TED日本語 - アリス・ボウズ=ラーキン: 気候変動は進行中 ― 私たちの選択は?

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アリス・ボウズ=ラーキン: 気候変動は進行中 ― 私たちの選択は?

TED Talks

気候変動は進行中 ― 私たちの選択は?
Climate change is happening. Here's how we adapt
アリス・ボウズ=ラーキン
Alice Bows-Larkin

内容

あなたが経験した中で一番暑い日を思い浮かべてください。さらにそれよりも6度、10度、12度暑くなった日の様子を想像できますか?気候変動の研究者アリス・ボウズ=ラーキンは、温暖化ガスの排出を今すぐに大きく減らさなければ、そんな未来が待っていると言います。彼女は、今こそ世界は新たな行動を開始するべき、具体的には生活様式全てを変えて、経済成長を犠牲にしてでも気候を安定させることを真剣に考えるべきだと提言します。

Script

Over our lifetimes, we've all contributed to climate change. Actions, choices and behaviors will have led to an increase in greenhouse gas emissions. And I think that that's quite a powerful thought. But it does have the potential to make us feel guilty when we think about decisions we might have made around where to travel to, how often and how, about the energy that we choose to use in our homes or in our workplaces, or quite simply the lifestyles that we lead and enjoy. But we can also turn that thought on its head, and think that if we've had such a profound but a negative impact on our climate already, then we have an opportunity to influence the amount of future climate change that we will need to adapt to.

So we have a choice. We can either choose to start to take climate change seriously, and significantly cut and mitigate our greenhouse gas emissions, and then we will have to adapt to less of the climate change impacts in future. Alternatively, we can continue to really ignore the climate change problem. But if we do that, we are also choosing to adapt to very much more powerful climate impacts in future. And not only that. As people who live in countries with high per capita emissions, we're making that choice on behalf of others as well. But the choice that we don't have is a no climate change future.

Over the last two decades, our government negotiators and policymakers have been coming together to discuss climate change, and they've been focused on avoiding a two-degree centigrade warming above pre-industrial levels. That's the temperature that's associated with dangerous impacts across a range of different indicators, to humans and to the environment. So two degrees centigrade constitutes dangerous climate change.

But dangerous climate change can be subjective. So if we think about an extreme weather event that might happen in some part of the world, and if that happens in a part of the world where there is good infrastructure, where there are people that are well-insured and so on, then that impact can be disruptive. It can cause upset, it could cause cost. It could even cause some deaths. But if that exact same weather event happens in a part of the world where there is poor infrastructure, or where people are not well-insured, or they're not having good support networks, then that same climate change impact could be devastating. It could cause a significant loss of home, but it could also cause significant amounts of death.

So this is a graph of the CO2 emissions at the left-hand side from fossil fuel and industry, and time from before the Industrial Revolution out towards the present day. And what's immediately striking about this is that emissions have been growing exponentially. If we focus in on a shorter period of time from 1950, we have established in 1988 the Intergovernmental Panel on Climate Change, the Rio Earth Summit in 1992, then rolling on a few years, in 2009 we had the Copenhagen Accord, where it established avoiding a two-degree temperature rise in keeping with the science and on the basis of equity. And then in 2012, we had the Rio+20 event. And all the way through, during all of these meetings and many others as well, emissions have continued to rise. And if we focus on our historical emission trend in recent years, and we put that together with our understanding of the direction of travel in our global economy, then we are much more on track for a four-degree centigrade global warming than we are for the two-degree centigrade.

Now, let's just pause for a moment and think about this four-degree global average temperature. Most of our planet is actually made up of the sea. Now, because the sea has a greater thermal inertia than the land, the average temperatures over land are actually going to be higher than they are over the sea. The second thing is that we as human beings don't experience global average temperatures. We experience hot days, cold days, rainy days, especially if you live in Manchester like me.

So now put yourself in a city center. Imagine somewhere in the world: Mumbai, Beijing, New York, London. It's the hottest day that you've ever experienced. There's sun beating down, there's concrete and glass all around you. Now imagine that same day -- but it's six,eight, maybe 10 to 12 degrees warmer on that day during that heat wave. That's the kind of thing we're going to experience under a four-degree global average temperature scenario.

And the problem with these extremes, and not just the temperature extremes, but also the extremes in terms of storms and other climate impacts, is our infrastructure is just not set up to deal with these sorts of events. So our roads and our rail networks have been designed to last for a long time and withstand only certain amounts of impacts in different parts of the world. And this is going to be extremely challenged. Our power stations are expected to be cooled by water to a certain temperature to remain effective and resilient. And our buildings are designed to be comfortable within a particular temperature range. And this is all going to be significantly challenged under a four-degree-type scenario. Our infrastructure has not been designed to cope with this.

So if we go back, also thinking about four degrees, it's not just the direct impacts, but also some indirect impacts. So if we take food security, for example. Maize and wheat yields in some parts of the world are expected to be up to 40 percent lower under a four-degree scenario, rice up to 30 percent lower. This will be absolutely devastating for global food security. So all in all, the kinds of impacts anticipated under this four-degree centigrade scenario are going to be incompatible with global organized living.

So back to our trajectories and our graphs of four degrees and two degrees. Is it reasonable still to focus on the two-degree path? There are quite a lot of my colleagues and other scientists who would say that it's now too late to avoid a two-degree warming. But I would just like to draw on my own research on energy systems, on food systems, aviation and also shipping, just to say that I think there is still a small fighting chance of avoiding this two-degree dangerous climate change. But we really need to get to grips with the numbers to work out how to do it.

So if you focus in on this trajectory and these graphs, the yellow circle there highlights that the departure from the red four-degree pathway to the two-degree green pathway is immediate. And that's because of cumulative emissions, or the carbon budget. So in other words, because of the lights and the projectors that are on in this room right now, the CO2 that is going into our atmosphere as a result of that electricity consumption lasts a very long time. Some of it will be in our atmosphere for a century, maybe much longer. It will accumulate, and greenhouse gases tend to be cumulative. And that tells us something about these trajectories. First of all, it tells us that it's the area under these curves that matter, not where we reach at a particular date in future. And that's important, because it doesn't matter if we come up with some amazing whiz-bang technology to sort out our energy problem on the last day of 2049, just in the nick of time to sort things out. Because in the meantime, emissions will have accumulated. So if we continue on this red, four-degree centigrade scenario pathway, the longer we continue on it, that will need to be made up for in later years to keep the same carbon budget, to keep the same area under the curve, which means that that trajectory, the red one there, becomes steeper. So in other words, if we don't reduce emissions in the short to medium term, then we'll have to make more significant year-on-year emission reductions. We also know that we have to decarbonize our energy system. But if we don't start to cut emissions in the short to medium term, then we will have to do that even sooner. So this poses really big challenges for us.

The other thing it does is tells us something about energy policy. If you live in a part of the world where per capita emissions are already high, it points us towards reducing energy demand. And that's because with all the will in the world, the large-scale engineering infrastructure that we need to roll out rapidly to decarbonize the supply side of our energy system is just simply not going to happen in time. So it doesn't matter whether we choose nuclear power or carbon capture and storage, upscale our biofuel production, or go for a much bigger roll-out of wind turbines and wave turbines. All of that will take time. So because it's the area under the curve that matters, we need to focus on energy efficiency, but also on energy conservation -- in other words, using less energy. And if we do that, that also means that as we continue to roll out the supply-side technology, we will have less of a job to do if we've actually managed to reduce our energy consumption, because we will then need less infrastructure on the supply side.

Another issue that we really need to grapple with is the issue of well-being and equity. There are many parts of the world where the standard of living needs to rise. Bbut with energy systems currently reliant on fossil fuel, as those economies grow so will emissions. And now, if we're all constrained by the same amount of carbon budget, that means that if some parts of the world's emissions are needing to rise, then other parts of the world's emissions need to reduce.

So that poses very significant challenges for wealthy nations. Because according to our research, if you're in a country where per capita emissions are really high -- so North America, Europe, Australia -- emissions reductions of the order of 10 percent per year, and starting immediately, will be required for a good chance of avoiding the two-degree target. Let me just put that into context. The economist Nicholas Stern said that emission reductions of more than one percent per year had only ever been associated with economic recession or upheaval. So this poses huge challenges for the issue of economic growth, because if we have our high carbon infrastructure in place, it means that if our economies grow, then so do our emissions. So I'd just like to take a quote from a paper by myself and Kevin Anderson back in 2011 where we said that to avoid the two-degree framing of dangerous climate change, economic growth needs to be exchanged at least temporarily for a period of planned austerity in wealthy nations.

This is a really difficult message to take, because what it suggests is that we really need to do things differently. This is not about just incremental change. This is about doing things differently, about whole system change, and sometimes it's about doing less things. And this applies to all of us, whatever sphere of influence we have. So it could be from writing to our local politician to talking to our boss at work or being the boss at work, or talking with our friends and family, or, quite simply, changing our lifestyles. Because we really need to make significant change. At the moment, we're choosing a four-degree scenario. If we really want to avoid the two-degree scenario, there really is no time like the present to act.

Thank you.

(Applause)

Bruno Giussani: Alice, basically what you're saying, the talk is, unless wealthy nations start cutting 10 percent per year the emissions now, this year, not in 2020 or '25, we are going to go straight to the four-plus-degree scenario. I am wondering what's your take on the cut by 70 percent for 2070.

Alice Bows-Larkin: Yeah, it's just nowhere near enough to avoid two degrees. One of the things that often -- when there are these modeling studies that look at what we need to do, is they tend to hugely overestimate how quickly other countries in the world can start to reduce emissions. So they make kind of heroic assumptions about that. The more we do that, because it's the cumulative emissions, the short-term stuff that really matters. So it does make a huge difference. If a big country like China, for example, continues to grow even for just a few extra years, that will make a big difference to when we need to decarbonize. So I don't think we can even say when it will be, because it all depends on what we have to do in the short term. But I think we've just got huge scope, and we don't pull those levers that allow us to reduce the energy demand, which is a shame.

BG: Alice, thank you for coming to TED and sharing this data.

ABL: Thank you.

(Applause)

私たちは これまで生きて来たことで 誰もが皆 気候変動に加担したことになります また 私たち人間の行動 選択 振る舞いは 温室効果ガス排出の 今後の増加量も左右するでしょう これは確かに 非常に説得力のある意見です だから この言葉を聞いて 罪悪感に襲われる人がいるかもしれません どこに何度 どのような手段を使って ― 移動したかを思い返した時 その決断は正しかったのかと また 家庭や職場で エネルギーを 無駄使いしたことはないかと あるいは 今までの生活で 楽しみだけを追求しすぎたのではないかと 一方で 私たちは 過去の行動を反省し 地球の気候に ここまで深刻な影響を及ぼしたことに 思いをはせることもできます そうすることで 将来私たちが否応なく直面する 気候変動の規模は抑えられます

今が選択の時です まず挙げられる選択肢は 気候変動を真剣に受け止めること 温室効果ガスの排出を 大きく削減して 私たちが これから直面する 気候変動の幅を縮めることです もう1つの選択肢として 気候変動の問題を無視し続けることもできます ただし それは併せて より激しい気候変動のある将来に 対処することも選択しているのです それだけではありません 1人当たりの排出量が大きい国の 国民は そうではない国の人々の選択も 担うことになります 将来 気候変動が起こらない可能性は 残念ながら残されていません

過去20年間にわたって 各国の政府関係者や 政策立案者達が集まり 気候変動について議論してきました 産業革命前と比較して 平均気温の上昇を摂氏2度以内に 抑えることが目標でした その温度幅が ほかの多くの指標における 危険な影響と関係しているのです 人類と環境の両方にとってです 摂氏2度の変化は 「危険な」気候変動となります

でも「危険な」というのは 主観的な表現です では 世界のどこかで起こる 異常気象を例にとって 考えましょう 人間にとって十分なインフラが 整っていて 防災体制も整った国では 異常気象の影響は 「破壊的」な程度でしょう 混乱が起こり 多少の被害もあります 死者が出るかもしれません 一方 インフラが整っていない 別の国で 仮に同じ異常気象が 起こったとします 防災体制も不十分な国で 人々が支えあうネットワークも 整っていません この場合 異常気象は 悲惨な結果をもたらします 多くの住居が失われるだけではなく 死者が多数に及ぶ恐れがあります

これは 化石燃料と産業から排出される ― 二酸化炭素の排出量のグラフです 産業革命以前から 現在までを表しています 二酸化炭素の排出量が 急激に増加してきたことが 一目でわかります 1950年からの より短い期間に注目すると 1988年には 気候変動に関する 政府間パネルが設立され 1992年にリオ地球サミットが 開催されました その後 数年の議論を経て 2009年にコペンハーゲン合意を採択 科学の進化に合わせ また公平の原則の下に 気温上昇を摂氏2度未満に抑えるという 目標が定められました 2012年は リオ会議から20年後に当たります この期間の間に 今説明した会議の他にも 様々な会議が開催されましたが 温室効果ガスの排出量は 増加を続けました 昨今の歴史的な 排出量の増加に着目し グローバル経済の 将来の方向性について 私たちが学んだことと 合わせて推測すると 私たちはむしろ 2度の気温上昇ではなく 4度の地球温暖化に向かっていると 推測できます

少しここで時間を取って 地球の平均気温が4度上昇するとは どのようなことか考えてみましょう 地球の大半は 海で覆われています 海は陸地よりも熱慣性が高いので 陸地の平均温度上昇は 海よりも大きくなります 次に人間は地球の平均気温を 体験するわけではありません 暑い日も 寒い日も 雨の日もあります 私の住むマンチェスターでは 特に多い

では 都市の中心部はどうなるのか 考えてみましょう 世界の大都市を思い浮かべてください ムンバイ 北京 ニューヨーク ロンドンなどです 皆さんが経験した 最も暑い一日 太陽がじりじりと照りつけます 周りを見渡すと コンクリートとガラスばかり では その同じ日が 6度か8度 もしかしたら10度から12度 熱波で より暑くなったとしたら? 地球全体の平均気温が 摂氏4度上昇したとき 私たちが実際に経験するのは こういうことなのです

このような異常気象では ただ最高気温が上がるだけでなく 嵐や他の気象現象も 以前よりも激しくなります 問題は 都市のインフラが この変化に対応できないことです 道路や鉄道ネットワークは 長期的に利用する前提で 設計されていますが どのインフラも それが設置された場所の ― 一定のインパクトしか想定してません そのため大きな試練に さらされるでしょう 例えば 当地の発電所は 水冷式となっていますが これで効率と耐久性を維持できるのは 一定範囲の気温が前提となります 私たちの建物も 一定の温度でのみ 快適に過ごせるように設計されています したがって 4度の気温上昇が起こると これらも大きな試練に さらされるでしょう インフラは気候変動に対処するように 設計されていません

また 4度の気温上昇については 直接的な影響だけではなく 間接的な影響も考える必要があります 例えば 食糧安全保障への影響です とうもろこしや小麦の生産は 世界の特定の地域では 気温が4度上昇した場合に 最大40%も減少すると予想されています 米も最大30%減少します これは地球の食糧安全保障にとって 間違いなく危機的な状況です 結論として 気温が4度上昇すると 予想される影響により これまでの調和の取れた暮らしは 維持できなくなるでしょう

では再び 4度と2度の気温上昇の グラフの軌跡に戻りましょう 気温上昇の目標を摂氏2度とするのは 今でも妥当なのでしょうか? 私の同僚や他の科学者の多くは こう言います 気温上昇を2度以下に抑えるには もう遅すぎると しかし 私の研究によれば エネルギーや食糧のシステム 航空や船舶輸送にとって危険な 気温上昇は 摂氏2度未満に抑えられます 可能性は 小さいながらも残っています それには 目標を実現するための数字に対して 深い理解が必要です

このグラフの軌跡を よく見ると 黄色の丸で示された 4度の気温上昇を示す赤い線と 2度の気温上昇の緑の線が 離れる時期が 間近に迫っています これは 累積の排出量 別名「炭素収支」が あるからです 言い換えれば 今ここにいる部屋の 照明やプロジェクターにより 電気が消費され 大気中に放出された二酸化炭素は 長く影響を及ぼします 二酸化炭素の一部は 100年間 またはそれ以上 大気中に残ります こうして 温室効果ガスは蓄積されるのです また このグラフの曲線は 見方に注意が必要です まず重要なのは グラフの線の下の面積で 将来のどの日に到達するかは そこまで 重要ではありません つまり 問題を一気に解決する ― 素晴らしい技術が開発されたとしても それが 2049年の大みそか ギリギリでは 意味がありません それまでの間に 排出量が蓄積されているからです そのため私たちが4度の気温上昇を示す 赤い線を続けるのであれば 長い期間続けるほど 後日そのツケが大きく回ってきます 炭素収支をを同じにし グラフの下の面積を変えたくないからです つまり このグラフで言えば 赤い線のカーブが急になります 言い換えれば 早いうちに排出量を減らさないと 将来 毎年大幅な排出量の削減を しなければならなくなります 私たちのエネルギーシステムを 脱炭素化しなければなりません しかも 早い時期から 排出量削減の成果を出さなければ 脱炭素化を急激に進める 必要に迫られます それは 私たちにとって 非常に大きなチャレンジになります

炭素収支はエネルギー政策についても 示唆を与えてくれます 1人当たりの排出量が 大きな国に住む私たちが エネルギー需要を減らす必要がある ということです 世界中の人々が それを望んでいるからです 私たちは大規模な技術インフラを 急いで展開しなければなりません エネルギーシステムの 供給サイドを脱炭素化するためです その変化は すぐには表れません 原発か 炭素捕捉や貯蔵か バイオ燃料の普及拡大か 風力発電や波力発電を選ぶのかは 問題ではありません いずれも 時間が必要です グラフの下の面積のみが重要です エネルギー効率は大事ですが エネルギー保全 すなわち省エネルギーも重要なのです そして省エネルギーを行うことは 供給側の技術の普及を 続けることを意味し エネルギー消費を 何とか減らすには 活動自体を減らす以外にありません そうすれば 供給側に必要な インフラを縮小できるからです

さらに私たちは もう1つの問題 福祉と公平性にも 取り組む必要があります 世界には生活水準を上げなければならない 多くの地域が存在します しかし現在のエネルギーシステムは 化石燃料に依存しており 経済の成長は 排出量の増加を伴います その結果 炭素収支の量を 変えてはならない前提で 世界の中で ある地域の排出量を 増やさなければならないとすると 他の地域の排出量は 抑えなければなりません

豊かな国にとっては とても大きな挑戦になります 私たちの研究によれば 1人当たりの排出量が とても高い国 ― 例えば北米 ヨーロッパ オーストラリアなどにいた場合 毎年10%以上の二酸化炭素を 今すぐに減らすことが 摂氏2度以上の気温変動を 避けるために 必要です ここで1つ 引用をさせてください 経済学者 ニコラス・スターンは 過去に 年1パーセント以上 炭素排出量を削減できたのは 経済の後退や大混乱が 起きたときに限られると述べています そのため経済成長にとっては 大きな挑戦になるのです なぜなら 炭素集約型のインフラを 利用している場合 経済が成長するにつれて 排出量も増加することを 意味しているからです ここで 2011年に私が ケビン・アンダーソンと共同で書いた 論文から引用します そこでは 危険な摂氏2度の気温上昇を 避けるために 経済成長を犠牲にしなければならないと 書きました 一定期間 豊かな国が 計画的に緊縮を行うのです

これは非常に厳しいメッセージです 私たちが行動を変える必要があると 言っているからです 少しずつの変化では間に合いません 行動を変えて システム全体を変えて 時には行動を抑制することを 意味しているのです これは人類全てに 求められていることです 地球をどこまで変えられるかは 分かりませんが 地域の政治家に 手紙を書くことかもしれませんし 上司に話すことや 上司として行動すること 友人や家族に話したり 自分自身の生活を変えることかもしれません なぜなら私たちには 本当に大きな変化が必要だからです 私たちは 今 4度のシナリオに向かいかけています 2度の気温上昇も避けたいと 真剣に思うのならば 今すぐ行動を始めなければいけません

ありがとう

(拍手)

ブルーノ・ジッサーニ: アリス 今回のトークの要点は 豊かな国が 毎年10%の排出量削減を 2020年や25年ではなく 今行わなければ 4度の気温上昇のシナリオに 一直線だということですね 2070年に70%の排出量削減という 数字をどう思いますか

アリス・ボウズ=ラーキン: 2度の上昇を避けるだけでは不十分です 私たちに必要な施策を 見つけるために モデル研究がよく使われますが この手法の問題は 他国もすぐに CO2 排出量の削減に着手できる状態だと 過剰に期待する傾向があることです その結果 大胆な予測をしてしまうのです 私たちが行ったのは 累積の排出量に関する研究なので 短期の問題が非常に重要になります そのため大きな違いが出るのです もし例えば中国のような大きな国が たとえ数年間でも 成長を続けるとすれば 脱炭素化が必要となる時期に 大きな影響を及ぼします したがって 目標達成の時期は 予測できません 今後の短期間で何をするかによって 結果が変わるからです しかし今 大局を理解したのに エネルギー需要を減らすように 行動を変えないとしたら 恥ずべきことだと思います

TEDで貴重なデータを 共有してくれてありがとう

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画