TED日本語 - アリス・ゴフマン: 私たちがどのように子供たちを大学 ― または刑務所に送り込んでいるか

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アリス・ゴフマン: 私たちがどのように子供たちを大学 ― または刑務所に送り込んでいるか

TED Talks

私たちがどのように子供たちを大学 ― または刑務所に送り込んでいるか
How we're priming some kids for college -- and others for prison
アリス・ゴフマン
Alice Goffman

内容

米国では、大人へと成長する旅路で、2つの組織がティーンエイジャーを導きます。大学と刑務所です。社会学者のアリス・ゴフマンは、6年間を、問題を抱えたフィラデルフィアの地区で過ごし、どのように、アフリカ系アメリカ人や、ラテン系のバックグラウンドを持つティーンエイジャー達が、刑務所へと、転落の道を辿っている様子を直接目にしました。その道は、時には比較的些細な違反から始まることもあるのです。彼女は感動的なトークの中で、「なぜ私たちは、手錠と懲役しか彼らに与えないのか?」と問いかけます。

Script

On the path that American children travel to adulthood,two institutions oversee the journey. The first is the one we hear a lot about: college. Some of you may remember the excitement that you felt when you first set off for college. Some of you may be in college right now and you're feeling this excitement at this very moment.

College has some shortcomings. It's expensive; it leaves young people in debt. But all in all, it's a pretty good path. Young people emerge from college with pride and with great friends and with a lot of knowledge about the world. And perhaps most importantly, a better chance in the labor market than they had before they got there.

Today I want to talk about the second institution overseeing the journey from childhood to adulthood in the United States. And that institution is prison. Young people on this journey are meeting with probation officers instead of with teachers. They're going to court dates instead of to class. Their junior year abroad is instead a trip to a state correctional facility. And they're emerging from their 20s not with degrees in business and English, but with criminal records.

This institution is also costing us a lot, about 40,000 dollars a year to send a young person to prison in New Jersey. But here, taxpayers are footing the bill and what kids are getting is a cold prison cell and a permanent mark against them when they come home and apply for work.

There are more and more kids on this journey to adulthood than ever before in the United States and that's because in the past 40 years, our incarceration rate has grown by 700 percent. I have one slide for this talk. Here it is. Here's our incarceration rate, about 716 people per 100,000 in the population. Here's the OECD countries.

What's more, it's poor kids that we're sending to prison, too many drawn from African-American and Latino communities so that prison now stands firmly between the young people trying to make it and the fulfillment of the American Dream. The problem's actually a bit worse than this 'cause we're not just sending poor kids to prison, we're saddling poor kids with court fees, with probation and parole restrictions, with low-level warrants, we're asking them to live in halfway houses and on house arrest, and we're asking them to negotiate a police force that is entering poor communities of color, not for the purposes of promoting public safety, but to make arrest counts, to line city coffers.

This is the hidden underside to our historic experiment in punishment: young people worried that at any moment, they will be stopped, searched and seized. Not just in the streets, but in their homes, at school and at work.

I got interested in this other path to adulthood when I was myself a college student attending the University of Pennsylvania in the early 2000s. Penn sits within a historic African-American neighborhood. So you've got these two parallel journeys going on simultaneously: the kids attending this elite, private university, and the kids from the adjacent neighborhood, some of whom are making it to college, and many of whom are being shipped to prison.

In my sophomore year, I started tutoring a young woman who was in high school who lived about 10 minutes away from the university. Soon, her cousin came home from a juvenile detention center. He was 15, a freshman in high school. I began to get to know him and his friends and family, and I asked him what he thought about me writing about his life for my senior thesis in college. This senior thesis became a dissertation at Princeton and now a book.

By the end of my sophomore year, I moved into the neighborhood and I spent the next six years

trying to understand what young people were facing as they came of age. The first week I spent in this neighborhood, I saw two boys,five and seven years old, play this game of chase, where the older boy ran after the other boy. He played the cop. When the cop caught up to the younger boy, he pushed him down, handcuffed him with imaginary handcuffs, took a quarter out of the other child's pocket, saying, "I'm seizing that." He asked the child if he was carrying any drugs or if he had a warrant. Many times, I saw this game repeated, sometimes children would simply give up running, and stick their bodies flat against the ground with their hands above their heads, or flat up against a wall. Children would yell at each other, "I'm going to lock you up, I'm going to lock you up and you're never coming home!" Once I saw a six-year-old child pull another child's pants down and try to do a cavity search.

In the first 18 months that I lived in this neighborhood, I wrote down every time I saw any contact between police and people that were my neighbors. So in the first 18 months, I watched the police stop pedestrians or people in cars, search people, run people's names, chase people through the streets, pull people in for questioning, or make an arrest every single day, with five exceptions. Fifty-two times, I watched the police break down doors, chase people through houses or make an arrest of someone in their home. Fourteen times in this first year and a half, I watched the police punch, choke, kick, stomp on or beat young men after they had caught them.

Bit by bit, I got to know two brothers, Chuck and Tim. Chuck was 18 when we met, a senior in high school. He was playing on the basketball team and making C's and B's. His younger brother, Tim, was 10. And Tim loved Chuck; he followed him around a lot, looked to Chuck to be a mentor. They lived with their mom and grandfather in a two-story row home with a front lawn and a back porch. Their mom was struggling with addiction all while the boys were growing up. She never really was able to hold down a job for very long. It was their grandfather's pension that supported the family, not really enough to pay for food and clothes and school supplies for growing boys. The family was really struggling.

So when we met, Chuck was a senior in high school. He had just turned 18. That winter, a kid in the schoolyard called Chuck's mom a crack whore. Chuck pushed the kid's face into the snow and the school cops charged him with aggravated assault. The other kid was fine the next day, I think it was his pride that was injured more than anything.

But anyway, since Chuck was 18, this agg. assault case sent him to adult county jail on State Road in northeast Philadelphia, where he sat, unable to pay the bail -- he couldn't afford it -- while the trial dates dragged on and on and on through almost his entire senior year. Finally, near the end of this season, the judge on this assault case threw out most of the charges and Chuck came home with only a few hundred dollars' worth of court fees hanging over his head. Tim was pretty happy that day.

The next fall, Chuck tried to re-enroll as a senior, but the school secretary told him that he was then 19 and too old to be readmitted. Then the judge on his assault case issued him a warrant for his arrest because he couldn't pay the 225 dollars in court fees that came due a few weeks after the case ended. Then he was a high school dropout living on the run.

Tim's first arrest came later that year after he turned 11. Chuck had managed to get his warrant lifted and he was on a payment plan for the court fees and he was driving Tim to school in his girlfriend's car. So a cop pulls them over, runs the car, and the car comes up as stolen in California. Chuck had no idea where in the history of this car it had been stolen. His girlfriend's uncle bought it from a used car auction in northeast Philly. Chuck and Tim had never been outside of the tri-state, let alone to California. But anyway, the cops down at the precinct charged Chuck with receiving stolen property. And then a juvenile judge, a few days later, charged Tim, age 11, with accessory to receiving a stolen property and then he was placed on three years of probation. With this probation sentence hanging over his head,

Chuck sat his little brother down and began teaching him how to run from the police. They would sit side by side on their back porch looking out into the shared alleyway and Chuck would coach Tim how to spot undercover cars, how to negotiate a late-night police raid, how and where to hide.

I want you to imagine for a second what Chuck and Tim's lives would be like if they were living in a neighborhood where kids were going to college, not prison. A neighborhood like the one I got to grow up in.

Okay, you might say. But Chuck and Tim, kids like them, they're committing crimes! Don't they deserve to be in prison? Don't they deserve to be living in fear of arrest? Well, my answer would be no. They don't. And certainly not for the same things that other young people with more privilege are doing with impunity. If Chuck had gone to my high school, that schoolyard fight would have ended there, as a schoolyard fight. It never would have become an aggravated assault case. Not a single kid that I went to college with has a criminal record right now. Not a single one. But can you imagine how many might have if the police had stopped those kids and searched their pockets for drugs as they walked to class? Or had raided their frat parties in the middle of the night? Okay, you might say. But doesn't this high incarceration rate partly account for our really low crime rate? Crime is down. That's a good thing. Totally, that is a good thing. Crime is down. It dropped precipitously in the '90s and through the 2000s. But according to a committee of academics convened by the National Academy of Sciences last year, the relationship between our historically high incarceration rates and our low crime rate is pretty shaky. It turns out that the crime rate goes up and down irrespective of how many young people we send to prison.

We tend to think about justice in a pretty narrow way: good and bad, innocent and guilty. Injustice is about being wrongfully convicted. So if you're convicted of something you did do, you should be punished for it. There are innocent and guilty people, there are victims and there are perpetrators. Maybe we could think a little bit more broadly than that.

Right now, we're asking kids who live in the most disadvantaged neighborhoods, who have the least amount of family resources, who are attending the country's worst schools, who are facing the toughest time in the labor market, who are living in neighborhoods where violence is an everyday problem, we're asking these kids to walk the thinnest possible line -- to basically never do anything wrong.

Why are we not providing support to young kids facing these challenges? Why are we offering only handcuffs, jail time and this fugitive existence? Can we imagine something better? Can we imagine a criminal justice system that prioritizes recovery, prevention, civic inclusion, rather than punishment? (Applause) A criminal justice system that acknowledges the legacy of exclusion that poor people of color in the U.S. have faced and that does not promote and perpetuate those exclusions. (Applause) And finally, a criminal justice system that believes in black young people, rather than treating black young people as the enemy to be rounded up. (Applause)

The good news is that we already are. A few years ago, Michelle Alexander wrote "The New Jim Crow," which got Americans to see incarceration as a civil rights issue of historic proportions in a way they had not seen it before. President Obama and Attorney General Eric Holder have come out very strongly on sentencing reform, on the need to address racial disparity in incarceration. We're seeing states throw out Stop and Frisk as the civil rights violation that it is. We're seeing cities and states decriminalize possession of marijuana. New York, New Jersey and California have been dropping their prison populations, closing prisons, while also seeing a big drop in crime. Texas has gotten into the game now, also closing prisons, investing in education. This curious coalition is building from the right and the left, made up of former prisoners and fiscal conservatives, of civil rights activists and libertarians, of young people taking to the streets to protest police violence against unarmed black teenagers, and older, wealthier people -- some of you are here in the audience -- pumping big money into decarceration initiatives In a deeply divided Congress, the work of reforming our criminal justice system is just about the only thing that the right and the left are coming together on.

I did not think I would see this political moment in my lifetime. I think many of the people who have been working tirelessly to write about the causes and consequences of our historically high incarceration rates did not think we would see this moment in our lifetime. The question for us now is, how much can we make of it? How much can we change?

I want to end with a call to young people, the young people attending college and the young people struggling to stay out of prison or to make it through prison and return home. It may seem like these paths to adulthood are worlds apart, but the young people participating in these two institutions conveying us to adulthood, they have one thing in common: Both can be leaders in the work of reforming our criminal justice system. Young people have always been leaders in the fight for equal rights, the fight for more people to be granted dignity and a fighting chance at freedom. The mission for the generation of young people coming of age in this, a sea-change moment, potentially, is to end mass incarceration and build a new criminal justice system, emphasis on the word justice.

Thanks.

(Applause)

アメリカの子供達が大人になる過程で 2つの組織がその旅路を監督します 1つ目は 皆さんがよく耳にする「大学」です 大学へと最初の1歩を踏み出したときの 興奮を覚えている方々もいるでしょう 現在在学中で 今この瞬間も その興奮を感じている方も いるかもしれません

大学には多少の欠点もあります 学費が高く 若者に借金を残すことです しかし全体として とても良い進路です 若者達は 誇りと素晴らしい友人 ― そして多くの知識を持って 大学を卒業します そして何よりも重要なことに 入学前よりも よいチャンスが 労働市場で与えられます

今日皆さんにお話したいのは 米国で子供から大人への旅路を監督する 2つ目の組織についてです それは「刑務所」です 若者はこの旅で 教師の代わりに 保護監察官に出会います 彼らは授業の代わりに公判に向かいます 1年目に留学する代わりに 州の刑務所へ行きます 彼らが20代で出所すると ビジネスや英文学の学位ではなく 前科がついてきます

この施設にも多額の費用がかかり ニュージャージーの刑務所に 若者を1人送るのに 年間4万ドルもかかります しかし ここでは納税者が費用を負担し 子供達に与えられるのは 冷たい独房です 日常生活に戻り 就職しようとしても 永久に消えることのない記録が残ります

米国ではこの旅路を辿る子供が年々増え かつてないほどの数に達しています これは過去40年間に 受刑率が700%も増加したからです スライドを1枚用意しました これです これが米国の受刑率で 人口10万人あたり716人です これはOECDの国々です

さらに刑務所に送られるのは 貧しい子供たち ― アフリカ系アメリカ人や ラテン系の子供達が多く 成功しようとする若者と アメリカンドリームの実現との間に 刑務所が立ちはだかります 実際の問題はもっとひどく ― なぜなら貧しい子供達を 刑務所に送るだけでなく 子供達に訴訟費用を負担させ 保護観察や仮釈放による制限を加え 低いレベルの保証しか与えません 私たちは彼らに社会復帰施設で暮らしたり 自宅軟禁することを求め また 有色人種の貧しいコミュニティに 警察の手が入りつつあることを うまく乗り越えるよう求めています しかし その理由は 公共の安全を増進するためでなく 検挙率を上げ 街の財源を潤すためなのです

これが歴史的な処罰の手法の 隠された側面です 若者はいつ呼び止められて 調べを受け 逮捕されるかわからないと脅えていました 街中だけでなく 家の中でも 学校でも 職場でもです

このもうひとつの大人への道に 興味を持ったのは2000年代初頭に 私がペンシルバニア大学の 学生であったときです 大学は昔からのアフリカ系アメリカ人の 居住地の中にあります そのため 2つの交わることのない旅が 同時に起こっているのです ― この優秀な私立大学に通う 子供達がいる一方で 大学の近所の子供達は 何人かは大学に行けますが 多くは刑務所に送られています

大学2年生の時 私は大学から10分のところに住む 高校生の女の子の家庭教師を始めました 間もなくして 彼女のいとこが 少年院から家に帰ってきました 彼は15歳で高校1年生でした 私は彼やその友達 彼の家族と知り合いになり そして私は大学の卒業論文で 彼の人生について 書いてもいいかと尋ねました この卒業論文は プリンストン大学で博士論文になり 今は本になっています

大学2年目の終わりまでに 私は大学の近所に引っ越し そこで次の6年間を過ごすことになります

若者が成人するまでに どのような経験をするか理解するためです その地域に引っ越した週に 7歳と5歳の男の子が 追いかけっこをして 年上の少年が 年下の子を 追いかけるのを見ました 年上の子は警察役でした 警察は年下の子を捕まえた時 その子を地面に押し付け 想像上の手錠をかけると その子のポケットから 25セント硬貨を取り上げて 「これは没収する」と言ったのです 年上の子はもう1人に ドラッグは持っていないか 保証人はいるかと尋ねました このゲームは何度も繰り返され 時に子供達は逃げるのをあきらめ 手を上げて 地面に腹ばいになったり 壁にぴったり体をつけることもありました 子供達はお互いに大声で 「お前を留置所送りにしてやる 捕まえたら 二度と家には戻れないぞ!」 と叫びます 6歳の子供が他の子供のズボンを下ろし 体腔検査をしようとするのを 見たこともあります

その地区に住んだ最初の18ヶ月 私は警察と近所の人々の接触を 目撃するたびに書き留めました その結果 最初の18ヶ月間 警察が歩行者や 車に乗っている人を呼び止めたり 身体検査を行ったり 名前を照合したり 人々を通りで追いかけたり 人々を尋問のために連行したり 逮捕したりするのを 5日間の例外を除き毎日見ました 52回も警察がドアを壊して 人々を家の中まで追いかけたり 在宅中の人を逮捕するのを見ました 最初の1年半で14回も ― 私は警察が若者を殴り、首を絞め、蹴り、踏みつけ、叩くのを見ました 逮捕した後にです

徐々に私は2人の兄弟を 知るようになりました チャックとティムです 出会ったとき チャックは18歳で高校3年生でした バスケットボールチームでプレーしていて 成績は「可」と「良」ばかりでした 彼の弟 ティムは10歳でした ティムはチャックが大好きで いつもついて回っていました チャックをメンターとして慕っていました 2人は母親と祖父と一緒に 芝生の前庭と裏口のある 2階建ての家に住んでいました 母親は少年達が成長する間 ずっと中毒に悩まされていました 彼女は実際のところ 長い間 職につけませんでした 家族を支えているのは 祖父の年金でしたが 成長期の男の子2人の 食べ物や服 ― 学校用品を買うには 十分ではありませんでした 家族は本当に困窮していました

私たちが会った時に チャックは高校3年生で 18歳になったばかりでした その冬 校庭で ある子供が チャックの母親を「売女」と呼びました チャックがその子の顔を 雪に押し付けたので 学校警察は 彼を加重暴行罪で告訴しました その子は翌日には回復しました 何よりも傷付けられたのは 彼のプライドであったことでしょう

しかし チャックは18歳であったため この加重暴行罪によって フィラデルフィアの北東の国道沿いの 成人用の郡刑務所に送られました 彼の経済状態では保釈金が支払えず 一方で 公判は 彼の高校3年生の大部分 延々と続きました 季節の終わりが近づき 最終的に この暴行訴訟の裁判官は ほとんどの請求を却下し チャックは帰宅しました たった数百ドルの裁判費用のみが 彼に課されました ティムはその日とても幸せでした

翌秋 チャックは 高校3年生を再履修しようとしましたが 学校の事務員が言うには 彼は19歳なので再履修には 年を取りすぎているということでした その後 その暴行訴訟の裁判官は 彼に対して逮捕令状を発行しました なぜなら 彼は裁判の後 数週間で期限を迎えた ― 225ドルの裁判費用が 支払えなかったからです そして 彼は逃走中の 高校中退者となりました

ティムの最初の逮捕は その年の暮れ 11歳になった時でした チャックは逮捕状を退けることに成功し 計画に沿って裁判費用を支払っており ガールフレンドの車で ティムを学校に送っているところでした 警察官が彼らを呼びとめ データベースと照合したところ その車がカリフォルニアで盗まれたものと 判明したのです その車がいつどこで盗まれたかなど チャックには見当もつきませんでした 彼のガールフレンドのおじが フィラデルフィア北東の中古車オークションで 買ったものだったのです チャックとティムは カリフォルニアまではおろか 隣接する3州の外にも 出たことがありませんでした それでも その管轄区域の警察は チャックを盗品受領の罪で逮捕しました そしてその数日後 青少年担当の裁判官は 11歳のティムを 盗品を受け取った共犯者として告発し 彼は3年間の保護観察期間に付されました 保護観察処分の期間中

チャックは小さな弟を座らせ 彼に警察から逃げるには どうしたらよいのか教え始めたのです 彼らは共用の狭い路地を臨める 裏口に隣り合って座り チャックはティムに 覆面パトカーの見分け方や 深夜の警察の急襲から逃げる方法や どこにどのように隠れるかを教えたのです

皆さん 少し想像してみてください もし子供達が刑務所ではなく 大学に行く地区に チャックとティムが住んでいたら その生活はどんなものであったでしょう 幸いにも私が育ったような地域です

皆さんはこう言うかもしれません でもチャックとティムみたいな子供達は 犯罪を犯しているじゃないの! 刑務所に行かなくっていいって言うの? 逮捕を恐れて生きていく 必要はないって言うの? 私の答えはノーです その必要はないのです 恵まれた若者が罰を受けずに済むのと 同じことをしているのなら なおのこと その必要はありません もしチャックが私の高校に通っていれば 校庭での喧嘩はその場で終わったでしょう 校庭の喧嘩としてです 加重暴行罪の訴訟になることなどありません 私が一緒に大学に通った子供のうち 犯罪歴のある人は1人もいません ただの1人もです でももし警察が授業に来た 学生達を呼び止めて ドラッグを持っていないか調べたら 何人くらい捕まるか想像できますか? もしくは 真夜中のコンパに 警察が乗り込んだら? 皆さんはこう言うかもしれません でも この高い服役率によって 犯罪率が多少は低くなっているのでは? 犯罪は減っています これは良いことです 本当によいことです 犯罪は減っています 1990年代と2000年代を通じて 急激に減っています しかし全米科学アカデミーにより 昨年招集された学識委員会によれば 歴史的に高い服役率と 低い犯罪率とは ほとんど関係がないとのことです 刑務所に送られる若者の数とは関係なく 犯罪率は上がったり下がっています

私たちは正義をとても狭く考えがちです 善と悪 無罪と有罪 不公平なのは 不当に有罪判決が行われていることです もし皆さんが自分したことを有罪とするなら 自分も罰を受けるべきです 世の中には潔白な人と罪深い人がいて 被害者と加害者がいます おそらく我々はもう少し 広く考えられるのではないでしょうか

現在 私たちは最も恵まれない地域で 生活している子供達 ― 家族の資源が最も少なく 国内で最もひどい学校に通っており 労働市場で最も差別的な扱いを受け 暴力が日常的な問題である地域に 住んでいる ― そんな子供達に 我々は 最も細い線の上を歩くように求めています つまり 間違ったことは 何もするなということです

なぜ私たちはこれらの困難に直面している 子供達に手を差し伸べないのでしょうか? なぜ私たちは手錠と懲役と 逃亡者の生活しか与えないのでしょう? もっと良い方法が考えられませんか? 懲罰よりも更生や予防 市民としての受け入れを優先する 刑事司法制度を 考えることはできませんか? (拍手) 刑事司法制度は 米国が直面してきた有色人種の 貧困層排斥の伝統を認めながらも これらの排斥を推進することも 永続させることもしていません (拍手) そしてついに 黒人の若者を 一斉検挙する敵として扱うのではなく 彼らを信頼するような刑事司法制度が まとめられています (拍手)

嬉しいことに これは現実に起こっています 数年前 ミシェル・アレクサンダーが 『The New Jim Crow』という本を書き アメリカ人に初めて服役率を 歴史的に重要な公民権問題として 認識させたのです オバマ大統領と法務長官エリック・ホルダーは 判決手続きの改革を 積極的に進めて 服役率の人種間不平等に対処する 必要性に取り組んでいます 私たちは呼び止めて行う所持品検査が 公民権の侵害として放棄されることを 目の当たりにしつつあります また都市や国家がマリファナの所持を 犯罪とみなさなくなりつつあります ニューヨークやニュージャージー カリフォルニアは 受刑者の数を減らし 刑務所を閉鎖する一方 犯罪数も大きな減少を見せています テキサス州もこの取り組みを開始し 刑務所を閉鎖し 教育に投資をしています この奇妙な連立は 右派と左派両方から成り 過去の受刑者と財政規律論者 公民権活動家と自由主義者 無防備な黒人の ティーンエイジャーに対する 警察の暴力に反対して 路上に出る若者などが参加し より年配で裕福な人々もまた ― 聴衆の皆様の中にもいることでしょう ― 大金を服役削減運動に投じています 大きく分断された連邦議会において 刑事司法制度改革の取り組みは 右派と左派の双方が共に取り組める 唯一の活動なのです

私は生きているうちに この政治的な瞬間を目にすると思いませんでした 歴史的に高い服役率の 原因と結果について書くために 疲れ知らずに働き続けてきた 多くの人々は 生きているうちに この瞬間を見ることはないと 考えていたのではないでしょうか 今私たちが考えるべきなのは 「そのために何ができるのか?」 「どれくらい変えられるのか?」 ということです

私は最後に若い人達 ― 大学に通う若者達と 刑務所に入らないように あるいは刑務所を出て家に帰ろうと 苦闘している若者達に 呼びかけたいと思います 大人へと続く2つの道は 天と地ほど分かれているように見えますが この2つの組織に属する若者は 1つの共通点を持っていることを 私たち大人に伝えてくれます どちらも現在の刑事司法制度を改革する リーダーになれるということです 若者たちは常に平等な権利への闘争 ― より多くの人達に尊厳と 自由に戦う機会を与える闘争のリーダーでした 大転換の可能性のある時代に成人する 今の若者世代のミッションは 膨大な数の人々を投獄するのをやめ 正義に重きを置く ― 新たな刑事司法制度を作ることなのです

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画