TED日本語 - ヘイリー・ヴァン・ダイク: 政府支出を年に何百万ドルも節約している技術者集団

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ヘイリー・ヴァン・ダイク: 政府支出を年に何百万ドルも節約している技術者集団

TED Talks

政府支出を年に何百万ドルも節約している技術者集団
How a start-up in the White House is changing business as usual
ヘイリー・ヴァン・ダイク
Haley Van Dyck

内容

ヘイリー・ヴァン・ダイクは、アメリカ政府が一般市民に必要なサービスを提供する方法を変えつつあります。米国政府デジタル・サービスでは、ヴァン・ダイクらのチームがシリコンバレーや民間企業で培われてきた知識を生かして、退役軍人や移民、障害者などへのサービスを改善しています。そしてその過程で、政府をより良いものにしているのです。彼女はこう言います。「私たちにとって“政治”は重要ではありません。重要なのは政府がちゃんと機能することです。私たちにとってたった1つの政府なんですから」

Script

I'm here to talk to you today about a story that we have all been conditioned to believe is not possible. It's a story about a living, breathing start-up flourishing in an unlikely environment: the United States government. Now, this start-up is fundamentally beginning to disrupt the way government does business from the inside out. But before I get there, let's start with the problem.

For me, the problem begins with a number: 137. 137 is the average number of days a veteran has to wait to have benefits processed by the VA. 137 days. Now, in order to file that application in the first place, she has to navigate over 1,000 different websites and over 900 different call-in numbers, all owned and operated by the United States government.

Now, we live in times of incredible change. The private sector is constantly changing and improving itself all the time. For that matter, it's removing every single inconvenience in my life that I could possibly think of. I could be sitting on my couch in my apartment, and from my phone, I can order a warm, gluten-free meal that can arrive at my door in less than 10 minutes. But meanwhile, a working mother who depends on food stamps to support her family has to complete an arduous, complicated application which she might not even be able to do online. And the inability of her to do that same work from her couch means that she might be having to take days or hours off of work that she can't spare. And this growing dichotomy between the beneficiaries of the tech revolution and those it's left behind is one of the greatest challenges of our time --

(Applause)

Because government's failure to deliver digital services that work is disproportionately impacting the very people who need it most. It's impacting the students trying to go to college, the single mothers trying to get health care, the veterans coming home from battle. They can't get what they need when they need it. And for these Americans, government is more than just a presidential election every four years. Government is a lifeline that provides services they need and depend on and deserve. Which is, quite frankly, why government needs to get its shit together and catch up. Just saying.

(Applause)

Now, this wasn't always a problem I was passionate about. When I joined President Obama's campaign in 2008, we brought the tech industry's best practices into politics. We earned more money, we engaged more volunteers and we earned more votes than any political campaign in history. We were a cutting-edge start-up that changed the game of politics forever. So when the President asked a small group of us to bring that very same disruption directly into government, I knew it wasn't going to be easy work, but I was eager and showed up ready to get to work.

Now, on my first day in DC, my first day in government, I walked into the office and they handed me a laptop. And the laptop was running Windows 98.

(Laughter)

I mean,three entire presidential elections had come and gone since the government had updated the operating system on that computer. Three elections! Which is when we realized this problem was a whole lot bigger than we ever could have imagined. Let me paint the picture for you.

The federal government is the largest institution in the world. It spends over 86 billion dollars a year -- 86 billion -- on federal IT projects. For context: that is more than the entire venture capital industry spends annually -- on everything. Now, the problem here is that we the taxpayers are not getting what we pay for, because 94 percent of federal IT projects are over budget or behind schedule. 94 percent! For those of you keeping score, yes, the number 94 is very close to 100.

(Laughter)

There's another problem: 40 percent of those never end up seeing the light of day. They are completely scrapped or abandoned. Now, this is a very existentially painful moment for any organization, because it means as government continues to operate as it's programmed to do, failure is nearly inevitable. And when the status quo is the riskiest option, that means there is simply no other choice than radical disruption.

So, what do we do about it? How do we fix this? Well, the irony of all of this is that we actually don't have to look any further than our backyard, because right here in America are the very ideas, the very people, who have swept our world into a radically different place than it was two decades ago. So what would it look like if it was actually as easy to get student loans or veterans' benefits as it is to order cat food to my house? What would it look like if there was an easy pathway for the very entrepreneurs and innovators who have disrupted our tech sector to come and disrupt their government?

Well, my friends, here's where we get to talk about some of the exciting new formulas we've discovered for creating change in government. Enter the United States Digital Service. The United States Digital Service is a new network of start-ups, a team of teams, organizing themselves across government to create radical change. The mission of the United States Digital Service is to help government deliver world-class digital services for students, immigrants, children, the elderly -- everybody -- at dramatically lower costs. We are essentially trying to build a more awesome government, for the people, by the people, today. We don't care -- (Applause) Thank you.

(Applause)

Who doesn't want a more awesome government, right?

We don't care about politics. We care about making government work better, because it's the only one we've got.

(Applause)

Now, you can think of our team -- well, it's pretty funny -- you can think of our team a little bit like the Peace Corps meets DARPA meets SEAL Team 6. We're like the Peace Corps for nerds, but instead of traveling to crazy, interesting, far-off places, you spend a lot of time indoors, behind computers, helping restore the fabric of our democracy.

(Laughter)

Now, this team -- our playbook for the United States Digital Service is pretty simple. The first play is we recruit the very best talent our country has to offer, and recruit them for short tours of duty inside government. These are the very people who have helped build the products and companies that have made our tech sector amongst the most innovative in the world. Second, we pair these incredible people from the tech core with the dedicated civil servants already inside government on the ground creating change. Third, we strategically deploy them in a targeted formation at the most mission-critical, life-changing, important services that government offers. And finally, we give them massive air cover, from the leadership inside the agencies all the way up to the President himself, to transform these services for the better.

Now, this team is beginning to disrupt how government does business from the inside out. If you study classic patterns of disruption,one very common pattern is rather simple. It's to take something that has become routine and standard in one industry and apply it to another where it's a radical departure from the status quo. Think about what Airbnb took that was normal from hospitality and revolutionized my apartment. The United States Digital Service is doing exactly that. We are taking what Silicon Valley and the private sector has learned through a ton of hard work about how to build planetary-scale digital services that delight users at lower cost, and we're applying that to government, where it is a radical departure from the status quo.

Now, the good news is: it's starting to work. We know this because we can already see the results from some of our early projects, like the rescue effort of Healthcare.gov, when that went off the rails. Fixing Healthcare.gov was the first place that we ran this play, and today we are taking that same play and scaling it across a large number of government's most important citizen-facing services. Now, if I can take a moment and brag about the team for a second -- it is the highest concentration of badasses I could have ever dreamed of. We have top talent from Google, Facebook, Amazon, Twitter and the likes, all on staff today, all choosing to join their government. And what's incredible is, everybody is as eager and kind as they are intelligent. And I might add, by the way, over half of us are women.

(Applause)

The best way to understand this strategy is actually to walk through a couple of examples of how it's working out in the wild. I'm going to give you two examples quickly.

The first one is about immigration. This, my friends, is your typical immigration application. Yes, you guessed it -- it's almost entirely paper-based. In the best case, the application takes about six to eight months to process. It is physically shipped thousands of miles -- thousands of miles! -- between no less than six processing centers. Now, little story: about a decade ago, the government thought that if it brought this system online, it could save taxpayer dollars and provide a better service, which was a great idea. So, the typical government process began. Six years and 1.2 billion dollars later, no working product was delivered -- 1.2 billion with a "B." Now at this point, the agency responsible, US Citizenship and Immigration Services, could have kept pouring money into the failing program. Sadly, that's what often happens. That's the status quo today. But they didn't. The dedicated civil servants inside the agency decided to stand up and call for change. We deployed a small team of just six people, and what many people don't know is that's the same size as the rescue effort of Healthcare.gov -- just six people. And that team jumped in, side-by-side, to support the agency in transitioning this project into more modern business practices, more modern development practices. Now, in non-tech speak, what that basically means is taking big, multi-year projects and breaking them up into bite-sized chunks, so that way we can reduce the risk and actually start to see results every couple of weeks, instead of waiting in a black box for years.

So within less than three months of our team being on the ground, we were already able to push our first products to production. The first one, this is the form I-90. This is used to file for your replacement green card. Now, for immigrant visa holders, a replacement green card is a big deal. Your green card is your proof of identification, it's your work authorization, it's the proof that you can be here in this country. So waiting six months while the government processes the replacement is not cool. I'm excited to tell you that today, you can now, for the first time, file for a replacement green card entirely online without anyone touching a piece of paper. It is faster, it is cheaper, and it's a better user experience for the applicant and the government employees alike.

(Applause)

Another one, quickly. Last fall, we just released a brand-new practice civics test. So as part of becoming a US citizen, you have to pass a civics test. For anyone who has taken this test, it can be quite the stressful process. So our team released a very easy, simple-to-use tool in plain language to help people prepare, to help ease their nerves, to help them feel more confident in taking the next step in pursuing their American dream. Because all of this work, all of this work on immigration, is about taking complicated processes and making them more human.

The other day,one of the dedicated civil servants on the ground said something incredibly profound. She said that she's never been this hopeful or optimistic about a project in her entire time in government. And she's been doing this for 30 years. That is exactly the kind of hope and culture change we are trying to create.

For my second example, I want to bring it back to veterans for a second, and what we are doing to build them a VA that is worthy of their service and their sacrifice. I'm proud to say that just a few months ago, we released a brand-new beta of a new website, Vets.gov. Vets.gov is a simple, easy-to-use website that brings all of the online services a veteran needs into one place. One website, not thousands. The site is a work in progress, but it's significant progress, because it's designed with the users who matter most: the veterans themselves. This might sound incredibly obvious, because it should be, but sadly, this isn't normal for government. Far too often, product decisions are made by committees of stakeholders who do their best to represent the interests of the user, but they're not necessarily the users themselves. So our team at the VA went out, we looked at the data, we talked to veterans themselves and we started simple and small, with the two most important services that matter most to them: education benefits and disability benefits. I'm proud to say that they are live on the site today, and as the team continues to streamline more services, they will be ported over here, and the old sites, shut down.

(Applause)

To me, this is what change looks like in 2016.

When you walk out of the Oval Office, the first time I was ever there, I noticed a quote the President had embroidered on the rug. It's the classic JFK quote. It says, "No problem of human destiny is beyond human beings." It's true. We have the tools to solve these problems. We have the tools to come together as a society, as a country, and to fix this together. Yes, it's hard. It's particularly hard when we have to fight, when we have to refuse to succumb to the belief that things won't change. But in my experience, it's often the hardest things that are the most worth doing, because if we don't do them, who will? This is on us, all of us, together, because government is not an abstract institution or a concept. Our government is us.

(Applause)

Today, it is no longer a question of if change is possible. The question is not, "Can we?" The question is, "Will we?"

Will you?

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

今日 みなさんにお話しするのは 誰もが 不可能だと 信じ込んできたことです 活発なスタートアップの事業が 意外な場所で 盛り上がっているという話です その場所とは アメリカ政府です このスタートアップは 政府の事業を 徹底的に改革し始めています ただ 本題に入る前に まず 問題は何なのでしょう

私が問題を意識したきっかけは 「137」という数字です 137 とは 退役軍人省が事務処理をして 退役軍人が給付金を 受け取るまでの平均日数 137日のことです そもそも申請の手続きをするには 合衆国政府が 所有し運営している 1,000 以上のウェブサイトと 900 以上の電話番号の間を 探し回る必要があります

我々は変化の激しい時代に 生きています 民間企業は 常に変化と改善を 続けています 企業は 暮らしの中の 不便な点を ことごとく 解消しつつあります 自分のアパートのソファーに座ったまま 電話一本で 温かいグルテンフリーの食事を 10分以内に届けてもらえるんです その一方で 政府の食費補助に 頼りながら家族を支える 仕事を持つ母親は とても複雑で面倒な申請書に 記入しなければならない上に それをオンラインで できない場合さえあります この作業が ソファーの上で できなければ 何時間か あるいは何日か 仕事を休まねばなりませんが そんなことはできません テクノロジー革命の 恩恵を受けられる人と 取り残される人との間の溝が 深まりつつあることが 我々の時代の 重要な課題の一つなのです

(拍手)

政府が 効果的なデジタル・サービスを 提供できなければ 影響をまともに受けるのは そのサービスに頼っている人々です 大学に進学したい学生とか 医療が必要なシングルマザーとか 戦場から帰還した退役軍人が まさに必要とする時に サービスを受けられないのです 彼らのような国民にとって 政府とは 単に4年ごとの 大統領選を指すのではなく 必要であり また受ける資格もある サービスを提供する 命綱なのです 率直に言えば 政府は どうにかして 遅れを取り戻せってことです 愚痴になりますが

(拍手)

私は この問題に 昔から熱心だったわけではありません 2008年にオバマ大統領の 選挙戦に協力した時 私たちはテクノロジー業界で 成功した手法を政治に取り入れて 選挙運動の歴史上 最も多い 寄付金とボランティアを集め 最も多くの票を獲得しました 私たちは それ以降の政治を一変させた 最先端のスタートアップでした だから 私たちの小さなグループが 改革の手法を そのまま政府にも導入してほしいと 大統領に頼まれた時は 簡単ではないと わかっていながら 自分から進んで やる気満々で出かけて行ったものです

ワシントンでの初日 つまり 私が政府で働き始めた日 オフィスに入ると ノートPCを1台 渡されました 中身はWindows 98でした

(笑)

政府が最後に OSを更新してから 4年に1度の大統領選が 3回も行われてきたんです 3回もですよ! この時はじめて 問題が想像をはるかに超えるほど 深刻なことに気づきました 現状を説明しましょう

合衆国政府は世界最大の組織です 政府はITプロジェクトに 年間860億ドルを超える 予算を投じています 比較してみると これはベンチャーキャピタル業界全体の 全分野の年間支出総額を超えています ここで問題なのは 納めた税金に見合うものが 我々の手に入っていないことです なぜなら政府主導の ITプロジェクトの94%が 予算を超過するか 遅れているかの どちらかなのです 94%ですよ! 数字を覚えておきたい 人のために言うと 94って ほぼ100ってことです

(笑)

もう一つ問題があります プロジェクトの4割が 陽の目を見ることなく 完全に打ち切られたり 放棄されたりしています これは どんな組織だろうと 存在意義が疑われる事態です 政府が計画した事業を進めたところで ほぼ確実に 失敗するんですから リスクが最も高いのが 現状維持だとしたら 抜本的な改革 以外に 道はありません

では どうしたらいいのでしょう? 改善の方法とは? 皮肉なことですが 答えはごく身近な所にありました ここアメリカには 20年で世界の姿を一変させた 人材とアイデアが 存在しているからです もしもキャットフードの宅配を 頼むのと同じくらい 学費ローンや 退役軍人への給付手続きが 簡単だったら どうでしょう? もしテクノロジー業界を改革してきた 起業家や革新的な人々が集まって 政府を改革できるようにする 簡単な道があったらどうでしょう?

ここからはじまるのが 私たちが見つけた ワクワクするような 新しい方法で 政府を変える話です 米国政府デジタル・サービスを紹介します 米国政府デジタル・サービスとは スタートアップの新しいネットワークです 独立したチームの集合体で 政府内のあらゆる場所で 組織を作り 抜本的な改革をします 私たちの使命は 世界屈指のデジタル・サービスを 政府が提供できるようにして 学生、移民、退役軍人、子供、老人など あらゆる人が使えるようにし コストを劇的に下げることです 要は 人民による 人民のための もっとイケてる政府を 作ろうとしているってことです 私たちにとって ― (拍手) ありがとう

(拍手)

誰だってイケてる政府が いいに決まってますよね?

私たちにとって “政治”は重要ではありません 重要なのは政府が ちゃんと機能することです 私たちにとって たった1つの政府なんですから

(拍手)

私たちのチームは ― 面白いんですけど 平和部隊と DARPAに 特殊部隊SEALを 組み合わせたような感じです まるでオタク向けの平和部隊ですが 遠くの珍しい場所へ 出かけていくのではなく 長時間 部屋にこもって コンピュータに向かい 民主主義の骨組を 立て直そうとしています

(笑)

私たち米国政府デジタル・サービスの作戦は とてもシンプルです まず我が国でトップレベルの才能を 採用して 短期間 政府で働いてもらいます 彼らこそ 製品や企業づくりを通して 我が国のテクノロジー産業を 世界で最も革新的なものにした立役者です 次に テクノロジー業界の 中心にいる彼らと 政府の現場で 改革を目指し 献身的に働く職員たちに タッグを組ませます 3つ目に 社会にとって不可欠で 暮らしを左右する 政府によるサービスに 的を絞った形で 彼らを戦略的に配置します 最後に 上層部が しっかりバックアップします 組織の管理職に始まり 大統領に至るまで 彼らを支援し サービスの改善を目指します

こういうチームが 政府の仕事の方法を 徹底的に改革しはじめています 改革の典型的なパターンを 研究してみると 非常によく見られるパターンは むしろシンプルなものです すなわち ある業界では当たり前で 標準になっていることを取り上げ それが打開策になるような別の業界に 当てはめるということです 例えば Airbnbは ホテル業界では 当たり前のことを取り上げ 私のアパートを一変させました 米国政府デジタル・サービスの取り組みは これとまったく同じです シリコンバレーや民間企業は 大変な労力を費やして より低コストで ユーザーが満足する 地球規模のデジタル・サービスを 作る方法を学びました 私たちは それを取り上げて それが打開策になるような政府業務に 適用しているんです

幸い この取り組みは うまくいきつつあります 初期の事業の 成果を見ればわかります たとえば迷走した HealthCare.gov を 立て直した例です HealthCare.gov の改善は この方法を用いた最初の仕事でしたが 今では同じ方法を 非常に多くの 重要な 政府の国民向けサービスに 適用しています ここで 少しだけ チームの自慢をさせてください ここには想像を絶するほどの キレ者が集まっています Google、Facebook、Amazon、Twitterといった企業出身の 最高の人材がスタッフにそろっていて みんな 政府に手を貸すことを 選んでくれたんです 特に素晴らしいのは みんな知的なだけでなく 熱意があって親切なことです おまけに スタッフの半数以上が女性です

(拍手)

私たちの戦略を理解するには 事例を取り上げて 社会の中で 実際に うまくいっているか 見ていくのが一番です 手短に2つ例を紹介しましょう

1つ目は移民の事例です これが普通の移民申請書です ご想像の通り ほとんどすべて紙ベースです 申請の処理には 最短でも6~8か月かかります 紙の申請書類が 何千キロも運ばれて 6か所以上の処理センター間を 行き来します こんなことがありました 10年ほど前 政府は システムをオンライン化すれば 国民から集めた税金を節約し より良いサービスが 提供できると考えました 発想はよかったのですが 政府は いつもの パターンに陥りました 6年間と 12億ドルを費やした挙げ句 使い物になるように できなかったのです 12「億」ドルです 責任官庁である市民権・移民局は 成功の見込めないプログラムに 今なお 予算を注ぎ込み続けていた 可能性だってあります 残念ですが よくあることです 今の「現状」は そうなんです でも彼らは違いました 局内の熱心な職員が立ち上がり 変化を訴えたのです 私たちは わずか6人のグループを 派遣しました あまり知られていませんが これは HealthCare.gov を 立て直した時と同じ人数 ― たった6人です 彼らは全員一丸となって 移民局が このプロジェクトに もっと現代的な ビジネスの手法や開発手法を 取り入れる支援をしました 噛み砕いて言うと 要するに 大規模で 何年もかかるプロジェクトを 小さな作業に分割することで リスクを減らすとともに 先が見えないまま 何年も待つのではなく 数週間ごとに結果が 出るようにしたのです

すると チームが現場に入って 3か月も経たないうちに 最初の成果を 公開することができました 最初の成果は「I-90」申請です 永住権の更新に使うものです 永住ビザを持つ移民にとって その更新は とても重要です 永住ビザは身元の証明であり 就労許可証であり アメリカに居住できる証なのです だから政府が更新手続きを終えるまで 半年も待たされるのは 好ましくありません でも嬉しいお知らせがあります とうとう紙の書類を一切使わず すべてオンラインで 永住権の更新を 申請できるようになったんです より速く より安価な上 申請者や政府職員にとって ユーザー体験は向上しています

(拍手)

もう一つ手短に紹介します 2015年秋 私たちは新しい 市民権テスト練習問題を公開しました アメリカ市民になるには 市民権テストに合格する必要があり 受験する人にとって かなりのストレスになります そこで私たちは 易しい言葉遣いの 簡単に使えるツールを公開し テストへの準備を支援しています 不安を鎮め 自信を持って アメリカンドリームを追求できるよう 後押しします 移民に関わる こういった仕事はすべて 面倒な手続きを 人間味のあるものにするということなんです

先日 熱心な現場の職員の方が とても大きな意味のあることを 言ってくれました 「政府で仕事してきて これほど希望を感じる事業は なかった」と この仕事を30年も やってきた人がです まさにこれが 私たちが生み出そうとしている 希望であり 文化の変容です

2つ目の例として 再び退役軍人を取り上げましょう 彼らの奉仕と犠牲に値する 退役軍人省を作る取組みです 自信を持って紹介します ほんの数か月前 私たちは新たなウェブサイト Vets.gov のベータ版を 公開しました Vets.gov は退役軍人に必要な オンラインサービスを すべてシンプルで使いやすい 1つのサイトにまとめたものです たった1つです 何千ものサイトではありません まだ制作の途中ですが 大きな前進です なぜなら 協力してくれたのは 一番のユーザーである 退役軍人自身だからです 当然のことですし 当たり前と思うでしょうが 残念ながら 行政の世界では そうではありません 制作に関する決定は ほとんど 関係委員会が下します 彼らは ユーザーの利益を 全力で代弁していても ユーザー本人というわけでは ありません そこで退役軍人省にいる仲間が 出かけて データを調べ 直接 退役軍人に話を聞き 彼らにとって最も重要な 2つのサービスに絞って シンプルに小さく始めました その2つとは 教育給付と障害補償です 今 このサイトが稼働していることを 誇らしく思います チームが さらに多くの サービスを効率化したら すべて こちらに移行し 元のサイトは閉鎖します

(拍手)

2016年現在における 変化の姿とは こういうものです

大統領執務室に 初めて入った時 ある言葉が目に入りました 大統領がカーペットに 刺繍させたもので ケネディ大統領の有名な言葉です 「人間の運命に関する問題で 人間に解決できないものはない」 その通りです 私たちには問題を解決する ツールがあります 社会として国として みんなが協力し 問題を解決できるようにする ツールがあるんです 確かに難しいことです 何も変わらないという思い込みに 屈するのを拒み 闘わなければならないとなれば なおさらです でも私の経験上 難しいことこそ やる価値があるものです だって 私たちがやらなければ 誰がやるのでしょう? これは私たち一人ひとりに かかっています 政府とは 抽象的な 組織や概念ではないからです 政府とは 私たち自身なんです

(拍手)

変化が起こせるかどうかは もはや問題ではありません 問題は「自分たちにできるか?」ではなく 「自分たちは やるのか?」なんです

皆さんはいかがですか?

どうもありがとう

(拍手)

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画