TED日本語 - マイケル・グリーン: 2030年までにより良い世界を作るには

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マイケル・グリーン: 2030年までにより良い世界を作るには

TED Talks

2030年までにより良い世界を作るには
How we can make the world a better place by 2030
マイケル・グリーン
Michael Green

内容

私たちは、今後15年間で飢餓と貧困を無くし、気候変動を止め、ジェンダーの平等を達成できるでしょうか?世界中の政府は、可能だと考えています。2015年9月に国連で開かれた会議で、各国政府は新たに2030年に向けた、一連の世界規模の開発目標を採択しました。社会進歩の専門家マイケル・グリーンは、この目標やよりよい世界へのビジョンがどうすれば実現できるのか、私たちに想像するよう促します。

Script

Do you think the world is going to be a better place next year? In the next decade? Can we end hunger, achieve gender equality, halt climate change, all in the next 15 years?

Well, according to the governments of the world, yes we can. In the last few days, the leaders of the world, meeting at the UN in New York, agreed a new set of Global Goals for the development of the world to 2030. And here they are: these goals are the product of a massive consultation exercise. The Global Goals are who we, humanity, want to be.

Now that's the plan, but can we get there? Can this vision for a better world really be achieved? Well, I'm here today because we've run the numbers, and the answer, shockingly, is that maybe we actually can. But not with business as usual.

Now, the idea that the world is going to get a better place may seem a little fanciful. Watch the news every day and the world seems to be going backwards, not forwards. And let's be frank: it's pretty easy to be skeptical about grand announcements coming out of the UN.

But please, I invite you to suspend your disbelief for just a moment. Because back in 2001, the UN agreed another set of goals, the Millennium Development Goals. And the flagship target there was to halve the proportion of people living in poverty by 2015. The target was to take from a baseline of 1990, when 36 percent of the world's population lived in poverty, to get to 18 percent poverty this year.

Did we hit this target? Well, no, we didn't. We exceeded it. This year, global poverty is going to fall to 12 percent. Now, that's still not good enough, and the world does still have plenty of problems. But the pessimists and doomsayers who say that the world can't get better are simply wrong.

So how did we achieve this success? Well, a lot of it was because of economic growth. Some of the biggest reductions in poverty were in countries such as China and India, which have seen rapid economic growth in recent years. So can we pull off the same trick again? Can economic growth get us to the Global Goals? Well, to answer that question, we need to benchmark where the world is today against the Global Goals and figure out how far we have to travel.

But that ain't easy, because the Global Goals aren't just ambitious, they're also pretty complicated. Over 17 goals, there are then 169 targets and literally hundreds of indicators. Also, while some of the goals are pretty specific -- end hunger -- others are a lot vaguer -- promote peaceful and tolerant societies.

So to help us with this benchmarking, I'm going to use a tool called the Social Progress Index. What this does is measures all the stuff the Global Goals are trying to achieve, but sums it up into a single number that we can use as our benchmark and track progress over time.

The Social Progress Index basically asks three fundamental questions about a society. First of all, does everyone have the basic needs of survival: food, water, shelter, safety? Secondly, does everyone have the building blocks of a better life: education, information, health and a sustainable environment? And does everyone have the opportunity to improve their lives, through rights, freedom of choice, freedom from discrimination, and access to the world's most advanced knowledge?

The Social Progress Index sums all this together using 52 indicators to create an aggregate score on a scale of 0 to 100. And what we find is that there's a wide diversity of performance in the world today. The highest performing country, Norway, scores 88. The lowest performing country, Central African Republic, scores 31. And we can add up all the countries together, weighting for the different population sizes, and that global score is 61. In concrete terms, that means that the average human being is living on a level of social progress about the same of Cuba or Kazakhstan today.

That's where we are today: 61 out of 100. What do we have to get to to achieve the Global Goals?

Now, the Global Goals are certainly ambitious, but they're not about turning the world into Norway in just 15 years. So having looked at the numbers, my estimate is that a score of 75 would not only be a giant leap forward in human well-being, it would also count as hitting the Global Goals target. So there's our target,75 out of 100. Can we get there?

Well, the Social Progress Index can help us calculate this, because as you might have noticed, there are no economic indicators in there; there's no GDP or economic growth in the Social Progress Index model. And what that lets us do is understand the relationship between economic growth and social progress.

Let me show you on this chart. So here on the vertical axis, I've put social progress, the stuff the Global Goals are trying to achieve. Higher is better. And then on the horizontal axis, is GDP per capita. Further to the right means richer. And in there, I'm now going to put all the countries of the world, each one represented by a dot, and on top of that I'm going to put the regression line that shows the average relationship. And what this tells us is that as we get richer, social progress does tend to improve. However, as we get richer, each extra dollar of GDP is buying us less and less social progress. And now we can use this information to start building our forecast. So here is the world in 2015. We have a social progress score of 61 and a GDP per capita of $ 14,000. And the place we're trying to get to, remember, is 75, that Global Goals target. So here we are today, $ 14,000 per capita GDP. How rich are we going to be in 2030? That's what we need to know next. Well, the best forecast we can find comes from the US Department of Agriculture, which forecasts 3.1 percent average global economic growth over the next 15 years, which means that in 2030, if they're right, per capita GDP will be about $ 23,000. So now the question is: if we get that much richer, how much social progress are we going to get? Well, we asked a team of economists at Deloitte who checked and crunched the numbers, and they came back and said, well, look: if the world's average wealth goes from $ 14,000 a year to $ 23,000 a year, social progress is going to increase from 61 to 62.4.

(Laughter)

Just 62.4. Just a tiny increase.

Now this seems a bit strange. Economic growth seems to have really helped in the fight against poverty, but it doesn't seem to be having much impact on trying to get to the Global Goals. So what's going on? Well, I think there are two things. The first is that in a way, we're the victims of our own success. We've used up the easy wins from economic growth, and now we're moving on to harder problems. And also, we know that economic growth comes with costs as well as benefits. There are costs to the environment, costs from new health problems like obesity.

So that's the bad news. We're not going to get to the Global Goals just by getting richer.

So are the pessimists right?

Well, maybe not. Because the Social Progress Index also has some very good news. Let me take you back to that regression line. So this is the average relationship between GDP and social progress, and this is what our last forecast was based on. But as you saw already, there is actually lots of noise around this trend line.

What that tells us, quite simply, is that GDP is not destiny. We have countries that are underperforming on social progress, relative to their wealth. Russia has lots of natural resource wealth, but lots of social problems. China has boomed economically, but hasn't made much headway on human rights or environmental issues. India has a space program and millions of people without toilets. Now, on the other hand, we have countries that are overperforming on social progress relative to their GDP. Costa Rica has prioritized education, health and environmental sustainability, and as a result, it's achieving a very high level of social progress, despite only having a rather modest GDP. And Costa Rica's not alone. From poor countries like Rwanda to richer countries like New Zealand, we see that it's possible to get lots of social progress, even if your GDP is not so great.

And that's really important, because it tells us two things. First of all, it tells us that we already in the world have the solutions to many of the problems that the Global Goals are trying to solve. It also tells us that we're not slaves to GDP. Our choices matter: if we prioritize the well-being of people, then we can make a lot more progress than our GDP might expect.

How much? Enough to get us to the Global Goals? Well, let's look at some numbers. What we know already: the world today is scoring 61 on social progress, and the place we want to get to is 75. If we rely on economic growth alone, we're going to get to 62.4. So let's assume now that we can get the countries that are currently underperforming on social progress -- the Russia, China, Indias -- just up to the average. How much social progress does that get us? Well, that takes us to 65. It's a bit better, but still quite a long way to go. So let's get a little bit more optimistic and say, what if every country gets a little bit better at turning its wealth into well-being? Well then, we get to 67. And now let's be even bolder still. What if every country in the world chose to be like Costa Rica in prioritizing human well-being, using its wealth for the well-being of its citizens? Well then, we get to nearly 73, very close to the Global Goals.

Can we achieve the Global Goals? Certainly not with business as usual. Even a flood tide of economic growth is not going to get us there, if it just raises the mega-yachts and the super-wealthy and leaves the rest behind. If we're going to achieve the Global Goals we have to do things differently. We have to prioritize social progress, and really scale solutions around the world. I believe the Global Goals are a historic opportunity, because the world's leaders have promised to deliver them. Let's not dismiss the goals or slide into pessimism; let's hold them to that promise. And we need to hold them to that promise by holding them accountable, tracking their progress all the way through the next 15 years.

And I want to finish by showing you a way to do that, called the People's Report Card. The People's Report Card brings together all this data into a simple framework that we'll all be familiar with from our school days, to hold them to account. It grades our performance on the Global Goals on a scale from F to A, where F is humanity at its worst, and A is humanity at its best. Our world today is scoring a C-. The Global Goals are all about getting to an A, and that's why we're going to be updating the People's Report Card annually, for the world and for all the countries of the world, so we can hold our leaders to account to achieve this target and fulfill this promise. Because getting to the Global Goals will only happen if we do things differently, if our leaders do things differently, and for that to happen, that needs us to demand it.

So let's reject business as usual. Let's demand a different path. Let's choose the world that we want.

Thank you.

(Applause)

Bruno Giussani: Thank you, Michael. Michael, just one question: the Millennium Development Goals established 15 years ago, they were kind of applying to every country but it turned out to be really a scorecard for emerging countries. Now the new Global Goals are explicitly universal. They ask for every country to show action and to show progress. How can I, as a private citizen, use the report card to create pressure for action?

Michael Green: This is a really important point; it's a big shift in priorities -- it's no longer about poor countries and just poverty. It's about every country. And every country is going to have challenges in getting to the Global Goals. Even, I'm sorry to say, Bruno, Switzerland has got to work to do. And so that's why we're going to produce these report cards in 2016 for every country in the world. Then we can really see, how are we doing? And it's not going to be rich countries scoring straight A's. And that, then, I think, is to provide a point of focus for people to start demanding action and start demanding progress.

BG: Thank you very much.

(Applause)

来年 世界は もっとよくなると思いますか? では10年後はどうでしょう? 15年後には 飢餓をなくし ジェンダーの平等を達成し 気候変動を止められるでしょうか?

世界中の政府は 「可能である」と主張します この数日間 世界の指導者達が ニューヨークの国連本部に集い 2030年に向けた 新しい地球規模の開発目標を 採択しました こういうものです この目標は膨大な協議の成果です これは我々人類が 理想とする姿を示しています

これが計画ですが 果たして実現は可能でしょうか? よりよい世界を目指す このビジョンは 本当に達成できるでしょうか? 今日ここに来たのは その試算をしたからです 驚くべきことに その問いに対する答えは 「実現の可能性あり」です ただ今のままでは無理です

さて 世界がより良くなるという考え方は 少し非現実的に思えるかもしれません 毎日ニュースを見ていると 世界は 前進どころか後退しているようです 率直に言いましょう 国連による壮大な声明を 疑ってかかるのは 簡単なことです

でも少しの間 その疑念は 保留して欲しいのです 2001年に国連は 別の目標「ミレニアム開発目標」を 採択しました 主な狙いは 2015年までに 貧困状態にある人々を 半減させることです この目標の基準は1990年でした その頃は 世界人口の36%が 貧困に苦しんでいたのです この割合を2015年までに 18%にするという目標でした

我々は目標に届いたでしょうか? いいえ それどころか 目標を超えてしまったのです 今年 世界の貧困率は 12%まで下がります それでも まだ十分ではなく 世界には まだ たくさんの問題があります でも「世界は良くならない」と言う 悲観論者も 不吉な予言する人々も 間違っています

では この成功の原因は何でしょう? その大部分は経済成長によるものです 貧困率が大きく低下した国々には 中国やインドがあり これらの国では近年 経済が急成長しています 我々は同じ成功を繰り返せるでしょうか? 経済成長によって この国際目標は達成できるでしょうか? この疑問に答えるには 国際目標に基づいて現在の世界を評価し 課題が どれだけ残っているかを 知る必要があります

でも それは簡単ではありません 国際目標は 壮大なだけでなく 非常に複雑なものだからです 17のゴールに 169項目のターゲットがあり 文字通り数百に上る指標があります また ゴールに含まれるのは かなり具体的な項目 例えば 「飢餓をなくす」がある一方で もっと漠然とした 「平和で誰もが受け入れられる 社会の実現」まであります

ですから 評価に役立てるために 「社会進歩指数」という ツールを使いたいと思います この指標を使えば 国際目標が目指す すべての項目を測り 1つの数値にまとめ上げて 評価し 進歩を時系列で追うことが 可能になります

社会進歩指数は 基本的に 社会に関する3つの本質的な問いを 投げかけています 第1に すべての人が 食料や水 住居や安全といった 生存に不可欠なものを持っているか 第2に すべての人に よりよい暮らしの基礎となる 教育 情報 健康 あるいは 持続可能な環境が与えられているか そして最後に 生活向上の機会が 様々な権利や 選択の自由 差別からの解放や 世界中の最先端の 知識へのアクセスを通じて すべての人に保障されているか です

社会進歩指数は 52の指標を使って これらすべてを合計し 0から100までの点数で 総合スコアを算出します ここから わかったのは 現在の世界には 成果にかなりの ばらつきがあることです 最も成績の良い ノルウェーのスコアは88です 最も成績の悪い 中央アフリカ共和国のスコアは31です すべての国を集計して 人口の差にしたがって 重み付けをすると 全世界の平均スコアは61になります 具体的に言うと 平均すると 人類は 現在のキューバやカザフスタンと ほぼ同じ社会進歩レベルで 暮らしています

この100分の61というのが 我々の現状です では国際目標を達成するには どうすればいいのでしょう

確かに この目標はかなり野心的ですが 「15年で世界をノルウェーに」 というほどではありません 数値を検討して 推測すると スコア75あたりが 人類の大きな進歩と言えるでしょうし 国際目標を達成したと みなすことができるでしょう これが我々の目標 100分の75です 達成できるでしょうか?

社会進歩指数は その予測に役立ちます なぜなら お気づきかもしれませんが この指数には 経済指標が含まれないからです 社会進歩指数のモデルには GDPも経済成長率も含まれません そのおかげで私たちは 経済成長と社会の進歩の間にある 関係が理解できるのです

こちらの図でお見せしましょう 縦軸は社会の進歩 すなわち 国際目標で達成を目指す内容を 示しています 上の方が より良いということです そして横軸は 人口1人当たりのGDPです 右の方が より豊かだということです この図の中に 世界のすべての国を それぞれ 点で表して配置し その上に平均的な関係を示す 回帰線を描きます ここからわかるのは 我々が豊かになるほど 社会は より進歩する 傾向があるということです ところが豊かになるほど GDPの増加の割に 社会の進歩は少なくなります これで この情報を使って 予測を立てられるようになります これが2015年現在の世界です 社会進歩指標は61で 人口1人当たりのGDPは 1万4千ドルです そして 忘れないでください 目指すのは国際目標である75です 現在の状況は 人口1人当たりのGDPで 1万4千ドルです では2030年には どのくらい豊かになっているでしょう? これが 次に知るべきことです 私たちが知る範囲で最も確かな予測は アメリカ農務省のもので それによると 今後15年間の 世界の経済成長率は 平均で3.1%です つまり 仮にそれが正しいとすれば 2030年には 人口1人当たりのGDPは 2万3千ドルになるでしょう ここで問題となるのは 我々が そこまで豊かになると どの程度 社会は進歩するのか という点です 会計事務所デロイト所属の 経済学者たちに たずねたところ 膨大な数値を確認 処理して 答えを出してくれました 「世界の富の平均が 年1万4千ドルから 2万3千ドルになると 社会進歩指数は 61から 62.4に増加する」と

(笑)

たった62.4です ほんのわずかな増加に過ぎません

これは少々奇妙な感じがします 貧困に対する戦いは 経済成長の恩恵を 被っているように見えますが 国際目標を達成しようとする時には それほど効果がないようなのです いったい どうなっているのでしょう? 私の考えでは2つ理由があります 1つは ある意味 私たちは 自らの成功の犠牲になっているのです 経済成長によって簡単に 利益を上げられる時期は終わり より難しい状況に向かっています さらに 経済成長には利益だけでなく コストも伴うのが当然です 環境へのコストや 肥満などの 新たな健康問題からくるコストもあります

これは悪い知らせです 我々は ただ豊かになるだけでは 国際目標に到達できないのです

では悲観的な考え方が正解でしょうか?

多分 違うでしょう というのも 社会進歩指数から とても良い状況も見えるからです 先ほどの回帰線に戻りましょう これはGDPと社会の進歩との間にある 平均的な関係を示していて さっきの予測は これに基づいています ただ もうご覧頂いた通り 実際には傾向線の周りには ノイズが多数 見られます

そこからはっきりとわかるのは GDPは 定められた運命という わけではないということです 国によっては その豊かさに比べて 社会の進歩が遅れています ロシアには大量の天然資源がありますが 社会問題も多いのです 中国の経済成長は急激ですが 人権や環境問題については あまり前進が見られません インドには宇宙計画がありますが トイレすらない人が数百万人います 一方で GDPに比べて 社会の進歩が ずっと進んでいる国もあります コスタ・リカは教育や健康や 環境面の持続可能性を優先していて その結果 GDPは ささやかなものに過ぎませんが 極めて高いレベルの社会進歩を 達成しています コスタ・リカだけではありません ルワンダのように貧しい国から ニュージーランドのように豊かな国まで GDPはそれ程ではなくても 大きな社会進歩を 達成できることがわかります

これは とても重要なことで ここから2つのことがわかります 第1に 国際目標が 解決を目指す問題の多くについて すでに解決策があるということです さらに 我々がGDPの 奴隷ではないことも わかります 重要なのは何を選ぶかです もし人々の幸福を優先するなら GDPから予測される以上に 進歩することが可能です

では どの程度でしょう? 国際目標を達成するほどでしょうか? では数値を検証してみましょう すでにわかっていることは 現在 世界の社会進歩スコアは61で 目指すスコアは75だという点です 仮に経済成長だけに頼るなら 達成できるのは62.4です そこで こんな仮定をしてみましょう 現在 社会進歩の点で 遅れをとっている国 例えばロシアや中国 インドが 平均まで向上したとします これで社会の進歩は どのくらい進むでしょう? スコアは65になります これは 多少はいいですが まだまだ先は長いです そこで もう少し楽観的な見方をとって すべての国が少しだけ 幸福に富をまわしたら どうなるでしょう? そうなれば 67に到達します さらに大胆に考えてみましょう 世界中の国がすべて コスタ・リカのようになることを目指したら? 富を国民の幸福のために使い 人間としての幸福を優先させたら? そうなれば ほぼ73に到達し 国際目標まで もう少しになります

我々は国際目標を達成できるでしょうか? 今まで通りなら 確実に無理でしょう 大規模な経済成長があったとしても それが超豪華クルーザーや 超リッチな人々を養うだけで 残りの人々を置き去りにするなら 目標は達成できないでしょう 国際目標を達成するには 別のやり方が必要です 社会の進歩を優先し 世界中の解決策を 評価する必要があります 私は この国際目標は 歴史的チャンスだと思います 世界の指導者たちが 目標の達成を約束しているんですから この目標を退けたり 悲観的になったりするのは よしましょう 指導者に約束を守らせましょう 約束を守らせるには 彼らに説明責任を果たさせ これから15年間ずっと 進捗状況を追っていくのです

最後に そのやり方を みなさんにお見せします 「市民による通知表」です 市民による通知表は 私たちが学生時代から慣れ親しんだ シンプルな枠組みに すべてのデータをまとめて 彼らに説明責任を果たさせるものです この通知表で国際目標に関する 我々のパフォーマンスに AからFまでの成績をつけます Fは人類が最悪の状態 Aは最高の状態ということです 現在 我々の世界の成績はCマイナスです 国際目標で重要なのは Aになることですから 世界全体や世界の国に向けた 市民による通知表を 毎年アップデートし 指導者たちが この目標を達成して 約束を守るよう 説明させるのです 国際目標を達成するには 私たちも 指導者も やり方を変えるしかなく そのためには 私たちが 変化を強く求める必要があります

だから現状維持はやめましょう 違った道を探りましょう そして 自分たちが望む世界を 選び取りましょう

ありがとう

(拍手)

(ブルーノ・ジュッサーニ) ありがとう マイケル 一つだけ質問します ミレニアム開発目標は 15年前に設定され すべての国に適用されるはずでしたが 実際には新興国に向けた 採点表のようなものでした 一方 新しい この国際目標が 世界共通なのは明らかです この目標は すべての国が行動を起こし 目に見える進歩を果たすことを求めています さて どうすれば一市民として この通知表を使って 行動を促すような圧力を 生み出せるでしょうか?

(マイケル・グリーン) これは本当に重要な点です 優先順位は大きく変化しています もう貧困国や 単なる貧困だけが 問題ではありません すべての国に関係があります すべての国が国際目標を達成するという 課題を抱えることになるんです あなたには言いにくいですが スイスですら努力する必要があります だからこそ 私たちは2016年に 世界中の国に向けて 通知表を作るんです そうすれば本当の意味で 進捗状況がわかるんです 豊かな国がAばかりということには ならないでしょう そこで初めて 重点が明らかになり 人々が行動や進歩を 求めるようになると思います

(ブルーノ) どうもありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画