TED日本語 - ウィル・ポッター: あなたが初めて知るアメリカ合衆国の機密刑務所

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ウィル・ポッター: あなたが初めて知るアメリカ合衆国の機密刑務所

TED Talks

あなたが初めて知るアメリカ合衆国の機密刑務所
The secret US prisons you've never heard of before
ウィル・ポッター
Will Potter

内容

アメリカ合衆国の刑務所内にはコミュニケーション管理ユニット(CMU)という刑務所があります。調査ジャーナリスト、ウィル・ポッターは、CMUの中に入った唯一の記者です。CMUはかつて内密に開設され、そして収容者の処遇は大きく変更されました。収容者が自分の子供を抱くことすらも禁止されているのです。どのような人物がCMUに収容されているか、政府がどのようにして収容者を隠し通そうとしているのかを、TEDフェローのポッターが示します。「政府のメッセージは明白です。それはCMUについて言及するべからずということです」とポッターは語ります。詳しくは willpotter.com/cmu をご覧ください。

Script

Father Daniel Berrigan once said that "writing about prisoners is a little like writing about the dead." I think what he meant is that we treat prisoners as ghosts. They're unseen and unheard. It's easy to simply ignore them and it's even easier when the government goes to great lengths to keep them hidden.

As a journalist, I think these stories of what people in power do when no one is watching, are precisely the stories that we need to tell. That's why I began investigating the most secretive and experimental prison units in the United States, for so-called "second-tier" terrorists. The government calls these units Communications Management Units or CMUs. Prisoners and guards call them "Little Guantanamo." They are islands unto themselves. But unlike Gitmo they exist right here, at home, floating within larger federal prisons.

There are 2 CMUs. One was opened inside the prison in Terre Haute, Indiana, and the other is inside this prison, in Marion, Illinois. Neither of them underwent the formal review process that is required by law when they were opened. CMU prisoners have all been convicted of crimes. Some of their cases are questionable and some involve threats and violence. I'm not here to argue the guilt or innocence of any prisoner. I'm here because as Supreme Court Justice Thurgood Marshall said, "When the prisons and gates slam shut, prisoners do not lose their human quality."

Every prisoner I've interviewed has said there are three flecks of light in the darkness of prison: phone calls, letters and visits from family. CMUs aren't solitary confinement, but they radically restrict all of these to levels that meet or exceed the most extreme prisons in the United States. Their phone calls can be limited to 45 minutes a month, compared to the 300 minutes other prisoners receive. Their letters can be limited to six pieces of paper. Their visits can be limited to four hours per month, compared to the 35 hours that people like Olympic Park bomber Eric Rudolph receive in the supermax. On top of that, CMU visits are non-contact which means prisoners are not allowed to even hug their family. As one CMU prisoner said, "We're not being tortured here, except psychologically."

The government won't say who is imprisoned here. But through court documents, open records requests and interviews with current and former prisoners, some small windows into the CMUs have opened.

There's an estimated 60 to 70 prisoners here, and they're overwhelmingly Muslim. They include people like Dr. Rafil Dhafir, who violated the economic sanctions on Iraq by sending medical supplies for the children there. They've included people like Yassin Aref. Aref and his family fled to New York from Saddam Hussein's Iraq as refugees. He was arrested in 2004 as part of an FBI sting. Aref is an imam and he was asked to bear witness to a loan, which is a tradition in Islamic culture. It turned out that one of the people involved in the loan was trying to enlist someone else in a fake attack. Aref didn't know. For that, he was convicted of conspiracy to provide material support to a terrorist group.

The CMUs also include some non-Muslim prisoners. The guards call them "balancers," meaning they help balance out the racial numbers, in hopes of deflecting law suits. These balancers include animal rights and environmental activists like Daniel McGowan.

McGowan was convicted of participating in two arsons in the name of defending the environment as part of the Earth Liberation Front. During his sentencing, he was afraid that he would be sent to a rumored secret prison for terrorists. The judge dismissed all those fears, saying that they weren't supported by any facts. But that might be because the government hasn't fully explained why some prisoners end up in a CMU, and who is responsible for these decisions. When McGowan was transferred, he was told it's because he is a "domestic terrorist," a term the FBI uses repeatedly when talking about environmental activists. Now, keep in mind there are about 400 prisoners in US prisons who are classified as terrorists, and only a handful of them are in the CMUs. In McGowan's case, he was previously at a low-security prison and he had no communications violations.

So, why was he moved? Like other CMU prisoners, McGowan repeatedly asked for an answer, a hearing, or some opportunity for an appeal. This example from another prisoner shows how those requests are viewed. "Wants a transfer." "Told him no." At one point, the prison warden himself recommended McGowan's transfer out of the CMU citing his good behavior, but the warden was overruled by the Bureau of Prison's Counterterrorism Unit, working with the Joint Terrorism Task Force of the FBI.

Later I found out that McGowan was really sent to a CMU not because of what he did, but what he has said. A memo from the Counterterrorism Unit cited McGowan's "anti-government beliefs." While imprisoned, he continued writing about environmental issues, saying that activists must reflect on their mistakes and listen to each other. Now, in fairness, if you've spent any time at all in Washington, DC, you know this is really a radical concept for the government.

(Laughter)

I actually asked to visit McGowan in the CMU. And I was approved. That came as quite a shock. First, because as I've discussed on this stage before, I learned that the FBI has been monitoring my work. Second, because it would make me the first and only journalist to visit a CMU. I had even learned through the Bureau of Prisons Counterterrorism Unit, that they had been monitoring my speeches about CMUs, like this one. So how could I possibly be approved to visit? A few days before I went out to the prison, I got an answer.

I was allowed to visit McGowan as a friend, not a journalist. Journalists are not allowed here. McGowan was told by CMU officials that if I asked any questions or published any story, that he would be punished for my reporting. When I arrived for our visit, the guards reminded me that they knew who I was and knew about my work. And they said that if I attempted to interview McGowan, the visit would be terminated. The Bureau of Prisons describes CMUs as "self-contained housing units." But I think that's an Orwellian way of describing black holes. When you visit a CMU, you go through all the security checkpoints that you would expect. But then the walk to the visitation room is silent. When a CMU prisoner has a visit, the rest of the prison is on lockdown. I was ushered into a small room, so small my outstretched arms could touch each wall. There was a grapefruit-sized orb in the ceiling for the visit to be live-monitored by the Counterterrorism Unit in West Virginia. The unit insists that all the visits have to be in English for CMU prisoners, which is an additional hardship for many of the Muslim families. There is a thick sheet of foggy, bulletproof glass and on the other side was Daniel McGowan. We spoke through these handsets attached to the wall and talked about books and movies. We did our best to find reasons to laugh. To fight boredom and amuse himself while in the CMU, McGowan had been spreading a rumor that I was secretly the president of a Twilight fan club in Washington, DC

(Laughter)

For the record, I'm not.

(Laughter) But I kind of the hope the FBI now thinks that Bella and Edward are terrorist code names.

(Laughter)

During our visit, McGowan spoke most and at length about his niece Lily, his wife Jenny and how torturous it feels to never be able to hug them, to never be able to hold their hands. Three months after our visit, McGowan was transferred out of the CMU and then, without warning, he was sent back again. I had published leaked CMU documents on my website and the Counterterrorism Unit said that McGowan had called his wife and asked her to mail them. He wanted to see what the government was saying about him, and for that he was sent back to the CMU. When he was finally released at the end of his sentence, his story got even more Kafkaesque. He wrote an article for the Huffington Post headlined, "Court Documents Prove I was Sent to a CMU for my Political Speech."

The next day he was thrown back in jail for his political speech. His attorneys quickly secured his release, but the message was very clear: Don't talk about this place.

Today,nine years after they were opened by the Bush administration, the government is codifying how and why CMUs were created. According to the Bureau of Prisons, they are for prisoners with "inspirational significance." I think that is very nice way of saying these are political prisons for political prisoners.

Prisoners are sent to a CMU because of their race, their religion or their political beliefs.

Now, if you think that characterization is too strong, just look at some of the government's own documents. When some of McGowan's mail was rejected by the CMU, the sender was told it's because the letters were intended "for political prisoners." When another prisoner, animal rights activist Andy Stepanian, was sent to a CMU, it was because of his anti-government and anti-corporate views.

Now, I know all of this may be hard to believe, that it's happening right now, and in the United States. But the unknown reality is that the US has a dark history of disproportionately punishing people because of their political beliefs. In the 1960s, before Marion was home to the CMU, it was home to the notorious Control Unit. Prisoners were locked down in solitary for 22 hours a day. The warden said the unit was to "control revolutionary attitudes." In the 1980s, another experiment called the Lexington High Security Unit held women connected to the Weather Underground, Black Liberation and Puerto Rican independent struggles. The prison radically restricted communication and used sleep deprivation, and constant light for so-called "ideological conversion." Those prisons were eventually shut down, but only through the campaigning of religious groups and human rights advocates, like Amnesty International.

Today, civil rights lawyers with the Center for Constitutional Rights are challenging CMUs in court for depriving prisoners of their due process rights and for retaliating against them for their protected political and religious speech. Many of these documents would have never come to light without this lawsuit.

The message of these groups and my message for you today is that we must bear witness to what is being done to these prisoners. Their treatment is a reflection of the values held beyond prison walls. This story is not just about prisoners. It is about us. It is about our own commitment to human rights. It is about whether we will choose to stop repeating the mistakes of our past. If we don't listen to what Father Berrigan described as the stories of the dead, they will soon become the stories of ourselves.

Thank you.

(Applause)

(Applause ends)

Tom Rielly: I have a couple questions. When I was in high school, I learned about the Bill of Rights, the Constitution, freedom of speech, due process and about 25 other laws and rights that seem to be violated by this. How could this possibly be happening?

Will Potter: I think that's the number one question I get throughout all of my work, and the short answer is that people don't know. I think the solution to any of these types of situations, any rights abuses, are really dependent on two things. They're dependent on knowledge that it's actually happening and then a means and efficacy to actually make a change. And unfortunately with these prisoners,one, people don't know what's happening at all and then they're already disenfranchised populations who don't have access to attorneys, not native English speakers. In some of these cases, they have great representation that I mentioned, but there's just not a public awareness of what's happening.

TR: Isn't it guaranteed in prison that you have right to council or access to council?

WP: There's a tendency in our culture to see when people have been convicted of a crime, no matter if that charge was bogus or legitimate, that whatever happens to them after that is warranted. And I think that's a really damaging and dangerous narrative that we have, that allows these types of things to happen, as the general public just kind of turns a blind eye to it.

TR: All those documents on screen were all real documents, word for word, unchanged at all, right?

WP: Absolutely. I've actually uploaded all of them to my website. It's willpotter.com/CMU and it's a footnoted version of the talk, so you can see the documents for yourself without the little snippets. You can see the full version. I relied overwhelmingly on primary source documents or on primary interviews with former and current prisoners, with people that are dealing with this situation every day. And like I said, I've been there myself, as well.

TR: You're doing courageous work.

WP: Thank you very much. Thank you all.

(Applause)

ダニエル・ベリガン司祭は言いました 「囚人について書くのは 死者について書くのに 少し似ている」と 我々は囚人を幽霊のように扱う という意味だと思います 彼らの姿は見えず声も届かない 彼らを単に無視するのは容易く 政府が長期間 隠ぺいしている場合は なおさら容易です

ジャーナリストとして 私は 誰も見ていないところで 権力者が何をするかというような話は まさに私たちが伝えなければいけない話 だと思います だから 私は調査を始めました 調査対象は 合衆国で最高の 機密扱いで実験的な監獄棟 「準」テロリスト用の監獄です このような監獄を 政府は CMU(コミュニケーション管理ユニット)と呼び 囚人や看守は CMU を 「ミニ・グアンタナモ」と呼びます それ自体 島のように孤立しています でも グアンタナモと違い CMU は国内にあります 大きな連邦刑務所内に浮かぶ島のようです

CMUは2つあります 1つは インディアナ州の テレホート刑務所内に開設され もう1つは このイリノイ州の マリオン刑務所内にあります 2つとも 型通りの査定過程を経ていません 刑務所の開設時には 査定が法定義務なのに です CMU への収容者は全員 有罪判決を受けています 訴状内容は 疑問の残るものもあれば 脅迫や暴行罪への関与もあります ここで 囚人が有罪か無罪か 議論するつもりはありません 私がここに立つのは最高裁判事 サーグッド・マーシャルの言葉に因ります 「監獄と門が閉ざされても 囚人は人間性を閉ざされない」

私がインタビューした囚人は皆 言いました 獄中の暗闇には3つの光があると 電話と 手紙と そして家族の面会です CMU は独房ではありませんが この3つを非常に厳しく制限し 合衆国内の最も厳しい刑務所以上です CMU 囚人の通話時間は月に 45 分以内 それに比して 他の刑務所では 月に 300 分以内です CMU では手紙は 便箋6枚以内 面会時間は月4時間以内です 因みに オリンピックパークの爆破犯 エリック・ルドルフのような人物でも 月最高 35 時間です その上 CMU の面会では 身体の接触が認められず 家族とのハグすら禁止です あるCMU 囚人が言いました 「ここには拷問はない 精神面以外はね」と

政府は CMU への投獄者を 決して公表しません でも 裁判記録や 公開記録書類 を調べ 現在や過去の囚人への インタビューを繰り返した結果 CMU の内部を垣間見るための 小窓のようなものが開きました

現在 CMU には 推定 60 ~ 70 人が収容され そのうち圧倒的多数を イスラム教徒男性が占めます その中にラフィール・ダフィール医師 のような人物も含まれます 経済制裁に違反し イラクの子供たちのために 現地に医療品を供給した人物です CMU 囚人には ヤシン・アレフのような人もいます アレフと家族は フセイン政権下のイラクから ニューヨークへ逃れてきた難民です アレフは2004年 FBI のおとり捜査の一環で逮捕されました イスラム指導者の一人 アレフは 融資の証人になるよう頼まれました それがイスラム社会の伝統です 融資に関わる人物の1人が おとり捜査中の誰かを 融資に参加させようとしたのが発覚 アレフの知らないことでした でも そのため アレフは テロリスト集団への支援物資提供で 有罪判決を受けました

CMU には イスラム教徒ではない 囚人も収容されます 看守たちは彼らを 「バランサー」と呼びます 人種的偏りのバランスを取る人 という意味です 人種差別で訴えられないためです バランサーには 動物愛護運動家や 環境活動家も含まれます 例えばダニエル・マクガワンです

マクガワンは 地球解放戦線で 環境保護の活動と称して 2件の放火に参画した罪で 有罪となりました 量刑手続き中 マクガワンは 収容先の心配をしていました テロリスト収容所と噂される 機密刑務所ではと 判事は 彼の恐れを全て却下し そのような刑務所の存在は 事実無根だとしました でも それは 政府の説明が 十分でないからかもしれません なぜ CMU に収監されるのか? 誰の決定で CMU 送りになるのか? 移送中 マクガワンは言われました マクガワンが「国内テロリスト」だからだと FBI が 環境活動家に言及する時 繰り返し使う用語です さて 留意して下さい 合衆国内の囚人 400 人が テロリストに分類されていますが CMU に送られるのは ごく一握りです マクガワンの場合 初めは 厳重警備ではない刑務所に収容されていました コミュニケーション面での違反は ありませんでした

なぜ CMU に移送されたのでしょう 他の CMU 収容者同様 マクガワンは 繰り返し 回答や聴聞や 提訴の機会を求めました このような求めがいかに審議されるか 別の収監者の例を見てみましょう 「移送希望」 「要求却下」 あるとき 刑務所長が自ら マクガワンの移送を推薦しました 品行方正につき CMU 以外の刑務所に移送するようにと が 刑務所長の推薦は却下されました 却下したのは 連邦刑務局のテロ対策部で FBI のテロ対策共同特捜部隊の 関連機関でした

その後 マクガワンの CMU 送りの真相を 私は知ります マクガワンが起こした事件のせいではなく 彼の発言のせいだったのです テロ対策本部のメモには マクガワンの 「反政府主義」が記録されています 服役中 マクガワンは 環境問題についての執筆を続け 活動家は自分の過ちを反省し 互いの意見を聞くべき と 言い続けました 公平に見て ワシントンDCで 少しでも過ごしたことがある人なら これがいかに過激な 反政府思想か分かるはずです

(笑)

実際 私は CMU 収容中の マクガワンに面会を求め 面会が認められました これには驚きました 理由の1つ目は 以前に TED のステージで話したように FBI が私の報道活動を監視しているのを 知っていたからです 理由の2つ目は 私が CMU を訪れる 最初で唯一のジャーナリストとなったからです さらに分かったのは 連邦刑務局を通じて 対テロ本部は 私の CMU に関する発言を監視していること 例えばこのトークもそうです なのに どうして 私の面会が認められたのか? 刑務所に出向く数日前に その理由が分かりました

私は記者ではなく友人として 面会が認められたのです 記者は CMU への立ち入り禁止です マクガワンが CMU 当局に言われました 私が質問したり 会話を公表したりすれば 私の報道により マクガワンが罰せられると 私が面会に行くと 看守に念押しをされました 私と私の職業を知っているぞ とね そして 私がインタビューを試みようものなら 面会は終了になると言われました 刑務局は CMU を 「自己完結型住宅設備」と表現します でも私にはジョージ・オーウェル風な ブラックホールの描写に思えます CMU を訪れたら 考えられる全ての セキュリティ・チェックを通ります でも 面会室への通路は静かです CMU では囚人1人の面会時に 他の監房が全て封鎖されるからです 私は小部屋に招き入れられました 両腕を広げると 両手が壁に触れるほどです 天井に グレープフルーツ大の 球体がありました ウェスト・ヴァージニア州の対テロ本部が 面会を同時中継で監視するためです CMU の収容者への面会は英語でと 本部から要求されました これは イスラム圏出身の家族の多くにとって 更なる試練です 防弾仕様の磨りガラスがあり そのガラスの向こうに ダニエル・マクガワンがいました 壁に設置された ハンドセットで 会話をし 本や映画について話しました 私たちは 笑えるネタを探そうと 最善を尽くしました CMU 収容中の 退屈対策として 自分自身を楽しませるため マクガワンは うわさを流していました 私が実は トワイライト・ファン倶楽部 ワシントン DC 本部の代表だと

(笑)

念のためですが 本当は違うんですよ

(笑) でもある意味 ちょっと面白いですね? FBI が 「ベラとエドワード」を テロリストのコード・ネームだと思ったら

(笑)

面会でマクガワンが一番多く長く話したのは 姪御さんのリリーや 奥さんのジェニーのこと そして 彼女たちにハグができず 彼女たちの手さえ握れないのが 耐え難い拷問だということでした 私たちの面会の後 マクガワンは CMU 以外の刑務所に移送となり その後 前触れなく CMU に逆戻りになりました それ以前に私は CMU の漏えい文書を 私のウェブサイトで公開していましたが テロ対策本部いわく マクガワンが妻に電話をかけて テロ対策本部に手紙を書くよう 頼んだとのこと 政府が自分をどう言っているか マクガワンは 知りたがり そのせいで マクガワンは CMU に戻されたのです やっと釈放されたのは 刑期が終わったときですが 彼の身の上は 更に カフカ的様相を帯びます 彼は ハフィントンポストに寄稿し その見出しは 『裁判記録が証明 ― 私が CMU に送られた理由は政治的演説』

翌日 彼は政治的演説のせいで またもや拘留されました すぐに弁護士が 保釈手続きをしましたが メッセージは明白でした 「CMU について語るべからず」です

ブッシュ政権が CMU を 開設してから9年後の現在 政府は CMU 設立の経緯と理由を 成文化しようとしています 連邦刑務局によれば CMUは「思想的な影響の大きい」 囚人を収容する施設ということです CMU が 政治的な囚人のための 政治的な監獄だと 体裁よく言っている訳です

CMU 送りにされる理由は 人種 宗教 政治的信条です

この評価付けが キツすぎると思うなら 政府自らの文書に目を通してください マクガワンへの手紙が CMU に 拒絶されたとき送り主に伝えられた理由は 「政治的な囚人に宛てられた 手紙だから」でした また別の囚人で動物擁護活動家の アンディ・ステパニアンが CMUに移送された理由は 反政府的かつ反企業主義的な見解でした

こんなことが起こるなんて 信じがたいことかもしれませんが 今まさに起こっているのです しかも合衆国内でです でも 知る人は少ないですが 合衆国には 暗い歴史があります 政治的信条を理由に 人を不当に処罰してきた歴史です 1960 年代 マリオンに CMU が設置される前 マリオンには悪名高い監視監房がありました 囚人たちは 1 日に 22 時間 独房に監禁されていました 刑務所長に言わせれば その施設は 「革命論者の動きを抑制する」目的だったとか 1980 年代 レキシントン・ハイセキュリティ ユニットと称する別の実験的刑務所では ウェザー・アンダーグラウンドや ブラック・リベレイションや プエルトリコ人独立闘争に関わった 女性を収容していました その監房では コミュニケーションが 厳しく制限され 睡眠遮断が行われ いわゆる「イデオロギー転向」のための 常夜灯が点いていました こういった刑務所は最後には 閉鎖されましたが それは 宗教団体や アムネスティなどの 人権擁護団体の運動があったからなのです

今日では 市民権運動を行う弁護士と CCR(憲法に保証された人権擁護センター)が CMU を共同提訴しています 訴えの内容は 囚人たちの適正な法的権利が 剥脱されたこと及び 人権で守られているはずの 政治的・宗教的演説に対して 報復的処罰となっていることです この訴訟なしに これらの文書の多くは 明るみになりませんでした

提訴した組織と私から 今日みなさんにお伝えしたいのは 囚人たちの処遇について 私達には証言する務めがあるということです 彼らの処遇には 刑務所の塀の外の 価値観が反映されています この話は囚人だけの話ではなく 私たちについての話です 人権への私たちの意識が問われています 過去の過ちを繰り返さないような選択を するかどうかの問題です ベリガン司祭が 死者の物語と表したことに 私たちが耳を傾けなければ たちまち私たちの物語となるでしょう

ありがとうございました

(拍手)

(拍手終)

トム・ライリー:幾つか 質問させてください 私が高校の時に学んだ 権利章典 合衆国憲法 言論の自由 適正な法的手続きや その他 25 の法や権利が 侵害されているように思えます 何故このようなことが 起こりえるのでしょうか?

ウィル・ポッター:まさにそれこそが 私の仕事すべてを通じての一番の疑問です 端的に答えるなら 人々が知らないからです 私の考えでは このような状況や あらゆる権利侵害の解決は 2つの事柄にかかっているのです まず 現実に起こっているという認識です 次に それを実際に変革する方法と有効性です 今日お話しした囚人たちは 不運なことに 第1に 起こっていることを人々が知らないこと 第2に彼らが既に権利を剥奪され 弁護士に依頼する術がないこと 英語のネイティブ話者でないことです このようなケースでは お話したような 有能な代弁者がいることもありますが 現実に起こっていることに対する 一般の認識が全然無いのです

ライリー:議会で審議される権利や 審議を申請する手段が 刑務所では保証されているのでは?

ポッター:アメリカ社会の傾向として 誰かが有罪判決を受けると その告発が合法であろうと インチキであろうと 何が起きても権利は保証されている と考えがちです だから そういう説明こそが 危険かつ弊害が大きいと思います そのせいで このようなことが起きてしまい それに対して一般人は 見て見ぬ振りをするだけです

ライリー:スクリーンにあった文書はすべて 一言一句 全て本物で 一切の変更もされていませんよね?

ポッター:その通りです 全て私のサイトにアップロードしてあります willpotter.com/CMU で 出典も載せてあります サイト上で 断片ではない 資料をご覧いただけます 完全版を見ていただけます 私が非常に頼りにしているのは 一次資料の文書 あるいは 以前や現在の囚人たちや 今日お話した状況を日々扱っている人たちとの 第一次のインタビューの内容です また すでに申し上げたように 私もかつて同じ経験をしました

ライリー:勇気のいる仕事をされていますね

ポッター:本当にありがとうございます ありがとう皆さん

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画