TED日本語 - ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング: 世界について無知にならないために

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング: 世界について無知にならないために

TED Talks

世界について無知にならないために
How not to be ignorant about the world
ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング
Hans Rosling and Ola Rosling

内容

あなたは世界のことをどれほど知っていますか?ハンス・ロスリングが、彼の有名な世界の人口、保健、収入のグラフ(それにすごく長い差し棒)を使って、統計的に言ってみんな知っているつもりでいて全然間違っている可能性が高い問題を例示します。ハンスがクイズで聴衆を楽しませた後は、ハンスの息子のオーラが無知を減らすための4つの方法を示します。

Script

Hans Rosling: I'm going to ask you three multiple choice questions. Use this device. Use this device to answer. The first question is, how did the number of deaths per year from natural disaster, how did that change during the last century? Did it more than double, did it remain about the same in the world as a whole, or did it decrease to less than half? Please answer A, B or C. I see lots of answers. This is much faster than I do it at universities. They are so slow. They keep thinking, thinking, thinking. Oh, very, very good.

And we go to the next question. So how long did women 30 years old in the world go to school: seven years,five years or three years? A, B or C? Please answer.

And we go to the next question. In the last 20 years, how did the percentage of people in the world who live in extreme poverty change? Extreme poverty -- not having enough food for the day. Did it almost double, did it remain more or less the same, or did it halve? A, B or C?

Now, answers. You see, deaths from natural disasters in the world, you can see it from this graph here, from 1900 to 2000. In 1900, there was about half a million people who died every year from natural disasters: floods, earthquakes, volcanic eruption, whatever, droughts. And then, how did that change?

Gapminder asked the public in Sweden. This is how they answered. The Swedish public answered like this: Fifty percent thought it had doubled,38 percent said it's more or less the same,12 said it had halved. This is the best data from the disaster researchers, and it goes up and down, and it goes to the Second World War, and after that it starts to fall and it keeps falling and it's down to much less than half. The world has been much, much more capable as the decades go by to protect people from this, you know. So only 12 percent of the Swedes know this.

So I went to the zoo and I asked the chimps. (Laughter) (Applause) The chimps don't watch the evening news, so the chimps, they choose by random, so the Swedes answer worse than random. Now how did you do? That's you. You were beaten by the chimps. (Laughter) But it was close. You were three times better than the Swedes, but that's not enough. You shouldn't compare yourself to Swedes. You must have higher ambitions in the world.

Let's look at the next answer here: women in school. Here, you can see men went eight years. How long did women go to school? Well, we asked the Swedes like this, and that gives you a hint, doesn't it? The right answer is probably the one the fewest Swedes picked, isn't it? (Laughter) Let's see, let's see. Here we come. Yes, yes, yes, women have almost caught up. This is the U.S. public. And this is you. Here you come. Ooh. Well, congratulations, you're twice as good as the Swedes, but you don't need me --

So how come? I think it's like this, that everyone is aware that there are countries and there are areas where girls have great difficulties. They are stopped when they go to school, and it's disgusting. But in the majority of the world, where most people in the world live, most countries, girls today go to school as long as boys, more or less. That doesn't mean that gender equity is achieved, not at all. They still are confined to terrible, terrible limitations, but schooling is there in the world today. Now, we miss the majority. When you answer, you answer according to the worst places, and there you are right, but you miss the majority.

What about poverty? Well, it's very clear that poverty here was almost halved, and in U.S., when we asked the public, only five percent got it right. And you? Ah, you almost made it to the chimps. (Laughter) (Applause) That little, just a few of you! There must be preconceived ideas, you know. And many in the rich countries, they think that oh, we can never end extreme poverty. Of course they think so, because they don't even know what has happened. The first thing to think about the future is to know about the present.

These questions were a few of the first ones in the pilot phase of the Ignorance Project in Gapminder Foundation that we run, and it was started, this project, last year by my boss, and also my son, Ola Rosling. (Laughter) He's cofounder and director, and he wanted, Ola told me we have to be more systematic when we fight devastating ignorance. So already the pilots reveal this, that so many in the public score worse than random, so we have to think about preconceived ideas, and one of the main preconceived ideas is about world income distribution.

Look here. This is how it was in 1975. It's the number of people on each income, from one dollar a day -- (Applause) See, there was one hump here, around one dollar a day, and then there was one hump here somewhere between 10 and 100 dollars. The world was two groups. It was a camel world, like a camel with two humps, the poor ones and the rich ones, and there were fewer in between.

But look how this has changed: As I go forward, what has changed, the world population has grown, and the humps start to merge. The lower humps merged with the upper hump, and the camel dies and we have a dromedary world with one hump only. The percent in poverty has decreased. Still it's appalling that so many remain in extreme poverty. We still have this group, almost a billion, over there, but that can be ended now.

The challenge we have now is to get away from that, understand where the majority is, and that is very clearly shown in this question. We asked, what is the percentage of the world's one-year-old children who have got those basic vaccines against measles and other things that we have had for many years: 20,50 or 80 percent? Now, this is what the U.S. public and the Swedish answered. Look at the Swedish result: you know what the right answer is. (Laughter) Who the heck is a professor of global health in that country? Well, it's me. It's me. (Laughter) It's very difficult, this. It's very difficult. (Applause)

However, Ola's approach to really measure what we know made headlines, and CNN published these results on their web and they had the questions there, millions answered, and I think there were about 2,000 comments, and this was one of the comments. "I bet no member of the media passed the test," he said.

So Ola told me, "Take these devices. You are invited to media conferences. Give it to them and measure what the media know." And ladies and gentlemen, for the first time, the informal results from a conference with U.S. media. And then, lately, from the European Union media. (Laughter) You see, the problem is not that people don't read and listen to the media. The problem is that the media doesn't know themselves.

What shall we do about this, Ola? Do we have any ideas? (Applause)

Ola Rosling: Yes, I have an idea, but first, I'm so sorry that you were beaten by the chimps. Fortunately, I will be able to comfort you by showing why it was not your fault, actually. Then, I will equip you with some tricks for beating the chimps in the future. That's basically what I will do.

But first, let's look at why are we so ignorant, and it all starts in this place. It's Hudiksvall. It's a city in northern Sweden. It's a neighborhood where I grew up, and it's a neighborhood with a large problem. Actually, it has exactly the same problem which existed in all the neighborhoods where you grew up as well. It was not representative. Okay? It gave me a very biased view of how life is on this planet. So this is the first piece of the ignorance puzzle. We have a personal bias.

We have all different experiences from communities and people we meet, and on top of this, we start school, and we add the next problem. Well, I like schools, but teachers tend to teach outdated worldviews, because they learned something when they went to school, and now they describe this world to the students without any bad intentions, and those books, of course, that are printed are outdated in a world that changes. And there is really no practice to keep the teaching material up to date. So that's what we are focusing on. So we have these outdated facts added on top of our personal bias.

What happens next is news, okay? An excellent journalist knows how to pick the story that will make headlines, and people will read it because it's sensational. Unusual events are more interesting, no? And they are exaggerated, and especially things we're afraid of. A shark attack on a Swedish person will get headlines for weeks in Sweden.

So these three skewed sources of information were really hard to get away from. They kind of bombard us and equip our mind with a lot of strange ideas, and on top of it we put the very thing that makes us humans, our human intuition. It was good in evolution. It helped us generalize and jump to conclusions very, very fast. It helped us exaggerate what we were afraid of, and we seek causality where there is none, and we then get an illusion of confidence where we believe that we are the best car drivers, above the average. Everybody answered that question, "Yeah, I drive cars better."

Okay, this was good evolutionarily, but now when it comes to the worldview, it is the exact reason why it's upside down. The trends that are increasing are instead falling, and the other way around, and in this case, the chimps use our intuition against us, and it becomes our weakness instead of our strength. It was supposed to be our strength, wasn't it?

So how do we solve such problems? First, we need to measure it, and then we need to cure it. So by measuring it we can understand what is the pattern of ignorance. We started the pilot last year, and now we're pretty sure that we will encounter a lot of ignorance across the whole world, and the idea is really to scale it up to all domains or dimensions of global development, such as climate, endangered species, human rights, gender equality, energy, finance. All different sectors have facts, and there are organizations trying to spread awareness about these facts. So I've started actually contacting some of them, like WWF and Amnesty International and UNICEF, and asking them, what are your favorite facts which you think the public doesn't know?

Okay, I gather those facts. Imagine a long list with, say,250 facts. And then we poll the public and see where they score worst. So we get a shorter list with the terrible results, like some few examples from Hans, and we have no problem finding these kinds of terrible results. Okay, this little shortlist, what are we going to do with it? Well, we turn it into a knowledge certificate, a global knowledge certificate, which you can use, if you're a large organization, a school, a university, or maybe a news agency, to certify yourself as globally knowledgeable. Basically meaning, we don't hire people who score like chimpanzees. Of course you shouldn't. So maybe 10 years from now, if this project succeeds, you will be sitting in an interview having to fill out this crazy global knowledge.

So now we come to the practical tricks. How are you going to succeed? There is, of course,one way, which is to sit down late nights and learn all the facts by heart by reading all these reports. That will never happen, actually. Not even Hans thinks that's going to happen. People don't have that time. People like shortcuts, and here are the shortcuts. We need to turn our intuition into strength again. We need to be able to generalize. So now I'm going to show you some tricks where the misconceptions are turned around into rules of thumb.

Let's start with the first misconception. This is very widespread. Everything is getting worse. You heard it. You thought it yourself. The other way to think is, most things improve. So you're sitting with a question in front of you and you're unsure. You should guess "improve." Okay? Don't go for the worse. That will help you score better on our tests. (Applause) That was the first one.

There are rich and poor and the gap is increasing. It's a terrible inequality. Yeah, it's an unequal world, but when you look at the data, it's one hump. Okay? If you feel unsure, go for "the most people are in the middle." That's going to help you get the answer right.

Now, the next preconceived idea is first countries and people need to be very, very rich to get the social development like girls in school and be ready for natural disasters. No, no, no. That's wrong. Look: that huge hump in the middle already have girls in school. So if you are unsure, go for the "the majority already have this," like electricity and girls in school, these kinds of things. They're only rules of thumb, so of course they don't apply to everything, but this is how you can generalize.

Let's look at the last one. If something, yes, this is a good one, sharks are dangerous. No -- well, yes, but they are not so important in the global statistics, that is what I'm saying. I actually, I'm very afraid of sharks. So as soon as I see a question about things I'm afraid of, which might be earthquakes, other religions, maybe I'm afraid of terrorists or sharks, anything that makes me feel, assume you're going to exaggerate the problem. That's a rule of thumb. Of course there are dangerous things that are also great. Sharks kill very, very few. That's how you should think.

With these four rules of thumb, you could probably answer better than the chimps, because the chimps can not do this. They can not generalize these kinds of rules. And hopefully we can turn your world around and we're going to beat the chimps. Okay? (Applause) That's a systematic approach.

Now the question, is this important? Yeah, it's important to understand poverty, extreme poverty and how to fight it, and how to bring girls in school. When we realize that actually it's succeeding, we can understand it. But is it important for everyone else who cares about the rich end of this scale? I would say yes, extremely important, for the same reason. If you have a fact-based worldview of today, you might have a chance to understand what's coming next in the future.

We're going back to these two humps in 1975. That's when I was born, and I selected the West. That's the current EU countries and North America. Let's now see how the rest and the West compares in terms of how rich you are. These are the people who can afford to fly abroad with an airplane for a vacation. In 1975, only 30 percent of them lived outside EU and North America. But this has changed, okay? So first, let's look at the change up till today, 2014. Today it's 50/50. The Western domination is over, as of today. That's nice. So what's going to happen next? Do you see the big hump? Did you see how it moved? I did a little experiment. I went to the IMF, International Monetary Fund, website. They have a forecast for the next five years of GDP per capita. So I can use that to go five years into the future, assuming the income inequality of each country is the same. I did that, but I went even further. I used those five years for the next 20 years with the same speed, just as an experiment what might actually happen. Let's move into the future. In 2020, it's 57 percent in the rest. In 2025,63 percent. 2030,68. And in 2035, the West is outnumbered in the rich consumer market. These are just projections of GDP per capita into the future. Seventy-three percent of the rich consumers are going to live outside North America and Europe. So yes, I think it's a good idea for a company to use this certificate to make sure to make fact- based decisions in the future.

Thank you very much. (Applause)

Bruno Giussani: Hans and Ola Rosling!

(ハンス・ロスリング) 皆さんに 3つの3択問題に答えてもらいます この装置を使って 答えてください 第1問は「自然災害による 1年あたりの死者数は 20世紀を通じて どれくらい変わったか?」です (A) 倍になった (B) 世界全体では ほとんど変わっていない (C) 半数以下になった ABCで答えてください 答えが集まっています 大学でやった時よりずっと早いですね 学生は遅いです ずっと考え続けています 大変結構

では次の問題に行きましょう 「30歳の女性が 学校に通った年数は 世界平均で何年か?」 (A)7年 (B)5年 (C)3年 AかBかCか? さあ答えて

次の問題です 「世界で極貧生活を 送る人の割合は この20年で どれほど変わったか?」 極貧というのは 日々の食事にも事欠くということです (A) 約2倍 (B) ほとんど変わらない (C) 半分になった AかBかCか?

では解答です これは 1900年から2000年までの 自然災害による 死者数のグラフです 1900年には 自然災害のため 年に50万人くらいが 死んでいました 洪水 地震 火山噴火 干ばつ 等々 それがどう変わったのか

ギャップマインダー財団は スウェーデンで 一般の人にアンケートを 取りました スウェーデン人の答えです 50%が2倍 38%がほぼ同じ 12%が半分 という解答でした こちらは災害研究者による 実際のデータです 上下していますが 第二次世界大戦後に 下がり始め ずっと下がり続けて 半分よりもずっと 少なくなっています この数十年で 世界は ― ずっと良く 災害から人々を 守れるように なったんです スウェーデンで正しく答えたのは たったの12%です

それで動物園に行って チンパンジーにも聞いてみました (笑) (拍手) チンパンジーは 夜のニュースなど見ず ランダムに答えます スウェーデン人は ランダムな答えよりも駄目なんです 皆さんはどうでしょう? これが皆さんの答えです チンパンジーに 負けてるじゃないですか! (笑) でもいい勝負です スウェーデン人よりは 3倍良いですが 十分じゃありません スウェーデン人なんかと 比べてちゃいけません もっと高いところを 狙わないと

次の解答です 女子の就学年数について 男子は8年です 女子は何年 学校に通うでしょう? スウェーデン人の答えは こうでした これはヒントになりますね 正しい答えはきっと スウェーデン人が 選ばなかったやつでしょう (笑) 見てみましょう ほらほら 女子は ほとんど男子と並んでいます こちらはアメリカ人の答え これが皆さん ほう やりましたね スウェーデン人よりは 倍マシですが それは良いことを 意味しません

どうしてこんな結果に なったんでしょう? 世界には女性が 虐げられている ― 国や地域があるのを みんな知っています 学校をやめさせられて しまいます 酷い話です しかし世界の大部分では 今や 女子も 男子と同じくらい 学校に通っているんです これは男女格差が 解消された ― ということではありません 女性は依然大きな 制限に直面しています しかし就学に関しては 同等になっているんです 皆さんは最悪のところを 基準に答えていて 多数派を見落としているんです

貧困はどうでしょう? 貧困がほとんど 半分になっているのは 明白な事実です アメリカで正しく答えたのは たった5%です 皆さんはどうでしょう? ほぼチンパンジーに 並びましたね (笑) (拍手) ほんの少しだけ 負けています 先入観があるんです 豊かな国の人たちは 貧困は決してなくならない と思っています そうでしょうとも 何が起きているか 知らないんですから 未来を考えるには まず現在を知ることです

これはギャップマインダー財団で 取り組んでいる 「無知解消プロジェクト」 試行フェーズの 最初の質問のいくつかです このプロジェクトは去年 私の上司であり息子でもある オーラ・ロスリングが始めました (笑) 彼は共同創立者 兼 理事です 人々の甚だしい無知と 戦うには もっと系統的に 取り組まねばならない ― と彼は考えました 試行段階ですでに 多くの人の答えは ランダムな回答よりずっと悪いことが 明らかになりました 先入観について もっと知らねばなりません 大きな先入観の1つは 世界の所得分布に 関するものです

これは1975年の所得分布で それぞれの所得層に属する 人数を示しています ここは 1日1ドル ― (拍手) ここ 1日1ドルのところに 1つコブがあり 10ドルと100ドルの間に もう1つコブがあります 世界は2グループに 分かれていました フタコブラクダの世界です 貧しい人々と 豊かな人々がいて その中間は あまりいませんでした

それがどう変わったか 見てください 時を進めていくと 世界の人口は増えていき 2つのコブが 1つになっていきます 左のコブが右のコブと一緒になり フタコブラクダが消えて ヒトコブラクダになりました 貧困層の割合は 減っていますが 依然として 大変な数の人が 極貧生活をしています ほぼ10億という人が このグループに属していますが それもなくすことが できるはずです

今の我々の問題は 頭を切り換え 大多数が何かを理解することです それはこの質問に 明確に現れています 「はしかなどの 基本的なワクチンを接種する 1歳児の割合は どれくらいか?」 20%か50%か80%か? アメリカ人とスウェーデン人の答えです スウェーデン人の答で 正しい答えが どれか分かりますね? (笑) あの国じゃいったい誰が 世界保健を教えてるんでしょうか? ああ 私でした (笑) すごく難しいんですって (拍手)

我々が知っていることを測定する というオーラの試みは ニュースでも取り上げられ こうした結果が CNNのサイトで紹介され そこで何百万という人が 質問に答え 2千くらいのコメントが 寄せられました その1つがこれ 「マスメディアの人間は誰も この試験に通らないだろうよ」

それでオーラが言いました 「マスメディアの会議に 招待されてることだし マスメディア関係者に これを聞いてみたらいい」 皆さん 披露します これがアメリカの マスメディア関係の 会議での結果です こちらは最近あった EUの マスメディア関係の会議での結果です (笑) 問題は人々が ニュースを見ないこと ではありません マスメディアの人間自身が 知らないんですから

どうしたものだろうね オーラ? 何か考えはあるかい? (拍手)

(オーラ・ロスリング) 考えはありますが その前に一言 チンパンジーに負けた皆さん お気の毒さまでした それが皆さんのせいでは ないことを示して 安心させてあげましょう それから将来 チンパンジーに勝てるよう 秘訣をお教えします それが今日 お話しすることです

まず 我々はなぜこんなにも 無知なのかですが ― それは ここに始まります フーディクスヴァル スウェーデン北部の町で 私が育った場所です この界隈には 大きな問題があり 実際まったく同じ問題が 皆さんの育った 界隈にもあります それは典型でない ということです 育った環境により 世の中がどんなものかについて すごく偏った考えが 身につくんです これが無知の問題の 第一の要因です 個人的な偏見です

私たちは住む社会や 出会う人に応じて みんな異なる体験をします その上で学校に 通うようになりますが それが次の要因になります 私は学校が好きですが 教師というのは 古くなった知識を教えがちです 彼らは学校で学んだことを ずっと後になって生徒に 教えるからで 悪気はないんです そして本というのもまた 出版されてから 世界が変化して 陳腐化します 教材の更新も あまり行われず それが問題になります だから個人的な 偏見に加えて 陳腐化したデータが あるわけです

次に来るのが ニュースです 優れたジャーナリストは どんなニュースが 注目されるか 知っています 人々がニュースを読むのも センセーショナルだからです 普通じゃない出来事の方が 面白いですから そして恐怖の対象は 特に誇張されることになります スウェーデン人が誰か 鮫に襲われようものなら スウェーデンの新聞の見出しを 何週間も飾ることになります

これら3つの 偏った情報源は 逃れるのが 難しいものです 私たちの上に 降り注いで 奇妙な考えで 頭を満たします それに加えて 人間を人間たらしめている 直感があります これは進化の上では 便利なものでした 物事を一般化して 素早く結論を 出すことができます 恐れるものを誇張し ありもしない 因果関係を見つけ 錯覚した自信を 生み出します 「自分は平均より 運転が上手いと思うか?」 と聞かれると みんな 「上手い」と答えるんです

これは進化上は 好都合でしたが 世界の見方ということでは 逆さの結果になる 原因になっています 上昇するトレンドを 下降していると思わせ 我々の直感が チンパンジーの有利に働いて 強みになるべきものが 弱点になってしまいます

どうすれば この問題を 解決できるでしょうか? まず測定し そして修正する 必要があります 測定することによって 無知のパターンを つかむことができます 去年このプロジェクトを始め 人々が無知なことが いかに多いか 分かってきました 我々のアイデアは これを世界の発展の ― 様々な領域 様々な次元に 拡張するということです 気候や 絶滅危惧種や 人権や 男女の平等 エネルギー 金融 それぞれの領域において 事実が集積され 事実に対する認識を 広めようとする 組織があります 私はそういった組織 ― WWFやアムネスティや ユニセフにコンタクトし始めて 多くの人が知らない事実に どんなものがあるか 聞いています

そういう事実を集めて たとえば250の事実のリストを作ります そして一般の人に アンケートを取って 最も点数の低いのが どれか調べます そうやって ハンスが紹介したような 酷い結果になる事実の 短いリストを作ります そういった結果は 簡単に見つかります この短いリストで 何をするのか? 世界に関する知識の 認定試験をするんです 大きな組織や学校 大学 あるいは 報道機関なんかで 知識の確認をするのに 使えるでしょう チンパンジー並の知識の人は 雇わない方がいいですから そうでしょう? そうやって10年もして このプロジェクトが成功したなら みんな面接で こういった世界の知識について 聞かれるようになるでしょう

だから答えるコツを お教えしておきます どうしたら正解できるか? もちろん 夜遅くまで 根を詰めて勉強し こういった様々な資料を 読んで暗記する という方法もあります でもみんな そんなことしないでしょう ハンスだって 期待していません みんな時間がないのですから みんな近道を探します そして そのためには 人間の直感を 再び 力に変える必要があります 一般化する必要があります ここでいくつか 勘違いをヒントに 変える方法を お見せしましょう

まず最初の勘違い これは広くはびこっています 「何事も悪化する」 耳にもすれば 自分でもそう思っているでしょう 別の考え方は 「多くのことは良くなっていく」というものです 質問を前にして 答えが分からなかったら 「良い方に行く」 と推測するんです 悪い方ではなく 私たちのテストでは それで良い点が取れるはずです (拍手) 次です

「豊かな人と 貧しい人がいて 格差は拡大していく」 酷い不平等があります 確かに世界は不平等ですが データに目を向ければ コブは1つなんです 答えが分からなければ 「大半の人は 真ん中あたりにいる」 と考えると 正解できます

次の勘違いは 「社会的に発展するためには 経済的にとても豊かになる必要がある」 というものです 女子が就学するとか 自然災害への備えをするといったことです でも違うんです 真ん中の大きなコブでは 女子は既に就学しています 答えが分からなければ 「大半は既に手にしている」 と考えることです 電気とか 女子の就学 そういったことです これはあくまで目安であって もちろん何にでも 当てはまるわけではありませんが 一般論を言っているわけです

最後はこちら 危険なもの ― ええ これは傑作です ― 鮫は危険ではないということ いや確かに危険ですが 世界的な統計としては 重要性が低いということです 実際 私も鮫は怖いです 人の恐れるものに 関する問題では ― 地震とか よその宗教とか テロリストとか 鮫とかありますけど そういう問題は 誇張されていると 仮定することです これは目安です もちろん危険かつ 重大なものだってあります でも鮫に殺される人はほんのわずかです それが考え方です

これら4つの考え方によって たぶんチンパンジーより うまく答えられます チンパンジーには 一般化などできませんから ですから逆さまな世界を 元に戻して 皆さんきっと ― チンパンジーに 勝てることでしょう (拍手) これが系統的アプローチです

さて それでは これは重要なことなのか? 貧困を理解し 貧困と戦うとか 女子を就学させるとか そういったことは重要です 良くなっているのを見れば それは分かります しかし豊かな側のことしか 考えていない人にも 重要なのでしょうか? 同じ理由で とても重要だと思います 事実に基づいた 今日の世界の認識を持っていれば 次に何がやってくるか 理解できる 見込みがあるからです

この1975年の フタコブの絵に戻りましょう 私が生まれた年です 欧米に注目します 現在のEU諸国と 北アメリカです 豊かさの点で 欧米とその他を 比較してみましょう これは休暇に飛行機で 外国旅行できる人を 示しています 1975年には 「その他」の地域の人は 30%でした しかしこれは その後変わります まず現在 2014年までの 変化を見てみましょう 現在では50/50になっています 欧米の支配は終わりました 結構なことです では この先はどうなるのか? 大きなコブがありますね? それがどう動いたか見ましたか? 私は実験してみました 国際通貨基金のウェブサイトに行くと 今後5年間の1人当たりGDPの 予測データがあります それぞれの国の 収入格差は同じと仮定して これが5年後にどうなるか 予想することができます さらに進めて その5年間の変化が この先20年間 同じスピードで進むと 何が起きるか 見てみました 2020年には57%が 「その他」になります 2025年には63% 2030年には68% そして2035年には1975年と状況がひっくり返ります 1人当たりGDPの 将来予測によると 高級消費者市場の73%が 欧米以外になるんです 企業が将来に関して 事実に基づいた決断をするために この認定を使うのは 良い考えだと思います

どうもありがとうございました (拍手)

(ブルーノ・ジュッサーニ) ハンス&オーラ・ロスリングでした!

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画