TED日本語 - マイケル・ポーター: なぜビジネスが社会問題の解決に役立ちうるのか

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - マイケル・ポーター: なぜビジネスが社会問題の解決に役立ちうるのか

TED Talks

なぜビジネスが社会問題の解決に役立ちうるのか
Why business can be good at solving social problems
マイケル・ポーター
Michael Porter

内容

社会における最大の問題に対処するのに、どうして非営利組織やNGO、政府に頼るのでしょうか?マイケル・ポーターは、ビジネス・スクールの教授として偏見はあると認めつつも、気候変動や水の供給といった大きな社会問題の解決をビジネスに任せてはどうかと提案します。なぜでしょうか?ビジネスは、問題解決をすることで利益を生み出し、その解決策をさらに展開できるからです。

Script

I think we're all aware that the world today is full of problems. We've been hearing them today and yesterday and every day for decades. Serious problems, big problems, pressing problems. Poor nutrition, access to water, climate change, deforestation, lack of skills, insecurity, not enough food, not enough healthcare, pollution. There's problem after problem, and I think what really separates this time from any time I can remember in my brief time on Earth is the awareness of these problems. We're all very aware.

Why are we having so much trouble dealing with these problems? That's the question I've been struggling with, coming from my very different perspective. I'm not a social problem guy. I'm a guy that works with business, helps business make money. God forbid. So why are we having so many problems with these social problems, and really is there any role for business, and if so, what is that role? I think that in order to address that question, we have to step back and think about how we've understood and pondered both the problems and the solutions to these great social challenges that we face.

Now, I think many have seen business as the problem, or at least one of the problems, in many of the social challenges we face. You know, think of the fast food industry, the drug industry, the banking industry. You know, this is a low point in the respect for business. Business is not seen as the solution. It's seen as the problem now, for most people. And rightly so, in many cases. There's a lot of bad actors out there that have done the wrong thing, that actually have made the problem worse. So this perspective is perhaps justified.

How have we tended to see the solutions to these social problems, these many issues that we face in society? Well, we've tended to see the solutions in terms of NGOs, in terms of government, in terms of philanthropy. Indeed, the kind of unique organizational entity of this age is this tremendous rise of NGOs and social organizations. This is a unique, new organizational form that we've seen grown up. Enormous innovation, enormous energy, enormous talent now has been mobilized through this structure to try to deal with all of these challenges. And many of us here are deeply involved in that.

I'm a business school professor, but I've actually founded, I think, now,four nonprofits. Whenever I got interested and became aware of a societal problem, that was what I did, form a nonprofit. That was the way we've thought about how to deal with these issues. Even a business school professor has thought about it that way.

But I think at this moment, we've been at this for quite a while. We've been aware of these problems for decades. We have decades of experience with our NGOs and with our government entities, and there's an awkward reality. The awkward reality is we're not making fast enough progress. We're not winning. These problems still seem very daunting and very intractable, and any solutions we're achieving are small solutions. We're making incremental progress.

What's the fundamental problem we have in dealing with these social problems? If we cut all the complexity away, we have the problem of scale. We can't scale. We can make progress. We can show benefits. We can show results. We can make things better. We're helping. We're doing better. We're doing good. We can't scale. We can't make a large-scale impact on these problems. Why is that? Because we don't have the resources. And that's really clear now. And that's clearer now than it's been for decades. There's simply not enough money to deal with any of these problems at scale using the current model. There's not enough tax revenue, there's not enough philanthropic donations, to deal with these problems the way we're dealing with them now. We've got to confront that reality. And the scarcity of resources for dealing with these problems is only growing, certainly in the advanced world today, with all the fiscal problems we face.

So if it's fundamentally a resource problem, where are the resources in society? How are those resources really created, the resources we're going to need to deal with all these societal challenges? Well there, I think the answer is very clear: They're in business. All wealth is actually created by business. Business creates wealth when it meets needs at a profit. That's how all wealth is created. It's meeting needs at a profit that leads to taxes and that leads to incomes and that leads to charitable donations. That's where all the resources come from. Only business can actually create resources. Other institutions can utilize them to do important work, but only business can create them. And business creates them when it's able to meet a need at a profit. The resources are overwhelmingly generated by business. The question then is, how do we tap into this? How do we tap into this? Business generates those resources when it makes a profit. That profit is that small difference between the price and the cost it takes to produce whatever solution business has created to whatever problem they're trying to solve. But that profit is the magic. Why? Because that profit allows whatever solution we've created to be infinitely scalable. Because if we can make a profit, we can do it for 10,100, a million,100 million, a billion. The solution becomes self-sustaining. That's what business does when it makes a profit.

Now what does this all have to do with social problems? Well,one line of thinking is, let's take this profit and redeploy it into social problems. Business should give more. Business should be more responsible. And that's been the path that we've been on in business. But again, this path that we've been on is not getting us where we need to go.

Now, I started out as a strategy professor, and I'm still a strategy professor. I'm proud of that. But I've also, over the years, worked more and more on social issues. I've worked on healthcare, the environment, economic development, reducing poverty, and as I worked more and more in the social field, I started seeing something that had a profound impact on me and my whole life, in a way.

The conventional wisdom in economics and the view in business has historically been that actually, there's a tradeoff between social performance and economic performance. The conventional wisdom has been that business actually makes a profit by causing a social problem. The classic example is pollution. If business pollutes, it makes more money than if it tried to reduce that pollution. Reducing pollution is expensive, therefore businesses don't want to do it. It's profitable to have an unsafe working environment. It's too expensive to have a safe working environment, therefore business makes more money if they don't have a safe working environment. That's been the conventional wisdom. A lot of companies have fallen into that conventional wisdom. They resisted environmental improvement. They resisted workplace improvement. That thinking has led to, I think, much of the behavior that we have come to criticize in business, that I come to criticize in business.

But the more deeply I got into all these social issues,one after another, and actually, the more I tried to address them myself, personally, in a few cases, through nonprofits that I was involved with, the more I found actually that the reality is the opposite. Business does not profit from causing social problems, actually not in any fundamental sense. That's a very simplistic view. The deeper we get into these issues, the more we start to understand that actually business profits from solving from social problems. That's where the real profit comes. Let's take pollution. We've learned today that actually reducing pollution and emissions is generating profit. It saves money. It makes the business more productive and efficient. It doesn't waste resources. Having a safer working environment actually, and avoiding accidents, it makes the business more profitable, because it's a sign of good processes. Accidents are expensive and costly. Issue by issue by issue, we start to learn that actually there's no trade-off between social progress and economic efficiency in any fundamental sense. Another issue is health. I mean, what we've found is actually health of employees is something that business should treasure, because that health allows those employees to be more productive and come to work and not be absent. The deeper work, the new work, the new thinking on the interface between business and social problems is actually showing that there's a fundamental, deep synergy, particularly if you're not thinking in the very short run. In the very short run, you can sometimes fool yourself into thinking that there's fundamentally opposing goals, but in the long run, ultimately, we're learning in field after field that this is simply not true.

So how could we tap into the power of business to address the fundamental problems that we face? Imagine if we could do that, because if we could do it, we could scale. We could tap into this enormous resource pool and this organizational capacity.

And guess what? That's happening now, finally, partly because of people like you who have raised these issues now for year after year and decade after decade. We see organizations like Dow Chemical leading the revolution away from trans fat and saturated fat with innovative new products. This is an example of Jain Irrigation. This is a company that's brought drip irrigation technology to thousands and millions of farmers, reducing substantially the use of water. We see companies like the Brazilian forestry company Fibria that's figured out how to avoid tearing down old growth forest and using eucalyptus and getting much more yield per hectare of pulp and making much more paper than you could make by cutting down those old trees. You see companies like Cisco that are training so far four million people in I.T. skills to actually, yes, be responsible, but help expand the opportunity to disseminate I.T. technology and grow the whole business. There's a fundamental opportunity for business today to impact and address these social problems, and this opportunity is the largest business opportunity we see in business.

And the question is, how can we get business thinking to adapt this issue of shared value? This is what I call shared value: addressing a social issue with a business model. That's shared value. Shared value is capitalism, but it's a higher kind of capitalism. It's capitalism as it was ultimately meant to be, meeting important needs, not incrementally competing for trivial differences in product attributes and market share. Shared value is when we can create social value and economic value simultaneously. It's finding those opportunities that will unleash the greatest possibility we have to actually address these social problems because we can scale. We can address shared value at multiple levels. It's real. It's happening.

But in order to get this solution working, we have to now change how business sees itself, and this is thankfully underway. Businesses got trapped into the conventional wisdom that they shouldn't worry about social problems, that this was sort of something on the side, that somebody else was doing it. We're now seeing companies embrace this idea. But we also have to recognize business is not going to do this as effectively as if we have NGOs and government working in partnership with business. The new NGOs that are really moving the needle are the ones that have found these partnerships, that have found these ways to collaborate. The governments that are making the most progress are the governments that have found ways to enable shared value in business rather than see government as the only player that has to call the shots. And government has many ways in which it could impact the willingness and the ability of companies to compete in this way.

I think if we can get business seeing itself differently, and if we can get others seeing business differently, we can change the world. I know it. I'm seeing it. I'm feeling it. Young people, I think, my Harvard Business School students, are getting it. If we can break down this sort of divide, this unease, this tension, this sense that we're not fundamentally collaborating here in driving these social problems, we can break this down, and we finally, I think, can have solutions.

Thank you.

(Applause)

皆さん お気づきの通り 世界は様々な問題で あふれています 今日も昨日も そして何十年もの間 毎日のように こうしたことを耳にしてきました 深刻な問題 大きな問題 緊迫した問題 栄養失調 水の供給 気候変動や森林破壊 スキル不足 不安感 食料不足 不十分なヘルスケアや 環境汚染など 問題には事欠きません 今が これまでと違うのは 私がこれまでの人生で知りうる どんな時よりも こうした問題が 認知されていることです 私たちは 皆 よく分かっています

では なぜ これらの問題を解決するのに こんなにも 苦労しているのでしょう? 私は畑違いながらも ずっとこの疑問に 取り組んできました 私は社会問題の専門家ではなく ビジネスと向き合い ビジネスでお金儲けをする 手伝いをしてきました とんでもないことです さて なぜ私たちは これら社会問題について 多くの課題を 抱えているのでしょう? ビジネスは 何もできないんでしょうか? できるとすれば その役割は何でしょう? この問いに向き合うには 少し立ち止まって 今 直面している ― 大きな社会問題に対して 私たちがどのように 課題と解決策を 捉え 考えてきたか 見直す必要があります

多くの人は ビジネスを それ自体が社会問題 であるかのように ― 少なくとも社会問題の一つとして 捉えています ファーストフード業界 製薬業界や銀行業界を 考えてみてください ビジネスに敬意が払われない 最たる例でしょう ビジネスは 解決策ではなく 問題そのものという見方が 今は多勢です 事実 そのようなケースも 多々あります 困ったところも たくさんあり 間違ったことをして 問題を深刻化させたこともあります ですから この見方は まあ 理にかなっているでしょう

これまで私たちは 直面している ― 多くの社会問題の解決策について どのような見方を してきたのでしょう? 私たちはその解決策を NGOや政府 慈善団体といった 組織に求める傾向にあります NGOや政府 慈善団体といった 組織に求める傾向にあります 確かに 驚異的な台頭を見せている NGOや社会団体は 現代の特徴的な組織形態です このユニークで 新しい組織形態が成長して 計り知れないイノベーションや 大量のエネルギー 多くの才能が 流動化され この組織を通じて あらゆる社会問題の解決に 向けられようとしています 皆さんの多くも 深く関わられていることでしょう

ビジネススクールの教授ながら 私も 実際に 4つの非営利団体を立上げています 社会問題に 関心を持つたびに 私は非営利団体を 設立してきたのです 誰もが 社会問題には このように対処すべきと 考えてきました ビジネススクールの教授でさえ そう考えていたのです

でも 振り返ってみると 私たちは 長い間 このやり方を踏襲してきました 何十年も これらの問題を認識し 長年にわたり NGOや 政府団体で活動をしてきました でも 困った現実もあります というのも 残念ながら 十分な速さで 進展が見られないのです 私たちは 勝利に 向かっていないのです これらの問題は いまだに暗い影を落とし 手に負えない状況です 私たちが 解決しているのは 小さなことなのです 漸進的な進展しかありません

これら社会問題に対処する上で 何が根本的な課題なのでしょう? 単純化して言えば 「スケール」の問題です スケールが小さいのです 私たちは前に進み 効果も出せます 結果も出せますし 事態を改善できます 役立っているし よくやっています でも スケールを 大きくできません 大きなスケールで 社会問題に影響は与えられません なぜでしょうか? リソースが足りないからです 今や これは明白な事実で ここ数十年と比べて 一層 明らかになっています つまり 今のやり方では 社会問題を大規模に解決する 資金が足りないのです 十分な税収もなければ 十分な慈善資金もなく 今のやり方では この問題に対処できないのです 私たちは この現実に 立ち向かう必要があります リソース不足は 拡大する一方で 様々な財政問題を抱えた 先進社会では リソース不足は当然のことです

これが根本的に リソースの問題だとして 社会のどこに リソースがあるのでしょうか? リソースはどうやって 作られるのでしょう? 社会的課題を解決するために 必要なリソースです その答えは明白でしょう ビジネスです 全ての富は ビジネスによって作られます ビジネスが 富を生み出すのは それがニーズと合致し 利益を生むときです そうやって 全ての富が作られています ニーズに応えて 利益を生み それが税収にもつながり 所得にもなり 慈善資金にもつながります ビジネスこそ 全てのリソースの源なのです 事実 ビジネスしか リソースは生み出せません 他の機関が リソースを使って 重要なことをしたとしても ビジネスのように リソースを作り出すことはありません ビジネスは ニーズに応えて利益を出すとき リソースを生みます 世にあるリソースは 圧倒的割合で ビジネスが 作っているのです 問題は どうやって これを利用するかです どうやって活用しますか? ビジネスが リソースを生み出すのは 利益が出るときです 利益は 売上とコストの 小さな差額です そのビジネスが どんな問題に どんな解決策を 提示しようとも同じです でも この利益こそが 魔法の薬なのです なぜか? その利益が 私たちが生み出した 解決策を 無限大にしてくれるからです 利益を生み出せれば それをもとに 10倍 100倍 100万倍 1億倍 10億倍のことが できます 解決策自体を 自立させられるのです これこそ ビジネスが利益を生み 規模を拡大するプロセスです

では これが社会問題と どう関係するんでしょう? 一つの考え方は この利益をまわして 社会問題解決に 使おうというものです 実業界は もっとお金を出し もっと責任を取るべき ― これがビジネスの世界で 行われてきたことです でも 私たちが 選んできた この道は 行き着くべきところに 導いてくれていません

さて 私は戦略論の教授として キャリアを始め 現在も 戦略論の教授です 誇りに思っています でも 同時に ここ何年も 社会問題に より力を注ぐようになりました ヘルスケアや 環境問題 経済発展 貧困緩和といった 問題に取り組み 社会分野での 活動が増えています 次第に 私は 私や私の人生に 大きな影響を与えたことに 気付き始めました

経済学や経営学における 従来の通説では 社会的成果と経済的成果は トレードオフの関係に あるとされます つまり これまでの通説では ビジネスは 社会問題を引き起こすことで 利益を生む とされるわけです その典型例が 環境汚染です ビジネスをする上では 環境汚染していた方が 環境汚染を減らす努力をするより お金は儲かります 汚染を減らすには お金もかかります ですから ビジネスでは そんなことしたくない訳です 危険な労働環境の方が 利益が上がります 安全な労働環境を作るのは お金がかかりすぎます 安全な労働環境でない方が ビジネスでは よりお金を生めるのです これが 今までの 通説だったのです 多くの企業が この通説通りに なり下がっていました 企業は 環境改善も 労働環境改善も 渋りました その考え方が 結局のところ 私たちが批判するようになり 私自身も批判するようになった ― ビジネス活動の所以なのです

でも こうした社会問題に 次から次に 深く関わるようになり いくつか 個人的にも 私の非営利団体を通じて 問題に取り組むように なるにつれ 事実は逆ではないかと 思うようになりました ビジネスは 社会問題を引き起こす ことで 利益を生みません 根本的な意味で 違うのです とても単純なことです こうした問題に より深く関わるにつれ より理解することに なるでしょうが 実際のところ ビジネスは 社会問題の解決によって 利益を得るのです そこに 真の利益があるのです 環境汚染で 考えてみましょう 今 分かっているのは 汚染や排ガスを 減らすことで 利益が上がるということです お金も節約できます より生産的・効率的な 経営が行え リソースも 無駄にしません より安全な労働環境なら 事故を減らすことができ 利益も増やせます 事故が少ないことは よい生産工程の証だからです 事故が起こると かえってお金もかかります どの問題からも 見えてくるのは 根本的な意味において 社会的発展と 経済性との間で トレードオフなんて ないということです 健康の問題もあります 実際のところ 従業員の健康は ビジネスにおいて 重要なことなのです 健康であってこそ 従業員は より生産的に働けて 欠勤もなくなるからです より進んだ 新しい研究 新しい考え方によれば ビジネスと社会問題との間には 実は ― 根本的で深い相互作用が あるとされています 超短期的視点で見なければ 特にそうなります 目先のことにとらわれると 時に 誤った考え方をして ビジネスと 社会問題解決は 根本的に相容れないと考えがちです でも 長い目で見れば 最終的にはビジネスと 社会問題解決の両立は 可能だと分かってきました

どうやったら 私たちは ビジネスの力を使って 私たちが直面している 根本的課題に 対処できるでしょうか? ビジネスを活用できれば 大規模な展開が可能になります この甚大なリソースや 組織能力を 活用できるのです

実は これは もう始まっています 皆さんのように これらの問題について 何年も 何十年も 取り組んできた人の お蔭でもあります ダウ・ケミカル社などは トランス脂肪や飽和脂肪を 革命的な新製品に置き換える 革新を進めています これは ジェイン灌漑システム社の例です 点滴灌漑技術を 何千 何百万もの農家に提供し 水の使用量を 大幅に減らしました さらに ブラジルの製紙メーカー フィブリア社などは 原生林の破壊を 食い止める方法を考え ユーカリ植林により 1ヘクタールあたりの パルプ生産量を上げて 古くからある木々を 切り倒すことなく より多くの紙が 作れるようにしました シスコ社などは 400万人以上に ITスキルの訓練をしてきました もちろん 業務のためですが この訓練によって IT技術が広まり 産業全体も成長しています 今 ビジネスには これら社会問題に 影響を与え 取り組みをする 大きな機会があります そして この機会は 最大のビジネス・チャンスです

どうすれば ビジネスを この共通価値の創造に 向かわせられるでしょうか? 私が「共通価値」と 呼ぶのは ビジネスモデルを使い 社会問題に取り組むことです これが共通価値の創造です 共通価値は 資本主義ですが より高度な資本主義です それは 資本主義があるべき 究極的な姿であって 社会の重要なニーズに 応えるものです 製品や市場シェアの些細な違いを 競争することではありません 製品や市場シェアの些細な違いを 競争することではありません 共通価値が生まれるのは 私たちが 社会的価値と経済的価値を 同時に創造することです つまり これらの機会を捉えて 私たちが持つ 最大限の可能性を引き出し 実際にこれらの社会問題に 取り組むのです 大きなスケールで できるからです 共通価値の創造は 様々なレベルで取り組めます 本当です 実際に起こっているんです

でも この解決策を うまく機能させるには ビジネスのあり方を 変えなくてはいけません 幸運にも これはすでに進行中です ビジネスが これまでとらわれてきた 社会通念とは 社会問題なんか 関係ないとか 本質的なことじゃないとか 他の人がすることだとか いったものです 今 企業は 共通価値を取り入れるように なってきています でも 私たちが 同時に理解すべきは ビジネスだけで取り組むよりは NGOや政府と連携する方が より効果的だということです 際立って変化を起こしている 新しいNGOは こうしたパートナーシップを見つけ 連携する道を 見つけています 政府で 一番成果を上げているのも ビジネスで 共通価値を 実現する道を見つけた政府で 政府だけで全てを決めるところ ではありません 政府は 様々な方法で 企業のやる気や能力を高めて 競争を促進することができます

もし ビジネスの役割を 再定義して その新しい考え方を 世の中に広げることができれば 世界を変えられるのです 私はこの兆しを目の当たりにし 知っています 実感しています 若者は ― ハーバード・ビジネス・スクールの 私の学生は理解してきています もし この種の分断や 不安 緊張を取り払い 社会問題を解決するには 根本的な連携が必要という認識を 醸成できるのであれば 私たちは この状況を打破し 最終的には 解決ができると 思います

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画