TED日本語 - シャーミアン・グーチ: 私の願い ― ビジネスにおける情報公開の新時代を切り開くこと

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - シャーミアン・グーチ: 私の願い ― ビジネスにおける情報公開の新時代を切り開くこと

TED Talks

私の願い ― ビジネスにおける情報公開の新時代を切り開くこと
My wish
シャーミアン・グーチ
Charmian Gooch

内容

悪名高い麻薬カルテルのリーダーから極悪な武器ディーラーまで、腐敗した個人は、ダミー会社によって守られています。ダミー会社の存在により、そうした個人情報は謎のまま、正体を突き止め責任を取らせることを、ほぼ不可能になっています。でも、反腐敗活動家のシャーミアン・グーチは、それを変えたいと考えています。TED2014のステージで、彼女はTED Prizeの願いを発表します。誰が会社を所有し管理しているのを明らかにし、法律を変え、ビジネスにおける情報公開が担保される新しい時代を切り開くのです。

Script

I've come here today to talk to you about a problem. It's a very simple yet devastating problem,one that spans the globe and is affecting all of us. The problem is anonymous companies. It sounds like a really dry and technical thing, doesn't it? But anonymous companies are making it difficult and sometimes impossible to find out the actual human beings responsible sometimes for really terrible crimes. So, why am I here talking to all of you? Well, I guess I am a lifelong troublemaker and when my parents taught my twin brother and I to question authority, I don't think they knew where it might lead. (Laughter) And, they probably really regretted it during my stroppy teenage years when, predictably, I questioned their authority a lot. And a lot of my school teachers didn't appreciate it much either. You see, since the age of about five I've always asked the question, but why? But why does the Earth go around the sun? But why is blood red? But why do I have to go to school? But why do I have to respect the teachers and authority? And little did I realize that this question would become the basis of everything I would do. And so it was in my twenties, a long time ago, that one rainy Sunday afternoon in North London I was sitting with Simon Taylor and Patrick Alley and we were busy stuffing envelopes for a mail out in the office of the campaign group where we worked at the time. And as usual, we were talking about the world's problems. And in particular, we were talking about the civil war in Cambodia. And we had talked about that many, many times before. But then suddenly we stopped and looked at each other and said, but why don't we try and change this? And from that slightly crazy question, over two decades and many campaigns later, including alerting the world to the problem of blood diamonds funding war, from that crazy question, Global Witness is now an 80-strong team of campaigners, investigators, journalists and lawyers. And we're all driven by the same belief, that change really is possible.

So, what exactly does Global Witness do? We investigate, we report, to uncover the people really responsible for funding conflict -- for stealing millions from citizens around the world, also known as state looting, and for destroying the environment. And then we campaign hard to change the system itself. And we're doing this because so many of the countries rich in natural resources like oil or diamonds or timber are home to some of the poorest and most dispossessed people on the planet. And much of this injustice is made possible by currently accepted business practices. And one of these is anonymous companies. Now we've come up against anonymous companies in lots of our investigations, like in the Democratic Republic of Congo, where we exposed how secretive deals involving anonymous companies had deprived the citizens of one of the poorest countries on the planet of well over a billion dollars. That's twice the country's health and education budget combined. Or in Liberia, where an international predatory logging company used front companies as it attempted to grab a really huge chunk of Liberia's unique forests. Or political corruption in Sarawak, Malaysia, which has led to the destruction of much of its forests. Well, that uses anonymous companies too. We secretly filmed some of the family of the former chief minister and a lawyer as they told our undercover investigator exactly how these dubious deals are done using such companies. And the awful thing is, there are so many other examples out there from all walks of life. This truly is a scandal of epic proportions hidden in plain sight. Whether it's the ruthless Mexican drugs cartel, the Zetas, who use anonymous companies to launder profits while their drugs-related violence is tearing communities apart across the Americas. Or the anonymous company, which bought up Americans' tax debts, piled on the legal fees and then gave homeowners a choice: Pay up or lose your home. Imagine being threatened with losing your home sometimes over a debt of just a few hundred dollars, and not being able to find out who you were really up against.

Now anonymous companies are great for sanctions busting too. As the Iranian government found out when, through a series of front companies, it owned a building in the very heart of Manhattan, on Fifth Avenue, despite American sanctions. And Juicy Couture, home of of the velvet track suit, and other companies were the unwitting, unknowing tenants there. There are just so many examples, the horesemeat scandal in Europe, the Italian mafia, they've used these companies for decades. The $ 100 million American Medicare fraud, the supply of weapons to wars around the world including those in Eastern Europe in the early '90s. Anonymous companies have even come to light in the recent revolution in the Ukraine.

But, for every case that we and others expose there are so many more that will remain hidden away because of the current system. And it's just a simple truth that some of the people responsible for outrageous crimes, for stealing from you and me and millions of others, they are remaining faceless and they are escaping accountability and they're doing this with ease, and they're doing it using legal structures. And really, that is unfair. Well, you might well ask, what exactly is an anonymous company, and can I really set one up, and use it, without anyone knowing who I am? Well, the answer is, yes you can. But if you're anything like me, you'll want to see some of that for yourself, so let me show you. Well first you need to work out where you want to set it up. Now, at this point you might be imagining one of those lovely tropical island tax havens but here's the thing, shockingly, my own hometown, London, and indeed the U.K., is one of the best places in the world to set up an anonymous company. And the other, even better, I'm afraid that's America. Do you know, in some states across America you need less identification to open up a company than you do to get a library card, like Delaware, which is one of the easiest places in the world to set up an anonymous company.

Okay, so let's say it's America, and let's say it's Delaware, and now you can simply go online and find yourself a company service provider. These are the companies that can set your one up for you, and remember, it's all legal, routine business practice. So, here's one, but there are plenty of others to choose from. And having made your choice, you then pick what type of company you want and then fill in a contact, name and address. But don't worry, it doesn't have to be your name. It can be your lawyer's or your service provider's, and it's not for the public record anyway. And then you add the owner of the company. Now this is the key part, and again it doesn't have to be you, because you can get creative, because there is a whole universe out there of nominees to choose from. And nominees are the people that you can legally pay to be your company's owner. And if you don't want to involve anyone else, it doesn't even have to be an actual human being. It could be another company. And then finally, give your company a name add a few more details and make your payment. And then the service provider will take a few hours or more to process it. But there you are, in 10 minutes of online shopping you can create yourself an anonymous company. And not only is it easy, really, really easy and cheap, it's totally legal too. But the fun doesn't have to end there, maybe you want to be even more anonymous. Well, that's no problem either. You can simply keep adding layers, companies owned by companies. You can have hundreds of layers with hundreds of companies spread across lots of different countries, like a giant web, each layer adds anonymity. Each layer makes it more difficult for law enforcement and others to find out who the real owner is. But whose interests is this all serving? It might be in the interests of the company or a particular individual, but what about all of us, the public? There hasn't even been a global conversation yet about whether it's okay to misuse companies in this way. And what does it all mean for us?

Well, an example that really haunts me is one I came across recently. And it's that of a horrific fire in a nightclub in Buenos Aires about a decade ago. It was the night before New Year's Eve. Three thousand very happy revelers, many of them teenagers, were crammed into a space meant for 1,000. And then tragedy struck, a fire broke out plastic decorations were melting from the ceiling and toxic smoke filled the club. So people tried to escape only to find that some of the fire doors had been chained shut. Over 200 people died. Seven hundred were injured trying to get out. And as the victims' families and the city and the country reeled in shock, investigators tried to find out who was responsible. And as they looked for the owners of the club, they found instead anonymous companies, and confusion surrounded the identities of those involved with the companies. Now ultimately, a range of people were charged and some went to jail. But this was an awful tragedy, and it shouldn't have been so difficult just to try and find out who was responsible for those deaths. Because in an age when there is so much information out there in the open, why should this crucial information about company ownership stay hidden away? Why should tax evaders, corrupt government officials, arms traders and more, be able to hide their identities from us, the public? Why should this secrecy be such an accepted business practice? Anonymous companies might be the norm right now but it wasn't always this way. Companies were created to give people a chance to innovate and not have to put everything on the line. Companies were created to limit financial risk, they were never intended to be used as a moral shield. Companies were never intended to be anonymous, and they don't have to be.

And so I come to my wish. My wish is for us to know who owns and controls companies so that they can no longer be used anonymously against the public good. Together let's ignite world opinion, change the law, and launch a new era of openness in business. So what might this look like? Well, imagine if you could go online and look up the real owner of a company. Imagine if this data were open and free, accessible across borders for citizens and businesses and law enforcement alike. Imagine what a game changer that would be. So how are we going to do this? Well, there is only one way. Together, we have to change the law globally to create public registries which list the true owners of companies and can be accessed by all with no loopholes. And yes, this is ambitious, but there is momentum on this issue, and over the years I have seen the sheer power of momentum, and it's just starting on this issue. There is such an opportunity right now. And the TED community of creative and innovative thinkers and doers across all of society could make the crucial difference. You really can make this change happen. Now, a simple starting point is the address behind me for a Facebook page that you can join now to support the campaign and spread the word. It's going to be a springboard for our global campaigning. And the techies among you, you could really help us create a prototype public registry to demonstrate what a powerful tool this could be. Campaign groups from around the world have come together to work on this issue. The U.K. government is already on board; it supports these public registries. And just last week, the European Parliament came on board with a vote 600 to 30 in favor of public registries. That is momentum. (Applause) But it's early days. America still needs to come on board, as do so many other countries. And to succeed we will all together need to help and push our politicians, because without that, real far-reaching, world-shifting change just isn't going to happen. Because this isn't just about changing the law, this is about starting a conversation about what it's okay for companies to do, and in what ways is it acceptable to use company structures. This isn't just a dry policy issue. This is a human issue which affects us all. This is about being on the right side of history. Global citizens, innovators, business leaders, individuals, we need you. Together, let's kickstart this global movement. Let's just do it, let's end anonymous companies. Thank you. (Applause)

今日は ある問題について お話しします とてもシンプルでありながら 壊滅的な影響をもたらす問題で 世界中に 蔓延しています 皆さんにも 関係がある ― その問題とは 「ダミー会社」です どこか非人間的で 専門的なことに 聞こえますね? でも ダミー会社のせいで 卑劣な犯罪などの 首謀者が 一体 誰なのか 解明するのが 難しくなっており 事実 解明できない ことすらあります なぜ 皆さんに こんなお話をしているのでしょう? 私は根っからの トラブル・メーカーです 双子の兄と私は 両親から 「権威を疑え」と 教えられてきました 後々それが大変なことに なろうとは知らず ― (笑) 両親は相当 後悔したことでしょう 思春期に入り反抗期になると 私は 案の定 両親の権威を 大いに疑い出します 学校の先生の 多くも 私の態度には あまり感心していませんでした 私は5歳の頃から いつも ある質問を繰り返してきました 「でも どうして?」 でも どうして 地球は太陽の周りを回るの? でも どうして 血は赤いの? でも どうして 学校に行かないといけないの? でも どうして 先生や権威を 敬わないと いけないの? 私自身 思いも寄りませんでしたが この質問が 私の基礎となり 私を様々な行動へと 導いて行ったのです そして あれは ― 私が20代の頃でした かなり前ですが ある日曜の午後 雨模様の北ロンドンで 私は サイモン・テイラーと パトリック・アレーと 並んで座り 発送書類の封筒詰めに いそしんでいました 当時 私たちが 働いていた ― 活動団体の 事務所でのことです いつものごとく世界の様々な問題について 話していました 特に熱く語っていたのが カンボジア内戦です 前から 何度も 議論してきたことでしたが 私たちは はたと話をやめ 顔を見合わせ 言ったのです 「でも どうして これを変えようとしないんだ?」 その少し突拍子もない 問いから 20年以上が 経ちました その間 多くの活動を 行いました ブラッド・ダイアモンドが 内戦の資金源となっている問題を 世界に知らしめたのも この問いが 始まりでした グローバル・ウィットネスは 80名からなる強力なチームとなり 活動家や調査員 ジャーナリストや弁護士がいます 皆を突き動かしているのは ただ一つの信念 ― 「変革は本当に可能である」 というものです

グローバル・ウィットネスが 一体 何をしているかと言えば 様々な悪事の「真の」黒幕を 暴き出すべく 調査を行い 世間に公表しています 紛争に 資金を提供していたり 世界中の市民から 何百万ドルをかすめ取ったり ― 略奪とも 言いますが ― 環境破壊をしたりする 人たちを明らかにするのです また 制度自体を変えるべく 懸命な働きかけをしています 私たちが こうした活動をする背景には 原油やダイヤモンド 木材といった 天然資源が豊かな国の かなり多くに 地球上で 最も貧しく 最も搾取されている人たちが 集まっている事実があるからです こうした不正の多くを 可能たらしめているのは 今 受け入れられている 商慣行です その一つが 「ダミー会社」です 今 私たちが行っている 調査の多くで ダミー会社が 出てきます 例えば コンゴ民主共和国で 私たちが暴露したのは ダミー会社を使った ― 秘密取引で どのように 世界最貧国の一つである この国の市民から 10億ドルをゆうに超える お金が 奪い取られているか ということでした この国にとっては 保健・教育の年間予算の 2倍の額になります そして リベリアでは 国際的な 木材伐採会社が 複数のフロント企業を使い リベリア特有の森林の かなりの部分を 手中に収めようとしていました マレーシアのサラワクでも 政治腐敗があり 森林の多くが 破壊されてしまいました そこでも ダミー会社が使われています 私たちは サラワク州の元首相の 家族と弁護士の様子を 隠し撮りしました そこで彼らは 覆面調査員に対して ダミー会社を使った 怪しい取引の方法を 語っています 最悪なのは このようなことが 至るところ あらゆる階層で 多数行われていることです つまり ありふれた風景の中に とてつもないスキャンダルが 潜んでいるのです 非情なメキシコの 麻薬カルテルである ― ロス・セタスも マネーロンダリングに ダミー会社を複数使っています その活動により 麻薬がらみの暴力で アメリカ大陸に広がる コミュニティは引き裂かれています そして ダミー会社を使って アメリカ人の税金債務を 買い上げ 弁護士費用を上乗せし 住宅所有者に 支払いを迫る例も ありました 「返済するか 家を失うかだ」と 想像して みてください たった数百ドルの負債で 家を取られると脅され しかも 一体 誰を 相手にしているかも 分からないのです

ダミー会社は 制裁回避にも 最適です イラン政府は 一連のダミー会社を 間にかませることで アメリカから制裁を 受けているにもかかわらず マンハッタンのど真ん中 五番街に ビルを 所有していました ベルベットのトラックスーツで有名な ジューシークチュールなどは 奇しくも そのビルに 店舗を構えて しまっていました こうした事例は 枚挙にいとまがなく ヨーロッパでの 馬肉混入問題もそうで イタリアのマフィアに至っては ダミー会社を 何十年も 使ってきています 1億ドルにも上る メディケアの不正請求も 世界中の戦争に武器が渡るのも ダミー会社が関わっています 90年代初頭の 東欧での戦争も そうでした ダミー会社の存在は 最近のウクライナでの 革命でも 問題となりました

でも 私たちや他の人々が暴露した どのケースにおいても 闇に包まれたままの部分の方が 多いのです 現在の制度が そうさせているのです 純然たる 事実として 常軌を逸した罪を 犯したり 私やあなたのような 何百万もの市民から お金を奪ったり していても 結局 特定されず 説明責任を逃れる人も いるのです 彼らは いともたやすく 法的な枠組みを用いて これをやってのけます こんなのは フェアではありません 皆さんは こう思われているでしょう ダミー会社とは そもそも何なのか? 私でも 誰にも 素性を知られずに 会社を設立し 使うことができるのか? 答えはイエス できます でも 私のように 自分で見ないと 信じられない人も いるでしょうから 実際に お見せしましょう まずは どこに設立するか 決めないと いけません きっと皆さんが 思い描くのは 素敵な常夏の島 タックス・ヘイブンでしょうが でも 実は 驚くべきことに 私の地元 ロンドン そして イギリスも ダミー会社を 設立するのに 最適な場所の 一つなんです もっと良いのは なんとアメリカです アメリカの いくつかの州では 会社を 設立するときに 求められる身分証明は 図書館で貸出カードを 作るときよりも 甘いのです デラウェア州が そうで 世界でも ダミー会社を設立するのが 最も簡単な場所の 一つです

さて では アメリカの デラウェア州で 設立することにしましょう まずは インターネットで 会社サービス・プロバイダを 探します 設立を代行してくれる 会社があるのです これはすべて合法で 普通のビジネスです ここに一つ 出していますが たくさんの 選択肢があります プロバイダを 選んだら どんな種類の会社にするか 選んで 連絡先、名前、住所を 記入します でも 心配は いりません あなたの実名を 使わなくとも 名義は 弁護士でも サービス・プロバイダでも よいのです いずれにせよ 公的記録には出ません それから 会社の所有者情報です ここが ポイントなのですが これも あなたにする 必要はありません というのも ちょっと想像力を働かせれば この広い世界には ごまんと人がいるのですから 名義貸し人を 探せばいいのです この名義貸し人に 合法的にお金を支払い あなたの会社の所有者に なってもらいます もし他人を 関わらせたくないなら 人間である必要すら ありません 別の会社でも 構いません 最後に 会社に名前を付け 少し情報を足して お金を払います あとは サービス・プロバイダが 手続きをして 数時間くらいで出来上がります あなたは そこにいて オンライン・ショッピングを 10分するだけで ダミー会社を 作れてしまうのです 簡単なだけでなく すごく簡単で 安い上に 合法的です でも 面白いのは これからです もっと匿名性を 高めるのも 簡単です 間にいろんな層を かませればいいのです 会社が所有する 会社という具合にです 何百もの層を 重ねられます 巨大な蜘蛛の巣を 張りめぐらせるごとく 様々な国に散らばった 何百もの会社を 使えばよいのです 層を重ねるごとに 匿名性も高まります 層が増えるたび 執行機関などが 真の所有者にたどり着くのが 難しくなります でも これで得するのは 誰でしょう? その会社 かもしれないし 特定の個人かも しれません でも 私たち 一般市民はどうでしょう? こうした形で 会社登記を悪用することが 許されるのか について グローバル・レベルでの 話し合いはまだ行われていません 私たちにとって これは何を意味するのでしょう?

頭から離れない 事例があります 最近になって 知ったことですが ブエノス・アイレスの ナイトクラブで おぞましい火事が 起こりました 10年前のことです 大晦日の前夜で クラブでは3千名が お祭り騒ぎをしていました 多くは10代の若者で 千名の収容スペースに すし詰め状態になっていました そこに 悲劇が起こります 火事が勃発し プラスチックの装飾は 天井から溶け落ち 有毒な煙が クラブに充満します 誰もが 外に逃げようとするものの 防火扉のいくつかは チェーンで 固定されて 開きませんでした 200名以上が 亡くなり 700名が 避難時に負傷しました 被害者の家族や 市や国が ショックで 打ちひしがれる中 捜査員たちが 誰が管理責任者か探し始めます しかし 突き止められた クラブのオーナーは ダミー会社 だったのです ダミー会社に 誰が関わっているのかも まったく よく分からない 状況でした 最終的には 様々な人が起訴され 懲役刑を 受けた人もいました でも これは 大変な惨事でした このような 死亡事故に 誰が責任を負うのか 特定するのが これほど難しいなんて あってはならないことです 今の時代 本当に たくさんの情報が 公開されています それなのに なぜ 会社の所有者という 重要な情報は 隠されたまま なんでしょう? なぜ 脱税者や 腐敗した政府職員 武器のトレーダー といった人たちが 一般市民から身分を隠すことが 許されるんでしょうか? なぜ この匿名性が 商慣習として受け入れられるんでしょう? ダミー会社は 今や 普通のこと かもしれませんが 元々は こうでは ありませんでした かつて 会社が設立されたのは 技術革新に チャレンジをしながらも リスクを最小限に 抑えるためでした 会社組織にすることで 財務リスクを限定したのです 会社が 道徳的責任回避の盾となることは 決して意図されていませんでした 会社は匿名性を 前提としておらず そうあるべきでは ありません

ですから 私の願いはこうです 私の願いは 誰が会社を所有し コントロールしているのか 皆が知ることができるように なることです 公共の利益に 反することに 会社の匿名性が 利用されないようにしたいのです 一緒に グローバルな 世論に火をつけ 法律を変え ビジネス上の情報公開に 新たな時代を切り開きましょう どのような 時代でしょうか? 例えば インターネットで 会社の真の所有者を 調べられるとか こうしたデータが 無料で公開され 世界中の 市民や企業や 法律執行機関が アクセスできる といったことです これが どんな変革をもたらすか 考えてみてください でも どうすれば こんな風にできるのでしょう? 方法は ただ一つです 一緒に 世界中で 法律を改正し 公共登記所を 作るのです 会社の真の所有者を 公開して 誰もがアクセス できるようにし 抜け穴がないものを 作ります 確かにこれは 野心的な計画です でも これを 後押しする機運もあります 何年にもわたって 私は 活動が勢い得れば 何がもたらせるか見てきました この問題についても それが始まりつつあります 今こそ そのチャンスです TEDコミュニティーには 創造的・革新的な考え方をし 実際に行動に移す人たちが 社会全体から 集まっています 皆さんは 決定的な違いを 生むことができます 皆さんは 変えられるんです まずお願いしたいのは 前に出ているアドレス Facebookのページに 参加をして この活動を支援し 広めてください 私たちの グローバルでの 活動にも 大きな弾みがつきます 技術者の皆さんには 公共登記所の プロトタイプ作りに ご協力いただければ 助かります これが どんなに素晴らしいか 世に示すのです 世界中の 活動団体が 一緒になって この問題に取り組んでいます 英国政府も もう参加しており こうした公共登記所を 支持しています そして ちょうど先週 欧州議会も 同じ立場を表明しました 600票対30票で 公共登記所に賛成しました まさに 勢いづいています (拍手) でも まだ 始まったばかりです アメリカにも 参加してもらう必要がありますし 他の多くの国についても そうです 成功させるためには 皆が一丸となり 政治家を たきつける必要があります そうしなければ この壮大で 世界を変える変化を 実現することは できません これは単なる 法改正の問題ではありません 対話を 始めることです 会社は 何をしても良いのか 会社の仕組みを どう使うのは許されるのか これは無味乾燥な 政策的な話ではなく 人間の問題で 誰もに 関わるものです 歴史の正しい側に いることでもあります グローバル市民、革新者 ビジネスリーダー、個人の皆さん 私たちは あなたの力が必要です 一緒に このグローバルな運動を 始めましょう やりましょう そして ダミー会社を なくしましょう ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画