TED日本語 - ダン・パチョルキ: 受刑者の有意義な人生のために、刑務所ができること

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ダン・パチョルキ: 受刑者の有意義な人生のために、刑務所ができること

TED Talks

受刑者の有意義な人生のために、刑務所ができること
How prisons can help inmates live meaningful lives
ダン・パチョルキ
Dan Pacholke

内容

アメリカでは、刑務所を統括する部門のことを「矯正省」としばしば呼びます。それなのに、彼らの焦点は受刑者を収容し統制することにあります。ワシントン州矯正省の副長官であるダン・パチョルキは、それとは違った見方をお話しします。それは、人間らしい生活環境と、有意義な仕事や学習の機会を提供する刑務所です。

Script

We're seen as the organization that is the bucket for failed social policy. I can't define who comes to us or how long they stay. We get the people for whom nothing else has worked, people who have fallen through all of the other social safety nets. They can't contain them, so we must. That's our job: contain them, control them.

Over the years, as a prison system, as a nation, and as a society, we've become very good at that, but that shouldn't make you happy. Today we incarcerate more people per capita than any other country in the world. We have more black men in prison today than were under slavery in 1850. We house the parents of almost three million of our community's children, and we've become the new asylum, the largest mental health provider in this nation. When we lock someone up, that is no small thing. And yet, we are called the Department of Corrections. Today I want to talk about changing the way we think about corrections. I believe, and my experience tells me, that when we change the way we think, we create new possibilities, or futures, and prisons need a different future.

I've spent my entire career in corrections, over 30 years. I followed my dad into this field. He was a Vietnam veteran. Corrections suited him. He was strong, steady, disciplined. I was not so much any of those things, and I'm sure that worried him about me. Eventually I decided, if I was going to end up in prison, I'd better end up on the right side of the bars, so I thought I'd check it out, take a tour of the place my dad worked, the McNeil Island Penitentiary.

Now this was the early '80s, and prisons weren't quite what you see on TV or in the movies. In many ways, it was worse. I walked into a cell house that was five tiers high. There were eight men to a cell. there were 550 men in that living unit. And just in case you wondered, they shared one toilet in those small confines. An officer put a key in a lockbox, and hundreds of men streamed out of their cells. Hundreds of men streamed out of their cells. I walked away as fast as I could.

Eventually I went back and I started as an officer there. My job was to run one of those cell blocks and to control those hundreds of men. When I went to work at our receptions center, I could actually hear the inmates roiling from the parking lot, shaking cell doors, yelling, tearing up their cells. Take hundreds of volatile people and lock them up, and what you get is chaos. Contain and control -- that was our job.

One way we learned to do this more effectively was a new type of housing unit called the Intensive Management Unit, IMU, a modern version of a "hole." We put inmates in cells behind solid steel doors with cuff ports so we could restrain them and feed them. Guess what? It got quieter. Disturbances died down in the general population. Places became safer because those inmates who were most violent or disruptive could now be isolated. But isolation isn't good. Deprive people of social contact and they deteriorate. It was hard getting them out of IMU, for them and for us. Even in prison, it's no small thing to lock someone up.

My next assignment was to one of the state's deep-end prisons where some of our more violent or disruptive inmates are housed. By then, the industry had advanced a lot, and we had different tools and techniques to manage disruptive behavior. We had beanbag guns and pepper spray and plexiglass shields, flash bangs, emergency response teams. We met violence with force and chaos with chaos. We were pretty good at putting out fires.

While I was there, I met two experienced correctional workers who were also researchers, an anthropologist and a sociologist. One day,one of them commented to me and said, "You know, you're pretty good at putting out fires. Have you ever thought about how to prevent them?" I was patient with them, explaining our brute force approach to making prisons safer. They were patient with me. Out of those conversations grew some new ideas and we started some small experiments. First, we started training our officers in teams rather than sending them one or two at a time to the state training academy. Instead of four weeks of training, we gave them 10. Then we experimented with an apprenticeship model where we paired new staff with veteran staff. They both got better at the work. Second, we added verbal de-escalation skills into the training continuum and made it part of the use of force continuum. It was the non-force use of force. And then we did something even more radical. We trained the inmates on those same skills. We changed the skill set, reducing violence, not just responding to it.

Third, when we expanded our facility, we tried a new type of design. Now the biggest and most controversial component of this design, of course, was the toilet. There were no toilets. Now that might not sound significant to you here today, but at the time, it was huge. No one had ever heard of a cell without a toilet. We all thought it was dangerous and crazy. Even eight men to a cell had a toilet. That small detail changed the way we worked. Inmates and staff started interacting more often and openly and developing a rapport. It was easier to detect conflict and intervene before it escalated. The unit was cleaner, quieter, safer and more humane. This was more effective at keeping the peace than any intimidation technique I'd seen to that point. Interacting changes the way you behave, both for the officer and the inmate. We changed the environment and we changed the behavior.

Now, just in case I hadn't learned this lesson, they assigned me to headquarters next, and that's where I ran straight up against system change. Now, many things work against system change: politics and politicians, bills and laws, courts and lawsuits, internal politics. System change is difficult and slow, and oftentimes it doesn't take you where you want to go. It's no small thing to change a prison system. So what I did do is I reflected on my earlier experiences and I remembered that when we interacted with offenders, the heat went down. When we changed the environment, the behavior changed. And these were not huge system changes. These were small changes, and these changes created new possibilities.

So next, I got reassigned as superintendent of a small prison. And at the same time, I was working on my degree at the Evergreen State College. I interacted with a lot of people who were not like me, people who had different ideas and came from different backgrounds. One of them was a rainforest ecologist. She looked at my small prison and what she saw was a laboratory. We talked and discovered how prisons and inmates could actually help advance science by helping them complete projects they couldn't complete on their own, like repopulating endangered species: frogs, butterflies, endangered prairie plants. At the same time, we found ways to make our operation more efficient through the addition of solar power, rainwater catchment, organic gardening, recycling. This initiative has led to many projects that have had huge system-wide impact, not just in our system, but in other state systems as well, small experiments making a big difference to science, to the community. The way we think about our work changes our work. The project just made my job more interesting and exciting. I was excited. Staff were excited. Officers were excited. Inmates were excited. They were inspired. Everybody wanted to be part of this. They were making a contribution, a difference,one they thought was meaningful and important.

Let me be clear on what's going on here, though. Inmates are highly adaptive. They have to be. Oftentimes, they know more about our own systems than the people who run them. And they're here for a reason. I don't see my job as to punish them or forgive them, but I do think they can have decent and meaningful lives even in prison. So that was the question: Could inmates live decent and meaningful lives, and if so, what difference would that make? So I took that question back to the deep end, where some of our most violent offenders are housed. Remember, IMUs are for punishment. You don't get perks there, like programming. That was how we thought. But then we started to realize that if any inmates needed programming, it was these particular inmates. In fact, they needed intensive programming. So we changed our thinking 180 degrees, and we started looking for new possibilities. What we found was a new kind of chair. Instead of using the chair for punishment, we put it in classrooms. Okay, we didn't forget our responsibility to control, but now inmates could interact safely, face-to-face with other inmates and staff, and because control was no longer an issue, everybody could focus on other things, like learning. Behavior changed. We changed our thinking, and we changed what was possible, and this gives me hope.

Now, I can't tell you that any of this stuff will work. What I can tell you, though, it is working. Our prisons are getting safer for both staff and inmates, and when our prisons are safe, we can put our energies into a lot more than just controlling. Reducing recidivism may be our ultimate goal, but it's not our only goal. To be honest with you, preventing crime takes so much more from so many more people and institutions. If we rely on just prisons to reduce crime, I'm afraid we'll never get there. But prisons can do some things we never thought they could do. Prisons can be the source of innovation and sustainability, repopulating endangered species and environmental restoration. Inmates can be scientists and beekeepers, dog rescuers. Prisons can be the source of meaningful work and opportunity for staff and the inmates who live there. We can contain and control and provide humane environments. These are not opposing qualities.

We can't wait 10 to 20 years to find out if this is worth doing. Our strategy is not massive system change. Our strategy is hundreds of small changes that take place in days or months, not years. We need more small pilots where we learn as we go, pilots that change the range of possibility. We need new and better ways to measure impacts on engagement, on interaction, on safe environments. We need more opportunities to participate in and contribute to our communities, your communities. Prisons need to be secure, yes, safe, yes. We can do that. Prisons need to provide humane environments where people can participate, contribute, and learn meaningful lives. We're learning how to do that.

That's why I'm hopeful. We don't have to stay stuck in old ideas about prison. We can define that. We can create that. And when we do that thoughtfully and with humanity, prisons can be more than the bucket for failed social policy. Maybe finally, we will earn our title: a department of corrections.

Thank you.

(Applause)

我々は失敗した社会政策のためにある バケツのような組織として見られています 私には誰が我々の所に来て どれくらい居るのか 決めることはできません 我々が受け入れるのは 誰からも見放され 他の全ての 社会的セーフティーネットから 落っこちてしまった人たちです 社会が受け皿になれないなら 我々がせねばなりません それが我々の仕事です 彼らを収容し統制することです

何年にもわたって 刑務所のシステムや 国や社会は それが非常に上手になりました しかしそれは喜ばしいことではありません 今日 人口あたりの投獄者数は 世界の他の国より多いのです 今日 刑務所にいる黒人の数は 奴隷法のあった1850年を超えています 我々は コミュニティの 300万人の子どもの親を収容しており また我々は新たな精神病院と化しています つまりこの国の精神医療の 最大の提供場所になっています 人を閉じ込めるのは 些細なことではありません こんな有様なのに 我々は「矯正省」と呼ばれています 今日私は我々が考えている 矯正の在り方の転換について お話しします 私の信念と経験から言うと 我々が考え方を変えれば 新しい可能性や未来を 生み出すことができます そして刑務所は違う未来を 必要としています

私は30年のキャリア全てを 矯正の分野で過ごしてきました 父を追い この世界に入ったのです 彼はベトナム帰還兵でした 矯正は彼にぴったりの仕事でした 彼は強く 真面目で 規律正しい人でした 私はそういうタイプではなく きっと彼はそんな私を 案じていたことでしょう 最終的に私は決めました 自分が刑務所で人生を終えるならば 私は牢の外側にいたいなと それで私は父の働いていた マクニール島刑務所について調べて 見学したいと考えたのです

これは80年代初めのことで 刑務所は 現在テレビや映画館で 目にするのとかなり違っていました 多くの点で 悪い方向にです 私は5階建ての監房棟の中を歩きました 1つの監房に8人の男性がいました その住居ユニットには 550人の男性がいました 疑問に思われた方のために言っておくと 彼らはこの小さな空間で 1つのトイレを共用していました 職員が監房の鍵を開けると 何百人もの男性が房の外に ぞろぞろ出ていきました 何百人もの男性が房の外に ぞろぞろ出ていきました 私はできるだけ早くそこを立ち去りました

最終的に私はそこに戻り 職員として働き始めました 私の仕事は1区画の監房を運営し そこの何百人もの男性を 統制することでした 受付センターで仕事をしている時でも 受刑者たちが駐車場から 騒々しくやって来る物音や 監房のドアを揺さぶったり 叫んだり 監房を壊そうとする音が 聞こえました 何百もの激しやすい人々を 鍵をかけて閉じ込めると 混沌に陥ります 収容と統制 ― それが我々の仕事でした

これをより効果的にするために 我々が学んだのは 新しい住居ユニットでした それは集中管理ユニット IMUと呼ばれました 現代版の「穴蔵」です 我々は差入れ口の付いた 硬い鋼鉄製ドアの監房に 受刑者を入れ 外から手錠をかけたり 食事を与えたりできるようにしました どうなったと思いますか? 静かになりました 全体的に騒動はなくなりました そこはより安全になりました なぜなら最も暴力的 あるいは破壊的な受刑者は 隔離できるようになったからです しかし隔離はいいことではありません 人から社会的接触をはく奪し その人の状態を悪くします 彼らをIMUから出すのは困難でした それは彼らにとっても我々にとってもです 刑務所の中であっても 人を閉じ込めるということは 些細なことではありません

私の次の配置先は 難しい州立刑務所でした そこにはもっと暴力的で破壊的な受刑者が 収容されていました その頃には この業界は進歩していて 我々は破壊的行動を管理する為に さまざまな道具やテクニックを使いました 我々はビーンバッグ・ガン(非致死性の散弾銃)や 催涙スプレー それからプレキシガラスの盾 閃光弾 緊急対応チームも備えていました 我々は暴力には力で対峙し 混沌には混沌で対峙しました 我々は争いを鎮静化するのが かなり得意でした

私がそこにいた頃 2人の経験豊かな 矯正スタッフに出会いました 彼らは研究者でもありました 文化人類学者と社会学者です ある日彼らの1人が言いました 「君は争いを鎮静させるのが 上手だよね どうやれば争いを防げるかを 考えてみたことはあるかい?」と 力ずくのアプローチは刑務所を 安全にするのだと説明しながら 私は彼らに寛容になろうとしていました 彼らも私に対してそうしていました この会話が 新しいアイデアにつながり 我々は小さな実験をいくつか始めました 第1に 我々は職員の訓練を 州の研修所に 1、2人ずつ送ってではなく チームの中で行うことにしました 4週間ではなく 10週間訓練を受けさせました そして我々は徒弟制モデルを試みました そこでは 新人がベテランスタッフと ペアで仕事をしました 彼らは両方とも仕事の腕をあげました 第2に 我々は 言語による静穏化スキルを 訓練に取り入れました そして力の行使が続くなかに それを加えました それは力の行使に対する 非暴力の行使でした より思い切ったこともしました 受刑者たちに同じスキルを 訓練したのです 我々はスキルの組み合わせを変えて 暴力にただ応酬するのでなく 暴力自体を減らそうとしたのです

第3に 施設拡張の際 我々は新しい内装を試みました このデザインの面で 最大かつ最も論議を生んだのは もちろんトイレでした トイレがないのです これは今の皆さんには 意義が分からないかもしれません しかし当時は重大事でした トイレのない監房など誰も 聞いたことがなく 皆 危険で正気の沙汰ではないと 考えていました 1つの監房に8人いるような環境でも トイレがありました この小さなことが我々の仕事を変えました 受刑者と職員のオープンな交流が増え ラポール(信頼関係)が発展しました 葛藤を エスカレートする前に 発見し 介入するのが簡単になりました ユニットはより清潔に 静かに そして安全で人間的になりました これは当時の私が見たことのある どの威嚇的なテクニックよりも 平和を保つのに有用でした 相互交流は人の行動を変えます 職員も受刑者もそうです 我々は環境を変えることで 行動を変えたのです

この教訓を万一学び損ねていては いけないと思われたのか 私は次に本庁に配置されました そこで私はシステムの変化に まさに直面したのです 現状では多くの事柄が システムの変化に抵抗します 政治と政治家 法案と法律 裁判所と訴訟 内部での駆け引き システムの変化は困難かつゆっくりで しばしば思うようにはいきません 刑務所のシステムを変えるのは 些細なことではありません それで私は自分の経験を振り返り 我々が受刑者と交流を持つと 彼らが落ち着いたことを思い出しました 我々が環境を変えたら 行動も変わりました これらは大きなシステム変化ではなく 小さな変化でしたが これらの変化が 新しい可能性を開いたのです

次に私は小さな刑務所に 所長として配属されました そして同時に 私は エバーグリーン州立大学で 学位に向けて勉強をしていました 自分と違うタイプの人と たくさん交流しました さまざまな考えや バックグラウンドを持つ人たちです その1人は熱帯雨林の 生態学者でした 彼女は私の小さな刑務所を見て そこを実験室にすることを思いつきました 刑務所や受刑者たちだけでは やり遂げられない企画を 我々が手助けすることによって 科学の進歩に貢献できるかについて 我々は話し合い その方法を発見しました 例えば絶滅寸前の種を増やすことです カエル チョウ 絶滅しかけている プレーリーの植物などです 同時に我々は 太陽光や 雨水の資源化 有機栽培や リサイクルを通じた より効果的な運営方法を見出しました この改善策は多くの企画につながり システム全体へ影響を与えました 我々のシステムだけでなく 他の州のシステムにもです 小さな実験が科学やコミュニティを 大きく変えました 自分たちの仕事について考えたことが 我々の仕事を変えました この企画は私の仕事をより面白く わくわくするものにしてくれました 私もスタッフも わくわくしていました 職員も 受刑者もです 彼らは感化されていました 皆がこの一員になりたがりました 彼らは意味や重要性を感じられる 貢献をし変化を生み出しました

ここで 状況を明確にさせてください 受刑者たちは非常に適応的です 彼らはそうである必要があるのです しばしば彼らは運営側よりも 我々のシステムについて よく知っています そして彼らは理由があってここにいます 私は自分の仕事は彼らを罰したり 許したりすることではなく 彼らは刑務所の中にいても きちんとした有意義な生活を 送れると考えています ですから問題はここです 受刑者はきちんとした 有意義な生活を送れるのか もしそうなら これはどんな変化を生むのか? それで私はこの質問を より難しい場所へ持って帰りました そこでは最も暴力的な受刑者が 収容されていました IMUは懲罰の場でしたね そこで得られるものはないと 我々は考えていました 例えば処遇プログラムの実施などです しかし分かってきたのは 受刑者のなかでも特に 彼らにこそ処遇プログラムが 必要だということです 実際 彼らは集中的なプログラムを 必要としていました ですから我々は考え方を180度変えて 新しい可能性を探し始めました 私が見つけたのは新しいタイプの椅子です 罰のために椅子を使うのではなく 我々は教室にそれを置いたのです 大丈夫 我々は統制する責任を 忘れてはいません ですが今や受刑者は 他の受刑者やスタッフと 対面で安全に交流できるのです そしてもはや統制は問題でないので 全員が他のこと 例えば学習に集中できます 行動は変わりました 考え方を変えるとできることも変わります このことは希望をくれました

現時点ではこれが 全てうまくいくとは言えませんが うまくいきつつあるとは言えます 我々の刑務所はスタッフと受刑者 双方にとってより安全になってきています そして刑務所が安全であれば 我々はエネルギーを統制以上のものに 費やすことができます 再犯を減らすことは 我々の最終目標ですが それが唯一の目標ではありません 正直に言うと 犯罪を防ぐには もっと多くの人々や 機関が必要です もし犯罪の減少を 刑務所だけに頼ると それは決して 叶わないと思いますが 刑務所では できるとは思えなかったことを することだってできるのです 刑務所は絶滅危惧種を復活させ 環境を回復する 革新と持続可能性の 源にもなれます 受刑者たちは科学者にも 養蜂家にも 犬を保護するスタッフにもなれます 受刑者は有意義な仕事と機会を そこで暮らすスタッフと 受刑者にくれる源にもなれます 我々は収容と統制とともに 人間的な環境を提供することもできます これらは矛盾するものではありません

我々はこの価値を確認するのに 10年 20年も待ってはいられません 我々のやり方は大規模な システム変化ではありません 我々のやり方は年単位ではなく 数日や数か月単位での小さな変化を 何百も起こすことです 我々はもっと小さな試行をしながら 学ぶことが必要です 試行は可能性の幅を広げます 我々は働くことや交流 環境の安全性に及ぼす 影響を測定するための 新しい そしてよりよい方法が必要です 我々や皆さんのコミュニティに 参加したり 貢献したりする機会を もっと必要としています 刑務所は安全である必要があります そのとおりです それは実現できます 刑務所は人間的環境であることが 必要です そこでは人々は有意義な生活に参加し 貢献し 学ぶことができるのです 我々はその方法を学んでいる最中です

だから私は希望を持っています 刑務所に関する古い観念に とらわれる必要はありません 我々がそれを決め 作り出せるのです それを徹底的に 人間的なやり方で行った時 刑務所は失敗した社会政策のための バケツ以上のものになるのです おそらくついに 我々は「矯正省」という 名前に見合うものになるのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画