TED日本語 - マイケル・メトカーフ: 挑戦的な資金調達手法で気候変動を食い止める

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - マイケル・メトカーフ: 挑戦的な資金調達手法で気候変動を食い止める

TED Talks

挑戦的な資金調達手法で気候変動を食い止める
A provocative way to finance the fight against climate change
マイケル・メトカーフ
Michael Metcalfe

内容

私たちは気候変動を食い止める為なら何でも出来る…でしょうか?2008年、世界金融危機を受け、世界中の国々の政府は危機回復の為に「万策を尽くす」姿勢で臨み、結果として2500億ドル規模の国際通貨を発行、それが経済システムの劣化を招くに至りました。この痛快なまでに思い切ったトークで、経済専門家マイケル・メトカーフは、同じく非従来的な金融調節手段を用いて地球の緑化へ世界的協調が行えるのだ、と提案しています。

Script

Will we do whatever it takes to tackle climate change?

I come at this question not as a green campaigner, in fact, I confess to be rather hopeless at recycling. I come at it as a professional observer of financial policy making and someone that wonders how history will judge us.

One day, this ring that belonged to my grandfather will pass to my son, Charlie. And I wonder what his generation and perhaps the one that follows will make of the two lives this ring has worked.

My grandfather was a coal miner. In his time, burning fossil fuels for energy and for allowing economies to develop was accepted. We know now that that is not the case because of the greenhouse gases that coal produces. But today, I fear it's the industry in which I work that will be judged more harshly because of its impact on the climate -- more harshly than my grandfather's industry, even.

I work, of course, in the banking industry, which will be remembered for its crisis in 2008 -- a crisis that diverted the attention and finances of governments away from some really, really important promises, like promises made at the Copenhagen Climate Summit in 2009 to mobilize 100 billion dollars a year to help developing countries move away from burning fossil fuels and transition to using cleaner energy. That promise is already in jeopardy. And that's a real problem, because that transition to cleaner energy needs to happen sooner rather than later.

Firstly, because greenhouse gases, once released, stay in the atmosphere for decades. And secondly, if a developing economy builds its power grid around fossil fuels today, it's going to be way more costly to change later on. So for the climate, history may judge that the banking crisis happened at just the wrong time. The story need not be this gloomy, though.

Three years ago, I argued that governments could use the tools deployed to save the financial system to meet other global challenges. And these arguments are getting stronger, not weaker, with time. Let's take a brief reminder of what those tools looked like.

When the financial crisis hit in 2008, the central banks of the US and UK began buying bonds issued by their own governments in a policy known as "quantitative easing." Depending on what happens to those bonds when they mature, this is money printing by another name. And boy, did they print. The US alone created four trillion dollars' worth of its own currency. This was not done in isolation. In a remarkable act of cooperation, the 188 countries that make up the International Monetary Fund, the IMF, agreed to issue 250 billion dollars' worth of their own currency -- the Special Drawing Right -- to boost reserves around the world.

When the financial crisis moved to Europe, the European Central Bank President, Mario Draghi, promised "to do whatever it takes." And they did. The Bank of Japan repeated those words -- that exact same commitment -- to do "whatever it takes" to reflate their economy. In both cases, "whatever it takes" meant trillions of dollars more in money-printing policies that continue today. What this shows is that when faced with some global challenges, policy makers are able to act collectively, with urgency, and run the risks of unconventional policies like money printing.

So, let's go back to that original question: Can we print money for climate finance? Three years ago, the idea of using money in this way was something of a taboo. Once you break down and dismantle the idea that money is a finite resource, governments can quickly get overwhelmed by demands from their people to print more and more money for other causes: education, health care, welfare -- even defense.

And there are some truly terrible historical examples of money printing -- uncontrolled money printing -- leading to hyperinflation. Think: Weimar Republic in 1930; Zimbabwe more recently, in 2008, when the prices of basic goods like bread are doubling every day. But all of this is moving the public debate forward, so much so, that money printing for the people is now discussed openly in the financial media, and even in some political manifestos.

But it's important the debate doesn't stop here, with printing national currencies. Because climate change is a shared global problem, there are some really compelling reasons why we should be printing that international currency that's issued by the IMF, to fund it. The Special Drawing Right, or SDR, is the IMF's electronic unit of account that governments use to transfer funds amongst each other. Think of it as a peer-to-peer payment network, like Bitcoin, but for governments.

And it's truly global. Each of the 188 members of the IMF hold SDR quotas as part of their foreign exchange reserves. These are national stores of wealth that countries keep to protect themselves against currency crises. And that global nature is why, at the height of the financial crisis in 2009, the IMF issued those extra 250 billion dollars -- because it served as a collective global action that safeguarded countries large and small in one fell swoop.

But here -- here's the intriguing part. More than half of those extra SDRs that were printed in 2009 -- 150 billion dollars' worth -- went to developed market countries who, for the most part, have a modest need for these foreign exchange reserves, because they have flexible exchange rates. So those extra reserves that were printed in 2009, in the end, for developed market countries at least, weren't really needed. And they remain unused today.

So here's an idea. As a first step, why don't we start spending those unused, those extra SDRs that were printed in 2009, to combat climate change?

They could, for example, be used to buy bonds issued by the UN's Green Climate Fund. This was a fund created in 2009, following that climate agreement in Copenhagen. And it was designed to channel funds towards developing countries to meet their climate projects. It's been one of the most successful funds of its type, raising almost 10 billion dollars. But if we use those extra SDRs that were issued, it helps governments get back on track, to meet that promise of 100 billion dollars a year that was derailed by the financial crisis.

It could also -- it could also serve as a test case. If the inflationary consequences of using SDRs in this way are benign, it could be used to justify the additional, extra issuance of SDRs, say, every five years, again, with the commitment that developed-market countries would direct their share of the new reserves to the Green Climate Fund.

Printing international money in this way has several advantages over printing national currencies. The first is it's really easy to argue that spending money to mitigate climate change benefits everyone. No one section of society benefits from the printing press over another. That problem of competing claims is mitigated. It's also fair to say that because it takes so many countries to agree to issue these extra SDRs, it's highly unlikely that money printing would get out of control. What you end up with is a collective, global action aimed -- and it's controlled global action -- aimed at a global good. And, as we've learned with the money-printing schemes, whatever concerns we have can be allayed by rules.

So, for example, the issuance of these extra SDRs every five years could be capped, such that this international currency is never more than five percent of global foreign exchange reserves. That's important because it would allay well, let's say, the ridiculous concerns that the US might have that the SDR could ever challenge the dollar's dominant role in international finance. And in fact, I think the only thing that the SDR would likely steal from the dollar under this scheme is its nickname, the "greenback." Because even with that cap in place, the IMF could have followed up its issuance -- its massive issuance of SDRs in 2009 -- with a further 200 billion dollars of SDRs in 2014.

So hypothetically, that would mean that developed countries could have contributed up to 300 billion dollars' worth of SDRs to the Green Climate Fund. That's 30 times what it has today. And you know, as spectacular as that sounds, it's only just beginning to look like "whatever it takes."

And just to think what amazing things could be done with that money, consider this: in 2009, Norway promised one billion dollars of its reserves to Brazil if they followed through on their goals on deforestation. That program has since delivered a 70 percent reduction in deforestation in the past decade. That's saving 3.2 billion tons of carbon dioxide emissions, which is the equivalent of taking all American cars off the roads for three whole years. So what could we do with 300 other pay-for-performance climate projects like that, organized on a global scale? We could take cars off the roads for a generation.

So, let's not quibble about whether we can afford to fund climate change. The real question is: Do we care enough about future generations to take the very same policy risks we took to save the financial system? After all, we could do it, we did do it and we are doing it today.

We must, must, must do "whatever it takes."

Thank you.

(Applause)

「私たちは気候変動対策に 最善を尽くせるのだろうか?」

私がこの様な疑問に至ったのは 緑化運動家としてではなく ― 実際 私はリサイクルには お手上げなんですが ― 金融政策立案の 専門的なオブザーバーとして 歴史が 今の我々の政策的決断を どう裁くだろうかと思うからです

いつか 私の祖父のものだったこの指輪は 私の息子 チャーリーへ 受け継がれます 私は考えるのです いったい ― 彼の世代と そしてその後の世代は この指輪の持ち主だった 2世代のことをどう見るのだろうかと

私の祖父は炭鉱夫でした 彼の時代 化石燃料を経済発展の エネルギー源として燃やす行為は 受け入れられていました 現代では それは忌避すべき行為だと 判明しています 石炭を燃やすことで生じる 温室効果ガスの為です しかし現代において ひょっとして私の働く業界は それが 気候にもたらす影響の甚大さの為に 祖父の働いた業界が受けたよりも もっと厳しい非難を 受けるのではないかという 恐れを抱いています

そう 私は金融業界で働いています この業界といえば 2008年に起こった金融危機が 思い出されるでしょう この時 国々の政府は 非常に重要な取り決めから 金融危機へと関心と資金を 向けてしまいました 例えば2009年の国連気候変動 コペンハーゲン会議で合意された 発展途上国が 化石燃料の使用から離れ クリーンエネルギーへ移行する援助に 毎年1000億ドルを投じる という取り決めがその1つです この取り決めは既に難航しています クリーンエネルギーへの移行は 出来るだけ早く 実現されなければならないので これは大問題です

なぜなら まず 温室効果ガスは一旦放たれると 数十年は大気中を漂います 次に もし今 発展途上経済圏が石油燃料を 中心にエネルギー網を整備してしまうと 将来 それを変える時に 更に巨額の費用がかかります ゆえに 歴史は 気候問題に於いて 金融危機が丁度 最悪の タイミングで起こったのだと 裁くかもしれません しかし この話は こんなに暗くなくても良いはずなのです

3年前 私は 政府が金融システムを救うために 用意したツールを 他の世界規模の課題に 用いる事が出来ると提案しました それは時間と共に 確証を帯びて来ています それらツールがどんなものか 簡単に見てみましょう

2008年に世界金融危機が 起こったとき アメリカやイギリスの中央銀行は 自国の政府が発行した 国債を買い始めました これは「量的金融緩和」と呼ばれる政策で それらが満期を迎える時 どうなるかにもよりますが これは事実上の貨幣の増刷です そして 国々は増刷を続けました アメリカだけでも 4兆ドルの 通貨が発行されました これは 一国だけで行われたのではなく 驚くほど足並みの揃った協調の下に 国際通貨基金(IMF)を 構成する188ヶ国が 各国通貨で総額2500億ドル相当を ― 「特別資金引出権(SDR)」を用いて ― 世界中の準備通貨を潤沢にする目的で 増刷したのです

金融危機がヨーロッパへ波及した時 欧州中央銀行(ECB)総裁マリオ・ドラギは こう約束しました 「何としてでも(この状況を打開する)」と そしてそうしました 日本銀行はこれに倣い 「何としてでも(この状況を打開する)」と 経済刺激策として 全く同じコミットメントを採択しました どちらの場合にも 「何としてでも」というのは 今日まで続く 数兆ドル規模の増刷を 意味していました このことで 世界規模の課題に直面した時に 政治家たちは 危機感を持ち 足並みを揃えて行動する事が出来 量的金融緩和のような型破りな政策で 思い切った事が出来ると示しました

最初の質問に戻りましょう 気候変動問題の資金源にする為に 量的金融緩和政策を講じられるか? 3年前 このような考えはある種タブーでした 通貨は有限の資源である という概念を取り払ったら最後 政府は様々な政策が要因となる 国民からの増刷の要求に 圧倒されてしまいます 教育、医療、社会保障 ― 防衛費しかり

量的金融緩和については 歴史的にも失敗例があり 管理能力を超えた金融緩和が ハイパーインフレを招いたりしました 1930年代のワイマール共和国を 思い出してください 最近では2008年のジンバブエで パンといった基本財の価格が 毎日倍になった例もあります しかし 今回のことで量的金融緩和の 議論が活発になりました 今や量的緩和は金融メディアで論じられ 公約にさえ登場しています

しかし金融緩和の議論が そこで終わらない ということが大切です 気候変動は 世界共通の 課題であることから その資金に充てるために IMFが発行する 国債通貨を増刷すべき 尤もな理由があります 特別引出権は 政府同士で資金を転送し合う為の IMFの電子会計単位です P2P決済ネットワークのようなものを 想像してみてください 政府専用の ビットコインのようなものです

これは世界規模の仕組みです IMF加盟国の188ヶ国それぞれが SDR拠出額を 外貨準備金の一部として確保しています これは国家が通貨危機に際して 身を守れるように準備しているものです この世界規模という性質こそが 2009年にIMFが 追加2500億ドルの 量的金融緩和を行い 大小の国々を一度に守る 国際的協調下での アクションを取ることが出来た所以です

しかし 驚くべきことに 2009年に増資された 特別引出権の半分以上 その額1500億ドル相当が 市場が成熟した国々へ拠出されましたが それらは柔軟な為替レートに 基づいているため それ程外貨準備高を 必要としていませんでした 2009年に発行された これらの追加準備金は 最終的に 少なくとも先進国にとっては 必要はなかったのです 今日までそれらは 手がつけられていません

そこで名案があります 最初のステップとして この手付かずの 2009年に発行された特別引出権を 気候変動対策へ使う というのはどうでしょう?

例えば 国連の発行する緑の気候基金(GCF)債券の 購入に充てることができます この基金は気候変動に関する コペンハーゲン合意を受けて 2009年に創設され 発展途上国がそれぞれの 気候変動対策目標に達する為に要する 資金を補完するように 設計されています この基金は100億ドルを調達し この種の基金の中でも 最も成功したファンドとなりました しかし もし発行された 特別引出権を代わりに使えば 政府が軌道を修正し 途上国の気候変動対策に 毎年1000億円を投じるという約束 ― 世界金融危機により中断してしまった 約束に充当できます

これは テスト・ケースにもなります 特別引出権(SDR)発行により生じる インフレーション圧力は良性のもので 更なるSDRの新規発行が ― 例えば5年毎でも ― 有効で意味を成すものだと証明できます そしてこのコミットメントで 先進国の国々は 特別引出権の新規配分を 緑の気候基金への拠出へ 充てることができるのです

このような国債通貨の増刷は 自国の通貨の増刷に比べて 幾つか優れている点があります 1つ目は「気候変動を食い止める為に お金を使う事は公益である」 という議論は明白だということ 世界の一部だけが 他の国よりも得をする事はないのです 競合の問題は回避できます こうも言えるでしょう 新規特別引出権発行においては かくも多くの国々の同意を要するため 増刷が管理不能な状態に 陥る可能性は低いだろうと 結果として得られるのは 協調的 世界規模のアクション ― しかもしっかりと管理された グローバル・アクション ― 国際世界の公益を目指すものです そして 量的金融緩和策で学んだように どんな懸念もルールによって 回避できるのです

例えば これらのSDRの5年毎の新規発行には 上限を設けることができます この国際通貨が 世界の外貨準備高の 5%を超えないように などのルールです これは重要です なぜなら アメリカが過敏な危惧を示すであろう 国際金融市場でのドルの優位性を 特別引出権が脅かす という懸念を和らげるからです 実際 この仕組みのもと SDRが貨幣から奪うかもしれないと 思われるものは 「グリーンバック(緑の紙幣)」という そのニックネーム位でしょう 上限が設けられていても IMFは2009年の巨額の発行後 2014年の2000億ドルの SDR追加発行を行えたのですから

つまりこれは 仮説的に 先進国が 3000億ドル規模までのSDRを 緑の気候基金へ 投資できたはずだということです それは今日GCFが保有する額の 30倍にも相当します しかも この希望に満ちた話は 「何としてでも」精神の 可能性を感じさせます

その資金により可能になる 素晴らしい取り組みを想像してください 例えば ― 2009年に ノルウェーは ブラジルが 森林伐採削減目標に達した場合に 10億ドルの援助をすると約束しました このプログラムは過去10年で 70% 森林伐採の減少を 達成しました これは 32億トンの 二酸化炭素排出量と同等で アメリカ中の車が3年間排出する CO2量に相当します このような 実績ベースで対価を支払う 気候変動対策プロジェクトが 世界中に300もあれば どうですか? 何世代にも渡る量の CO2が削減できるでしょう

ですから 気候変動対策へ投資できるかどうかと 言い訳を続けるのは止めましょう 本当の問題は 私たちが未来の世代のことを 真剣に思い遣れば 金融システム救済策のような思い切った対策を 取れるのではないかということです 結局のところ 私たちは そんな思い切った事を 実際に行動に移したのです そして今もそれが続いています

私たちは 絶対に 必ず「何としてでも」 実現しなくてはいけません

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画