TED日本語 - エリック・X.・リー: 二つの政治体制の物語

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - エリック・X.・リー: 二つの政治体制の物語

TED Talks

二つの政治体制の物語
A tale of two political systems
エリック・X.・リー
Eric X. Li

内容

欧米社会における一般的な考え方では、社会が発展するにともない、資本主義社会を形成し、複数党から成る民主主義になります。正しいですよね?中国人の投資家であり政治学者であるエリック・X・ リーの見解は違います。通常の概念にチャレンジするトークのなかで、現代国家を成功に導く道は一つではないことを語りかけます。

Script

Good morning. My name is Eric Li, and I was born here. But no, I wasn't born there. This was where I was born: Shanghai, at the height of the Cultural Revolution. My grandmother tells me that she heard the sound of gunfire along with my first cries.

When I was growing up, I was told a story that explained all I ever needed to know about humanity. It went like this. All human societies develop in linear progression, beginning with primitive society, then slave society, feudalism, capitalism, socialism, and finally, guess where we end up? Communism! Sooner or later, all of humanity, regardless of culture, language, nationality, will arrive at this final stage of political and social development. The entire world's peoples will be unified in this paradise on Earth and live happily ever after. But before we get there, we're engaged in a struggle between good and evil, the good of socialism against the evil of capitalism, and the good shall triumph.

That, of course, was the meta-narrative distilled from the theories of Karl Marx. And the Chinese bought it. We were taught that grand story day in and day out. It became part of us, and we believed in it. The story was a bestseller. About one third of the entire world's population lived under that meta-narrative.

Then, the world changed overnight. As for me, disillusioned by the failed religion of my youth, I went to America and became a Berkeley hippie.

(Laughter)

Now, as I was coming of age, something else happened. As if one big story wasn't enough, I was told another one. This one was just as grand. It also claims that all human societies develop in a linear progression towards a singular end. This one went as follows: All societies, regardless of culture, be it Christian, Muslim, Confucian, must progress from traditional societies in which groups are the basic units to modern societies in which atomized individuals are the sovereign units, and all these individuals are, by definition, rational, and they all want one thing: the vote. Because they are all rational, once given the vote, they produce good government and live happily ever after. Paradise on Earth, again. Sooner or later, electoral democracy will be the only political system for all countries and all peoples, with a free market to make them all rich. But before we get there, we're engaged in a struggle between good and evil. (Laughter) The good belongs to those who are democracies and are charged with a mission of spreading it around the globe, sometimes by force, against the evil of those who do not hold elections.

(Video) George H.W. Bush: A new world order ...

(Video) George W. Bush: ... ending tyranny in our world ...

(Video) Barack Obama: ... a single standard for all who would hold power.

Eric X. Li: Now --

(Laughter) (Applause)

This story also became a bestseller. According to Freedom House, the number of democracies went from 45 in 1970 to 115 in 2010. In the last 20 years, Western elites tirelessly trotted around the globe selling this prospectus: Multiple parties fight for political power and everyone voting on them is the only path to salvation to the long-suffering developing world. Those who buy the prospectus are destined for success. Those who do not are doomed to fail. But this time, the Chinese didn't buy it.

Fool me once ...

(Laughter)

The rest is history. In just 30 years, China went from one of the poorest agricultural countries in the world to its second-largest economy. Six hundred fifty million people were lifted out of poverty. Eighty percent of the entire world's poverty alleviation during that period happened in China. In other words, all the new and old democracies put together amounted to a mere fraction of what a single, one-party state did without voting.

See, I grew up on this stuff: food stamps. Meat was rationed to a few hundred grams per person per month at one point. Needless to say, I ate all my grandmother's portions.

So I asked myself, what's wrong with this picture? Here I am in my hometown, my business growing leaps and bounds. Entrepreneurs are starting companies every day. Middle class is expanding in speed and scale unprecedented in human history. Yet, according to the grand story, none of this should be happening. So I went and did the only thing I could. I studied it. Yes, China is a one-party state run by the Chinese Communist Party, the Party, and they don't hold elections. Three assumptions are made by the dominant political theories of our time. Such a system is operationally rigid, politically closed, and morally illegitimate. Well, the assumptions are wrong. The opposites are true. Adaptability, meritocracy, and legitimacy are the three defining characteristics of China's one-party system.

Now, most political scientists will tell us that a one-party system is inherently incapable of self-correction. It won't last long because it can not adapt. Now here are the facts. In 64 years of running the largest country in the world, the range of the Party's policies has been wider than any other country in recent memory, from radical land collectivization to the Great Leap Forward, then privatization of farmland, then the Cultural Revolution, then Deng Xiaoping's market reform, then successor Jiang Zemin took the giant political step of opening up Party membership to private businesspeople, something unimaginable during Mao's rule.

So the Party self-corrects in rather dramatic fashions. Institutionally, new rules get enacted to correct previous dysfunctions. For example, term limits. Political leaders used to retain their positions for life, and they used that to accumulate power and perpetuate their rules. Mao was the father of modern China, yet his prolonged rule led to disastrous mistakes. So the Party instituted term limits with mandatory retirement age of 68 to 70.

One thing we often hear is, "Political reforms have lagged far behind economic reforms," and "China is in dire need of political reform." But this claim is a rhetorical trap hidden behind a political bias. See, some have decided a priori what kinds of changes they want to see, and only such changes can be called political reform. The truth is, political reforms have never stopped. Compared with 30 years ago,20 years, even 10 years ago, every aspect of Chinese society, how the country is governed, from the most local level to the highest center, are unrecognizable today. Now such changes are simply not possible without political reforms of the most fundamental kind. Now I would venture to suggest the Party is the world's leading expert in political reform.

The second assumption is that in a one-party state, power gets concentrated in the hands of the few, and bad governance and corruption follow. Indeed, corruption is a big problem, but let's first look at the larger context. Now, this may be counterintuitive to you. The Party happens to be one of the most meritocratic political institutions in the world today. China's highest ruling body, the Politburo, has 25 members. In the most recent one, only five of them came from a background of privilege, so-called princelings. The other 20, including the president and the premier, came from entirely ordinary backgrounds. In the larger central committee of 300 or more, the percentage of those who were born into power and wealth was even smaller. The vast majority of senior Chinese leaders worked and competed their way to the top. Compare that with the ruling elites in both developed and developing countries, I think you'll find the Party being near the top in upward mobility.

The question then is, how could that be possible in a system run by one party? Now we come to a powerful political institution, little-known to Westerners: the Party's Organization Department. The department functions like a giant human resource engine that would be the envy of even some of the most successful corporations. It operates a rotating pyramid made up of three components: civil service, state-owned enterprises, and social organizations like a university or a community program. They form separate yet integrated career paths for Chinese officials. They recruit college grads into entry-level positions in all three tracks, and they start from the bottom, called "keyuan" [ clerk ] . Then they could get promoted through four increasingly elite ranks: fuke [ deputy section manager ], ke [ section manager ], fuchu [ deputy division manager ], and chu [ division manger ] . Now these are not moves from "Karate Kid," okay? It's serious business. The range of positions is wide, from running health care in a village to foreign investment in a city district to manager in a company. Once a year, the department reviews their performance. They interview their superiors, their peers, their subordinates. They vet their personal conduct. They conduct public opinion surveys. Then they promote the winners. Throughout their careers, these cadres can move through and out of all three tracks. Over time, the good ones move beyond the four base levels to the fuju [ deputy bureau chief ] and ju [ bureau chief ] levels. There, they enter high officialdom. By that point, a typical assignment will be to manage a district with a population in the millions or a company with hundreds of millions of dollars in revenue. Just to show you how competitive the system is, in 2012, there were 900,000 fuke and ke levels,600,000 fuchu and chu levels, and only 40,000 fuju and ju levels.

After the ju levels, the best few move further up several more ranks, and eventually make it to the Central Committee. The process takes two to three decades. Does patronage play a role? Yes, of course. But merit remains the fundamental driver. In essence, the Organization Department runs a modernized version of China's centuries-old mentoring system. China's new president, Xi Jinping, is the son of a former leader, which is very unusual, first of his kind to make the top job. Even for him, the career took 30 years. He started as a village manager, and by the time he entered the Politburo, he had managed areas with a total population of 150 million people and combined GDPs of 1.5 trillion U.S. dollars.

Now, please don't get me wrong, okay? This is not a put-down of anyone. It's just a statement of fact. George W. Bush, remember him? This is not a put-down. (Laughter) Before becoming governor of Texas, or Barack Obama before running for president, could not make even a small county manager in China's system. Winston Churchill once said that democracy is a terrible system except for all the rest. Well, apparently he hadn't heard of the Organization Department.

Now, Westerners always assume that multi-party election with universal suffrage is the only source of political legitimacy.

I was asked once, "The Party wasn't voted in by election. Where is the source of legitimacy?"

I said, "How about competency?"

We all know the facts. In 1949, when the Party took power, China was mired in civil wars, dismembered by foreign aggression, average life expectancy at that time,41 years old. Today, it's the second largest economy in the world, an industrial powerhouse, and its people live in increasing prosperity.

Pew Research polls Chinese public attitudes, and here are the numbers in recent years. Satisfaction with the direction of the country: 85 percent. Those who think they're better off than five years ago: 70 percent. Those who expect the future to be better: a whopping 82 percent. Financial Times polls global youth attitudes, and these numbers, brand new, just came from last week. Ninety-three percent of China's Generation Y are optimistic about their country's future. Now, if this is not legitimacy, I'm not sure what is.

In contrast, most electoral democracies around the world are suffering from dismal performance. I don't need to elaborate for this audience how dysfunctional it is, from Washington to European capitals. With a few exceptions, the vast number of developing countries that have adopted electoral regimes are still suffering from poverty and civil strife. Governments get elected, and then they fall below 50 percent approval in a few months and stay there and get worse until the next election. Democracy is becoming a perpetual cycle of elect and regret. At this rate, I'm afraid it is democracy, not China's one-party system, that is in danger of losing legitimacy.

Now, I don't want to create the misimpression that China's hunky-dory, on the way to some kind of superpowerdom. The country faces enormous challenges. The social and economic problems that come with wrenching change like this are mind-boggling. Pollution is one. Food safety. Population issues. On the political front, the worst problem is corruption. Corruption is widespread and undermines the system and its moral legitimacy. But most analysts misdiagnose the disease. They say that corruption is the result of the one-party system, and therefore, in order to cure it, you have to do away with the entire system.

But a more careful look would tell us otherwise. Transparency International ranks China between 70 and 80 in recent years among 170 countries, and it's been moving up. India, the largest democracy in the world,94 and dropping. For the hundred or so countries that are ranked below China, more than half of them are electoral democracies. So if election is the panacea for corruption, how come these countries can't fix it?

Now, I'm a venture capitalist. I make bets. It wouldn't be fair to end this talk without putting myself on the line and making some predictions. So here they are. In the next 10 years, China will surpass the U.S. and become the largest economy in the world. Income per capita will be near the top of all developing countries. Corruption will be curbed, but not eliminated, and China will move up 10 to 20 notches to above 60 in T.I. ranking. Economic reform will accelerate, political reform will continue, and the one-party system will hold firm.

We live in the dusk of an era. Meta-narratives that make universal claims failed us in the 20th century and are failing us in the 21st. Meta-narrative is the cancer that is killing democracy from the inside. Now, I want to clarify something. I'm not here to make an indictment of democracy. On the contrary, I think democracy contributed to the rise of the West and the creation of the modern world. It is the universal claim that many Western elites are making about their political system, the hubris, that is at the heart of the West's current ills. If they would spend just a little less time on trying to force their way onto others, and a little bit more on political reform at home, they might give their democracy a better chance. China's political model will never supplant electoral democracy, because unlike the latter, it doesn't pretend to be universal. It can not be exported. But that is the point precisely. The significance of China's example is not that it provides an alternative, but the demonstration that alternatives exist. Let us draw to a close this era of meta-narratives. Communism and democracy may both be laudable ideals, but the era of their dogmatic universalism is over. Let us stop telling people and our children there's only one way to govern ourselves and a singular future towards which all societies must evolve. It is wrong. It is irresponsible. And worst of all, it is boring. Let universality make way for plurality. Perhaps a more interesting age is upon us. Are we brave enough to welcome it?

Thank you.

(Applause)

Thank you. Thank you. Thank you. Thanks.

Bruno Giussani: Eric, stay with me for a couple of minutes, because I want to ask you a couple of questions. I think many here, and in general in Western countries, would agree with your statement about analysis of democratic systems becoming dysfunctional, but at the same time, many would kind of find unsettling the thought that there is an unelected authority that, without any form of oversight or consultation, decides what the national interest is. What is the mechanism in the Chinese model that allows people to say, actually, the national interest as you defined it is wrong?

EXL: You know, Frank Fukuyama, the political scientist, called the Chinese system "responsive authoritarianism." It's not exactly right, but I think it comes close. So I know the largest public opinion survey company in China, okay? Do you know who their biggest client is? The Chinese government. Not just from the central government, the city government, the provincial government, to the most local neighborhood districts. They conduct surveys all the time. Are you happy with the garbage collection? Are you happy with the general direction of the country? So there is, in China, there is a different kind of mechanism to be responsive to the demands and the thinking of the people. My point is, I think we should get unstuck from the thinking that there's only one political system -- election, election, election -- that could make it responsive. I'm not sure, actually, elections produce responsive government anymore in the world.

(Applause)

BG: Many seem to agree. One of the features of a democratic system is a space for civil society to express itself. And you have shown figures about the support that the government and the authorities have in China. But then you've just mentioned other elements like, you know, big challenges, and there are, of course, a lot of other data that go in a different direction: tens of thousands of unrests and protests and environmental protests, etc. So you seem to suggest the Chinese model doesn't have a space outside of the Party for civil society to express itself.

EXL: There's a vibrant civil society in China, whether it's environment or what-have-you. But it's different. You wouldn't recognize it. Because, by Western definitions, a so-called civil society has to be separate or even in opposition to the political system, but that concept is alien for Chinese culture. For thousands of years, you have civil society, yet they are consistent and coherent and part of a political order, and I think it's a big cultural difference.

BG: Eric, thank you for sharing this with TED.EXL: Thank you.

おはようございます 私はエリック・リーと申します 私はここで生まれました いや 違います こちらの上海で生まれました 当時は文化大革命の真っただ中でした 私の祖母は 私の産声と共に 銃声を聞いたそうです

子供の頃 こんな話を聞きました 人類について知っておく必要があることを 全部教えてくれるものです その話によれば 人間社会は全て 同じ段階を踏んで発展します 原始社会から始まり 奴隷社会 封建社会 資本主義 社会主義を経て 最後はどこに辿り着くでしょうか? 共産主義です! 遅かれ早かれ 全ての人類は 文化 言語 国籍に関係無く 政治的 社会的に発展を遂げた 最終段階に到達するでしょう そして全ての民族が 地上の楽園で結束し 末永く幸せに暮らすでしょう でも この物語を実現するには善と悪との戦い つまり 善たる社会主義と 悪たる資本主義との戦いで 善が勝たなければなりません

もちろん これはカール・マルクスの理論を基にした 「メタナラティブ」でした 中国人はこれを取り入れました 私達はこの大きな物語を 来る日も来る日も教え込まれました 次第に私達の一部となり すっかり信じ込みました この物語はベストセラーものでした 全世界の3分の1の人々が このメタナラティブのもとに住んでいました

その後、世界は一夜で変わってしまいました 私といえば 自分の信条が失敗したことに幻滅して 渡米して バークレーでヒッピーになりました

(笑)

そこで青年時代の私が経験したのは まるで一つの物語では事足りないように 別の「メタナラティブ」を聞かされました こちらも壮大な話で 人間社会はただ一つの終点に向かって 同じ段階を踏んで発展するという主張です 具体的に ご説明します 全ての社会は 文化や キリスト教 イスラム教 儒教に関わらず グループが基本的な単位である― 伝統的な社会から 個人が 原子のように自律した単位となっている 近代社会へと発展するはずで ここでの個々人は 理性的であり 人々が欲しているのは だだ一つ 投票です なぜなら 人々は合理的なので 投票さえすれば 良い政府が生まれて 末永く幸せに暮らせるからです ここでも 地上の楽園ができるわけです いずれ全世界で選挙制民主主義が選ばれて これが唯一の政治体制となり自由市場と共に すべての人がお金持ちになります でもこの物語を実現するにはまたも格闘しなければいけません そう 善と悪の間です (笑) 善とは民主主義を支持する人々で 民主的な選挙を行わない悪の国に 時には力ずくで 世界中で民主主義を広めるミッションを担っています

ジョージ・H・W・ブッシュ: 新世界秩序は・・・

ジョージ・W・ブッシュ: 世界の圧政を止め・・・

バラク・オバマ: 権力を有する者に対して 共通の基準を

[ ジョージ・W・ブッシュ:「任務完了!」]

(笑)(拍手)

この話もベストセラーになりましたね Freedom Houseの統計によれば 民主主義国家の数は 1970年の45ヶ国から 2010年には115ヶ国になりました 過去20年もの間 西洋のエリート達は 休む間もなく 世界中でこの展望を売り回ったわけです 複数の政党が 政治権力の奪い合いをして 民衆が投票を行うことが 長き渡って苦しんでいる途上国に対する 唯一の救済の道です この道を進めば 成功間違いなしというわけです その道を外れれば すなわち失敗です この時は中国人は これを取り入れませんでした

私も一回はだまされましたが・・・

(笑)

結果は歴史を見れば明らかでしょう たった30年にして 中国は世界の最貧農業国から 世界第2位の経済大国になりました 6億5千万もの人々が 貧困から抜け出しました その時期に成功した全世界の貧困緩和の8割が 中国で行われました つまり 全ての新・旧民主主義国家を すべて合わせても 選挙を行わない 一党独裁国家が成し遂げたことに届かないのです

私はこんな物を使って育ちました食料配給券です ある時 肉が一月一人 数百グラムで 配給されました 言うまでもありませんが私は祖母の分まで食べました

いったい何が起こっているのだろう?と自問しました ここ私のホームタウンでは 自分のビジネスが急成長しています 毎日のように新しい会社が生まれています 人類史において ミドルクラスが 前例のない速さとスケールで拡大しています しかし 先ほどの大きな物語によると こんなことは起こるはずがありません そこで自分が唯一できること―調査を行いました ご存知のとおり 中国は中国共産党による 一党独裁の国家で 選挙は行いません 私たちの時代に優勢だった政治論を用いて 3つの仮説が立てられました 中国の体制は運営的に柔軟性がなく 政治的に閉ざされていて 道徳的に正しくないと 実は、仮説は間違いでした 実際はその反対でした 中国の一党制は 3つの特徴があります 適応性 エリート主義 合法性です

ほとんどの政治学者は 一党制は本質的に 自己補正が不可能であると言います ですから適応できずに長続きしないと仮定します ところが 事実はどうでしょうか 世界で一番大きな国を 64年も存続させ 近年では他の追随が無いほど 中国共産党の政策は幅広いです 急進的な集団農場化から大躍進政策 農地の準私有化 文化大革命 鄧小平の市場改革 後継者の江沢民は 資本家の共産党入党を認める 大きな政治的一歩を踏み出しました 毛沢東の時代には想像だにしなかったことです

ですから党の自己補正はこんな劇的な形で行われています 制度的に 新しい規則は 機能不全に陥った規則を補正する形で制定されます 例えば 任期制です かつて 政治指導者の職務は終身制で 指導者はそれを利用して 権力を大きくしたり 自らのルールを押し付けたりしました 毛沢東は現代中国建国の父ですが 長きに渡る支配は 悲惨な失態をもたらしました そこで中国共産党は 定年退職年齢を68~70歳に設定しました

よく耳にするのが 「中国の政治改革は経済革命より大幅に遅れているので 政治改革が急務だ」という話です でもこの批判は 政治的な偏見に隠された 言葉の罠です つまり 最初から どんな変革がされるべきか 決めておいて そうした変革だけが 政治改革と呼ばれうるのです 実際のところ政治改革は決して止まったことはありません 30年前 20年前もしくは10年前と比べても 地方レベルから中央トップの 統治方法をはじめ 中国社会における様々な側面が 今日では様変わりしています 根本的な政治改革無しに このような変化は実現不可能でしょう 大胆に聞こえるかもしれませんが 政治改革においては中国共産党が世界の先駆者です

第2の仮定は一党独裁国家は 権力が少数の手に掌握されることで 統制がきかず腐敗が広がります 確かに腐敗は大きな問題です でも まずは大きな枠組みで考えてみましょう 皆さんの直感とは相反するかもしれませんが 中国共産党は今日の世界で 能力主義が最も進んでいる政治政党の一つです 中国の最高指導機関である中央政治局は25名の委員から構成されます 現在の体制では その内5名だけが いわゆる太子党と呼ばれる 特権階級の出身です 他の 国家主席や国務院総理を含めた20名は 一般家庭の出身です 中央委員会においては300人以上在籍していますが 権力と富のある家庭の出身者の割合は 更に少なくなります 中国の大部分の上層リーダ達は トップにのし上がる為競争してきました 他の先進国や開発途上国の 支配層のエリート達と比べれば 中国共産党は出世のチャンスが とても高いことが分かるでしょう

ここで問題なのは 一党制で 本当に こんなことができるのか? 欧米諸国には あまり知られていませんが パワフルな政治組織をご紹介します 中国共産党中央組織部です この組織は 最も成功している― 企業がうらやむほどの 巨大人材エンジンのような役割を担います 回転式のピラミッドのように運営されていて 3つの柱から構成されています 官公庁 国有企業 そして大学や政府管轄の事業を行う 社会組織です それぞれ違う組織のため 統合された党幹部の育成を行っています 全3つの道において大学卒業生を採用して 新卒レベルの役職を与えます一番下の役職で 科員(Keyuan)と呼ばれます その後4つの階級を経て 昇進していきます 副科長(Fuke) 科長(Ke) 副処長(Fuchu) 処長(Chu) 映画『ベスト・キッド』の空手技の名前ではなく まじめな人事制度です 様々な仕事があり 村の健康管理の実施から 都市部の外国投資 企業の管理と広域です 年に一度 組織の党員の評価が行われます 上司や同僚部下にインタビューを行い 素行調査も抜かりありません 世論調査も駆使して 成功者を昇進させます 幹部になる者たちは この3分野全てで 仕事を経験することもできます 特に成功した幹部は 基礎の4つのレベルを超えて 副局長(Fuju) 局長(Ju)レベルに躍進します 高官僚の道へと いざなわれます その頃には こんな職責を負うようになります 数百万の人口を抱える地域や 数百万ドルの収入がある会社の統括です このシステムの競争率の高さをご説明しましょう 2012年に副科長と科長レベルは90万人おりました 副処長と処長レベルは60万人 副局長と局長レベルは たった4万人です

局長レベルを超える 数少ない優秀な役員は更に数ランク昇格して 最後は中央委員会に入ります このプロセスには20~30年かかります 後援者は関与するでしょうか?もちろんです でも基本的な動力は能力主義です 要するに党がやっているのは 中国が昔行っていた指導教育システムの 現代版です 中国の新国家主席の習近平ですが 元党首の息子ですこれは とても珍しいです この手のケースは初めてでしょう 習近平でさえトップに昇りつめるのに30年掛かりました 彼のキャリアは農村管理者から始まりました 政治局に入局した時には 全1億5千万の人口を有する地域を 統括していました 地域全体のGDPは1兆5億米ドルでした

さて 誤解しないでいただきたいのですが 誰かを批判するつもりはありません単なる事実です ジョージ・W・ブッシュを覚えていますか? ちなみに批判ではないです (笑) 彼がテキサス州知事になる前 オバマ大統領が大統領選に出馬する前には 中国の制度では 小さな町の長にすらなれなかったでしょう 統括できないでしょう ウィンストン・チャーチルはこう言いました 民主主義は酷いシステムだが一番マシだ チャーチルは中国共産党のことは明らかに知らなかったみたいですね

欧米人は普通選挙権を使用した― 複数党の選挙が唯一政治的に 正当であると考えます

「中国共産党は選挙で選ばれないのなら正当性はどこにあるんだ?」 と聞かれたことがあります

「能力で判断したらどうだろう?」と答えました

事実でしたら確認できますよね 1949年に中国共産党が政権を握った時 中国は内戦から抜け出せず他国からの武力侵略でズタズタでした 当時の平均寿命は41歳でした 今や中国は世界第2の経済大国です 産業の要で 人々の生活は どんどん豊かになっています

ピュー研究所が中国人に意識調査を行ったところ 近年 こんな結果が出ています 国の方向性に満足している国民は85パーセント 5年前よりも良い状況であると考える国民は 70パーセントです 将来の展望は明るいと期待する人は 82パーセントにものぼります ファイナンシャル・タイムズ紙が行った世界の若者の意識調査で 先週発表された 最新の数字によると 中国のY世代の93パーセントが 国の将来に前向きです これが先ほどの正当性の証拠でないとしたら何が証拠になるでしょうか

これとは対照的に世界のほとんどの選挙を行う選挙制民主主義国家は 評価が低いですね ワシントンからヨーロッパまでの主要国政府が どれほど機能不全に陥っているかはこの場で詳しく述べるまでもないでしょう ほんの一握りの例外を除けば 選挙制を取り入れている多くの開発途上国が いまだ貧困や内乱に苦しんでいます 選挙で選ばれた政府なのに 数ヶ月で支持率が50パーセントを下回り 次期選挙まで どんどん下降していきます 民主主義とは 選んでは後悔するという 終わりのない繰り返しになってきています このままだと危機に瀕しているのは 中国の一党制ではなく 民主主義ではないでしょうか

ここで間違った印象を与えたくありませんが 中国が素晴らしくてこれから超大国とか 世界一になるなんて言っていません 中国は大きな課題に直面しています 厳しい変革を伴う社会・経済問題は 非常に複雑です 大気汚染 食の安全人口問題です 政治面では 汚職が最悪の問題です 腐敗が蔓延し制度を脆弱にしています 道徳的イメージにも影をおとします でも ほとんどのアナリストは この原因を見誤っています 腐敗は一党制がもたらすため これを改善するには 全システムを変革しなければと言われています

しかし 注意深く見れば そうではないことが分かります トランスペアレンシー・インターナショナル(TI)によると 腐敗指数の低い国ランキングでここ数年 中国は 170ヶ国中70~80位で 順位を上げています 世界最大の民主主義国家であるインドは 94位で順位を落としています 中国の下に位置する約100の国々の 半数以上が選挙制による民主主義国家です ですから選挙が腐敗の万能薬なら どうして低順位の国々は立ち直れないんでしょうか?

私は投資家ですので賭けをします ですから 今日のトークで ちょっと未来予想をしてみないとフェアじゃないですよね やってみましょう 今後 10年以内に中国はアメリカを追い抜いて 世界一の経済大国になります すべての開発途上国の中で 一人当たりの所得が ほぼトップになります 汚職は低減しますが撲滅はされません TIランキングで10~20ランクが上昇して 60位以内になるでしょう 経済変革が加速して政治改革も継続します 一党制も固守されます

私たちは 一つの時代の終焉を迎えつつあります 普遍的主張となったメタナラティブによって 私たちは 20世紀に失敗したにもかかわらず 21世紀にも失敗しつつあります メタナラティブは民主主義を 内側から破壊する癌です ここで はっきりさせていただきますが 民主主義がダメだと言っているのではありません その反対に 民主主義は西洋の発展と 近代社会の創造に寄与したと考えます 問題は多くの西洋のエリートが 自分たちの政治体制を過信していることが 現代の欧米諸国の病の根源なのです 彼らが他の国々に自分たちのやり方を 押し付ける時間を少しでも削って 自国の政治改革に時間を費やすならば 民主主義をうまく行なうチャンスがあるかもしれません 中国の政治モデルが選挙による民主主義を 乗っ取るようなことは 決してありません どこでも通用するとは考えていないからです 他の国には輸出できませんがそこが重要です 中国の例が顕著である点は 代替案を提示しているのではなく 違う政治の形態が存在しうることを自ら示しているのです メタナラティブの時代を終わらせましょう 共産主義も民主主義もどちらも素晴らしい理想かもしれません でも それぞれの普遍性を主張する時代は終わりました 周りの人たちや 自分の子供たちに あるべき政治体制は一つであり全ての社会が進むべき道は 一つであると教えるのは もう止めましょう 間違っていますし あまりに無責任です 何より つまらないですしね 様々なものが存在できるという考えを受け入れましょう おそらく もっと面白い時代がやってきます 皆さんに迎え入れる勇気はありますか?

ありがとうございました

(拍手)

ありがとう どうもありがとう

ブルーノ・ジュサーニ: 質問がありますので もう少しお話を聞かせてください ここに来ている多くの方々や概して欧米諸国では 民主主義体制が機能不全に陥りつつあるという主張に 賛同するかと思います ただ同時に私たちの多くが不安に感じるのが 選挙によって選ばれない権力者がいて 彼らが 他からの監督や協議なしに 国家の利益について決定することです 中国のモデルのメカニズムについて教えていただけますか? 国家の利益が国民のそれと相違した時は 国民が実際に批判することはできるんでしょうか?

政治学者のフランシス・フクヤマは 中国の体制を「呼応する権威主義」と呼びました 厳密には違いますが的を得た捉え方と考えます 中国で一番大きな 世論調査会社があるんですが 最大手のクライアントはどこだと思いますか? 中国政府です それも中央政府だけでなく 市や省政府から 最も小さい地区の役所までもが利用しています 常に世論調査を実施していて ゴミ収集に満足していますか? 国政の方向性に満足していますか?なんて聞いています お分かりのとおり中国には違った種類のメカニズムがあり 人々の考えや要求に きちんと呼応しています 私が言いたいのは人々のニーズに応えるには ひたすら選挙を繰り返す― 一つの政治体制しか存在しないという 思考から脱却すべきです 私は この世界で選挙が 呼応する政府を作るとは思えません

(拍手)

多くの方が賛同しているようですね 民主主義体制の一つの特徴は 市民社会が意思を表明できることです 先ほど中国において政府と当局が どれだけ支持を集めているか具体的な数字を見せていましたね でも 貴方は他の問題についても言及していました 大きな課題なんかです他の方向に進みかねない データも大量にあるはずです 何万もの動乱や抗議活動 環境保護抗議などです これを見ると中国のモデルは 国民が党の外で市民社会が発言するような 自由が無いように見えるのですが

環境または その他によらず 中国には活発な市民社会があります でも他国とは異なるので 皆さんは分からないでしょう 欧米の定義によると市民社会とは 政治体制から分離されている― あるいは それに反する立場でなければいけません でも この定義は中国文化には該当しません 過去数千年もの間 中国には市民社会が存在しました それでいて方向性が首尾一貫していて 政治秩序の一部でもあると考えます 大きな文化の違いですね

ブルーノ・ジュサーニ:TEDでシェアしてくれてありがとうエリック・リー:ありがとう

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画