TED日本語 - ミック・コーネット: 肥満都市の100万ポンド減量法

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ミック・コーネット: 肥満都市の100万ポンド減量法

TED Talks

肥満都市の100万ポンド減量法
How an obese town lost a million pounds
ミック・コーネット
Mick Cornett

内容

中堅都市であるオクラホマシティーは、大きな問題を抱えていた。アメリカで最も肥満の多い都市の一つだったのだ。ミック・コーネット市長は、彼の町を働きやすく住みやすい素晴らしい場所にするには、より健康的にならなければならないと気づいた。オクラホマシティーに、合計100万ポンド(45万キロ)の減量をもたらした一連の変化を、彼はチャーミングな口調で、私達に丁寧に解説する。

Script

How many of you have been to Oklahoma City?

Raise your hand. Yeah?

How many of you have not been to Oklahoma City and have no idea who I am? (Laughter)

Most of you. Let me give you a little bit of background.

Oklahoma City started in the most unique way imaginable. Back on a spring day in 1889, the federal government held what they called a land run. They literally lined up the settlers along an imaginary line, and they fired off a gun, and the settlers roared across the countryside and put down a stake, and wherever they put down that stake, that was their new home. And at the end of the very first day, the population of Oklahoma City had gone from zero to 10,000, and our planning department is still paying for that. The citizens got together on that first day and elected a mayor. And then they shot him. (Laughter) That's not really all that funny -- (Laughter) -- but it allows me to see what type of audience I'm dealing with, so I appreciate the feedback.

The 20th century was fairly kind to Oklahoma City. Our economy was based on commodities, so the price of cotton or the price of wheat, and ultimately the price of oil and natural gas. And along the way, we became a city of innovation. The shopping cart was invented in Oklahoma City. (Applause) The parking meter, invented in Oklahoma City. You're welcome.

Having an economy, though, that relates to commodities can give you some ups and some downs, and that was certainly the case in Oklahoma City's history. In the 1970s, when it appeared that the price of energy would never retreat, our economy was soaring, and then in the early 1980s, it cratered quickly. The price of energy dropped. Our banks began to fail. Before the end of the decade,100 banks had failed in the state of Oklahoma. There was no bailout on the horizon. Our banking industry, our oil and gas industry, our commercial real estate industry, were all at the bottom of the economic scale. Young people were leaving Oklahoma City in droves for Washington and Dallas and Houston and New York and Tokyo, anywhere where they could find a job that measured up to their educational attainment, because in Oklahoma City, the good jobs just weren't there.

But along at the end of the '80s came an enterprising businessman who became mayor named Ron Norick. Ron Norick eventually figured out that the secret to economic development wasn't incentivizing companies up front, it was about creating a place where businesses wanted to locate, and so he pushed an initiative called MAPS that basically was a penny-on-the-dollar sales tax to build a bunch of stuff. It built a new sports arena, a new canal downtown, it fixed up our performing arts center, a new baseball stadium downtown, a lot of things to improve the quality of life. And the economy indeed seemed to start showing some signs of life.

The next mayor came along. He started MAPS for Kids, rebuilt the entire inner city school system, all 75 buildings either built anew or refurbished.

And then, in 2004, in this rare collective lack of judgment bordering on civil disobedience, the citizens elected me mayor.

Now the city I inherited was just on the verge of coming out of its slumbering economy, and for the very first time, we started showing up on the lists. Now you know the lists I'm talking about. The media and the Internet love to rank cities. And in Oklahoma City, we'd never really been on lists before. So I thought it was kind of cool when they came out with these positive lists and we were on there. We weren't anywhere close to the top, but we were on the list, we were somebody. Best city to get a job, best city to start a business, best downtown -- Oklahoma City.

And then came the list of the most obese cities in the country. And there we were.

Now I like to point out that we were on that list with a lot of really cool places. (Laughter) Dallas and Houston and New Orleans and Atlanta and Miami. You know, these are cities that, typically, you're not embarrassed to be associated with. But nonetheless, I didn't like being on the list.

And about that time, I got on the scales. And I weighed 220 pounds. And then I went to this website sponsored by the federal government, and I typed in my height, I typed in my weight, and I pushed Enter, and it came back and said "obese."

I thought, "What a stupid website." (Laughter) "I'm not obese. I would know if I was obese."

And then I started getting honest with myself about what had become my lifelong struggle with obesity, and I noticed this pattern, that I was gaining about two or three pounds a year, and then about every 10 years, I'd drop 20 or 30 pounds. And then I'd do it again. And I had this huge closet full of clothes, and I could only wear a third of it at any one time, and only I knew which part of the closet I could wear. But it all seemed fairly normal, going through it.

Well, I finally decided I needed to lose weight, and I knew I could because I'd done it so many times before, so I simply stopped eating as much. I had always exercised. That really wasn't the part of the equation that I needed to work on. But I had been eating 3,000 calories a day, and I cut it to 2,000 calories a day, and the weight came off. I lost about a pound a week for about 40 weeks.

Along the way, though, I started examining my city, its culture, its infrastructure, trying to figure out why our specific city seemed to have a problem with obesity. And I came to the conclusion that we had built an incredible quality of life if you happen to be a car. (Laughter) But if you happen to be a person, you are combatting the car seemingly at every turn. Our city is very spread out. We have a great intersection of highways, I mean, literally no traffic congestion in Oklahoma City to speak of. And so people live far, far away. Our city limits are enormous,620 square miles, but 15 miles is less than 15 minutes. You literally can get a speeding ticket during rush hour in Oklahoma City. And as a result, people tend to spread out. Land's cheap. We had also not required developers to build sidewalks on new developments for a long, long time. We had fixed that, but it had been relatively recently, and there were literally 100,000 or more homes into our inventory in neighborhoods that had virtually no level of walkability.

And as I tried to examine how we might deal with obesity, and was taking all of these elements into my mind, I decided that the first thing we need to do was have a conversation. You see, in Oklahoma City, we weren't talking about obesity. And so, on New Year's Eve of 2007, I went to the zoo, and I stood in front of the elephants, and I said, "This city is going on a diet, and we're going to lose a million pounds."

Well, that's when all hell broke loose.

(Laughter)

The national media gravitated toward this story immediately, and they really could have gone with it one of two ways. They could have said, "This city is so fat that the mayor had to put them on a diet." But fortunately, the consensus was, "Look, this is a problem in a lot of places. This is a city that's wanting to do something about it." And so they started helping us drive traffic to the website. Now, the web address was thiscityisgoingonadiet.com. And I appeared on "The Ellen DeGeneres Show" one weekday morning to talk about the initiative, and on that day,150,000 visits were placed to our website. People were signing up, and so the pounds started to add up, and the conversation that I thought was so important to have was starting to take place. It was taking place inside the homes, mothers and fathers talking about it with their kids. It was taking place in churches. Churches were starting their own running groups and their own support groups for people who were dealing with obesity. Suddenly, it was a topic worth discussing at schools and in the workplace. And the large companies, they typically have wonderful wellness programs, but the medium-sized companies that typically fall between the cracks on issues like this, they started to get engaged and used our program as a model for their own employees to try and have contests to see who might be able to deal with their obesity situation in a way that could be proactively beneficial to others.

And then came the next stage of the equation. It was time to push what I called MAPS 3. Now MAPS 3, like the other two programs, had had an economic development motive behind it, but along with the traditional economic development tasks like building a new convention center, we added some health-related infrastructure to the process. We added a new central park,70 acres in size, to be right downtown in Oklahoma City. We're building a downtown streetcar to try and help the walkability formula for people who choose to live in the inner city and help us create the density there. We're building senior health and wellness centers throughout the community. We put some investments on the river that had originally been invested upon in the original MAPS, and now we are currently in the final stages of developing the finest venue in the world for the sports of canoe, kayak and rowing. We hosted the Olympic trials last spring. We have Olympic-caliber events coming to Oklahoma City, and athletes from all over the world moving in, along with inner city programs to get kids more engaged in these types of recreational activities that are a little bit nontraditional. We also, with another initiative that was passed, are building hundreds of miles of new sidewalks throughout the metro area. We're even going back into some inner city situations where we had built neighborhoods and we had built schools but we had not connected the two. We had built libraries and we had built neighborhoods, but we had never really connected the two with any sort of walkability. Through yet another funding source, we're redesigning all of our inner city streets to be more pedestrian-friendly. Our streets were really wide, and you'd push the button to allow you to walk across, and you had to run in order to get there in time. But now we've narrowed the streets, highly landscaped them, making them more pedestrian-friendly, really a redesign, rethinking the way we build our infrastructure, designing a city around people and not cars. We're completing our bicycle trail master plan. We'll have over 100 miles when we're through building it out.

And so you see this culture starting to shift in Oklahoma City. And lo and behold, the demographic changes that are coming with it are very inspiring. Highly educated twentysomethings are moving to Oklahoma City from all over the region and, indeed, even from further away, in California.

When we reached a million pounds, in January of 2012, I flew to New York with some our participants who had lost over 100 pounds, whose lives had been changed, and we appeared on the Rachael Ray show, and then that afternoon, I did a round of media in New York pushing the same messages that you're accustomed to hearing about obesity and the dangers of it. And I went into the lobby of Men's Fitness magazine, the same magazine that had put us on that list five years before. And as I'm sitting in the lobby waiting to talk to the reporter, I notice there's a magazine copy of the current issue right there on the table, and I pick it up, and I look at the headline across the top, and it says, "America's Fattest Cities: Do You Live in One?" Well, I knew I did, so I picked up the magazine and I began to look, and we weren't on it.

(Applause)

Then I looked on the list of fittest cities, and we were on that list. We were on the list as the 22nd fittest city in the United States. Our state health statistics are doing better. Granted, we have a long way to go. Health is still not something that we should be proud of in Oklahoma City, but we seem to have turned the cultural shift of making health a greater priority. And we love the idea of the demographics of highly educated twentysomethings, people with choices, choosing Oklahoma City in large numbers. We have the lowest unemployment in the United States, probably the strongest economy in the United States. And if you're like me, at some point in your educational career, you were asked to read a book called "The Grapes of Wrath." Oklahomans leaving for California in large numbers for a better future. When we look at the demographic shifts of people coming from the west, it appears that what we're seeing now is the wrath of grapes. (Laughter) (Applause) The grandchildren are coming home.

You've been a great audience and very attentive. Thank you very much for having me here.

(Applause)

この中で 何人の方がオクラホマシティーを 訪れた事がありますか?

はい 手を挙げてみて

じゃあ行ったことがないという人 あるいは 私が誰か知らない人は?(笑)

ほとんどの方がそうでしょうね 少し バックグラウンドを説明させて下さいね

オクラホマシティーは 想像できうる限り 最もユニークな形で始まりました さかのぼること 1889年の春の日 連邦政府は 「ランド・ラン」を行いました 文字通り 移民達を イメージした線に沿って一直線に並ばせて 銃を打つのです それを合図に 移民達は田園地域全体で大声を上げ 立て札を立てました その札を立てた所が 彼らの新しい住み家となりました 初日の終わりには オクラホマシティーの人口は ゼロから1万人になっていました この計画をした市の企画部は 未だに その支払いをしています 市民は初日に集まって 市長を選びました それから その人を銃で撃ちました (笑) 笑うところじゃないと思うけど (笑) でも これで 今日の聞き手のみなさんが どういうタイプの人達なのか 分かりました フィードバックに感謝いたします

20世紀は オクラホマシティーにとって かなり良い時代でした 我々の経済は 農産物や鉱物に支えられていました 綿花や小麦の価格や 石油や天然ガスの価格が 重要だったのですね それらに支えられて 技術革新の都市になっていきました ショッピングカートは オクラホマティーで産み出されたものです (拍手) パーキングメーターも オクラホマシティーで開発されました どういたしまして

でも 農産物などの商品に関連する経済には どうしても浮き沈みがあります オクラホマシティーの歴史においても それは明らかで 1970年代から エネルギーの価格が上昇を続け 経済はずっと上向きでした 1980年代始めには 急速に落ち込んで エネルギー価格は下がり始めました 銀行が倒産し始め それから十年経とうとする頃には オクラホマ州の100の銀行が 破綻してしまいました 救済の道はありませんでした 金融業も 石油・天然ガス産業も 不動産業も すべて地の底を這うような経済状態でした 若者は オクラホマシティーを去り ワシントンやダラス ヒューストン ニューヨークや東京へと行ってしまいました 自分達の教育レベルに 見合った職に就くためにね なぜなら オクラホマシティーには 単に 良い職がなかったからです

しかし 80年代の終わりに ある意欲的な企業家が現れ 市長に就任しました それが ロン・ノリックです ロン・ノリックが最終的に見出した 経済発展の秘訣は 前もって 企業を誘致するという事ではなく まず ビジネスの拠点にしたくなるような場所を 創り出すという事でした そこで 彼は この発案を MAPSと名付けて押し進めました 色々な物を創り出すために 基本的には 1ドルに対して1ペニーの消費税を 課すというものでした それにより 新しいスポーツアリーナが建設されて ダウンタウンに 新しい運河が作られ 芸術センターが改修され ダウンタウンに 新しい野球場が建ち 生活の質が高まるような物が たくさん作られたのです そして 経済が ようやく復興の兆しを 示し始めたように見えました

新たな市長が現れ 彼は 子供達に対してもMAPSをスタートさせました 市内の学校システムを 全面的に作り直し 75の建物を 新築あるいは改築しました

それから 2004年に まるで市民の反乱のような 集団としての判断力が著しく欠如した中で 市民は私を市長に選びました

その時 私が引き継いだ都市は 休眠状態の経済から 脱却しつつある ちょうどギリギリの所でした その頃 まさに初めて 我々は そのリストに登場し始めたのです 私の言っているリストというのは 皆さんご存知のものです メディアやインターネットは 都市のランク付けが大好きですよね オクラホマシティーは それまで リストに載った事はありませんでした ただそのリストに載るのは割とかっこいいなとは思っていました ポジティブなリストに載るのであればね 順位がトップに近くなくても リストに載るということは 我々が評価されるということですから 職を得るのにベストな都市とか ビジネスを始めるのにベストな都市とか 最高の商業地区とか オクラホマシティーは

リストに載りました 我が国で 最も肥満の多い都市のリストに そうです そこに載ったのです

ここで 私が指摘したいのは 多くの とても素敵な都市と一緒に 載っていたということです (笑) ダラス  ヒューストン ニューオリンズ アトランタ  マイアミ ご存じのように 一般的には これらの都市は あなたと関係あると言われても 全然恥ずかしくない都市でしょ にもかかわず 私は そのリストに載るのは嫌でした

その頃 体重計に乗ったら 私は 220ポンドでした そこで 連邦政府が提供するウェブサイトで 私の身長と体重を入力して エンターキーを押しました 出てきたのは 「肥満」という答え

「なんて馬鹿げたサイトなんだ」 と私は思いました (笑) 「私は肥満ではない 肥満なら 自分で分かっているはずだ」

その後 私は 自分に正直になって なぜ 私の人生が肥満との戦いになっているのかを 考え始めました パターンには気づいていました 私は 1年に2ポンドから3ポンドずつ太っては 約10年毎に 20~30ポンド減量していたのです そして また太る 大きなクローゼットが満杯になり いつも着られるのは その中の3分の1だけ 着られるのがクローゼットのどの服か わかっているのは私だけ それでも 当たり前のように思って やり過ごしていました

そして 私はようやく 減量する決心をしました それまで何度もやっていたので やり方は分かっていました まずは単に たくさん食べるのを止めました あととにかくいつも運動をしました それは 実行する上で そんなに大変なことではありませんでした 1日に 3000カロリー食べていたのを 2000カロリーに減らし 1週間に約1ポンド落として 約40週間

減量を実行しながら 私は 自分の町をじっくり見始めました 文化やインフラをチェックして なぜ我々の町が 肥満という問題を抱えているのか 原因を突き止めようとしたのです そして 私は 一つの結論に至りました 我々は ものすごく素晴らしい生活の質を 築き上げてしまったのです もし あなたが車だったならね (笑) でも あなたが人間なら 明らかに いつも 車と戦っています 我々の町は すごく広がっています 縦横に交わる 素晴らしく整備された高速道路があり 特に言うほどの交通渋滞は オクラホマシティーにはありません そのお蔭で みんな 非常に遠くに住んでいます 我々の町は巨大で 620平方マイルあります それでも 15マイルは15分足らずです オクラホマシティーでは ラッシュ時でも スピード違反切符を切られるのです その結果として 人々は 外側へと散らばる傾向にあります 土地も安いですしね また 我々は 土地開発業者に対して 長い長い間 新しく開発された土地に 歩道を作るように要請してきませんでした そのことは 改善しましたが つい最近までそうでした 我々の資料に依ると 10万軒以上の家が 実質的には 歩けない地域にあります

私は これらの要素を全て考慮して 肥満とどう向き合うかを検討し 我々が最初にするべき事は 会話だと決意しました お分かりになると思いますが オクラホマシティーでは 肥満についての話を していませんでした そこで 2007年の大晦日に 私は動物園に行き 象の前に立って 「この町はダイエットして 100万ポンド減らします」 と言いました

ええ 大混乱でしたよ

(笑)

国のメディアが この話に すぐさま引きつけられて 報道の仕方は 二つに一つでした メディアは 「この町はとても太っていたので 市長は ダイエットに踏み切らざるを得なかった」 と言うこともできたのですが 幸いなことに 共通の見解は 「見てご覧よ これは どこにでもある問題だ この町が それを何とかしようとしているよ」 というものでした みんなが我々を助けてくれて 大勢の人を ウェブサイトに導いてくれました 今や そのウェブアドレスは thiscityisgoingonadiet.com (この市はダイエットします.com)です 私は 平日の朝の「エレンの部屋」に出演して 減量を指導していく事について語り その日 ウェブサイトには 15万人のアクセスがありました みんなが参加してくれて (’減量を目指す)体重は 増え始めました そして 私がとても重要だと考えた 会話が 始まったのです 家庭では 父親と母親が 子供達と 肥満について 話し合うようになりました 教会でも話されるようになりました 教会では 独自のランニング・グループと 肥満に向き合う人達を 支援するグループを 作り始めました 突如として 学校でも 取りあげられるべき話題になって 職場でも 大きな会社には 概して 素晴らしい健康プログラムがありますが 中堅の会社は 一般的に このような問題を見落としがちです そういう会社も 我々のプログラムを使って 取り組み始め 社員をモデルにして 誰が肥満と向き合って 率先して他の人にも貢献できるかを競う コンテストをしたりしました

そして ようやく 問題は次の段階に来たのです 私が MAPS3と名付けた策を 押し進める時でした MAPS3は 他の2つのプログラムと同様に その背後には 経済開発の モチベーションがありましたが 単に 新しいコンベンションセンターを建てるというような 従来の経済開発事業ではなく 経済開発の過程に 健康に関するインフラを 追加したのです 70エーカーの新しいセントラルパークを オクラホマシティーのダウンタウンに作りました 都心に住むことを選ぶ人達が 徒歩での生活が可能になるような策として ダウンタウンに路面電車を作り 都心の人口密度を高めるようにしています その他 高齢者向けの健康保健センターを コミュニティー中に作っています 元々 オリジナルのMAPSで 投資の対象となっていた川に 投資して カヌーやカヤックやボートと言ったスポーツに 世界で最も適した開催地として 今や 開発の最終ステージに入っています 昨年の春 我々は オリンピック選考会を主催しました オクラホマシティーに オリンピック規模のイベントを招致して 世界中のアスリートに移住してもらい 子供達にも こういう ちょっと新しいタイプの 趣味の活動に もっと慣れ親しめるようにする 都心の計画があります 我々は また かつて採択された別の発案として 何百マイルもの新しい歩道を メトロエリア中に作っています 地域を作り 学校を作っても その二つを結びつけなかった 都心の状況についても 我々は 振り返って取り組んでいます 図書館を作り 地域を作っても 徒歩でそれらを 結びつけるということを 今までしていなかったのです さらに もう一つの財源によって 都心の通りを 歩行者にもっとフレンドリーな道に 設計し直しています 通りは とても広くて 歩いて渡るために ボタンを押して 時間内に渡るには 走らなければなりませんでした でも 今は 通りは狭くして 高所から見て設計し 歩行者に よりフレンドリーな道を作り 本当に デザインし直して インフラの作り方を考え直し 車ではなく 人のための都市を設計しています 自転車道のマスタープランも 完成しつつあります 完成したら 100マイルを超えるでしょう

このように オクラホマシティーの中で 文化が 移り変わり始めています すると どうでしょう それに伴って ワクワクするような 人口動態の変化が起こっています 高等教育を受けた20代の若者が 他の地域から オクラホマシティーに 移って来ているのです 本当に 遠くカリフォルニアからも

2012年の1月には 我々は 100万ポンドの減量を達成しました 私は 参加者の何人かと一緒に ニューヨークに行きました 100ポンド減量して 人生が変わった人達です 「レイチェル・レイ」の番組に出演して その日の午後には ニューヨークのメディアを回って みなさんすっかりおなじみの 肥満とその危険性についての メッセージを訴えてきました それから 私は 雑誌「メンズフィットネス」の ロビーに行きました そうです 5年前に あのリストに 我々を載せた雑誌です レポーターと話すために ロビーで座って待っていたのですが その雑誌の最新号が テーブルの上にあるのに気がついて 手に取って トップの見出しを見たんです 「アメリカで最も太っている都市: あなたはそこに住んでいるかも?」 ええ 知ってますよ 私は住んでいましたよ 雑誌を手に取って 見始めましたが 載っていませんでした

(拍手)

それから 最も引き締まった体型の都市のリストを見たら そちらに載っていました 全米で22位でした 州の健康統計も 良くなってきています それでも まだまだ長い道のりです 健康は まだ オクラホマシティーで 誇れるほどではありませんが 健康を より優先するという 文化に移り変わってきています そして 教育の高い20代の若者が 移り住んでくれたり 多くの人達が オクラホマシティーを選んでくれるのは 大歓迎です オクラホマティーは アメリカ合衆国で一番失業率が低く 恐らく アメリカで最も強い経済力を持っています 私と同年代の人なら 教育を受ける過程で ある時期に 『怒りの葡萄』という本を読むように 言われたことがあるでしょう 多くのオクラホマ人が より良い未来を求めて カリフォルニアへと去って行きました 西から人々がこちらに向かってくる 人口動態の推移を見ると 今見ているのは まさに 『葡萄の怒りです』 (笑) (拍手) 孫達が故郷に帰って来ます

あなた方は素晴らしい聞き手で とても熱心に聞いて下さった お招き頂いて どうもありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画