TED日本語 - ロバート・マガー: 急成長する都市を成功に導く方法

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ロバート・マガー: 急成長する都市を成功に導く方法

TED Talks

急成長する都市を成功に導く方法
How to protect fast-growing cities from failing
ロバート・マガー
Robert Muggah

内容

世界全体では暴力は減少傾向にありますが、アレッポ、バマコ、カラカスのようなグローバル・サウスの人口の多い都市では、実際には暴力が増えており、麻薬売買が横行し、多くの人が失業し、市民の不安が広がっています。安全について研究しているロバート・マガーは、急成長を遂げたため、インフラが脆弱で政府もうまく機能していない「基盤の弱い都市」について、私たちの目を向けさせます。マガーは私たちが直面している4大リスクを示し、方向転換させる方法を提案します。

Script

We can cut violent deaths around the world by 50 percent in the next three decades. All we have to do is drop killing by 2.3 percent a year, and we'll hit that target.

You don't believe me? Well, the leading epidemiologists and criminologists around the world seem to think we can, and so do I, but only if we focus on our cities, especially the most fragile ones.

You see, I've been thinking about this a lot. For the last 20 years, I've been working in countries and cities ripped apart by conflict, violence, terrorism, or some insidious combination of all. I've tracked gun smugglers from Russia to Somalia, I've worked with warlords in Afghanistan and the Congo, I've counted cadavers in Colombia, in Haiti, in Sri Lanka, in Papua New Guinea. You don't need to be on the front line, though, to get a sense that our planet is spinning out of control, right? There's this feeling that international instability is the new normal. But I want you to take a closer look, and I think you'll see that the geography of violence is changing, because it's not so much our nation states that are gripped by conflict and crime as our cities: Aleppo, Bamako, Caracas, Erbil, Mosul, Tripoli, Salvador. Violence is migrating to the metropole.

And maybe this is to be expected, right? After all, most people today, they live in cities, not the countryside. Just 600 cities, including 30 megacities, account for two thirds of global GDP. But when it comes to cities, the conversation is dominated by the North, that is, North America, Western Europe, Australia and Japan, where violence is actually at historic lows. As a result, city enthusiasts, they talk about the triumph of the city, of the creative classes, and the mayors that will rule the world. Now, I hope that mayors do one day rule the world, but, you know, the fact is, we don't hear any conversation, really, about what is happening in the South. And by South, I mean Latin America, Africa, Asia, where violence in some cases is accelerating, where infrastructure is overstretched, and where governance is sometimes an aspiration and not a reality.

Now, some diplomats and development experts and specialists, they talk about 40 to 50 fragile states that will shape security in the 21st century. I think it's fragile cities which will define the future of order and disorder. That's because warfare and humanitarian action are going to be concentrated in our cities, and the fight for development, whether you define that as eradicating poverty, universal healthcare, beating back climate change, will be won or lost in the shantytowns, slums and favelas of our cities. I want to talk to you about four megarisks that I think will define fragility in our time, and if we can get to grips with these, I think we can do something with that lethal violence problem.

So let me start with some good news. Fact is, we're living in the most peaceful moment in human history. Steven Pinker and others have shown how the intensity and frequency of conflict is actually at an all-time low. Now, Gaza, Syria, Sudan, Ukraine, as ghastly as these conflicts are, and they are horrific, they represent a relatively small blip upwards in a 50-year-long secular decline. What's more, we're seeing a dramatic reduction in homicide. Manuel Eisner and others have shown that for centuries, we've seen this incredible drop in murder, especially in the West. Most Northern cities today are 100 times safer than they were just 100 years ago.

These two facts -- the decline in armed conflict and the decline in murder -- are amongst the most extraordinary, if unheralded, accomplishments of human history, and we should be really excited, right? Well, yeah, we should. There's just one problem: These two scourges are still with us. You see,525,000 people -- men, women, boys and girls -- die violently every single year. Research I've been doing with Keith Krause and others has shown that between 50,000 and 60,000 people are dying in war zones violently. The rest, almost 500,000 people, are dying outside of conflict zones. In other words,10 times more people are dying outside of war than inside war. What's more, violence is moving south, to Latin America and the Caribbean, to parts of Central and Southern Africa, and to bits of the Middle East and Central Asia. Forty of the 50 most dangerous cities in the world are right here in Latin America,13 in Brazil, and the most dangerous of all, it's San Pedro Sula, Honduras' second city, with a staggering homicide rate of 187 murders per 100,000 people. That's 23 times the global average.

Now, if violence is re-concentrating geographically, it's also being reconfigured to the world's new topography, because when it comes to cities, the world ain't flat, like Thomas Friedman likes to say. It's spiky. The dominance of the city as the primary mode of urban living is one of the most extraordinary demographic reversals in history, and it all happened so fast. You all know the figures, right? There's 7.3 billion people in the world today; there will be 9.6 billion by 2050. But consider this one fact: In the 1800s,one in 30 people lived in cities, today it's one in two, and tomorrow virtually everyone is going to be there. And this expansion in urbanization is going to be neither even nor equitable. The vast majority,90 percent, will be happening in the South, in cities of the South.

So urban geographers and demographers, they tell us that it's not necessarily the size or even the density of cities that predicts violence, no. Tokyo, with 35 million people, is one of the largest, and some might say safest, urban metropolises in the world. No, it's the speed of urbanization that matters. I call this turbo-urbanization, and it's one of the key drivers of fragility.

When you think about the incredible expansion of these cities, and you think about turbo-urbanization, think about Karachi. Karachi was about 500,000 people in 1947, a hustling, bustling city. Today, it's 21 million people, and apart from accounting for three quarters of Pakistan's GDP, it's also one of the most violent cities in South Asia. Dhaka, Lagos, Kinshasa, these cities are now 40 times larger than they were in the 1950s.

Now take a look at New York. The Big Apple, it took 150 years to get to eight million people. Sao Paulo, Mexico City, took 15 to reach that same interval.

Now, what do these medium, large, mega-, and hypercities look like? What is their profile? Well, for one thing, they're young. What we're seeing in many of them is the rise of the youth bulge. Now, this is actually a good news story. It's a function of reductions in child mortality rates. But the youth bulge is something we've got to watch. What it basically means is the proportion of young people living in our fragile cities is much larger than those living in our healthier and wealthier ones. In some fragile cities,75 percent of the population is under the age of 30. Think about that: Three in four people are under 30. It's like Palo Alto on steroids. Now, if you look at Mogadishu for example, in Mogadishu the mean age is 16 years old. Ditto for Dhaka, Dili and Kabul. And Tokyo? It's 46. Same for most Western European cities. Now, it's not just youth that necessarily predicts violence. That's one factor among many, but youthfulness combined with unemployment, lack of education, and -- this is the kicker -- being male, is a deadly proposition. They're statistically correlated, all those risk factors, with youth, and they tend to relate to increases in violence.

Now, for those of you who are parents of teenage sons, you know what I'm talking about, right? Just imagine your boy without any structure with those unruly friends of his, out there cavorting about. Now, take away the parents, take away the education, limit the education possibilities, sprinkle in a little bit of drugs, alcohol and guns, and sit back and watch the fireworks. The implications are disconcerting. Right here in Brazil, the life expectancy is 73.6 years. If you live in Rio, I'm sorry, shave off two right there. But if you're young, you're uneducated, you lack employment, you're black, and you're male, your life expectancy drops to less than 60 years old. There's a reason why youthfulness and violence are the number one killers in this country.

Okay, so it's not all doom and gloom in our cities. After all, cities are hubs of innovation, dynamism, prosperity, excitement, connectivity. They're where the smart people gather. And those young people I just mentioned, they're more digitally savvy and tech-aware than ever before. And this explosion, the Internet, and mobile technology, means that the digital divide separating the North and the South between countries and within them, is shrinking. But as we've heard so many times, these new technologies are dual-edged, right? Take the case of law enforcement. Police around the world are starting to use remote sensing and big data to anticipate crime. Some cops are able to predict criminal violence before it even happens. The future crime scenario, it's here today, and we've got to be careful. We have to manage the issues of the public safety against rights to individual privacy.

But it's not just the cops who are innovating. We've heard extraordinary activities of civil society groups who are engaging in local and global collective action, and this is leading to digital protest and real revolution. But most worrying of all are criminal gangs who are going online and starting to colonize cyberspace. In Ciudad Juarez in Mexico, where I've been working, groups like the Zetas and the Sinaloa cartel are hijacking social media. They're using it to recruit, to sell their products, to coerce, to intimidate and to kill. Violence is going virtual.

So this is just a partial sketch of a fast-moving and dynamic and complex situation. I mean, there are many other megarisks that are going to define fragility in our time, not least income inequality, poverty, climate change, impunity. But we're facing a stark dilemma where some cities are going to thrive and drive global growth and others are going to stumble and pull it backwards. If we're going to change course, we need to start a conversation. We can't only focus on those cities that work, the Singapores, the Kuala Lumpurs, the Dubais, the Shanghais. We've got to bring those fragile cities into the conversation.

One way to do this might be to start twinning our fragile cities with our healthier and wealthier ones, kickstarting a process of learning and collaboration and sharing of practices, of what works and what doesn't. A wonderful example of this is coming from El Salvador and Los Angeles, where the mayors in San Salvador and Los Angeles are collaborating on getting ex-gang members to work with current gang members, offering tutoring, education, and in the process are helping incubate cease-fires and truces, and we've seen homicide rates go down in San Salvador, once the world's most violent city, by 50 percent. We can also focus on hot cities, but also hot spots. Place and location matter fundamentally in shaping violence in our cities. Did you know that between one and two percent of street addresses in any fragile city can predict up to 99 percent of violent crime? Take the case of Sao Paulo, where I've been working. It's gone from being Brazil's most dangerous city to one of its safest, and it did this by doubling down on information collection, hot spot mapping, and police reform, and in the process, it dropped homicide by 70 percent in just over 10 years. We also got to focus on those hot people. It's tragic, but being young, unemployed, uneducated, male, increases the risks of being killed and killing. We have to break this cycle of violence and get in there early with our children, our youngest children, and valorize them, not stigmatize them. There's wonderful work that's happening that I've been involved with in Kingston, Jamaica and right here in Rio, which is putting education, employment, recreation up front for these high-risk groups, and as a result, we're seeing violence going down in their communities.

We've also got to make our cities safer, more inclusive, and livable for all. The fact is, social cohesion matters. Mobility matters in our cities. We've got to get away from this model of segregation, exclusion, and cities with walls. My favorite example of how to do this comes from Medellin. When I lived in Colombia in the late 1990s, Medellin was the murder capital of the world, but it changed course, and it did this by deliberately investing in its low-income and most violent areas and integrating them with the middle-class ones through a network of cable cars, of public transport, and first-class infrastructure, and in the process, it dropped homicide by 79 percent in just under two decades.

And finally, there's technology. Technology has enormous promise but also peril. We've seen examples here of extraordinary innovation, and much of it coming from this room, The police are engaging in predictive analytics. Citizens are engaging in new crowdsourcing solutions. Even my own group is involved in developing applications to provide more accountability over police and increase safety among citizens. But we need to be careful.

If I have one single message for you, it's this: There is nothing inevitable about lethal violence, and we can make our cities safer. Folks, we have the opportunity of a lifetime to drop homicidal violence in half within our lifetime. So I have just one question: What are we waiting for?

Thank you.

(Applause)

世界の暴力死は 今後30年間で 50%削減できます 年に2.3%殺人を減らせれば 目標を達成できそうです

信じられないですか? でも 世界の一流の疫学者や犯罪学者は 犯罪を減らせると考えており 私もそう思います しかし 都市の中でも基盤の弱い町に 目を向けるとどうでしょうか?

私はこのことを色々考えてき ました この20年間 私は紛争や暴力やテロ あるいは悪質に絡み合うこれら全てのせいで 分裂した 国家や都市で活動してきました 私はロシアからソマリアまで 銃の密輸業者を追跡しましたし アフガニスタンやコンゴでは 武装勢力と行動しました コロンビア、ハイチ、スリランカ、パプアニューギニアでは 死体を数えたものです この星が制御不能になりつつあることは 前線まで行かなくても 何となくお分かりいただけますね? 国際的に不安定な状態が 普通になってきていると感じます しかし よくよく見てみると 暴力の地理学が変化しているのに 気付かれると思います 紛争や犯罪に支配された国家は そういう都市ほど多くありません アレッポ、バマコ、カラカス、エルビル、モースル、トリポリ、サルバドル 暴力は大都市に飛び火します

これはおそらく想定内ですよね? 何といっても 大多数の人々が 田舎よりも都市で暮らしているのです 30の大都市を含む600の都市だけで 世界のGDPの3分の2を占めるのです しかし 都市に関して語るとき 語られるのは北半球の都市ばかり 北アメリカ、西ヨーロッパ オーストラリア、日本では 暴力は今までになく減少しているのです だから 都市好きの人々が 都市や 創造的な階級の勝利を語り 都市の市長こそが世界を統治すべきと語ります 私はいつの日か こういった市長に世界を支配してほしいと思っていますが ご存じのとおり 実際は 南半球の現状については 語り合うこともないのです その中でも暴力が増えている所もある ラテン・アメリカ アフリカ、アジアでは インフラに無理な負荷がかかり ときには そもそも統治の実現が望まれている状態です

さて 外交官や開発専門家などは 21世紀の安全保障の姿を定める上で 40-50の基盤の弱い国家について言及するものもいます 基盤の弱い都市こそが将来 秩序を保てるかどうかのカギだと思います なぜなら 武力衝突や人道的な活動が これらの都市に集中するだろうということと そこでの開発の模索は スラム街や貧民街での 貧困撲滅や国民皆保険 気候変動の阻止だと 定義するかどうかと その成否にかかっているからです この時代において 不安定さを定義する 4大リスクについてお話します 4大リスクを掌握できるなら 死を招く暴力問題を なんとかできると思うのです

良いニュースからお伝えします 私たちは人類史上 最も平和な時代に暮らしています スティーブン・ピンカー等は 紛争の激化や頻度が 今までになく 減少していることを示しました 現在 ガザ、シリア、スーダン、ウクライナでは ゾッとするような紛争が起こっていますが 50年にも渡る (暴力の)下降傾向においては 比較的小さな一時的な急上昇と 見なされています その上 殺人は激減しています マニュエル・アイズナー等は 何世紀にも渡って 特に西洋で 殺人が驚くほど 減少していることを示しました 北半球にある都市の大半が 100年前と比べると100倍安全なのです

「武力衝突の減少」と「殺人の減少」という この二つの事実は とりわけすばらしく 偶然とはいえ 人類史が達成したものなのです 興奮しますよね? 興奮すべきなんです でも 問題が1つあります まだどちらも無くなったわけではありません ご覧のように 52万5千人の老若男女が 毎年暴力が原因で死亡しています キース・クラウス等と一緒に行った研究では 5万-6万人が 紛争地帯の暴力で死に 残りの約50万人は 別の場所で死んでいることが分かりました つまり 紛争地帯で死ぬよりも それ以外で死ぬ人が10倍多いのです さらに 暴力は南下しています ラテン・アメリカやカリブ海へ 中央アフリカの一部やアフリカ南部へ 中東の一部や中央アジアへ 移動しています 世界の50の最も危険な都市のうち 40がここ ラテン・アメリカにあるのです ブラジルには13ありますが とりわけ危険なのが ホンジュラスの第二の都市 サンペドロスラで 殺人率が高く 10万人あたり187人が殺害され これは世界平均の23倍にあたります

さて もし暴力が地理的に 再集結されるなら 世界の地勢図も再構成されるでしょう なぜなら 都市に関して言えば T.フリードマンのように 世界はフラットではなく でこぼこなのです 都市の暮らしを基調とする人々が 優勢であるということは 歴史的に見て最も特異な人口形態であり すべてが 急激に起こったのです 具体的な数字はご存じですね? 世界には今日73億人いますが 2050年までに96億人になります でも 次の事実を考えてみましょう 1800年代には30人に1人が 都市に住んでいましたが 今日では2人に1人です そして将来は 誰もが都市に住んでいるも同然です 都会化の拡大は 均一でも公平でもありません 90%に上る大部分の人々が 南半球の都市で暮らしています

都会地理学者や人口統計学者は 決して都市の規模や密度で 暴力を予測するわけではないと言います 東京は人口3千5百万人の 大都市の一つですが 世界で最も安全な首都と言われています 問題なのは 都市化のスピードです 私はこれをターボ都市化現象と呼ぶのですが 基盤の弱さの主要因の一つです

都市の驚異的な拡大について 考えるのなら ターボ都市化現象として カラチについて考えてみてください 1947年 カラチは人口約50万人の 活気のある都市でした 今日では2千百万人で パキスタンのGDPの4分の3を 占めているものの 南アジアで最も暴力が 横行している都市の一つでもあります ダッカ、ラゴス、キンシャサは 1950年代と比べ 40倍になっているのです

ニューヨークを例にとってみましょう 人口8百万人になるまで 150年間かかりました サンパウロやメキシコシティでは 同じ人口になるのに15年でした

さて 中都市、大都市、メガシティ、ハイパーシティとは どのようなものでしょうか? その分析結果とは? まず 若いことです 都市の多くで 若年層が増加しています これは本当は 良いニュースなのです 子どもの死亡率の低下がもたらしたのですから しかし 若年層の増加は 注意すべきものです それが根本的に意味することは 基盤の弱い都市に暮らす若者は 盤石で豊かな都市に暮らす若者よりも はるかに多いのです ある基盤の弱い都市においては 人口の75%が30歳未満です 4人中3人が30歳未満だと 考えてみてください 筋肉増強剤を使用したパロアルトのようです モガディシュを例にとると 平均年齢は16歳といったところでしょうか ダッカ、ディリ、カブールもそうです 東京ですか?46歳です 西ヨーロッパの大半の都市も同様です さて 若さだけが必ずしも 暴力につながるわけではありません 多くの要因の一つなのです 若さに失業と 教育を受けていないことが結びつき ここが重要ですが 男性であることが命取りになります 統計学的に見て 危険要因はすべて 若さと相関関係にあり 暴力の増加に関連しているのです

10代の息子がいる親御さんなら 私の話を理解していただけますよね? 自分の息子が学校や仕事にも行かず 悪ガキとつるんで遊び回っていると 想像してみてください 両親から引き離し 教育の機会を奪い その可能性が失われたところへ ドラックやアルコール、銃といったものを振りかけ 座って花火を見るのです 想像しただけでも嫌ですよね ここブラジルの平均余命は73.6歳です リオ・デ・ジャネイロで暮らすなら 残念ながら 2歳短くなります しかし もしあなたが若く 教育も受けておらず 失業中の黒人男性ならば 平均余命は60歳未満にまで 落ち込みます この国において 若さと暴力が 死因の第一要因である理由です

でも 都市については 暗い見通しばかりではありません 都市はイノベーションや活力 繁栄や興奮、繋がりなどの中心にあり 頭の良い人々が集まる所でもあるのです また 若者というものは かつてなくデジタルや テクノロジーに長けています インターネットやモバイルの拡大により 国際的な南北間の情報格差や 国内の格差は 縮まってきています しかし 耳にタコができるほど これらの新しい技術は 両刃の刃であると 聞かされていますよね? 世界の警察は リモートセンシングやビッグデータを使って 犯罪を予測し始めています 暴力犯罪が起こる前に 予測できる警察もあります 未来の犯罪のシナリオは 今 ここにあり 同時に注意も必要です 私たちは 治安問題の解決と プライバシーの権利を 秤にかけなくてはなりません

でも警察だけが 進化しているのではありません 地元や世界各地で活発な活動を行う 市民運動についても 私たちは耳にすることがあり これがメディアを使った抗議活動や 真の革命につながっています しかし ここで特に心配になるのが オンラインを使い サイバー空間を独占しようとしている 犯罪組織です 私が働いている メキシコのシウダー・フアレスでは セタスやシナロア・カルテルのような組織が ソーシャルメディアを牛耳っています メディアでメンバーを募ったり 商品を販売したり 圧力をかけたり 脅したり 殺したりするのです 暴力がバーチャル化しているのです

これは 目まぐるしく ダイナミックで 複雑な状況のほんの一部なのです つまり 現代の基盤の弱点を定義する メガリスクは他にも多くあるのです 特に収入格差 貧困、気候変動、刑事免責などです しかし 繁栄して世界的成長を促す 都市がある一方で 不調で後退する都市もあるという 明白なジレンマに直面しています 方向を変えるのなら 対話を始める必要があります シンガポール、クアラルンプール ドバイ、上海など機能している都市にだけ 着目することはできません 基盤の弱い都市に 対話に加わってもらう必要があるのです

これを実現するには 基盤の弱い都市と より健全で豊かな都市とをペアにして 学習の過程や協力を促したり 何が機能し 何がしなかったのかを 共有するのです エルサルバドルやロサンゼルスが この素晴らしい例です サンサルバドルとロサンゼルスの市長が 協力し合って 元暴力団員と現役の団員を 一緒に働かせたり 個別指導や教育の機会を与えています この過程で 抗争が少なくなり かつて世界で最も暴力の多かった サンサルバドルでは 殺人率が50%減少しました 都市だけでなく 犯罪多発地域にも着目します 基本的に場所が 都市の犯罪形成に関わってきます 基盤の弱い都市でも 99パーセントの暴力犯罪が発生した場所は 1-2パーセントの住所に限られます ご存知でしたか? 私が活動するサンパウロを 例に取ります ブラジルで最も危険な都市から 最も安全な都市の一つになりました 情報収集や危険地帯のマッピング 警察の組織改革などを 重点的に行うことで 殺人を10年で70%減らせたのです 危険人物にも着目しました 悲しいことに 若く失業中で 学校に行っていない男性は 殺したり 殺されたりする リスクが高くなるのです この暴力の連鎖を断ち切り 子どもが子供が道を踏み外したら 悪い芽を摘むことで 安定するように努めるのです これは素晴らしい仕事です キングストンやジャマイカ ここリオで リスクの高い若者のために 教育や雇用 レクリエーションを掲げ 活動に関わってきました その結果 コミュニティでの暴力が 減少していったのです

都市はより安全で 解放的であり 住みやすくなければなりません 団結こそが重要なのです 都市の流動性が大切なのです 人種差別や排他性や都市の壁を 取り除かなければなりません メデジンの対策が私のお気に入りです 1990年代後半 コロンビアにいた時 メデジンは世界の死の都でしたが 政策を変え 敢えて低所得者層や暴力多発地域に 税金を投入し 公共交通のケーブルカーのネットワークや 良質なインフラを提供して 中流階級地域と統合しました その過程で 殺人が20年足らずで 79%減少しました

そして最後はテクノロジーです テクノロジーはとても有望ですが 危険でもあるのです 驚くべきイノベーションの例を目にしましたし こういう場から さらに発生するでしょう 警察は予測分析をし 市民はクラウドソーシングで新たな 解決策を模索します 私のグループも アプリの開発に携わり 警察により説明責任を持たせ 市民の安全性を高めようとしています しかし 注意深く進める必要があります

あなたに1つだけ伝えられるとすれば 「死を招く暴力は決して 避けられないものではない」ことです 私たちの都市はより安全にできるのです 皆さん 生きている間に暴力による殺人を 半分に減らそうではありませんか そのために質問します 「まだ 行動しないのですか?」

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画