TED日本語 - ファハド・アル=アティヤ: 水のない国が発展するには

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ファハド・アル=アティヤ: 水のない国が発展するには

TED Talks

水のない国が発展するには
A country with no water
ファハド・アル=アティヤ
Fahad Al-Attiya

内容

豊富な資源を持ち合わせている国を想像してください -- 石油、ガス、太陽光、風、そして資金 -- しかし、「水」という、生命の維持に必要不可欠な要素がない国があります。インフラエンジニアの、ファハド・アル=アティヤ氏が、中東の小さな国、カタールでの水の供給を実現するための予想外の方法をご紹介します。

Script

Salaam alaikum. Welcome to Doha. I am in charge of making this country's food secure. That is my job for the next two years, to design an entire master plan, and then for the next 10 years to implement it -- of course, with so many other people. But first, I need to talk to you about a story, which is my story, about the story of this country that you're all here in today. And of course, most of you have had three meals today, and probably will continue to have after this event.

So going in, what was Qatar in the 1940s? We were about 11,000 people living here. There was no water. There was no energy, no oil, no cars, none of that. Most of the people who lived here either lived in coastal villages, fishing, or were nomads who roamed around with the environment trying to find water. None of the glamour that you see today existed. No cities like you see today in Doha or Dubai or Abu Dhabi or Kuwait or Riyadh. It wasn't that they couldn't develop cities. Resources weren't there to develop them. And you can see that life expectancy was also short. Most people died around the age of 50.

So let's move to chapter two: the oil era. 1939, that's when they discovered oil. But unfortunately, it wasn't really fully exploited commercially until after the Second World War. What did it do? It changed the face of this country, as you can see today and witness. It also made all those people who roamed around the desert -- looking for water, looking for food, trying to take care of their livestock -- urbanize.

You might find this strange, but in my family we have different accents. My mother has an accent that is so different to my father, and we're all a population of about 300,000 people in the same country. There are about five or six accents in this country as I speak. Someone says, "How so? How could this happen?" Because we lived scattered. We couldn't live in a concentrated way simply because there was no resources. And when the resources came, be it oil, we started building these fancy technologies and bringing people together because we needed the concentration. People started to get to know each other. And we realized that there are some differences in accents.

So that is the chapter two: the oil era. Let's look at today. This is probably the skyline that most of you know about Doha. So what's the population today? It's 1.7 million people. That is in less than 60 years. The average growth of our economy is about 15 percent for the past five years. Lifespan has increased to 78. Water consumption has increased to 430 liters. And this is amongst the highest worldwide. From having no water whatsoever to consuming water to the highest degree, higher than any other nation. I don't know if this was a reaction to lack of water.

But what is interesting about the story that I've just said? The interesting part is that we continue to grow 15 percent every year for the past five years without water. Now that is historic. It's never happened before in history. Cities were totally wiped out because of the lack of water. This is history being made in this region. Not only cities that we're building, but cities with dreams and people who are wishing to be scientists, doctors. Build a nice home, bring the architect, design my house. These people are adamant that this is a livable space when it wasn't. But of course, with the use of technology. So Brazil has 1,782 millimeters per year of precipitation of rain. Qatar has 74, and we have that growth rate.

The question is how. How could we survive that? We have no water whatsoever. Simply because of this gigantic, mammoth machine called desalination. Energy is the key factor here. It changed everything. It is that thing that we pump out of the ground, we burn tons of, probably most of you used it coming to Doha. So that is our lake, if you can see it. That is our river. That is how you all happen to use and enjoy water. This is the best technology that this region could ever have: desalination.

So what are the risks? Do you worry much? I would say, perhaps if you look at the global facts, you will realize, of course I have to worry. There is growing demand, growing population. We've turned seven billion only a few months ago. And so that number also demands food. And there's predictions that we'll be nine billion by 2050.

So a country that has no water has to worry about what happens beyond its borders. There's also changing diets. By elevating to a higher socio-economic level, they also change their diet. They start eating more meat and so on and so forth. On the other hand, there is declining yields because of climate change and because of other factors. And so someone has to really realize when the crisis is going to happen.

This is the situation in Qatar, for those who don't know. We only have two days of water reserve. We import 90 percent of our food, and we only cultivate less than one percent of our land. The limited number of farmers that we have have been pushed out of their farming practices as a result of open market policy and bringing the big competitions, etc., etc. So we also face risks. These risks directly affect the sustainability of this nation and its continuity.

The question is, is there a solution? Is there a sustainable solution? Indeed there is. This slide sums up thousands of pages of technical documents that we've been working on over the past two years. Let's start with the water. So we know very well -- I showed you earlier -- that we need this energy. So if we're going to need energy, what sort of energy? A depletable energy? Fossil fuel? Or should we use something else? Do we have the comparative advantage to use another sort of energy? I guess most of you by now realize that we do: 300 days of sun. And so we will use that renewable energy to produce the water that we need. And we will probably put 1,800 megawatts of solar systems to produce 3.5 million cubic meters of water. And that is a lot of water.

That water will go then to the farmers, and the farmers will be able to water their plants, and they will be able then to supply society with food. But in order to sustain the horizontal line -- because these are the projects, these are the systems that we will deliver -- we need to also develop the vertical line: system sustenance, high-level education, research and development, industries, technologies, to produce these technologies for application, and finally markets. But what gels all of it, what enables it, is legislation, policies, regulations. Without it we can't do anything.

So that's what we are planning to do. Within two years we should hopefully be done with this plan and taking it to implementation. Our objective is to be a millennium city, just like many millennium cities around: Istanbul, Rome, London, Paris, Damascus, Cairo. We are only 60 years old, but we want to live forever as a city, to live in peace.

Thank you very much.

(Applause)

あなたに平安を (挨拶) ドーハへようこそ 私の仕事は この国の食物を安定的に供給することです 今後2年間かけて 総括的な計画をまとめ 10年かけて実行に移します もちろん沢山の方と協力していきます まず私自身の話をさせてください 皆さんが今日いらっしゃるこの国の話です ここにいるほとんどの方が今日3度 食事を取ったでしょうし このイベント以降も同様に 食事を取り続けるでしょう

本題に入ります1940年代のカタールの様子です ここには1万1,000人が暮らし 水はなく エネルギー 石油車も 一切ありませんでした 住民のほとんどが 沿岸の漁村で暮らすか それか水を求めて移動する遊牧民でした 近年見られるような魅力は皆無でした 現在のドーハ, ドバイ, アブダビ等の様な都市はありませんでした 都市を作ることができなかった訳ではなく 人材や資源がなかったのです ご覧の通り 平均寿命も短く大抵の方は 50歳前後で亡くなっていました

次の話題に移ります石油時代の到来です 石油が発見されたのは1939年ですが 残念ながら 第二次世界大戦が終わるまでは 商業的な開拓まで至りませんでした その後 石油は何をもたらしたのか 皆さんご存知のようにこの国を変えてしまったんです 家畜を養うため 水や食物を探して放浪していた 砂漠の遊牧民の 生活の「都市化」です

不思議に思うかもしれませんが 私の家族はそれぞれが異なる訛りを持っています 私の母の訛りは父とはだいぶ異なります およそ30万人皆 同じ国の住民なのに この国には 5,6種類の方言があります 「なぜこのような事が?」とお思いでしょう それは 散り散りに暮らしてきたからです 資源がなく 一ヶ所にまとまって暮らせなかったのです そして資源…石油が出て来たとき 素晴らしい 先端技術施設を作りだすようになり 組織を作る必要性から一同が集まるようになりました そこで 人々は互いの事を知るようになり いくつかの訛りがあることに気づきました

石油時代の話はここまでです 今日の生活を見てみましょう これが皆さんご存知であろうドーハのスカイラインです 現在の人口は 170万人です 60年弱で この増加です 過去5年間の経済成長率は年間平均15%ほどです 寿命は78歳まで延び 水の消費量は430リットルまで増え 世界的に見ても最大消費国となりました 水がほぼ全くない時代から 今では 他のどの国よりも水を消費しているのです 水が無かった時代の反動かは分かりませんが

ここまでの話で興味深い点は何でしょう? それは我々が発展し続けているという点です 水もないのに5年にわたって毎年平均15%もですよ これは前例のない 歴史的なことです 水不足により多くの街が消滅してきましたが この地域では 歴史的な出来事です 私たちが作っているのは 単なる街ではなく 科学者や医者になりたいと願う人々の夢が詰まった街です いい家庭を持ち素敵なマイホームを建てた街です これらの人々は まだ何もない時代からここが住処だと信じた人です もちろん技術を駆使して です ブラジルの年間降水量は 1,782ミリです カタールは74ミリにも関わらずこの経済成長率です

どうやって? どのように成し遂げたのでしょう ここにはほとんど水がありません 単に 海水から塩分を除去する巨大な装置のおかげです エネルギー資源が鍵となりますこれが全てを変えました 地面から吸い上げ毎日何トンも燃焼し続けるもの 皆さんがドーハに来る時も使ったはずです これが この国の湖 そして― この国の川の姿です 皆さんが水を使用するためにこのような状況になっています この地域が持つ最高の技術がこの脱塩装置なのです

リスクを考えたことがありますか 世界的な現状を見れば 憂うべき問題だと言わざるを得ません 人口が増加するに従って 需要も増えます 数か月前 世界の人口は70億人になりました 当然 食糧の需要も増えます 2050年には 90億人に達するとか

つまり水のない国では 国境の向こうで何が起こるのか考える必要があります 食物に関しても 社会経済レベルが向上することで 趣向が変わってきます 肉などをより多く食すようになります 一方で 気候変動やその他の要因によって 食物の生産量は減少傾向にあります 誰かが危機を予見して警鐘を鳴らす必要があるのです

知らない方に申し上げますとこれがカタールの現状です 我々は たった2日分しか貯水できず 90%の食物を輸入しており 耕地は国土の1%にも満たないのです この国の限られた農業者は 独自の農法からは遠ざけられた上に 公開市場政策などの結果厳しい競争に迫られています つまり リスクにも直面しているのです これらのリスクは国家の存続にも直接に影響してきます

はたして解決策はあるのでしょうか― 持続可能な解決策が? 実はあるのです これは過去2年間以上かけて作った何千ページもの技術文書を要約したものです まずは水の問題です もうご存知ですね先ほど話した通り エネルギーが必要です では必要なのはどんな種類のエネルギーでしょうか 限りあるエネルギー?化石燃料か― それとも何か別のエネルギーでしょうか? 他のエネルギーを使うことに利点はあるのでしょうか? もうお分かりですねここでは 年間晴れ日が300日あります この再生可能エネルギーを使って必要な水を供給します 1,800メガワットの太陽光発電を使えば 35億リットルの水を生み出せるでしょう これは相当な量です

この水が農業者へ行き渡ることで 農業者が作物に水をやれるようになり 食物を社会に供給できるようになるでしょう しかし この一連の横の流れを保つためには 我々が提供するシステム全体を支える為の 縦の流れをつくる必要もあります システムの維持 高度な教育 研究開発 産業 技術 その技術の応用 そして最終的に市場を確保することです そしてこれらを可能にするのが法律や政策や規則の制定であり これは必要不可欠です

以上が我々の計画です 2年以内にこの計画をまとめ 実行に移すことが出来るかと思います 私達の目標は すでに各地に存在するような大都市になることです 例えば イスタンブール ローマ ロンドンパリ ダマスカス カイロなどのように 私たちの街にはわずか60年の歴史しかありませんが 平和の中での恒久的な繁栄を願っています

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画