TED日本語 - エリック・リウ: 一般市民こそ権力を理解するべきホントの理由

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - エリック・リウ: 一般市民こそ権力を理解するべきホントの理由

TED Talks

一般市民こそ権力を理解するべきホントの理由
Why ordinary people need to understand power
エリック・リウ
Eric Liu

内容

あまりにも多くのアメリカ人が、権力について無知である ― 権力とは何なのか、どう働くのか、そして、なぜ一部の人が権力を握るのか。その結果、権力を理解するごく一部の人間が、それ以外の市民全体に対して、不当な支配力を握っているのが現状だ。アメリカ独立革命や、公民権運動の時のように、今一度、市民の参政意欲を高めるべきだ、と専門家エリック・リウが訴える。

Script

I'm a teacher and a practitioner of civics in America. Now, I will kindly ask those of you who have just fallen asleep to please wake up. (Laughter) Why is it that the very word "civics" has such a soporific, even a narcoleptic effect on us? I think it's because the very word signifies something exceedingly virtuous, exceedingly important, and exceedingly boring. Well, I think it's the responsibility of people like us, people who show up for gatherings like this in person or online, in any way we can, to make civics sexy again, as sexy as it was during the American Revolution, as sexy as it was during the Civil Rights Movement. And I believe the way we make civics sexy again is to make explicitly about the teaching of power. The way we do that, I believe, is at the level of the city.

This is what I want to talk about today, and I want to start by defining some terms and then I want to describe the scale of the problem I think we face and then suggest the ways that I believe cities can be the seat of the solution. So let me start with some definitions. By civics, I simply mean the art of being a pro-social, problem-solving contributor in a self-governing community. Civics is the art of citizenship, what Bill Gates Sr. calls simply showing up for life, and it encompasses three things: a foundation of values, an understanding of the systems that make the world go round, and a set of skills that allow you to pursue goals and to have others join in that pursuit.

And that brings me to my definition of power, which is simply this: the capacity to make others do what you would have them do. It sounds menacing, doesn't it? We don't like to talk about power. We find it scary. We find it somehow evil. We feel uncomfortable naming it. In the culture and mythology of democracy, power resides with the people. Period. End of story. Any further inquiry not necessary and not really that welcome. Power has a negative moral valence. It sounds Machiavellian inherently. It seems inherently evil. But in fact power is no more inherently good or evil than fire or physics. It just is. And power governs how any form of government operates, whether a democracy or a dictatorship. And the problem we face today, here in America in particular, but all around the world, is that far too many people are profoundly illiterate in power -- what it is, who has it, how it operates, how it flows, what part of it is visible, what part of it is not, why some people have it, why that's compounded. And as a result of this illiteracy, those few who do understand how power operates in civic life, those who understand how a bill becomes a law, yes, but also how a friendship becomes a subsidy, or how a bias becomes a policy, or how a slogan becomes a movement, the people who understand those things wield disproportionate influence, and they're perfectly happy to fill the vacuum created by the ignorance of the great majority.

This is why it is so fundamental for us right now to grab hold of this idea of power and to democratize it. One of the things that is so profoundly exciting and challenging about this moment is that as a result of this power illiteracy that is so pervasive, there is a concentration of knowledge, of understanding, of clout. I mean, think about it: How does a friendship become a subsidy? Seamlessly, when a senior government official decides to leave government and become a lobbyist for a private interest and convert his or her relationships into capital for their new masters. How does a bias become a policy? Insidiously, just the way that stop-and-frisk, for instance, became over time a bureaucratic numbers game. How does a slogan become a movement? Virally, in the way that the Tea Party, for instance, was able to take the "Don't Tread on Me" flag from the American Revolution, or how, on the other side, a band of activists could take a magazine headline, "Occupy Wall Street," and turn that into a global meme and movement. The thing is, though, most people aren't looking for and don't want to see these realities. So much of this ignorance, this civic illiteracy, is willful. There are some millennials, for instance, who think the whole business is just sordid. They don't want to have anything to do with politics. They'd rather just opt out and engage in volunteerism. There are some techies out there who believe that the cure-all for any power imbalance or power abuse is simply more data, more transparency. There are some on the left who think power resides only with corporations, and some on the right who think power resides only with government, each side blinded by their selective outrage. There are the naive who believe that good things just happen and the cynical who believe that bad things just happen, the fortunate and unfortunate alike who think that their lot is simply what they deserve rather than the eminently alterable result of a prior arrangement, an inherited allocation, of power.

As a result of all of this creeping fatalism in public life, we here, particularly in America today, have depressingly low levels of civic knowledge, civic engagement, participation, awareness. The whole business of politics has been effectively subcontracted out to a band of professionals, money people, outreach people, message people, research people. The rest of us are meant to feel like amateurs in the sense of suckers. We become demotivated to learn more about how things work. We begin to opt out.

Well, this problem, this challenge, is a thing that we must now confront, and I believe that when you have this kind of disengagement, this willful ignorance, it becomes both a cause and a consequence of this concentration of opportunity of wealth and clout that I was describing a moment ago, this profound civic inequality. This is why it is so important in our time right now to reimagine civics as the teaching of power. Perhaps it's never been more important at any time in our lifetimes. If people don't learn power, people don't wake up, and if they don't wake up, they get left out.

Now, part of the art of practicing power means being awake and having a voice, but it also is about having an arena where you can plausibly practice deciding. All of civics boils down to the simple question of who decides, and you have to play that out in a place, in an arena.

And this brings me to the third point that I want to make today, which is simply that there is no better arena in our time for the practicing of power than the city. Think about the city where you live, where you're from. Think about a problem in the common life of your city. It can be something small, like where a street lamp should go, or something medium like which library should have its hours extended or cut, or maybe something bigger, like whether a dilapidated waterfront should be turned into a highway or a greenway, or whether all the businesses in your town should be required to pay a living wage. Think about the change that you want in your city, and then think about how you would get it, how you would make it happen. Take an inventory of all the forms of power that are at play in your city's situation: money, of course, people, yes, ideas, information, misinformation, the threat of force, the force of norms. All of these form of power are at play. Now think about how you would activate or perhaps neutralize these various forms of power.

This is not some Game of Thrones empire-level set of questions. These are questions that play out in every single place on the planet. I'll just tell you quickly about two stories drawn from recent headlines. In Boulder, Colorado, voters not too long ago approved a process to replace the private power company, literally the power company, the electric company Xcel, with a publicly owned utility that would forego profits and attend far more to climate change. Well, Xcel fought back, and Xcel has now put in play a ballot measure that would undermine or undo this municipalization. And so the citizen activists in Boulder who have been pushing this now literally have to fight the power in order to fight for power. In Tuscaloosa, at the University of Alabama, there's an organization on campus called, kind of menacingly, the Machine, and it draws from largely white sororities and fraternities on campus, and for decades, the Machine has dominated student government elections. Well now, recently, the Machine has started to get involved in actual city politics, and they've engineered the election of a former Machine member, a young, pro-business recent graduate to the Tuscaloosa city school board. Now, as I say, these are just two examples drawn almost at random from the headlines. Every day, there are thousands more like them. And you may like or dislike the efforts I'm describing here in Boulder or in Tuscaloosa, but you can not help but admire the power literacy of the players involved, their skill. You can not help but reckon with and recognize the command they have of the elemental questions of civic power -- what objective, what strategy, what tactics, what is the terrain, who are your enemies, who are your allies?

Now I want you to return to thinking about that problem or that opportunity or that challenge in your city, and the thing it was that you want to fix or create in your city, and ask yourself, do you have command of these elemental questions of power? Could you put into practice effectively what it is that you know? This is the challenge and the opportunity for us.

We live in a time right now where in spite of globalization or perhaps because of globalization, all citizenship is ever more resonantly, powerfully local. Indeed, power in our time is flowing ever faster to the city. Here in the United States, the national government has tied itself up in partisan knots. Civic imagination and innovation and creativity are emerging from local ecosystems now and radiating outward, and this great innovation, this great wave of localism that's now arriving, and you see it in how people eat and work and share and buy and move and live their everyday lives, this isn't some precious parochialism, this isn't some retreat into insularity, no. This is emergent. The localism of our time is networked powerfully. And so, for instance, consider the ways that strategies for making cities more bike-friendly have spread so rapidly from Copenhagen to New York to Austin to Boston to Seattle. Think about how experiments in participatory budgeting, where everyday citizens get a chance to allocate and decide upon the allocation of city funds. Those experiments have spread from Porto Alegre, Brazil to here in New York City, to the wards of Chicago. Migrant workers from Rome to Los Angeles and many cities between are now organizing to stage strikes to remind the people who live in their cities what a day without immigrants would look like. In China, all across that country, members of the New Citizens' Movement are beginning to activate and organize to fight official corruption and graft, and they're drawing the ire of officials there, but they're also drawing the attention of anti-corruption activists all around the world. In Seattle, where I'm from, we've become part of a great global array of cities that are now working together bypassing government altogether, national government altogether, in order to try to meet the carbon reduction goals of the Kyoto Protocol. All of these citizens, united, are forming a web, a great archipelago of power that allows us to bypass brokenness and monopolies of control.

And our task now is to accelerate this work. Our task now is to bring more and more people into the fold of this work. That's why my organization, Citizen University, has undertaken a project now to create an everyman's curriculum in civic power. And this curriculum starts with this triad that I described earlier of values, systems and skills. And what I'd like to do is to invite all of you to help create this curriculum with the stories and the experiences and the challenges that each of you lives and faces, to create something powerfully collective. And I want to invite you in particular to try a simple exercise drawn from the early frameworks of this curriculum. I want you to write a narrative, a narrative from the future of your city, and you can date it, set it out one year from now,five years from now, a decade from now, a generation from now, and write it as a case study looking back, looking back at the change that you wanted in your city, looking back at the cause that you were championing, and describing the ways that that change and that cause came, in fact, to succeed. Describe the values of your fellow citizens that you activated, and the sense of moral purpose that you were able to stir. Recount all the different ways that you engaged the systems of government, of the marketplace, of social institutions, of faith organizations, of the media. Catalog all the skills you had to deploy, how to negotiate, how to advocate, how to frame issues, how to navigate diversity in conflict, all those skills that enabled you to bring folks on board and to overcome resistance. What you'll be doing when you write that narrative is you'll be discovering how to read power, and in the process, how to write power. So share what you write, do you what you write, and then share what you do. I invite you to literally share the narratives that you create on our Facebook page for Citizen University. But even beyond that, it's in the conversations that we have today all around the world in the simultaneous gatherings that are happening on this topic at this moment, and to think about how we can become one another's teachers and students in power. If we do that, then together we can make civics sexy again. Together, we can democratize democracy and make it safe again for amateurs. Together, we can create a great network of city that will be the most powerful collective laboratory for self-government this planet has ever seen. We have the power to do that.

Thank you very much.

(Applause)

私は市民の参政について教えながら これで事業も持っています はい 今居眠りを始めた方 恐れ入りますが 起きてください (笑) この「市民の参政」という言葉 どうしてこんなに眠気を誘い というかもう瞬間的な 睡眠誘発効果が あるのでしょうか? 思うに この言葉自体 何かしら 恐ろしく高潔で 恐ろしく重大で 恐ろしく退屈な何かを 象徴しているせいでしょう ここで私らみたいな人間の出番です オンラインであれ 実際の集会であれ どんな手段でもいいから こういう集まりに顔を出して 市民の参政意識を 再び高めることが使命なんです アメリカ独立革命や 公民権運動の真っ只中の時代のようにね 市民の目を今一度 政治への参加に向けるためには 権力について教えることの意義を 明確にすること それは市政レベルで 行うべきことです

これが私が本日お話ししたいことです まずは幾つかの用語を 定義するところから始め 私たちが直面していると思われる 問題の規模についてお伝えし それを解決する場としての 都市の役割を ご説明したいと思います ではまず語義から始めます 「市民の参政」とは 単純に 自治体内で社会福祉や 問題解決に貢献する術のことを指します 市民権を操ることイコール「参政」にあたり ビル・ゲイツの父親の言葉を借りれば 「生涯 顔を出すこと」です これには次の3つの要素が含まれます: 価値観の基礎をなすもの 世界を動かすシステムへの理解 目標を追い求め 他の人々をそれに巻き込む 一連のスキル この3つです

ここで「権力」という言葉の定義をします それは一言でいえば 他の人に「してもらいたい」ことを 「やらせる」能力です 脅迫的に聞こえるのではないでしょうか 権力について話すのは嫌ですよね 怖い響きがありますし 何だか邪悪なもののように聞こえます この言葉自体 使うと なんだか落ち着きません 民主主義文化と 民主主義の「神話」によれば 権力とは人々に宿るものである 以上 これでお終いです ここに疑問を挟む余地はなく 改めて調べること自体歓迎されません 権力という言葉には 倫理的にネガティブな響きがあり 本質的に策謀家的に聞こえ 本質的に邪悪な物に思えてしまう しかし実のところ 権力は 本質的に善でも悪でもない 炎や物理が 本質的に 善でも悪でもないのと同じです ありのままのものなのです そして権力は あらゆる形での政府の運営を 左右するものです 民主主義 独裁政治にかかわらずね そして今日我々が直面する 特にアメリカで顕著なのですが 世界中に共通する問題とは 余りにも多くの市民が権力について 恐ろしく無知である ということです 権力とは何なのか 誰が持っているのか どの様に働き どう流れるのか 目に見える部分はどこか 見えない部分はどこか なぜ 権力を掌握する人がいて なぜ その力が肥大するのか そしてこの権力に関する無知識 その結果として 市民生活における力の動かし方を理解する 一握りの人間や 法案が法律になる仕組み などを知っていたり 友人関係が助成金に変わる仕組み とか 偏見が政策に変わる仕組み とか スローガンが社会運動に変わる 仕組み とか そういうことを理解している人達が 不当に肥大化した力を 振りかざし 大多数の人々の無知から 生み出された空白を 利用して 自分達の利益を 追及している

だからこそ 今すぐに 権力という概念について きちんと理解し 民主化することが 根本的に重要なのです 今この瞬間 大変わくわくすると 同時に難しいなとも感じます 何のことかというと この権力についての無知は あまりに世に蔓延しており 結果として 知識・理解・影響力が 一極集中してしまっています ほら ちょっと考えてみてください 人脈がどうやって助成金になるかって? それはもうスムーズに です 政府高官が天下って 民間の利害に関わるロビイストに なることにして 自分が今持つ人間関係から 新たな職務への元手を引き出す というように どうやって偏見が政策になるかって? 水面下で皆が知らないうちに ですよ 例えば ただの職務質問の仕組みがいつの間にか 高級官僚に数字ゲーム化されたりね どうやってスローガンを 社会運動にするかって? ネットで一気に拡散させます 例えば近年の「ティーパーティー」運動 「俺を踏みつけるな」と書かれた ガラガラヘビの旗の出所は アメリカ独立革命です 一方では 社会運動家の一団が 一時 紙面を騒がせた 「ウォールストリート占拠」運動 ネット上の画像等を通じて 世界規模の運動に発展したりね でも問題なのは ほとんどの人は本当のところ こんな現実 興味ないし 知りたくもない 市民の権力についての無学無知は 自分自身の意思によるものなんです 例えば 政治そのものを汚いと考える 新世紀世代の若者達がいる 彼らは政治とは一切関わりたくない 政治には参加しないで それよりボランティア活動なんかが したいだけ IT系オタクの中には 権力の偏りや乱用を 解決する万能薬は 単にもっとデータを集めて 情報の透明性を上げることだと 信じている人もいるし 左翼系は 権力というものは 企業に宿るものだと考え 右翼系は 政府に宿ると考え 両派とも 自分で勝手に憤って 現実が見えていない 能天気な人は 良いことが起きるものだと信じ 皮肉屋は 悪いことが起きるものだと信じ 幸運な人 不幸な人 どっちも 自分に与えられているものは まあ分相応であって 予め決定されたり 継承された力という 他の要素によって 著しく変わりうるものとは 思っていない

一般市民の生活に充満しつつある この運命論的な考え方が 私たちの 特に今日のアメリカにおける うんざりするほど低いレベルの 公民知識 市民関与 市政参加 政治意識 の根源となっています 政治の実務そのものは 専門家の集団に 効率よく下請けされていますしね たとえば金融系の人 福祉系の人 情報系の人 調査系の人なんかにです 残りの一般人の私たちは 自分が素人だからと 何でも鵜呑みにするしかない これでは 世の中の仕組みを知ろうとする 意欲も削がれます だから 政治には関わらないという道を選ぶ

我々は今こそ この問題 こういった課題に 真っ向から取り組むべきです もし 皆さん自身 こういった不関与や故意の無知などに 心当たりがあれば それこそが 先ほどお話しした 機会・富・力の一極集中 市民間に存在する深刻な不平等の 原因であり 当然の結果なのです だからこそ 今の時代 力について人々を教育する意味で 市民の参政を見直すことが 非常に重要なのです これがここまで重要になったことは 我々の生涯今まで 一度もなかったのではないでしょうか 人々が権力について学ばないなら 人々は目覚めることもない そして人々が目覚めなければ 皆取り残されるだけです

さて 権力を駆使する技術の一つは 目を覚まし声を上げることですが 同時に 人々が 意思決定を実行できるような 舞台を持つことでもあります 「市民の参政」を突き詰めれば 「誰が決めるのか」 という簡単な命題で表現できます 皆さんは これを 市政参加という形で 表に出て実行するべきです

これが 今日 私が言いたい 3つ目のポイントに繋がります それは単純に この権力の行使を行うのに 都市という舞台以上にふさわしい場所は 今の時代において 他にないということです 皆さんが住んでいる都市 ご出身の街について 考えてみてください 皆さんの街の日常で起こる 問題について考えてみてください 小さなことでもいい どこに街灯を設置すべきだとかね 少し規模を上げれば 地域の図書館の開館時間の 延長や短縮を提案したり もっと大規模なものでいえば 荒れた水辺地区を 高速道路や緑道に変えるべきだ とか 地元で営業している全ての企業が 生活できる最低限の賃金を保障すべきだとか 自分の街で変わって欲しいことを 想像してください そして どうしたらそれが達成できるか どうしたら実現できるだろうかと 考えてみてください 街の現状において行使されている あらゆる形での権力を並べてみてください お金はもちろん 人々についても アイデアや情報 間違った情報 武力の脅威 社会規範の力 これら全部が 権力として動いています 今度は この様々な形の権力を 駆使する方法や あるいは無効化する方法を 考えてみて下さい

『ゲーム・オブ・スローンズ』に出てくる 王国をどうこうする っていう話とは 違いますよ 地球上のあらゆる場所で 発生している問題です ちょっとここで 最近のニュースから 2つのストーリーを お話ししましょう コロラド州のボルダー市で 割と最近のことですが 民間の電力会社を市営化する案が 有権者の投票で承認されました Xcelという電「力」会社ですが これを公営化して 利益は追求せず 地球環境を意識した経営をしよう という計画です この決定にXcelは反撃します 投票制度を利用して この市営化計画を中止または無効化する 住民投票を求めました この計画を推進してきた ボルダーの市民活動家たちは 電力をめぐって 文字通り権力闘争を することとなりました タスカルーサ市にある アラバマ州立大学には 「ザ・マシーン」という ある意味恐ろしい名前の 学内組織があります 大部分は白人の女子学生クラブと 男子社交クラブの メンバーからなっています 「ザ・マシーン」は何十年もの間 学内選挙を牛耳ってきました ところが最近この「ザ・マシーン」が 実際の市の行政に 手を出し始め 最近社会に出たばかりの 組織の旧メンバーであり 若く 営利主義の候補者を タスカルーサ市の教育委員に 当選させようと選挙を操作しました これらは新聞の見出しから ほぼランダムに取り上げた たった2つの例に過ぎませんが こういった事は日々何千と起こっています 皆さんは 今話した ボルダーやタスカルーサでの活動を 好む好まないにかかわらず この関係者の「権力知能」や そのスキルに感心せずにはいられないでしょう 彼らが駆使している能力を 認めざるをえなくなり 目を背けていられなくなるはず この人たちは 市民権の行使における 根本的な命題 つまり 何が目的でどんな情勢にあるのか どんな戦略や戦術を使うべきか 誰が敵で 誰が味方なのか などといった ポイントを理解していますからね

ではここで 皆さん自身の街の 問題点や可能性について 課題点や解決したいこと 新しく始めたいことなどについて もう一度考えてみてください そして自問してください 今言った 権力に関する根本的ポイントを 掴む力が自分にあるかどうか ご自身で分かっているものだけでも 実践してみるというのはどうでしょう? これは難題ではありますが 好機会でもあります

我々は今 グローバリゼーションに反し あるいは グローバリゼーションの お陰かもしれませんが 市民権というものがすべて 今までにないほど 深く 強く地域に根差す そういう時代に生きています 事実 今の時代における権力は 今までにない速さで 都市に流れ込んでいます ここアメリカでは 中央政府が 党派政治にがんじがらめという状態です ここで 市民の構想力や革新そして独創性が 地域社会の生態系から頭をもたげ より広い外の世界に拡がりつつあります そしてこの大いなる革新 ローカリズムの大波が 各地に届きつつある現状は 人々が食事したり 仕事したり 分かち合ったり 買い物したり 移動したり という 日常の様子を見れば 分かるはず これは 昔尊ばれた教区社会などとは違うし 偏狭な地域主義への後退なんかでもない 新興の現象です 現代のローカリズムは 激しくネットワーク化しています 例えば 自転車を使う人にもっと優しい 街づくりのための戦略 これがコペンハーゲンからニューヨーク オースティン ボストン シアトルへと あっという間に広がったときの様子を 考えてみてください 試験的に予算作成を 一般参加で行った都市がありましたね 一般市民でも市の予算を 組み立てたり 予算配分を 決定する機会が与えられました ブラジルのポルトアレグレで始まった この試みが ここニューヨークやシカゴの一部の区にまで 広まっています ローマからロサンゼルスまで 他様々な都市に住む 移民の労働者達は ストライキの実施を計画しています 移民がいなければその街が どんな状態になってしまうか 住民に気づかせるためです 中国では 全土で 新公民運動のメンバーが 政府内の賄賂や汚職と戦おうと 組織化し 活発に運動を始めています 当局の怒りを買いながらも 一方で 世界中の反汚職活動家達の 注目も集めています 私自身の出身地であるシアトルは 今世界各地で増大中の都市連合に加盟し 京都議定書の CO2削減目標達成のため 活動しています これらの都市は皆 政府や国家中枢を介さずに連携しています 参加都市の市民達は 一致団結して ネットワークを作り 大きな島国のような 力の集合体となって 壊れた規制や 独占的支配を飛び超えた 活動ができるようになっています

我々の目下の課題は この動きを加速させること もっともっとたくさんの人々を この流れに引き入れ 巻き込むことです 私の会社 Citizen Universityで ごく普通の人を対象に 「市民力」という カリキュラムを開発する プロジェクトが 始まった理由がまさにこれです このカリキュラムは 先ほど私が説明した 価値、システム、スキルという 三本の矢を学ぶことから始まります ここで ご聴講の皆さんにご提案です このカリキュラムの開発に ご参加いただきたいのです 皆さんが体験したり直面してきた 体験談や経験や課題を集めたら 強大な体系が集合的に 出来上がるはずです 特にここにいる皆さんには このカリキュラム初期の枠内にある 簡単な練習課題を試していただきたい 一つの物語を書いてください あなたの街の未来を描いた物語です 日付を入れます 今日から一年後でも 5年後 10年後でも 一世代後でもいい 未来から今を振り返った ケーススタディとして書きます 自分の街で変わって欲しかったこと を書いてください 当時自分が応援していた運動を振り返り どのように変化が起こったか その目標が実際に叶ったものとして 描写します 活動を支持してきた 同胞市民の価値観と 周りの人に喚起できた 倫理的目的意識についても書きます あなたが経験した 行政システムや市場との関わり 福祉施設や 宗教団体 メディアとの関わりも全て 一つずつ全て書き記します 自分が駆使したスキルもすべて 一覧にしましょう 交渉術や 主張する技術 問題点を上手く表現する技術 衝突の中で多様性を導く技術など 周りの人々を巻き込み 周りの反対を乗り越えることを 可能にしたスキル全てです この物語を書きながら 同時に何が起こっているかというと 「力」を読み解く方法 「力」を書き出す方法を その過程で 見つけ出しているわけです 書いたものは共有しましょう 書いたことを実行しましょう そして実行していることを 周りとも共有しましょう 皆さんが書いた物語は Citizen Universityの Facebookページで 文字通りシェアしてください ここからさらに発展させましょう 今日我々が 世界のあちこちで同時に 同じトピックで開催されている 数々のイベント そこでの対話も含まれます そして考えてください 権力について お互いの師となり生徒となるには どうしたらいいか そうすることで 皆で力を合わせて 再び 市民の参政意欲を 高めることができるはず 皆で協力し 民主主義を民主化しましょう 素人でも扱えるものに戻しましょう お互い協力し合って 都市同士のネットワークを作り 自治政府のための 地球上に発生した中で一番強力な 集合実験場にしましょう 我々には それを可能にする「力」がありますから

どうもありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画