TED日本語 - キンバリー・モトリー: いかに法の支配を守るか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - キンバリー・モトリー: いかに法の支配を守るか

TED Talks

いかに法の支配を守るか
How I defend the rule of law
キンバリー・モトリー
Kimberley Motley

内容

人間は皆、その国の法律によって守られるべきです ― たとえ、その法律が忘れられ無視されていようとも。アフガニスタンなどで活動するアメリカ人訴訟弁護士キンバリー・モトリーは、国際的な弁護士活動の中から3つの事例を紹介し、その国の法律でどれだけ正義と公正さ ― 法律をその立法目的である「保護」のために使うこと ― をもたらせるか語ります。

Script

Let me tell you a story about a little girl named Naghma. Naghma lived in a refugee camp with her parents and her eight brothers and sisters. Every morning, her father would wake up in the hopes he'd be picked for construction work, and on a good month he would earn 50 dollars. The winter was very harsh, and unfortunately, Naghma's brother died and her mother became very ill. In desperation, her father went to a neighbor to borrow 2,500 dollars. After several months of waiting, the neighbor became very impatient, and he demanded that he be paid back. Unfortunately, Naghma's father didn't have the money, and so the two men agreed to a jirga. So simply put, a jirga is a form of mediation that's used in Afghanistan's informal justice system. It's usually presided over by religious leaders and village elders, and jirgas are often used in rural countries like Afghanistan, where there's deep-seated resentment against the formal system. At the jirga, the men sat together and they decided that the best way to satisfy the debt would be if Naghma married the neighbor's 21-year-old son. She was six.

Now, stories like Naghma's unfortunately are all too common, and from the comforts of our home, we may look at these stories as another crushing blow to women's rights. And if you watched Afghanistan on the news, you may have this view that it's a failed state. However, Afghanistan does have a legal system, and while jirgas are built on long-standing tribal customs, even in jirgas, laws are supposed to be followed, and it goes without saying that giving a child to satisfy a debt is not only grossly immoral, it's illegal.

In 2008, I went to Afghanistan for a justice funded program, and I went there originally on this nine-month program to train Afghan lawyers. In that nine months, I went around the country and I talked to hundreds of people that were locked up, and I talked to many businesses that were also operating in Afghanistan. And within these conversations, I started hearing the connections between the businesses and the people, and how laws that were meant to protect them were being underused, while gross and illegal punitive measures were overused. And so this put me on a quest for justness, and what justness means to me is using laws for their intended purpose, which is to protect. The role of laws is to protect. So as a result, I decided to open up a private practice, and I became the first foreigner to litigate in Afghan courts. Throughout this time, I also studied many laws, I talked to many people, I read up on many cases, and I found that the lack of justness is not just a problem in Afghanistan, but it's a global problem. And while I originally shied away from representing human rights cases because I was really concerned about how it would affect me both professionally and personally, I decided that the need for justness was so great that I couldn't continue to ignore it. And so I started representing people like Naghma pro bono also.

Now, since I've been in Afghanistan and since I've been an attorney for over 10 years, I've represented from CEOs of Fortune 500 companies to ambassadors to little girls like Naghma, and with much success. And the reason for my success is very simple: I work the system from the inside out and use the laws in the ways that they're intended to be used.

I find that achieving justness in places like Afghanistan is difficult, and there's three reasons. The first reason is that simply put, people are very uneducated as to what their legal rights were, and I find that this is a global problem. The second issue is that even with laws on the books, it's often superseded or ignored by tribal customs, like in the first jirga that sold Naghma off. And the third problem with achieving justness is that even with good, existing laws on the books, there aren't people or lawyers that are willing to fight for those laws. And that's what I do: I use existing laws, often unused laws, and I work those to the benefits of my clients. We all need to create a global culture of human rights and be investors in a global human rights economy, and by working in this mindset, we can significantly improve justice globally.

Now let's get back to Naghma. Several people heard about this story, and so they contacted me because they wanted to pay the $ 2,500 debt. And it's not just that simple; you can't just throw money at this problem and think that it's going to disappear. That's not how it works in Afghanistan. So I told them I'd get involved, but in order to get involved, what needed to happen is a second jirga needed to be called, a jirga of appeals. And so in order for that to happen, we needed to get the village elders together, we needed to get the tribal leaders together, the religious leaders. Naghma's father needed to agree, the neighbor needed to agree, and also his son needed to agree. And I thought, if I'm going to get involved in this thing, then they also need to agree that I preside over it.

So, after hours of talking and tracking them down, and about 30 cups of tea, they finally agreed that we could sit down for a second jirga, and we did. And what was different about the second jirga is this time, we put the law at the center of it, and it was very important for me that they all understood that Naghma had a right to be protected. And at the end of this jirga, it was ordered by the judge that the first decision was erased, and that the $ 2,500 debt was satisfied, and we all signed a written order where all the men acknowledged that what they did was illegal, and if they did it again, that they would go to prison. Most -- (Applause) Thanks. And most importantly, the engagement was terminated and Naghma was free. Protecting Naghma and her right to be free protects us.

Now, with my job, there's above-average amount of risks that are involved. I've been temporarily detained. I've been accused of running a brothel, accused of being a spy. I've had a grenade thrown at my office. It didn't go off, though. But I find that with my job, that the rewards far outweigh the risks, and as many risks as I take, my clients take far greater risks, because they have a lot more to lose if their cases go unheard, or worse, if they're penalized for having me as their lawyer. With every case that I take, I realize that as much as I'm standing behind my clients, that they're also standing behind me, and that's what keeps me going.

Law as a point of leverage is crucial in protecting all of us. Journalists are very vital in making sure that that information is given to the public. Too often, we receive information from journalists but we forget how that information was given. This picture is a picture of the British press corps in Afghanistan. It was taken a couple of years ago by my friend David Gill. According to the Committee to Protect Journalists, since 2010, there have been thousands of journalists who have been threatened, injured, killed, detained. Too often, when we get this information, we forget who it affects or how that information is given to us. What many journalists do, both foreign and domestic, is very remarkable, especially in places like Afghanistan, and it's important that we never forget that, because what they're protecting is not only our right to receive that information but also the freedom of the press, which is vital to a democratic society.

Matt Rosenberg is a journalist in Afghanistan. He works for The New York Times, and unfortunately, a few months ago he wrote an article that displeased people in the government. As a result, he was temporarily detained and he was illegally exiled out of the country. I represent Matt, and after dealing with the government, I was able to get legal acknowledgment that in fact he was illegally exiled, and that freedom of the press does exist in Afghanistan, and there's consequences if that's not followed. And I'm happy to say that as of a few days ago, the Afghan government formally invited him back into the country and they reversed their exile order of him.

(Applause)

If you censor one journalist, then it intimidates others, and soon nations are silenced. It's important that we protect our journalists and freedom of the press, because that makes governments more accountable to us and more transparent. Protecting journalists and our right to receive information protects us.

Our world is changing. We live in a different world now, and what were once individual problems are really now global problems for all of us. Two weeks ago, Afghanistan had its first democratic transfer of power and elected president Ashraf Ghani, which is huge, and I'm very optimistic about him, and I'm hopeful that he'll give Afghanistan the changes that it needs, especially within the legal sector. We live in a different world. We live in a world where my eight-year-old daughter only knows a black president. There's a great possibility that our next president will be a woman, and as she gets older, she may question, can a white guy be president? (Laughter) (Applause)

Our world is changing, and we need to change with it, and what were once individual problems are problems for all of us. According to UNICEF, there are currently over 280 million boys and girls who are married under the age of 15. Two hundred and eighty million. Child marriages prolong the vicious cycle of poverty, poor health, lack of education.

At the age of 12, Sahar was married. She was forced into this marriage and sold by her brother. When she went to her in-laws' house, they forced her into prostitution. Because she refused, she was tortured. She was severely beaten with metal rods. They burned her body. They tied her up in a basement and starved her. They used pliers to take out her fingernails. At one point, she managed to escape from this torture chamber to a neighbor's house, and when she went there, instead of protecting her, they dragged her back to her husband's house, and she was tortured even worse.

When I met first Sahar, thankfully, Women for Afghan Women gave her a safe haven to go to. As a lawyer, I try to be very strong for all my clients, because that's very important to me, but seeing her, how broken and very weak as she was, was very difficult. It took weeks for us to really get to what happened to her when she was in that house, but finally she started opening up to me, and when she opened up, what I heard was she didn't know what her rights were, but she did know she had a certain level of protection by her government that failed her, and so we were able to talk about what her legal options were.

And so we decided to take this case to the Supreme Court. Now, this is extremely significant, because this is the first time that a victim of domestic violence in Afghanistan was being represented by a lawyer, a law that's been on the books for years and years, but until Sahar, had never been used. In addition to this, we also decided to sue for civil damages, again using a law that's never been used, but we used it for her case. So there we were at the Supreme Court arguing in front of 12 Afghan justices, me as an American female lawyer, and Sahar, a young woman who when I met her couldn't speak above a whisper. She stood up, she found her voice, and my girl told them that she wanted justice, and she got it. At the end of it all, the court unanimously agreed that her in-laws should be arrested for what they did to her, her fucking brother should also be arrested for selling her -- (Applause) -- and they agreed that she did have a right to civil compensation. What Sahar has shown us is that we can attack existing bad practices by using the laws in the ways that they're intended to be used, and by protecting Sahar, we are protecting ourselves.

After having worked in Afghanistan for over six years now, a lot of my family and friends think that what I do looks like this. (Laughter) But in all actuality, what I do looks like this. Now, we can all do something. I'm not saying we should all buy a plane ticket and go to Afghanistan, but we can all be contributors to a global human rights economy. We can create a culture of transparency and accountability to the laws, and make governments more accountable to us, as we are to them.

A few months ago, a South African lawyer visited me in my office and he said, "I wanted to meet you. I wanted to see what a crazy person looked like." The laws are ours, and no matter what your ethnicity, nationality, gender, race, they belong to us, and fighting for justice is not an act of insanity. Businesses also need to get with the program. A corporate investment in human rights is a capital gain on your businesses, and whether you're a business, an NGO, or a private citizen, rule of law benefits all of us. And by working together with a concerted mindset, through the people, public and private sector, we can create a global human rights economy and all become global investors in human rights. And by doing this, we can achieve justness together.

Thank you.

(Applause)

これからお話しするのは ナグマという少女のことです ナグマは 難民キャンプで 両親と8人の兄弟姉妹と 暮らしていました 父親は 毎朝目覚めると 日雇いの工事現場の仕事を求め 良いときで 月の稼ぎは5千円でした ある寒さが厳しい冬のこと 不幸にも ナグマの弟が亡くなり 母親も重い病気にかかりました 切羽詰った父親は 近所の人に 25万円の借金をしました そのまま数ヶ月が経ち しびれを切らした隣人は 借金返済を求めました しかし ナグマの父親には そんなお金はなく 二人は ジルガに委ねることにしました ジルガとは 調停のようなもので アフガニスタンで 民間の司法制度として使われ 通常は 宗教指導者や 村の長老が取り仕切ります ジグラは 国家制度に根強い反感がある アフガニスタンのような 農村国家でよく使われます さて そのジルガで長老たちが話し合い 債務を返済する最良の手段として 結論付けたのは ナグマを 貸し手の21歳の息子と 結婚させることでした ナグマはまだ6歳でした

ナグマのような事例は 残念ながら 枚挙にいとまがありません 恵まれた国にいる私たちは また女性の人権を踏みにじる話かと 見てしまうでしょうし ニュースでアフガニスタンの話を見れば とんでもない国だと思うかもしれません でも アフガニスタンには 立派な法制度があります ジグラは 長年の部族習慣にもとづき 作られたものですが そのジグラにおいても 法律は守られねばなりません 当然のことながら 債務の返済のために子供を売るのは 人の道に大きく外れているだけでなく 違法なのです

2008年 私はアフガニスタンに渡り 司法支援プログラムに参加しました このプログラムで9ヶ月間 現地の弁護士を指導したのです その9ヶ月の間 私は国中をまわって 何百もの服役囚たちと話し アフガニスタンで事業を展開する 多くの企業とも話をしました こうした会話をする中で そうした企業や人々のつながりを知り そして 彼らを守るべき法律が いかに使われていないかが 分かり始めました 一方で 酷く違法な制裁が まかり通っており このことが 私を 「公正さ」への追求に駆り立てたのです 公正さとは 私にとって 法律を その立法目的通りに使うこと ― つまり 保護するために使うことです 法律の役割は 守ることなのです ですから 私は 自ら事務所を立上げ アフガニスタンの法廷に立つ 初の外国人弁護士になりました この間ずっと 私は様々な法律を学び たくさんの人たちと話し 多くの裁判例を読みました そして気付いたのは 公正さが欠けているのは アフガニスタンだけではなく 世界中でだということです 元々 私は人権侵害事件は 引き受けないようにしてきました キャリアや私生活に与える影響が とても心配だったからです でも 公正さがこれほど 必要とされているのに 黙って見てはいられないと決心し 私はナグマのような人たちも 無償で代理を引き受けるようになりました

アフガニスタンでの滞在 そして 10年以上の弁護士キャリアを通じ 私が代理したのは フォーチュン500社のCEOから大使 そしてナグマのような少女まで様々で 大いに成功を収めました この成功の理由は 至ってシンプルです 制度を徹底的に使い 法律が意図した形で 法律を使うのです

思うに ― アフガニスタンのような場所で 公正さを実現するのは難しく それには3つの理由が挙げられます 1つ目の理由は 簡単に言えば 人々が 自らの法的権利について あまり知らないということで これはグローバルな問題だと思います 2つ目は きちんと法律があったとしても しばしば部族慣習が優先され 法律が無視されます ちょうど最初のジグラが ナグマを売ると決めたようにです 公正さを阻む3つ目の問題は たとえ素晴らしい法律があっても こうした法律にもとづいて戦おうとする 人も弁護士もいないことです それこそ私がしていることで 既存の法律 ― 多くは使われていない法律を使い クライアントの利益のために 法律を活用するのです 私たちは 人権という グローバルな文化を創り グローバルな人権経済に投資する 必要があります こうした意識を持つことで グローバルな規模で 公正さを大きく向上させられます

さて ナグマの話に戻りましょう 何人かがこの話を聞きつけて 私に連絡を取ってきました 借金25万円を肩代わりすると言うのです でも そんな簡単には行きません お金を払えばすべて解決する というわけではないのです アフガニスタンでは違います ですから 私が対応すると言いました でも 私が参加するためには 2回目のジグラが 開かれる必要があります つまり ジグラの 控訴審を開くのです そのためには 村の長老の協力を取り付け 部族のリーダー つまり 宗教的指導者の 協力を取り付けないといけません ナグマの父親の承諾と あの隣人の承諾も必要ですし その息子の同意も必要でした もし私が本件に関わるのであれば 私が取り仕切ることについて 同意を得ておくべきだと思いました

ですから 何時間も話し合いをし 説き伏せて行き お茶を30杯ほど飲んだころ ようやく同意が得られて 私たちは 2回目のジグラを開くことができました このジグラが 1回目と違っていたのは 法律をその中心に据えたことです 私が重要だと思っていたのは 皆が ナグマには 守られるべき権利があることを 理解することです このジグラの最後に 判事役によって決定が下されました 「最初の決定は取消し 25万円の借金は支払われたものとする」 私たちは 決定書に署名をしました すべての関係者は 自らしたことは違法だったと認め 再び同じことをした場合には 刑務所に行くと約束しました 最も ― (拍手) ありがとう そして 最も重要なこととして この婚約は破棄され ナグマは自由の身となりました ナグマと 彼女の自由権を守ることで 私たちも救われました

さて 私の仕事には 平均以上のリスクが伴います 私は一時拘束をされたことも 売春宿を経営していると非難され スパイ容疑をかけられたこともあります 事務所に手りゅう弾も投げられました 爆発はしなかったのですが ― それでも この仕事では リスクより 何が得られるかが はるかに重要です 私がリスクを取っただけ クライアントは より大きなリスクを抱えます 彼らが失うものは大きいのです 裁判が開かれないばかりか 最悪の場合には 私を弁護士に雇ったことで処罰されます 私が受任した どの事件においても 私がクライアントを支えるのと同様 私はクライアントに支えられ それが私の原動力となっています

法律は その影響力においても 私たち 皆を守るのに非常に重要です ジャーナリストも必要不可欠です 情報を一般大衆に伝える役割があるからです これだけ頻繁に ジャーナリストから 情報を受け取りながら その情報がどのように来たか 私たちは忘れています こちらの写真は 在アフガニスタンのイギリス記者団です 友人のデイビッド・ギルが 2年前に撮影したものです ジャーナリスト保護委員会によれば 2010年以降 何千ものジャーナリストが 脅迫や殺傷事件 拘留の憂き目に遭っています 私たちは こうした情報を耳にしながら それが誰に影響を与え その情報がどうもたらされるのか ほとんど気にしていません 国内外のジャーナリストたちの活動は 本当に素晴らしく 特にアフガニスタンのような場所ではそうです そのことを忘れてはなりません 彼らが守っているのは 私たちの情報を受ける権利だけでなく 報道の自由でもあるからです それなしには 民主社会はありえません

アフガニスタンで活動する マット・ローゼンバーグは ニューヨークタイムズ紙の記者です 不幸なことに 数ヶ月前 彼の記事が政府関係者の 逆鱗に触れました その結果 彼は一時拘留を受け 違法に国外追放されました 私はマットを代理して 政府と交渉をし 次のことを認めさせました 彼の国外追放処分は違法であり アフガニスタンでは 報道の自由が保証されており それが脅かされれば 相応の責任が問われることです 幸いにも 数日前に アフガニスタン政府は 正式にマットを招へいし 国外追放処分を無効にしました

(拍手)

たとえ1人でも記者が検閲を受ければ まわりにも波及し すぐに国全体が 口を閉ざすことになります ジャーナリストと報道の自由を守ることは 重要なのです そうすることで 政府に 説明責任を負わせ 透明性もより高まるからです ジャーナリストと 私たちの ― 情報を受ける権利を守ることで 私たちが守られるのです

世界は日々変化しており 今は 新しい世界に生きています かつては個人の問題だったものが 今や 私たち皆に関わる グローバルな問題となっています 2週間前 アフガニスタンで 初めて民主化がされ アシュラフ・ガニー大統領が選出されました これは すごいことで 私は楽観的に考えており 大統領は アフガニスタンが必要とする変革 特に法律分野における変革を 成し遂げてくれると 願っています 私たちは別世界に住んでいます 8歳の娘は 黒人の大統領しか知らない ― そんな世界に住んでいます 次の大統領が女性の可能性も とても高いですから 娘が大きくなる頃 こんな疑問を持つかもしれません 「白人男性も大統領になれるの?」 (笑) (拍手)

刻々と変わる世界にあわせて 私たちも変わる必要があります かつては個人の問題だったものが 今や 私たち全てに関わる問題なのです ユニセフによれば 現在 2億8千万人以上もの 少年少女が15歳未満で 結婚させられています 2億8千万人です こうした児童婚は 悪循環を助長します 貧困で健康が損なわれ 教育も受けられないのです

12歳のとき サハルは結婚しました 結婚を強要され 実の兄に売られたのです 義理の実家に行くと 売春を強いられ それを拒むと虐待を受けました 金属棒で ひどく打たれ やけども負わされました サハルは地下に縛りつけられ 食事も与えられませんでした ペンチで爪を剥がされもしました あるとき 彼女はやっとの思いで この拷問部屋から抜け出し 隣家に逃げ込みます しかし サハルはそこで保護されるどころか 夫の家へと 連れ戻されたのでした 虐待は一層ひどくなりました

私が初めてサハルに会ったとき 幸いにも 彼女は 女性支援団体「Women for Afghan Women」の 保護施設にいました 弁護士として 私はクライアントの前では 常に気丈に振る舞うようにしています 私にとって重要なことだからです でも サハルを見たとき ボロボロで弱々しい様子を目の当たりにし 強くなどいられませんでした 何週間もの間 私たちは 彼女があの家にいたときに 何があったのか わかりませんでした ついに 彼女が私に心を開き始め すべてを話してくれました 彼女はこう言いました 「自分にどんな権利があるのか知らない でも 保護を与えてくれるはずの政府に 私は裏切られた」と そこで私たちは 彼女が どんな法的救済を求め得るのか 話し合いました

私たちはこの事件を 最高裁で争うことにしました これは非常に重要なことです というのも アフガニスタンで初めて ドメスティック・バイオレンスの被害者が 弁護士に代理されたからです 法律は 何年もそこに あったにもかかわらず このときまで一度も 使われることはなかったのです これに加えて私たちは 損害賠償も請求することにしました 使われたことのない法律を 初めて使ったのです 私たちは最高裁に行きました アフガニスタン人判事12名の前で アメリカ人の女性弁護士と 若い女性のサハルが 主張を繰り広げたのです 初めて会ったときには声も出なかった サハルが 立ち上がり 自らの意見を言うのです 彼女は正義がほしいと訴え 正義を勝ち取りました 審理を終えたあと 裁判官は全員一致で サハルの義理の家族は 虐待で逮捕され 実の兄も 彼女を売ったことで 逮捕されるべきだと判示し ― (拍手) ― そして 裁判所は サハルの損害賠償請求権も認めました サハルが教えてくれたのは 法律を その意図された形で使うことで 今ある悪しき慣習を打ち砕ける ということです サハルを守ることを通じて 私たちは自らを守ったのです

アフガニスタンで働き始めて もう6年以上になります 家族や友人の多くは 私の仕事はこんな感じだと思っています (笑) でも 実際はこうなんです 私たち皆にできることがあります 航空券を買って アフガニスタンに行く必要はありません 皆で 人権を尊重するグローバル経済を 創っていくのです 法律に従って透明性や 説明責任を求める文化を醸成し 政府にも 私たちへの説明責任を もっと求めます 私たちも責任を負うべきです

数ヶ月前 ある南アフリカの弁護士が 私の事務所を訪れて言いました 「あなたに会いたかったです どんなクレージーな人か 見てみたいと思っていたんです」 法律は 私たちのものです 民族や国籍 性別 人種にかかわらず 私たちのものなのです 正義のために戦うことは 狂気の沙汰でも何でもありません 企業も この取組みに 本腰を入れるべきです 企業が人権に投資をすれば 事業上の資本利得となります ビジネスやNGO 個人であろうと 法の支配は 私たち皆のためになります 同じ考えのもと協働することで 人々や 民間・公共部門の垣根を越えて 人権を尊重するグローバル経済を創造し 皆で 人権保護を支持する グローバル投資家になるのです そうすることで 私たちは「公正さ」を共に手にできます

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画