TED日本語 - ビル・グロス: 新規事業を成功させる一番の原因

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ビル・グロス: 新規事業を成功させる一番の原因

TED Talks

新規事業を成功させる一番の原因
The single biggest reason why startups succeed
ビル・グロス
Bill Gross

内容

ビル・グロスは、多数の新規事業立上げと起業支援を行う中で、新規事業の成功、不成功の理由について興味を抱きました。そこで自社・他社の企業データを数百集め、各社を5つの主要ファクターでランク付けしました。その結果、1つのファクターが他のファクターよりも突出していることがわかり、グロスすらをも驚かせました。

Script

I'm really excited to share with you some findings that really surprise me about what makes companies succeed the most, what factors actually matter the most for startup success.

I believe that the startup organization is one of the greatest forms to make the world a better place. If you take a group of people with the right equity incentives and organize them in a startup, you can unlock human potential in a way never before possible. You get them to achieve unbelievable things.

But if the startup organization is so great, why do so many fail? That's what I wanted to find out. I wanted to find out what actually matters most for startup success.

And I wanted to try to be systematic about it, avoid some of my instincts and maybe misperceptions I have from so many companies I've seen over the years.

I wanted to know this because I've been starting businesses since I was 12 years old when I sold candy at the bus stop in junior high school, to high school, when I made solar energy devices, to college, when I made loudspeakers. And when I graduated from college, I started software companies. And 20 years ago, I started Idealab, and in the last 20 years, we started more than 100 companies, many successes, and many big failures. We learned a lot from those failures.

So I tried to look across what factors accounted the most for company success and failure. So I looked at these five. First, the idea. I used to think that the idea was everything. I named my company Idealab for how much I worship the "aha!" moment when you first come up with the idea. But then over time, I came to think that maybe the team, the execution, adaptability, that mattered even more than the idea.

I never thought I'd be quoting boxer Mike Tyson on the TED stage, but he once said, "Everybody has a plan, until they get punched in the face." (Laughter) And I think that's so true about business as well. So much about a team's execution is its ability to adapt to getting punched in the face by the customer. The customer is the true reality. And that's why I came to think that the team maybe was the most important thing.

Then I started looking at the business model. Does the company have a very clear path generating customer revenues? That started rising to the top in my thinking about maybe what mattered most for success.

Then I looked at the funding. Sometimes companies received intense amounts of funding. Maybe that's the most important thing?

And then of course, the timing. Is the idea way too early and the world's not ready for it? Is it early, as in, you're in advance and you have to educate the world? Is it just right? Or is it too late, and there's already too many competitors?

So I tried to look very carefully at these five factors across many companies. And I looked across all 100 Idealab companies, and 100 non-Idealab companies to try and come up with something scientific about it.

So first, on these Idealab companies, the top five companies -- Citysearch, CarsDirect, GoTo, NetZero, Tickets.com -- those all became billion-dollar successes. And the five companies on the bottom -- Z.com, Insider Pages, MyLife, Desktop Factory, Peoplelink -- we all had high hopes for, but didn't succeed.

So I tried to rank across all of those attributes how I felt those companies scored on each of those dimensions. And then for non-Idealab companies, I looked at wild successes, like Airbnb and Instagram and Uber and Youtube and LinkedIn.

And some failures: Webvan, Kozmo, Pets.com Flooz and Friendster. The bottom companies had intense funding, they even had business models in some cases, but they didn't succeed. I tried to look at what factors actually accounted the most for success and failure across all of these companies, and the results really surprised me.

The number one thing was timing. Timing accounted for 42 percent of the difference between success and failure. Team and execution came in second, and the idea, the differentiability of the idea, the uniqueness of the idea, that actually came in third.

Now, this isn't absolutely definitive, it's not to say that the idea isn't important, but it very much surprised me that the idea wasn't the most important thing. Sometimes it mattered more when it was actually timed.

The last two, business model and funding, made sense to me actually. I think business model makes sense to be that low because you can start out without a business model and add one later if your customers are demanding what you're creating. And funding, I think as well, if you're underfunded at first but you're gaining traction, especially in today's age, it's very, very easy to get intense funding.

So now let me give you some specific examples about each of these. So take a wild success like Airbnb that everybody knows about. Well, that company was famously passed on by many smart investors because people thought, "No one's going to rent out a space in their home to a stranger." Of course, people proved that wrong. But one of the reasons it succeeded, aside from a good business model, a good idea, great execution, is the timing.

That company came out right during the height of the recession when people really needed extra money, and that maybe helped people overcome their objection to renting out their own home to a stranger.

Same thing with Uber. Uber came out, incredible company, incredible business model, great execution, too. But the timing was so perfect for their need to get drivers into the system. Drivers were looking for extra money; it was very, very important.

Some of our early successes, Citysearch, came out when people needed web pages. GoTo.com, which we announced actually at TED in 1998, was when companies were looking for cost-effective ways to get traffic. We thought the idea was so great, but actually, the timing was probably maybe more important. And then some of our failures. We started a company called Z.com, it was an online entertainment company. We were so excited about it -- we raised enough money, we had a great business model, we even signed incredibly great Hollywood talent to join the company. But broadband penetration was too low in 1999-2000. It was too hard to watch video content online, you had to put codecs in your browser and do all this stuff, and the company eventually went out of business in 2003.

Just two years later, when the codec problem was solved by Adobe Flash and when broadband penetration crossed 50 percent in America, YouTube was perfectly timed. Great idea, but unbelievable timing. In fact, YouTube didn't even have a business model when it first started. It wasn't even certain that that would work out. But that was beautifully, beautifully timed.

So what I would say, in summary, is execution definitely matters a lot. The idea matters a lot. But timing might matter even more. And the best way to really assess timing is to really look at whether consumers are really ready for what you have to offer them. And to be really, really honest about it, not be in denial about any results that you see, because if you have something you love, you want to push it forward, but you have to be very, very honest about that factor on timing.

As I said earlier, I think startups can change the world and make the world a better place. I hope some of these insights can maybe help you have a slightly higher success ratio, and thus make something great come to the world that wouldn't have happened otherwise.

Thank you very much, you've been a great audience.

(Applause)

今日皆さんにお伝えしたいのは 自分でも驚かされた発見です とりわけ何が事業を成功させるのか 新規事業の成功に 最も影響する要因についてです

新しい企業組織は 世の中を良くするための 理想的な形だと思います 人を集め 適正な株式のインセンティブを与え 新規事業を組織すれば 今まで出来なかった方法で 人類の可能性を開拓できます 信じられない偉業が達成できるのです

では新しい企業組織が そこまで素晴らしいならば なぜその多くが失敗するのか? それが私が知りたかったことです 事業の新規立ち上げにとって 最も重要なのは何かを 見つけたかったのです

私は失敗の理由を 体系的に探したいと思いました 多くの企業を長年観察した経験からの 直感や間違った思い込みを 避けたかったのです

私が起業の重要項目を知りたかった理由は 私は12歳から起業を行ってきたからです 中学校のバス停でキャンディ売りをし 高校ではソーラーエネルギーの装置を作り 大学では拡声器を作りました 大学を卒業したとき 私はソフトウェアの会社を始めました そして20年前にアイデアラボを始め この20年間で100以上の会社を立ち上げ 多くの成功と大きな失敗を経験しました 私たちは失敗から多くを学びました

そのため 私はどのようなファクターが 会社の成功や失敗に最も影響を及ぼすか 見通そうとしました 私は5つのファクターに注目しました 第1に アイディアです 以前はアイディアが全てだと思っていました 私が自分の会社を アイデアラボと命名したのは アイディアが浮かんだ時の 「やったー」という瞬間への信奉からです でも時が経つにつれ 考えるようになったのは チーム、運営、適応性が アイディアよりも重要かもしれない ということです

まさかTEDのステージでマイク・タイソンを 引用することになろうとは でも彼によると 「顔面にパンチを食らうまでは 誰もが計画を持っている」(笑) ビジネスにも全く同じことが 言えると思います チームの実行力は 顧客から顔面パンチを食らうことに対する 適応能力に負うところが大きい 顧客はこの上ない現実ですからね ですから私は一番大切な要素は チームかもしれないと 思うようになったんです

次に私はビジネスモデルに 注目し始めました その会社には顧客から収益を得るための 明快な手段があるか? 成功にとって最も重要なのは 何かということについての 私の思考の中でトップの座を 占め始めました

次は資金調達(財源)です 企業は時として 潤沢な資金を 受けることがあります もしかしたら これが一番大切かも?

最後はもちろんタイミングです 時代を先取りすぎていて 世の中が準備できていないかも? 例えば時代より少し先におり 世の中を教育する必要があるのでは? 最適な時期? あるいは遅すぎて すでに競合企業が多すぎる?

そこでこの5つのファクターを基準に 多数の企業を 丁寧に分析しました 私はアイディアラボの 企業100社全部と それ以外の100社を吟味し 科学的結論を導こうとしました

最初にアイディアラボの企業の トップ5の企業 ― Citysearch、CarsDirect、GoTo、NetZero、Tickets.comは 全て10億ドル規模の成功を収めています 下位5社 ― Z.com、Insider Pages、MyLife、Desktop Factory、Peoplelinkは 我々の大きな期待に反して 成功しませんでした

そこで 全ての属性をランク付けするため これらの企業の5つの要素について 採点してみました そしてAirbnb、Instagram、Uber、Youtube、LinkedInなど アイディアラボ以外の 大成功企業についてもやりました

そして失敗例は Webvan、Kozmo、Pets.com Flooz及びFriendsterでした 下位グループの企業には 資本が潤沢で ビジネスモデルが あるものもありましたが 失敗に終わっています そこで私は どの要因が これらの企業全ての成功や失敗に 最も大きく影響を及ぼすかを 見極めようとしました そしてその結論には大変驚かされました

最高位にタイミングが来たのです タイミングは成功と失敗の 違いの42%を説明します 2番目はチームと運営でした そしてアイディア アイディアの差別化や アイディアのユニークさは フタを開けると3位でした

これは最終的な結果ではありませんし アイディアが重要でないとは 申し上げません でも アイディアが一番ではないことに 私はとても驚きました 抜群なタイミングは アイディアより重要なのです

下位の2つがビジネスモデルと 資金調達であることは納得できました ビジネスモデルの重要性が低い理由は ビジネスモデルなしで起業して あとで 顧客の要求に応じて 付け加えれば良いからだと思います 同様に資金調達も 初めは資金が不足していても 事業に弾みがつけば ― とくに現代では ― 非常に容易に 潤沢な資金を得られるからです

では ここで個々の事例を 説明させてください Airbnbなどは みなさんご存知の 爆発的な成功例です この企業は賢い投資家が 見過ごしたことで有名です なぜなら投資家は 「誰も自宅の空部屋を他人に貸さない」 と考えたからです もちろんあとで 間違いとわかりました でも 成功した理由の1つは ビジネスモデルやアイディアや運営が 優れていたからではなく タイミングです

この企業が創業したのは 不況のどん底の時期で 副収入を必要とした人が 「誰も他人に自宅の空部屋を貸さない」 という壁を乗り越えられたのかも しれません

Uberも同じです Uberの起業は 企業が素晴らしく ビジネスモデルが素晴らしく 経営も素晴らしいですが ドライバーをビジネスに取り込む この上ないタイミングで起業したからです ドライバーが副収入を求めたことが とても重要なのです

初期の成功例 Citysearchの創業は ウェブページの需要が出始めた時期でした 1998年に我々がTEDで紹介した GoTo.com は 当時 企業が低コストで利用できる 交通手段を探していました 最高のアイディアだと思いましたが 実際にはタイミングが もっと重要だったようです 次に失敗例もご紹介します オンラインの娯楽企業 Z.comを起こしたとき 私たちは興奮しました 資金が潤沢で ビジネスモデルも素晴らしく 超有名ハリウッドタレントとも 契約済みでしたが 1999-2000年のブロードバンド普及率は 低すぎました ビデオをオンラインで 視聴することは困難で 自分のブラウザで データの圧縮・解凍が必要でした 結局 Z.comは2003年に倒産しました

ところが わずか2年後 Adobe Flashにより データ圧縮・解凍の問題が解決し 米国でブロードバンドの普及率が 50%を超えたとき YouTubeの機が熟しました 良いアイディアに加え 最高のタイミングでした 実は YouTubeは発足時に ビジネスモデルがありませんでした ものになるかすら 分かりませんでした でも本当に最高のタイミングでした

要するに私の結論は 運営は絶対重要で アイディアも重要ですが タイミングはもっと重要なのです そしてタイミングを見極める 最高の方法は 皆さんが世に出す製品を 顧客が使う準備ができているか 真に見極めること そして どんな結果がでても 否定的にならずに 真摯に受け止めること 自分の好きなものがあれば 世に出したいと思うでしょうから でもタイミングという要素に対して 真摯にならねばなりません

先に申し上げた通り 新規事業により 世の中は変化し より良い場所になれる思います 今日お話しした小さな知恵で みなさんの事業の成功率が 少しでも上昇し 普通では生まれなかった 素晴らしいものが 世の中に出る一助になればと思います

ご静聴ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画