TED日本語 - ジョナサン・ハイト: 共通の脅威がいかに共通の(政治的)認識を生むか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジョナサン・ハイト: 共通の脅威がいかに共通の(政治的)認識を生むか

TED Talks

共通の脅威がいかに共通の(政治的)認識を生むか
How common threats can make common (political) ground
ジョナサン・ハイト
Jonathan Haidt

内容

「小惑星が地球へ衝突するのを回避するため、誰もが力を合わせて努力する」という映画でおなじみのシーンは、日常でどれほど現実的でしょうか?データに裏付けられた世界の終わりのような問題 ― 格差拡大や債務超過 ― に直面した時、私たちは派閥に分かれて罵りあい行き詰まることが多すぎます。ジョナサン・ハイトは、迫り来る現実の「小惑星」を明らかにし、人類全体が利するように、左翼と右翼が協力する上での障害、効率と可能性を説きます。

Script

So if you've been following the news, you've heard that there's a pack of giant asteroids headed for the United States, all scheduled to strike within the next 50 years. Now I don't mean actual asteroids made of rock and metal. That actually wouldn't be such a problem, because if we were really all going to die, we would put aside our differences, we'd spend whatever it took, and we'd find a way to deflect them. I'm talking instead about threats that are headed our way, but they're wrapped in a special energy field that polarizes us, and therefore paralyzes us.

Last March, I went to the TED conference, and I saw Jim Hansen speak, the NASA scientist who first raised the alarm about global warming in the 1980s, and it seems that the predictions he made back then are coming true. This is where we're headed in terms of global temperature rises, and if we keep on going the way we're going, we get a four- or five-degree-Centigrade temperature rise by the end of this century. Hansen says we can expect about a five-meter rise in sea levels. This is what a five-meter rise in sea levels would look like. Low-lying cities all around the world will disappear within the lifetime of children born today. Hansen closed his talk by saying, "Imagine a giant asteroid on a collision course with Earth. That is the equivalent of what we face now. Yet we dither, taking no action to deflect the asteroid, even though the longer we wait, the more difficult and expensive it becomes." Of course, the left wants to take action, but the right denies that there's any problem.

All right, so I go back from TED, and then the following week, I'm invited to a dinner party in Washington, D.C., where I know that I'll be meeting a number of conservative intellectuals, including Yuval Levin, and to prepare for the meeting, I read this article by Levin in National Affairs called "Beyond the Welfare State." Levin writes that all over the world, nations are coming to terms with the fact that the social democratic welfare state is turning out to be untenable and unaffordable, dependent upon dubious economics and the demographic model of a bygone era.

All right, now this might not sound as scary as an asteroid, but look at these graphs that Levin showed. This graph shows the national debt as a percentage of America's GDP, and as you see, if you go all the way back to the founding, we borrowed a lot of money to fight the Revolutionary War. Wars are expensive. But then we'd pay it off, pay it off, pay it off, and then, oh, what's this? The Civil War. Even more expensive. Borrow a lot of money, pay it off, pay it off, pay it off, get down to near zero, and bang! -- World War I. Once again, the same process repeats. Now then we get the Great Depression and World War II. We rise to an astronomical level, around 118 percent of GDP, really unsustainable, really dangerous. But we pay it off, pay it off, pay it off, and then, what's this? Why has it been rising since the '70s? It's partly due to tax cuts that were unfunded, but it's due primarily to the rise of entitlement spending, especially Medicare. We're approaching the levels of indebtedness we had at World War II, and the baby boomers haven't even retired yet, and when they do, this is what will happen. This is data from the Congressional Budget Office showing its most realistic forecast of what would happen if current situations and expectations and trends are extended.

All right, now what you might notice is that these two graphs are actually identical, not in terms of the x- and y-axes, or in terms of the data they present, but in terms of their moral and political implications, they say the same thing. Let me translate for you.

"We are doomed unless we start acting now. What's wrong with you people on the other side in the other party? Can't you see reality? If you won't help, then get the hell out of the way."

We can deflect both of these asteroids. These problems are both technically solvable. Our problem and our tragedy is that in these hyper-partisan times, the mere fact that one side says, "Look, there's an asteroid," means that the other side's going to say, "Huh? What? No, I'm not even going to look up. No."

To understand why this is happening to us, and what we can do about it, we need to learn more about moral psychology. So I'm a social psychologist, and I study morality, and one of the most important principles of morality is that morality binds and blinds. It binds us into teams that circle around sacred values but thereby makes us go blind to objective reality.

Think of it like this. Large-scale cooperation is extremely rare on this planet. There are only a few species that can do it. That's a beehive. That's a termite mound, a giant termite mound. And when you find this in other animals, it's always the same story. They're always all siblings who are children of a single queen, so they're all in the same boat. They rise or fall, they live or die, as one. There's only one species on the planet that can do this without kinship, and that, of course, is us. This is a reconstruction of ancient Babylon, and this is Tenochtitlan.

Now how did we do this? How did we go from being hunter-gatherers 10,000 years ago to building these gigantic cities in just a few thousand years? It's miraculous, and part of the explanation is this ability to circle around sacred values. As you see, temples and gods play a big role in all ancient civilizations. This is an image of Muslims circling the Kaaba in Mecca. It's a sacred rock, and when people circle something together, they unite, they can trust each other, they become one. It's as though you're moving an electrical wire through a magnetic field that generates current. When people circle together, they generate a current. We love to circle around things. We circle around flags, and then we can trust each other. We can fight as a team, as a unit. But even as morality binds people together into a unit, into a team, the circling blinds them. It causes them to distort reality. We begin separating everything into good versus evil. Now that process feels great. It feels really satisfying. But it is a gross distortion of reality.

You can see the moral electromagnet operating in the U.S. Congress. This is a graph that shows the degree to which voting in Congress falls strictly along the left-right axis, so that if you know how liberal or conservative someone is, you know exactly how they voted on all the major issues. And what you can see is that, in the decades after the Civil War, Congress was extraordinarily polarized, as you would expect, about as high as can be. But then, after World War I, things dropped, and we get this historically low level of polarization. This was a golden age of bipartisanship, at least in terms of the parties' ability to work together and solve grand national problems. But in the 1980s and '90s, the electromagnet turns back on. Polarization rises. It used to be that conservatives and moderates and liberals could all work together in Congress. They could rearrange themselves, form bipartisan committees, but as the moral electromagnet got cranked up, the force field increased, Democrats and Republicans were pulled apart. It became much harder for them to socialize, much harder for them to cooperate. Retiring members nowadays say that it's become like gang warfare. Did anybody notice that in two of the three debates, Obama wore a blue tie and Romney wore a red tie? Do you know why they do this? It's so that the Bloods and the Crips will know which side to vote for. (Laughter)

The polarization is strongest among our political elites. Nobody doubts that this is happening in Washington. But for a while, there was some doubt as to whether it was happening among the people. Well, in the last 12 years it's become much more apparent that it is. So look at this data. This is from the American National Elections Survey. And what they do on that survey is they ask what's called a feeling thermometer rating. So, how warm or cold do you feel about, you know, Native Americans, or the military, the Republican Party, the Democratic Party, all sorts of groups in American life. The blue line shows how warmly Democrats feel about Democrats, and they like them. You know, ratings in the 70s on a 100-point scale. Republicans like Republicans. That's not a surprise. But when you look at cross-party ratings, you find, well, that it's lower, but actually, when I first saw this data, I was surprised. That's actually not so bad. If you go back to the Carter and even Reagan administrations, they were rating the other party 43,45. It's not terrible. It drifts downwards very slightly, but now look what happens under George W. Bush and Obama. It plummets. Something is going on here. The moral electromagnet is turning back on, and nowadays, just very recently, Democrats really dislike Republicans. Republicans really dislike the Democrats. We're changing. It's as though the moral electromagnet is affecting us too. It's like put out in the two oceans and it's pulling the whole country apart, pulling left and right into their own territories like the Bloods and the Crips.

Now, there are many reasons why this is happening to us, and many of them we can not reverse. We will never again have a political class that was forged by the experience of fighting together in World War II against a common enemy. We will never again have just three television networks, all of which are relatively centrist. And we will never again have a large group of conservative southern Democrats and liberal northern Republicans making it easy, making there be a lot of overlap for bipartisan cooperation. So for a lot of reasons, those decades after the Second World War were an historically anomalous time. We will never get back to those low levels of polarization, I believe.

But there's a lot that we can do. There are dozens and dozens of reforms we can do that will make things better, because a lot of our dysfunction can be traced directly to things that Congress did to itself in the 1990s that created a much more polarized and dysfunctional institution. These changes are detailed in many books. These are two that I strongly recommend, and they list a whole bunch of reforms. I'm just going to group them into three broad classes here.

So if you think about this as the problem of a dysfunctional, hyper-polarized institution, well, the first step is, do what you can so that fewer hyper-partisans get elected in the first place, and when you have closed party primaries, and only the most committed Republicans and Democrats are voting, you're nominating and selecting the most extreme hyper-partisans. So open primaries would make that problem much, much less severe.

But the problem isn't primarily that we're electing bad people to Congress. From my experience, and from what I've heard from Congressional insiders, most of the people going to Congress are good, hard-working, intelligent people who really want to solve problems, but once they get there, they find that they are forced to play a game that rewards hyper-partisanship and that punishes independent thinking. You step out of line, you get punished. So there are a lot of reforms we could do that will counteract this.

For example, this "Citizens United" ruling is a disaster, because it means there's like a money gun aimed at your head, and if you step out of line, if you try to reach across the aisle, there's a ton of money waiting to be given to your opponent to make everybody think that you are a terrible person through negative advertising.

But the third class of reforms is that we've got to change the nature of social relationships in Congress. The politicians I've met are generally very extroverted, friendly, very socially skillful people, and that's the nature of politics. You've got to make relationships, make deals, you've got to cajole, please, flatter, you've got to use your personal skills, and that's the way politics has always worked. But beginning in the 1990s, first the House of Representatives changed its legislative calendar so that all business is basically done in the middle of the week. Nowadays, Congressmen fly in on Tuesday morning, they do battle for two days, then they fly home Thursday afternoon. They don't move their families to the District. They don't meet each other's spouses or children. There's no more relationship there. And trying to run Congress without human relationships is like trying to run a car without motor oil. Should we be surprised when the whole thing freezes up and descends into paralysis and polarization? A simple change to the legislative calendar, such as having business stretch out for three weeks and then they get a week off to go home, that would change the fundamental relationships in Congress.

So there's a lot we can do, but who's going to push them to do it? There are a number of groups that are working on this. No Labels and Common Cause, I think, have very good ideas for changes we need to do to make our democracy more responsive and our Congress more effective.

But I'd like to supplement their work with a little psychological trick, and the trick is this. Nothing pulls people together like a common threat or a common attack, especially an attack from a foreign enemy, unless of course that threat hits on our polarized psychology, in which case, as I said before, it can actually pull us apart. Sometimes a single threat can polarize us, as we saw. But what if the situation we face is not a single threat but is actually more like this, where there's just so much stuff coming in, it's just, "Start shooting, come on, everybody, we've got to just work together, just start shooting." Because actually, we do face this situation. This is where we are as a country.

So here's another asteroid. We've all seen versions of this graph, right, which shows the changes in wealth since 1979, and as you can see, almost all the gains in wealth have gone to the top 20 percent, and especially the top one percent. Rising inequality like this is associated with so many problems for a democracy. Especially, it destroys our ability to trust each other, to feel that we're all in the same boat, because it's obvious we're not. Some of us are sitting there safe and sound in gigantic private yachts. Other people are clinging to a piece of driftwood. We're not all in the same boat, and that means nobody's willing to sacrifice for the common good. The left has been screaming about this asteroid for 30 years now, and the right says, "Huh, what? Hmm? No problem. No problem."

Now, why is that happening to us? Why is the inequality rising? Well,one of the largest causes, after globalization, is actually this fourth asteroid, rising non-marital births. This graph shows the steady rise of out-of-wedlock births since the 1960s. Most Hispanic and black children are now born to unmarried mothers. Whites are headed that way too. Within a decade or two, most American children will be born into homes with no father. This means that there's much less money coming into the house. But it's not just money. It's also stability versus chaos. As I know from working with street children in Brazil, Mom's boyfriend is often a really, really dangerous person for kids.

Now the right has been screaming about this asteroid since the 1960s, and the left has been saying, "It's not a problem. It's not a problem." The left has been very reluctant to say that marriage is actually good for women and for children. Now let me be clear. I'm not blaming the women here. I'm actually more critical of the men who won't take responsibility for their own children and of an economic system that makes it difficult for many men to earn enough money to support those children. But even if you blame nobody, it still is a national problem, and one side has been more concerned about it than the other. The New York Times finally noticed this asteroid with a front-page story last July showing how the decline of marriage contributes to inequality.

We are becoming a nation of just two classes. When Americans go to college and marry each other, they have very low divorce rates. They earn a lot of money, they invest that money in their kids, some of them become tiger mothers, the kids rise to their full potential, and the kids go on to become the top two lines in this graph. And then there's everybody else: the children who don't benefit from a stable marriage, who don't have as much invested in them, who don't grow up in a stable environment, and who go on to become the bottom three lines in that graph.

So once again, we see that these two graphs are actually saying the same thing. As before, we've got a problem, we've got to start working on this, we've got to do something, and what's wrong with you people that you don't see my threat?

But if everybody could just take off their partisan blinders, we'd see that these two problems actually are best addressed together. Because if you really care about income inequality, you might want to talk to some evangelical Christian groups that are working on ways to promote marriage. But then you're going to run smack into the problem that women don't generally want to marry someone who doesn't have a job. So if you really care about strengthening families, you might want to talk to some liberal groups who are working on promoting educational equality, who are working on raising the minimum wage, who are working on finding ways to stop so many men from being sucked into the criminal justice system and taken out of the marriage market for their whole lives.

So to conclude, there are at least four asteroids headed our way. How many of you can see all four? Please raise your hand right now if you're willing to admit that all four of these are national problems. Please raise your hands. Okay, almost all of you.

Well, congratulations, you guys are the inaugural members of the Asteroids Club, which is a club for all Americans who are willing to admit that the other side actually might have a point. In the Asteroids Club, we don't start by looking for common ground. Common ground is often very hard to find. No, we start by looking for common threats because common threats make common ground.

Now, am I being naive? Is it naive to think that people could ever lay down their swords, and left and right could actually work together? I don't think so, because it happens, not all that often, but there are a variety of examples that point the way. This is something we can do. Because Americans on both sides care about the decline in civility, and they've formed dozens of organizations, at the national level, such as this one, down to many local organizations, such as To The Village Square in Tallahassee, Florida, which tries to bring state leaders together to help facilitate that sort of working together human relationship that's necessary to solve Florida's problems. Americans on both sides care about global poverty and AIDS, and on so many humanitarian issues, liberals and evangelicals are actually natural allies, and at times they really have worked together to solve these problems. And most surprisingly to me, they sometimes can even see eye to eye on criminal justice. For example, the incarceration rate, the prison population in this country has quadrupled since 1980. Now this is a social disaster, and liberals are very concerned about this. The Southern Poverty Law Center is often fighting the prison-industrial complex, fighting to prevent a system that's just sucking in more and more poor young men. But are conservatives happy about this? Well, Grover Norquist isn't, because this system costs an unbelievable amount of money. And so, because the prison-industrial complex is bankrupting our states and corroding our souls, groups of fiscal conservatives and Christian conservatives have come together to form a group called Right on Crime. And at times they have worked with the Southern Poverty Law Center to oppose the building of new prisons and to work for reforms that will make the justice system more efficient and more humane.

So this is possible. We can do it. Let us therefore go to battle stations, not to fight each other, but to begin deflecting these incoming asteroids. And let our first mission be to press Congress to reform itself, before it's too late for our nation.

Thank you. (Applause)

ニュースを見ている方はご存知のように たくさんの巨大な小惑星が アメリカへと向かっており 50年以内にそのすべてが 衝突するとされています 岩石や金属でできた 実際の小惑星の話ではありません それなら さして問題ではないのです というのも 私たち全員の命が かかっているなら 互いの争いは二の次にして いかなる手を使ってでも 小惑星を回避する方法を見つけるでしょうから 私が言うのは 小惑星ではなく 迫り来る脅威のことです 独特の熱気とオーラに包まれていて 我々を極端に走らせ それによって麻痺してしまうものです

3月にTEDカンファレンスで NASAの科学者 ジム・ハンセン氏の講演を聴きました 彼は誰よりも早く1980年代に 地球温暖化の警鐘を鳴らし 当時彼が立てた予測は 現実のものになりつつあります 私たちはこのように地球温暖化に向かっています もしこの道をこのまま行くならば 今世紀の終わりまでに 摂氏にして4度から5度 温暖化が進みます ハンセン氏によると 5メートルの海面上昇が見込まれます 5メートル海面が上昇するとこうなります 今日生まれた子供がまだ生きているうちに 世界中の海抜の低い都市は 姿を消します ハンセン氏は最後にこう述べました 「巨大な小惑星が地球に衝突しつつある そんな様子を思い浮かべてごらんなさい それに等しい事態に 私たちは直面しているのです 小惑星を回避するため 何の行動も起こさないようでは 待てば待つほど 解決はより難しくなり よりお金がかかるようになります」 もちろん 左翼は行動を起こしたがる一方 右翼は そこに問題があることさえ 否定するのです

TEDから帰ってきたその翌週 ワシントンD.C.で ある晩餐会に招かれました ユヴァル・レヴィン氏を筆頭に たくさんの保守派の知識人と 会うことがわかっていたので 先立って『ナショナル・アフェアーズ』に レヴィン氏により寄稿されていた 論文「福祉国家を越えて」を読みました レヴィン氏は次のように書いています 「世界中の国々は 社会民主主義的な福祉国家が もはや受けいれがたく 負担しきれないものになりつつあり 怪しげな経済ロジックに頼り 時代遅れの人口統計モデルに 依存していることを受け止めつつある」と

さて 小惑星ほど怖ろしくはないけれど レヴィン氏提供のグラフを見てみましょう このグラフはアメリカの国債を 対GDP比率で示しています このように はるばる建国時まで さかのぼれば アメリカ独立戦争のため 多額の借金をしています 戦争は高くつくのです 必死で返済を重ねて返しました ところが すぐに南北戦争に入りました さらにお金がかかりました たくさん借りては返済に返済を重ね 完済に近づいたと思ったら どかん! 第一次世界大戦です 最初からまたやり直しです 今度は世界恐慌と第二次世界大戦です 天文学的な額まで借金は増え GDPの約118%までになりました とても持続可能とは言えない 実に危険な橋です しかしまた 返済を重ねてみると 今度は何でしょう? なぜ1970年代から借金額は 右肩上がりなのでしょうか? 穴埋め資金もなく 減税を実行したことが 1つの要因です しかし何よりも社会保障費の増加に原因があります 特に高齢者向けのメディケアです 私たちの債務水準は 第二次世界大戦時に近づいています ベビーブーム世代が まだ退職していないのにこの有様で 彼らが退職すると こういうことになります 連邦議会予算局のこのデータは 現在の状況と期待と傾向が続いた場合の 最も現実的な予測値を示しています

さてお気づきになったでしょうか この2つのグラフは全く同じなのです X軸やY軸や データが何を示すかではなく 倫理的・政治的な意味合いについて 同じことを示しているのです 小難しい議論を説明しましょう

「今 行動を起こさない限り 私たちの命運は尽きる 反対政党の反対側にいる諸君 一体どうした? 現実が見えないのか? 助ける気がないなら失せたまえ」

私たちにはどちらの小惑星も 回避できます 厳密にはどちらの問題も解決可能なのです 政治的信条への徹底した固執こそが 私たちの抱える問題であり悲劇です 「ほら 小惑星がある」 という単なる事実の指摘が 政党が違うだけで 「は? 何? いや 見上げたくもないね」となってしまう

なぜこうなってしまうのか そして私たちに何ができるのか その謎を紐解くためには 倫理心理学について学ぶ必要があります 私は社会心理学者で 倫理について研究しています 倫理の最も大事な原則は 倫理は人をがんじがらめにし 盲目にするということです 倫理は私たちを神聖な価値観ごとの 派閥に拘束し それによって客観的に 現実が見えなくなってしまうのです

このように考えてみてください この惑星で大規模な協力が 見られることは極めて稀です ほんの一握りの種のみが それに成功しています 左はミツバチの巣 右は大きな白アリの巣です このような例を他の動物に探すと いつも同じ答えに行きつきます それは母を同じくする兄弟であるがゆえに 運命共同体なのです 彼らは栄枯盛衰いずれにおいても 常に一緒です それを血筋に関係なく実行できる この惑星にたったひとつの種 ― それが私たちです これは古代のバビロンの復興の様子で こちらはテノチティトランです

私たちはこの発展を いかに成し遂げたのでしょう? 1万年前には狩人であり 採集民であったのが この数千年で巨大な都市を 数多く建てるまでになりました 実に奇跡的です そしてそのひとつの要因として 神聖な価値観に集う能力が あったことは否めません このように古代文明では 寺院や神々が大きな役割を担っていました これはメッカのカーバ神殿 イスラム教徒が旋回している写真です その神聖な石の周りを 人々が連れだって輪を描いて歩くとき 彼らは結びつき 互いに信じ合える ひとつの存在になるのです まるで電流を生み出す磁場で 電線を動かしているかのようです 人々は輪を描いて歩くとき 電流を生み出しているのです 私たちは何かの周りを回るのが好きです 同じ旗の周りを回れば 互いに信じあえる存在になります チーム あるいは集団として 戦うことができます しかし倫理が人々を その集団やチームに結びつけるとはいえ 回り続ける行為は彼らを盲目にしてしまいます 現実を歪めてしまうからです 私たちはすべてのものごとを 善と悪の対立に分け始めます その行為はちょっとした快感です 満足感さえ覚えるでしょう しかしそれは現実の大々的な歪曲なのです

「倫理という名の電磁石」は 連邦議会に影響を及ぼしています このグラフは連邦議会での法案議決が どの程度左翼的または右翼的かの 度合を示した分布表です 議員がどの程度リベラル派か保守派か知っておくと 議員たちが議決に際し どのように投票したか正確に分かります そしてそこから分かることは 南北戦争後 数十年は 連邦議会が予想通り 異常なまでに これ以上不可能なくらいに 二極化していたということです しかし第一次世界大戦が終わると 落ち込んで行き 二極化は歴史的な低水準を 示すまでになりました まさしく超党派の黄金時代でした 政党同士が共同戦線をはって 国家の大問題を解決にあたったのです しかし1980年代から90年代にかけて 「電磁力」のスイッチが再び入り 連邦議会の二極化が進みました 保守派・穏健派・リベラル派の間にはかつて 連邦議会内での協力体制がありました 各々の立場を変え 超党派の委員会を 組織することもできましたが 倫理の「電磁波」が姿を現すと 磁場は強くなり 民主党と共和党は 互いに引き離されました 互いに交流を持つことは難しくなり 協力することも難しくなりました 退職した国会議員たちは その様子をギャングの闘争と呼びました お気付きでしょうか 3回あった討論の場のうち2回は オバマ氏は青の ロムニー氏は赤の ネクタイをつけていたのを? その色を選んだ理由がおわかりですか? 仲間のギャングが誰に投票すればいいか わかるようにです (笑)

二極化の傾向は政治エリートに 最も強く見られるものであり ワシントンで起きているのは明白です しかし その現象が有権者の中でも 起きているのではと疑われてきました この12年間で 有権者の二極化がさらに強まってきました このデータを見てください アメリカの全国選挙調査です この調査の質問形式は 「格付け温度計」と呼ばれているもので あるものに対して温かな気持ちになるか 冷やかな気持ちになるかを表します ネイティブ・アメリカンや軍人 共和党や 民主党などアメリカにおける あらゆるグループに対してです 青い線は民主党員の自分の党に対する 気持ちの温かさで 自分たち自身については随分と肯定的ですね ご覧のように 100点中70点台です 共和党は共和党が好きです 驚くにはあたりませんね しかし 党派をまたいだ評価に注目すると 先程のデータよりは低いとはいえ 実際のところ このデータを初めて見た時 私は驚きました カーターやレーガンの時代を思えば それほど悪い数字ではありません 他政党に43点や45点をつけるというのは ひどい評価とは言えません わずかに評価は低くなりつつありますが ジョージ・W・ブッシュとそれに続く オバマの政権下ではこうなりました 急落しています ここで何かが起きたのです 倫理の「電磁波」のスイッチが再び入りました 現在 もとい最近の結果によると 民主党と共和党は 互いを毛嫌いしています そして私たち有権者も変化の途上にあるのです 倫理の「電磁波」が私たちにも 働き始めたかのようです 太平洋と大西洋が両側から アメリカを引き裂こうとしているようです 右へ左へと自らの領域へ 引っ張ってゆくその様は まさしくストリートギャングです

こういったことが起こってしまう背景には 多くの理由があり その多くは取り返しのつかないものです もはや政治連合は見られないでしょう 共通の敵と戦った第二次世界大戦の経験は もはや遠くなったのです 有名な3つのテレビ局がすべて 比較的中立の視点から報道することも もうありません 多くの南部の保守的な民主党議員や 北部のリベラル派の共和党議員たちが 超党派に出てくる余地を残し 協力を促進することももはや無いでしょう 様々な理由により 第二次世界大戦後の数十年間は 歴史的にみても異例な時代でした 超党派の復権は二度と叶わないでしょう

しかし できることは多くあります 事態をより良くするために 着手すべき改革はまだまだあるのです というのも現在議会に見られる 機能不全の多くは 元をたどれば1990年代に 議会自身がもたらしたもので 内部にさらなる分裂と機能不全を創りだすに至ったからです この変化の詳細は多くの本に書かれています 私のお勧めはこの2冊では 改革政策をいくつも挙げています これらの政策を大きく3つに分類します

まず議会の過度の二極化による 機能不全を問題とするならば 解決への最初のステップは 極端な党派主義者が 当選しないようにすることです 制限予備選挙ならば 投票資格は「献身的」な一握りの 共和党員と民主党員に限られるため 最も極端な党派主義者が選ばれ 指名されてしまいます 誰でも投票できる開放予備選挙を増やせば 事態の深刻さは和らぐでしょう

とはいえ選挙における人選の誤りは 最大の問題ではありません 自らの経験に加え 議会内部の関係筋から聞いたところでは ほとんどの議員は真面目な良い人で 頭も切れて 本気で問題に 取り組もうという志を持っています しかし いったん議員になると 他党の糾弾を奨励し 個々の考えを罰するゲームに 参加させられてしまうのです 既定路線から外れれば 懲罰が待っています このような状況に対抗するため 数多くの改革が必要です

たとえば この「市民連合」体制が 大惨事だったのは 頭にお金という銃を突きつけられて もし規定から外れたり 歩み寄ろうとしたりすれば その銃が火を噴いて 莫大な資金が敵対勢力に流れ ネガティブキャンペーンによって あなたが酷い人間だと宣伝されてしまいます

そこで改革政策の3つめは 連邦議会内の社交関係に 変化をもたらすことを目指しています 私が会った政治家は誰しも外向的で 人当たりがよく 社交的な方々です そしてそれこそが政治の本質なのです 社交関係を築き 取引したり 甘言を弄したり 喜ばせたり 持ち上げたりして 自らの社交性を存分に利用する ― 政治は昔からこのように動いてきました しかし1990年代初頭 まず連邦下院議会が 立法カレンダーを変えて 基本的にすべての案件が 週の中頃に終わるよう計らいました 現在 議員は火曜日の朝に 飛行機で到着すると 2日間議論を戦わせて 木曜日の午後には空港から帰ります 彼らは首都に家族を連れてきません お互いの配偶者や 子供たちと会うこともなく 家族ぐるみでの付き合いは 廃れてしまいました 人間関係なくして議会を運営することは ガソリンなしで 車を走らせようとするのと同じです 驚くにはあたりませんが あらゆるものごとが一瞬で趣を変え 麻痺と分裂が あたり一面で起こり始めたのです 些細な立法カレンダーの変更 ― もう3週間ほど働く代わりに 後で1週間休むという程度の変更が ― 議会の社交関係を根本的に変えてしまったのです

できることはたくさんありますが 誰が議会の背中を押すのでしょうか? 多くの団体がこの問題に取り組んでいます No LabelsやCommon Causeなどは より責任ある民主主義と より効率的な連邦議会の実現に 必要な変化を起こす良い意見を持っています

しかし 私は彼らの仕事を 今からお話しする ちょっとした心理トリックで補完したいと思います 共通の脅威ほど 人を結束させるものはありません あるいは攻撃 特に外国からの侵攻となれば飛びきりです もちろん その脅威が 分裂した私たちの心に直撃しなければの話です そうすれば 私たちは簡単に 分裂させられてしまうでしょう これまで見てきたように 時には 1つの脅威から対立が生まれます それではもし私たちが直面しているのが 単純な脅威ではなく こんなものだとしたらどうでしょう? あまりにも多くのものが迫りくるので とにかく「撃ち方始め! いいから みんな どこでもいいから 撃て!」 という状況だとしたら? まさしく これが私たちの現実です 私たちの国はここまで来ているのです

さて ここでまた別の「小惑星」です 様々なバージョンで見てきた このグラフは 1979年以降の財の変化を示しており このようにアメリカの収入の ほとんどすべてが 20%の富裕層とそのトップの1%の 懐に流れています このような格差の存在は 民主主義を脅かす 数々の問題に関係してきます 特に互いの信頼関係を 壊してしまうことが挙げられます 明らかに運命共同体ではないため そのように感じることが不可能なのです 一部の人間が 安全にで静かに 大きなヨットに寝そべっていて 他の人たちは流木の切れ端に しがみついているのです 運命共同体でないということは つまり共通の利益のために 自らを犠牲にしたがる人はいないということです 左派勢力は30年にわたって この脅威を叫び続けてきました それに対して右派勢力は 「ん?え?問題ないよ」と言ってきました

さて なぜ このように 格差が広がっているのでしょうか? グローバル化の次に 大きなの理由は ― 実はそれが4つ目の 「小惑星」にあたるのですが ― ひとり親家庭の増加です このグラフは1960年以降 婚外子数が 着実に増加していることを示しています 今 ヒスパニック系と黒人の子供たちの ほとんどはシングルマザーの下に生まれます 白人層もその傾向を強めています 10年か20年後には アメリカ人の子供のほとんどは 父親のいない家庭に生まれることでしょう これは家庭の収入が少なくなることを意味します 金銭面だけではありません 家庭の安定をかけた戦いでもあるのです ブラジルでストリート・チルドレンに 接して学んだことですが 母親にできた恋人は しばしば 子供にとって極めて危険な存在です

右翼は1960年代から この「小惑星」のことを叫んできましたが 左翼は「問題ない」の一点張りでした 左翼は結婚が女性と子供にもたらす メリットに言及することに消極的だったのです 断っておくと 私は女性を責めてはいません むしろ私が批判したいのは 我が子への責任を取ろうとしない男性や 子供たちの生活費に足りる お金を稼ぐことが 難しい経済システムの方です もっとも誰に責任を求めずとも 国家の問題は国家の問題です そして一方の人々がもう一方の人々よりも 問題に懸念を抱いているのです 『ニューヨークタイムズ』紙は遂に 昨7月の一面記事で この「小惑星」に気付き 婚姻率の低下がいかに 格差につながっているかを示しました

この国は2つの階級しかない国に なりつつあります 誰もが大学を出て結婚をしていた頃は アメリカはとても低い離婚率を誇っていました 収入は多く 子供の将来に投資をし 一部の母親は子供を厳しく育て 子供たちは可能性を存分に活かして このグラフにあるような 上位2つの線になっていきます そして残りの人々は下にある線です 安定した婚姻による 社会的保護を得られない子供たちは 金銭的投資をしてもらえず したがって家庭環境も安定せず このグラフにおける底辺の3つの線へと 歩みを進めるのです

先程お話ししたように この2つのグラフは同じ現象を表しています 問題があるならば 解決しなければいけません 行動を起こさなければなりません この脅威があなた方には 見えないのはなぜでしょう?

もし誰もが派閥という名の 目隠しを取ることが出来たなら これら2つの問題は 一緒に解決すべき問題だと気付くはずです もし収入格差を憂えているならば 婚姻を奨励している 福音派のキリスト教伝道者に 相談してみるといいかもしれません しかしその方法ではすぐに問題にぶちあたります 女性は一般的には失業者とは 結婚したがりません ではもし家族の絆を改善したいなら リベラルな人々に相談しましょう 教育格差の是正のために働き 最低賃金の底上げを目指し これほどまでに多くの人々が 簡単に犯罪者の烙印を押されて 結婚の望みを生涯断たれてしまうのを 止めようとしている人々です

まとめると 少なくとも4つの小惑星が 我々に襲いかかろうとしています あなたにはいくつ見えますか? もし4つ全てが 国家の問題だと意識する方は 手を挙げて下さい 挙手をお願いします 結構です ほとんど皆さんですね

ようこそ「小惑星」クラブへ あなた方が最初の会員です 反対側の主張が正しいかもしれないと 進んで認めるアメリカ人のクラブです このクラブでは 互いの共通認識を 探すところから始めはしません 共通認識を見つけるのは とても難しいのです そこで共通の脅威を探すところから始めます そうすれば共通の脅威は 共通の認識を生んでくれます

私は世間知らずの理想主義者でしょうか? 手に携えた剣を置いて 左翼と右翼が協力できると信じることが 甘っちょろいのでしょうか? そうは思いません なぜなら実際にできるからです 頻繁ではないものの 協力を示す様々な実例があります 私たちは協力できるのです 文明が廃れてゆくことを 右翼も左翼も共に危惧しているからこそ 何十もの組織をこのような ― 国家レベルから地方レベルのものまで 立ち上げています たとえばフロリダ州タラハシーの To The Village Squareは 州のリーダーたちを招いて一緒に フロリダの問題を 解決するのに必要であった 地方と中央の人間関係を促進させました 右翼も左翼も地球規模での貧困やエイズなど 数多くの人道問題を 重大な問題として認識しています リベラル派と福音派は本来味方同士なのです 時に彼らは協力して 素晴らしい働きをした実績があります 私が最も驚かされたのは 時に犯罪刑法に対してさえ 認識を共有できることです たとえば合衆国の服役者の数 つまり刑務所内人口は 1980年の4倍にもなっています これは社会災害です リベラル派はこの問題に悩んでいます 南部貧困法律センターは 若くて貧しい若者を 刑務所に送るシステムを防ぐため 刑産複合体と頻繁に戦っています 保守派はこのシステムに 満足なのでしょうか? グローバー・ノーキスト氏は違います このシステムを維持するには 信じがたいほどのコストが必要なのです このような刑産複合体は 私たちの国を破産させ 魂を堕落させているので これを危惧した財政保守派と キリスト教保守派が集まり Right on Crime(犯罪に正当さを) という団体を立ち上げました 時に彼らは南部貧困法律センターと協力して 新たな刑務所建設に対する 反対運動を起こし より効率的かつ人道的な刑法システムに 修正するため 日夜働いています

したがって協力は可能なのです 私たちにはできるのです さあ戦場に向かいましょう 互いに戦うのではなく 襲いかかってくる小惑星を回避するために まずは連邦議会それ自体の改革を させるところから始めましょう 私たちの国にとって手遅れにならないうちに

ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画