TED日本語 - ハビエル・ビラルタ: 地域に密着した建築を

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ハビエル・ビラルタ: 地域に密着した建築を

TED Talks

地域に密着した建築を
Architecture at home in its community
ハビエル・ビラルタ
Xavier Vilalta

内容

TEDフェローのハビエル・ビラルタは、アディスアベバの高層ショッピングモールの設計を依頼されたとき、うろたえました。例として見せられた建物は、彼が現代建築で嫌いなものすべてを体現したようなものでした―無駄が多く、ガラス張りのタワーでエネルギーを大量に消費し、デザインもアフリカと何の関係もありません。この魅力的なトークで、ビラルタはどんなアプローチを取ったかを紹介します。自然を生かし、伝統のデザインを取り入れ、そして、社会にあった美しい、近代的で街の象徴となるようなビルを作ったのです。

Script

My work focuses on the connection of both thinking about our community life being part of the environment where architecture grows from the natural local conditions and traditions.

Today I brought two recent projects as an example of this. Both projects are in emerging countries,one in Ethiopia and another one in Tunisia. And also they have in common that the different analyses from different perspectives becomes an essential part of the final piece of architecture.

The first example started with an invitation to design a multistory shopping mall in Ethiopia's capital city Addis Ababa. And this is the type of building we were shown as an example, to my team and myself, of what we had to design. At first, the first thing I thought was, I want to run away.

(Laughter)

After seeing a few of these buildings -- there are many in the city -- we realized that they have three very big points. First, these buildings, they are almost empty because they have very large shops where people can not afford to buy things. Second, they need tons of energy to perform because of the skin treatment with glass that creates heat in the inside, and then you need a lot of cooling. In a city where this shouldn't happen because they have really mild weather that ranges from 20 to 25 degrees the whole year. And third is that their image has nothing to do with Africa and with Ethiopia. It is a pity in a place that has such rich culture and traditions.

Also during our first visit to Ethiopia, I was really captivated by the old merkato that is this open-air structure where thousands of people, they go and buy things every day from small vendors. And also it has this idea of the public space that uses the outdoors to create activity. So I thought, this is what I really want to design, not a shopping mall. But the question was how we could do a multistory, contemporary building with these principles.

The next challenge was when we looked at the site, that is, in a really growing area of the city, where most of these buildings that you see in the image, they were not there. And it's also between two parallel streets that don't have any connection for hundreds of meters.

So the first thing we did was to create a connection between these two streets, putting all the entrances of the building. And this extends with an inclined atrium that creates an open-air space in the building that self-protects itself with its own shape from the sun and the rain. And around this void we placed this idea of the market with small shops, that change in each floor because of the shape of the void.

I also thought, how to close the building? And I really wanted to find a solution that would respond to the local climate conditions. And I started thinking about the textile like a shell made of concrete with perforations that would let the air in, and also the light, but in a filtered way. And then the inspiration came from these beautiful buttons of the Ethiopian women's dresses. That they have fractal geometry properties and this helped me to shape the whole facade. And we are building that with these small prefabricated pieces that are the windows that let the air and the light in a controlled way inside the building. And this is complemented by these small colored glasses that use the light from the inside of the building to light up the building at night.

With these ideas it was not easy first to convince the developers because they were like, "This is not a shopping mall. We didn't ask for that." But then we all realized that this idea of the market happened to be a lot more profitable than the idea of the shopping mall because basically they had more shops to sell. And also that the idea of the facade was much, much cheaper, not only because of the material compared with the glass, but also because we didn't need to have air conditioning anymore. So we created some budget savings that we used to implement the project.

And the first implementation was to think about how we could make the building self-sufficient in terms of energy in a city that has electricity cuts almost every day. So we created a huge asset by placing photovoltaics there on the roof. And then under those panels we thought about the roof like a new public space with gathering areas and bars that would create this urban oasis. And these porches on the roof, all together they collect the water to reuse for sanitation on the inside. Hopefully by the beginning of next year, because we are already on the fifth floor of the construction.

The second example is a master plan of 2,000 apartments and facilities in the city of Tunis. And for doing such a big project, the biggest project I've ever designed, I really needed to understand the city of Tunis, but also its surroundings and the tradition and culture.

During that analysis I paid special attention to the medina that is this 1, 000-year-old structure that used to be closed by a wall, opened by twelve different gates, connected by almost straight lines. When I went to the site, the first design operation we did was to extend the existing streets, creating 12 initial blocks similar in size and characteristics to the ones we have in Barcelona and other cities in Europe with these courtyards. On top of that, we selected some strategic points reminded of this idea of the gates and connecting them by straight lines, and this modified this initial pattern.

And the last operation was to think about the cell, the small cell of the project, like the apartment, as an essential part of the master plan. And for that I thought, what would be the best orientation in the Mediterranean climate for an apartment? And it's north-south, because it creates a thermal difference between both sides of the house and then a natural ventilation. So we overlap a pattern that makes sure that most of the apartments are perfectly oriented in that direction.

And this is the result that is almost like a combination of the European block and the Arab city. It has these blocks with courtyards, and then on the ground floor you have all these connections for the pedestrians. And also it responds to the local regulations that establish a higher density on the upper levels and a lower density on the ground floor. And it also reinforces this idea of the gates.

The volume has this connecting shape that shades itself with three different types of apartments and also lets the light go on the ground floor in a very dense neighborhood And in the courtyards there are the different facilities, such as a gym and a kindergarten and close by, a series of commercial [ spaces ] that bring activity to the ground floor. The roof, which is my favorite space of the project is almost like giving back to the community the space taken by the construction. And it's where all the neighbors, they can go up and socialize, and do activities such as having a two-kilometer run in the morning, jumping from one building to another.

These two examples, they have a common approach in the design process. And also, they are in emerging countries where you can see the cities literally growing. In these cities, the impact of architecture in people's lives of today and tomorrow changes the local communities and economies at the same speed as the buildings grow. For this reason, I see even more importance to look at architecture finding simple but affordable solutions that enhance the relationship between the community and the environment and that aim to connect nature and people.

Thank you very much.

(Applause)

私が建築設計で重視するのは“つながり”です 地域生活が環境の一部となり その環境で地域の状況や伝統をもとに 建築を生み出すことを考えています

今日 この例として 2つのプロジェクトをご紹介します いずれも新興国におけるもので 1つはエチオピアもう1つはチュニジアです 共通しているのは 様々な観点から重ねた分析が 完成した建築物の基礎となっていることです

1つ目のプロジェクトはある依頼から始まりました 高層ショッピングモールの設計で 場所はエチオピアの首都アディスアベバでした 私たちはこの写真を見せられて “このようなビルを設計してほしい”と言われました 私が最初に思ったのは “逃げ出したい”ということ

(笑)

市内には このようなビルが多かったのですが いくつか見ているうちに 3つのとても重大なことに気付きました まず これらのビルはさびれています 立派な大型店が入っていますが みんな そんなに物を買う余裕はないのです 次に ビルを維持するのにかなりのエネルギーが必要です 外壁がガラス張りで ビル内が暑くなってしまうので かなりの空調が必要になるのです この街ではそんなに空調は必要ないはずです アディスアベバはとても温暖な気候で 一年中 気温も20~25度くらいですから そして最後にビルの外観から来る印象は アフリカとも エチオピアとも結びつきません せっかく豊かな文化や伝統があるのに残念なことです

エチオピアに初めて訪問したとき メルカートという昔からの市場に魅了されました オープンエアになっていて 何千人もの人が日々行き来して 小さな露店から物を買っているのです ここにあるのは活動を生み出す 屋外の公共スペースです これこそ 私が設計したいものだと思いました ショッピングモールではないんです ただ問題なのは高層の近代的ビルを どうやってこれにマッチさせるかでした

次の課題は建設予定地にありました 市内でも これから大きな成長をする地区で まだ さっき写真でご覧いただいたような ビルの姿はありませんでした また その土地は並走する道路に挟まれているものの 何百メートルも通り抜けができなくなっています

ですからまず最初にしたのは その2つの道路をつなぐことでした ビルの入口をそのように設置したのです これは 斜めに伸びる吹き抜けにつながり ビル内に オープンエアの空間を作ることにより 太陽と雨からビルを守る構造になっています そして この吹き抜けのまわりを 小さなお店が集まったマーケットのようにしました 吹き抜けが斜めになっていることで各階にも変化ができました

どうやってビルを囲むかについても考え 解決策を見つけたいと思っていました 地元の気候条件にあった解決策です そこで思いついたのが“織物”です コンクリート製の外壁に 穴が開いていて空気や 光を適度に取り込めるようにしました エチオピアの女性が着るドレスの美しい模様にもヒントを得ました それは フラクタル幾何学のような形で 建物全体の外壁のデザイン設計に使いました このビルを建てるにあたり こうした小さなプレハブの部材で 窓を作ってビル内に 空気や光を適度に入れるようにしました ビルには小さな色彩ガラスもつけられており 夜になるとビル内部の光で ビルが照らし出されます

開発者にこの構想を説得するのは簡単ではありませんでした 彼らの反応はこうでした “これは 頼んだショッピングモールではない” でも 気付いたのはこのマーケットの構想は ショッピングモールよりもっと儲かるということでした お店がたくさんあるからです そして この外観はかなり安上がりでした ガラスよりも素材が安いというだけではなく 空調を使う必要がなかったからです お蔭で予算も浮かせたので その分で 私の思いを実現させました

まず 最初に考えたのはこのビルを エネルギーの観点で自給自足できるようにすることです ここでは ほぼ毎日停電がありますから 屋上にソーラパネルを設置しこれは 大きなメリットになりました また ソーラーパネルの下を 人々が集い お酒も楽しめる新たな公共スペースとし このような都会のオアシスとしたのです そして 屋上のポーチでは 雨水を集めて ビル内のトイレなどで再利用できるようにします 建設工事は5階まで進んでいるので来年初めには完成すると思います

2つ目は チュニスの都市基本計画で2千のアパート・施設を含むものです 今までで最大のプロジェクトでこうした大規模なものに取り組むにあたり 私は チュニスの街を理解する必要がありました 街だけではなく周辺環境や伝統・文化もです

この分析をする過程で特に着目したのがメディナです メディナは 城壁に囲まれた旧市街地で千年の歴史があります 12の門で外とつながりそれが ほぼ直線で結ばれています 建設予定現場でまず行った基本設計は 既存の道を延長して12の区画を作ることです ちょうど バルセロナなどのヨーロッパの都市のような 中庭のある区画と同じ大きさや特徴にしました さらに 先ほどの門にあたる戦略的な拠点をいくつか選び それらが直線で結ばれるようにしました これによって最初のパターンが変更されました

そして 最後に考えたのが構成単位 アパートのような小さな構成単位です 基本計画の重要な部分です そして アパートをどんな向きにすれば この地中海性気候を最も快適に過ごせるか考え 南北方向にすることにしました家の両側で温度差ができ 自然と換気がされるからです パターンを重ねてほとんどのアパートが 完全にその方向になるようにしました

これが その結果で ちょうど ヨーロッパの区画とアラブ都市があわさった感じです 中庭がある区画があり そして 一階には 歩行者用のこうした通りがあります また これは地元の規則にも合っていて 上層階では高密度で下層階は低密度になっています こちらも メディナの門をイメージしています

全体は このような形で 3種類の異なる型の部屋を結び付けて日陰を作り出しています また とても密集した作りであっても一階に光を通します 中庭には ジムや幼稚園など様々な施設がありますし 近くには商業スペースもあり一階での活動も促します このプロジェクトで一番好きなのが屋上ですが 建物で土地がなくなった分人々は屋上を使えるのです 近所の人たちは屋上で交流して 色んな活動ができます例えば 朝の2キロ・ランや 別のビルへ飛び移ることもです

2つの例を紹介しましたが 共通しているのは設計プロセスでのアプローチです また これらは新興国でのプロジェクトで 文字通り都市は成長しています これらの都市では 建築は今日 明日の人々の生活に影響を与え ビルが建つのと同じスピードで地元社会や経済を変えていきます だからこそますます重要になると思うのが 建築で シンプルだが十分可能な解決策を見つけ 社会と環境の橋渡しをして 自然と人々を結びつけることなのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画