TED日本語 - オードリー・チョイ: 世界の変革を求めながら利益を追求する方法

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - オードリー・チョイ: 世界の変革を求めながら利益を追求する方法

TED Talks

世界の変革を求めながら利益を追求する方法
How to make a profit while making a difference
オードリー・チョイ
Audrey Choi

内容

世界の資本市場には社会変革を促進する働きがあるでしょうか?投資エキスパートであるオードリー・チョイによると、個人は全世界の資本の半分近くを保有しており、社会的価値観や持続性を追求する企業に投資することによって、世の中を変革させる力があるのだと言います。「我々にはかつてないほどに選ぶ機会を与えられています。ですから、視点を変え、世の中に対し望む変革へ投資するべきです」と彼女は訴えます。

Script

I believe big institutions have unique potential to create change, and I believe that we as individuals have unique power to influence the direction that those institutions take.

Now, these beliefs did not come naturally to me, because trusting big institutions, not really part of my family legacy. My mother escaped North Korea when she was 10 years old. To do so, she had to elude every big institution in her life: repressive governments, occupying armies and even armed border patrols. Later, when she decided she wanted to emigrate to the United States, she had to defy an entire culture that said the girls would never be the best and brightest. Only because her name happens to sound like a boy's was she able to finagle her way into the government immigration exam to come to the United States.

Because of her bravery and passion, I've had all the opportunities that she never did, and that has made my story so different. Instead of running away from big institutions, I've actually run toward them. I've had the chance over the course of my career to work for The Wall Street Journal, the White House and now one of the largest financial institutions in the world, where I lead sustainable investing.

Now, these institutions are like tankers, and working inside of them, I've come to appreciate what large wakes they can leave, and I've become convinced that the institution of the global capital markets, the nearly 290 trillion dollars of stocks and bonds in the world, that that may be one of our most powerful forces for positive social change at our disposal, if we ask it to be.

Now, I know some of you are thinking, global capital markets, positive social change, not usually in the same sentence or even the same paragraph. I think many people think of the capital markets kind of like an ocean. It's a vast, impersonal, uncaring force of nature that is not affected by our wishes or desires. So the best that our little savings accounts or retirement accounts can do is to try to catch some waves in the good cycles and hope that we don't get inundated in the turbulent ones, but certainly our decisions on how to steer our little retirement accounts don't affect the tides, don't change the shape or size or direction of the waves.

But why is that? Because actually,one third of this ocean of capital actually belongs to individuals like us, and most of the rest of the capital markets is controlled by the institutions that get their power and authority and their capital from us, as members, participants, beneficiaries, shareholders or citizens. So if we are the ultimate owners of the capital markets, why aren't we able to make our voices heard? Why can't we make some waves?

So let me ask you a different question: did any of you buy fair trade coffee the last time you were at a supermarket or at Starbucks? OK. Do any of you go to the restaurant and order the sustainably farmed trout instead of the miso-glazed Chilean sea bass that you really wish you could have? Do any of you drive hybrid cars or even electric cars?

So why do we do these things? Right? One electric car doesn't amount to much in a fleet of 1.2 billion combustion engine vehicles. One fish is just one fish in the sea. And one cup of coffee doesn't amount to a hill of beans in this crazy world. But we do these things because we believe they matter, that our actions add up, that our choices might influence others and collectively, what an impact we can have.

So, in my bag I have a coffee mug that I bought a couple of years ago. It's a reusable mug. It has all these things printed on it. Look at some of the things that are on it, that it says.

"This one cup can be used again and again."

"This one cup may inspire others to use one too."

"This one cup helps save the planet." I had no idea this plastic cup was so powerful.

(Laughter)

So why do we think that our choice of a four dollar shade-grown fair trade artisanal cup of coffee in a reusable mug matters, but what we do with 4,000 dollars in our investment account for our IRA doesn't? Why can't we tell the supermarket and the capital markets that we care, that we care about fair labor standards, that we care about sustainable production methods and about healthy communities? Why aren't we voting with our investment dollars, but we would vote with our lattes?

So I think it has something to do with the myths, the fables that we all carry around in our collective consciousness. Do you remember the Grimm's fairy tale about the magic porridge pot? If you said to the pot, "Boil, little pot, boil," it would fill up with sweet porridge. And if you said, "Stop, little pot, stop," it would stop. But if you got the words wrong, it wouldn't listen, and things could go terribly awry. So I think when it comes to markets, we have a little bit of a similar fable in our heads. We believe that the markets is this magic pot that obeys only one command: make more money. Only those words said exactly that way will make the pot fill up with gold. Add in some extra words like "protect the environment," the spell might not work. Put in the wrong words like "promote social justice," and you might see your gold coins shrink or even vanish entirely, according to this fable.

So we asked people, what do you really think? And we actually went out and polled a thousand individual investors, and we found something fascinating. Overwhelmingly, people wanted to add those extra words into the formula. 71 percent of people said yes, they were interested in sustainable investing, which we define as taking the best in class investment process that you already have traditionally and adding in the extra information you get when you think about the environment and society and good governance. 71 percent wanted that. 72 percent said that they believe that companies who did that would actually do better financially. So people really do believe that you can do well by doing good. But here was the weird thing: 54 percent of the people still said if they put their money in those kinds of stocks, they thought that they would make less money.

So is it true? Do you get less sweet porridge if you invest in shade-grown coffee instead of drinking it? Well, you know, the investors in companies like Burt's Bees or Ben & Jerry's wouldn't say so. Right? Both of those started out as small, socially conscious companies that ended up becoming so popular with consumers that the giants Unilever and Clorox bought them for hundreds of millions of dollars each. But here's the important thing. Those corporations realized that if they wanted to protect the value of their investments, they had to preserve that socially conscious mission. If they didn't keep adding in those extra words of environmentally friendly and socially conscious, those brands wouldn't make more money.

But maybe this is just the exception the proves the rule, right? The serious companies that fund our economy and that fund our retirements and that really make the world go round, they need to stick to making more money. So, Harvard Business School actually researched this, and they found something fascinating. If you had invested a dollar 20 years ago in a portfolio of companies that focused narrowly on making more money quarter by quarter, that one dollar would have grown to 14 dollars and 46 cents. That's not bad until you consider that if instead you'd invested that same dollar in a portfolio of companies that focused on growing their business and on the most important environmental and social issues, that one dollar would have grown to 28 dollars and 36 cents. almost twice as much sweet porridge.

Now, let's be clear, they didn't make that outperformance by giving away money to seem like a nice corporate citizen. They did it by focusing on the things that matter to their business, like wasting less energy and water in their manufacturing processes; like making sure the CEO contracts had the CEOs incentivized for the long-term results of the company and the communities they served, not just quarterly results; or building a first class culture that would have higher employee loyalty, retention and productivity. Now, Harvard's not alone. Oxford also did a research study where they examined 120 different studies looking at the effect of sustainability and economic results, and they found time and time and time again that the companies that cared about these kinds of important things actually had better operational efficiency, lower cost of capital and better performance in their stock price.

And then there's Al Gore. So 20 years ago, when I worked for Al Gore in the White House, he was one of the early pioneers pleading with businesses and governments to pay attention to the challenges of climate change. Post-White House, he opened an investment firm called Generation, where he baked environmental sustainability and other things right into the core investment process. And at the time there was a good bit of skepticism about his views. Ten years later, his track record is one more proof point that sustainable investing done right can be sound investing. Far from making less sweet porridge because he added sustainability into the mix, he actually significantly outperformed the benchmark.

Now, sustainable investing, the good news is it doesn't require a magic spell and it doesn't require some investment secret, and it's not just for the elite. It is not just about private equity for billionaires. It's not just groovy-sounding investments like clean technology or microfinance in emerging markets or artisanal bakeries in Brooklyn. It's about stocks and bonds and Fortune 500 companies. It's about mutual funds. It's about all the things we already see in the market today.

So here's why I'm convinced that we collectively have the power to make sustainable investing the new normal.

First, the proof points are coming out all the time that sustainable investing done right, preserving all the same good principles of investing, the traditional sphere, can pay. It makes sense.

Secondly, the biggest obstacle standing in our way may actually just be in our heads. We just need to let go of that myth that if you add your values into your investment thinking, that you get less sweet porridge. And once you get rid of the fable, you can actually start appreciating those facts we've been talking about.

And third, the future is already here. Sustainable investment today is a 20 trillion dollar market and it's the fastest-growing segment of the investment industry. In the United States, it has grown enormously, as you can see. It now represents one out of every six dollars under professional management in the United States.

So what are we waiting for? For me, it goes back to the inspiration that I received from my mother. She knew that she wanted a life where she would have the freedom to make her own choices and to have her voice heard and write her own story. She was passionate about that goal and she was clear that she would let no army, no obstacle, no big institution stand in her way. She made it to the States, and she became a teacher, an award-winning author and a mother, and ended up sending her daughters to Harvard. And these days, you can tell that she is amply comfortable holding court in the most powerful institutions in the world. It seems almost too prophetic that her name in Korean means "passionate clarity."

Passionate clarity: that's what I think we need to drive change. Passion about the change we want to see in the world, and clarity that we are able to help chart the course. We have more opportunity today than ever before to make choices. We have more power than ever before to make our voices heard.

So change your perspective. Vote with your small change. Invest in the change you want to see in the world. Change the fables and change the markets.

Thank you.

(Applause)

大規模な組織は 変化をもたらす 比類なき可能性を秘め 一方 我々個人も 比類なき力を持ち 組織が進む方向に影響を与えられると 私は信じています

私のこの信念は 自然に芽生えたのではありません 私の家系は大きな組織というものを 信用していなかったからです 母は10歳の時 北朝鮮から脱走しました そのためには 彼女の人生の前に 次々に立ちはだかる 抑圧的な政府、占領軍 さらに武装した国境警備隊といった 大組織の目をかわさねば なりませんでした 後にアメリカへの移住を決心したとき 女の子が一番になったり 最も聡明だったりすることは あり得ないという 社会通念そのものに逆らわなければ なりませんでした たまたま名前が 男の子風でなかったら 移住のための審査にうまく紛れ込んで アメリカに来ることは できなかったでしょう

母の勇気と情熱のおかげで 私には 母にはなかった 様々な機会が与えられ 母とは対照的な育ち方をしました 私は大規模な組織を避けることなく 敢えてそこに飛び込んでいきました 私は 自分のキャリアにおいて ウォールストリート・ジャーナル紙や ホワイトハウス さらに 今は 世界で最大の金融機関の1つで 働くという機会を得て 「サステナブル投資」事業を 率いています

中で働くうちに タンカー船が大きな引き波を残すように これらの組織が大きな影響を もたらし得るとの理解に至りました さらに確信したのは 世界の資本市場という仕組みは 約3京円規模の 世界中の株や債券からなり 我々が望めば 社会を良くするための 最も強力な力として 使えるということです

皆さんの中には 普通 世界の資本市場と 社会の変革は 同じ文や 段落の中でも相容れないものと お考えの人もいるかもしれません 多くの方は 資本市場は大海のようなものだと お思いでしょう それは我々の願いや 望みに影響されることのない 広大で 非人間的で 険しい自然の力ですから せいぜい我々に出来ることは 少額の貯蓄預金や 年金預金によって 良い流れのときの波を少しばかり捉えて 乱流に流されないようにと 願うこと位でしょう しかし 当然 自分の僅かな年金預金を どう運用するかという決断は 潮流には影響せず 波の形、大きさも方向も 変えられないと思っているでしょう

でも そうでしょうか というのは 実際は この資本という大海の3分の1は 我々のような個人に属していて 資本市場の残りのほとんどが 組織の手中にありますが その権力や権限や 資本は 我々に由来しています 会員、加入者、信託受益者、株主や 市民である私たち個人から来ています それでは 我々が資本市場の 究極の所有者であるのならば ― なぜ自分たちの声を反映できないのしょうか? なぜ波を起こせないのでしょうか?

質問を変えます フェアトレード(公正取引)のコーヒーを 最後にスーパーやスタバに行った時 買った方いますか? レストランに行って サステナブルな方法で養殖された マスを注文して 本当は食べたかった チリ産スズキの味噌照り焼きを 我慢したという方は? ハイブリッドカーや電気自動車を 運転する方は?

なぜ我々はこんなことを するのでしょう? 1台の電気自動車は 従来の内燃エンジン車12億台の中では 大したことありません 1匹の魚は 海の中にいる ほんの1匹の魚に過ぎません 1杯のコーヒーだって この狂った世界の 大量のコーヒー豆のホンの一部です でも我々がこのように行動するのは それには意味があり 行動が積み重なり 我々の選択が他人にも影響し 全体として 影響を及ぼし得ると 信じるからです

私のバッグには 数年前に買った コーヒーカップが入っています これは何度でも使うことができます 色々なことが書かれています ご覧ください

「このコップは何度でも 使うことができます」

「他の人もこのコップを 使おうと思うかもしれません」

「このコップが地球を救います」 このプラスチックのコップに そんな力があるなんてね

(笑)

ではなぜ 再利用カップに注がれる ― 500円の 日陰栽培・こだわりの フェアトレードコーヒーを 選ぶことには影響力があり 個人年金向け投資口座にある 50万円の投資先にはないと 考えるのでしょうか? なぜ スーパーと資本市場の 両方に対し 我々は関心があるのだ 公正な労働基準に関心があり サステナブルな生産方法や 健全な社会が大切だという メッセージを伝えないのでしょうか? なぜ ラテを選びながらも 投資先を選ばないのでしょうか?

これは集合意識において 皆が心に抱いている おとぎ話が絡んでいるのだと思います グリム童話の 魔法のおかゆ鍋の話を憶えていますか? 鍋に向かって 「煮えろ 小さなお鍋よ 煮えろ」と言うと 鍋は甘いおかゆで満たされるでしょう 「止まれ 小さなお鍋よ 止まれ」と言うと 止まります しかし 言葉を誤れば 鍋は言うことを聞かず 大変な事態になります 資本市場のことになると 似たような話が 我々の頭に染み付いているのです 我々は 市場は ただ一つの呪文にのみ従う 魔法の鍋であると信じています 「もっとお金を生み出せ」 この言葉通りに唱えることだけが 唯一 鍋を黄金で満たす方法なのです 「環境を保護せよ」といった 余分な言葉を混ぜると 呪文は効きません 「公正な社会を促進せよ」といった 間違った言葉を混ぜると この寓話に従えば 金貨が小さくなったり 完全に消えてなくなるかもしれないと 考えています

そこで 人々の考えを尋ねてみました 実際に街頭で千人の個人投資家に 聞いてみました すると興味深いことが分かりました 圧倒的多数の人が 追加の言葉を入れたがっていたのです 71%の人が サステナブル投資に 興味があると回答しました これは我々の定義では 「ベストインクラス投資」という 既存の慣例的な投資プロセスに 環境、社会と 企業統治を考慮して 入手した追加情報を加えたものを指します 回答者の71%がこれを望んだのです 72%が これを行った会社は 財務的により実績を上げるだろうと 答えました 正しい行いをすれば 良い結果を得ると人々は信じています しかし おかしいことに 54%の人々は それでも そういった株に投資したら 利益は減ると思う と答えたのです

これって 本当でしょうか? 日陰栽培コーヒーを飲むのではなく それに投資すると おかゆは減るのでしょうか? バーツビーズや ベン・アンド・ジェリーの投資家は そう言わないでしょうね どちらも 社会を意識した 小規模な会社として始まりましたが 消費者の多大な人気を得て ついには 大会社であるユニリバー そして クロロックスによって それぞれ数百億円で 買収されました でも ここで大切なのは これらの会社は 投資分の価値を守るためには 社会を意識したミッションを 維持する必要があるのだと 認識していたことです 「環境に優しい」や 「社会を意識」といった 言葉を加え続けなかったら これらのブランドの利益は 増えなかったでしょう

でも これは例外に過ぎないのかも しれませんよね? 真面目な企業 ― 経済を支える企業 年金基金を支える企業 世界が回るために必要不可欠な企業は もっと稼ぐことだけに こだわる必要があるのかも ハーバード・ビジネス・スクールは このテーマを研究し 大変興味深いことを発見しました もしあなたが20年前に 各期毎に確実に利益を得ることに 専念する会社からなる ポートフォリオに投資したのならば 1ドルが 14ドル46セントに増えたことでしょう これは悪くないと思うかもしれません しかし 同じ1ドルを 最も重要な環境・社会問題に 焦点を合わせて 自社の成長を目指している会社に 投資したのならば 1ドルが 28ドル36セントに増えたことでしょう ほぼ2倍のおかゆです

誤解のないよう言っておくと このような会社の好成績は 優良企業だと見せるために 金銭をばらまくことではなく 事業にとって重要な事柄に 注力した結果です 例えばエネルギーや水の浪費を 製造過程において抑えたり CEOを迎える際に 報酬条件として 四半期毎の成果だけではなく 会社の長期的な成績や 地方共同体への奉仕や 上質な企業風土の醸成により 社員の高い忠誠、残存率や 高い生産性を定めました ハーバードだけではなく オックスフォード大も 持続可能性と経済的効果の影響に注目した ― 120の異なる研究を調査し 何度も繰り返し確認できたのは この種の重要な事柄に 注意を払った会社は 事実 事業効率が良く より少ない資本コストで より高い株価指標を 達成したということです

そして アル・ゴア氏 ― 20年前 ホワイトハウスで 彼の元で働いていた時のこと ― 彼は実業界や政府に対し 当時から 気候変動問題への注意を呼びかけていた 草分けの一人です ホワイトハウスを去ったあと 「Generation」という ― 投資金融機関を立ち上げた彼は 環境の持続といったことを 投資プロセスの中心に据えました 当時は 彼の考え方を 懐疑的に見る人も多かったのですが 10年後 彼の実績により サステナブル投資は正しく行えば 健全な投資となり得ることが 証明されました おかゆが少なくなるどころか 維持可能性を混ぜたことによって 標準を大きく上回ったのです

さて サステナブル投資は 幸いなことに 何か呪文が必要なわけでもなく 秘密の投資法が必要なわけでもなく エリートだけのものでもありません 億万長者のための 未公開株だけを指すのでもなく 聞こえのいい投資 ― クリーンテクノロジーや新興市場における 貧窮者向け小口金融や ブルックリンのパン職人の店 などに限りません 株式、債券、それにフォーチュン500企業であり 投資信託でもあり こんにち市場で見られる 全てのものが当てはまります

ここで 私が確信していること ― 我々が力を合わせれば サステナブル投資を新しい標準に できるという根拠を言います

第1に 成功例がどんどん 出てきており サステナブル投資は正しく実行されれば ― つまり 従来の投資業界での 同じ投資行動規範を保てば 利益が上がると実証されているからです 理にかなったことです

第2に 我々の前に立ちはだかる最大の障害は 単なる想像かもしれません 個人的な価値観を投資に反映すると 利益が減るのでは という迷信から 単に抜け出せばよいのです 一旦 抜け出したら 今までお話してきた事実の 価値を理解することができます

第3に 将来はすでに目の前にあります サステナブル投資は すでに2千兆円規模の市場を作り出しており 投資業界において 最大の成長速度を誇る分野です アメリカでは ご覧のとおり 著しい成長を遂げています 今や サステナブル投資は アメリカで 投資機関の 管理下にある投資のうち 6ドル中 1ドルを占めます

なら 我々は一体 何を待っているのでしょうか? 私にとっては 母から得た インスピレーションが原点です 母の願望ははっきりしていました 自分で道を選び 自らの内なる声を聞き 自ら道を切り開いていく 自由のある人生でした その目標を強く求め 軍や障害、それに大きな組織に 邪魔はさせないという 確固たる意志がありました そしてアメリカに渡り 教師となり 賞を取るような作家となり 母親にもなり ついには 娘達を ハーバード大に送り出しました 最近は 世界で最も 権力のある数々の組織にて 発言力を持ち とても余裕のある生活をしています 母の韓国語名には 「情熱的明晰さ」という意味がありますが あまりにも予言的に思えます

「情熱的明晰さ」 これこそ 変化を推し進めるために 必要なことです 世界の変化を実現したいという「情熱」 進むべき道を示していく「明晰さ」 我々は かつてないほど たくさんの 選択の機会を持っています これまでにないほど 世に訴える力を持っています

視点を変えましょう 自分が起こす小さな変化で 1票を投じ 自分が世の中に対して望む変化に 投資しましょう 頭の中にあるおとぎ話を作り変え 市場を変えましょう

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画