TED日本語 - ゲリー・スラトキン: 暴力を伝染病として捉えよう

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ゲリー・スラトキン: 暴力を伝染病として捉えよう

TED Talks

暴力を伝染病として捉えよう
Let's treat violence like a contagious disease
ゲリー・スラトキン
Gary Slutkin

内容

医師のゲリー・スラトキンは、アフリカにおいて結核、コレラ、エイズといった伝染病と10年に渡って戦ってきました。アメリカに帰国した際は、残忍な伝染病による死から逃れられるだろうと思っていました。しかし、銃による暴力に目を向け始め、その拡大が伝染病のパターンと同じであることに気付きます。驚いたことに多くの地域が当たり前のように暴力を受け入れていたことに直面します。スラトキン博士は「人類が多くの病気が引き起す影響を食い止めてきたように、同じことを暴力にも適用できる」と訴えます。(TEDMEDにて撮影)

Script

I'm a physician trained in infectious diseases, and following my training, I moved to Somalia from San Francisco. And my goodbye greeting from the chief of infectious diseases at San Francisco General was, "Gary, this is the biggest mistake you'll ever make."

But I landed in a refugee situation that had a million refugees in 40 camps, and there were six of us doctors. There were many epidemics there. My responsibilities were largely related to tuberculosis, and then we got struck by an epidemic of cholera. So it was the spread of tuberculosis and the spread of cholera that I was responsible for inhibiting. And in order to do this work, we, of course, because of the limitation in health workers, had to recruit refugees to be a specialized new category of health worker. Following three years of work in Somalia, I got picked up by the World Health Organization, and got assigned to the epidemics of AIDS. My primary responsibility was Uganda, but also I worked in Rwanda and Burundi and Zaire, now Congo, Tanzania, Malawi, and several other countries. And my last assignment there was to run a unit called intervention development, which was responsible for designing interventions.

After 10 years of working overseas, I was exhausted. I really had very little left. I had been traveling to one country after another. I was emotionally feeling very isolated. I wanted to come home. I'd seen a lot of death, in particular epidemic death, and epidemic death has a different feel to it. It's full of panic and fear, and I'd heard the women wailing and crying in the desert. And I wanted to come home and take a break and maybe start over.

I was not aware of any epidemic problems in America. In fact, I wasn't aware of any problems in America. In fact -- seriously. And in fact I would visit friends of mine, and I noticed that they had water that came right into their homes. How many of you have such a situation? (Laughter) And some of them, many of them actually, had water that came into more than one room. And I noticed that they would move this little thermoregulatory device to change the temperature in their home by one degree or two degrees. And now I do that.

And I really didn't know what I would do, but friends of mine began telling me about children shooting other children with guns. And I asked the question, what are you doing about it? What are you in America doing about it? And there were two essential explanations or ideas that were prevalent.

And one was punishment. And this I had heard about before. We who had worked in behavior knew that punishment was something that was discussed but also that it was highly overvalued. It was not a main driver of behavior, nor was it a main driver of behavior change. And besides that, it reminded me of ancient epidemics that were previously completely misunderstood because the science hadn't been there before, epidemics of plague or typhus or leprosy, where the prevalent ideas were that there were bad people or bad humors or bad air, and widows were dragged around the moat, and dungeons were part of the solution.

The other explanation or, in a way, the solution suggested, is please fix all of these things: the schools, the community, the homes, the families, everything. And I'd heard this before as well. I'd called this the "everything" theory, or EOE: Everything On Earth. But we'd also realized in treating other processes and problems that sometimes you don't need to treat everything.

And so the sense that I had was there was a giant gap here. The problem of violence was stuck, and this has historically been the case in many other issues. Diarrheal diseases had been stuck. Malaria had been stuck. Frequently, a strategy has to be rethought. It's not as if I had any idea what it would look like, but there was a sense that we would have to do something with new categories of workers and something having to do with behavior change and something having to do with public education.

But I began to ask questions and search out the usual things that I had been exploring before, like, what do the maps look like? What do the graphs look like? What does the data look like? And the maps of violence in most U.S. cities looked like this. There was clustering. This reminded me of clustering that we'd seen also in infectious epidemics, for example cholera. And then we looked at the maps, and the maps showed this typical wave upon wave upon wave, because all epidemics are combinations of many epidemics. And it also looked like infectious epidemics. And then we asked the question, well what really predicts a case of violence? And it turns out that the greatest predictor of a case of violence is a preceding case of violence. Which also sounds like, if there is a case of flu, someone gave someone a case of flu, or a cold, or the greatest risk factor of tuberculosis is having been exposed to tuberculosis.

And so we see that violence is, in a way, behaving like a contagious disease. We're aware of this anyway even in our common experiences or our newspaper stories of the spread of violence from fights or in gang wars or in civil wars or even in genocides.

And so there's good news about this, though, because there's a way to reverse epidemics, and there's really only three things that are done to reverse epidemics, and the first of it is interrupting transmission. In order to interrupt transmission, you need to detect and find first cases. In other words, for T.B. you have to find somebody who has active T.B. who is infecting other people. Make sense? And there's special workers for doing that. For this particular problem, we designed a new category of worker who, like a SARS worker or someone looking for bird flu, might find first cases. In this case, it's someone who's very angry because someone looked at his girlfriend or owes him money, and you can find workers and train them into these specialized categories.

And the second thing to do, of course, is to prevent further spread, that means to find who else has been exposed, but may not be spreading so much right now like someone with a smaller case of T.B., or someone who is just hanging out in the neighborhoods, but in the same group, and then they need to be, in a way, managed as well, particular to the specific disease process.

And then the third part, the shifting the norms, and that means a whole bunch of community activities, remodeling, public education, and then you've got what you might call group immunity. And that combination of factors is how the AIDS epidemic in Uganda was very successfully reversed.

And so what we decided to do in the year 2000 is kind of put this together in a way by hiring in new categories of workers, the first being violence interruptors. And then we would put all of this into place in one neighborhood in what was the worst police district in the United States at the time. So violence interruptors hired from the same group, credibility, trust, access, just like the health workers in Somalia, but designed for a different category, and trained in persuasion, cooling people down, buying time, reframing. And then another category of worker, the outreach workers, to keep people in a way on therapy for six to 24 months. Just like T.B., but the object is behavior change. And then a bunch of community activities for changing norms.

Now our first experiment of this resulted in a 67-percent drop in shootings and killings in the West Garfield neighborhood of Chicago.

(Applause)

And this was a beautiful thing for the neighborhood itself, first 50 or 60 days, then 90 days, and then there was unfortunately another shooting in another 90 days, and the moms were hanging out in the afternoon. They were using parks they weren't using before. The sun was out. Everybody was happy.

But of course, the funders said, "Wait a second, do it again." And so we had to then, fortunately, get the funds to repeat this experience, and this is one of the next four neighborhoods that had a 45-percent drop in shootings and killings. And since that time, this has been replicated 20 times. There have been independent evaluations supported by the Justice Department and by the CDC and performed by Johns Hopkins that have shown 30-to-50-percent and 40-to-70-percent reductions in shootings and killings using this new method. In fact, there have been three independent evaluations of this now.

Now we've gotten a lot of attention as a result of this, including being featured on The New York Times' Sunday magazine cover story. The Economist in 2009 said this is "the approach that will come to prominence." And even a movie was made around our work. [ The Interrupters ]

However, not so fast, because a lot of people did not agree with this way of going about it. We got a lot of criticism, a lot of opposition, and a lot of opponents. In other words, what do you mean, health problem? What do you mean, epidemic? What do you mean, no bad guys? And there's whole industries designed for managing bad people. What do you mean, hiring people who have backgrounds? My business friends said, "Gary, you're being criticized tremendously. You must be doing something right."

(Laughter)

My musician friends added the word "dude."

So anyway, additionally, there was still this problem, and we were getting highly criticized as well for not dealing with all of these other problems. Yet we were able to manage malaria and reduce HIV and reduce diarrheal diseases in places with awful economies without healing the economy.

So what's actually happened is, although there is still some opposition, the movement is clearly growing. Many of the major cities in the U.S., including New York City and Baltimore and Kansas City, their health departments are running this now. Chicago and New Orleans, the health departments are having a very large role in this. This is being embraced more by law enforcement than it had been years ago. Trauma centers and hospitals are doing their part in stepping up. And the U.S. Conference of Mayors has endorsed not only the approach but the specific model. Where there's really been uptake even faster is in the international environment, where there's a 55-percent drop in the first neighborhood in Puerto Rico, where interruptions are just beginning in Honduras, where the strategy has been applied in Kenya for the recent elections, and where there have been 500 interruptions in Iraq.

So violence is responding as a disease even as it behaves as a disease. So the theory, in a way, is kind of being validated by the treatment. And recently, the Institute of Medicine came out with a workshop report which went through some of the data, including the neuroscience, on how this problem is really transmitted.

So I think this is good news, because it allows us an opportunity to come out of the Middle Ages, which is where I feel this field has been. It gives us an opportunity to consider the possibility of replacing some of these prisons with playgrounds or parks, and to consider the possibility of converting our neighborhoods into neighborhoods, and to allow there to be a new strategy, a new set of methods, a new set of workers: science, in a way, replacing morality. And moving away from emotions is the most important part of the solution to science as a more important part of the solution.

So I didn't mean to come up with this at all. It was a matter of, I wanted actually a break, and we looked at maps, we looked at graphs, we asked some questions and tried some tools that actually have been used many times before for other things. For myself, I tried to get away from infectious diseases, and I didn't.

Thank you.

(Applause)

私は感染症専門の医師で 研修後 サンフランシスコでの経験を経て ソマリアへ移住しました サンフランシスコ総合病院の 感染症科の部長からの はなむけの言葉はこうです 「ゲリー この決断は君がおかす最大の過ちだよ」

でも 私は難民支援のために 100万人もの難民を抱える40のキャンプに着任しました 医師は たったの6名という状況でした そこには沢山の病気が蔓延していました 私の仕事は 主に結核に関した 診察や治療でしたが その後 コレラも流行したので 結核とコレラの蔓延を阻止する事が 私の使命でした この任務を遂行するために 医療従事者が不足していたので 当然 現地の難民に新しいカテゴリーの医療スタッフとして 働いてもらう必要がありました ソマリアでの3年間の勤務を経た後 世界保健機関に採用され エイズを担当する事になりました 勤務地は主にウガンダでしたが ルワンダやブルネイ ザイール 現在のコンゴですね タンザニアやマラウイなどにも赴きました 当地での最後の任務は 「医療介入開発部」の運営 つまり 治療・予防法の確立でした

海外での勤務が10年に渡る頃には すっかり疲れ切っていました 精力を使い果してしまったのです 国から国へと移動し 強い孤独も感じていて アメリカに戻りたいと思いました 沢山の死を見てきました 特に伝染病による死です 伝染病による死は通常の死とは異なり パニックと恐怖に満ちています 砂漠の真ん中で泣き叫ぶ女性たちの声が 今も耳に残っています 帰国して 少し休んでから また何か新しいことをやれればと思ったんです

アメリカに 伝染性の問題があるとは 思ってもいませんでした 実際 アメリカにある問題など何一つ知りませんでした 本当です 現に どの友達の家を訪ねても 家の中まで水が届く 水道なんかがあるんですから 同じように幸運な方は いらっしゃいますか? (笑) それも ほとんどの家で 複数の部屋に水を引いていることや 家に設置されている 小さな温度調節器が 1度、2度の微妙な温度変化すらも 調節可能なことを知りました 今は 私も使っています

さあ これから何をしたものかと考えていた頃 友人がこんな話をしました 子供が子供を銃殺する時代だよ と言うのです そこで 訊ねました それに対して この国の人は ― アメリカは何かしているのか? と それについては2つの本質的な対処法が 一般的となっていました

1つは 罰を与えること これは私も聞いたことがありました 行動研究の専門家は 罰が有用であると同時に 過大評価されているとも理解しています 罰は行動を形成したり 行動を変えることの原動力にならないからです 更に私に思い起こさせたのは 古代の伝染病の流行です 以前は完全に 誤解されていました 科学が未熟だったからです ペストや発疹チフス ハンセン病などの流行の 当時 一般的に考えられていた原因とは 人が悪い 体液が悪い環境が悪い でした 未亡人なんかは塀の回りを引きずられ 地下牢に閉じ込めることが解決法の1つだったのです

もう一方の対処法 ―対処法というよりは むしろ解決策ですね とにかく 全てのことを正しましょう というもの 学校 地域社会 家庭家族 など 全部です これも以前 聞いたことがあり 私は 「万事」説 と呼んでいます または EOE(地球上の全て) とも でも分かっているのは 他のプロセスや問題を解決するのに 必ずしも 全てを治す必要がないということです

そして 私は ここに 大きなギャップがあると感じました 暴力問題は行き詰まっていたのです このことは 歴史上の多くの問題においても 同じことが言えます 下痢性疾患や マラリア問題も行き詰まっていました この様な場合戦略を見直す必要があります こうすべきという明確なアイデアはありませんが 私はこう感じていました 新しいカテゴリーの人材 人間の行動変化や一般市民の教育について 何か行動を起こさなければいけない と

そこで疑問をまとめ 疫病の調査に使うような 情報を集め始めました 分布図はどうなっているか? グラフの数字は? データはどうか?を調べました 暴力の分布図ですが アメリカの 殆どの都市が こんな様子です 所々 塊になっていますね この局所的な塊が思い起こさせたものは 伝染病の流行 例えば コレラです グラフを見てみると 伝染病特有の次から次へと 押し寄せる波が見れます 蔓延というものは 多くの蔓延が合わさったものだからです ですから 暴力は伝染病にも見えました そこで 自問しました 実際 何が暴力を予測できるだろうか?と 明らかになったのは先行する暴力事件が 第2の暴力を引き起こすということ インフルエンザの症例がある場合 インフルエンザや風邪が人から人に移るとことや 結核に感染する最大のリスクは 結核患者との接触であることに似ています

ですから暴力は ある意味で 伝染病のように振る舞うのです 皆さんも お気づきでしょう 日常の経験や 新聞記事から 喧嘩が さらなる暴力に発展したとか ギャングの抗争や内戦 集団虐殺までもがそうなんです

ですが 良いニュースもあります 伝染を食い止める方法があって たった3つのことを実践するだけで 伝染を食い止められます 1つ目は伝染を妨ぐこと 伝染を防ぐためには 調査して 発生源を見つける必要があります もし結核なら菌を広めている 結核患者を探し出さなければなりません 当然ですね? ちなみに それを行う専門家がいます そこでこの問題に対しても 新しいカテゴリーの人材を設けました 例えば SARSの専門家や 鳥インフルエンザの発生源を つきとめるような人材です 暴力の場合 発生源はすごく怒っている人 ― 例えば 嫉妬や 金銭のトラブルがある人です これに対処するための人材を見つけ 彼らを訓練し 特殊なカテゴリーの人材として育てます

2つ目にやるべきこと ―明白ですが さらなる拡大を防ぐことです つまり 感染の危険性にさらされた経験はあるが まだ感染を広める段階にはなっていない人 例えば 症状の軽い結核患者や その人が暮らす地域に出入りしている人などが それに当たります これらの人も ある程度 コントロールする必要もあり 特に 特定疾患の進行プロセスにおいて必要です

3つ目は標準の環境を変えること それには たくさんの地域活動や 変革や公衆教育が必要で これで 集団免疫とでも呼ぶものが できるのです これらの要素を組み合せることによって ウガンダでのエイズ拡大を 食い止めることに 成功できたのです

そこで 私たちは2000年に これらのことを実行するために 新しいカテゴリーの人材を採用し まず暴力を阻止する人材を作ることにしました そこで 今まで申し上げてきたこと全てを 1つの地域で実施しました そこは 当時 アメリカで 最も治安の悪い区域でした 暴力を阻止する人材はこの地域から選びました 信頼性 信用度 アクセスが決め手です それは ソマリアで行なった時と同じですが 分野が違うので 設計し直しました 訓練したことは説得力 人の鎮め方 時間の稼ぎ方物事の見直し方などです 他部門の人材はアウトリーチ・ワーカーで 暴力的な人を心理療法のもとに置き 6か月から24か月間彼らを見守る役割です 結核治療のようですがこちらの目的は行動変化です さらに 規範を変えるため 沢山の地域活動も必要でした

さて この初めての試みの結果はと言うと 67パーセントの発砲や殺人が 減少しました 場所はシカゴ周辺のウエスト・ガーフィールドです

(拍手)

その地区にとっても 嬉しい結果となりました 最初の50から60日その後90日までは平穏で 残念ながら さらに90日が経過した時 発砲事件がありました 母親達は午後 出掛けるようになり 以前は使用していなかった公園を使い始めました 外は ぽかぽか陽気で皆がハッピーでした

もちろん資金提供者からは「こんなに成功したんだから もう一度やってくれ」と言われました ありがたいことに この試みを繰り返すための資金を得ました これは さらに4つの地区で行なった内の1つで 発砲と殺人が45パーセント減少しました それ以来 この方法は各地で再現されています 20回もです この新しい方法の独自評価が 司法省と疾病対策予防センター協力のもと ジョンズ・ホプキンス大学で行われました その評価から発砲が 30から50パーセント 殺人が 40から70パーセント減少したことが 明らかになりました 実は これまで 3つの独立した評価が行われました

その結果 多くの注目を浴びることになり ニューヨーク・タイムズ紙の 日曜版の特集記事にもなりました 2009年のザ・エコノミストでは 「注目され始めた手段」と言われ 私たちの業績は映画にもなりました [The Interrupters (制止者)]

でも 順風満帆ではありません この方法に 賛同しない人も かなりいるからです 批判も沢山ありましたし 異議を唱える人 反対派が沢山いました つまりこれが健康問題だって? これが伝染病だって? 悪人の問題ではないとは何だ?と批判されたのです 悪い奴らを管理するために作られた 一大産業も存在するじゃないか 犯罪歴のある人を雇うなんて どういうことだ? 仕事上の友人はこう言いました 「ゲリー 君はものすごく非難されているよ ということは正しいことをしてるに違いない」

(笑)

私の音楽家の友達は「すげえ」と

とにかく その後も この問題があった上に 私たちが これ以外の問題に取り組んでいないことも 大きな批判の対象になりました しかし 私たちはマラリアの鎮圧さらに エイズや下痢性疾患の縮小を可能にしました 酷い経済状況の地域で 経済を立て直さずにです

そこで 実際に何が起こったかというと ― 一部反対意見もありますが 明らかに この運動が拡大しているということ アメリカの 多くの主要都市 ニューヨーク ボルチモア カンザスなどでは現在 市の衛生局がこれを実行していて シカゴとニューオリンズの衛生局が この活動における大きな役割を担っています 何年か前に比べ 警察も この方法を取り入れるようになりました 救急治療センターや病院も 協力してくれています 全米市長会では その取り組みを認めただけでなく 具体的な模範として承認しました より早くこれを取り入れたのは 国際社会でした プエルトリコの最初の地区で 55パーセントの減少を見せ ホンジュラスでは 暴力の阻止がスタートし ケニアでは この戦略が最近の選挙でも 掲げられました イラクは500件の暴力阻止に成功しました

暴力は病のように振舞うだけでなく 病のように治療が効くのです ですから この理論は 治療によって有効性が証明されたということです 最近では 医学研究所が ワークショップ報告書を発表しました その報告書は 私たちのデータの一部と 神経科学の観点から調査したもので この問題が実際 どのように伝染するのか調べています

これは良いニュースだと思います なぜなら 私たちに中世の考えから抜け出す 機会を与えてくれるからです この分野は中世から進歩してないと感じていました また こんな夢も与えてくれます 刑務所の数を減らし 遊び場や公園を増やすこと さらには こんな事も考えられます 私たちの地域をより地域化させ そこで新しい戦略 新しいプロセスと人材を利用し 道徳観念で対処してきたことを科学で対処するのです 感情を切り離すことは 科学にとって最も重要な解決方法の一つで 解決策を見い出す上でとても重要です

こんな結果に行き着くとは想像だにしていませんでした 事の始まりは 実は休暇が欲しかったのですが 分布図を見て グラフを見て 疑問をまとめ 他の問題に何度も使われてきた 方法を試した結果でした 私自身 伝染病とは違うことを しようとしたのですが そうはなりませんでした

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画