TED日本語 - ジェシカ・ラド: 性的暴行からのサバイバーが望む通報システムとは

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジェシカ・ラド: 性的暴行からのサバイバーが望む通報システムとは

TED Talks

性的暴行からのサバイバーが望む通報システムとは
The reporting system that sexual assault survivors want
ジェシカ・ラド
Jessica Ladd

内容

TEDフェローであるジェシカ・ラドは、「99%のレイプ犯が逃げおおせるような世界に生きる必要はない」と語ります。大学内での性的暴行を通報する、新しいプラットフォーム「カリスト」を立ち上げたラドは、性的暴行からのサバイバーのプライバシーを尊重しながらも、援助としかるべき正義を得る手助けをしています。このトークでは、「私たちは他人の権利を侵害しようとする者に、真の抑止力が働く世界を作ることが出来るのです」と訴えます。

Script

Hannah is excited to be going to college. She couldn't wait to get out of her parents' house, to prove to them that she's an adult, and to prove to her new friends that she belongs.

She heads to a campus party where she sees a guy that she has a crush on. Let's call him Mike. The next day, Hannah wakes up with a pounding headache. She can only remember the night in flashes. But what she does remember is throwing up in the hall outside Mike's room and staring at the wall silently while he was inside her, wanting it to stop, then shakily stumbling home. She doesn't feel good about what happened, but she thinks, "Maybe this is just what sex in college is?"

One in five women and one in 13 men will be sexually assaulted at some point during their college career in the United States. Less than 10 percent will ever report their assault to their school or to the police. And those who do, on average, wait 11 months to make the report.

Hannah initially just feels like dealing with what happened on her own. But when she sees Mike taking girls home from parties, she's worried about them.

After graduation, Hannah learns that she was one of five women who Mike did the exact same thing to. And this is not an unlikely scenario because 90 percent of sexual assaults are committed by repeat offenders. But with such low reporting rates, it's fairly unlikely that even repeat perpetrators will be reported, much less anything happen if they are.

In fact, only six percent of assaults reported to the police end with the assailant spending a single day in prison. Meaning, there's a 99 percent chance that they'll get away with it. This means there's practically no deterrent to assault in the United States.

Now, I'm an infectious disease epidemiologist by training. I'm interested in systems and networks and where we can concentrate our resources to do the most good. So this, to me, is a tragic but a solvable problem.

So when the issue of campus assault started hitting the news a few years ago, it felt like a unique opportunity to make a change. And so we did. We started by talking to college survivors. And what they wish they'd had in college is pretty simple; they wanted a website,one they could use at the time and place that felt safest to them with clearly written information about their reporting options, with the ability to electronically report their assault, rather than having the first step to go in and talk to someone who may or may not believe them. With the option to create a secure, timestamped document of what happened to them, preserving evidence even if they don't want to report yet. And lastly, and perhaps most critically, with the ability to report their assault only if someone else reported the same assailant. You see, knowing that you weren't the only one changes everything. It changes the way you frame your own experience, it changes the way you think about your perpetrator, it means that if you do come forward, you'll have someone else's back and they'll have yours.

We created a website that actually does this and we launched it [ ... ] in August, on two college campuses.

And we included a unique matching system where if Mike's first victim had come forward, saved her record, entered into the matching system and named Mike, and Mike's second victim had done the same thing a few months later, they would have matched and the verified contact information of both survivors would have been sent to the authorities at the same time for investigation and follow up.

If a system like this had existed for Hannah and her peers, it's more likely that they would have reported, that they would have been believed, and that Mike would have been kicked off campus, gone to jail, or at least gotten the help that he needed. And if we were able to stop repeat offenders like Mike after just their second assault following a match, survivors like Hannah would never even be assaulted in the first place. We could prevent 59 percent of sexual assaults just by stopping repeat perpetrators earlier on. And because we're creating a real deterrent to assault, for perhaps the first time, maybe the Mikes of the world would never even try to assault anyone.

The type of system I'm describing, the type of system that survivors want is a type of information escrow, meaning an entity that holds on to information for you and only releases it to a third party when certain pre-agreed upon conditions are met, such as a match. The application that we built is for college campuses. But the same type of system could be used in the military or even the workplace.

We don't have to live in a world where 99 percent of rapists get away with it. We can create one where those who do wrong are held accountable, where survivors get the support and justice they deserve, where the authorities get the information they need, and where there's a real deterrent to violating the rights of another human being.

Thank you.

(Applause)

ハンナは大学へ進学することを 楽しみにしていました 両親の家から出て 独り立ちし 新しい友人たちの仲間になることが 待ちきれませんでした

ある夜 大学のパーティーに行き 片思いをしている 彼を見かけました マイクとしましょうか 次の日 ハンナはズキズキする 頭痛とともに目が覚めたのです 昨夜のことは途切れ途切れにしか 覚えておらず 思い出したのは ― マイクの部屋の前の廊下で 吐いていたことと 彼が彼女の中に入っている間 無言で壁を見つめていたこと もうやめてと思いながら 震えてよろめきながら 家に帰ったこと この事は 彼女にとって 嫌な思い出にはなったものの 「でも 大学でのセックスって こんなものかも?」とも思いました

アメリカでは 5人に1人の女性、13人に1人の男性が 大学生活のどこかの時点で 性的被害にあうとされています その内 10%にも満たない被害者が 学校や警察に通報しますが 通報するまでには平均して 11ヶ月を要しています

ハンナは初めは 自身に起きたことを 一人で対処できると思っていましたが マイクが女の子たちをパーティーから 部屋へ連れて行くのを見て 彼女達の事が心配になりました

卒業した後 ハンナは自分が マイクが全く同じ事をした 5人のうちの1人であることを知りました そしてこれは 全くあり得ない話ではありません なぜなら性的暴行の90%は 再犯者によるものだからです しかし このような低い通報率では 再犯者であろうと 通報されることなどほぼあり得ず されたとしても 何も期待できません

実際には 警察に通報された 暴行の内の たった6%の 加害者だけが刑務所に 入ることになるのです つまり 逃げおおせるチャンスは99% アメリカには 事実上 これらの犯罪を抑止するものは 存在しないということです

私は感染症疫学者として 教育を受けました システムとネットワークに関心があります 私たちのリソースを有効に 活用できる場所です ですから 性的暴行は悲劇的ではありますが 解決可能な問題と捉えています

数年前 大学での暴行事件がニュースで 取り上げられるようになってきた頃 変化をもたらす またとない機会だと感じました そして 動き出したのです 大学での被害者たちと 話し合いを始めました 彼女たちが大学にあればと願うものは とてもシンプルで ― ウェブサイトでした 時間や場所を選ばずに 必要な時に 安心して使えるもの 通報に関する選択肢が 明確に記載されて 初めの手続きが 信じてくれるかどうかもわからない 誰かに話すのではなく コンピューター上で暴行の 通報を済ませられるもの まだ 通報の決心がつかなくても 証拠として 事件について 保護された タイムスタンプ付きの 文書を作成する機能のあるもの 最後になりますが 最も重要なのは 暴行が通報されるのは 他の誰かが 同じ加害者を 入力した場合に限ると 設定できる機能があることです あなただけが被害者ではないと 知ることで すべてが変わるのです 自身の体験に対する 認識も変わりますし 犯人に対しての考え方も変わります つまり もし被害を届け出るとしても あなたを支える誰かがいて 彼らにはあなたがいるのです

私たちは 実際にこれを行う ウェブサイトを作成し 2つの大学のキャンパスで 稼動し始めました 8月のことです

他にはないマッチングシステムを 組み込みました マイクによる最初の被害者が届け出て 記録を保存し マッチングシステムに進み マイクのファイルを作成 そして マイクの2番目の被害者が 数ヵ月後に 同じ事をしたとします 記録がマッチし 2人の被害者の 認証済みの連絡先が 同時に関係当局へ 取調べと追跡調査のため 送信されます

もし このようなシステムが ハンナと同級生のためにあったとしたら 彼女たちが通報した可能性は高いでしょう 信じてもらえたでしょうし マイクはキャンパスから放り出され 刑務所か 最低でも 彼に必要な援助を受けていたでしょう もし マイクのような再犯者を 2回目の犯行がマッチした時点で 止める事ができていたとしたら ハンナのような被害者は そもそも初めから被害に 合わなかったに違いありません 早期の段階で 再犯を止めることで 59%もの性的暴行を 防ぐことが可能なのです 私たちが 暴行に対し 有効な抑止力を作り出したことで おそらく はじめて 世界中にいるマイクは 二度と誰かを 暴行しようとはしないでしょう

私が説明しているシステム 被害者が望むタイプのシステムは 情報エスクロー つまり データベースが あなたの情報を保管し 事前に合意した条件が合致した時にのみ 第三者に情報が送られるのです 「マッチシステム」 のように 私たちが立ち上げたアプリケーションは 大学のキャンパス用ですが 同じようなタイプのシステムは 軍隊や職場でも 利用が可能です

私たちは 99%のレイプ犯が 逃げおおせるような世界に 生きなくても良いのです 私たちは ― 間違ったことをした者は責任を負い 被害者には援助と しかるべき正義が 当局は必要とする情報を得られる そして 他人の権利を侵すものには 抑止力が働く世界を作ることが出来るのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画