I hope my story and the story of other Hazaras could shed some light to show the people how these people are suffering in their countries of origin, and how they suffer, why they risk their lives to seek asylum.

Thank you.

(Applause)

私はハザーラ人です ハザーラ人の祖国はアフガニスタン 何十万人という 他のハザーラ人の子供たちと同じく 私は流浪の民として生まれました ハザーラ人に対する迫害や 軍事行動が続く中 私の両親はアフガニスタンを 離れざるを得ませんでした

この迫害には長い歴史があり 1800年代後半の アブドゥル・ラフマーン王 による 統治時代にまで遡ります 彼はハザーラ人の63%を 死に至らしめました ミナレット(塔)を建て 彼らの頭蓋骨で飾りました 多くのハザーラ人は奴隷として売られ 別の多くの者たちは隣国のイランや パキスタンへと逃げていきました 私の両親もパキスタンに逃亡し クウェッタに落ち着き そこで私は生まれました

世界貿易センターが爆破された9.11テロの後に 私は外国人ジャーナリストと共に 初めてアフガニスタンを 訪れる機会を得ました 私は弱冠18才で 通訳としての仕事を得たのでした 4年後のことです もう安全だろうと思い アフガニスタンに永住することにしました そこで報道写真家として働き 様々な記事を書きました

その中で もっとも 印象的だったものの1つは アフガニスタンの ダンシンシグ・ボーイのことです それは おぞましい伝統のある 悲劇でした 少年達が 将軍や地方社会の有力者のために 踊らされるのです 少年達の多くは誘拐されたり 貧しさから親に売られたもので 性的奴隷として働かされています この子はシュクールです 将軍によってカブールで誘拐され 別の地域へと連れて行かれ 将軍やその友人のために 性的奴隷として働かされたのです

この報道はワシントン・ポストで 紹介されました 私は脅迫され命を狙われるようになり 私の両親と同じく アフガニスタンを離れざるを得ませんでした 家族と一緒にクウェッタに戻りました クウェッタの状況は私が去った2005年とは 劇的に変化していました ハザーラ人にとって安全な場所が パキスタンで最も危険な都市へと 変貌していたのです ハザーラ人は2つの狭い区域に 閉じ込められ 社会から教育面や経済面で 疎外されています 彼はナディールです 彼のことは子供の時から知っていました 彼はクウェッタでバンに乗っていた時 テロリストの奇襲を受け負傷し 後に その怪我が原因で亡くなりました 1,600人ほどのハザーラ人が 様々な攻撃を受けて殺されています また3千人ほどが負傷し その多くが回復することのない 身体障害者になっています ハザーラ人社会に対する攻撃は ひどくなる一方で 誰もが逃げ出したいと思っても 不思議ではありませんでした

アフガニスタン、イラン、パキスタンと オーストラリアがハザーラ人の主な 第二の故郷となっています パキスタンを去るとなれば オーストラリアが明らかな 選択肢となりました 経済的な理由で 1人しか旅に出られません そこで私が行くことにしたのです 移住先に無事に辿り着いたら 仕事を見つけた後に家族を 呼び寄せることができると願ったのです

誰もが危険を承知していて 厳しい旅になると分かっていました 愛する人を海で失った人に 数多く会いました 全てをそこに残していく 悲壮の決断は 誰だって容易に下せるものではありません オーストラリアまで 飛行機に乗って行くだけなら 24時間もかかりません しかしビザを取得することができません 私の旅は遥かに遠く 複雑なものであり 言うまでもなく危険なものでした まずタイまで空路で行き 次に陸路と船でマレーシア そしてインドネシアへと進んでいきました 密入国斡旋人やいろんな人にお金を払いながら 長い時間 身を隠し 捕まるのではないかと 長い時間 怯えることもありました

インドネシアでは7人の亡命希望者からなる 集団に加わりました ボゴールというジャカルタ郊外の町で 全員が1つの部屋で過ごしました ボゴールで1週間過ごした後 3人のルームメートが 危険な旅に出立しました その2日後に知らせを耳にしました クリスマス島への航路の半ばで 船は遭難して沈んだのです その船にはルームメートの ナウロス、ジャファー、シャビールの3名も 乗っていました ジャファーだけが助け出されました シャビールとナウロスは 帰らぬ人となってしまいました 私は自問しました これでいいのだろうか? 結論を出しました 「他に選択肢など無い 先に進めと」

数週間後 密入国斡旋人から 船で出港する準備が 整ったとの 連絡が入りました 夜半にモーターボートに乗せられて 母船へと乗り込みました その古びた漁船に乗ってみると 既に過積載状態でした 乗船している93人は 船底に閉じ込められ 誰も甲板に出ることを許されませんでした この航海だけで誰もが 約70万円を支払いました 初日の夜と昼は穏やかでした しかし二晩目に天候が変わりました

波が船を激しく揺らし 船の板がギシリと悲鳴を上げました 甲板の下にいた人々は 泣き叫び 祈り そして愛する者のことを想いました 皆 叫びました 恐怖のひと時でした まるでドゥームズデイの1シーンか 全てが破壊し 世界の終わりを迎える そんなハリウッド映画のシーンの様でした そんなことが現実となって 我々に降りかかったのです もはや望みなど残されていません 船を操ることはできず 水に浮かぶマッチ箱の様に 漂うばかりでした 波高は船よりもはるかに高く ポンプが吐き出すよりも早く 水が入り込んできます 皆 望みを失いました 皆が思いました もはやこれまでだと 皆が死を目の当たりにする中 私はこのことを記録に残していました

船長が告げました 「目的地には辿りつけない 船を引き返さなければならない」 我々は甲板に上がり トーチを点滅させ 近くを通る船に気づいてもらおうと しました 注意を引きつけようと 救命胴衣を振りかざし 笛を鳴らし続けました

ついには小さな島に辿りつきました 船が岩に座礁し 私は水中に投げ出され 全てを記録した私のカメラは 壊れてしまいました しかし幸いなことに メモリーカードは無事でした

そこには密林がありました 我々は多くのグループに分かれ 次にどうすべきか話し合いました 皆 恐怖におびえ 混乱していました その夜は海岸で過ごしましたが 翌日には防波堤と ココナッツの木を見つけました 近くのリゾートからの船に声を掛けましたが そしてたちまち インドネシアの 海上警察に引き渡されました

セランの拘置所に 入国審査官が来て 各々 服を脱がせて持ち物を調べました 彼は我々の携帯電話と 私の300ドル それに 逃亡を防ぐために靴を取り上げました しかし我々は 警備員の動きを逐一観察し 彼らが朝の4時頃に 火の周りで暖を取っている時 外側に面する2重ガラスを外し 抜け出しました 外壁にはガラスの破片が埋め込まれていましたが 横の木を登ると 我々は 枕をガラスの上に置き ベッドカバーを手に巻き付け 壁を登りました 裸足で逃走し

私は逃げおおせました この先 どうなるか分りません お金もありません 持っていたものは唯一 写真と映像を記録したメモリーカードだけです 私のドキュメンタリーが SBS Datelineで放映された時に 私の状況は多くの友人たちの知る所となり 助けようとしてくれました 友人たちは命がけの航海を 2度と許してはくれませんでした 私はインドネシアに留まり UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)で手続きを行うことにしました しかし何年もの間 インドネシアで 他の亡命希望者と同様に 何もせず 働くことも出来なくなるのではと とても憂慮しました

しかし 自分にはちょっと 違うことが起こりました 私は幸運だったのです 私の担当者は UNHCRの処理を迅速に進め 2013年5月にオーストラリアに 移住することが出来たのです

亡命希望者が皆 私の様に幸運ではありません 不確かな運命 宙ぶらりんな状態で 生きていくことはとても困難です

オーストラリアでは 亡命希望者の扱いが 非常に重要な政治問題となっており 人道的な側面を失っています 亡命希望者は邪魔者扱いにされ 人々の前にさらけ出されます 私の体験や 他のハザーラ人の境遇が 人々の知るところとなり こういった人達が 祖国で迫害を受け どう苦しんでいるか分かって頂けたらと 願っています 命を懸けてまで なぜ亡命を願うのでしょう?

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画