TED日本語 - ダン・グロス: 銃による暴力を「普通のこと」とすべきではない理由

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ダン・グロス: 銃による暴力を「普通のこと」とすべきではない理由

TED Talks

銃による暴力を「普通のこと」とすべきではない理由
Why gun violence can't be our new normal
ダン・グロス
Dan Gross

内容

銃の好き嫌いは関係ない。身元調査がされないまま毎日何千丁もの銃が販売されることがなくなれば、アメリカがより安全な国になることは明らかです。「(銃暴力を防ぐ)ブレイディ キャンペーン」の代表ダン・グロスは、アメリカ人の90%以上が望む全ての銃販売に身元調査を適用しようと訴え、個人的な思いを情熱的に語ります。「世界中で起こる偉大な活動には、振り返ってみて次のような瞬間があります。『あの時、事態が真に動き始めた』」グロスはさらにこう続けます。「アメリカの銃暴力に幕を閉じる活動に、その変化の時がきた」と。

Script

OK, so, confession: I've always been weirdly obsessed with advertising. I remember watching Saturday morning cartoons, paying more attention to the commercials than to the shows, trying to figure out how they were trying to get inside my head. Ultimately, that led me to my dream job. I became a partner at a big New York ad agency.

But then, all of that suddenly changed on February 23,1997, when my little brother Matt was shot in the head in a shooting that happened on the observation deck of the Empire State Building. Suddenly, my family was thrown into the middle of a nightmare, being told that my brother was going to die, actually being given the opportunity to say goodbye to him, then several emergency brain surgeries and now what's amounted, for Matt, to a lifetime spent courageously recovering from a traumatic brain injury. He is definitely my hero.

But as much as (Applause) -- yeah, deserves it --

(Applause)

But as much as this tragedy was a nightmare for my family, I often think about how much worse it could have been; in fact, how much worse it is for the 90 families every day who aren't as fortunate, who lose loved ones -- brothers, sisters, sons, daughters, parents. They don't all make national headlines. In fact, most of them don't. They go largely unnoticed, in a nation that's kind of come to accept a disgraceful national epidemic as some kind of new normal.

So I quit my job in advertising to try and do something about this disgraceful national epidemic, because I came to realize that the challenges to preventing gun violence are actually the same ones that made me love advertising, which is to try to figure out how to engage people. Only instead of doing it to sell products, doing it to save lives. And that comes down to finding common ground, where what I want overlaps with what you want. And you might be surprised to learn, when it comes to gun violence, just how much common ground there is.

Let's look, for example, at people who love to hunt, a sport enjoyed by millions across the US. It's a proud tradition. Families. In some places, the first day of hunting season is actually a school holiday. What do hunters want? Well, they want to hunt. They love their guns. They believe deeply in the Second Amendment right to own those guns. But that doesn't mean there isn't common ground.

In fact, there's a lot of it, starting with the basic idea of keeping guns out of dangerous hands. This isn't about taking certain guns away from all people. It's about keeping all guns away from certain people, and it's the people that, it turns out, we all agree shouldn't have guns: convicted violent criminals, domestic abusers, the dangerously mentally ill. We can all appreciate how Brady background checks have been incredibly effective in keeping guns out of those dangerous hands. In 20 years, Brady background checks at federally licensed firearm dealers have blocked 2.4 million gun sales to those people that we all agree shouldn't have guns.

(Applause)

And whether you love guns or hate guns, you probably also appreciate that there shouldn't be thousands of gun sales every day at guns shows or online without those Brady background checks, just like there shouldn't be two lines to get on an airplane -- one with security and one with no security. And --

(Applause)

And the numbers show the overwhelming agreement among the American public: 90 percent of Americans support expanding Brady background checks to all gun sales -- including 90 percent of Republicans, more than 80 percent of gun owners, more than 70 percent of NRA members. This is not a controversial idea. In fact, only six percent of the American public disagrees. That's about the percentage of the American public that believes the moon landing was a fake.

(Laughter)

And it's also about the percentage that believes the government is putting mind-controlling technology in our TV broadcast signals. That's the extent to which we agree about background checks.

But what about the 300 million guns already out there in homes across America? Well first, it's important to realize that those guns are mostly in the hands and homes of decent, law-abiding people like you and me, who want what we all want -- including keeping our families safe. In fact, that's why more and more people are choosing to own guns. Ten years ago,42 percent of the American public believed -- incorrectly -- that a gun makes your home safer. Today, that number is 63 percent.

Why? I kind of hate to say it, because it gets to the dark underbelly of advertising, which is if you tell a big enough lie enough times, eventually that lie becomes the truth. And that's exactly what's happened here. The corporate gun lobby has spent billions of dollars blocking the CDC from doing research into the public health epidemic of gun violence; blocking pediatricians from talking to parents about the dangers of guns in the home; blocking smart-gun technology and other technology that would prevent kids from firing parents' guns and would save lives. They're desperate to hide the truth, because they view the truth as a threat to their bottom line.

And every day, people are dying as a result. And a lot of those people are children. Every day in the US,nine kids are just shot unintentionally. 900 children and teens take their own lives every year. And here's the thing: they're almost all with a parent's gun. Even two-thirds of school shootings happen with a gun taken from the home, including the terrible tragedy at Sandy Hook. I meet so many of these parents; it's the most heartbreaking part of my job. These are not bad people. They're just living with the unimaginable consequences of a very bad decision, made based on very bad information that was put into their minds by very bad people, who know good and well the misery that they're causing, but just don't care. And the result is a nightmare -- not only for families like mine, but for, really, at the end of the day, all of us.

But I'm not here to talk about the nightmare of gun violence. I'm here to talk about our dream, and it's a dream we all share, which is the dream of a better, safer, future. For my organization, for the Brady Campaign, that dream is reflected in the bold goal to cut the number of gun deaths in the US in half by 2025. And I hope to leave all of you here tonight with a strong sense of exactly why that dream is so absolutely within reach. Because folks, for every great movement around the world, there's a moment where you can look back and say, "That's when things really started to change." And I'm here to say that for the movement to end gun violence in America, that moment is here.

(Applause)

We are so clearly at a tipping point, because the American public has come together by the millions like never before, based on that common ground, to say, "Enough." Enough of the mass shootings in malls and movie theaters and churches and schools. Enough of the daily terror of gun violence in homes and streets that's claimed the lives of women and young black men in staggering proportions. Enough of easy access to guns by the people that we all agree shouldn't have them. And enough of a small group of craven politicians putting the interests of the corporate gun lobby ahead of the people they have been elected to represent. Enough.

(Applause)

And the really exciting thing is, it's not just the usual suspects like me that are saying it anymore. It's so much bigger than that. And if you want proof, let's start where most conversations in the US seem to start -- with Kim Kardashian.

(Laughter)

And here's the thing: it's not really a joke. I mean, think about when issues change. It's when they go from being political and advocacy issues to being part of pop culture, voices coming from everywhere, celebrities using their platforms, musicians, athletes. The NBA has come forward. Conservative pundits that you never would have imagined have come forward. There's real cultural change -- I even hear there's a TED Talk about it this year. That's the extent to which this cultural change is happening. And yes, Kim Kardashian has made an unsolicited passionate appeal to her 35 million Twitter followers for expanded background checks.

Let's look at the political elections that are heating up. This used to be the classic third-rail issue for Democrats. Couldn't run from it fast enough. Now candidates are running on it. Some are being forced to reverse very bad positions they defended very comfortably, until very recently. For somebody like me, watching people wave around their negative NRA ratings -- it's almost surreal to watch. We're still outfunded, yes, by the corporate gun lobby, and ultimately that needs to change. But you know what? We're smarter and we're scrappier, and we have the truth on our side. And we're on offense.

You know, they say that the Internet democratizes information. Social media and some of the organizing tools that plug into it have democratized activism. It's allowed us to show what 90 percent support really looks like. Sometimes I think of it -- you know, we're converging and attacking instantly by the millions, kind of like white blood cells. It's enabled us to start to really close -- and this is the bottom line -- close that disgraceful disconnect between what the American public wants and what our elected leaders are doing about it.

Until recently, the narrative in Congress was that calls from the other side, from that six percent, outnumbered calls from our side 10 to one. We're flipping that narrative on its head. After that recent terrible tragedy in San Bernardino, we jammed Congressional switchboards. We put 15,000 calls into Congress in 24 hours.

And you know what? We got a vote on a bill that nobody thought was going to see the light of day anytime soon. We're seeing real movement to repeal some of the most evil, ugly gun lobby legislation passed over the last dark decade. The stranglehold of the gun lobby is clearly being broken. We've seen President Obama's historic executive actions. They don't go all the way, but they are going to save lives, because they expand Brady background checks to thousands of gun sales that didn't have them previously. And we're marching across the country -- we're not just waiting for Congress to act; that would almost be the definition of insanity. We're marching across the country, state by state, marriage-equality style. And you know what? We're winning. Congress is almost always the last to wake up and realize that it's on the wrong side of history. And when they do, it's always because the American public shakes them. And that's exactly what we're doing right now, as we're in this tipping point.

You know, recently I was flying cross-country to give a speech to a large group like this, although far less intimidating, and the woman sitting next to me happened to be binge-watching one of my all-time favorite TV shows, "Mad Men," a period TV show about advertising in the 1960s. And as I was trying to think about how to end my remarks, I'd glance up at her screen every now and then, and it seemed that every time I did, I'd see somebody smoking in an office or around children or while pregnant or drinking and driving or driving without seat belts or sexually harassing a coworker.

And ultimately it dawned on me: what tremendous inspiration to those of us who have this dream to end gun violence. I mean, think about how much the world has changed in a relatively short period of time, how all those behaviors that were once considered commonplace or normal -- some even glamorous or sexy -- have become stigmatized in just a generation or two, once they became conversations about our common ground. That is the magnitude of the change we have the potential to create around gun violence.

And that's my dream, that maybe someday, some period TV show will depict the terrible nightmare of gun violence, and a future generation of children might only be able to imagine how terrible it must have been.

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

告白したいことがあります 私は不思議なことに ずっと広告に夢中でした 土曜日の朝に放送される アニメがあったのですが アニメよりもCMに 強い関心があったことを覚えています CMが私に何を伝えようとしているのか 考えていました 結果 その行動が 理想の仕事へ導いてくれました ニューヨークの大手広告会社で 共同経営者になりました

しかし 1997年2月23日 突然すべてが変わってしまいました 弟のマットが頭を銃で撃たれたのです 事件はエンパイアステート・ビルの 展望台で起こりました 突然 私の家族は 悪夢の只中に放り出されました 弟は助からないと言われましたが 私は彼に 別れを告げるチャンスがありました そして複数の緊急手術が行われ 今 マットは外傷性の脳損傷から 勇ましく回復を遂げ 一命をとりとめました 彼は 絶対的に私のヒーローです

ですが (拍手) ― 彼は称賛に値する人です

(拍手)

ですが この悲劇が私たち家族にとって 悪夢であったことと同様に 最悪な状況も起こりえたと 考えることがあります 事実 毎日 90もの家族が 不幸にも 最愛の人 ― 兄弟、姉妹、息子、娘、両親などを亡くしています すべてが 全国報道されるわけではありません 実際 ほとんどが報道されず その多くが 知らされません アメリカ全土に広がる不名誉なことを 新たな「スタンダード」として 受け入れてしまうようになった国では ―

そのため 私は広告の仕事を辞めました アメリカに蔓延する不名誉な現象を どうにかしたかったからです 私はこのことに気付きました 銃暴力を防止することへの挑戦は 私が広告を愛してやまなかったことと 実は同じであり 人との関わり方を 理解しようとすることだと 商品を販売する代わりに 命を救うことに置き換えるだけです それは結局 私と皆さんの望みが重なる部分で 共通点を見つけることなのです 銃による暴力のこととなると 共通点の多さを知って驚くでしょう

狩猟を好む人を 例にとってみましょう 狩猟を好む人はアメリカで 何百万人もいます ある地域においては 狩りは誇り高い伝統です 狩猟シーズン初日は 学校の休日にあたります 猟師が望むことは何でしょうか 猟師は狩りを望み 銃を好みます 銃器所持の権利を認めた 憲法修正第2条を 深く信じています そこに共通点がないと 言うのではありません

実際 共通点は沢山あります 銃を 危険なものから遠ざけるという 基本概念に端を発するからです すべての人から 特定の銃を 取り上げるわけではありません 特定の人たちから すべての銃を遠ざけるのです それは誰が見ても 銃を持つべきではないと判断する人たちです 有罪判決の出た 暴力犯罪者や DVの加害者 精神を患う方で危険性がある場合 ブレイディ法による身元調査が 大変効果的に 魔の手から銃を遠ざけていることに 私たちは皆 感謝しています この20年間 ブレイディ法により 連邦政府の認可を受けた銃器ディーラーで 銃を所持すべきではない人たちへの 銃器販売の阻止数は240万丁におよびます

(拍手)

銃を好むと好まざるとに関わらず ブレイディ法による身元調査をせず 毎日 展覧会やネットで 何千もの銃器を 販売すべきでないと ご納得いただけるでしょう それは 飛行機への搭乗時に セキュリティチェックの有無で区分された 2種の列が 存在すべきでないことと同様です また ―

(拍手)

また 大多数のアメリカ人が 賛成を示している数字があります アメリカ人の90%が 全ての銃器販売に対し ブレイディ法の実施を支持しています 数字は 共和党支持者の90%を含み 銃器所持者の80%以上であり 全米ライフル協会員の 70%以上です これは物議を醸す考えではありません 事実 反対しているのは アメリカ人の6%のみです この数字は 月面着陸が ねつ造だと信じる アメリカ人の割合とほぼ同じです

(笑)

さらに 政府が テレビ放送の信号を使用し マインドコントロールを試みていると 信じる人の割合とも同じでしょう 身元調査に対して 私たちは ここまで同意しているのです

ですが すでにアメリカ中の家にある 3億丁もの銃についてはどうでしょう まず 重要なのは 銃のほとんどは 私たちのように きちんと 法律を守る人たちの手にあると 理解することです 彼らには「家族の安全を守る」など 銃を所持する目的があります だからこそ銃の所持者が 増加しているのです 10年前 アメリカ人の42%は 誤ってこう信じていました 「銃は家庭を安全にする」と 現在 そう信じる人は63%です

何故でしょうか? 広告の闇の部分になるので 言いたくはないのですが まったくの嘘でも 何回も繰り返すと その嘘は現実となってしまいます 又 正にそれが今 起こっているのです 企業の銃器ロビー活動に 何十億ドルものお金が使われ 疾病対策センターが 公衆衛生の問題としての銃暴力の研究を 行えないようにしています 家に銃を置く危険性を 小児科医が親に 話せなくなっています 子どもによる 親の銃の使用を防止し 生命を守る 安全装置付スマートガン等の 技術が妨害されています 彼らは真実を隠すことに必死です 何故なら 真実を自分たちの利益にとっての 脅威と見なしているからです

その結果 毎日人が亡くなっています その多くが子どもたちです アメリカでは毎日 9人の子供が銃撃に 巻き込まれています 毎年 900人の子どもや10代の若者が 自らの命を絶っています ここでポイントは 親の銃によって命を落としていることです 学校で発生した銃撃の3分の2は 家から持ち出した銃が使用されています サンディフック小学校での 銃乱射事件も同様です 事件を起こした子供の 親たちと会いました 私の仕事の中で 最も心が痛むことです 彼らは悪人ではありません 彼らはとてもタチの悪い情報のもとに 非常に誤った決断をしたことで 想像を絶する結果を 抱えながら生きています その情報は 心ない人々によって持ち込まれました 彼らは自分たちの引き起こした悲劇を 重々承知していますが それを気には留めていないのです 結果は悪夢そのものです 私のように家族だけではなく 最終的には 誰にとっても悪夢そのものです

私は銃暴力の 悪夢の話をしている訳ではありません 私たちの夢を話しているのです 私たちが共有している より安全で より良い未来の夢です 私の組織や ブレイディ・キャンペーンにおいても その夢は 大きな目標に反映されています 目標は 2025年までにアメリカにおける 銃による死亡者数を半分にすることです 今夜 皆さんの心に 留めて頂きたいのは その夢が 確実に手の届くところにあるという 強い思いです なぜなら 皆さん 世界中で起こるあらゆる大きな活動には 振り返ってみて 次のように言える瞬間があるからです 「あのとき、事態が真に動き始めた」と 私はこの場で伝えたいのです アメリカの銃暴力に幕を閉じる動きが 今来ていることを

(拍手)

私たちは明らかに転換期にいます 何百万人ものアメリカ人が 共通の思いに従って かつてないほど一致団結し こう言っています 「もう沢山だ」と モールや 映画館 教会 学校で発生する 銃乱射事件は もう沢山だ 自宅や通りで 女性や 若い黒人男性のたくさんの命を奪った 銃による暴力に 毎日おびえる生活はもう沢山だと 銃を所持すべきでない人たちが 簡単に銃を所持できてしまう状況は もう沢山です 一部の臆病な政治家のグループが 自分を投票で選出してくれた人よりも 企業の銃ロビー活動の方に 興味を示すことは もう沢山です

(拍手)

嬉しいことに もう沢山だと思っている人は 私だけではありません もっと 多くの人がそう言っています その証拠に アメリカで 会話のきっかけといったらこの人 キム・カーダシアンを登場させましょう

(笑)

冗談ではなく ここが重要なのです 問題の種類が変わると どうなるでしょう 政治的な問題 ロビー団体の問題から ポップカルチャーの一部となって あらゆるところから声があがり 有名人の番組で扱われ ミュージシャンやアスリートや NBAも声をあげました 想像すらできなかった 保守派の政治評論家までも 声をあげ始めたのです 真に文化が変化しているのです 今年 その変化についての TEDトークがあるそうです 文化的変化が 起こっているという内容です そして キム・カーダシアンは 3千5百万人のTwitterのフォロワーへ向け 身元調査の拡大を 積極的に訴えかけています

現在ヒートアップ中の 大統領選挙に話を移しましょう ブレイディ法は 民主党にとって いわゆる避けたい話題でしたが そこから逃れられず 現在 ブレイディ法は 論点の一つです つい最近まで銃規制に 反対していたにも関わらず 主張を覆さなければ いけない候補者もいます 私のようなものにとって 銃法案への投票歴により 全米ライフル協会に低い格付けがなされたと アピールして回る候補を見るのは 非常に信じ難いことでした 私たちは 資金力の面で 企業ロビー活動にまだ劣ります それも 変わらなけばなりません ですが ご存知でしょうか? 私たちは賢明で 闘争心に溢れ その上真実があります そして 攻撃する側にいます

インターネットは情報を 民主化するそうです ソーシャルメディアと それにつながるツールが 行動主義を民主化したのです それにより 90%の支持が どんなものか分かるようになりました 時々それを考えます 私たちは一つになり 何百万もの 白血球のようなものとなり すぐさま攻撃することができます これこそが最も重要なことですが ― これにより アメリカ国民が望むことと 私たちが選んだ議員の 銃規制に対する行動との 恥ずべき隔たりが 解消出来るようになります

つい最近まで 議会における議題は 銃規制への反対意見を持つ人の声でした 反対意見の6%に対し 賛成派の意見は10倍になりました 私たちは数で逆転しているのです サンバーナーディーノで起こった 悲惨な事件の後 私たちは 議会へ大量の電話をかけました 24時間で 1万5千回も電話をかけたのです

そしてどうなったか? 法案は支持を得ました 誰もが すぐに日の目を見るとは 思っていませんでした 私たちは 過去10年間の 闇の期間に成立した 醜い銃ロビー法案の撤回に向けた 活動を目の当たりにしています 銃ロビー運動の支配は 明らかに壊れかけてきています オバマ大統領の 歴史的な大統領令の発令を目撃しました まだ 実行されていませんが 命を救うことができるでしょう ブレイディ法の身元調査を これまでは実施していなかった 何千もの 銃販売窓口に拡大させるのですから そして私たちは アメリカ中を行進します 議会が動くことを ただ待つだけではいられません 結婚平等法の成立時と同じように 州を越えてアメリカ中を行進します 私たちは勝利しようとしています 多くの場合 歴史上 間違ったことをしていることに 最後に気付くのが議会です それは常に アメリカ国民が 議会をゆさぶるときです まさに今 私たちがそれを実行しているのです 今 私たちは転換期にいます

つい最近も 大きな講演のため 飛行機に乗ったときのこと 今回ほど緊張する講演では ありませんでしたけど ― 私の隣に座っていた女性が お酒を飲みながら たまたま 私の大のお気に入りのテレビドラマ 「マッドマン」を見ていました それは1960年代の 広告がテーマの 時代物のドラマです 講演での話をまとめようとしながら 隣の女性が見ている画面を 時折見ていました 画面を見るたびに オフィス内、子供や妊婦の近くでの 喫煙シーンがありました また運転中の飲酒のシーンや シートベルトなしで運転したり 同僚にセクハラするシーンもありました

そして ひらめきました 銃暴力の終焉を夢見る 私たちにとって 大変素晴らしい発想でした 世界が比較的 短い期間で どれだけ変化したかを 考えて見てください 昔は当り前で 普通とされていた行動や 魅惑的で セクシーだと 思われていたことが 数世代間を経て 非難されるべきものへと変わったのです 先ほど 私たちの共通点についての 話となりました その共通点にこそ 銃暴力に対して大きな変化を生み出せる 可能性があるのです

それが私の夢です いつかきっと 銃暴力の悪夢について描く 時代物のドラマが作成され 未来の子供たちが 昔の時代に起こった悲劇を 想像するしかできない 時代が来ることを願っています

ありがとうございました

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画