TED日本語 - パディ・アッシュダウン: 世界的な権力の移行

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - パディ・アッシュダウン: 世界的な権力の移行

TED Talks

世界的な権力の移行
The global power shift
パディ・アッシュダウン
Paddy Ashdown

内容

パディ・アッシュダウンは、私たちは今までなかった形で権力が変化している時代に生きていると言います。TEDxブリュッセルでの聞く者を魅了するスピーチの中で、彼は今起こりつつある3つの大きな世界の変動について述べています。

Script

There's a poem written by a very famous English poet at the end of the 19th century. It was said to echo in Churchill's brain in the 1930s. And the poem goes: "On the idle hill of summer, lazy with the flow of streams, hark I hear a distant drummer, drumming like a sound in dreams, far and near and low and louder on the roads of earth go by, dear to friend and food to powder, soldiers marching, soon to die." Those who are interested in poetry, the poem is "A Shropshire Lad" written by A.E. Housman.

But what Housman understood, and you hear it in the symphonies of Nielsen too, was that the long, hot, silvan summers of stability of the 19th century were coming to a close, and that we were about to move into one of those terrifying periods of history when power changes. And these are always periods, ladies and gentlemen, accompanied by turbulence, and all too often by blood.

And my message for you is that I believe we are condemned, if you like, to live at just one of those moments in history when the gimbals upon which the established order of power is beginning to change and the new look of the world, the new powers that exist in the world, are beginning to take form. And these are -- and we see it very clearly today -- nearly always highly turbulent times, highly difficult times, and all too often very bloody times. By the way, it happens about once every century.

You might argue that the last time it happened -- and that's what Housman felt coming and what Churchill felt too -- was that when power passed from the old nations, the old powers of Europe, across the Atlantic to the new emerging power of the United States of America -- the beginning of the American century. And of course, into the vacuum where the too-old European powers used to be were played the two bloody catastrophes of the last century -- the one in the first part and the one in the second part: the two great World Wars. Mao Zedong used to refer to them as the European civil wars, and it's probably a more accurate way of describing them.

Well, ladies and gentlemen, we live at one of those times. But for us, I want to talk about three factors today. And the first of these, the first two of these, is about a shift in power. And the second is about some new dimension which I want to refer to, which has never quite happened in the way it's happening now. But let's talk about the shifts of power that are occurring to the world. And what is happening today is, in one sense, frightening because it's never happened before. We have seen lateral shifts of power -- the power of Greece passed to Rome and the power shifts that occurred during the European civilizations -- but we are seeing something slightly different. For power is not just moving laterally from nation to nation. It's also moving vertically.

What's happening today is that the power that was encased, held to accountability, held to the rule of law, within the institution of the nation state has now migrated in very large measure onto the global stage. The globalization of power -- we talk about the globalization of markets, but actually it's the globalization of real power. And where, at the nation state level that power is held to accountability subject to the rule of law, on the international stage it is not. The international stage and the global stage where power now resides: the power of the Internet, the power of the satellite broadcasters, the power of the money changers -- this vast money-go-round that circulates now 32 times the amount of money necessary for the trade it's supposed to be there to finance -- the money changers, if you like, the financial speculators that have brought us all to our knees quite recently, the power of the multinational corporations now developing budgets often bigger than medium-sized countries. These live in a global space which is largely unregulated, not subject to the rule of law, and in which people may act free of constraint.

Now that suits the powerful up to a moment. It's always suitable for those who have the most power to operate in spaces without constraint, but the lesson of history is that, sooner or later, unregulated space -- space not subject to the rule of law -- becomes populated, not just by the things you wanted -- international trade, the Internet, etc. -- but also by the things you don't want -- international criminality, international terrorism. The revelation of 9/11 is that even if you are the most powerful nation on earth, nevertheless, those who inhabit that space can attack you even in your most iconic of cities one bright September morning. It's said that something like 60 percent of the four million dollars that was taken to fund 9/11 actually passed through the institutions of the Twin Towers which 9/11 destroyed. You see, our enemies also use this space -- the space of mass travel, the Internet, satellite broadcasters -- to be able to get around their poison, which is about destroying our systems and our ways.

Sooner or later, sooner or later, the rule of history is that where power goes governance must follow. And if it is therefore the case, as I believe it is, that one of the phenomenon of our time is the globalization of power, then it follows that one of the challenges of our time is to bring governance to the global space. And I believe that the decades ahead of us now will be to a greater or lesser extent turbulent the more or less we are able to achieve that aim: to bring governance to the global space.

Now notice, I'm not talking about government. I'm not talking about setting up some global democratic institution. My own view, by the way, ladies and gentlemen, is that this is unlikely to be done by spawning more U.N. institutions. If we didn't have the U.N., we'd have to invent it. The world needs an international forum. It needs a means by which you can legitimize international action. But when it comes to governance of the global space, my guess is this won't happen through the creation of more U.N. institutions. It will actually happen by the powerful coming together and making treaty-based systems, treaty-based agreements, to govern that global space.

And if you look, you can see them happening, already beginning to emerge. The World Trade Organization: treaty-based organization, entirely treaty-based, and yet, powerful enough to hold even the most powerful, the United States, to account if necessary. Kyoto: the beginnings of struggling to create a treaty-based organization. The G20: we know now that we have to put together an institution which is capable of bringing governance to that financial space for financial speculation. And that's what the G20 is, a treaty-based institution.

Now there's a problem there, and we'll come back to it in a minute, which is that if you bring the most powerful together to make the rules in treaty-based institutions, to fill that governance space, then what happens to the weak who are left out? And that's a big problem, and we'll return to it in just a second.

So there's my first message, that if you are to pass through these turbulent times more or less turbulently, then our success in doing that will in large measure depend on our capacity to bring sensible governance to the global space. And watch that beginning to happen. My second point is, and I know I don't have to talk to an audience like this about such a thing, but power is not just shifting vertically, it's also shifting horizontally.

You might argue that the story, the history of civilizations, has been civilizations gathered around seas -- with the first ones around the Mediterranean, the more recent ones in the ascendents of Western power around the Atlantic. Well it seems to me that we're now seeing a fundamental shift of power, broadly speaking, away from nations gathered around the Atlantic [ seaboard ] to the nations gathered around the Pacific rim. Now that begins with economic power, but that's the way it always begins. You already begin to see the development of foreign policies, the augmentation of military budgets occurring in the other growing powers in the world. I think actually this is not so much a shift from the West to the East; something different is happening.

My guess is, for what it's worth, is that the United States will remain the most powerful nation on earth for the next 10 years,15, but the context in which she holds her power has now radically altered; it has radically changed. We are coming out of 50 years, most unusual years, of history in which we have had a totally mono-polar world, in which every compass needle for or against has to be referenced by its position to Washington -- a world bestrode by a single colossus. But that's not a usual case in history. In fact, what's now emerging is the much more normal case of history. You're beginning to see the emergence of a multi-polar world.

Up until now, the United States has been the dominant feature of our world. They will remain the most powerful nation, but they will be the most powerful nation in an increasingly multi-polar world. And you begin to see the alternative centers of power building up -- in China, of course, though my own guess is that China's ascent to greatness is not smooth. It's going to be quite grumpy as China begins to democratize her society after liberalizing her economy. But that's a subject of a different discussion. You see India, you see Brazil. You see increasingly that the world now looks actually, for us Europeans, much more like Europe in the 19th century.

Europe in the 19th century: a great British foreign secretary, Lord Canning, used to describe it as the "European concert of powers." There was a balance, a five-sided balance. Britain always played to the balance. If Paris got together with Berlin, Britain got together with Vienna and Rome to provide a counterbalance. Now notice, in a period which is dominated by a mono-polar world, you have fixed alliances -- NATO, the Warsaw Pact. A fixed polarity of power means fixed alliances. But a multiple polarity of power means shifting and changing alliances. And that's the world we're coming into, in which we will increasingly see that our alliances are not fixed. Canning, the great British foreign secretary once said, "Britain has a common interest, but no common allies." And we will see increasingly that even we in the West will reach out, have to reach out, beyond the cozy circle of the Atlantic powers to make alliances with others if we want to get things done in the world.

Note, that when we went into Libya, it was not good enough for the West to do it alone; we had to bring others in. We had to bring, in this case, the Arab League in. My guess is Iraq and Afghanistan are the last times when the West has tried to do it themselves, and we haven't succeeded. My guess is that we're reaching the beginning of the end of 400 years -- I say 400 years because it's the end of the Ottoman Empire -- of the hegemony of Western power, Western institutions and Western values. You know, up until now, if the West got its act together, it could propose and dispose in every corner of the world. But that's no longer true. Take the last financial crisis after the Second World War. The West got together -- the Bretton Woods Institution, World Bank, International Monetary Fund -- the problem solved. Now we have to call in others. Now we have to create the G20. Now we have to reach beyond the cozy circle of our Western friends.

Let me make a prediction for you, which is probably even more startling. I suspect we are now reaching the end of 400 years when Western power was enough. People say to me, "The Chinese, of course, they'll never get themselves involved in peace-making, multilateral peace-making around the world." Oh yes? Why not? How many Chinese troops are serving under the blue beret, serving under the blue flag, serving under the U.N. command in the world today? 3,700. How many Americans? 11. What is the largest naval contingent tackling the issue of Somali pirates? The Chinese naval contingent. Of course they are, they are a mercantilist nation. They want to keep the sea lanes open. Increasingly, we are going to have to do business with people with whom we do not share values, but with whom, for the moment, we share common interests. It's a whole new different way of looking at the world that is now emerging.

And here's the third factor, which is totally different. Today in our modern world, because of the Internet, because of the kinds of things people have been talking about here, everything is connected to everything. We are now interdependent. We are now interlocked, as nations, as individuals, in a way which has never been the case before, never been the case before. The interrelationship of nations, well it's always existed. Diplomacy is about managing the interrelationship of nations. But now we are intimately locked together. You get swine flu in Mexico, it's a problem for Charles de Gaulle Airport 24 hours later. Lehman Brothers goes down, the whole lot collapses. There are fires in the steppes of Russia, food riots in Africa.

We are all now deeply, deeply, deeply interconnected. And what that means is the idea of a nation state acting alone, not connected with others, not working with others, is no longer a viable proposition. Because the actions of a nation state are neither confined to itself, nor is it sufficient for the nation state itself to control its own territory, because the effects outside the nation state are now beginning to affect what happens inside them.

I was a young soldier in the last of the small empire wars of Britain. At that time, the defense of my country was about one thing and one thing only: how strong was our army, how strong was our air force, how strong was our navy and how strong were our allies. That was when the enemy was outside the walls. Now the enemy is inside the walls. Now if I want to talk about the defense of my country, I have to speak to the Minister of Health because pandemic disease is a threat to my security, I have to speak to the Minister of Agriculture because food security is a threat to my security, I have to speak to the Minister of Industry because the fragility of our hi-tech infrastructure is now a point of attack for our enemies -- as we see from cyber warfare -- I have to speak to the Minister of Home Affairs because who has entered my country, who lives in that terraced house in that inner city has a direct effect on what happens in my country -- as we in London saw in the 7/7 bombings. It's no longer the case that the security of a country is simply a matter for its soldiers and its ministry of defense. It's its capacity to lock together its institutions.

And this tells you something very important. It tells you that, in fact, our governments, vertically constructed, constructed on the economic model of the Industrial Revolution -- vertical hierarchy, specialization of tasks, command structures -- have got the wrong structures completely. You in business know that the paradigm structure of our time, ladies and gentlemen, is the network. It's your capacity to network that matters, both within your governments and externally.

So here is Ashdown's third law. By the way, don't ask me about Ashdown's first law and second law because I haven't invented those yet; it always sounds better if there's a third law, doesn't it? Ashdown's third law is that in the modern age, where everything is connected to everything, the most important thing about what you can do is what you can do with others. The most important bit about your structure -- whether you're a government, whether you're an army regiment, whether you're a business -- is your docking points, your interconnectors, your capacity to network with others. You understand that in industry; governments don't.

But now one final thing. If it is the case, ladies and gentlemen -- and it is -- that we are now locked together in a way that has never been quite the same before, then it's also the case that we share a destiny with each other. Suddenly and for the very first time, collective defense, the thing that has dominated us as the concept of securing our nations, is no longer enough. It used to be the case that if my tribe was more powerful than their tribe, I was safe; if my country was more powerful than their country, I was safe; my alliance, like NATO, was more powerful than their alliance, I was safe. It is no longer the case. The advent of the interconnectedness and of the weapons of mass destruction means that, increasingly, I share a destiny with my enemy.

When I was a diplomat negotiating the disarmament treaties with the Soviet Union in Geneva in the 1970s, we succeeded because we understood we shared a destiny with them. Collective security is not enough. Peace has come to Northern Ireland because both sides realized that the zero-sum game couldn't work. They shared a destiny with their enemies. One of the great barriers to peace in the Middle East is that both sides, both Israel and, I think, the Palestinians, do not understand that they share a collective destiny. And so suddenly, ladies and gentlemen, what has been the proposition of visionaries and poets down the ages becomes something we have to take seriously as a matter of public policy.

I started with a poem, I'll end with one. The great poem of John Donne's. "Send not for whom the bell tolls." The poem is called "No Man is an Island." And it goes: "Every man's death affected me, for I am involved in mankind, send not to ask for whom the bell tolls, it tolls for thee." For John Donne, a recommendation of morality. For us, I think, part of the equation for our survival.

Thank you very much.

(Applause)

19世紀末に あるとても有名なイギリスの詩人によって 書かれた詩があります この詩が1930年代 チャーチルの頭の中をよぎっていたと 言われています 詩はこのようなものです 「夏の物憂い丘の上 水の流れに眠気をさそわれながら 遠くで鼓手の太鼓の音を聞く 夢の中のノイズのような太鼓の音を 遠く、近く、弱く、だんだん強く 音は道を通り過ぎていく やあ友人たちよ 火薬の餌食よ 兵士たちは行進する 皆 死に向かって」 これはA.E.ハウスマンによる 『シュロップシャーの若者』という詩です

しかしハウスマンが理解していたこと そしてあなた方が ニールセンの交響曲から感じることは 平和な19世紀における 長く、暑い、田舎の夏が 権力が移り変わるにつれ 終わりに近づき そしてやがて恐ろしい時代へと 突入していくということです そう皆さん いつの時にも 激乱の時代というものがあります そして多くの場合血が流されます

私がお伝えしたいのは 私たちはそのような時代のなかで 生きる運命にあるのだということです 権力の秩序を支えていた 回転テーブルが回り始め 新しい世界の見方 世界における新しい権力が 形作られ始めています 私たちがはっきりと気付いているように今は たいへんな激動の時代 たいへん困難な時代 そしてたいへん暴力的な時代であります このような変革は だいたい一世紀に一度起こります

前回この変革が起こったのは チャーチルやハウスマンも予期していたように 権力が以前の列強たち ヨーロッパ諸国から 大西洋を渡り 新しい新興国 アメリカへと移り アメリカの時代が始まったときでしょう そしてこの衰え果てたヨーロッパ諸国が 行きついた先は 皆さんご存知のように 20世紀におけるおぞましい2つの 血なまぐさい悲劇でした そう第一部と第二部からなる 二度の世界大戦です 毛沢東に言わせれば ヨーロッパの内戦ですが なるほど 確かにそうだったかもしれません

さて皆さん 私たちはそのような変革の時代に生きています 今日は3つの要因についてお話したい その中の最初の1つ いや2つは 権力の変移についてです そして次に 今までにない形で 私たちが迎えつつある 新局面について述べたいと思います それではまず 権力の変移についてお話ししましょう 今実際に世界で起こっていることです 今までに例をみないことなので とても恐ろしく感じます 水平方向への権力の変移はありました ギリシャからローマへ そしてヨーロッパで文化が栄えた時 権力は水平方向に変移していきました しかし今日私たちが目撃している変移は これとは異なります 覇権は国から国へと水平方向に 移動しているだけではありません それは同時に垂直方向にも変移しているのです

かつては 覇権は民族国家という 制度の中に収められていました 民族国家は 行動に対する責任と 法の支配の下にあります 今や世界的規模で 覇権の担い手が多様化しています 覇権のグローバル化とは ― 市場のグローバル化については語られていますが 実はこれは真の力がグローバル化することなのです 覇権の担い手が民族国家であったのであれば 法的責任に さらされるものでしたが 国際レベルになったときには 当てはまりません 今世界的に見て この権力は インターネット、衛星放送 そして 外国為替市場などが獲得しています 貿易に必要とされる 32倍以上の膨大な量の貨幣が 流通しています 為替相場師 いや 投機家というべきでしょうか 彼らはここ最近 私たちをひざまずかせています 多国籍企業は 中規模な国家よりも 大きな予算を 持っていることがあります 法の支配がなされていない 統制のないグローバルな空間で これらのことは起きています 人々は束縛を受けずに行動するかもしれません

これは権力を持つ人には 便利なことです 一番強い権力を持つ人が いつも 拘束をうけずに 行動してきたのです しかし歴史から学べるように 遅かれ早かれ この法の支配がなされていない 規制されていない空間は 国際貿易やインターネットなどの 良いものだけを生み出すわけではありません 国際的な犯罪やテロも 引き起こします 9.11のテロは 世界で一番力を持っている国に いるのにも関わらず あの統制されていない空間にいる者によって ある明るい9月の朝に 攻撃されうるのだということを 示しました 9.11テロ実行資金400万ドルのうち60%が テロによって破壊されたツインタワーを 通して取引されたと 言われています おわかりでしょう 私たちは敵とこの空間を共有しているのです 旅行の大衆化、インターネット、衛星放送 私たちのシステムややり方を 壊そうとしている彼らの毒牙は 私たちのすぐ近くにあるのです

遅かれ早かれ そうただ時間の問題なのです 歴史の法則によれば 権力のおもむくところに 統治が伴わなければいけないのです そして今まさに起こっているように 権力のグローバル化が 進むにつれて 今度は統治の範囲を世界的な空間へと 広げる必要があります そしてこれからの数十年 多かれ少なかれ さらなる混乱が訪れますが なんとかこのグローバル空間に 統治をもたらす目標を 達成できるのではないかと思っています

私は 政府について話しているわけではありません 国際的な民主的機関をつくることを 提案しているわけでもありません 私自身の考えでは 国連のような機関をいくら生み出しても 何も問題は解決されないと思っています 国連のような機関は必要ではありますが 世界は国際的な討論の場を必要としています 国際的な行動を合法化するための手段が 必要なのです 国際的な空間の統治は 国連の機関を増やすことでは 達成できないと思います 力のある人たちが集まり 条約に基づくシステム 条約に基づく同意によって 世界的な空間の統治は為されるでしょう

もう実際にこのような動きは はじまっているのです たとえば世界貿易機関 完全に条約に基づく機関です 必要であれば最も力のある アメリカを抑制出来るくらいの 力をもっていると言われています 京都議定書は 条約に基づく団体を発足する 試みのはじまりでした そしてG20 私たちは今 投機家たちが活動する金融の空間を 統治する機関の必要性に 気付いています 従ってG20は条約に基づく機関なのです

あとでもう一度触れますが そこには一つ問題があります もし力のあるものが 条約に基づく機関の中で ルールを規定するとなると 残された力のないものたちは どうなるのでしょう たいへん大きな問題です この問題については あとで戻ってきましょう

では まず最初のメッセージです あなた方がこの激乱の時代を 多かれ少なかれ 動揺しつつ経験していく中で 上手くやっていくためには 賢明な統治手段を 国際的な空間に もたらせるかどうかが 重要な鍵となってきます 実際にそれが起こりつつあることを 直視してください そして2つ目のメッセージですが あなた方のような観客には このようなことを言う必要は ないのかもしれません 権力は垂直方向にだけではなく 水平方向へも移行しています

文明発展の歴史は 海のまわりを中心にして 紡がれてきました そうですよね まず 地中海周辺で そして その後の大西洋周辺の欧米諸国の優勢です そして大まかに言いますと 大西洋周辺の国々から太平洋周辺の国々へと 根本的な権力の移行が まさに今起こっているように見受けられます いつもそうであるように 経済力の変移からはじまります あなた方も既に 新興国が外交政策を進め 軍事費を増大させているのを 目の当たりにしてきたはずです 私が思うに これは ただの西から東への力の移行ではありません なにか別の事も起きています

私の予想では アメリカはこの先10年 15年ほどは 地球上において最も強力な国で ありつづけるでしょう しかし アメリ力が力を保持する状況は 大きく変化しました 歴史的に最も稀な50年が 終わりを告げようとしています アメリカに賛成か反対かが 磁針となっていた50年 アメリカという巨人に牛耳られていた 50年です このような完全に単極化された時代は 歴史的に見て 大変珍しいものでした 実際は 現在起ころうとしていることの方が 歴史的に見れば 普通の状況なのです あなた方はこれから 多極化世界の時代を目撃するでしょう

今に至るまで アメリカは世界において 支配的な存在でありました これからも 最も力のある国であり続けるでしょうが どんどん多極化された世界の中においての 最も力のある国です いくつもの代わりとなる権力の中心が 立ち上がってくるでしょう もちろん中国もその一つですが そんなにスムーズにいくとは思えません 中国は経済を自由化し 社会を民主化していく中で 難航することもあるでしょう まぁ それは別の話ですね インド そしてブラジル 私たちヨーロッパの人間にとっては 今の世界は19世紀におけるヨーロッパのように 見えるかもしれません

19世紀におけるヨーロッパ イギリスの外務大臣であった チャールズ・カニングは 「ヨーロッパは権力の合奏のようだ」と 言っていました ヨーロッパの5国の間で バランスが保たれていました イギリスが いつもそのバランスを調整していたのです フランスがドイツとくっつけば イギリスはオーストリア・イタリアと一緒になり バランスを釣り合わせたのです そう 単極的な世界の時代では 固定された同盟関係があります NATO、ワルシャワ協定などです 権力が固定された時代は 固定された同盟関係を必要とします しかし権力が多極化する時代には 同盟関係は絶えず変わり続けます 同盟関係が固定されていないこと それがこれから私たちが突入していく 多極化された世界の時代の特徴なのです イギリスの外務大臣のカニングはこう言いました 「イギリスは共通の国家利害をもっているが 共通した同盟国は持ち合わせていない」と もしもこの世界の中で 何かを成し遂げたいと望んでいるのなら 私たちはこの居心地のよい 大西洋の国々の輪の中に留まらず 外の世界へ出て 別の人たちと 協定を結んでいかなければなりません

ヨーロッパがリビアに介入したとき 欧米諸国だけでは 不十分でした 他の地域の国々も 巻き込まなければなりませんでした この場合 アラブ連盟でした イラクとアフガニスタンが 欧米がすべて自らの力で 解決しようとする最後のケースとなるでしょう これまでのところ成功していません 私が思うに 400年続いてきたある時代が 終わりに近づいてきています 欧米の権力、機関、そして価値観が 主導権を握っていた オスマン帝国が滅びてからの 400年のことです みなさんご存知のように 今までは 欧米は世界中で 勝手に様々な事柄を提案し 様々な事柄を取り決めてきました しかし それはこれからは起こり得ません 第二次世界大戦後の 金融危機を例にとってみましょう 欧米諸国が集まり ブレトンウッズ協定、世界銀行 国際通貨基金が協力すれば 問題は解決でした しかし今は 他の国々にも声をかけなければなりません 今 G20を発足させなければなりません 今 居心地のよい欧米諸国の友達の輪から 抜け出さなければなりません

ここでさらにもう一つ さらに驚くべき 予測を皆さんにお話しします 欧米諸国の力だけで足りていた 400年は 終わりを告げようとしています 人々は私にこういいます 「中国人は 多面的な平和世界の創造に 全く貢献しようとしない」と そうでしょうか? 今日世界において 国連の名のもとで 役目を務めている中国人兵士が 何人いると思いますか? 3700人です アメリカはというと たった11人です ソマリアの海賊の問題解決にあたっている 最大の海軍はどこの国のものだと思いますか? 中国です 彼らは重商主義国であり 海上交通路を確保したいのです これからますます 私たちは同じ価値観を共有していない しかし一時的な共通した利害をもつ人たちと 付き合っていかねば ならないでしょう 今までとは完全に異なる見方で 世界を見ていくことになります

そして3つ目の要因です これは前の2つとは全く異なったものです 現代社会では インターネット そして今日ここで他の人が話していた 技術によって 全てのことが繋がっています 私たちは今 互いに依存しています 私たちは今 相互関係にあります 国レベルでも 個人レベルでも これは今までになかったこと はじめてのことです もちろん 国同士の関係は いつの時代にもありました 外交というのは この国同士の間の関係を保つためのものです しかし 今日私たちはたいへん緊密に関係しています もしメキシコで豚インフルエンザが流行すれば 24時間後には フランスのシャルル・ド・ゴール国際空港にまで 影響が及びます リーマン・ショックは 私たち皆に関係することでした ロシアでは大草原で火事が起きています アフリカでは食糧を求めて暴動が起きています

今私たちは深く、深く、深く 関わりあっているのです 他人と関わりをもたないこと 他人と一緒に働こうとしないこと 国家が独立して動くことは これからの時代では 不可能です 1つの国家の行動が 国内にとどまることはありえませんし また自国の領地を守っていくためには それだけでは足りません なぜなら国外で起きていることが 国内にも影響を及ぼし始めているからです

私はかつて1人の若い兵士でした イギリスの最後の戦争の時のことです 当時は 国の防衛のことを考えるとき 私たちは1つのことだけを 考えればよかったのでした 私たちの軍隊 私たちの空軍 私たちの海軍 そして同盟国が どれくらい強いかです それは敵が壁の外側にいたときの話です 今 敵は壁の内側にいます もし今日 国の防衛について話合うのなら 私は保健省に向かわなければならないでしょう なぜなら 流行病が私の安全に危険をもたらすからです 私は農業大臣とも話さなければならない なぜなら食料安全は 私の安全に大きく関わるからです そして産業大臣ともだ なぜならハイテクのインフラストラクチャーは サイバー戦争の観点からすると 今や敵の攻撃の標的となっているからです そして内務省の者とも話をしなければなりません 7月7日のロンドンで起きた 爆破からもわかるように 私の国へ入国した者 市内のテラスハウスに住んでいる者が 私の国に直接的な影響を与えるからです 国の安全保障は ただ兵士や国防省だけの問題である そんな時代はもう終わったのです 全ての省が関係しているのです

そしてとても重要なことなのですが 産業革命の 経済モデルに基づいて 構成された 階級制で 分業型である 私たちの政府の縦割り命令系統は 完全に間違った体制であると言えます ビジネスに関わる人々は 私たちの時代に必要な体制は ネットワークだということに お気づきでしょう このネットワークの能力が 政府の中でも外でも これから重要となっています

私 アッシュダウンの第三法則をご紹介しましょう 第一法則・第二法則のことは聞かないでください まだそんなの考え出していないのですから “第三法則”っていうと なんだかもっともらしく聞こえませんか? アッシュダウンの第三法則 全てのものが繋がっている現代において 最も重要視されてくる能力は 他人と協力してなにかをする能力です あなたが政府関係者でも 歩兵隊の一人であっても 事業家であったとしても 大事になってくるのは あなたにとっての連結点であり 連結する手段なのです ネットワークを築く能力なのです これは経済の世界では 理解されているのですが 政府はこのことを理解していません

そして最後に一つ お話してきたように 私たちは今までにない形で 互いに 密接に関わりあっています そして運命を共にしているのです 突然 そしてはじめて 私たちの国を守るためと思ってやってきていた 集団防衛だけでは 不十分になりました 今までならば もし私の部族がほかの部族よりも強ければ 私は安全でした もし私の国が彼らの国よりも強ければ 私は安全でした NATOのような協定が 彼らの協定よりも力を持っていれば 私は安全でした これからは違います 相互関係性や 大量破壊兵器が生まれると だんだんと私たちは私たちの敵と 運命を共有していくのだという事を示しています

私がかつて外交官として 1970年代 ジュネーブにて ソ連と軍備縮小の交渉に成功できたのは 私たちは運命を共にしているのだという認識を 持っていたからです 集団安全保障だけでは不十分です 北アイルランドに平和が訪れたのは お互いにゼロサムゲームは機能しないことに 気付いたからです 彼らは彼らの敵と運命を共にしていました 中東で大きな平和への障害となっているのは イスラエルとパレスチナのどちらもが 自分たちは運命を共有していることを 理解していないことです 皆さん 一昔前の空想家や詩人たちが 言っていたことが そう突然に 私たちが真剣に 社会政策として 捉えなければならないこととなっています

詩でスピーチを始めたので 詩で終わろうと思います ジョン・ダンの偉大な詩です 『誰がために鐘は鳴る』 「人はみな孤島ではない」という詩です こう続きます 「全ての人の死は私にも意味がある 何故なら私もまた人類の一部だから ゆえに問うなかれ 誰がために鐘は鳴るやと それは君のために鳴るならば」 ジョン・ダンにとっては 道徳的勧告だったかもしれません しかし私たちにとっては 生きていくために必要なルールのようです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画