TED日本語 - カリマ・ベノウネ: 報道されないテロリズムの側面

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - カリマ・ベノウネ: 報道されないテロリズムの側面

TED Talks

報道されないテロリズムの側面
The side of terrorism that doesn't make headlines
カリマ・ベノウネ
Karima Bennoune

内容

カリマ・ベノウネが、自分の属するコミュニティの中で原理主義と闘う人々に関する、4つの印象深い話を聞かせてくれます。自らの信仰が、犯罪や攻撃、殺人の道具となることを拒む人々の物語です。これらの個人的な物語は、世界で最も見逃されている人権をめぐる闘いの1つである原理主義との闘いを、人間らしく描き出します。

Script

Could I protect my father from the Armed Islamic Group with a paring knife? That was the question I faced one Tuesday morning in June of 1993, when I was a law student.

I woke up early that morning in Dad's apartment on the outskirts of Algiers, Algeria, to an unrelenting pounding on the front door. It was a season as described by a local paper when every Tuesday a scholar fell to the bullets of fundamentalist assassins. My father's university teaching of Darwin had already provoked a classroom visit from the head of the so-called Islamic Salvation Front, who denounced Dad as an advocate of biologism before Dad had ejected the man, and now whoever was outside would neither identify himself nor go away. So my father tried to get the police on the phone, but perhaps terrified by the rising tide of armed extremism that had already claimed the lives of so many Algerian officers, they didn't even answer. And that was when I went to the kitchen, got out a paring knife, and took up a position inside the entryway. It was a ridiculous thing to do, really, but I couldn't think of anything else, and so there I stood.

When I look back now, I think that that was the moment that set me on the path was to writing a book called "Your Fatwa Does Not Apply Here: Untold Stories from the Fight Against Muslim Fundamentalism." The title comes from a Pakistani play. I think it was actually that moment that sent me on the journey to interview 300 people of Muslim heritage from nearly 30 countries, from Afghanistan to Mali, to find out how they fought fundamentalism peacefully like my father did, and how they coped with the attendant risks.

Luckily, back in June of 1993, our unidentified visitor went away, but other families were so much less lucky, and that was the thought that motivated my research. In any case, someone would return a few months later and leave a note on Dad's kitchen table, which simply said, "Consider yourself dead." Subsequently, Algeria's fundamentalist armed groups would murder as many as 200,000 civilians in what came to be known as the dark decade of the 1990s, including every single one of the women that you see here. In its harsh counterterrorist response, the state resorted to torture and to forced disappearances, and as terrible as all of these events became, the international community largely ignored them. Finally, my father, an Algerian peasant's son turned professor, was forced to stop teaching at the university and to flee his apartment, but what I will never forget about Mahfoud Bennoune, my dad, was that like so many other Algerian intellectuals, he refused to leave the country and he continued to publish pointed criticisms, both of the fundamentalists and sometimes of the government they battled. For example, in a November 1994 series in the newspaper El Watan entitled "How Fundamentalism Produced a Terrorism without Precedent," he denounced what he called the terrorists' radical break with the true Islam as it was lived by our ancestors. These were words that could get you killed.

My father's country taught me in that dark decade of the 1990s that the popular struggle against Muslim fundamentalism is one of the most important and overlooked human rights struggles in the world. This remains true today, nearly 20 years later. You see, in every country where you hear about armed jihadis targeting civilians, there are also unarmed people defying those militants that you don't hear about, and those people need our support to succeed.

In the West, it's often assumed that Muslims generally condone terrorism. Some on the right think this because they view Muslim culture as inherently violent, and some on the left imagine this because they view Muslim violence, fundamentalist violence, solely as a product of legitimate grievances. But both views are dead wrong. In fact, many people of Muslim heritage around the world are staunch opponents both of fundamentalism and of terrorism, and often for very good reason. You see, they're much more likely to be victims of this violence than its perpetrators. Let me just give you one example. According to a 2009 survey of Arabic language media resources, between 2004 and 2008, no more than 15 percent of al Qaeda's victims were Westerners. That's a terrible toll, but the vast majority were people of Muslim heritage, killed by Muslim fundamentalists.

Now I've been talking for the last five minutes about fundamentalism, and you have a right to know exactly what I mean. I cite the definition given by the Algerian sociologist Marieme Helie Lucas, and she says that fundamentalisms, note the "s," so within all of the world's great religious traditions, "fundamentalisms are political movements of the extreme right which in a context of globalization manipulate religion in order to achieve their political aims." Sadia Abbas has called this the radical politicization of theology. Now I want to avoid projecting the notion that there's sort of a monolith out there called Muslim fundamentalism that is the same everywhere, because these movements also have their diversities. Some use and advocate violence. Some do not, though they're often interrelated. They take different forms. Some may be non-governmental organizations, even here in Britain like Cageprisoners. Some may become political parties, like the Muslim Brotherhood, and some may be openly armed groups like the Taliban. But in any case, these are all radical projects. They're not conservative or traditional approaches. They're most often about changing people's relationship with Islam rather than preserving it. What I am talking about is the Muslim extreme right, and the fact that its adherents are or purport to be Muslim makes them no less offensive than the extreme right anywhere else. So in my view, if we consider ourselves liberal or left-wing, human rights-loving or feminist, we must oppose these movements and support their grassroots opponents. Now let me be clear that I support an effective struggle against fundamentalism, but also a struggle that must itself respect international law, so nothing I am saying should be taken as a justification for refusals to democratize, and here I send out a shout-out of support to the pro-democracy movement in Algeria today, Barakat. Nor should anything I say be taken as a justification of violations of human rights, like the mass death sentences handed out in Egypt earlier this week. But what I am saying is that we must challenge these Muslim fundamentalist movements because they threaten human rights across Muslim-majority contexts, and they do this in a range of ways, most obviously with the direct attacks on civilians by the armed groups that carry those out. But that violence is just the tip of the iceberg. These movements as a whole purvey discrimination against religious minorities and sexual minorities. They seek to curtail the freedom of religion of everyone who either practices in a different way or chooses not to practice. And most definingly, they lead an all-out war on the rights of women.

Now, faced with these movements in recent years, Western discourse has most often offered two flawed responses. The first that one sometimes finds on the right suggests that most Muslims are fundamentalist or something about Islam is inherently fundamentalist, and this is just offensive and wrong, but unfortunately on the left one sometimes encounters a discourse that is too politically correct to acknowledge the problem of Muslim fundamentalism at all or, even worse, apologizes for it, and this is unacceptable as well. So what I'm seeking is a new way of talking about this all together, which is grounded in the lived experiences and the hope of the people on the front lines. I'm painfully aware that there has been an increase in discrimination against Muslims in recent years in countries like the U.K. and the U.S., and that too is a matter of grave concern, but I firmly believe that telling these counter-stereotypical stories of people of Muslim heritage who have confronted the fundamentalists and been their primary victims is also a great way of countering that discrimination. So now let me introduce you to four people whose stories I had the great honor of telling.

Faizan Peerzada and the Rafi Peer Theatre workshop named for his father have for years promoted the performing arts in Pakistan. With the rise of jihadist violence, they began to receive threats to call off their events, which they refused to heed. And so a bomber struck their 2008 eighth world performing arts festival in Lahore, producing rain of glass that fell into the venue injuring nine people, and later that same night, the Peerzadas made a very difficult decision: they announced that their festival would continue as planned the next day. As Faizan said at the time, if we bow down to the Islamists, we'll just be sitting in a dark corner. But they didn't know what would happen. Would anyone come? In fact, thousands of people came out the next day to support the performing arts in Lahore, and this simultaneously thrilled and terrified Faizan, and he ran up to a woman who had come in with her two small children, and he said, "You do know there was a bomb here yesterday, and you do know there's a threat here today." And she said, "I know that, but I came to your festival with my mother when I was their age, and I still have those images in my mind. We have to be here." With stalwart audiences like this, the Peerzadas were able to conclude their festival on schedule.

And then the next year, they lost all of their sponsors due to the security risk. So when I met them in 2010, they were in the middle of the first subsequent event that they were able to have in the same venue, and this was the ninth youth performing arts festival held in Lahore in a year when that city had already experienced 44 terror attacks. This was a time when the Pakistani Taliban had commenced their systematic targeting of girls' schools that would culminate in the attack on Malala Yousafzai. What did the Peerzadas do in that environment? They staged girls' school theater. So I had the privilege of watching "Naang Wal," which was a musical in the Punjabi language, and the girls of Lahore Grammar School played all the parts. They sang and danced, they played the mice and the water buffalo, and I held my breath, wondering, would we get to the end of this amazing show? And when we did, the whole audience collectively exhaled, and a few people actually wept, and then they filled the auditorium with the peaceful boom of their applause. And I remember thinking in that moment that the bombers made headlines here two years before but this night and these people are as important a story.

Maria Bashir is the first and only woman chief prosecutor in Afghanistan. She's been in the post since 2008 and actually opened an office to investigate cases of violence against women, which she says is the most important area in her mandate. When I meet her in her office in Herat, she enters surrounded by four large men with four huge guns. In fact, she now has 23 bodyguards, because she has weathered bomb attacks that nearly killed her kids, and it took the leg off of one of her guards.

Why does she continue? She says with a smile that that is the question that everyone asks -- as she puts it, "Why you risk not living?" And it is simply that for her, a better future for all the Maria Bashirs to come is worth the risk, and she knows that if people like her do not take the risk, there will be no better future. Later on in our interview, Prosecutor Bashir tells me how worried she is about the possible outcome of government negotiations with the Taliban, the people who have been trying to kill her. "If we give them a place in the government," she asks, "Who will protect women's rights?" And she urges the international community not to forget its promise about women because now they want peace with Taliban. A few weeks after I leave Afghanistan, I see a headline on the Internet. An Afghan prosecutor has been assassinated. I google desperately, and thankfully that day I find out that Maria was not the victim, though sadly, another Afghan prosecutor was gunned down on his way to work. And when I hear headlines like that now, I think that as international troops leave Afghanistan this year and beyond, we must continue to care about what happens to people there, to all of the Maria Bashirs. Sometimes I still hear her voice in my head saying, with no bravado whatsoever, "The situation of the women of Afghanistan will be better someday. We should prepare the ground for this, even if we are killed."

There are no words adequate to denounce the al Shabaab terrorists who attacked the Westgate Mall in Nairobi on the same day as a children's cooking competition in September of 2013. They killed 67, including poets and pregnant women. Far away in the American Midwest, I had the good fortune of meeting Somali-Americans who were working to counter the efforts of al Shabaab to recruit a small number of young people from their city of Minneapolis to take part in atrocities like Westgate. Abdirizak Bihi's studious 17-year-old nephew Burhan Hassan was recruited here in 2008, spirited to Somalia, and then killed when he tried to come home. Since that time, Mr. Bihi, who directs the no-budget Somali Education and Advocacy Center, has been vocally denouncing the recruitment and the failures of government and Somali-American institutions like the Abubakar As-Saddique Islamic Center where he believes his nephew was radicalized during a youth program. But he doesn't just criticize the mosque. He also takes on the government for its failure to do more to prevent poverty in his community. Given his own lack of financial resources, Mr. Bihi has had to be creative. To counter the efforts of al Shabaab to sway more disaffected youth, in the wake of the group's 2010 attack on World Cup viewers in Uganda, he organized a Ramadan basketball tournament in Minneapolis in response. Scores of Somali-American kids came out to embrace sport despite the fatwa against it. They played basketball as Burhan Hassan never would again. For his efforts, Mr. Bihi has been ostracized by the leadership of the Abubakar As-Saddique Islamic Center, with which he used to have good relations. He told me, "One day we saw the imam on TV calling us infidels and saying, 'These families are trying to destroy the mosque.'" This is at complete odds with how Abdirizak Bihi understands what he is trying to do by exposing al Shabaab recruitment, which is to save the religion I love from a small number of extremists.

Now I want to tell one last story, that of a 22-year-old law student in Algeria named Amel Zenoune-Zouani who had the same dreams of a legal career that I did back in the '90s. She refused to give up her studies, despite the fact that the fundamentalists battling the Algerian state back then threatened all who continued their education. On January 26,1997, Amel boarded the bus in Algiers where she was studying to go home and spend a Ramadan evening with her family, and would never finish law school. When the bus reached the outskirts of her hometown, it was stopped at a checkpoint manned by men from the Armed Islamic Group. Carrying her schoolbag, Amel was taken off the bus and killed in the street. The men who cut her throat then told everyone else, "If you go to university, the day will come when we will kill all of you just like this."

Amel died at exactly 5: 17 p.m., which we know because when she fell in the street, her watch broke. Her mother showed me the watch with the second hand still aimed optimistically upward towards a 5: 18 that would never come. Shortly before her death, Amel had said to her mother of herself and her sisters, "Nothing will happen to us, Inshallah, God willing, but if something happens, you must know that we are dead for knowledge. You and father must keep your heads held high."

The loss of such a young woman is unfathomable, and so as I did my research I found myself searching for Amel's hope again and her name even means "hope" in Arabic. I think I found it in two places. The first is in the strength of her family and all the other families to continue telling their stories and to go on with their lives despite the terrorism. In fact, Amel's sister Lamia overcame her grief, went to law school, and practices as a lawyer in Algiers today, something which is only possible because the armed fundamentalists were largely defeated in the country. And the second place I found Amel's hope was everywhere that women and men continue to defy the jihadis. We must support all of those in honor of Amel who continue this human rights struggle today, like the Network of Women Living Under Muslim Laws. It is not enough, as the victims rights advocate Cherifa Kheddar told me in Algiers, it is not enough just to battle terrorism. We must also challenge fundamentalism, because fundamentalism is the ideology that makes the bed of this terrorism.

Why is it that people like her, like all of them are not more well known? Why is it that everyone knows who Osama bin Laden was and so few know of all of those standing up to the bin Ladens in their own contexts. We must change that, and so I ask you to please help share these stories through your networks. Look again at Amel Zenoune's watch, forever frozen, and now please look at your own watch and decide this is the moment that you commit to supporting people like Amel. We don't have the right to be silent about them because it is easier or because Western policy is flawed as well, because 5: 17 is still coming to too many Amel Zenounes in places like northern Nigeria, where jihadis still kill students. The time to speak up in support of all of those who peacefully challenge fundamentalism and terrorism in their own communities is now.

Thank you.

(Applause)

皮むきナイフひとつで 武装したイスラム教グループから 父を守れるのだろうか? この問いに直面したのは 1993年6月の ある火曜日の朝 私が法学生だった時でした

私は父のアパートで 朝早く目を覚ましました アルジェリアのアルジェのはずれにある アパートの玄関を絶え間なく 叩く音がしました その当時 地元紙はこう書いていました 毎週火曜日には学者が 原理主義者の銃弾に倒れるのだと 父が大学でダーウィンについて 教えていたので いわゆるイスラム救国戦線の 幹部が教室を訪れ 父を生物学主義の擁護者として非難し 父がその男を追い出したこともあったのです そして ドアの向こうの誰かは 名乗りもせず 立ち去ろうともしません そこで父は警察に電話をしましたが ― 既にアルジェリア人警官の命を 多く奪っていた 武装した過激主義の高まりを 恐れていたのか ― 誰も電話に出ませんでした そこで私は台所へ行き 皮むきナイフを持ち出して 玄関で構えたのでした 実に馬鹿げていますが それ以外 思いつかなかったので 私はそこに立ちました

今思い返してみると この瞬間が この本を書く道へと 歩ませてくれたのでしょう 『あなたのファトワーは ここでは通用しない: イスラム原理主義との闘いの裏側で』 題名はパキスタンの戯曲に由来します 実に あの瞬間が およそ30ヵ国の 300人のイスラム教徒に インタビューを行う 旅路へと送り出してくれたのです アフガニスタンからマリまで 彼らがいかに 父のように平和的な方法で 原理主義と闘ったか ― そして訪れる危険を いかに切り抜けたかを知るための旅でした

幸い 1993年6月の 身元も知れない訪問者は 立ち去りましたが 他の家族たちが同じように 幸運だったわけではありません この気持ちが私の研究に対する モチベーションとなりました いずれにせよ 何者かが 数ヵ月後に戻ってきて 父のキッチンテーブルに 「自分はもう死んだと思え」 と残すことになります やがて アルジェリアの 原理主義武装集団は 20万人もの市民を殺害し 1990年代は 「暗黒の10年」として 知られるようになりました この女性たちの1人ひとりも 亡くなった市民に含まれています また政府は 厳しい対テロ対策の中で 拷問や強制失踪も 用いました これらの非道な出来事に加えて さらに 国際社会はほとんど これらの行いを無視しました アルジェリアの農家の息子から 教授となった父は とうとう 大学で教鞭を振るうことを辞め アパートから出るよう強要されました しかし私は父である マフード・ベノウネが アルジェリアの多くの知識人と同様に 国を去ることを拒み 的を射た批評を出版し続けたことは 決して忘れません 原理主義について そして時には彼らが戦う 政府についてもです 例えば1994年11月の エル・ワタン紙に連載された 『原理主義からテロリズムが 生まれることがどれほど異例か』 というシリーズでは 先祖が守ってきた 本来のイスラム教から テロリストが極端に離れていることを 父は公然と批判しました この発言は殺される恐れさえ あるものでした

父の祖国が1990年代の 「暗黒の10年」に教えてくれたのは 「イスラム原理主義に対する 人々の抵抗は 人権をめぐる闘いの中でも 世界で最も見逃されているものの 1つだ」ということです これは20年経った今でも その通りです 市民を標的にする 武装したジハードの戦士の話のある どの国にも 武器を持たずに 過激派に抵抗する人々もいます 私たちの耳には入りませんが 彼らは私たちの支援を必要としているのです

西欧諸国では 多くの場合 イスラム教徒はテロリズムを 容認していると思われています このように考える右派の人々は イスラム文化は本質的に暴力的だと考え 左派の人々は イスラム教徒の暴力や 原理主義の暴力は 正当な抗議の産物に過ぎないと 考えています しかし どちらの見解も全く間違っています 事実 世界中にいる イスラム教徒の多くは 断固として 原理主義とテロリズムの どちらに対しても反対しており 大抵正当な理由があります 彼らはこの暴力において 加害者というよりもむしろ犠牲者です ここで1つ 例を挙げてみましょう アラブ語圏メディアによる 2009年の調査では 2004年から2008年の間の アルカイダの犠牲者のうち 西洋人は わずか15%でした これもひどい人数ですが 犠牲者の大多数は イスラム系の人々であり 彼らはイスラム原理主義者に殺されたのです

5分間 原理主義について 話してきましたが 私が原理主義と言う語で 何を意味しているか お教えしましょう アルジェリアの社会学者である ― マリエメ・エリ・ルーカスによる定義を引用します 彼女はこう述べています 原理主義とは ― 複数形ですから 世界のあらゆる 宗教的伝統における原理主義とは ― 「極右の政治的活動であり グローバル化という文脈において 自らの政治的目的を達成するために 宗教を巧みに操っているのだ」と サディア・アバスはこのことを 神学の過激な政治化と 呼んでいます どこに行っても同じ 一枚岩のような イスラム原理主義が 存在しているというイメージを 与えることは避けたいと考えています なぜなら 原理主義活動も様々だからです 暴力を用い 擁護する者もいれば 両者は関係していることが多いとはいえ そうでない者もいます 様々な形をとるのです 非政府組織であることもあります ここイギリスにも 「ケージプリズナーズ」があります またイスラム同胞団のように 政党となることもありますし タリバンのような武装グループに なることもあります しかし どの場合においても すべて過激な取り組みです 保守的でも伝統的でもないやり方です ほとんどの場合 人々とイスラム教の 関係を守るのでなく むしろ変えてしまうものです 私は極右のイスラム教徒について お話ししているのですが その支持者が イスラム教徒であると主張したところで 他の極右派と同様 攻撃的であることに変わりはありません 私の考えでは 私たちが 自由主義や左派 人権擁護者やフェミニストであるなら 私たちはこれらの活動に対して立ち向かい 草の根的に反対している人々を 支持すべきです はっきり言わせて下さい 私は原理主義に対して 有効に対抗することを支持していますが その闘いそのものが国際法を 配慮したものでなければなりません ですから私の発言が 民主化を拒絶することを 正当化するものであると 受け取らないでください ここで支持の声を上げたいと思います 現在アルジェリアで行われている 民主化運動に幸あれと また私の発言は 様々な人権侵害 ― たとえば今週初めにエジプトで 多くの死刑宣告が 言い渡されたようなことを 正当化するものでもありません 私が言いたいのは こうしたイスラム原理主義運動に 立ち向かわねばならないということです なぜなら彼らはイスラム教徒が 多数を占める文脈において 人権を脅かしているからです その方法は様々ですが 武装グループによる市民の直接攻撃が 最も明らかな例でしょう しかし そのような暴力は 氷山の一角に過ぎません これらの運動は全体として 宗教的マイノリティや 性的マイノリティに対する 差別を広めています 別のやり方で宗教を実践する人々からも 信仰しないことを選択する人々からも 宗教の自由を奪おうとしています そして典型的には 女性の権利に関する 全面戦争を先導するのです

近年 これらの運動に直面し 西欧諸国における言説では ほとんどの場合 2つの欠陥ある回答が提示されています 右派に時折見られる1つ目の言説は ほとんどのイスラム教徒が 原理主義的であるか イスラム教には本質的に 原理主義的なところがあるというもので これはただ攻撃的なばかりで 間違っています しかし 残念ながら 左派に見られる言説は 政治的に公正すぎて イスラム原理主義の問題を 全く認識しておらず 更に悪いことには それについて謝罪しており これも容認できるものではありません ですから 私はこれらを語るための 実際に生きた経験と 前線にいる人々の希望に根ざした ― 新たな方法を探し求めています 痛切に感じられるのは 近年イスラム教徒に対する差別が イギリスやアメリカといった国々で 増えているということで それもまた深刻な問題です しかし 私は 原理主義者に立ち向かい 1番の犠牲者となっている イスラム教徒の人々に関する 固定観念を覆す話を語ることも 差別に反対する素晴らしい方法だと 強く信じています ここで 光栄にも 素晴らしい物語をお持ちの4人を ご紹介しましょう

ファイザン・ピアゼダと 彼の父にちなんで名づけられた レフィ・ピア・シアターワークショップは 何年にもわたり パキスタンで 舞台芸術を 推進してきました ジハードによる暴力の増加とともに 彼らはイベントを取りやめるよう 脅かされ始めましたが 屈しませんでした そして2008年に 爆撃犯が ラホールでの第8回世界舞台芸術祭を襲うと ガラスの雨が 会場に降り注ぎ 9人が負傷しました その日の夜遅く ピアゼダらは とても難しい決断を下しました 舞台芸術祭を予定通り 翌日も続行すると発表したのです 当時 ファイザンが言ったように もしイスラム原理主義者に屈すれば ただ暗闇の角に座っているようなものなのです どうなるかは分かりませんでした 誰か来るのだろうか? 実際は 翌日何千もの人々が訪れ ラホールの舞台芸術を支援しました このことは素晴らしいとともに 恐ろしくもあったので ファイザンは幼い子を2人連れている ある女性に駆け寄り こう言いました 「昨日 ここで爆発があり 今日も恐怖に脅かされているのを ご存知ですか」 彼女は「知っています でも私はこの子たちくらいの年頃の時 母とあなたのフェスティバルに来たことが 印象深く 心に残っています 私たちはここにいなくちゃいけないんです」 このような熱烈な観客とともに ピアゼタらは予定通り フェスティバルを終えることができました

そして次の年 安全面のリスクのため 彼らはすべてのスポンサーを失いました 2010年に私が会った時には 彼らは同じ場所で行うことができた ― 後に続く初のイベントの最中でした 第9回青年舞台芸術祭で その年 街はすでに 44回ものテロ攻撃を受けていました これはパキスタンのタリバンが 女子校を標的として 組織的な攻撃を始めた頃のことで マララ・ユサフザイの襲撃事件で 幕を閉じることとなります この状況で ピアゼタらは何をしたと思いますか? 彼らは女子学生による舞台作品を 上演したのです 私は光栄なことに『ナン・ウォール』 という パンジャブ語のミュージカルを観ました ラホール・グラマー・スクールの 女子学生がすべての役を演じました 彼女たちは歌い 踊り ねずみや水牛の役を演じました 私はこの素晴らしい劇が 無事終わるかどうかと 息を飲んで見守りました そして無事 幕が下りると 観客は一斉に息をついて 中には涙を流している人もいました 観客席は観客の拍手という 平和な高揚感で満たされました 私はその瞬間 こう考えたことを 覚えています 「2年前にこの場所で爆撃犯が トップニュースとなったけれども 今晩 ここに居合わせた人々は それと同じくらいに重要なニュースなのだ」と

マリア・バシルはアフガニスタンで 初の そして唯一の女性主席検事です 彼女は2008年から この職についており 女性に対する暴力事件を調査するために 調査機関を設置しました 彼女は自らの任務の中でも 最も重要な領域だと語っています ヘラートの彼女の事務所で会う時には 彼女は4挺の大きな銃を手にした 4人の大きな男性に囲まれて入ってきます 事実 彼女には今 23人のボディーガードがいます なぜなら 彼女は爆弾の攻撃を受けて 子供を殺されかけたからです その際 ボディーガードの1人は 片足を失いました

彼女はなぜ続けるのでしょうか? 皆に同じことを聞かれるのだと 彼女は微笑んで言います 「なぜ生きないという 危険を冒すのか?」と 彼女にとっては単に マリア・バシルの家族にとっての よりよい未来は 危険を冒す価値のあるものであり 自分のような人間が 危険を冒さなければ より良い未来は来ないのです 後にインタビューの中で バシル検事は私に いかに彼女が 自分を狙うタリバンと政府との 起こりうる交渉結果について 心配しているかを 話してくれました 「もし政府での居場所をタリバンに与えたら 誰が女性の権利を守るのでしょうか」 と彼女は問います そして国際社会に タリバンとの和平を築きたいからといって 女性との約束を忘れないよう 呼びかけています 私がアフガニスタンを経った数週間後 インターネットでトップ記事を目にします アフガニスタンの検事が暗殺されたと言うのです 必死でグーグルで調べると ありがたいことに マリアは 犠牲者ではないことがわかりました しかし悲しいことに 別のアフガニスタンの検事が 仕事に向かう途中に射殺されたのでした 私は今 そのようなトップ記事を耳にすると 今年以降 国際部隊が アフガニスタンを離れるからこそ 現地の人々やすべての マリア・バシルのような人々に 何が起きているかに 関心を持ち続けなければなりません 時々 彼女の声が頭の中で響きます 虚勢などではなく 彼女はこう言うのです 「アフガニスタンにおける 女性を取り巻く状況は いつか必ずよくなるでしょう 私たちはたとえ殺されたとしても その基盤を作らねばなりません」

アル・シャバブというテロ組織を 批判するに適切な言葉が見つかりません 彼らは2013年9月の 子供たちの料理大会が 行われていたのと同じ日に ナイロビのウエストゲート・モールを襲撃しました 詩人や妊婦を含め 67人が殺害されました 遠く離れたアメリカ中西部で 私は運良く ソマリア系アメリカ人に会いました アル・シャバブが少数の若者を ミネアポリスで勧誘して ウエストゲートのような残虐行為に 参加させようとする企てに対して 反対する活動をしていました アブドリザク・ ビヒ氏の勉強好きな 17歳の甥 ブルハン・ハッサンは 2008年にここで兵士として採用され ソマリアへと誘拐され 帰国しようとしたら殺されたのです その時から ビヒ氏は 無予算のソマリア教育・権利擁護センターの 理事長でもありますが ― テロ組織による兵士の採用と 政府の失態と アブバカー・アサディク・イスラム教センターのような ソマリア系アメリカ人団体に対する 非難の声を上げ続けています 彼はこのセンターの青年プログラムを通じて 甥が原理主義に傾倒したと考えています しかし 彼はただモスクを 非難するのではありません 彼は政府の失態を糾弾し コミュニティーでの貧困を防ぐために もっと何かすべきだと批判しています 財源に乏しかったので ビヒ氏には創造力が必要でした 不満を抱く若者に影響を与えようという アル・シャバブの企てに反対するため ウガンダのワールドカップ観戦者らに対する 2010年の集団攻撃に続いて 彼はそれに応えるようにミネアポリスで ラマダン・バスケットボール選手権を計画しました たくさんのソマリア系アメリカ人の子供たちが スポーツに参加しました ファトワーでは禁じられているにも拘らず ブルハン・ハッサンには 二度とできないバスケットボールを 彼らはやったのです このことにより ビヒ氏は かつては良好な関係を築いていた アブバカル・アサディク・イスラム教センターの 指導者によって追放されました 彼が言ったことには 「ある日 テレビでイマームが 私たちを異端者だと呼んで 『彼らはモスクを破壊しようとしている』 と言っていた」のだそうです これはアドリザク・ ビヒ氏が アル・シャバブによる兵士採用を減らすことで 達成しようとしていることとは まったく食い違っています 彼は私の愛する宗教を 少数の原理主義者から 守ろうとしているのです

最後にもう1つお話ししたいと思います アルジェリアの22才の法学生である アメル・ゼヌーン=ズアニは 私が90年代にそうであったように 法律家としてのキャリアを夢見ていました 彼女は勉学を諦めることを拒みましたが 原理主義がその頃 アルジェリアを取り戻すために戦い 教育を受け続ける者全てを脅かしていました 1997年1月26日 アメルは学校に通っていた アルジェでバスに乗り ラマダンの夜を家族と過ごすために 家に向かい ― ロースクールを卒業することは ありませんでした バスが彼女の家のある 郊外まで来たとき 武装イスラム集団の人々に 占拠された検問所で止められました アメルは学校かばんを手に バスから降ろされ 路上で殺されました 彼女の喉を切り裂いた男は 他の乗客に言いました 「お前たちが大学に行けば こんな風にお前たちを全員 殺す日が来るぞ」

アメルは午後5時17分きっかりに亡くなりました 路上で倒れた時に 彼女の腕時計が壊れたので そう分かるのです 彼女のお母さんは秒針が 決して訪れることのない 5時18分に向けて 悠然と上を向いている その時計を見せてくれました 死の直前に アメルは母親と 姉妹たちにこう言ったそうです 「アラーの思し召しがあれば 私たちには何も起こらないわ でも もし何かあったら 私たちは知識のために 命を失ったのだと思ってね お母さんもお父さんも 胸を張り続けていてね」

このような若い女性を失うことは 深くはかり知れず ですから私は研究をしました 私はアメルの希望を再び見出そうと努め そして彼女の名は実に アラブ語で「希望」という意味なのです 私は希望を2つの場所で見つけました 1つ目は彼女の家族や他の家族が この話を語り継ぎ続け テロにも屈さず生活を続けていく 強さの中にです 事実 アメルの妹 ラミアは悲しみを乗り越え ロースクールへと行き 現在ではアルジェで弁護士をしています これが可能であったのは ひとえに 武装した原理主義者が アルジェリアではぼ敗れたからです 私がアメルの希望を見つけた 2つ目の場所は 男性も女性もジハードの戦士に 立ち向かい続けている全ての場所でした 私たちはアメルに敬意を表し 「イスラム法の下に生きる女性たち」の ネットワークのように 現在でも人権に関する戦いを 続けている人々を支援すべきです 被害者の権利が主張しているように テロと戦うだけでは十分ではないと シュリファ・ハダールにアルジェで言われました 私たちは原理主義に 戦いを挑まなければなりません なぜなら原理主義は テロリズムの温床となる イデオロギーだからです

なぜアメルや彼らのような人々が もっと知られないのでしょうか? なぜオサマ・ビンラディンが誰かは 皆知っているのに その背後でビンラディンらに抵抗して 立ち上がっている人々については ほとんど知らないのでしょう? 私たちはこの状況を 変えていかなければなりません ですから あなたのネットワークを通して これらの話を共有して欲しいのです もう一度アメル・ゼヌーンの時計を見て下さい 永遠に止まったままです あなたの時計を見てください 今この瞬間が アメルのような人々を支援していく 時だと決意してください 彼らについて沈黙する権利は 私たちにはないのです より簡単だからとか 西欧諸国の政策の欠陥は理由になりません なぜなら 5時17分は今もなお 学生が今でもジハードによって殺されている ナイジェリア北部のような場所で あまりに多くのアメルたちの 元に近づいているのです 自らのコミュニティにおいて 原理主義とテロリズムに対して 平和的に戦いを挑む全ての人々を 支持すると声を上げるべき時は 今なのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画