TED日本語 - トレバー・アーロンソン: FBIの戦略がアメリカ在住のテロリストを作り出すまで

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - トレバー・アーロンソン: FBIの戦略がアメリカ在住のテロリストを作り出すまで

TED Talks

FBIの戦略がアメリカ在住のテロリストを作り出すまで
How this FBI strategy is actually creating US-based terrorists
トレバー・アーロンソン
Trevor Aaronson

内容

アルカイダやアル・シャバーブ、イスラミックステートを合わせたよりも多くのアメリカ国内でのテロ計画の温床になっている組織があります。FBIです。その方法や理由とは?調査報道記者トレバー・アーロンソンは、真相を暴きつつ、精神面で問題を抱えるイスラム系アメリカ人を利用してテロ計画を生み出す、FBIの不穏な行動を明らかにします。

Script

The FBI is responsible for more terrorism plots in the United States than any other organization. More than al Qaeda, more than al Shabaab, more than the Islamic State, more than all of them combined.

This isn't likely how you think about the FBI. You probably think of FBI agents gunning down bad guys like John Dillinger, or arresting corrupt politicians.

After the 9/11 terrorist attacks, the FBI became less concerned with gangsters and crooked elected officials. The new target became terrorists, and the pursuit of terrorists has consumed the FBI.

Every year, the Bureau spends 3.3 billion dollars on domestic counterterrorism activities. Compare than to just 2.6 billion dollars combined for organized crime, financial fraud, public corruption and all other types of traditional criminal activity.

I've spent years pouring through the case files of terrorism prosecutions in the United States, and I've come to the conclusion that the FBI is much better at creating terrorists than it is at catching terrorists.

In the 14 years since 9/11, you can count about six real terrorist attacks in the United States. These include the Boston Marathon bombings in 2013, as well as failed attacks, such as the time when a man named Faisal Shahzad tried to deliver a car bomb to Times Square. In those same 14 years, the Bureau, however, has bragged about how it's foiled dozens of terrorism plots. In all, the FBI has arrested more than 175 people in aggressive, undercover conterterrorism stings.

These operations, which are usually led by an informant, provide the means and opportunity, and sometimes even the idea, for mentally ill and economically desperate people to become what we now term terrorists.

After 9/11, the FBI was given an edict: never again. Never another attack on American soil. FBI agents were told to find terrorists before they struck. To do this, agents recruited a network of more than 15,000 informants nationwide, all looking for anyone who might be dangerous. An informant can earn 100,000 dollars or more for every terrorism case they bring to the FBI. That's right, the FBI is paying mostly criminals and con men six figures to spy on communities in the United States, but mostly Muslim American communities.

These informants nab people like Abu Khalid Abdul-Latif and Walli Mujahidh. Both are mentally ill. Abdul-Latif had a history of huffing gasoline and attempting suicide. Mujahidh had schizoaffective disorder, he had trouble distinguishing between reality and fantasy. In 2012, the FBI arrested these two men for conspiring to attack a military recruiting station outside Seattle with weapons provided, of course, by the FBI. The FBI's informant was Robert Childs, a convicted rapist and child molester who was paid 90,000 dollars for his work on the case. This isn't an outlier.

In 2009, an FBI informant who had fled Pakistan on murder charges led four men in a plot to bomb synagogues in the Bronx. The lead defendant was James Cromitie, a broke Walmart employee with a history of mental problems. And the informant had offered him 250,000 dollars if he participated in that plot. There are many more examples.

Today, The Intercept published my new story about a counterterrorism sting in Tampa involving Sami Osmakac, a young man who was living near Tampa, Florida. Osmakac also had schizoaffective disorder. He too was broke, and he had no connections to international terrorist groups. Nonetheless, an FBI informant gave him a job, handed him money, introduced him to an undercover agent posing as a terrorist, and lured him in a plot to bomb an Irish bar.

But here's what's interesting: The lead undercover agent -- you can see him in this picture with his face blurred -- would go back to the Tampa field office with his recording equipment on. Behind closed doors, FBI agents admitted that what they were doing was farcical. A federal judge doesn't want you to hear about these conversations. He sealed the transcripts and placed them under a protective order in an attempt to prevent someone like me from doing something like this. Behind closed doors, the lead agent, the squad supervisor, described their would-be terrorist as a "retarded fool who didn't have a pot to piss in." They described his terrorist ambitions as wishy-washy and a pipe dream scenario.

But that didn't stop the FBI. They provided Sami Osmakac everything he needed. They gave him a car bomb, they gave him an AK-47, they helped him make a so-called martyrdom video, and they even gave him money for a taxi cab so that he could get to where they wanted him to go. As they were working the sting, the squad supervisor tells his agents he wanted a Hollywood ending. And he got a Hollywood ending. When Sami Osmakac attempted to deliver what he thought was a car bomb, he was arrested, convicted and sentenced to 40 years in prison.

Sami Osmakac isn't alone. He's one of more than 175 so-called terrorists, for whom the FBI has created Hollywood endings. U.S. government officials call this the War on Terror. It's really just theater, a national security theater, with mentally ill men like Sami Osmakac unwitting actors in a carefully choreographed production brought to you by the FBI.

Thank you.

(Applause)

Tom Rielly: So, those are some pretty strong accusations, pretty strong charges. How can you back this up?

Trevor Aaronson: My research began in 2010 when I received a grant from the Investigative Reporting Program at U.C. Berkeley, and a research assistant and I put together a database of all terrorism prosecutions at the time during the first decade after 9/11. And we used the court file to find out whether the defendants had any connections to international terrorist groups, whether an informant was used, and whether the informant played the role of an agent provocateur by providing the means and opportunity. And we submitted that to the FBI and we asked them to respond to our database. If they believed there were any errors, we asked them to tell us what they were and we'd go back and check and they never challenged any of our findings. Later, I used that data in a magazine article and later in my book, and on appearances on places like CBS and NPR, they were offered that opportunity again to say, "Trevor Aaronson's findings are wrong." And they've never come forward and said, "These are the problems with those findings." So the data has since been used by groups like Human Rights Watch on its recent report on these types of sting operations. And so far, the FBI has never really responded to these charges that it's really not catching terrorists so much as it's catching mentally ill people that it can dress up as terrorists in these types of sting operations.

TR: So The Intercept is that new investigative journalism website, that's cofounded by Glenn Greenwald. Tell us about your article and why there.

TA: The Intercept seemed to be the most logical place for this because my article is really leveraging the fact that a source had leaked to me transcripts of these private FBI conversations that a federal judge had sealed based on the government's claim that their release would irreparably damage the U.S. government's law enforcement strategy. So a place like The Intercept was set up to protect journalists and publish their work when they're dealing with very sensitive matters like this. So my story in The Intercept, which was just published today, tells the story of how Sami Osmakac was set up in this FBI sting and goes into much greater detail. In this talk, I could only highlight the things that they said, such as calling him a "retarded fool." But it was much more elaborate, they went to great lengths to put money in Sami Osmakac's hands, which he then used to purchase weapons from the undercover agent. When he went to trial, the central piece of evidence was that he paid for these weapons, when in truth, these transcripts show how the FBI orchestrated someone who was essentially mentally ill and broke to get money to then pay for weapons that they could then charge him in a conspiracy for.

TR: One final question. Less than 10 days ago, the FBI arrested some potential ISIS suspects in Brooklyn, saying that they might be headed to Syria, and were those real, or examples of more of the same?

TA: Well so far, we only know what's come out in the court file, but they seem to suggest it's another example of the same. These types of sting operations have moved from flavor to flavor. So initially it was al Qaeda plots, and now the Islamic State is the current flavor. What's worth noting about that case is that the three men that were charged only began the plot to go to Syria after the introduction of the FBI informant, and in fact, the FBI informant had helped them with the travel documents that they needed. In kind of a comical turn in that particular case,one of the defendant's mother had found out that he was interested in going to Syria and had hid his passport. So it's unclear that even if he had showed up at the airport, that he ever could have gone anywhere. So yes, there are people who might be interested in joining the Islamic State in the United States, and those are people that the United States government should be looking at to see if they're interested in violence here. In this particular case, given the evidence that's so far come out, it suggests the FBI made it possible for these guys to move along in a plan to go to Syria when they were never close to that in the first place.

TR: Thanks a lot, that's amazing. TA: Thank you.

(Applause)

FBIは どの組織よりも多くの 米国におけるテロ計画の 原因になっています アルカイダや アル・シャバーブ ― イスラミックステート(IS) どころか そのすべてを合わせたよりも多いのです

これはFBIのイメージとは ほど遠いでしょう FBIの捜査員は ジョン・デリンジャーのような悪者を射殺し 汚職政治家を逮捕するものという イメージがあるでしょう

ところが同時多発テロ以降 ギャングや悪徳議員への FBIの関心は薄れつつあります テロリストが新たな標的となり その追跡に専心しています

FBIは国内の対テロ活動に 毎年33億ドル 支出しています 一方で 組織犯罪や金融詐欺や汚職など 従来の犯罪には 合計26億ドルしか支出していません

私は数年に渡り アメリカにおける テロ事件の起訴に関する 記録を調べあげ ある結論に達しました FBIは テロリストを逮捕するより 作り上げる方が得意なのです

同時多発テロから14年 ― アメリカ国内では 本物のテロ攻撃は約6件ありました この中には2013年の ボストンマラソン爆破テロ事件や 未遂に終わったテロ攻撃 ― 例えばタイムズスクエアに 自動車爆弾を運ぼうとした ファイサル・シャザードの件が含まれます ところがFBIは この14年間で 数十件のテロ計画を阻止したと 声高に主張しています おとりを使った強引な対テロ捜査で FBIは これまでに 全部で175人以上を逮捕しています

このような捜査は 主に情報提供者が主導していて 精神障害者や 最貧困層の人々を 「テロリスト」に仕立てるために 手段と機会 そして時には 発想そのものを もたらしています

同時多発テロ後 FBIに与えられた使命は 「二度と許さない」こと ― つまりアメリカ本土での攻撃を 決して許さないことでした 捜査員たちはテロリストを 攻撃前に見つけるよう命じられました そのために 全米で15,000人を超える 情報提供者組織が採用され 危険性がありそうな人間を 全力で探しています 情報提供者は FBIに通報するたびに 1件10万ドル あるいは それ以上の額を受け取ります そうなんです 情報提供者は 主に犯罪者や詐欺師ですが FBIが10万ドル単位の金を 彼らに払って 各地で内偵させており そのほとんどが イスラム系アメリカ人地域なのです

アブ・カリード・アブドゥラティフや ワリ・ムジャヒドのような人物が 情報提供者によって逮捕されました 2人とも精神障害があります アブドゥラティフには ガソリンを 吸入して自殺を図った経歴があります ムジャヒドは統合失調感情障害で 現実と妄想を 区別することが困難でした 2012年にFBIは この2人を シアトル郊外の陸軍徴兵事務所の 攻撃を共謀した疑いで逮捕しました 使っていた武器は もちろん FBIが与えたものでした FBI側の情報提供者 ロバート・チャイルズは 強姦と 児童性的虐待の 前科がありますが この件で9万ドルの 報酬を受け取っています これは例外ではありません

2009年には 殺人罪で告訴され パキスタンから逃亡してきた情報提供者が ブロンクスのシナゴーグ爆破計画で 4人の男性を率いていました 主犯格の被告ジェームズ・クロミティは 貧しいウォルマートの従業員で 精神病歴がありました この情報提供者は ジェームズに25万ドルで 計画に加わらないかと 持ちかけたのです まだまだたくさん事例はあります

ニュースサイト『The Intercept』に 掲載された 私の記事は タンパでの対テロおとり捜査に関するもので サミ・オズマカシという フロリダ州タンパ近郊に住む 若者が関わっていました オズマカシも統合失調感情障害でした 彼もまた無一文で 国際テロ組織とは 何のつながりもありませんでした それにもかかわらず あるFBIの情報提供者が 彼に仕事を与え 金を渡し テロリストに扮した おとり捜査員に紹介して アイリッシュバーの爆破計画に 彼を誘い込みました

ところが 面白いことに 指揮した おとり捜査員 ― この顔にぼかしの入った人物ですが ― 彼が録音装置を付けたまま タンパの現地事務所に戻ったのです 密室では FBI捜査員たちが 作戦は茶番だと話していました 連邦裁判事なら こんな会話を 公にしたくはないでしょう そこで判事は 録音の筆記録を封印し 秘密保持命令を出しました 私のような人間が こういうことを できないよう 阻止するためです 閉めきった室内では 指揮をとった ― 捜査班の指揮官が 自称テロリストの彼のことを 「知恵遅れの貧乏人」と呼んでいました 彼らはサミのテロへの野望を くだらない妄想じみた計画だと 言っていたのです

ところが それでもFBIは止めません サミ・オズマカシの求めに応じて 何でも提供しました 自動車爆弾やAK-47自動小銃を与え いわゆる殉教ビデオの制作に手を貸し タクシー代まで出してやりました 彼が 捜査員の望む場所へ 行けるようにするためです おとり捜査の実行中に 指揮官は ハリウッド的な結末が欲しいと 捜査員に告げました そして実際 そうなったのです サミ・オズマカシは 自動車爆弾だと思っていたものを 運ぼうとして 逮捕され 有罪となり 禁錮40年の判決を受けました

サミ・オズマカシだけではありません 彼は「テロリスト」と呼ばれた 175人以上の中の一人で FBIが 彼らのために ハリウッド的な結末を用意しました 政府当局は これを「テロとの戦い」と呼びます でも実際は ただの茶番劇 ― 国家安全保障の茶番劇に過ぎず サミ・オズマカシのような 精神障害者が 気づかぬうちに 綿密に演出された 番組に出演させられています 提供はFBIです

ありがとう

(拍手)

(トム・ライリー) かなり強烈な告発です そして強烈な批判ですね これをどうやって裏付けるんですか?

(トレバー・アーロンソン) 私は調査を2010年に始めました カリフォルニア大学バークレー校の 調査報道プログラムから 助成を受けたんです 私はリサーチ・アシスタントと一緒に 同時多発テロ以降10年分の テロに関わる すべての起訴の データベースをまとめました それから裁判記録を使って 被告人が国際テロ組織と 何らかの関わりがあるか 情報提供者は利用されたか 情報提供者が 手段や機会を提供して おとり捜査官の役割を 果たしていたかどうかを調べました 結果はFBIに提示して データベースを 確認するよう依頼しました もし何か誤りがあれば その部分を指摘してもらい 確認するつもりでしたが 彼らは調査内容に 一切異議を唱えませんでした その後 私はこのデータを 雑誌の記事と 自分の本 それから CBSやNPRの番組に出演した時に使い 彼らが「調査結果は誤りだ」と 反論する機会を再び設けました でも「調査結果に問題がある」と 言われたことはありませんでした それ以来 このデータは ヒューマン・ライツ・ウォッチなどの 同様のおとり捜査に関する 報告書で利用されています テロリストを逮捕せずに こういう おとり捜査で 精神病患者をテロリストに仕立て上げ 捕まえているに過ぎないという告発に FBIが本当の意味で こたえたことはありません

(トム)『The Intercept』は グレン・グリーンウォルドが共同設立した 新しい調査報道サイトです あなたの記事について それから なぜそこを選んだのか教えてください

(トレバー)『The Intercept』は 発表する場として理にかなっていました 私の記事で活用しているのは 連邦裁判事が非公開にした ― FBI内部の会話記録で ある情報源が 私に提供してくれたものです 非公開の根拠は 筆記録を公表すると 政府の法執行方針に決定的な 損害を与えるという アメリカ政府の主張です そして『The Intercept』のような 場所ができたのは 記者が今回のような デリケートな問題を扱う場合でも 保護され 成果を公表するためなのです 今日公開された 『The Intercept』の私の記事では サミ・オズマカシが FBIのおとり捜査にハメられるまでを もっと詳しく説明しています 今回は彼らがサミのことを 「知恵遅れ」と呼んだことなどしか 取り上げられませんでした ただ この件はもっと込み入っていて FBIは サミに金を渡し その金でおとり捜査員から 武器を買わせるため 手段を選びませんでした 彼が裁判にかけられた時 中心となる証拠は 彼が武器3点の 代金を支払ったことでしたが この筆記録からわかったことは いかにFBIが画策して 本質的には精神病で破産した人間に 金を手にさせ 武器を購入させ その後 彼を謀議で 起訴できるようにしたことです

(トム)最後にひとつ教えて下さい まだ10日も経っていませんが FBIはブルックリンで ISの一員の可能性がある容疑者を シリアに渡航しようとした容疑で 逮捕しましたが これは本物なのでしょうか? それとも同様のケースなのでしょうか?

(トレバー)今のところ私たちが知り得るのは 裁判記録に残されたものだけですが これを見る限り 同様のケースだと思います こういったタイプのおとり捜査は 特徴が変わっていきます かつてはアルカイダ風でしたが 現在はIS風です 先ほどのケースで注目してほしいのは 起訴された3人の男性が シリアへの渡航計画を始めたのは FBIの情報提供者が関わってからで 情報提供者が 実際に渡航書類の準備に 手を貸している点です このケースで ちょっと面白い展開があったんですが ある被告の母親が 息子がシリア渡航に関心があると知って パスポートを隠したんです だから たとえ彼が空港に現れたとしても 出発できたかどうか定かではありません 確かにアメリカには ISに加わろうとする人間が いるかもしれないし 国内で破壊活動をする意図があるか 政府が監視する必要はあります ただ このケースでは これまでに得た証拠を見る限り そもそもシリア行きの計画などなかったのに 彼らが渡航計画を考えるようになったのは FBIが原因のようです

(トム)素晴らしい話を どうもありがとう (トレバー)ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画