TED日本語 - ベス・ノヴェック: もっとオープンソースの政府を

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ベス・ノヴェック: もっとオープンソースの政府を

TED Talks

もっとオープンソースの政府を
Demand a more open-source government
ベス・ノヴェック
Beth Noveck

内容

政府はオープンデータ革命から何を学ぶでしょうか? この活発なトークで、ベス・ノヴェック(ホワイトハウスの前の副CTO )は、実践的なオープンさのビジョンを共有します - 官僚と市民をつなぎ、データを共有し、真に参加する民主主義 「書き込み可能な社会」を想像してみてください…。

Script

So when the White House was built in the early 19th century, it was an open house. Neighbors came and went. Under President Adams, a local dentist happened by. He wanted to shake the President's hand. The President dismissed the Secretary of State, whom he was conferring with, and asked the dentist if he would remove a tooth. Later, in the 1850s, under President Pierce, he was known to have remarked - probably the only thing he's known for - when a neighbor passed by and said, "I'd love to see the beautiful house," and Pierce said to him, "Why my dear sir, of course you may come in. This isn't my house. It is the people's house."

Well, when I got to the White House in the beginning of 2009, at the start of the Obama Administration, the White House was anything but open. Bomb blast curtains covered my windows. We were running Windows 2000. Social media were blocked at the firewall. We didn't have a blog, let alone a dozen twitter accounts like we have today. I came in to become the head of Open Government, to take the values and the practices of transparency, participation and collaboration, and instill them into the way that we work, to open up government, to work with people.

Now one of the things that we know is that companies are very good at getting people to work together in teams and in networks to make very complex products, like cars and computers, and the more complex the products are a society creates, the more successful the society is over time. Companies make goods, but governments, they make public goods. They work on the cure for cancer and educating our children and making roads, but we don't have institutions that are particularly good at this kind of complexity. We don't have institutions that are good at bringing our talents to bear, at working with us in this kind of open and collaborative way.

So when we wanted to create our Open Government policy, what did we do? We wanted, naturally, to ask public sector employees how we should open up government. Turns out that had never been done before. We wanted to ask members of the public to help us come up with a policy, not after the fact, commenting on a rule after it's written, the way is typically the case, but in advance. There was no legal precedent, no cultural precedent, no technical way of doing this. In fact, many people told us it was illegal.

Here's the crux of the obstacle. Governments exist to channel the flow of two things, really, values and expertise to and from government and to and from citizens to the end of making decisions. But the way that our institutions are designed, in our rather 18th-century, centralized model, is to channel the flow of values through voting, once every four years, once every two years, at best, once a year. This is a rather anemic and thin way, in this era of social media, for us to actually express our values. Today we have technology that lets us express ourselves a great deal, perhaps a little too much.

Then in the 19th century, we layer on the concept of bureaucracy and the administrative state to help us govern complex and large societies. But we've centralized these bureaucracies. We've entrenched them. And we know that the smartest person always works for someone else. We need to only look around this room to know that expertise and intelligence is widely distributed in society, and not limited simply to our institutions.

Scientists have been studying in recent years the phenomenon that they often describe as flow, that the design of our systems, whether natural or social, channel the flow of whatever runs through them. So a river is designed to channel the flow of water, and the lightning bolt that comes out of a cloud channels the flow of electricity, and a leaf is designed to channel the flow of nutrients to the tree, sometimes even having to route around an obstacle, but to get that nutrition flowing. The same can be said for our social systems, for our systems of government, where, at the very least, flow offers us a helpful metaphor for understanding what the problem is, what's really broken, and the urgent need that we have, that we all feel today, to redesign the flow of our institutions.

We live in a Cambrian era of big data, of social networks, and we have this opportunity to redesign these institutions that are actually quite recent. Think about it: What other business do you know, what other sector of the economy, and especially one as big as the public sector, that doesn't seek to reinvent its business model on a regular basis? Sure, we invest plenty in innovation. We invest in broadband and science education and science grants, but we invest far too little in reinventing and redesigning the institutions that we have.

Now, it's very easy to complain, of course, about partisan politics and entrenched bureaucracy, and we love to complain about government. It's a perennial pastime, especially around election time, but the world is complex. We soon will have 10 billion people, many of whom will lack basic resources. So complain as we might, what actually can replace what we have today? What comes the day after the Arab Spring?

Well,one attractive alternative that obviously presents itself to us is that of networks. Right? Networks like Facebook and Twitter. They're lean. They're mean. You've got 3,000 employees at Facebook governing 900 million inhabitants. We might even call them citizens, because they've recently risen up to fight against legislative incursion, and the citizens of these networks work together to serve each other in great ways. But private communities, private, corporate, privatizing communities, are not bottom-up democracies. They can not replace government. Friending someone on Facebook is not complex enough to do the hard work of you and I collaborating with each other and doing the hard work of governance. But social media do teach us something. Why is Twitter so successful? Because it opens up its platform. It opens up the API to allow hundreds of thousands of new applications to be built on top of it, so that we can read and process information in new and exciting ways. We need to think about how to open up the API of government, and the way that we're going to do that, the next great superpower is going to be the one who can successfully combine the hierarchy of institution -- because we have to maintain those public values, we have to coordinate the flow -- but with the diversity and the pulsating life and the chaos and the excitement of networks, all of us working together to build these new innovations on top of our institutions, to engage in the practice of governance.

We have a precedent for this. Good old Henry II here, in the 12th century, invented the jury. Powerful, practical, palpable model for handing power from government to citizens. Today we have the opportunity, and we have the imperative, to create thousands of new ways of interconnecting between networks and institutions, thousands of new kinds of juries: the citizen jury, the Carrotmob, the hackathon, we are just beginning to invent the models by which we can cocreate the process of governance.

Now, we don't fully have a picture of what this will look like yet, but we're seeing pockets of evolution emerging all around us -- maybe not even evolution, I'd even start to call it a revolution -- in the way that we govern. Some of it's very high-tech, and some of it is extremely low-tech, such as the project that MKSS is running in Rajasthan, India, where they take the spending data of the state and paint it on 100,000 village walls, and then invite the villagers to come and comment who is on the government payroll, who's actually died, what are the bridges that have been built to nowhere, and to work together through civic engagement to save real money and participate and have access to that budget.

But it's not just about policing government. It's also about creating government. Spacehive in the U.K. is engaging in crowd-funding, getting you and me to raise the money to build the goalposts and the park benches that will actually allow us to deliver better services in our communities. No one is better at this activity of actually getting us to engage in delivering services, sometimes where none exist, than Ushahidi. Created after the post-election riots in Kenya in 2008, this crisis-mapping website and community is actually able to crowdsource and target the delivery of better rescue services to people trapped under the rubble, whether it's after the earthquakes in Haiti, or more recently in Italy. And the Red Cross too is training volunteers and Twitter is certifying them, not simply to supplement existing government institutions, but in many cases, to replace them.

Now what we're seeing lots of examples of, obviously, is the opening up of government data, not enough examples of this yet, but we're starting to see this practice of people creating and generating innovative applications on top of government data. There's so many examples I could have picked, and I selected this one of Jon Bon Jovi. Some of you may or may not know that he runs a soup kitchen in New Jersey, where he caters to and serves the homeless and particularly homeless veterans. In February, he approached the White House, and said, "I would like to fund a prize to create scalable national applications, apps, that will help not only the homeless but those who deliver services [ to ] them to do so better." February 2012 to June of 2012, the finalists are announced in the competition. Can you imagine, in the bureaucratic world of yesteryear, getting anything done in a four-month period of time? You can barely fill out the forms in that amount of time, let alone generate real, palpable innovations that improve people's lives.

And I want to be clear to mention that this open government revolution is not about privatizing government, because in many cases what it can do when we have the will to do so is to deliver more progressive and better policy than the regulations and the legislative and litigation-oriented strategies by which we make policy today. In the State of Texas, they regulate 515 professions, from well-driller to florist. Now, you can carry a gun into a church in Dallas, but do not make a flower arrangement without a license, because that will land you in jail. So what is Texas doing? They're asking you and me, using online policy wikis, to help not simply get rid of burdensome regulations that impede entrepreneurship, but to replace those regulations with more innovative alternatives, sometimes using transparency in the creation of new iPhone apps that will allows us both to protect consumers and the public and to encourage economic development.

That is a nice sideline of open government. It's not only the benefits that we've talked about with regard to development. It's the economic benefits and the job creation that's coming from this open innovation work. Sberbank, the largest and oldest bank in Russia, largely owned by the Russian government, has started practicing crowdsourcing, engaging its employees and citizens in the public in developing innovations. Last year they saved a billion dollars,30 billion rubles, from open innovation, and they're pushing radically the extension of crowdsourcing, not only from banking, but into the public sector. And we see lots of examples of these innovators using open government data, not simply to make apps, but then to make companies and to hire people to build them working with the government.

So a lot of these innovations are local. In San Ramon, California, they published an iPhone app in which they allow you or me to say we are certified CPR-trained, and then when someone has a heart attack, a notification goes out so that you can rush over to the person over here and deliver CPR. The victim who receives bystander CPR is more than twice as likely to survive. "There is a hero in all of us," is their slogan.

But it's not limited to the local. British Columbia, Canada, is publishing a catalogue of all the ways that its residents and citizens can engage with the state in the cocreation of governance.

Let me be very clear, and perhaps controversial, that open government is not about transparent government. Simply throwing data over the transom doesn't change how government works. It doesn't get anybody to do anything with that data to change lives, to solve problems, and it doesn't change government. What it does is it creates an adversarial relationship between civil society and government over the control and ownership of information. And transparency, by itself, is not reducing the flow of money into politics, and arguably, it's not even producing accountability as well as it might if we took the next step of combining participation and collaboration with transparency to transform how we work.

We're going to see this evolution really in two phases, I think. The first phase of the open government revolution is delivering better information from the crowd into the center. Starting in 2005, and this is how this open government work in the U.S. really got started, I was teaching a patent law class to my students and explaining to them how a single person in the bureaucracy has the power to make a decision about which patent application becomes the next patent, and therefore monopolizes for 20 years the rights over an entire field of inventive activity. Well, what did we do? We said, we can make a website, we can make an expert network, a social network, that would connect the network to the institution to allow scientists and technologists to get better information to the patent office to aid in making those decisions. We piloted the work in the U.S. and the U.K. and Japan and Australia, and now I'm pleased to report that the United States Patent Office will be rolling out universal, complete, and total openness, so that all patent applications will now be open for citizen participation, beginning this year.

The second phase of this evolution - Yeah. (Applause) They deserve a hand. (Applause)

The first phase is in getting better information in. The second phase is in getting decision-making power out. Participatory budgeting has long been practiced in Porto Alegre, Brazil. They're just starting it in the 49th Ward in Chicago. Russia is using wikis to get citizens writing law together, as is Lithuania. When we start to see power over the core functions of government - spending, legislation, decision-making - then we're well on our way to an open government revolution.

There are many things that we can do to get us there. Obviously opening up the data is one, but the important thing is to create lots more -- create and curate -- lots more participatory opportunities. Hackathons and mashathons and working with data to build apps is an intelligible way for people to engage and participate, like the jury is, but we're going to need lots more things like it. And that's why we need to start with our youngest people. We've heard talk here at TED about people biohacking and hacking their plants with Arduino, and Mozilla is doing work around the world in getting young people to build websites and make videos. When we start by teaching young people that we live, not in a passive society, a read-only society, but in a writable society, where we have the power to change our communities, to change our institutions, that's when we begin to really put ourselves on the pathway towards this open government innovation, towards this open government movement, towards this open government revolution.

So let me close by saying that I think the important thing for us to do is to talk about and demand this revolution. We don't have words, really, to describe it yet. Words like equality and fairness and the traditional elections, democracy, these are not really great terms yet. They're not fun enough. They're not exciting enough to get us engaged in this tremendous opportunity that awaits us. But I would argue that if we want to see the kinds of innovations, the hopeful and exciting innovations that we hear talked about here at TED, in clean energy, in clean education, in development, if we want to see those adopted and we want to see those scaled, we want to see them become the governance of tomorrow, then we must all participate, then we must get involved. We must open up our institutions, and like the leaf, we must let the nutrients flow throughout our body politic, throughout our culture, to create open institutions to create a stronger democracy, a better tomorrow. Thank you. (Applause)

19世紀初めに建てられた頃 ホワイトハウスはオープンハウスでした ご近所の方も出入りしてました アダムス大統領のとき 地元の歯科医がやってきました 彼は大統領と握手をしたかったのですね 大統領は 会議中だった国務長官を 退席させて そして歯科医に 歯を抜いてくれないかって頼みました 後の1850年代 ピアス大統領のとき こう言ったのが知られていて おそらく彼が知られている唯一のことで 近所の人が通りがかって「きれいなお宅を 拝見したい」と言われて ピアス大統領は 「もちろんどうぞお入りください 私の家ではなくて 人民の家ですからね」と答えました

さて 私がホワイトハウスに着任した2009年はじめ オバマ政権の開始のときですが ホワイトハウスはまったくオープンではなく 防爆カーテンが窓を覆っていました 私たちはWindows2000を使っていました ソーシャルメディアはファイアウォールで止められ ブログもなければ 今のようにはツイッターの アカウントを使えませんでした 私は「オープン政府」のトップになり 透明性 参加 協力についての 価値を高め 植え付け 政府をオープンにするために 人々と働いてきました

私たちが知っているとおり 企業は クルマやコンピュータの ような複雑な製品を作るために 人々を チームやネットワークで働かせることが上手ですね 社会がもっと複雑なものをつくれるなら 社会は少しずつうまくいくでしょう 企業は製品をつくり 政府は 公益をつくります がんの治療法や 子供たちの教育 道路を作ったり… でも良い制度ではありません 社会の複雑さにみあっている 良い制度が無いのです 才能を集め オープンで 共同して働くための制度が無いのです

オープン政府の政策を作るにあたって 私たちは何をしたでしょう?当然 公共部門の職員に どうやって政府をオープンにするか聞いたのです しかし一度も実施されたことがないことがわかりました 私たちは政策議論に一般の人にも手伝っていただきたかった 規則が文書になった後でから コメントをつけるのではなく そこには判例も 文化的な慣例も 技術的な方法もありませんでした 実際たくさんの人から法律に抵触していると言われました

ここに障害の要点があります 政府というのは価値と専門性とを 政府と市民の間でフローさせて 政策決定に至らせるための存在です けれども制度がデザインされたのは 18世紀の中央集権化モデルであり 選挙によって価値がフローされるだけです 4年に一度 2年に一度 せいぜい1年に一度です まるで貧血気味の方法であって ソーシャルメディアの時代には自分で価値を出すべきです 今日私たちは自分を表現させる技術がたくさんあります 多すぎるぐらいです

19世紀に 複雑で巨大な社会を 統治するために官僚制度と 行政組織とが 社会に根づきました しかし 私たちは官僚制度を中央集権化し 確固たるものにしました 最も賢い人は常に 人のために働くと思ってます また この部屋を見るだけでわかるとおり 専門知識と知性は社会全体に広がっていることがわかります 私たちの体制側だけに有るのではなく

科学者たちは フローという現象を 自然あるいは社会の両方でのシステムの デザインにおいて あらゆる流れを 研究してきました 川は水のフローであり 雲から出る稲妻は電気のフローであり 葉は木への栄養のフローとしてデザインされ 時にはその経路に 障害物があったとしても それでも栄養をフローします 同じことは 私たちの社会システム 政府のシステムについて言えます 少なくとも フローはメタファーとして役立ちます 何が問題なのか 何が壊れているのか が分かります そして 緊急にすべきことと 今日全員が感じていることは 私たちの体制のフローを再デザインすることです

現代はビッグデータとソーシャルネットの カンブリア紀と言えます すぐにでも現体制を 再デザインする機会があるのです 考えてみてください 経済セクタや 公共セクタ以外の巨大なところで ビジネスモデルを作り直そうとしない ところは無いでしょう もちろん私たちはイノベーションにかなり投資しています ブロードバンド 科学教育 研究助成に投資してます でも現体制の再発明 再デザインには ほとんどまったく投資していません

もちろん 派閥政治や強固な官僚制に不平を 言うのは簡単ですし 政府に不平を言うのは 楽しいものです 尽きない娯楽ともいえます とくに選挙期間には。 世界は複雑です じきに人口は100億を超え そのうちの多くは生きるための資源を欠いています 今の世の中をいったいどのように変えてくれるのかと 不平を言うことでしょう アラブの春のあと 何がくるのでしょう?

魅力的な選択肢は まさしく ネットワークです そうでしょ? Facebookやツイッターのような。頼りになり よくできています Facebookには3千の従業員で 9億のユーザーを管理しています 市民と呼んでもいいかもしれません なぜなら彼らは最近 法的な攻撃に対して立ち上がったからです これらのネットワークの市民は素晴らしい方法で お互いに支えあっています しかし民間団体 私営 法人 民営化団体は ボトムアップ式の民主主義ではありません 政府の代わりにはなりません Facebookで友達登録することは お互いに協力して困難な仕事をこなしたり 行政の困難な仕事を行うほど複雑ではありません とはいえソーシャルメディアから分かることがあります ツイッターの成功は何故か?プラットホームを開放したからです 多くの新しいアプリが作れるようにAPIを 開放したので 私たちは新鮮で刺激的な方法で 情報を読んだり 扱うことができます どのように政府のAPIを開放するか またそれを やる方法を考えてみる必要があります そうすることで 次の巨大なスーパーパワーは 上手に結びあわせられるでしょう いろいろな制度の階層を…私たちがそういう公共の 価値を維持し フローを調整しなければなりません…しかし 多様性 躍動する生活 ネットワークのカオスと興奮でもって 私たちみんなでこのイノベーションを現体制の上に 組みあげ 行政の活動に 結びつけなければなりません

これには先例があります あのヘンリー2世が 12世紀に陪審制度を発明しました 強力で 実践的で わかりやすいモデルで 政府から市民へ権力を移譲するものです 現在 私たちはネットワークと体制を相互に結ぶ 沢山の新しい方法をつくる機会と 緊急性があります たくさんの新しい種類の陪審員:市民陪審員 Carrotmob ハッカソンのようなものを 私たちは行政プロセスを 協力して作り モデルを作りはじめているところです

現時点では完全にはこれがどのような形になるか わからないのですが 私たちの回りに出現する 進化が見えてきます 進化ではなくて 統治の 革命と 私は呼びはじめてさえいます いくつかはハイテクで いくつかは とってもローテクです MKSS がインドのラジャスタンで行なっている プロジェクトでは 国家の出費データを集めて 10万もの村の壁に描き そして村民を招いて 誰が国の支払を担当しているか 誰が死亡しているとか 橋が架かっていないところはどこかなどなど 市民の参画でお金を節約し 予算への参加や アクセスを持つことについて話合ってもらいました

でもそれは政府を取り締まることだけではありません それは政府を作ることでもあります 英国のSpacehiveはクラウドファンドを立ち上げ 皆さんからの資金を募って ゴールポストや公園のベンチを作り より良いサービスを行うようにしています このような活動に使えるようなサービスを 何も無いようなところから実現してきた プロジェクトがあります Ushahidiです 2008年のケニアでの選挙後の暴動の後に 危機マップサイトとコミュニティを構築しました クラウドソースができ ハイチや もっと最近のイタリアでの地震の後に 瓦礫の下にいる人々へ より良い救命活動を 届けることを目標としています そして赤十字社もボランティアを訓練し ツイッターで本人確認し 既成の政府機構の補完でなく 多くの場合 置き換えます

私たちの知る多くの例は あきらかに 政府データの公開です まだ十分な例では ありませんが 政府のデータを使って刷新的な アプリケーションを作ったり生み出す活動が 見られるようになりました 多くの例がありますが ジョン・ボン・ジョビのものを取り上げます 皆さんの中には 彼がニュージャージーで無料食堂を 営むのをご存知かもしれません ホームレス 特に 退役軍人のホームレスにまかない等のサービスをしています 二月には 彼はホワイトハウスで言いました 「私は ホームレスだけでなく サービスを届ける人にも 助けになるような スケーラブルなアプリケーションを 作る賞に資金を提供したい」 2012年2月から2012年6月に 決勝出場者が発表されます みなさんは 往年の官僚的な世界では 何でも4か月間で終わせるって想像できますか? それでは書類に記入することさえできませんし まして人々の暮らしを改善する 本当で わかりやすいイノベーションを生み出すことなどとてもできません

このオープン政府革命は 政府を民営化することでは ないということを 私は明確にしておきます 多くの場合に私達がしようと思っているのは より進歩的で より正しい 政策をつくることであり 今日のような訴訟社会をもたらすような 規則や立法ではありません テキサス州では 515の職業に規制があります 井戸掘削から花屋までにも ダラスでは 教会の中で銃を持ち込める一方で 許可なしで フラワーアレンジメントはできません 刑務所に入れられてしまいます それで テキサスは何をしているのでしょうか オンラインの政策ウィキを使っています 起業家精神を妨げる厄介な規制を取り除くだけでなく 新しいiPhoneのアプリケーションで 政策の透明性を利用し これらの規制から もっと刷新的なものに置き換えるように 消費者と大衆を守ることと 経済的発展との両方を成し遂げようとしています

これはオープン政府の良い副産物です これまで私たちが話してきた開発にともなう利益だけでは ありません このオープンなイノベーションからの 経済利益と雇用創出なのです Sberbankは ロシアで最大かつ最も古い銀行で 大部分はロシア政府によって所有されていますが クラウドソーシングを始めて 従業員と市民が イノベーションを進めるためにつながっています 去年 オープンな刷新で10億ドル 300億ルーブルを節約しました 彼らはクラウドソーシングの拡大を 銀行業務だけでなく公共部門にむけて ラジカルに推し進めています イノベーターたちがオープン政府データを 利用している例が多いのですが アプリを作るだけでなく 政府と共に働いたり 会社を作ったり 人々を雇ったりもしています

このようなイノベーションの多くは地域的です カリフォルニア州サンラモンでは 心肺蘇生法の資格を証明するiPhoneアプリが できました もし誰かが心臓発作を起こした時は アプリからの通知で その人のところへ 駆けつけて心肺蘇生を行うことができます 居合わせた人による心臓蘇生を受けた患者は 生存率が2倍以上高いのです 「みんなのなかに英雄がいる」がスローガンです

もちろん地域だけに限りません カナダのブリティッシュ・コロンビアでは 市民が 州とともに協力できることの取り組みの すべての方法についてが載っているカタログを出版しています

ここではっきりさせましょう おそらく物議をかもすことでしょう オープン政府というのは 透明な政府という意味ではありません 単に政府のデータを公開しただけでは 政府を変えられません 暮らしを変え 問題を解決するために データを使い様々な仕事をする人を得られません 政府を変えることもできません データ公開だけでは 市民側と政府との間に 情報のコントロールと所有を巡って 敵対関係が作られます データ公開自身は 政治への金銭の流入を 減らしていません データ公開を用いた 参加と協力によって 私たちの働き方を 変えていく次の段階へ進んだとしても おそらく 説明責任も生み出すことがないでしょう

進展には二つの段階があるだろうと 私は考えます オープン政府革命の第一段階は バラバラなところから より良い情報を まとめることです 2005年に どのようにオープン政府が 合衆国で始まったのか説明しましょう 私は特許法のクラスをもっていて 官僚機構では 一人の官僚が どの出願が特許になるかを決定をする権限を 持っており その分野全体で20年間も 権利を独占させてしまうことを 生徒に教えていました 私たちは何をしたでしょう? Webサイトによって 特許局の決定を 支援する より良い情報を科学者や 科学技術者に伝えるため 専門家のネットワーク、ソーシャルネットワークを 作ることができると言いました 私たちは合衆国 英国 日本 オーストラリアで業務を実験的に試み これから 合衆国の特許局は 普遍的で 完全で 全面的に オープンになります すべての特許出願は 市民参加のためにオープンになります 今年開始です

進化の第二段階!イェー!(拍手) これは拍手に値します(拍手)

第一段階は より良い情報を手に入れることです 第二段階は 意志決定力を打ち出すものです 直接参加の予算編成は ブラジルのポルト・アレグレで 長い間行われてきました シカゴの第49区ではこれを始めようとしています ロシアではウィキを使って リトアニアでも同様に 市民が法律を書いています。私たちが政府の 主要機能を見始めることで -- 支出 立法 政策決定という機能を見ることで-- オープン政府革命へ向かって着実に進むのです

そこに到るまでには することがたくさんあります データをオープンにするのはその一つですが 重要なことは もっとたくさんクリエートし キュレートし もっと参加の機会を作ることです ハッカソンやマシャソンや データを使ってアプリを作ることは 陪審員のように人々が参加する わかりやすい方法ですが このようなものがもっとたくさん必要になります それが もっとも若い人たちから始める理由なのです このTEDGlobal 2012で バイオハッキングであったり Arduinoで植物の状態を監視したり またMozillaでは若者が世界中でウェブサイトを構築し 映像を作れるようにしている話を聞きましたね 私たちは 受動的で リードオンリーな社会に いるのではなく 書き込み可能な社会にいることを 若者に教えるべきです。コミュニティを変え 制度を変えることで オープン政府のイノベーションへ オープン政府の活動へ オープン政府の革命へと 向かわせるのです

さて結びとして 私が重要だと思っているのは 革命を語り 求めることです 私たちには 本当はまだ説明できるような言葉がありません 平等 公平 従来型選挙 民主主義と いった言葉に匹敵するような偉大な言葉がないのです まだ大して面白くありません。エキサイティングでも ありません 素晴らしい機会に取り組んでいられるほどには しかし もしイノベーションを見たいのであれば TEDで見聞きするクリーンなエネルギー クリーンな教育 そして社会の発展のような 希望あふれ エキサイティングなイノベーションを見たいのであれば 受け入れられて 拡大されるものを見たいのであれば 明日の政府の姿を 見たいのであれば みんなで関与し 参加しなくてはなりません 私たちの体制をオープンにしなくてはなりません 葉のように栄養を 政治の隅々に 文化の隅々に流し 体制をオープンにし より強力な民主主義 より良い明日を作りましょう ありがとうございます(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画