TED日本語 - イーサン・ネーデルマン: 麻薬戦争に終止符を打つべき理由

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - イーサン・ネーデルマン: 麻薬戦争に終止符を打つべき理由

TED Talks

麻薬戦争に終止符を打つべき理由
Why we need to end the War on Drugs
イーサン・ネーデルマン
Ethan Nadelmann

内容

麻薬戦争にはメリットもありますが、デメリットの方が大きいとは考えられないでしょうか?麻薬政策の改革論者イーサン・ネーデルマンは、大胆にも、麻薬取引を根絶するためには、時代遅れで無慈悲で破滅的な麻薬戦争を終えるべきだと力強く話します。ネーデルマンは、二つの大きな理由をあげて、薬物との戦争よりも、むしろ理にかなった法規制に取り組むべきであると訴えかけます。

Script

What has the War on Drugs done to the world? Look at the murder and mayhem in Mexico, Central America, so many other parts of the planet, the global black market estimated at 300 billion dollars a year, prisons packed in the United States and elsewhere, police and military drawn into an unwinnable war that violates basic rights, and ordinary citizens just hope they don't get caught in the crossfire, and meanwhile, more people using more drugs than ever. It's my country's history with alcohol prohibition and Al Capone, times 50.

Which is why it's particularly galling to me as an American that we've been the driving force behind this global drug war. Ask why so many countries criminalize drugs they'd never heard of, why the U.N. drug treaties emphasize criminalization over health, even why most of the money worldwide for dealing with drug abuse goes not to helping agencies but those that punish, and you'll find the good old U.S. of A.

Why did we do this? Some people, especially in Latin America, think it's not really about drugs. It's just a subterfuge for advancing the realpolitik interests of the U.S. But by and large, that's not it. We don't want gangsters and guerrillas funded with illegal drug money terrorizing and taking over other nations. No, the fact is, America really is crazy when it comes to drugs. I mean, don't forget, we're the ones who thought that we could prohibit alcohol. So think about our global drug war not as any sort of rational policy, but as the international projection of a domestic psychosis. (Applause)

But here's the good news. Now it's the Russians leading the Drug War and not us. Most politicians in my country want to roll back the Drug War now, put fewer people behind bars, not more, and I'm proud to say as an American that we now lead the world in reforming marijuana policies. It's now legal for medical purposes in almost half our 50 states, millions of people can purchase their marijuana, their medicine, in government- licensed dispensaries, and over half my fellow citizens now say it's time to legally regulate and tax marijuana more or less like alcohol. That's what Colorado and Washington are doing, and Uruguay, and others are sure to follow.

So that's what I do: work to end the Drug War. I think it all started growing up in a fairly religious, moral family, eldest son of a rabbi, going off to university where I smoked some marijuana and I liked it. (Laughter) And I liked drinking too, but it was obvious that alcohol was really the more dangerous of the two, but my friends and I could get busted for smoking a joint.

Now, that hypocrisy kept bugging me, so I wrote my Ph.D dissertation on international drug control. I talked my way into the State Department. I got a security clearance. I interviewed hundreds of DEA and other law enforcement agents all around Europe and the Americas, and I'd ask them, "What do you think the answer is?" Well, in Latin America, they'd say to me, "You can't really cut off the supply. The answer lies back in the U.S., in cutting off the demand." So then I go back home and I talk to people involved in anti-drug efforts there, and they'd say, "You know, Ethan, you can't really cut off the demand. The answer lies over there. You've got to cut off the supply." Then I'd go and talk to the guys in customs trying to stop drugs at the borders, and they'd say, "You're not going to stop it here. The answer lies over there, in cutting off supply and demand." And it hit me: Everybody involved in this thought the answer lay in that area about which they knew the least.

So that's when I started reading everything I could about psychoactive drugs: the history, the science, the politics, all of it, and the more one read, the more it hit you how a thoughtful, enlightened, intelligent approach took you over here, whereas the politics and laws of my country were taking you over here. And that disparity struck me as this incredible intellectual and moral puzzle.

There's probably never been a drug-free society. Virtually every society has ingested psychoactive substances to deal with pain, increase our energy, socialize, even commune with God. Our desire to alter our consciousness may be as fundamental as our desires for food, companionship and sex. So our true challenge is to learn how to live with drugs so they cause the least possible harm and in some cases the greatest possible benefit.

I'll tell you something else I learned, that the reason some drugs are legal and others not has almost nothing to do with science or health or the relative risk of drugs, and almost everything to do with who uses and who is perceived to use particular drugs. In the late 19th century, when most of the drugs that are now illegal were legal, the principal consumers of opiates in my country and others were middle-aged white women, using them to alleviate aches and pains when few other analgesics were available. And nobody thought about criminalizing it back then because nobody wanted to put Grandma behind bars. But when hundreds of thousands of Chinese started showing up in my country, working hard on the railroads and the mines and then kicking back in the evening just like they had in the old country with a few puffs on that opium pipe, that's when you saw the first drug prohibition laws in California and Nevada, driven by racist fears of Chinese transforming white women into opium-addicted sex slaves. The first cocaine prohibition laws, similarly prompted by racist fears of black men sniffing that white powder and forgetting their proper place in Southern society. And the first marijuana prohibition laws, all about fears of Mexican migrants in the West and the Southwest. And what was true in my country, is true in so many others as well, with both the origins of these laws and their implementation. Put it this way, and I exaggerate only slightly: If the principal smokers of cocaine were affluent older white men and the principal consumers of Viagra were poor young black men, then smokable cocaine would be easy to get with a prescription from your doctor and selling Viagra would get you five to 10 years behind bars. (Applause)

I used to be a professor teaching about this. Now I'm an activist, a human rights activist, and what drives me is my shame at living in an otherwise great nation that has less than five percent of the world's population but almost 25 percent of the world's incarcerated population. It's the people I meet who have lost someone they love to drug-related violence or prison or overdose or AIDS because our drug policies emphasize criminalization over health. It's good people who have lost their jobs, their homes, their freedom, even their children to the state, not because they hurt anyone but solely because they chose to use one drug instead of another.

So is legalization the answer? On that, I'm torn: three days a week I think yes,three days a week I think no, and on Sundays I'm agnostic. But since today is Tuesday, let me just say that legally regulating and taxing most of the drugs that are now criminalized would radically reduce the crime, violence, corruption and black markets, and the problems of adulterated and unregulated drugs, and improve public safety, and allow taxpayer resources to be developed to more useful purposes. I mean, look, the markets in marijuana, cocaine, heroin and methamphetamine are global commodities markets just like the global markets in alcohol, tobacco, coffee, sugar, and so many other things. Where there is a demand, there will be a supply. Knock out one source and another inevitably emerges. People tend to think of prohibition as the ultimate form of regulation when in fact it represents the abdication of regulation with criminals filling the void. Which is why putting criminal laws and police front and center in trying to control a dynamic global commodities market is a recipe for disaster. And what we really need to do is to bring the underground drug markets as much as possible aboveground and regulate them as intelligently as we can to minimize both the harms of drugs and the harms of prohibitionist policies.

Now, with marijuana, that obviously means legally regulating and taxing it like alcohol. The benefits of doing so are enormous, the risks minimal. Will more people use marijuana? Maybe, but it's not going to be young people, because it's not going to be legalized for them, and quite frankly, they already have the best access to marijuana. I think it's going to be older people. It's going to be people in their 40s and 60s and 80s who find they prefer a little marijuana to that drink in the evening or the sleeping pill or that it helps with their arthritis or diabetes or maybe helps spice up a long-term marriage. (Laughter) And that just might be a net public health benefit.

As for the other drugs, look at Portugal, where nobody goes to jail for possessing drugs, and the government's made a serious commitment to treating addiction as a health issue. Look at Switzerland, Germany, the Netherlands, Denmark, England, where people who have been addicted to heroin for many years and repeatedly tried to quit and failed can get pharmaceutical heroin and helping services in medical clinics, and the results are in: Illegal drug abuse and disease and overdoses and crime and arrests all go down, health and well-being improve, taxpayers benefit, and many drug users even put their addictions behind them.

Look at New Zealand, which recently enacted a law allowing certain recreational drugs to be sold legally provided their safety had been established. Look here in Brazil, and some other countries, where a remarkable psychoactive substance, ayahuasca, can be legally bought and consumed provided it's done so within a religious context. Look in Bolivia and Peru, where all sorts of products made from the coca leaf, the source of cocaine, are sold legally over the counter with no apparent harm to people's public health. I mean, don't forget, Coca-Cola had cocaine in it until 1900, and so far as we know was no more addictive than Coca-Cola is today.

Conversely, think about cigarettes: Nothing can both hook you and kill you like cigarettes. When researchers ask heroin addicts what's the toughest drug to quit, most say cigarettes. Yet in my country and many others, half of all the people who were ever addicted to cigarettes have quit without anyone being arrested or put in jail or sent to a "treatment program" by a prosecutor or a judge. What did it were higher taxes and time and place restrictions on sale and use and effective anti-smoking campaigns. Now, could we reduce smoking even more by making it totally illegal? Probably. But just imagine the drug war nightmare that would result.

So the challenges we face today are twofold. The first is the policy challenge of designing and implementing alternatives to ineffective prohibitionist policies, even as we need to get better at regulating and living with the drugs that are now legal. But the second challenge is tougher, because it's about us. The obstacles to reform lie not just out there in the power of the prison industrial complex or other vested interests that want to keep things the way they are, but within each and every one of us. It's our fears and our lack of knowledge and imagination that stands in the way of real reform. And ultimately, I think that boils down to the kids, and to every parent's desire to put our baby in a bubble, and the fear that somehow drugs will pierce that bubble and put our young ones at risk. In fact, sometimes it seems like the entire War on Drugs gets justified as one great big child protection act, which any young person can tell you it's not.

So here's what I say to teenagers. First, don't do drugs. Second, don't do drugs. Third, if you do do drugs, there's some things I want you to know, because my bottom line as your parent is, come home safely at the end of the night and grow up and lead a healthy and good adulthood. That's my drug education mantra: Safety first.

So this is what I've dedicated my life to, to building an organization and a movement of people who believe we need to turn our backs on the failed prohibitions of the past and embrace new drug policies grounded in science, compassion, health and human rights, where people who come from across the political spectrum and every other spectrum as well, where people who love our drugs, people who hate drugs, and people who don't give a damn about drugs, but every one of us believes that this War on Drugs, this backward, heartless, disastrous War on Drugs, has got to end.

Thank you.

(Applause)

Thank you. Thank you.

Chris Anderson: Ethan, congrats -- quite the reaction. That was a powerful talk. Not quite a complete standing O, though, and I'm guessing that some people here and maybe a few watching online, maybe someone knows a teenager or a friend or whatever who got sick, maybe died from some drug overdose. I'm sure you've had these people approach you before. What do you say to them?

Ethan Nadelmann: Chris, the most amazing thing that's happened of late is that I've met a growing number of people who have actually lost a sibling or a child to a drug overdose, and 10 years ago, those people just wanted to say, let's line up all the drug dealers and shoot them and that will solve it. And what they've come to understand is that the Drug War did nothing to protect their kids. If anything, it made it more likely that those kids were put at risk. And so they're now becoming part of this drug policy reform movement. There's other people who have kids, one's addicted to alcohol, the other one's addicted to cocaine or heroin, and they ask themselves the question: Why does this kid get to take one step at a time and try to get better and that one's got to deal with jail and police and criminals all the time? So everybody's understanding, the Drug War's not protecting anybody.

CA: Certainly in the U.S., you've got political gridlock on most issues. Is there any realistic chance of anything actually shifting on this issue in the next five years?

EN: I'd say it's quite remarkable. I'm getting all these calls from journalists now who are saying to me, "Ethan, it seems like the only two issues advancing politically in America right now are marijuana law reform and gay marriage. What are you doing right?" And then you're looking at bipartisanship breaking out with, actually, Republicans in the Congress and state legislatures allowing bills to be enacted with majority Democratic support, so we've gone from being sort of the third rail, the most fearful issue of American politics, to becoming one of the most successful.

CA: Ethan, thank you so much for coming to TEDGlobal. EN: Chris, thanks so much.

CA: Thank you. EN: Thank you. (Applause)

薬物との戦争で 世界はどうなったでしょう? メキシコや中米 その他多くの国々の殺人と暴力 世界規模で年間およそ 3千億ドルの闇取引が行われ 刑務所はアメリカでも 他の国々でも満員状態です 警察や軍隊による 勝者なき戦争で 人々の基本的権利は侵害され 人々はただ危険な目に 巻き込まれないよう願うのです その一方で かつてないほど多くの人々が より多くの薬物を使用しています 我が国の 禁酒法と アル・カポネの時代の 50倍です

私がアメリカ人として 特に苛立ちを感じているは 我が国が世界の麻薬戦争を 陰でずっと支えてきたことです なぜ誰も聞いたことのない薬物が 多くの国で違法となるのか? なぜ国連の薬物に関する条約では 健康よりも犯罪化を強調するのか? なぜ薬物問題に取り組むために 世界中から集められた資金を 援助団体ではなく 取り締まりや刑罰に 費やすのかを問うと 答えは古き良きアメリカにあります

何故こんなことをしたのか? 特に中南米の人たちは これは薬物自体の問題ではないと考えています これはアメリカの 政治利益を促進するための ただの言い訳です しかし全般的に見ると それだけではありません 暴力団やゲリラ兵たちが 薬物の違法取引で得た資金で テロを起こし 他国を乗っ取ることは 許されません 事実 薬物のこととなると アメリカは正気を失います かつて飲酒が禁じられていたことを 忘れないでください 世界の麻薬戦争は 合理的政策ではなく 国内の精神病患者の 国際的見積もりと 考えることができます (拍手)

しかし 耳よりのニュースがあります 現在 麻薬戦争を先導しているのは ロシアです ほとんどのアメリカの政治家は 麻薬戦争を後退させて 刑務所の受刑者数を 減らしたいと思っています アメリカ人として 誇りを持って言えるのが 大麻に関する法改正について 我々は世界をリードしている ということです 今ではアメリカのほぼ半数の州で 医療目的での大麻の使用は合法で 何百万もの人々が 政府の認可を受けた薬局で 大麻を購入することができます 我が国の大半の国民は アルコール同様 大麻を合法的に規制し 課税する時期だと言います コロラド州とワシントン州では 既に合法化され ウルグアイやその他の国でも 合法化されつつあります

これが私の活動目的です “麻薬戦争に終止符を打つ”ということです 全ての始まりは 私は 信仰心の厚い 道徳的な家庭で ユダヤ教の指導者の長男として育ち 大学へ行き そこで 好んで 大麻を喫煙しました(笑) 私は飲酒も好きでしたが 明らかに アルコールは 大麻よりも危険でした しかし私と友人は大麻を喫煙することにより 停学になる可能性がありました

私は偽善行為が嫌いなので 国際的な薬物規制について 博士論文を書きました 私の考えを国務省に話し 立ち入り許可を取得しました アメリカやヨーロッパの 何百人もの 麻薬取締局員や法執行官と会い 彼らにこう質問しました 「あなたは 答えは何だと思いますか?」 中南米ではこう言われるでしょう 「薬物の供給は止められません 答えはアメリカ次第です 需要を止めなくちゃ」 そこで私は帰国し 麻薬撲滅に取り組む 人たちと話すと 彼らはこう言いました 「イーサン 分かるだろうが 需要は止まらないよ 答えはむこうにある 供給を止めなきゃ」 そこで国境で薬物を取り締まる 税関の職員に聞くと 彼らは「ここでは止められないよ なぜなら 答えは供給する側と 需要がある側にあるんだから」 なるほどと思いました この思いが影響しているんだ 我々がほとんど 認識していない領域に 答えがあったのです

その時から 歴史や科学 政策など 向精神薬について書かれた本を 可能な限り全て読みあさりました そして それらを読めば読むほど どれほど思慮深く 賢明で 知的な取り組みによって この答えに導かれたのかが 鮮明になりました 一方で わが国の政策や法律が 導き出したとも言えます この相違点が非常に理知的かつ 道徳的な難問だと感じました

薬物の無い社会なんて これまで一度も存在しなかったでしょう 実際 どの社会においても 向精神薬は 痛みに対処するためであったり 活力の増進や社交 信仰目的などで 使用されてきました 気分を切り替えたい欲求は 食欲や人と関わりたい欲求 性欲と同じく基本的な欲求でしょう 我々の真の課題は 薬物の被害を最小限にとどめ 時として最大限に役立てるために 薬物とどう向き合っていくかを 学ぶことです

これも私が学んだことですが 薬物に合法なものと 非合法なものがある理由は 科学や健康 薬物の相対リスクとは ほぼ無関係です 重要なのは 薬物の使用者で 特定の薬物の使用者なのです 19世紀後半 現在の違法薬物の ほとんどは合法でした わが国やその他諸国の アヘン剤の主な使用者は 中年の白人女性でした 他の鎮痛剤が ほとんど手に入らない時に 鎮痛剤として代用していたのです 祖母を犯罪者にしたくないので 違法にしようとは 誰も思いませんでした しかし何十万人もの中国人が 我が国にやって来て 鉄道や鉱山で懸命に働き 夜はくつろいで 自国でやっていたように パイプに詰めたアヘンを 喫煙するようになりました この時初めて カリフォニルア州とネヴァダ州で 薬物を禁止した法律が 制定されました これは中国人が白人女性を アヘン中毒の 性奴隷にされると恐れた 人種差別主義者の 働きかけによるものです 初めてコカインを禁止した 法律も同様 黒人がコカインを使用して 立場をわきまえなくなると恐れた 南部の人種差別主義者の 働きかけによるものです 大麻を禁止する最初の法律は 西部と南西部の メキシコ系移民に対する懸念が 全ての要因です これらの法の起源や施行において 我が国に当てはまることは 多くの国々に当てはまるのです 例えるなら 話を少し誇張すると もしもコカインの主な喫煙者が 裕福な年配の白人男性で バイアグラの主な消費者が 貧しくて若い黒人男性なら 喫煙用コカインは 処方箋で簡単に手に入り バイアグラを売れば 5年から10年の実刑でしょう (拍手)

私はかつて大学教授で このテーマで教鞭をとっていました 現在 私は人権活動家です 私を動かしているのは 世界に占める人口の割合は 5パーセント以下なのに 世界を占める受刑者の割合が およそ25パーセントの 大国に住んでいることに対する 恥辱感です 私が出会った人々は 薬物が原因で 暴力や刑務所 薬物中毒 過剰摂取やエイズで 大切な人を失いました 薬物使用者の健康被害よりも 犯罪者とすることを 重視するからです 善人であっても失業し 家や自由 子供を政府に奪われました 誰かを傷つけたりしたからではなく 唯一 彼らは 間違った薬物を使用するという 選択をしてしまったのです

では合法化が答えでしょうか? 実は複雑な思いです 週の半分を肯定 もう半分を否定して過ごし 日曜日は結論を避けます でも今日は火曜日なので 現在は違法とされている ほとんどの薬物を 合法的に取り締まり 課税すれば 犯罪や暴力 そして汚職や闇市場 不純物の混ざった無法状態の薬物を 徹底的に減らせるでしょう そして治安は改善し 納税者の資産はより有益な目的に 活用できるようになるでしょう 大麻やコカイン ヘロインやメタンフェタミンの 市場に目を向けると 世界中に需要がある アルコールやタバコ コーヒーや砂糖などと同じ 世界市場です 需要がある所には 供給される ある要因をふるい落としても 必ず他の物が現れます 我々は禁止することを 究極の法規制と捉えがちですが 実際は犯罪化することで 問題を無効にして 規制放棄していたことを 示してます こうしたことから 刑法や警察が 活気に満ちた世界市場を 取り締まることは 惨事を招くと言えるのです 我々が本当にすべきことは 闇市場で売買されている薬物を 可能な限り市場に出し 合法的に できるだけ賢く規制して 薬物の有害性と 禁止政策による悪影響を 最小限に抑えることです

そこで大麻をアルコールと同様に 合法的に規制し 課税してはどうでしょう? その効果は絶大で 危険性はほとんどありません 大麻の使用者が 増えると思いますか? 増えるかも知れません でも若者ではありません 若者の喫煙を 法律で禁止するからです 正直に言って若者たちは 大麻の入手ルートを 既に知っています 大人たちの使用が増えると 私は予想しています 40代と60代そして 80代の大人たちの間で 大麻が好んで使用されるでしょう 晩酌のお供や睡眠薬として または関節炎や糖尿病の 症状を和らげたり 夫婦生活の マンネリ対策として(笑) または国民の健康に 役立てるのために

その他の薬物について 例えばポルトガルでは 麻薬所持は罪に問われません 薬物依存を 健康問題として治療すると 政府が誓いを立てたのです スイスやドイツ オランダ デンマーク イギリスでは 何年もの間ヘロイン中毒で 断薬を試みては 失敗を繰り返す患者に 医療用ヘロインが配布され 医療機関での治療が受けられます その結果 ― 違法薬物の乱用や薬物性疾患 薬物中毒や犯罪 逮捕者の数は全て減少し 健康や幸福度は向上し 納税者は恩恵を受け 薬物使用者は自らの依存症と 決別できたのです

ニュージーランドでは 安全性が実証された 娯楽用の薬物を 合法的に販売することを 許可する法律が制定されました ここブラジルやその他の国々では 優れた精神活性物質 アヤワスカを 宗教上の理由であれば 合法的に購入し使用できます ボリビアやペルーでは コカインの原料のコカの葉から あらゆる製品が作られ 明らかな大衆への害はなしとして 合法的に市販されています 1900年代初期までコカ・コーラに コカインが使用されていましたが 我々の知る限り 中毒性に関しては 現代のコカ・コーラと同じでした

一方タバコはどうでしょう? タバコ程依存性が髙く 健康に有害なものはありません やめるのが最も難しい薬物は 何かと ヘロイン中毒者に聞くと 大抵はタバコと答えます しかし我が国や その他の多くの国々で 喫煙常習者だった人たちの半数が 逮捕されたり刑務所に行ったり 裁判所での命令を受けて 依存症治療プログラムに 送られることなく タバコをやめています その理由は タバコには髙い税金がかけられ 販売と使用にかかる 時間と場所の制限や 効果的な禁煙運動があります ではタバコを完全に違法にすれば 喫煙者は減少したでしょうか? できたかもしれません しかし麻薬戦争がもたらす 悪夢を想像して下さい

我々が今日直面している課題は 二つあります 一つ目の課題は 効果のない禁酒法に代わる 新たな政策を 計画そして施行し 事態が良くなるものには 規制するような調整をして 合法の薬物とうまく付き合って 生きていくことです 二つ目の課題は 我々のことなので少々難しいです 刑務所産業複合体や その他の既得権団体が やりたいように進める権限があることに加えて 私たち一人ひとりの考え方が 改革の障害となっています 真の改革を邪魔するのは 私たちの不安や知識不足 そして思い込みなのです 結局のところは 子どもたちに行き着くと思います 無菌室の中で我が子を育てたい という親たちの願望 そして薬物は その無菌室に穴を開け 子供たちを危険にさらすという 懸念によるものです 実際 一連の麻薬戦争は 正当かつ壮大な 児童保護運動にも見えますが 当事者の若者は 異議を唱えられます

私が十代の子たちに言いたいのは 一に 薬物に手を出さないこと 二に 薬物を使用しないこと 三に もし薬物を使用するなら 知っておいて欲しいことがあります 君たちの親が一番言いたいのは 夜は無事に家に帰って来て欲しい そして大人になって 健康で幸せに暮らして欲しい 薬物について学んだ私の信念は 「安全が最優先」

そこで 私が生涯をささげてきたのは ある組織を立ち上げ かつて失敗した禁止令と決別し 科学や思いやり 健康や人権に根ざした 薬物の新しい政策が必要だと 唱道できるような 活動をすることです そこには政治的領域や その他全ての領域を超えた人々 薬物を愛好する人々 薬物を嫌う人々 薬物に関心がない人々がいますが 私たちはみんな麻薬戦争という この時代遅れで 無慈悲で破壊的な取り組みに 終止符を打つべきだと 信じているのです

ありがとう

(拍手)

ありがとうございます

イーサン おめでとう すごい反応ですね 力強いお話しでした 観客総立ちの拍手喝采には あと一歩ですが 僕が思うに観客の何人かと オンラインで見ている 視聴者の人たちの中には 薬物の過剰摂取で 病気になったり 亡くなったりした十代の子たちと 知り合いや友達だと言う人がいるでしょう この様な人たちに 会ったことがあると思いますが 彼らに言いたいことは?

クリス 今最も驚いていることは 私が会う人に 薬物の過剰摂取で 兄弟や子供を失った人々の数が 非常に増えていることです 10年前であれば彼らは 麻薬の売人を全員並べて 銃で撃てば解決すると 言いたかったことでしょう そして分かったことは 麻薬戦争は 子どもたちを守れないということ それどころか子供たちは より危険にさらされたということ だからこそ 薬物政策の改革運動に 今 彼らは参加しているのです 他にもアルコールやコカイン ヘロイン中毒の子供を持つ親は このように自問します なぜこの子は 改心するためには一歩ずつ 段階を上る必要があって 刑務所や警察そして犯罪者たちと 常に関与しなくてはならないのか? 麻薬戦争は誰も守れないと みんな知っています

アメリカでは 政治的な行き詰まり状態が この件の最大の論点です 何か現実的な変化が 今後5年間で 実際起きるとお考えですか?

驚いたことに 私に電話をくれた記者たちは こう聞いてくるのです 「イーサン 今のアメリカを 政治的に前進させるには 大麻取締法の改正と 同性婚の問題があると思うが あなたは何をしていますか?」 民主党が決別を決めた相手は 実は共和党議員で 州議会は民主党の多数の支持で 成立した法案を認めているので 我々が避けていたこの話題は 最もおぞましい アメリカの政策問題から 最も成功した例となっていくでしょう

クリス: イーサン 今日は来てくれてありがとう イーサン: クリス ありがとう

クリス: ありがとう イーサン: ありがとう(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画