TED日本語 - クリス・マクネット: サステナビリティ投資の論理

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - クリス・マクネット: サステナビリティ投資の論理

TED Talks

サステナビリティ投資の論理
The investment logic for sustainability
クリス・マクネット
Chris McKnett

内容

サステナビリティ(持続可能性)が世界にとって最重要課題の一つであることは明らかです。でも、一体誰が環境問題を飛躍的に改善できるのでしょうか?クリス・マクネットは、それは大規模な機関投資家に他ならないと言います。投資においては財務データが素晴らしいだけでは不十分で、なぜ投資家が企業の環境、社会、ガバナンスの体制を見なければならないか説明します。

Script

The world is changing in some really profound ways, and I worry that investors aren't paying enough attention to some of the biggest drivers of change, especially when it comes to sustainability. And by sustainability, I mean the really juicy things, like environmental and social issues and corporate governance. I think it's reckless to ignore these things, because doing so can jeopardize future long-term returns. And here's something that may surprise you: the balance of power to really influence sustainability rests with institutional investors, the large investors like pension funds, foundations and endowments. I believe that sustainable investing is less complicated than you think, better-performing than you believe, and more important than we can imagine.

Let me remind you what we already know. We have a population that's both growing and aging; we have seven billion souls today heading to 10 billion at the end of the century; we consume natural resources faster than they can be replenished; and the emissions that are mainly responsible for climate change just keep increasing. Now clearly, these are environmental and social issues, but that's not all. They're economic issues, and that makes them relevant to risk and return. And they are really complex and they can seem really far off, that the temptation may be to do this: bury our heads in the sand and not think about it. Resist this, if you can. Don't do this at home. (Laughter)

But it makes me wonder if the investment rules of today are fit for purpose tomorrow. We know that investors, when they look at a company and decide whether to invest, they look at financial data, metrics like sales growth, cash flow, market share, valuation -- you know, the really sexy stuff. And these things are fundamental, of course, but they're not enough. Investors should also look at performance metrics in what we call ESG: environment, social and governance. Environment includes energy consumption, water availability, waste and pollution, just making efficient uses of resources. Social includes human capital, things like employee engagement and innovation capacity, as well as supply chain management and labor rights and human rights. And governance relates to the oversight of companies by their boards and investors. See, I told you this is the really juicy stuff. But ESG is the measure of sustainability, and sustainable investing incorporates ESG factors with financial factors into the investment process. It means limiting future risk by minimizing harm to people and planet, and it means providing capital to users who deploy it towards productive and sustainable outcomes.

So if sustainability matters financially today, and all signs indicate more tomorrow, is the private sector paying attention? Well, the really cool thing is that most CEOs are. They started to see sustainability not just as important but crucial to business success. About 80 percent of global CEOs see sustainability as the root to growth in innovation and leading to competitive advantage in their industries. But 93 percent see ESG as the future, or as important to the future of their business. So the views of CEOs are clear. There's tremendous opportunity in sustainability.

So how are companies actually leveraging ESG to drive hard business results? One example is near and dear to our hearts. In 2012, State Street migrated 54 applications to the cloud environment, and we retired another 85. We virtualized our operating system environments, and we completed numerous automation projects. Now these initiatives create a more mobile workplace, and they reduce our real estate footprint, and they yield savings of 23 million dollars in operating costs annually, and avoid the emissions of a 100,000 metric tons of carbon. That's the equivalent of taking 21,000 cars off the road. So awesome, right? Another example is Pentair. Pentair is a U.S. industrial conglomerate, and about a decade ago, they sold their core power tools business and reinvested those proceeds in a water business. That's a really big bet. Why did they do that? Well, with apologies to the Home Improvement fans, there's more growth in water than in power tools, and this company has their sights set on what they call "the new New World." That's four billion middle class people demanding food, energy and water.

Now, you may be asking yourself, are these just isolated cases? I mean, come on, really? Do companies that take sustainability into account really do well financially? The answer that may surprise you is yes. The data shows that stocks with better ESG performance perform just as well as others. In blue, we see the MSCI World. It's an index of large companies from developed markets across the world. And in gold, we see a subset of companies rated as having the best ESG performance. Over three plus years, no performance tradeoff. So that's okay, right? We want more. I want more. In some cases, there may be outperformance from ESG. In blue, we see the performance of the 500 largest global companies, and in gold, we see a subset of companies with best practice in climate change strategy and risk management. Now over almost eight years, they've outperformed by about two thirds. So yes, this is correlation. It's not causation. But it does illustrate that environmental leadership is compatible with good returns.

So if the returns are the same or better and the planet benefits, wouldn't this be the norm? Are investors, particularly institutional investors, engaged? Well, some are, and a few are really at the vanguard. Hesta. Hesta is a retirement fund for health and community services employees in Australia, with assets of 22 billion [ dollars ] . They believe that ESG has the potential to impact risks and returns, so incorporating it into the investment process is core to their duty to act in the best interest of fund members, core to their duty. You gotta love the Aussies, right? CalPERS is another example. CalPERS is the pension fund for public employees in California, and with assets of 244 billion [ dollars ], they are the second largest in the U.S. and the sixth largest in the world. Now, they're moving toward 100 percent sustainable investment by systematically integrated ESG across the entire fund. Why? They believe it's critical to superior long-term returns, full stop. In their own words, "long-term value creation requires the effective management of three forms of capital: financial, human, and physical. This is why we are concerned with ESG."

Now, I do speak to a lot of investors as part of my job, and not all of them see it this way. Often I hear, "We are required to maximize returns, so we don't do that here," or, "We don't want to use the portfolio to make policy statements." The one that just really gets under my skin is, "If you want to do something about that, just make money, give the profits to charities." It's eyes rolling, eyes rolling.

I mean, let me clarify something right here. Companies and investors are not singularly responsible for the fate of the planet. They don't have indefinite social obligations, and prudent investing and finance theory aren't subordinate to sustainability. They're compatible. So I'm not talking about tradeoffs here. But institutional investors are the x-factor in sustainability. Why do they hold the key? The answer, quite simply, is, they have the money. (Laughter) A lot of it. I mean, a really lot of it. The global stock market is worth 55 trillion dollars. The global bond market,78 trillion. That's 133 trillion combined. That's eight and a half times the GDP of the U.S. That's the world's largest economy. That's some serious freaking firepower.

So we can reconsider some of these pressing challenges, like fresh water, clean air, feeding 10 billion mouths, if institutional investors integrated ESG into investment. What if they used that firepower to allocate more of their capital to companies working the hardest at solving these challenges or at least not exacerbating them? What if we work and save and invest, only to find that the world we retire into is more stressed and less secure than it is now? What if there isn't enough clean air and fresh water?

Now a fair question might be, what if all this sustainability risk stuff is exaggerated, overstated, it's not urgent, something for virtuous consumers or lifestyle choice? Well, President John F. Kennedy said something about this that is just spot on: "There are risks and costs to a program of action, but they are far less than the long-range risks and costs of comfortable inaction." I can appreciate that there is estimation risk in this, but since this is based on widespread scientific consensus, the odds that it's not completely wrong are better than the odds that our house will burn down or we'll get in a car accident. Well, maybe not if you live in Boston. (Laughter) But my point is that we buy insurance to protect ourselves financially in case those things happen, right? So by investing sustainably we're doing two things. We're creating insurance, reducing the risk to our planet and to our economy, and at the same time, in the short term, we're not sacrificing performance. [ Man in comic: "What if it's a big hoax and we create a better world for nothing?" ]

Good, you like it. I like it too. (Laughter) I like it because it pokes fun at both sides of the climate change issue. I bet you can't guess which side I'm on. But what I really like about it is that it reminds me of something Mark Twain said, which is, "Plan for the future, because that's where you're going to spend the rest of your life."

Thank you.

(Applause)

世界は変化しています とてつもなく 大きな変化です ここで気がかりなのは 投資家が この変化をもたらす 最大勢力に 十分な注意を 払っていないことです サステナビリティになると それが顕著になります ここで言うサステナビリティとは 経済的にも うまみのある― 環境・社会問題や コーポレート・ガバナンスなど のことです これを無視するのは 無謀でしょう 将来得られる 長期的リターンを ふいに することに なるのですから 驚かれるかも しれませんが サステナビリティに影響を与える力を どう動かすかは 機関投資家や大型投資家に かかっています 年金機構や財団法人 寄付基金といった 投資家です サステナビリティへの投資は 一般に思われているほど 複雑ではなく 信じられないほど 良い成果を創出でき 想像を超えるほど 重要なのです

この事実を 思い出してください 世界の人口は 増加・高齢化が進んでおり 現在70億人の人口は 今世紀末には 100億人になります 天然資源の消費も 再生が追い付かないほどです 気候変動の 主な原因とされる― 温室効果ガスの排出も 増加する一方です これらは まさに 環境・社会問題ですが それだけでは ありません 経済問題でもあるのです それが故に リスクとリターンも関係します とても複雑で 遠くのことのように思え ともすれば― 頭を砂に突っ込んで 見なかったことにしがちです でも できる限り耐えましょう 家庭ではご法度です (笑)

ここで私が 疑問に感じるのは 現在の投資ルールは 将来の目的に かなっているのかです ご承知の通り 投資家は ある企業への 投資を決めるとき 財務データを 見るわけです 売上成長率やキャッシュフロー 市場シェア 資産評価などの基準で まあ格好いいものです これをするのは 当然のことですが それだけでは 十分ではありません 投資家は 企業の業績を いわゆる ESGでも 見るべきです ESGとは 環境、社会、ガバナンスのことです 環境には エネルギー消費量や 水の利用法 廃棄物や汚染 資源の有効活用も 含みます 社会とは 人的資本 つまり 従業員の関与や 革新に向かう能力 といったことで サプライチェーン管理や 労働者の権利や 人権も含みます ガバナンスとは 経営層や投資家による 企業活動の監督のことです ご覧のとおり 大変おいしい話でしょう ESGは サステナビリティの指標で サステナビリティ投資では ESG要因も 財務要因とともに 投資プロセスで精査されます すなわち 人類や地球への損害を 最小化することで 将来のリスクを抑えるわけです ここで出資先に 選ばれるのは その資本を使って 生産的で サステナブルな成果を 出せるところです

もしサステナビリティが 財務上 重要になり あらゆる指標が もっと将来を示すようになれば 民間セクターは もっと注意を払うでしょうか? すごいことに ほとんどのCEOは 既にそうです サステナビリティを 単に重要なだけではなく ビジネス上の成功に必要不可欠と見ています 世界のCEOの およそ80%は サステナビリティを イノベーション推進の源であり 業界における 競争優位を 確立するもの と考えています さらに 93%のCEOは ESGを将来のこと― 将来 ビジネスで重要になるもの と捉えています ですから CEOの 見方は明白です サステナビリティには 大きな商機があるのです

では 実際問題 企業はどうやってESGを使い ビジネスでの成功に 結びつけるのでしょう? 私たちの例を あげさせていただくなら 2012年 ステート・ストリート社は 54のアプリケーションを 一つのクラウド環境に 統合して 85のアプリケーションは 廃止しました オペレーティング・システム環境を 仮想化し さまざまな自動化プロジェクトを 成し遂げました こうした活動で どこでも仕事ができるようにし 不動産の 維持費用を減らし 年間の運営コストを 約23億円も削減し さらに 10万トンの 二酸化炭素ガス排出量を 削減しました この量は 2万1千台の自動車の ガス排出量に 匹敵します すごいでしょう? もう一つの例が ペンテェア社(Pentair)です ペンテェアは アメリカの財閥で およそ10年前に 主要な電動工具事業を 売却して その売却益を 水ビジネスに投資しました 本当に大きな賭けです なぜでしょう? 『ホームインプルーブメント』の ファンには申し訳ないですが 電動工具よりも 水の方が成長が見込めるのです ペンテェアは 狙いを 彼らの言う「新・新世界」に 定めているのです 中産階級に属する 40億人が 食べ物 エネルギー 水を 求める世界です

このように お思いでしょうか? これは特別な事例ではないかと 本当にそうでしょうか? サステナビリティに 配慮した企業は 財務上にも 良い業績なのでしょうか? 驚かれるかもしれませんが 答えはイエスです 統計によれば ESGの数字が良い企業の株価は 他と同じくらい良いです 青線は MSCIワールド・インデックスです これは 世界中の 先進国における 大企業の数字です 黄色の線で 表されているのは ESG指標が最高レベルの 企業です 3年以上 ESGと業績とで トレードオフは起こっていません いいでしょう もっと欲しいですね 場合によっては ESGから より高い業績が 生まれるかもしれません 青で示したのは グローバル大企業 5百社の業績で 黄色の線で 示されているのは 気候変動戦略や リスク管理が 最高レベルの 企業です この8年を見ると 3分の2くらいの間で これらの企業の業績が上回っています これは相関関係であり 因果関係ではありません でも これは確実に示しています 環境分野での 先駆的活動と 良いリターンは両立するのです

リターンが 同等以上で 地球に良いなら これが標準であるべきでしょう? 投資家 特に機関投資家は 関心があるでしょうか? 関心を持っている ところはあります 先頭に立って実行しているところも 少数ながら あります HESTAがそうです HESTAは オーストラリアの 医療・社会奉仕従業者向け 老齢年金信託で 総資産は 約2.2兆円に上ります HESTAは ESGが リスクやリターンに 影響する可能性があり 投資プロセスで ESGを考慮することが 主要な義務になっている と信じています 信託メンバーの 利益最大化をするにあたる― 彼らの義務のコアだ というのです オーストラリア人が 大好きになるでしょう? カルパース(CalPERS)もそうです カルパースは カリフォルニア州の 公務員の公的年金基金で 総資産は 約24兆円です その規模は アメリカで第2位 世界で第6位の 大きさです カルパースは その投資の100%を サステナビリティ投資にすべく 基金全体で ESGを システムに 取り込んでいます なぜでしょう? そうしなければ 長期的に良いリターンが得られない ただそれだけです カルパースの言葉で言えば 「長期価値の創造のため 効果的にマネジメントすべきは 3つの資本 すなわち 財務的、人的、物的資本である だから 我々は ESGに こだわるのだ」

さて 私は仕事柄 たくさんの投資家と お話ししますが 皆が皆 こう考えている わけではありません よく聞くのは 「我々がすべき事はリターンの最大化であり ここで そんなことはしない」とか 「ポートフォリオを 自社ポリシー表明の道具にはしない」 とかです 非常に腹立たしいのは こう言われたときです 「そういうことをしたいなら お金を稼いで 利益を寄付すればいい」 まったく あきれます

ここで はっきりさせたいのは 地球の将来に 責任を負っているのは 企業や投資家だけではない ということです 社会的義務にも 限度があります 慎重な投資にせよ 財務理論にせよ サステナビリティの 下僕ではありません でも 両立できるものです ですから ここで トレードオフについて話すつもりはありません 機関投資家は サステナビリティ分野における X因子です なぜ彼らが 鍵を握っているんでしょう 答えは 簡単に言えば お金を持っているからです (笑) たくさんのお金です 本当に たくさんです 世界の株式市場は 55百兆円の価値があり 債券市場は 78百兆円です あわせて 1京33百兆円です アメリカのGDPの 8.5倍に相当し 世界最大の経済です 大変な武器になりますよ

ですから 私たちは 切迫している課題について 考え直せるんです きれいな水や空気 100億人の食料など もし機関投資家が ESGを投資に組み込みさえすれば いいのです あの武器を使って こうした問題の解決に 取り組む企業 少なくとも 悪化させない 努力をしている企業に より多くのお金を 割り当てたらどうでしょう? 働いてお金を貯めて 投資をしても 退職後に待っているのが 現在よりも ストレスに満ち 不安定な世界だったらどうでしょう? もしきれいな空気や水が もうなかったら?

もっともな問いはきっと― このサステナビリティのリスクが 誇張され 過大評価されていたら? 実は 緊急性もなく 単なる 高潔な 消費スタイルだったり ライフスタイルの違い かもしれないと このことについて ジョン・F・ケネディ大統領が 実に的を得た言葉を 残しています 「行動には常に危険や代償が伴う しかし それは 行動せずに楽を決めこんだときの 長期的な危険やコストと比べれば 取るに足らない」 確かに このリスクは 推測でしかありませんが 科学の世界で広く受け入れられた 考えに もとづいており これが的外れだ という確率は 自宅が火事で燃えるとか 自動車事故にあう確率より よっぽど高いのです まぁ ボストンに住んでいたら 違うかもしれませんが(笑) でも 皆さんも 不測の事態に備えて 経済的に自らを守るために 保険をかけるでしょう? サステナビリティ投資によって 私たちは2つのことを しているのです 保険をかけて 地球や経済に対する リスクを減らします それと同時に 短期的にも 業績を犠牲にすることは ありません [ 「もし これが大ぼらで 無駄に良い世界を造っちゃったら?」]

気に入っていただけたようで 私も好きなんです (笑) 好きなのは 気候変動問題に対する 両方の立場を 揶揄しているからです 私がどちらの立場か 分からないでしょう でも 本当に好きなのは マーク・トウェインの言葉を 思い出させてくれるからです 「将来に備えよ 残りの人生を 過ごす場所なのだから」

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画