TED日本語 - アル・ゴア: 気候変動についての楽観論

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アル・ゴア: 気候変動についての楽観論

TED Talks

気候変動についての楽観論
The case for optimism on climate change
アル・ゴア
Al Gore

内容

なぜアル・ゴアは気候変動について楽観的なのでしょうか。この熱意あふれる講演で、ゴアは地球を破壊する恐れのある人為的な脅威とその問題と闘うための解決策について、力強い問いを投げかけます。(TEDのキュレーターであるクリス・アンダーソンとの質疑応答があります。)

Script

I was excited to be a part of the "Dream" theme, and then I found out I'm leading off the "Nightmare?" section of it.

(Laughter)

And certainly there are things about the climate crisis that qualify. And I have some bad news, but I have a lot more good news. I'm going to propose three questions and the answer to the first one necessarily involves a little bad news. But -- hang on, because the answers to the second and third questions really are very positive.

So the first question is, "Do we really have to change?" And of course, the Apollo Mission, among other things changed the environmental movement, really launched the modern environmental movement. 18 months after this Earthrise picture was first seen on earth, the first Earth Day was organized. And we learned a lot about ourselves looking back at our planet from space. And one of the things that we learned confirmed what the scientists have long told us. One of the most essential facts about the climate crisis has to do with the sky. As this picture illustrates, the sky is not the vast and limitless expanse that appears when we look up from the ground. It is a very thin shell of atmosphere surrounding the planet. That right now is the open sewer for our industrial civilization as it's currently organized. We are spewing 110 million tons of heat-trapping global warming pollution into it every 24 hours, free of charge, go ahead.

And there are many sources of the greenhouse gases, I'm certainly not going to go through them all. I'm going to focus on the main one, but agriculture is involved, diet is involved, population is involved. Management of forests, transportation, the oceans, the melting of the permafrost. But I'm going to focus on the heart of the problem, which is the fact that we still rely on dirty, carbon-based fuels for 85 percent of all the energy that our world burns every year. And you can see from this image that after World War II, the emission rates started really accelerating. And the accumulated amount of man-made, global warming pollution that is up in the atmosphere now traps as much extra heat energy as would be released by 400,000 Hiroshima-class atomic bombs exploding every 24 hours,365 days a year. Fact-checked over and over again, conservative, it's the truth. Now it's a big planet, but --

(Explosion sound)

that is a lot of energy, particularly when you multiply it 400,000 times per day. And all that extra heat energy is heating up the atmosphere, the whole earth system.

Let's look at the atmosphere. This is a depiction of what we used to think of as the normal distribution of temperatures. The white represents normal temperature days; 1951-1980 are arbitrarily chosen. The blue are cooler than average days, the red are warmer than average days. But the entire curve has moved to the right in the 1980s. And you'll see in the lower right-hand corner the appearance of statistically significant numbers of extremely hot days. In the 90s, the curve shifted further. And in the last 10 years, you see the extremely hot days are now more numerous than the cooler than average days. In fact, they are 150 times more common on the surface of the earth than they were just 30 years ago.

So we're having record-breaking temperatures. Fourteen of the 15 of the hottest years ever measured with instruments have been in this young century. The hottest of all was last year. Last month was the 371st month in a row warmer than the 20th-century average. And for the first time, not only the warmest January, but for the first time, it was more than two degrees Fahrenheit warmer than the average. These higher temperatures are having an effect on animals, plants, people, ecosystems.

But on a global basis,93 percent of all the extra heat energy is trapped in the oceans. And the scientists can measure the heat buildup much more precisely now at all depths: deep, mid-ocean, the first few hundred meters. And this, too, is accelerating. It goes back more than a century. And more than half of the increase has been in the last 19 years. This has consequences.

The first order of consequence: the ocean-based storms get stronger. Super Typhoon Haiyan went over areas of the Pacific five and a half degrees Fahrenheit warmer than normal before it slammed into Tacloban, as the most destructive storm ever to make landfall. Pope Francis, who has made such a difference to this whole issue, visited Tacloban right after that. Superstorm Sandy went over areas of the Atlantic nine degrees warmer than normal before slamming into New York and New Jersey. The second order of consequences are affecting all of us right now. The warmer oceans are evaporating much more water vapor into the skies. Average humidity worldwide has gone up four percent. And it creates these atmospheric rivers. The Brazilian scientists call them "flying rivers." And they funnel all of that extra water vapor over the land where storm conditions trigger these massive record-breaking downpours. This is from Montana. Take a look at this storm last August. As it moves over Tucson, Arizona. It literally splashes off the city. These downpours are really unusual.

Last July in Houston, Texas, it rained for two days,162 billion gallons. That represents more than two days of the full flow of Niagara Falls in the middle of the city, which was, of course, paralyzed. These record downpours are creating historic floods and mudslides.

This one is from Chile last year. And you'll see that warehouse going by. There are oil tankers cars going by. This is from Spain last September, you could call this the running of the cars and trucks, I guess. Every night on the TV news now is like a nature hike through the Book of Revelation.

(Laughter)

I mean, really.

The insurance industry has certainly noticed, the losses have been mounting up. They're not under any illusions about what's happening. And the causality requires a moment of discussion. We're used to thinking of linear cause and linear effect -- one cause,one effect. This is systemic causation. As the great Kevin Trenberth says, "All storms are different now. There's so much extra energy in the atmosphere, there's so much extra water vapor. Every storm is different now." So, the same extra heat pulls the soil moisture out of the ground and causes these deeper, longer, more pervasive droughts and many of them are underway right now.

It dries out the vegetation and causes more fires in the western part of North America. There's certainly been evidence of that, a lot of them.

More lightning, as the heat energy builds up, there's a considerable amount of additional lightning also.

These climate-related disasters also have geopolitical consequences and create instability. The climate-related historic drought that started in Syria in 2006 destroyed 60 percent of the farms in Syria, killed 80 percent of the livestock, and drove 1.5 million climate refugees into the cities of Syria, where they collided with another 1.5 million refugees from the Iraq War. And along with other factors, that opened the gates of Hell that people are trying to close now. The US Defense Department has long warned of consequences from the climate crisis, including refugees, food and water shortages and pandemic disease.

Right now we're seeing microbial diseases from the tropics spread to the higher latitudes; the transportation revolution has had a lot to do with this. But the changing conditions change the latitudes and the areas where these microbial diseases can become endemic and change the range of the vectors, like mosquitoes and ticks that carry them. The Zika epidemic now -- we're better positioned in North America because it's still a little too cool and we have a better public health system. But when women in some regions of South and Central America are advised not to get pregnant for two years -- that's something new, that ought to get our attention. The Lancet,one of the two greatest medical journals in the world, last summer labeled this a medical emergency now. And there are many factors because of it.

This is also connected to the extinction crisis. We're in danger of losing 50 percent of all the living species on earth by the end of this century. And already, land-based plants and animals are now moving towards the poles at an average rate of 15 feet per day.

Speaking of the North Pole, last December 29, the same storm that caused historic flooding in the American Midwest, raised temperatures at the North Pole 50 degrees Fahrenheit warmer than normal, causing the thawing of the North Pole in the middle of the long, dark, winter, polar night. And when the land-based ice of the Arctic melts, it raises sea level.

Paul Nicklen's beautiful photograph from Svalbard illustrates this. It's more dangerous coming off Greenland and particularly, Antarctica. The 10 largest risk cities for sea-level rise by population are mostly in South and Southeast Asia. When you measure it by assets at risk, number one is Miami: three and a half trillion dollars at risk. Number three: New York and Newark. I was in Miami last fall during the supermoon,one of the highest high-tide days. And there were fish from the ocean swimming in some of the streets of Miami Beach and Fort Lauderdale and Del Rey. And this happens regularly during the highest-tide tides now. Not with rain -- they call it "sunny-day flooding." It comes up through the storm sewers. And the Mayor of Miami speaks for many when he says it is long past time this can be viewed through a partisan lens. This is a crisis that's getting worse day by day. We have to move beyond partisanship.

And I want to take a moment to honor these House Republicans --

(Applause)

who had the courage last fall to step out and take a political risk, by telling the truth about the climate crisis.

So the cost of the climate crisis is mounting up, there are many of these aspects I haven't even mentioned. It's an enormous burden. I'll mention just one more, because the World Economic Forum last month in Davos, after their annual survey of 750 economists, said the climate crisis is now the number one risk to the global economy. So you get central bankers like Mark Carney, the head of the UK Central Bank, saying the vast majority of the carbon reserves are unburnable. Subprime carbon. I'm not going to remind you what happened with subprime mortgages, but it's the same thing. If you look at all of the carbon fuels that were burned since the beginning of the industrial revolution, this is the quantity burned in the last 16 years. Here are all the ones that are proven and left on the books,28 trillion dollars. The International Energy Agency says only this amount can be burned. So the rest,22 trillion dollars -- unburnable. Risk to the global economy. That's why divestment movement makes practical sense and is not just a moral imperative.

So the answer to the first question, "Must we change?" is yes, we have to change. Second question, "Can we change?" This is the exciting news! The best projections in the world 16 years ago were that by 2010, the world would be able to install 30 gigawatts of wind capacity. We beat that mark by 14 and a half times over. We see an exponential curve for wind installations now. We see the cost coming down dramatically. Some countries -- take Germany, an industrial powerhouse with a climate not that different from Vancouver's, by the way -- one day last December, got 81 percent of all its energy from renewable resources, mainly solar and wind. A lot of countries are getting more than half on an average basis.

More good news: energy storage, from batteries particularly, is now beginning to take off because the cost has been coming down very dramatically to solve the intermittency problem. With solar, the news is even more exciting! The best projections 14 years ago were that we would install one gigawatt per year by 2010. When 2010 came around, we beat that mark by 17 times over. Last year, we beat it by 58 times over. This year, we're on track to beat it 68 times over.

We're going to win this. We are going to prevail. The exponential curve on solar is even steeper and more dramatic. When I came to this stage 10 years ago, this is where it was. We have seen a revolutionary breakthrough in the emergence of these exponential curves.

(Applause)

And the cost has come down 10 percent per year for 30 years. And it's continuing to come down.

Now, the business community has certainly noticed this, because it's crossing the grid parity point. Cheaper solar penetration rates are beginning to rise. Grid parity is understood as that line, that threshold, below which renewable electricity is cheaper than electricity from burning fossil fuels. That threshold is a little bit like the difference between 32 degrees Fahrenheit and 33 degrees Fahrenheit, or zero and one Celsius. It's a difference of more than one degree, it's the difference between ice and water. And it's the difference between markets that are frozen up, and liquid flows of capital into new opportunities for investment. This is the biggest new business opportunity in the history of the world, and two-thirds of it is in the private sector. We are seeing an explosion of new investment. Starting in 2010, investments globally in renewable electricity generation surpassed fossils. The gap has been growing ever since. The projections for the future are even more dramatic, even though fossil energy is now still subsidized at a rate 40 times larger than renewables. And by the way, if you add the projections for nuclear on here, particularly if you assume that the work many are doing to try to break through to safer and more acceptable, more affordable forms of nuclear, this could change even more dramatically.

So is there any precedent for such a rapid adoption of a new technology? Well, there are many, but let's look at cell phones. In 1980, AT & T, then Ma Bell, commissioned McKinsey to do a global market survey of those clunky new mobile phones that appeared then. "How many can we sell by the year 2000?" they asked. McKinsey came back and said, "900,000." And sure enough, when the year 2000 arrived, they did sell 900,000 -- in the first three days. And for the balance of the year, they sold 120 times more. And now there are more cell connections than there are people in the world.

So, why were they not only wrong, but way wrong? I've asked that question myself, "Why?"

(Laughter)

And I think the answer is in three parts. First, the cost came down much faster than anybody expected, even as the quality went up. And low-income countries, places that did not have a landline grid -- they leap-frogged to the new technology. The big expansion has been in the developing counties. So what about the electricity grids in the developing world? Well, not so hot. And in many areas, they don't exist. There are more people without any electricity at all in India than the entire population of the United States of America. So now we're getting this: solar panels on grass huts and new business models that make it affordable. Muhammad Yunus financed this one in Bangladesh with micro-credit. This is a village market. Bangladesh is now the fastest-deploying country in the world: two systems per minute on average, night and day. And we have all we need: enough energy from the Sun comes to the earth every hour to supply the full world's energy needs for an entire year. It's actually a little bit less than an hour. So the answer to the second question, "Can we change?" is clearly "Yes." And it's an ever-firmer "yes."

Last question, "Will we change?" Paris really was a breakthrough, some of the provisions are binding and the regular reviews will matter a lot. But nations aren't waiting, they're going ahead. China has already announced that starting next year, they're adopting a nationwide cap and trade system. They will likely link up with the European Union. The United States has already been changing. All of these coal plants were proposed in the next 10 years and canceled. All of these existing coal plants were retired. All of these coal plants have had their retirement announced. All of them -- canceled. We are moving forward. Last year -- if you look at all of the investment in new electricity generation in the United States, almost three-quarters was from renewable energy, mostly wind and solar.

We are solving this crisis. The only question is: how long will it take to get there? So, it matters that a lot of people are organizing to insist on this change. Almost 400,000 people marched in New York City before the UN special session on this. Many thousands, tens of thousands, marched in cities around the world. And so, I am extremely optimistic. As I said before, we are going to win this.

I'll finish with this story. When I was 13 years old, I heard that proposal by President Kennedy to land a person on the Moon and bring him back safely in 10 years. And I heard adults of that day and time say, "That's reckless, expensive, may well fail." But eight years and two months later, in the moment that Neil Armstrong set foot on the Moon, there was great cheer that went up in NASA's mission control in Houston. Here's a little-known fact about that: the average age of the systems engineers, the controllers in the room that day, was 26, which means, among other things, their age, when they heard that challenge, was 18.

We now have a moral challenge that is in the tradition of others that we have faced. One of the greatest poets of the last century in the US, Wallace Stevens, wrote a line that has stayed with me: "After the final 'no,' there comes a 'yes,' and on that 'yes', the future world depends." When the abolitionists started their movement, they met with no after no after no. And then came a yes. The Women's Suffrage and Women's Rights Movement met endless no's, until finally, there was a yes. The Civil Rights Movement, the movement against apartheid, and more recently, the movement for gay and lesbian rights here in the United States and elsewhere. After the final "no" comes a "yes."

When any great moral challenge is ultimately resolved into a binary choice between what is right and what is wrong, the outcome is fore-ordained because of who we are as human beings. Ninety-nine percent of us, that is where we are now and it is why we're going to win this. We have everything we need. Some still doubt that we have the will to act, but I say the will to act is itself a renewable resource.

Thank you very much.

(Applause)

Chris Anderson: You've got this incredible combination of skills. You've got this scientist mind that can understand the full range of issues, and the ability to turn it into the most vivid language. No one else can do that, that's why you led this thing. It was amazing to see it 10 years ago, it was amazing to see it now.

Al Gore: Well, you're nice to say that, Chris. But honestly, I have a lot of really good friends in the scientific community who are incredibly patient and who will sit there and explain this stuff to me over and over and over again until I can get it into simple enough language that I can understand it. And that's the key to trying to communicate.

CA: So, your talk. First part: terrifying, second part: incredibly hopeful. How do we know that all those graphs, all that progress, is enough to solve what you showed in the first part?

AG: I think that the crossing -- you know, I've only been in the business world for 15 years. But one of the things I've learned is that apparently it matters if a new product or service is more expensive than the incumbent, or cheaper than. Turns out, it makes a difference if it's cheaper than.

(Laughter)

And when it crosses that line, then a lot of things really change. We are regularly surprised by these developments. The late Rudi Dornbusch, the great economist said, "Things take longer to happen then you think they will, and then they happen much faster than you thought they could." I really think that's where we are. Some people are using the phrase "The Solar Singularity" now, meaning when it gets below the grid parity, unsubsidized in most places, then it's the default choice.

Now, in one of the presentations yesterday, the jitney thing, there is an effort to use regulations to slow this down. And I just don't think it's going to work.

There's a woman in Atlanta, Debbie Dooley, who's the Chairman of the Atlanta Tea Party. They enlisted her in this effort to put a tax on solar panels and regulations. And she had just put solar panels on her roof and she didn't understand the request.

(Laughter)

And so she went and formed an alliance with the Sierra Club and they formed a new organization called the Green Tea Party.

(Laughter)

(Applause)

And they defeated the proposal. So, finally, the answer to your question is, this sounds a little corny and maybe it's a cliche, but 10 years ago -- and Christiana referred to this -- there are people in this audience who played an incredibly significant role in generating those exponential curves. And it didn't work out economically for some of them, but it kick-started this global revolution. And what people in this audience do now with the knowledge that we are going to win this. But it matters a lot how fast we win it.

CA: Al Gore, that was incredibly powerful. If this turns out to be the year, that the partisan thing changes, as you said, it's no longer a partisan issue, but you bring along people from the other side together, backed by science, backed by these kinds of investment opportunities, backed by reason that you win the day -- boy, that's really exciting.

Thank you so much.

AG: Thank you so much for bringing me back to TED. Thank you!

(Applause)

今回は「夢」がテーマだと聞いて とても楽しみにしていましたが 私のセッションは 「悪夢?」だったんですね

(笑)

確かに気候危機についてなら 当てはまります いくつか悪い知らせがありますが もっとたくさんの 良い知らせがあります 3つの質問を提起します 最初の質問への答えは 必然的に 少し悪い知らせが含まれます でも 待ってください 第二、第三の質問への答えは 本当にとても前向きなものです

最初の質問は「私たちは本当に 変わらなくてはならないのか?」です もちろんアポロ計画や その他のことで 環境保護運動は変わり 本当に現代的な環境運動が 始まりました この「地球の出」の写真を 人々が目にした18か月後に 最初のアースデイが 開催されました そして宇宙から地球を 振り返ることで 私たちは自分自身について 多くを学びました 私たちが学んだことの一つは 長い間 科学者が 語ってきたことの確認です 気候危機についての 最も重要な事実の一つは 空に関連しています この写真が示す通り 空は広大で無限に 広がっているわけではありません 地上から見上げると そう見えますが 実際は とても薄い大気の殻が 地球を取り囲んでいるだけです そこは 現在の社会構造では 産業文明の下水溝 のようになっています 空に向けて 温室効果を生む 地球温暖化汚染が 24時間で1億1千万トン 吐き出されています 無料です どうぞご自由にと

温室効果ガスの発生源は 沢山あります もちろん すべてを 検討するつもりはありません 主要なものに集中します 農業、食べ物、人口が関連しています 森林管理、輸送 海洋、永久凍土の融解も 関連していますが ここでは問題の核心に焦点を 合わせようと思います それは私たちが未だに汚染源となる 炭素系燃料に依存してるということで 毎年 世界で燃やされる エネルギーの85%を占めています この図から分るように 第二次世界大戦後に 排出量の増加が加速しています 人間による地球温暖化汚染は 大気圏に蓄積されており それが今や24時間ごとに 広島型原爆40万発が 1年365日休みなく爆発したのと 同じ量の余分な熱エネルギーを 取り込み続けています 何度も事実確認をしましたが 控えめにみても これは事実です 地球は大きな惑星ですが

(爆発音)

これは大量のエネルギーで 毎日その40万倍となれば なおさらです その余分な熱エネルギーが 大気や地球のシステム全体を 加熱するのです

大気を見てみましょう このグラフは かつて気温の正規分布と されていたものです 白い部分は 平年並みの気温の日です 1951年から1980年という期間は 任意に選びました 青は平均より涼しい日 赤は平均より暖かい日です 1980年代には分布曲線全体が 右に移動しています 右下の角に 統計的に有意な数の猛暑日が 出現しています 90年代に分布曲線は 更に移動しました この10年では猛暑日が 平均より涼しい日よりも 多くなっていることが分ります 実際に地球表面では 猛暑日が ほんの30年前より 150倍多く発生しています

記録破りの気温です 計器測定されるようになって以来 最も暑かった年15のうちの14までが この始まったばかりの世紀に 起きています すべての中で 最も暑かったのは去年です 先月まで 20世紀の 平均よりも暑い月が 371か月連続しています そして先月は最も暑かった1月 というだけでなく 初めて平均を2°F(1.1℃)以上 上回りました こうした高い気温は動物、植物、人、生態系に 影響を与えますが

地球全体では 余分な熱エネルギーの93%が 海洋に蓄えられています 現在では科学者が 深海、中間 数百メートルの浅い部分と すべての深さで 熱の集積量を 正確に測定できるように なっています そしてこれも 加速しています 一世紀以上前から 始まっていますが 上昇の半分以上は 最近19年間に起こりました これには結果が伴います

直接の影響としては 海を起点とする嵐がより強くなっていることです 超大型台風ハイエンが これまで上陸した中で 最も破壊的な嵐として タクロバンを襲う前に通った 太平洋の海域は 通常よりも水温が 3℃高くなっていました 教皇フランシスコは この問題を重大視して 直後にタクロバンを 訪問しています 巨大暴風雨サンディが ニューヨークやニュージャージーを 襲う前に通過した 大西洋海域の水温は 通常より5℃ 高くなっていました 温暖化の二次的な影響は今や みんなに影響を及ぼしています 暖かくなった海はより多くの 水蒸気を空中に放出しています 世界の平均湿度は 4%以上 上昇しています それで この水蒸気の流れが 作り出されます ブラジルの科学者たちはこれを 「空飛ぶ川」と呼んでいます 荒天状態によって 大規模な 記録破りの豪雨が引き起こされ 余分な水蒸気がすべて 大地の上に流し込まれています 写真はモンタナ州でのものです こちらの 去年8月の嵐を ご覧ください アリゾナ州トゥーソンを 過ぎていくところです 文字通り町が 水しぶきを上げています この豪雨は明らかに異常です

去年7月に テキサス州ヒューストンでは 2日で6,130億リットルの 雨が降りました ナイアガラの滝の最大流量の2日分以上が 町中に流れ込んだことになります もちろん都市機能は麻痺しました こういった記録的豪雨は歴史的な 洪水や土砂崩れを引き起こしています

これは去年のチリでのものです 倉庫が通り過ぎるのが見えます タンクローリーが通り過ぎています これは去年9月の スペインのものです 「車やトラックの流れ」とは このことですね 今や毎晩のテレビニュースは ヨハネの黙示録観察ツアーのようです

(笑)

いや本当に

保険業界は間違いなく 気付いていることですが 損失が増大してきています 何が起こっているのかについて 彼らは思い違いはしていません 因果関係については 議論が必要です かつて私たちは直接的な 原因と結果を考えていました 原因一つに結果一つです でもこれはシステム的な原因です 優れた気象学者ケビン・トレンバースが 言っています 「今やすべての嵐は異なります 大気中には非常に多くの余分な エネルギーと水蒸気があります 今やすべての嵐は 異なるのです」 同じ余分な熱が 地面から土壌水分を奪い より深刻で長期的かつ 広範囲な干ばつを起こし その多くは現在も 続いています

草木を枯らし 北アメリカ西部で より多くの 火災を引き起こしています 確かな証拠がたくさんあります

雷も増えています 熱エネルギーがたまるにつれ かなりの数の雷が起きています

こうした気候関連の災害には 地政学的な影響もあり 不安定さの原因になっています シリアで気候に起因する歴史的な 干ばつが2006年に始まりました シリアにある農場の 60%が壊滅し 家畜の80%が死に 150万人の気候難民が シリアの都市に押し寄せ そこでイラク戦争から 逃れてきた150万人の難民と 衝突しました 他の要因と相まって 地獄の門が開かれました 人々は今 それを 閉じようと努力しています 米国国防総省は難民や 食料と水の不足 病気の世界的流行も含めた 気候危機の影響を 長らく警告してきました

現在 微生物疾患が熱帯地方から 高緯度地域に広がるのを 目の当たりにしています これは輸送革命によるところが 大きいのですが 環境の変化によって こうした微生物疾患が流行し得る 緯度や地域が変化し 蚊やダニのような媒介生物の 種類も変化しています 今 ジカ熱が流行していますが 北アメリカの状況はましです まだ少し涼しすぎることに加え 優れた公衆衛生システムがあるからです しかし中南米の 一部地域にいる女性は 2年間 妊娠しないよう 助言されています これは今までなかったことで 注目すべきことです 世界の2大医学誌の 一つであるランセットが昨夏 これを現在の医学的な 緊急事態に分類しました これには多くの要因があります

気候変動は絶滅の危機とも 関連があります 今世紀の終わりまでに地球にいる 全生物種の50%を 失う危険があります 陸上の動植物種は 今や 両極に向かって 1日平均5m 移動しています

北極に関していえば 昨年12月29日に歴史的な洪水を アメリカ中西部にもたらした嵐が 北極の気温を 通常より28℃上昇させて 長くて暗い冬の極夜の最中に 北極の凍解を引き起こしました 北極圏にある 陸上の氷が解けると 海面が上昇します

ポール・ニックレンの美しい スバールバル諸島の写真に示されています グリーンランドや 特に南極の融解は更に危険です 海面上昇によるリスクが 人口面で最も大きな10都市は ほとんどが 南・東南アジアにあります 資産的なリスクの大きさから見ると 1位はマイアミで 390兆円が 損失の危機にさらされています 3位はニューヨーク・ ニューアーク地区です 私は昨秋 スーパームーンのときの 最満潮日にマイアミにいました 海から来た魚がマイアミビーチや フォートローダーデール デルレイビーチの通りを 泳いでいました 今やこれが 最満潮時に 定期的に起きています 雨とは関係ないので 「晴天の洪水」と呼ばれます 排水管から 水が上がってくるのです これを党派的な目で見ていられる 時代はとうに終わっていると マイアミ市長は 多くの人を代弁して語っています 危機は日々 さらに悪化しています 私たちは党派を超えて 動く必要があります

この下院共和党議員たちに 敬意を表したいと思います

(拍手)

昨秋 勇気を持って 一歩踏み出し 政治的危険を冒しながら 気候危機に関しての 真実を語りました

気候危機による損失が 増大しており 私が言及さえしなかったことが たくさんあります それが途方もなく 大きな負担となっています もう一つだけ言及します 先月 ダボスでの 世界経済フォーラムで 750人の経済学者への 年次調査の結果 今や気候危機は 世界経済にとって 一番の危険要因になっていると 発表されました 英国中央銀行の マーク・カーニー総裁のような 中央銀行関係者は 炭素埋蔵量の大部分は 「燃やすことができない」と言っています 「サブプライム・カーボン」です サブプライム住宅ローンに 何が起こったかは言いませんが これは同じことです 産業革命が 始まって以来燃やされた すべての化石燃料を見ると 濃い部分が この16年間に 燃やされた量です 存在が確認されている 化石燃料の埋蔵量は 3,100兆円相当です 国際エネルギー機関によると そのうちで燃やせるのは灰色の部分だけで 残りの2,400兆円分は 燃やせません 世界経済に対する危機です だから投資撤収の動きは ただの道徳的要請ではなく 実際的な意味があるのです

ですから「私たちは変わらなければならないのか?」 という最初の質問への答えは 「変わらなければならない」です 第二の質問は 「私たちは変われるだろうか?」 朗報があります 16年前の最善の予測では 2010年までに世界中で 導入できる風力発電量は 30ギガワットということでした 実際の数値は その14.5倍になっています 風力発電量は 指数関数的に増加しています コストが劇的に 下がっているのが分ります 強い産業を持つ国の ドイツを例に取ると バンクーバーとそれ程 変わらない気候ですが 昨年12月のある日には 全エネルギーの81%が 再生可能資源由来でした 主に太陽光と風力です 平均で半分以上という国は たくさんあります

良い知らせは まだあります エネルギー貯蔵 特に電池によるものが 大きく伸びていることです 断続性の問題に 対処するコストが 劇的に下がっています 太陽光発電についての朗報は さらに心躍る内容です 14年前の最善の予測では 2010年までに導入量が 年1ギガワットになる ということでした 2010年になったら その17倍になっていました 去年は58倍になりました 今年は68倍になるでしょう

私たちは勝つのです 私たちは勝者となるのです 太陽光発電の指数曲線は さらに急で より劇的です 10年前 私がTEDの壇上に 上がったときは ここでした こうした指数曲線が現れる中で 私たちは画期的な技術革新を 目にしてきました

(拍手)

この30年間 コストは年に10%下がっています そしてそれは 下降し続けています

今やグリッドパリティとなる点を 越えようとしており 経済界はそのことに 確かに気付いています 安い太陽光発電の普及率が 増加し始めています グリッドパリティとは 分岐点であり その先では 再生可能発電の方が 化石燃料を燃やすよりも 安価だと 理解されているものです その分岐点は 華氏32度と33度 もしくは 摂氏0度と1度の違いに少し似ています それは1度の違い以上のもので 氷と水を分ける違いです それは凍り付いた市場と 新たな投資の機会に対する 資本の流れがある市場の違いです これは世界史上最大の 新しいビジネスの機会です 開発投資の3分の2は 民間が行っています 私たちは新たな投資の急増を 目の当たりにしています 2010年からは全世界の 再生可能電力への投資が 化石燃料を超えました それ以来 差は開いてきています 将来への予測は さらに劇的なものです 化石燃料が今もなお 再生可能エネルギーよりも 補助を40倍多く 受けているにもかかわらずです ここに原子力への 予測を加えると 特に より安全で許容できる より手頃な形の 原子力にするための努力が 多くなされていることを 考えるなら 変化はより一層 劇的なものになるでしょう

では そのような新技術の 急速な導入に 先例はあるのでしょうか? たくさんありますが 携帯電話の例を見てみましょう 1980年にAT&T かつての「マ・ベル」が 当時現れた 新しい不格好な携帯電話の 世界市場調査を マッキンゼーに依頼しました 「2000年までに何台売れるか?」 との問いに マッキンゼーは 「90万台」と答えました 2000年になったら 確かに90万台売れました 最初の3日間で その年の売上台数は 120倍になりました 今や携帯電話の契約数は 世界人口以上になっています

なぜこんなにも大きく 予想が外れたのでしょうか? 自分自身に問いかけました 「なぜ?」

(笑)

答えは3つあると思います 第一にコストが誰も予想しないほど 早く下がったこと 同時に品質が向上したこと 固定電話網のなかった 低所得国や地域で 一足飛びに 新技術に 飛びついたこと 大きな広がりは 発展途上国で起こっています では発展途上国の 電力供給網はどうでしょうか? さほど良くありません 多くの地域では 存在すらしていません インドでは まったく電気がない人が アメリカの全人口よりも たくさんいます 現在はこうなってきています 藁ぶき屋根の上の 太陽電池パネルと それを入手可能にした 新しいビジネスモデルです ムハマド・ユヌスはバングラデシュで これに対してマイクロクレジット融資を行いました これは村の市場です バングラデシュは今や 世界で最も早く展開している国で 昼も夜も 平均1分間に2台 導入されています 必要なすべてがあります 太陽から地球に届く エネルギーの1時間分で 世界の1年分のエネルギー需要を まかなうことができます 実際には1時間より 少し短いくらいです 「私たちは変われるか?」 という第二の質問への答えは もちろん「はい」です これ以上にないくらい 確固たる「はい」です

最後の質問です 「私たちは変わるだろうか?」 パリ協定は大成功でした いくつかの条項には 拘束力があり 定期的な状況確認が 大変重要でしょう 関係諸国は待つのではなく 前進しています すでに中国は来年から全国で キャップ・アンド・トレードの仕組みを 導入すると発表しました 彼らは欧州連合と 連携する見込みです アメリカはすでに 変わってきています これらの石炭発電所は この10年間に建設予定で キャンセルされたものです これらは廃止された 石炭発電所です これらの石炭発電所は 廃止が発表されています すべてキャンセルです 私たちは前進しています 去年の新しい発電に対する アメリカでの すべての投資を見ると ほぼ4分の3は 再生可能エネルギーに対するもので 大部分は風力と太陽光でした

私たちはこの危機を 解決しつつあるのです 唯一の疑問はどれくらい 掛かるのかということです この変化を強く求めるためには 大勢で団結することが重要です 約40万人が気候変動に関する 国連特別総会の前に ニューヨーク市を デモ行進しました 何千何万の人が 世界中の都市で デモ行進しました だから私はとても楽観的です 前に言ったように 私たちは勝つのです

この話で締めくくりましょう 私が13才のとき 10年以内に 人間を月に着陸させ 無事に帰還させるという ケネディ大統領の 計画を聞きました その時 大人たちは 「それは無謀で 費用も掛かるし 失敗するだろう」と言いました しかし8年2か月後に ニール・アームストロングが 月に第一歩を記したとき ヒューストンにあるNASAの管制室で 大きな歓声が上がりました ほとんど知られていない 事実があります その日 管制室にいた システムエンジニアや 管制官の平均年齢は26才でした ということは つまり その挑戦のことを聞いたとき 彼らは18才だったということです

人々が直面してきた 良心への挑戦の伝統に 今 私たちは直面しています 20世紀アメリカの 最も偉大な詩人の一人である ウォレス・スティーヴンズの 詩の一節が 私の心に残っています 「最終的な否定の後には 肯定がある その肯定に 世界の未来が掛かっている」 奴隷解放運動が始まったとき 否定に次ぐ否定を受けたのちに それは肯定されました 女性参政権と女権拡張運動は 最終的に肯定されるまで 終わりなき否定に直面しました 公民権運動 アパルトヘイト反対運動 つい最近のアメリカや その他の場所の 同性愛者の権利に 対する運動もです 最終的な否定の後には 肯定があるのです

大いなる倫理的ジレンマが 究極的には 正しことと間違っていることの 二者択一であるとき その結果はあらかじめ定まっていて それは我々の人間性によるものです 99%の人々というところまで 私たちは来ています だから私たちは勝つのです 必要なものはすべてあります 未だに人々の行動する意志を 疑う人もいますが 私は行動する意思それ自体 再生可能な資源だと申し上げます

どうもありがとうございました

(拍手)

クリス・アンダーソン:信じられないほど多才な方です このような科学者の 考え方をお持ちで あらゆる問題を理解して それを最も生き生きとした言葉で 表現する才能がおありです 他の誰もできないから これを主導されたんですね 10年前も素晴らしいものでしたが 今日も素晴らしいお話でした

アル・ゴア:そう言っていただけて光栄です しかし正直に言うと 科学界に とても良き友人がたくさんいて 非常に我慢強く 腰を据えて 何度も何度も説明して 私が分りやすい言葉に変え 理解できるようにしてくれたんです これが理解し合う鍵です

クリス・アンダーソン:あなたのお話ですが 前半は非常に恐ろしいもので 後半はとても 希望に満ちたものでした グラフで表された進歩が 前半で示された問題の解決に十分だと どうして分かるのでしょうか?

アル・ゴア:それは あの分岐点です ― 私は実業界に 15年間しかいませんが そこで学んだのは 新しい製品やサービスが 既存のものよりも 高いか安いかが どうも重要らしい ということです 結局 安いというのは大きい と分かりました

(笑)

一線を越えると たくさんのことが 本当に変わるのです こうした変化には いつも驚かされています 偉大な経済学者の ルディガー・ドーンブッシュが言っています 「物事が起こるまでには 人々が思うよりも時間が掛かるが それが起これば 思った以上に 急速に進展する」 私たちはまさに そうした所にいるのです 「太陽光の特異点」 という言葉を使う人もいます それはほとんどの場所で 助成金の支給なしに グリッドパリティ以下になったら 既定の選択になる という意味です

昨日の発表の一つに乗り合いタクシーに 関するものがありました 法的規制でこれを 減速させる動きがありますが 私はそれは 上手くいかないと思います

アトランタ・ティーパーティー会長の デビー・ドゥーリー という女性がいます 彼女は 太陽電池パネルに対し 税や規制を課す活動に 協力を求められましたが 最近 自宅に太陽電池パネルを 設置した彼女は 頼まれていることが 分かりませんでした

(笑)

それで彼女は シエラクラブと提携して グリーンティー・パーティーと呼ばれる 新しい組織を作りました

(笑)

(拍手)

そして提案を退けたのです では 最後にあなたの 質問に対する答えです 少しありきたりで 決まり文句に 聞こえるかもしれませんが クリスティアナも言っていましたが 10年前 あの指数曲線を生み出す際に とても重要な役割を果たした人々が この聴衆の中にいます その中には経済的に 上手くいかない人もいましたが この世界的な革命を 推し進めました 今 この聴衆の中にいる人たちは 同じことを 勝てると知りながら やっていますが いかに早く勝利を 収められるかが重要です

クリス・アンダーソン:とても力強いですね もし今年がそうした年になって 党派問題が変化して あなたがおっしゃったように 党派間の問題がなくなり 反対側にいる人々と共に 科学に裏打ちされ こうした投資機会や 勝利するという裏付けに 支えられて進むというのは とても胸が高鳴ります

どうもありがとうございました

アル・ゴア:またTEDに呼んでくれて 感謝しています ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画