TED日本語 - ローレンス・レッシグ: 政治改革の歩みは止まらない

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ローレンス・レッシグ: 政治改革の歩みは止まらない

TED Talks

政治改革の歩みは止まらない
The unstoppable walk to political reform
ローレンス・レッシグ
Lawrence Lessig

内容

7年前、インターネット活動家のアーロン・シュワルツは、政治改革を目指して戦うようにローレンス・レッシグを説得しました。シュワルツが非業の死を遂げた1年後、レッシグはアメリカの政治から汚職を追放するキャンペーンを続けていました。情熱的で極めて個人的なトークを通じてレッシグが心から訴えるのは、全ての市民が彼の呼びかけに応えること、そして決して希望を失ってはならないということです。

Script

So a chip, a poet and a boy.

It's just about 20 years ago, June 1994, when Intel announced that there was a flaw at the core of their Pentium chip. Deep in the code of the SRT algorithm to calculate intermediate quotients necessary for iterative floating points of divisions -- I don't know what that means, but it's what it says on Wikipedia -- there was a flaw and an error that meant that there was a certain probability that the result of the calculation would be an error, and the probability was one out of every 360 billion calculations. So Intel said your average spreadsheet would be flawed once every 27,000 years. They didn't think it was significant, but there was an outrage in the community. The community, the techies, said, this flaw has to be addressed. They were not going to stand by quietly as Intel gave them these chips. So there was a revolution across the world. People marched to demand -- okay, not really exactly like that -- but they rose up and they demanded that Intel fix the flaw. And Intel set aside 475 million dollars to fund the replacement of millions of chips to fix the flaw. So billions of dollars in our society was spent to address a problem which would come once out of every 360 billion calculations.

Number two, a poet. This is Martin Niemoller. You're familiar with his poetry. Around the height of the Nazi period, he started repeating the verse, "First they came for the communists, and I did nothing, did not speak out because I was not a communist. Then they came for the socialists. Then they came for the trade unions. Then they came for the Jews. And then they came for me. But there was no one left to speak for me." Now, Niemoller is offering a certain kind of insight. This is an insight at the core of intelligence. We could call it cluefulness. It's a certain kind of test: Can you recognize an underlying threat and respond? Can you save yourself or save your kind? Turns out ants are pretty good at this. Cows, not so much. So can you see the pattern? Can you see a pattern and then recognize and do something about it? Number two. Number three, a boy. This is my friend Aaron Swartz. He's Tim's friend. He's friends of many of you in this audience, and seven years ago, Aaron came to me with a question. It was just before I was going to give my first TED Talk. I was so proud. I was telling him about my talk, "Laws that choke creativity." And Aaron looked at me and was a little impatient, and he said, "So how are you ever going to solve the problems you're talking about? Copyright policy, Internet policy, how are you ever going to address those problems so long as there's this fundamental corruption in the way our government works?"

So I was a little put off by this. He wasn't sharing in my celebration. And I said to him, "You know, Aaron, it's not my field, not my field."

He said, "You mean as an academic, it's not your field?"

I said, "Yeah, as an academic, it's not my field."

He said, "What about as a citizen? As a citizen."

Now, this is the way Aaron was. He didn't tell. He asked questions. But his questions spoke as clearly as my four-year-old's hug. He was saying to me, "You've got to get a clue. You have got to get a clue, because there is a flaw at the core of the operating system of this democracy, and it's not a flaw every one out of 360 billion times our democracy tries to make a decision. It is every time, every single important issue. We've got to end the bovinity of this political society. We've got to adopt, it turns out, the word is fourmi-formatic attitude -- that's what the Internet tells me the word is -- the ant's appreciative attitude that gets us to recognize this flaw, save our kind and save our demos.

Now if you know Aaron Swartz, you know that we lost him just over a year ago. It was about six weeks before I gave my TED Talk, and I was so grateful to Chris that he asked me to give this TED Talk, not because I had the chance to talk to you, although that was great, but because it pulled me out of an extraordinary depression. I couldn't begin to describe the sadness. Because I had to focus. I had to focus on, what was I going to say to you? It saved me.

But after the buzz, the excitement, the power that comes from this community, I began to yearn for a less sterile, less academic way to address these issues, the issues that I was talking about. We'd begun to focus on New Hampshire as a target for this political movement, because the primary in New Hampshire is so incredibly important. It was a group called the New Hampshire Rebellion that was beginning to talk about, how would we make this issue of this corruption central in 2016? But it was another soul that caught my imagination, a woman named Doris Haddock, aka Granny D. On January 1,1999,15 years ago, at the age of 88, Granny D started a walk. She started in Los Angeles and began to walk to Washington, D.C. with a single sign on her chest that said, "campaign finance reform." Eighteen months later, at the age of 90, she arrived in Washington with hundreds following her, including many congressmen who had gotten in a car and driven out about a mile outside of the city to walk in with her. (Laughter)

Now, I don't have 13 months to walk across the country. I've got three kids who hate to walk, and a wife who, it turns out, still hates when I'm not there for mysterious reasons, so this was not an option, but the question I asked, could we remix Granny D a bit? What about a walk not of 3,200 miles but of 185 miles across New Hampshire in January?

So on January 11, the anniversary of Aaron's death, we began a walk that ended on January 24th, the day that Granny D was born. A total of 200 people joined us across this walk, as we went from the very top to the very bottom of New Hampshire talking about this issue. And what was astonishing to me, something I completely did not expect to find, was the passion and anger that there was among everyone that we talked to about this issue. We had found in a poll that 96 percent of Americans believe it important to reduce the influence of money in politics. Now politicians and pundits tell you, there's nothing we can do about this issue, Americans don't care about it, but the reason for that is that 91 percent of Americans think there's nothing that can be done about this issue. And it's this gap between 96 and 91 that explains our politics of resignation. I mean, after all, at least 96 percent of us wish we could fly like Superman, but because at least 91 percent of us believe we can't, we don't leap off of tall buildings every time we have that urge. That's because we accept our limits, and so too with this reform. But when you give people the sense of hope, you begin to thaw that absolute sense of impossibility. As Harvey Milk said, if you give 'em hope, you give 'em a chance, a way to think about how this change is possible. Hope. And hope is the one thing that we, Aaron's friends, failed him with, because we let him lose that sense of hope. I loved that boy like I love my son. But we failed him. And I love my country, and I'm not going to fail that. I'm not going to fail that. That sense of hope, we're going to hold, and we're going to fight for, however impossible this battle looks.

What's next? Well, we started with this march with 200 people, and next year, there will be 1,000 on different routes that march in the month of January and meet in Concord to celebrate this cause, and then in 2016, before the primary, there will be 10,000 who march across that state, meeting in Concord to celebrate this cause. And as we have marched, people around the country have begun to say, "Can we do the same thing in our state?" So we've started a platform called G.D. Walkers, that is, Granny D walkers, and Granny D walkers across the country will be marching for this reform. Number one. Number two, on this march,one of the founders of Thunderclap, David Cascino, was with us, and he said, "Well what can we do?" And so they developed a platform, which we are announcing today, that allows us to pull together voters who are committed to this idea of reform. Regardless of where you are, in New Hampshire or outside of New Hampshire, you can sign up and directly be informed where the candidates are on this issue so you can decide who to vote for as a function of which is going to make this possibility real. And then finally number three, the hardest. We're in the age of the Super PAC. Indeed yesterday, Merriam announced that Merriam-Webster will have Super PAC as a word. It is now an official word in the dictionary. So on May 1, aka May Day, we're going to try an experiment. We're going to try a launching of what we can think of as a Super PAC to end all Super PACs. And the basic way this works is this. For the last year, we have been working with analysts and political experts to calculate, how much would it cost to win enough votes in the United States Congress to make fundamental reform possible? What is that number? Half a billion? A billion? What is that number? And then whatever that number is, we are going to kickstart, sort of, because you can't use KickStarter for political work, but anyway, kickstart, sort of, first a bottom-up campaign where people will make small dollar commitments contingent on reaching very ambitious goals, and when those goals have been reached, we will turn to the large dollar contributors, to get them to contribute to make it possible for us to run the kind of Super PAC necessary to win this issue, to change the way money influences politics, so that on November 8, which I discovered yesterday is the day that Aaron would have been 30 years old, on November 8, we will celebrate 218 representatives in the House and 60 Senators in the United States Senate who have committed to this idea of fundamental reform.

So last night, we heard about wishes. Here's my wish. May one. May the ideals of one boy unite one nation behind one critical idea that we are one people, we are the people who were promised a government, a government that was promised to be dependent upon the people alone, the people, who, as Madison told us, meant not the rich more than the poor. May one. And then may you, may you join this movement, not because you're a politician, not because you're an expert, not because this is your field, but because if you are, you are a citizen. Aaron asked me that. Now I've asked you.

Thank you very much.

(Applause)

チップと詩人と ある青年の話をしましょう

ちょうど20年程前 ― 1994年6月にインテルが ある発表をしました Pentiumチップのコアに 欠陥があったのです SRTアルゴリズムのコード内の ― 浮動小数点除算の反復に必要な 途中の商を計算する部分・・・ 私にはよくわかりませんが Wikipediaには そう書いてあります その部分に欠陥とエラーがあって― 計算結果に 一定の割合で誤りが生じます その可能性は 3,600億回に1回だそうです インテルによれば ― 普通のスプレッドシートで誤りが 起こるのは2万7千年に1度です インテルは この欠陥を 重要視しませんでしたが コミュニティーは激怒しました 技術者達は 手を打つべきだと 考えたのです 彼らは黙ってチップの交換を 待ってはいませんでした 世界中で革命を起こしたのです 人々は交換を要求して行進し ― まあ これほどではなかったですが 彼らは欠陥の修正を求めて 立ち上がったのです インテルは何百万個もの チップを交換するために 4億7,500万ドルを 準備しました つまり 何億ドルもの金が 3,600億回に1回 ― 起こるかどうかという問題に 使われたのです

2つ目は 詩人 マルティン・ニーメラーです 彼の詩はご存知でしょう ナチスの絶頂期に 彼は ある詩をよく口にしました 「彼らが共産主義者を攻撃した時 ― 私は声を上げなかった 自分が共産主義者ではなかったから 次は社会主義者 ― 次は労働組合 ― 次はユダヤ人が攻撃された そして とうとう私の番が来た でも私のために 声をあげる人は残っていなかった」 ニーメラーは この詩で 本質を捉えています 知性の核となる本質の理解です 「手がかり」と 呼んでもいいでしょう これはテストのようなものです 隠れた危機を察知して 対処できるか? 自分や仲間を救えるか? アリは上手く対処します ウシはそれほどでもありません 皆さんはパターンを 見いだせるでしょうか? パターンを見つけ 理解して 行動を起こせるでしょうか 3つ目は 青年です 友人のアーロン・シュワルツです 彼はティムの友達です 皆さんの中にも友人がたくさんいます 7年前に アーロンが私のところに来て たずねました 私は初めての TEDトーク直前でした 自信満々で彼に話したのは 『法が創造性を圧迫する』という トークのことです アーロンは私を見て 少しイライラしながら言いました 「いったいどうやって その問題を 解決するんだい? 著作権政策や ネット政策や そういう問題に どう取り組むって言うんだい? 政府の仕組みが 根本的に腐敗しているというのに」

これには少しうんざりしました お祝いムードに 水を差されたからです だから私は言いました 「アーロン それは 私の専門分野じゃない」

彼は言いました 「それは学者としてだろ?」

「ああ 学者としての 専門分野ではない」

「じゃあ市民としてはどうだ? 1人の市民としては?」

これがアーロンのやり方でした 彼は何も説かず たずねました でも彼の問いは 4才になる自分の子の ハグと同じくらい雄弁でした 彼は私に言ったものです 「手がかりを 見つけ出すべきだよ だって この民主主義の オペレーティングシステムは コアに欠陥があるんだ でも 僕らの民主主義では 3,600億回 決断を下したら 間違うのは1回だけじゃない 毎回 毎回 ― あらゆる重要な問題で誤るんだ この政治社会の愚かさに 終止符を打つべきなんだ 僕らは“アリの編隊的態度”を 身につけなくちゃ ― この言葉はネットで見ました アリは見分ける力を持っている その力を使えば 欠陥を見つけ出し 同胞を そして 民衆を救うことができるんだ」

アーロンを知る人なら 彼が1年ほど前に 亡くなったこともご存知でしょう 彼が亡くなったのは 私がTEDに出る6週間ほど前でした 依頼してくれたクリスには 本当に感謝しました 確かに素晴しい機会でしたが 話す機会を得たから 感謝したわけではありません 極度の憂うつから 抜け出せたからです 言葉で表せない程の 悲しみでした だからこそ集中することが ― 聴衆に向けて何を話すかに 集中する必要があったのです それに救われたのです

でも このコミュニティーの 興奮や熱狂 そしてパワーを感じてからは 汚職の問題を より不毛でなく アカデミックでもない形で 扱いたいと強く願うようになりました それで私達は 政治運動のターゲットとして ニューハンプシャー州に 注目し始めました ニューハンプシャー州予備選挙は 極めて重要だからです ニューハンプシャー反乱軍を組織して どうやって この汚職の問題を 2016年の大統領選の 争点にするかを検討し始めました 一方で私の心を捉えた 人物がいました ドリス・ハドック またの名を グラニーDという女性です 15年前の 1999年1月1日に 当時 88歳のグラニーDは ― ロサンゼルスから 主都ワシントンに向けて 歩き出しました 胸には こんなメッセージを 掲げていました 「財政改革キャンペーン」 それから18か月経って 90歳になった彼女は 数百人を引き連れて ワシントンに着きました 中には議員も大勢いました 彼らは彼女と歩くために 1.5キロほど郊外へ 車で行っただけですが (笑)

ただ私には13か月もかけて 国内を横断する ― 時間がありません 3人の子どもは 歩くのが大嫌いですし なぜか分かりませんが 私の妻は ― 子ども以上に嫌がるので そんなに歩くのは無理でした でも私はこう考えました グラニーDの方法を 利用できないだろうか? 5,000キロは無理でも 300キロなら? 1月にニューハンプシャー州を 縦断するのはどうだろう?

そこで私たちは アーロンの命日の1月11日に歩き始め グラニーDの誕生日にあたる 1月24日にゴールしました 延べ200人が参加して ニューハンプシャーの 最北端から最南端まで 汚職について語りながら 歩いたのです 私には予想外で とても驚いたのですが この問題を語り合った人々は 1人残らず 怒りをあらわにしていました アンケートによると アメリカ人の96%が 政治における金の影響力を 弱めるべきだと考えています 一方 政治家や評論家は ― 汚職問題に有効な対策はなく 国民も無関心だと主張し その根拠として 国民の91%が 「この問題に有効な対策はない」と 答えていることをあげます この96%と91%という 数字の間にあるのは 私たちのあきらめの態度です 96%の人が スーパーマンのように 空を飛ぶことを望んでいるのに 91%が そんなことは 無理だと信じているせいで 高層ビルから飛ぶ衝動に駆られても 実際には しません 自分の限界を受け入れているからです この改革にも同じ事が言えます でも人々に希望を与えれば 絶対に不可能だという 思い込みは消えていきます ハーヴェイ・ミルクは言いました 希望を与えることは チャンスを与えること つまり変化を実現する方法を ― 考えられるようにすることです 希望・・・ アーロンの友人である私たちが 彼から奪ったのは まさにこの希望でした 私たちのせいで 彼は希望を失ったのです 私はアーロンを 息子のように思っていました でも彼を失望させてしまった 私は自分の国を愛しています そして 私は諦めるつもりはありません 私は諦めるつもりはありません そんな希望こそ どんなに困難に思えたとしても 抱き続け 勝ち取るべきものなのです

では次に何をすべきか? 最初の行進は200人でした 来年は1,000人規模で 実施する予定です 1月に色々なルートを 行進して 主張を広めるために 州都コンコードで集会をします さらに2016年 大統領予備選の直前に 1万人が州を縦断し コンコードに集結して 主張を広めます 行進をしていると 全国から問い合わせがきました 「我が州でも行進が できないだろうか?」 そこで始めた運動が 「グラニーDウォーカーズ」です 全国の賛同者が 改革を求めて 行進することになるでしょう さらに この行進には Thunderclapの創立者の1人 デビッド・カッシーノも 参加してくれました 彼は援助を申し出てくれて 本日 公開するプラットフォームを 開発してくれました これは改革に賛同する ― 有権者を集める仕組みです 皆さんが ニューハンプシャー州に いようがいまいが ― 登録すると この問題に取り組む 候補者の所在が分かり 誰に投票するかを決められます その結果 改革が 現実のものになるのです そして最後に 最も厄介な課題があります 現代はスーパーPACの時代です 昨日 メリアム=ウェブスター社は 辞書にスーパーPACを のせることを発表しました 正式に辞書に掲載されたのです そこで私達は5月1日 つまりメーデーの日に ある実験を予定しています 私たちはあらゆるスーパーPACを 止めるためのスーパーPACを ― 立ち上げる予定です 基本的な仕組みはこうです 去年1年間 ― アナリストや政治の専門家と一緒に ある費用の計算をしてきました 抜本的な改革を実現するために 必要な票を議会で得るには いくらかかるだろうか? 5億ドル?10億ドル? 何ドルになるだろうか? ただ それが何ドルになろうと クラウド・ファンディングを始めます Kickstarterは 政治運動には使えませんが 最初は草の根運動を通して 資金調達を始め 少額の寄付を募って 最終的には 壮大な目標の 達成を目指します いったんゴールを達成したら 今度は多額の寄付を募って この問題で勝利するために 必要なスーパーPACを 運営することを目指します 政治における 金の影響力を変えるのです 11月8日に ― この日は アーロンが生きていれば 30歳になる日だと 昨日 気づいたのですが 11月8日には 抜本的な改革という 発想に賛同する ― 218人の下院議員と 60人の上院議員の 当選を祝うことになるでしょう

昨日 私たちは いくつかの願いを聞きました 一方 私の願いはこうです 5月1日に ― 1人の青年の理想が 「国民は1つ」という 重要な理念を背景にして 国を1つにまとめることです 私たちに約束された政府とは 国民だけに従う政府です そして国民には マディソンが言うように 金持ちだけでなく 貧しい人達も含まれます 5月1日です 皆さんもこの運動に 参加してください それは皆さんが 政治家だからでも 専門家だからでもなく ましてや専門分野だからでもありません 皆さんが 市民だからです アーロンは私に そう問いかけました 次は私が皆さんに 問いかける番です

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画