TED日本語 - ポール・チューダー・ジョーンズ: 私たちが資本主義を見直すべき理由

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ポール・チューダー・ジョーンズ: 私たちが資本主義を見直すべき理由

TED Talks

私たちが資本主義を見直すべき理由
Why we need to rethink capitalism
ポール・チューダー・ジョーンズ
Paul Tudor Jones II

内容

ポール・チューダー・ジョーンズII世は、数十年来彼に富をもたらして来た資本主義を愛しています。それでも、このヘッジファンド・マネージャー兼慈善事業家は、利益のみの追求は「私たちの社会基盤を脅かしている」と表現しています。この思慮と情熱のトークで、彼は「公正さ」という概念を基盤とする彼の新たな巻き返し運動の計画を紹介します。

Script

This is a story about capitalism. It's a system I love because of the successes and opportunities it's afforded me and millions of others.

I started in my 20s trading commodities, cotton in particular, in the pits, and if there was ever a free market free-for-all, this was it, where men wearing ties but acting like gladiators fought literally and physically for a profit.

Fortunately, I was good enough that by the time I was 30, I was able to move into the upstairs world of money management, where I spent the next three decades as a global macro trader. And over that time, I've seen a lot of crazy things in the markets, and I've traded a lot of crazy manias. And unfortunately, I'm sad to report that right now we might be in the grips of one of the most disastrous, certainly of my career, and one consistent takeaway is manias never end well.

Now, over the past 50 years, we as a society have come to view our companies and corporations in a very narrow, almost monomaniacal fashion with regard to how we value them, and we have put so much emphasis on profits, on short-term quarterly earnings and share prices, at the exclusion of all else. It's like we've ripped the humanity out of our companies. Now, we don't do that -- conveniently reduce something to a set of numbers that you can play with like Lego toys -- we don't do that in our individual life. We don't treat somebody or value them based on their monthly income or their credit score, but we have this double standard when it comes to the way that we value our businesses, and you know what? It's threatening the very underpinnings of our society. And here's how you'll see.

This chart is corporate profit margins going back 40 years as a percentage of revenues, and you can see that we're at a 40-year high of 12.5 percent. Now, hooray if you're a shareholder, but if you're the other side of that, and you're the average American worker, then you can see it's not such a good thing. [ "U.S. Share of Income Going to Labor vs. CEO-to-Worker Compensation Ratio" ]

Now, higher profit margins do not increase societal wealth. What they actually do is they exacerbate income inequality, and that's not a good thing. But intuitively, that makes sense, right? Because if the top 10 percent of American families own 90 percent of the stocks, as they take a greater share of corporate profits, then there's less wealth left for the rest of society.

Again, income inequality is not a good thing. This next chart, made by The Equality Trust, shows 21 countries from Austria to Japan to New Zealand. On the horizontal axis is income inequality. The further to the right you go, the greater the income inequality. On the vertical axis are nine social and health metrics. The more you go up that, the worse the problems are, and those metrics include life expectancy, teenage pregnancy, literacy, social mobility, just to name a few. Now, those of you in the audience who are Americans may wonder, well, where does the United States rank? Where does it lie on that chart? And guess what? We're literally off the chart. Yes, that's us, with the greatest income inequality and the greatest social problems, according to those metrics.

Now, here's a macro forecast that's easy to make, and that's, that gap between the wealthiest and the poorest, it will get closed. History always does it. It typically happens in one of three ways: either through revolution, higher taxes, or wars. None of those are on my bucket list. (Laughter)

Now, there's another way to do it, and that's by increasing justness in corporate behavior, but the way that we're operating right now, that would require a tremendous change in behavior, and like an addict trying to kick a habit, the first step is to acknowledge that you have a problem. And let me just say, this profits mania that we're on is so deeply entrenched that we don't even realize how we're harming society. Here's a small but startling example of exactly how we're doing that: this chart shows corporate giving as a percentage of profits, not revenues, over the last 30 years. Juxtapose that to the earlier chart of corporate profit margins, and I ask you, does that feel right?

In all fairness, when I started writing this, I thought, "Oh wow, what does my company, what does Tudor do?" And I realized we give one percent of corporate profits to charity every year. And I'm supposed to be a philanthropist. When I realized that, I literally wanted to throw up. But the point is, this mania is so deeply entrenched that well-intentioned people like myself don't even realize that we're part of it.

Now, we're not going to change corporate behavior by simply increasing corporate philanthropy or charitable contributions. And oh, by the way, we've since quadrupled that, but -- (Applause) -- Please. But we can do it by driving more just behavior. And one way to do it is actually trusting the system that got us here in the first place, and that's the free market system. About a year ago, some friends of mine and I started a not-for-profit called Just Capital. Its mission is very simple: to help companies and corporations learn how to operate in a more just fashion by using the public's input to define exactly what the criteria are for just corporate behavior. Now, right now, there's no widely accepted standard that a company or corporation can follow, and that's where Just Capital comes in, because beginning this year and every year we'll be conducting a nationwide survey of a representative sample of 20,000 Americans to find out exactly what they think are the criteria for justness in corporate behavior. Now, this is a model that's going to start in the United States but can be expanded anywhere around the globe, and maybe we'll find out that the most important thing for the public is that we create living wage jobs, or make healthy products, or help, not harm, the environment. At Just Capital, we don't know, and it's not for us to decide. We're but messengers, but we have 100 percent confidence and faith in the American public to get it right. So we'll release the findings this September for the first time, and then next year, we'll poll again, and we'll take the additive step this time of ranking the 1,000 largest U.S. companies from number one to number 1,000 and everything in between. We're calling it the Just Index, and remember, we're an independent not-for-profit with no bias, and we will be giving the American public a voice. And maybe over time, we'll find out that as people come to know which companies are the most just, human and economic resources will be driven towards them, and they'll become the most prosperous and help our country be the most prosperous.

Now, capitalism has been responsible for every major innovation that's made this world a more inspiring and wonderful place to live in. Capitalism has to be based on justice. It has to be, and now more than ever, with economic divisions growing wider every day. It's estimated that 47 percent of American workers can be displaced in the next 20 years. I'm not against progress. I want the driverless car and the jet pack just like everyone else. But I'm pleading for recognition that with increased wealth and profits has to come greater corporate social responsibility.

"If justice is removed," said Adam Smith, the father of capitalism, "the great, the immense fabric of human society must in a moment crumble into atoms."

Now, when I was young, and there was a problem, my mama used to always sigh and shake her head and say, "Have mercy, have mercy." Now's not the time for us, for the rest of us to show them mercy. The time is now for us to show them fairness, and we can do that, you and I, by starting where we work, in the businesses that we operate in. And when we put justness on par with profits, we'll get the most wonderful thing in all the world. We'll take back our humanity.

Thank you.

(Applause)

これは資本主義についての話です 私はこのシステムが好きです 私を含めて何百万もの人々に 成功とチャンスをもたらしたからです

20代の時に商品取引所で綿花の取引を 始めました 誰でも参入できる自由市場があるとすれば ここがそうでした ネクタイを締めた男たちが ローマ時代の剣闘士のように 利益のために戦っていたのです

幸運なことに 私は才能があり 30才の時までには 資産運用の上層部に入ることができて その後30年間 世界市場を相手に マクロ・トレーダーとして働きました その間 市場では多くの異常な出来事を 目にしたり 狂乱市場での取引も行いました そして残念なことに 私たちは 私のキャリアの中でも最悪の状況に とらわれていると言わなければなりません そして市場の熱狂は良くない結果に至る という教訓が繰り返されるのです

過去50年間に渡り 私たちの社会は 企業や組織を 非常に狭い ほとんど偏執的な価値観で 評価するようになりました 利益を過大評価し 短期的な四半期決算と株価のみを追い その他を顧みなかったのです まるで人間性を 企業から取り去ってしまったかのようです しかし 我々は 都合よく何かの価値を 数字に変えて レゴブロックのように扱うことはしません 個人の生活の中では そんなことはしないのです 誰かの価値を 月収や 銀行の信用度をベースに評価したり しません しかし私たちがビジネスを評価する時 このダブルスタンダードが存在します それが実は 私たちの社会基盤を 脅かしているのです これを見てください

このチャートは過去40年に渡る企業利益率を 収益の割合で示したものですが 現在 40年来の最高値の12.5%をつけています あなたが株主なら バンザイというところでしょう しかしあなたが逆の側にいる人 つまり普通のアメリカ人労働者なら これがそんなに良い状況ではないことが分かるでしょう [(青)企業利益における賃金・福利厚生の割合 (赤)CEOと一般社員の報酬比率 ]

利益率の拡大は 社会的な富をもたらしません 実際は所得の不平等を悪化させるのです それは良いことではありません しかし 直感的には整合性が ありますね? アメリカの家庭の上位10%が 株式の90%を所有しており 企業利益の大半を手に入れれば その他大勢に残される富は 少なくなります

繰り返しますが 所得の不平等は 良いことではありません 次のチャートはEquality Trustが 作成しました オーストラリア、日本、ニュージーランドといった21カ国の状況を記しています 横軸は所得の不平等 右へいけば行くほど 所得不平等の割合が高く 縦軸は9つの社会的・健康的な指標です 上へいけば行くほど 問題が悪化します これらの指標は寿命、十代での妊娠、識字率 社会的流動性などを含みます さて 客席にいるアメリカ人は アメリカの位置が気になるでしょうね このチャートのどこにあるんだろう? 実のところ 私たちは文字通りチャート外なのです そう これが私たちです 最も所得の格差が大きく これらの指標によれば 社会的問題が最も多いのです

これは簡単なマクロ経済予測ですが 最も豊かな国と最も貧しい国との差は 縮小するのです 歴史上はいつもそうでした 通常 次の3つの内のひとつがおこります 革命、増税、または戦争 私の予定にはどれも入っていません (笑)

さあ もう一つの方法があります それは企業活動の公正性を 拡大することです しかし現在のやり方から 行動を大幅に変えなければなりません 中毒患者が苦労するように 最初の一歩は まず問題があることを 認めることです そして我々のこの利益中毒は あまりにも深く根を張っていて それがどのように社会に害をなしているか気づかない程です ちょっとした しかし驚くべき例があります このグラフは過去30年間の企業による 寄付を 利益における割合で示しています 分母は収益ではありません これを先程の企業の利益率のグラフと並べます みなさんに聞きますが これが正しいと感じますか?

これを作成している時私は仰天しました 「なんてこった 私の会社 ― Tudorは一体何をやってるんだ?」 私は自分の企業収益のたった1%を毎年 チャリティーへ寄付しているのだと 気付きました それで私は慈善事業家だと呼ばれるのです それに気付いた時 本当に吐き気がしました しかし問題は この収益への熱狂は あまりにも深層に根付いているので 私を含め 善意の人々すら自分達が その一端を担っているのだと気付かない事なのです

企業の行動は 単純に社会貢献活動や 寄付金を増やす事で変わりません あぁ それと それから私の会社では 寄付金を4倍にしましたが ― (拍手) いや よして下さい 企業の行動は 公正な行動を促していくことで変わります その一つは まず私たちをここまで導いて来たシステムを 信じることです 自由市場というシステムです 1年ほど前 数人の友人達と Just CapitalというNPOを始めました ミッションはとても単純 企業や会社がより公正な運営ができるよう 企業行動の公正さを定義する尺度を 人々の意見から洗いだすのです 人々の意見を活用して企業の公正な行動というものを 定義する尺度を洗い出すのです いま 企業にとって分かりやすいような 広く受け入れられている 基準というものは存在しません そこでJust Capitalが役に立つのです 今年から始めて毎年 我々はアメリカ全土でアンケートを行い 2万人の統計サンプル人口から 彼らが企業の行動において 公正さを測る基準を どう考えるのかを探り出します このモデルはアメリカ合衆国から始まりますが 世界中のどこでも取り入れることができます そして 最も人々が大切に思っていることが 最低賃金を超える雇用の創出だったり 健康な商品を作ることだったり 環境を害するのではなく良い影響を与える企業だったりと そういうことを発見して行くのかも知れません Just Capitalにはこの答えはありません 決めるのは私たちではないからです 私たちはメッセンジャーに過ぎませんが アメリカの人々が正しい判断ができると 100%信じています 今年の9月にデータを初めて発表して 来年もまたアンケートを行います その時は過去の集計に加える形で 最も大きなアメリカ企業1,000社のランキングを作成し 最優良企業から最下位の企業までを列挙して行きます これをJust Index(ジャスト・インデックス)と呼びます 私たちは独立した非営利組織でバイアスを持たず アメリカの公衆の声を明らかにするのです 次第に人々がどの会社が最も公正かを知るにつれ 人材や経済的資源がそこへ流れ込む ようになって行くかも知れません そして公正な企業が更に栄え 我が国が更に繁栄するのを 助けてくれるようになるかも知れません ―

今まで資本主義は 主だった技術革新や発明を支えることで 活気に満ちた素晴らしい世界を作ってきました 資本主義は正義に根ざすべきです 経済的豊かさの分断が日々広がり続ける今 これまで以上にそうでなければ 47%のアメリカ人労働者たちは 続く20年のうちに職を失うと予測されています 私は進化に反対する訳ではありません 皆さん同様自動走行車や ジェット推進機が欲しいと思います ただ 豊かさや利益が増えるにつれ 企業の社会的責任(CSR)も増さなければならない と気づいて頂きたいと切に願うのです

資本主義の父 アダム・スミスは言いました 「もし正義という支柱が失われれば」 「人間社会の偉大で巨大な組織は 一瞬に崩壊してばらばらになるに違いない」

私がまだ若い頃 何か問題があれば ママはいつもため息をついて 頭を振りこう言いました 「(神よ)お慈悲を!」 今という時は私たちが 慈悲を示す時なのではなく 私たちが公正でいられるのだと 行動で示すことが出来る時なのです あなたも私も ― 私たちにはそれが出来ます 今働いている所、業界から始めるのです そして公正を利益と同じ価値にまで 引き上げることが出来た時 世界で最も素晴らしいことが起こります 人間らしさを取り戻すのです

どうも有難うございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画