TED日本語 - ローレンス・レッシグ: 皆で共和国本来の国民の力を取り戻そう

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ローレンス・レッシグ: 皆で共和国本来の国民の力を取り戻そう

TED Talks

皆で共和国本来の国民の力を取り戻そう
We the People, and the Republic we must reclaim
ローレンス・レッシグ
Lawrence Lessig

内容

アメリカ政治の中心に存在する腐敗は、連邦議会議員の資金調達がごく一部の国民に依存していることに起因している。これが法学者ローレンス・レッシグの見解です。この講演では、めまぐるしく変わるスライドを使って、アメリカの政治資金調達プロセスがいかに共和国を根底から弱体化させているか説明し、改革に向けた超党派的な連携の必要性をアメリカ国内外に訴えます。

Script

Once upon a time, there was a place called Lesterland. Now Lesterland looks a lot like the United States. Like the United States, it has about 311 million people, and of that 311 million people, it turns out 144,000 are called Lester. If Matt's in the audience, I just borrowed that, I'll return it in a second, this character from your series. So 144,000 are called Lester, which means about .05 percent is named Lester. Now, Lesters in Lesterland have this extraordinary power. There are two elections every election cycle in Lesterland. One is called the general election. The other is called the Lester election. And in the general election, it's the citizens who get to vote, but in the Lester election, it's the Lesters who get to vote. And here's the trick. In order to run in the general election, you must do extremely well in the Lester election. You don't necessarily have to win, but you must do extremely well.

Now, what can we say about democracy in Lesterland? What we can say, number one, as the Supreme Court said in Citizens United, that people have the ultimate influence over elected officials, because, after all, there is a general election, but only after the Lesters have had their way with the candidates who wish to run in the general election. And number two, obviously, this dependence upon the Lesters is going to produce a subtle, understated, we could say camouflaged, bending to keep the Lesters happy. Okay, so we have a democracy, no doubt, but it's dependent upon the Lesters and dependent upon the people. It has competing dependencies, we could say conflicting dependencies, depending upon who the Lesters are. Okay. That's Lesterland.

Now there are three things I want you to see now that I've described Lesterland. Number one, the United States is Lesterland. The United States is Lesterland. The United States also looks like this, also has two elections,one we called the general election, the second we should call the money election. In the general election, it's the citizens who get to vote, if you're over 18, in some states if you have an ID. In the money election, it's the funders who get to vote, the funders who get to vote, and just like in Lesterland, the trick is, to run in the general election, you must do extremely well in the money election. You don't necessarily have to win. There is Jerry Brown. But you must do extremely well. And here's the key: There are just as few relevant funders in USA-land as there are Lesters in Lesterland.

Now you say, really? Really .05 percent? Well, here are the numbers from 2010: .26 percent of America gave 200 dollars or more to any federal candidate,.05 percent gave the maximum amount to any federal candidate,.01 percent -- the one percent of the one percent -- gave 10,000 dollars or more to federal candidates, and in this election cycle, my favorite statistic is .000042 percent - for those of you doing the numbers, you know that's 132 Americans - gave 60 percent of the Super PAC money spent in the cycle we have just seen ending. So I'm just a lawyer, I look at this range of numbers, and I say it's fair for me to say it's .05 percent who are our relevant funders in America. In this sense, the funders are our Lesters.

Now, what can we say about this democracy in USA-land? Well, as the Supreme Court said in Citizens United, we could say, of course the people have the ultimate influence over the elected officials. We have a general election, but only after the funders have had their way with the candidates who wish to run in that general election. And number two, obviously, this dependence upon the funders produces a subtle, understated, camouflaged bending to keep the funders happy. Candidates for Congress and members of Congress spend between 30 and 70 percent of their time raising money to get back to Congress or to get their party back into power, and the question we need to ask is, what does it do to them, these humans, as they spend their time behind the telephone, calling people they've never met, but calling the tiniest slice of the one percent? As anyone would, as they do this, they develop a sixth sense, a constant awareness about how what they do might affect their ability to raise money. They become, in the words of "The X-Files," shape-shifters, as they constantly adjust their views in light of what they know will help them to raise money, not on issues one to 10, but on issues 11 to 1,000. Leslie Byrne, a Democrat from Virginia, describes that when she went to Congress, she was told by a colleague, "Always lean to the green." Then to clarify, she went on, "He was not an environmentalist." (Laughter)

So here too we have a democracy, a democracy dependent upon the funders and dependent upon the people, competing dependencies, possibly conflicting dependencies depending upon who the funders are.

Okay, the United States is Lesterland, point number one. Here's point number two. The United States is worse than Lesterland, worse than Lesterland because you can imagine in Lesterland if we Lesters got a letter from the government that said, "Hey, you get to pick who gets to run in the general election," we would think maybe of a kind of aristocracy of Lesters. You know, there are Lesters from every part of social society. There are rich Lesters, poor Lesters, black Lesters, white Lesters, not many women Lesters, but put that to the side for one second. We have Lesters from everywhere. We could think, "What could we do to make Lesterland better?" It's at least possible the Lesters would act for the good of Lesterland. But in our land, in this land, in USA-land, there are certainly some sweet Lesters out there, many of them in this room here today, but the vast majority of Lesters act for the Lesters, because the shifting coalitions that are comprising the .05 percent are not comprising it for the public interest. It's for their private interest. In this sense, the USA is worse than Lesterland.

And finally, point number three: Whatever one wants to say about Lesterland, against the background of its history, its traditions, in our land, in USA-land, Lesterland is a corruption, a corruption. Now, by corruption I don't mean brown paper bag cash secreted among members of Congress. I don't mean Rod Blagojevich sense of corruption. I don't mean any criminal act. The corruption I'm talking about is perfectly legal. It's a corruption relative to the framers' baseline for this republic. The framers gave us what they called a republic, but by a republic they meant a representative democracy, and by a representative democracy, they meant a government, as Madison put it in Federalist 52, that would have a branch that would be dependent upon the people alone.

So here's the model of government. They have the people and the government with this exclusive dependency, but the problem here is that Congress has evolved a different dependence, no longer a dependence upon the people alone, increasingly a dependence upon the funders. Now this is a dependence too, but it's different and conflicting from a dependence upon the people alone so long as the funders are not the people. This is a corruption.

Now, there's good news and bad news about this corruption. One bit of good news is that it's bipartisan, equal-opportunity corruption. It blocks the left on a whole range of issues that we on the left really care about. It blocks the right too, as it makes principled arguments of the right increasingly impossible. So the right wants smaller government. When Al Gore was Vice President, his team had an idea for deregulating a significant portion of the telecommunications industry. The chief policy man took this idea to Capitol Hill, and as he reported back to me, the response was, "Hell no! If we deregulate these guys, how are we going to raise money from them?"

This is a system that's designed to save the status quo, including the status quo of big and invasive government. It works against the left and the right, and that, you might say, is good news.

But here's the bad news. It's a pathological, democracy-destroying corruption, because in any system where the members are dependent upon the tiniest fraction of us for their election, that means the tiniest number of us, the tiniest, tiniest number of us, can block reform. I know that should have been, like, a rock or something. I can only find cheese. I'm sorry. So there it is. Block reform.

Because there is an economy here, an economy of influence, an economy with lobbyists at the center which feeds on polarization. It feeds on dysfunction. The worse that it is for us, the better that it is for this fundraising.

Henry David Thoreau: "There are a thousand hacking at the branches of evil to one who is striking at the root." This is the root.

Okay, now, every single one of you knows this. You couldn't be here if you didn't know this, yet you ignore it. You ignore it. This is an impossible problem. You focus on the possible problems, like eradicating polio from the world, or taking an image of every single street across the globe, or building the first real universal translator, or building a fusion factory in your garage. These are the manageable problems, so you ignore - (Laughter) (Applause)- so you ignore this corruption.

But we can not ignore this corruption anymore. (Applause) We need a government that works. And not works for the left or the right, but works for the left and the right, the citizens of the left and right, because there is no sensible reform possible until we end this corruption. So I want you to take hold, to grab the issue you care the most about. Climate change is mine, but it might be financial reform or a simpler tax system or inequality. Grab that issue, sit it down in front of you, look straight in its eyes, and tell it there is no Christmas this year. There will never be a Christmas. We will never get your issue solved until we fix this issue first. So it's not that mine is the most important issue. It's not. Yours is the most important issue, but mine is the first issue, the issue we have to solve before we get to fix the issues you care about. No sensible reform, and we can not afford a world, a future, with no sensible reform.

Okay. So how do we do it? Turns out, the analytics here are easy, simple. If the problem is members spending an extraordinary amount of time fundraising from the tiniest slice of America, the solution is to have them spend less time fundraising but fundraise from a wider slice of Americans, to spread it out, to spread the funder influence so that we restore the idea of dependence upon the people alone. And to do this does not require a constitutional amendment, changing the First Amendment. To do this would require a single statute, a statute establishing what we think of as small dollar funded elections, a statute of citizen-funded campaigns, and there's any number of these proposals out there: Fair Elections Now Act, the American Anti-Corruption Act, an idea in my book that I call the Grant and Franklin Project to give vouchers to people to fund elections, an idea of John Sarbanes called the Grassroots Democracy Act. Each of these would fix this corruption by spreading out the influence of funders to all of us.

The analytics are easy here. It's the politics that's hard, indeed impossibly hard, because this reform would shrink K Street, and Capitol Hill, as Congressman Jim Cooper, a Democrat from Tennessee, put it, has become a farm league for K Street, a farm league for K Street. Members and staffers and bureaucrats have an increasingly common business model in their head, a business model focused on their life after government, their life as lobbyists. Fifty percent of the Senate between 1998 and 2004 left to become lobbyists,42 percent of the House. Those numbers have only gone up, and as United Republic calculated last April, the average increase in salary for those who they tracked was 1,452 percent. So it's fair to ask, how is it possible for them to change this? Now I get this skepticism.

I get this cynicism. I get this sense of impossibility. But I don't buy it. This is a solvable issue. If you think about the issues our parents tried to solve in the 20th century, issues like racism, or sexism, or the issue that we've been fighting in this century, homophobia, those are hard issues. You don't wake up one day no longer a racist. It takes generations to tear that intuition, that DNA, out of the soul of a people. But this is a problem of just incentives, just incentives. Change the incentives, and the behavior changes, and the states that have adopted small dollar funded systems have seen overnight a change in the practice. When Connecticut adopted this system, in the very first year,78 percent of elected representatives gave up large contributions and took small contributions only. It's solvable, not by being a Democrat, not by being a Republican. It's solvable by being citizens, by being citizens, by being TEDizens. Because if you want to kickstart reform, look, I could kickstart reform at half the price of fixing energy policy, I could give you back a republic.

Okay. But even if you're not yet with me, even if you believe this is impossible, what the five years since I spoke at TED has taught me as I've spoken about this issue again and again is, even if you think it's impossible, that is irrelevant. Irrelevant. I spoke at Dartmouth once, and a woman stood up after I spoke, I write in my book, and she said to me, "Professor, you've convinced me this is hopeless. Hopeless. There's nothing we can do." When she said that, I scrambled. I tried to think, "How do I respond to that hopelessness? What is that sense of hopelessness?" And what hit me was an image of my six-year-old son. And I imagined a doctor coming to me and saying, "Your son has terminal brain cancer, and there's nothing you can do. Nothing you can do." So would I do nothing? Would I just sit there? Accept it? Okay, nothing I can do? I'm going off to build Google Glass. Of course not. I would do everything I could, and I would do everything I could because this is what love means, that the odds are irrelevant and that you do whatever the hell you can, the odds be damned. And then I saw the obvious link, because even we liberals love this country.

(Laughter)

And so when the pundits and the politicians say that change is impossible, what this love of country says back is, "That's just irrelevant." We lose something dear, something everyone in this room loves and cherishes, if we lose this republic, and so we act with everything we can to prove these pundits wrong.

So here's my question: Do you have that love? Do you have that love? Because if you do, then what the hell are you, what are the hell are we doing?

When Ben Franklin was carried from the constitutional convention in September of 1787, he was stopped in the street by a woman who said, "Mr. Franklin, what have you wrought?" Franklin said, "A republic, madam, if you can keep it." A republic. A representative democracy. A government dependent upon the people alone. We have lost that republic. All of us have to act to get it back.

Thank you very much.

(Applause) Thank you. Thank you. Thank you. (Applause)

昔々― 「レスターランド」という国がありました レスターランドはアメリカにそっくりです 人口もアメリカと同じ3億1100万人ほど その3億1100万人のうち 14万4000人が「レスター」という名前です マット(グレイニング)さんこれをご覧になっていたら キャラクターをお借りしていますがすぐお返しします 14万4000人が「レスター」という名前で つまり 人口の0.05%がレスターというわけです レスターランドのレスター達は特別な権力を持っています レスターランドでは2つの大きな選挙があります 一つは「総選挙」 もう一つは「レスター選挙」と呼ばれています 総選挙では一般市民が投票できます でも レスター選挙ではレスターしか投票できません ここで ややこしいのは 総選挙に出馬するには レスター選挙で良い結果を出す必要があります 必ずしも勝つ必要はありませんが善戦しなければなりません

こんなレスターランドの民主主義について 何が言えるでしょうか? まず1点目は― シティズンズ・ユナイテッドに関する最高裁判例が示したとおり 総選挙がある以上選出議員の最終的な決定権は 一般市民が持っているということ ただし 総選挙に出馬したい候補者は レスターの承認を受ける必要があります 2点目はこのレスターへの依存が 微妙で目立たないある意味で隠された レスターに有利な 歪みを生じさせる原因となっていることです これが民主主義であることは間違いありません ただし その民主主義はレスターに依存し 一般市民にも依存しています つまり「競合する」依存関係であり レスターが誰かによっては「相反する」依存関係と言えるかもしれません これがレスターランドの説明です

この説明で気づいてほしいポイントが3つあります まず1番目のポイントアメリカはレスターランドです アメリカがレスターランドなのです アメリカも似たような形で2種類の選挙があります 一つは総選挙 もう一つは「資金選挙」とでも呼びましょうか 総選挙では18歳以上かIDを持っている市民であれば 投票できます 資金選挙で投票できるのは政治資金提供者だけです そしてレスターランドと同様に 総選挙に出馬するためには 資金選挙で良い結果を出す必要があります ジェリー・ブラウンの例もあり必ずしも勝つ必要はありませんが 善戦しなければなりません この話のポイントというのはアメリカの政治資金提供者数は レスターランドのレスターくらいほんの一握りしかいないことです

「本当?」と皆さん疑うかもしれません 本当に0.05%? 2010年の統計を紹介します 連邦議会の議員候補者に 200ドル以上献金したのは アメリカの人口全体の0.26% 候補者ひとりの限度額まで献金したのは0.05% 0.01%は―これは1%の1%ですが 1万ドル以上の政治資金提供を行いました また 直近の選挙期間の統計で忘れられない数字は 0.000042% 計算してみるとわかりますが132人のアメリカ人です―彼らが この期間中に(献金限度額のない)特別政治活動委員会資金として 使われた資金の6割を提供しました 私はただの弁護士ですがこの数字を基に アメリカでの実質的な資金提供者は 0.05%しかいない と言い切って差支えはないでしょう この意味で 政治資金提供者は私たちの「レスター」といえます

さて アメリカの民主主義について何が言えるでしょうか? シティズンズ・ユナイテッドに関する最高裁判例が示したとおり 当然ながら総選挙がある以上は 選出議員の最終的な決定権は一般市民が持っています ただし 総選挙に出馬したい候補者は 資金提供者の承認を受ける必要があります 2点目は 明らかに この資金提供者への依存は 微妙で目立たないある意味で隠された 資金提供者に有利な歪みを生じさせる原因となっていること 連邦議会の議員候補者と現職議員は 彼らの時間の30%から70%を 次の選挙で当選し政権を獲得するための 政治資金集めに費やします 考えてみて下さい 議員たちも人間です彼らがそのように 一度も会ったことがない1%に満たない ごく少数の人々への 資金集めの電話に時間を費やすことで どんな影響があるでしょうか 誰もがそうなるように 議員たちも 彼らの行動が資金集めにどう影響するかを 敏感に察知する第六感を獲得するのです 『Xファイル』の登場人物が自由に顔を変えられるように 議員たちは常に自らの意見を調整して資金集めを優位に進めようとします 主要な政策以外の こまごました政策における調整です バージニア州選出の民主党議員のレスリー・バーン議員は 議員になりたてのころ彼女の同僚議員から言われた 「常に環境保護寄りの立場を支持すること」という言葉を紹介します そして 彼女はこう補足します― 「彼は特に環境問題に興味があったわけではなかった」(笑)

これだって民主主義です ただし この民主主義は資金提供者に依存し 一般市民にも依存しています 誰が資金提供者かによってこの依存関係は 「競合する」依存関係から「相反する」依存関係になります

アメリカはレスターランドですこれが1番目のポイントです 2番目のポイントにいきましょう 実はアメリカはレスターランドより酷いんです レスターランドの次のような状況を想像してみてください レスターの貴族としての特権か何かで 「総選挙に出馬する候補者を選ぶことができます」 と書かれた手紙が政府から届いたとしましょう レスターは社会の様々な階層に属しています 金持ちのレスター 貧しいレスター 黒人も白人もいるはずです 女性のレスターは少ないでしょうがまあいいでしょう 様々なバックグラウンドを持つレスターが 「レスターランドを良くするには」ときちんと考えて レスターランドの公益のために行動することも想定されます 一方 アメリカにも 今日ここに来ている皆さんの一部も含め 素晴らしいレスターがいることは確かです しかし 圧倒的多数のレスターは利己的に行動します 人口の0.05%を占めるグループは流動的に結託しながら 社会の公益ではなく私利私欲を追求します この点 アメリカはレスターランドより酷い状況にあると言えます

最後に3番目のポイントです レスターランドの歴史・伝統などについて誰が何と言おうと 私たちにとって アメリカにとってレスターランドは腐敗を意味します 「腐敗」です ここで私が腐敗というのは茶色の紙袋に入った現金を 議員が着服することではなくて ロッド・ブラゴジェビッチのような汚職でもありません 犯罪行為でもありません ここで私が言っている「腐敗」は完全に合法です アメリカ建国の理念から見ると腐敗なのです 合衆国憲法起草者は「共和国」の理念を私たちに与えました 彼らが意図した共和国というのは議会制民主主義で 議会制民主主義というのは 『ザ・フェデラリスト』第52編でジェームズ・マディスンが示した様に 政府の権限が一般市民のみに依存するものです

この政府のモデルでは 市民と政府の間に 排他的な依存関係があります ここでの問題は議会が依存する対象に 市民だけでなく 資金提供者が加わりその依存度が高まりつつあること 資金提供者への依存も依存の一種ですが 資金提供者と一般市民が同一でない限り 一般市民への依存とは異質で相反するものです これが腐敗というものです

さて この腐敗について良いところと悪いところがあります 良いところというのは これが超党派的で機会均等の腐敗ということです 私たちリベラルが重要視する課題の多くは議会を通りません 保守派側でも同じことが起こります 保守派の主張を通すことはますます困難になっています 保守派は小さな政府を目指します アル・ゴアが副大統領だったときに彼のチームは 電気通信産業の大規模な規制緩和策を推進しようとしました 規制緩和策を議会に持っていき それに対する議会の反応はこうでした 「冗談じゃない! 電気通信業界の規制緩和を行えば 業界からの献金がなくなってしまう」

つまり このシステムは現状維持を目的としてデザインされています 出しゃばりで大きな政府の現状維持も含まれます 右派・左派双方の動きを阻止するという意味で 良いところと言えるかもしれません

一方 悪いところというのは 腐敗が 病的に民主主義を破壊してしまうということです つまりどのようなシステムであっても その構成員がごく少数の構成員によって選ばれる場合には それは ごく少数の構成員が ごくごく少数の構成員が 改革を阻止できることを意味します このスライドは石とかの方がよかったんですが チーズしかなかったのでこれで失礼します 改革を阻止してしまうんです

ここには影響力に依拠した経済システムが存在しており それは ロビイストを中心とした経済システムです 二極化を加速させシステムは機能不全に陥ります 状況が悪ければ悪いほど 資金集めにとっては好都合なのです

ヘンリー・デイビッド・ソローは「悪の枝葉に打ちかかる人は千人いても 根元に斧を打ちつける人は一人しかいない」と言いました これがまさに「根元」なのです

ここにいる皆さんも全員このことを知っています 知らなければここに来ないはずです知ったうえで 無視しています この解決不可能な難題について知らんぷりをしています 皆さんは解決可能な問題に注目します 例えば―世界からポリオを撲滅したり 世界中の道路の写真を撮ったり 世界初の万能翻訳機を開発したり ガレージで核融合炉を作ったり これらは扱いやすい問題ですそして 皆さんは― (笑)(拍手) 皆さんは腐敗の問題を無視します

しかし 私たちは腐敗の問題をこれ以上無視することはできません (拍手) きちんと機能する政府が必要です 左派と右派の一方ではなく 左派と右派の双方の政治家と市民にとって 機能する政府が必要なのです なぜならばこの腐敗の問題に終止符を打たない限り まともな改革は不可能だからです ここで 皆さんが最も大切だと思う問題を考えてください 私の場合は気候変動ですが皆さんは金融改革かもしれません 税制の簡素化とか 社会の不平等でもいいです その問題を選んで考えてみてください その問題を直視して 今年のクリスマスは来ないと言ってください クリスマスは永遠に来ないんです 今日お話した問題を解決しない限り 皆さんの問題は永遠に解決しません 私の問題が一番重要なのではありません 皆さんの問題はそれぞれが重要な問題ですが まず第一に腐敗の問題を解決しない限り 皆さんの問題の解決はありません まともな改革なくして世界や未来に希望はありません

ではどうしたらいいか? 分析自体は簡単でシンプルです 議員がアメリカのごくわずかな一部から資金を集めるために 莫大な時間を費やしていることが問題であれば 議員の資金集めの時間を削減させて より多くの市民から資金を集めるようにすればいいのです 資金集めの対象を広げることで資金提供者の影響力を低下させ 一般市民のみに依存する政治の姿を取り戻すことができます このために憲法を改正する必要もありません 必要となるのは 小口に分散された市民からの資金による政治活動を規定する 一つの法律だけです いくつもの提案が出てきています例えば― 公正選挙法や 米国反腐敗法のほかにも 私の著書で「グラント・フランクリン・プロジェクト」として紹介した 市民が政治献金に使えるバウチャー制度の導入や ジョン・サーベンスが提唱した草の根民主主義法など― これらの施策はどれも資金提供者の影響力を 一般市民に分散させ腐敗の問題を解決するでしょう

解決策の分析は簡単です 厄介なのは政治の部分ですどうしようもないほど困難なのです 改革はKストリート(ロビイスト街)を弱体化させます テネシー州選出の民主党議員の ジム・クーパー議員が言ったように 米国議会はKストリートの「二軍」に成り下がってしまいました 議員と議会職員と官僚の頭の中には 共通のビジネスモデルがあります 政府から引退した後のロビイストとしての第二の人生です 1998年から2004年の間に上院議員の50% 下院議員の42%が 引退後ロビイストになっていますこの割合は増えるばかりです 昨年4月のユナイテッド・リパブリックの調査では 追跡した調査対象者の年収の伸び率の平均は― 1452%でした この状況を変えることなどできないという見方も仕方ありません 懐疑的に見る人もいます

冷笑され あきらめさえも感じます しかし私はそうは思いません これは解決可能な問題なのです 私たちの親の世代が20世紀に取り組んだ問題を考えてみると 例えば人種差別や性差別などの問題 あるいは今世紀に私たちが取り組んでいる同性愛嫌悪など― これらの問題は確かに難しい問題です ある朝 起きて人種差別主義者でなくなることはありません 人の心に深く根付いた差別意識を除去するには長い年月を要します 一方 腐敗の問題は単なるインセンティブの問題です インセンティブを変えれば 行動も変わります 小額選挙のシステムを取り入れた州では それまでのやり方が短期間で大きく変わりました コネチカット州では小額選挙のシステム導入後 1年目から当選議員の78%が高額の献金を断り 小額な献金のみを受け取るようになりました だから 解決可能なんです 民主党だからでもなく 共和党だからでもありません 一般市民(Citizens)だからこそ解決できるんです TEDの仲間(TEDizens)だからできるんです この改革を推し進めて― 「共和国」を取り戻すために必要なコストは エネルギー政策改革のコストの半分もかからないはずです

まだ 私の話を信じられず 解決不可能だと思っている方がいるかもしれません 私が5年前にTEDで講演してから この問題について話し続けていて分かったことは― 不可能だという思いは重要ではないんです 何の意味もないんです ダートマス大学で講演した時に1人の女性が私に言いました 本にも書きましたが彼女は立ち上ってこう言いました 「先生のお話でわかりました解決の望みはありません 打つ手はありません」 そう言われた時私はびっくりして 彼女の失望感にどう答えるべきか その失望感はいったい何なのか考えました そこで頭に浮かんだのが 私の6歳になる息子の事です もし 医者が私のところに来てこう告げられたら どう感じるか 「息子さんは 脳腫瘍の末期で打つ手がありません 打つ手がありません」 もし このように言われたら何もしないでしょうか? 座ったまま 何もせず宣告を受け入れるでしょうか? 仕方がないので グーグル・グラスの開発でもするでしょうか? もちろん違いますできることは何でもするでしょう 何でもやってみるそれこそが愛の証です 確率など気にせずできることを がむしゃらにやるんです確率なんて関係ありません これと一緒なんですなぜなら 私たちリベラルでさえ この国を愛しています

(笑)

いくら政府評論家や政治家が 改革なんて無理だと言おうとも この国に対する愛国心から言い返すのです 「そういう問題ではないのだ」 共和国を失うことは この会場にいる皆さんが愛し大切にしてきたものを 失うことを意味します ですから できる事はなんでもやって評論家の誤りを証明するのです

ここで皆さんにお聞きしたい 皆さんに その愛はありますか? もしあるのなら― 皆さん・・・いや私たちは一体何をしているのでしょうか?

年老いたベンジャミン・フランクリンが1787年9月に憲法制定会議の議場から 担がれて出てきたときに道端の女性がこう尋ねました 「フランクリンさん何を作ったのですか?」 フランクリン氏は答えました「共和国です 皆で維持できれば」 共和国議会制民主主義国家 一般市民のみに依存する政府 私たちはその共和国を失いました 私たちは皆で力を合わせて共和国を取り戻す必要があります

どうもありがとうございました

(拍手) ありがとう(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画