TED日本語 - スルジャ・ポポビッチ: 独裁者を倒すためには

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - スルジャ・ポポビッチ: 独裁者を倒すためには

TED Talks

独裁者を倒すためには
TEDxKrakow - Srdja Popovic - How to topple a dictator
スルジャ・ポポビッチ

内容

2011年は、目を見張る人民の力による反対運動が数多く行われた年でした。それは、アラブの春に始まり世界中に広がりました。 諸運動の成功のカギは何だったのでしょう?2000年にセルビアのミロシェビッチ元大統領を倒した非暴力運動のリーダー、スルジャ・ポポビッチは各運動に必要な計画、技術、そして道具について話します。求められるものは、非暴力の戦略からユーモアの力まで多岐に渡ります。

Script

Good afternoon. I am proud to be here at TEDxKrakow. I'll try to speak a little bit today about a phenomenon which can and is actually changing the world, and whose name is people power. I'll start with the anecdote, or for those of you who are Monty Python lovers, a Monty Python type of sketch.

Here it is. It is December 15,2010. Somebody gives you a bet. You will look at a crystal ball and you will see the future. The future will be accurate. But you need to share it with the world. Okay? Curiosity killed the cat. You take the bet. You look at the crystal ball. One hour later, you are sitting in a building on the national TV in a talkshow, and you tell the story. "Before the end of 2011, Ben Ali and Mubarak and Gaddafi will be down and prosecuted. Saleh of Yemen and Assad of Syria would be either challenged or already on their knees. Osama bin Laden will be dead, and Ratko Mladic will be in the Hague."

Now, the anchor watches you with a strange gaze on his face, and then on the top of it you add, "And thousands of the young people from Athens, Madrid and New York will demonstrate for social justice, claiming that they are inspired with Arabs."

Next thing you know,two guys in white appear. They give you the strange t-shirt, take you to the nearest mental institution.

So I would like to speak a little bit about the phenomenon which is behind what already seems to be the very bad year for bad guys, and this phenomenon is called people power.

Well, people power has been there for a while. It helped Gandhi kick the Brits from India. It helped Martin Luther King win a historic racial struggle. It helped local Lech Walesa to kick out one million Soviet troops from Poland and beginning the end of the Soviet Union as we know it.

So what's new in it? What seems to be very new, which is the idea I would like to share with you today, that there is a set of rules and skills which can be learned and taught in order to perform successful nonviolent struggle. If this is true, we can help these movements.

Well, first one, analytic skills. I'll try where it all started in the Middle East, and for so many years we were living with completely the wrong perception of the Middle East. It was looking like the frozen region, literally a refrigerator, and there are only two types of meals there: steak, which stands for a Mubarak, Ben Ali-type of military police dictatorship, or a potato, which stands for Tehran types of theocracies. And everybody was amazed when the refrigerator opened and millions of young, mainly secular people step out to do the change. Guess what? They didn't watch the demographics. What is the average age of Egyptians? 24. How long was Mubarak in power? 31. So this system: just obsolete. They expired, and young people of the Arab World have awakened one morning and understood that power lies in their hands. The rest is the year in front of us. And guess what? The same Generation Epsilon with their rules, with their tools, with their games and with their language, which sounds a little bit strange to me. I am 38 now. And can you look at the age of the people on the streets of Europe? It seems that Generation Epsilon is coming.

Now let me set another example. I'm meeting different people throughout the world, and they are, you know, academics and professors and doctors, and they will always talk conditions. They will say, "People power will work only if the regime is not too oppressive." They will say, "People power will work if the annual income of the country is between X and Z." They will say, "People power will work only if there is a foreign pressure." They will say, "People power will work only if there is no oil." And, I mean, there is a set of conditions. Well, the news here is that your skills [ that you ] bring in the conflict seem to be more important than the conditions, namely skills of unity, planning, and maintaining nonviolent discipline.

Let me give you the example. I am coming from a country called Serbia. It took us 10 years to unite 18 opposition party leaders, with their big egos, behind one single candidate against Balkan dictator Slobodan Milosevic. Guess what? That was the day of his defeat. You look at the Egyptians, they fire on Tahrir Square, they get rid of their individual symbols. They appear on the street only with the flag of Egypt. I will give you a counter-example. You see nine presidential candidates running against Lukashenko. You will know the outcome. So unity is a big thing, and this can be achieved. Same with planning. Somebody has lied to you about the successful and spontaneous nonviolent revolution? That thing doesn't exist in the world. Whenever you see young people in front of the road trying to fraternize with the police or military, somebody was thinking about it before.

Now, at the end, nonviolent discipline, and this is probably the game-changer. If you maintain nonviolent discipline, you will exclusively win. You have 100,000 people in a nonviolent march, and one idiot or agent provocateur is throwing stones, guess what takes all the cameras? That one guy. One single act of violence can literally destroy your movement.

Now let me move to another place. It's selection of strategies and tactics. There are certain rules in nonviolent struggle you may follow. First, you start small. Second, you pick the battles you can win. It's only 200 of us in this room. We won't call for the March of Millions. But what if we organize spraying graffiti throughout the night all over Krakow city? The city will know. So we pick the tactics which accommodates to the event, especially this thing we call the small tactics of dispersion. They're very useful in a violent oppression. We are actually witnessing the picture of one of the best tactics ever used. It was on Tahrir Square, where the international community was constantly frightened that the Islamists will overtake the revolution. Well, they've organized Christians protecting Muslims, who are there praying, Coptic wedding cheered by thousands of Muslims. The world has just changed the picture, but somebody was thinking about this previously. So there are so many things you can do instead of getting into one place, shouting and showing off in front of the security forces.

Now there is also another very important dynamic, and this is a dynamic normally analytics don't see. This is dynamics between fear and apathy on one side and enthusiasm and humor on another side. So it works like in a video game. You have a fear high, you have status quo. You have enthusiasm higher, you see fear starting to melt. Day two, you see people running towards police instead of from the police. In Egypt, you can tell that something is happening there.

And then it's about humor. Humor is such a powerful game-changer, and of course it was very big in Poland. And you know, we were just a small group of crazy students in Serbia when we made this big skit. We put the big petrol barrel with a portrait picture of Mr. President on it in the middle of the Main Street. There was a hole on the top so you could literally come, put a coin in, get a baseball bat, and pow, hit his face. Sounds loud. And within the minutes, we were sitting in a nearby cafe having coffee, and there was a queue of people waiting to do this lovely thing. Well, that's just the beginning of the show. The real show starts when the police appears. What will they do? Arrest us? We are nowhere to be seen. We are three blocks away observing it from our espresso bar. Arrest the shoppers with kids? Doesn't make sense. Of course, you could bet they have done the most stupid thing: They arrested the barrel. And now the picture of the smashed face on the barrel with the policeman dragging them to the police car, that was the best day for the photographers from newspapers that they ever will have.

So, I mean, these are the things you can do, and you can always use the humor. There is also one big thing about the humor: It really hurts, because these guys really are taking themselves too seriously. When you start to mock them, it hurts.

Now, everybody is talking about His Majesty, the Internet, and it is also a very useful skill, but don't rush to label things like Facebook Revolution, Twitter Revolution. Don't mix tools with the substance. It is true that the Internet and new media are very useful in making things faster and cheaper. They make it also a bit safer for the participants because they give the part of anonymity.

We are watching the great example of something else the Internet can do. It can put the price tag of state-sponsored violence over nonviolent protesters. This is a famous group, We are all Khaled Said, made by Wael Ghonim in Egypt and his friend. This is the mutilated face of the guy who was beaten by the police. This is how he became the public, and this is what probably became the straw which broke the camel's back.

But here is also the bad news. The nonviolent struggle is won in the real world, in the streets. You will never change your society towards democracy or economics if you sit down and click. There are risks to be taken and there are living people who are winning the struggle.

Well,million dollar question: What will happen in the Arab World? And though young people from the Arab World were pretty successful in bringing down three dictators, shaking the region, kind of persuading clever kings from Jordan and Morocco doing substantial reforms, it is yet to be seen what will be the outcome, whether the Egyptians and Tunisians will make it through the transition or this will end in bloody ethnic and religious conflict, whether the Syrians will maintain nonviolent discipline, faced with the brutal daily violence which kills thousands already, or they will slip into violent struggle and make ugly civil war. Will these revolutions be whole like through the transitions to democracy or be overtaken by military or extremists of all kinds? We can not tell. Same works for the Western sector, where you can see all of these excited young people protesting around the world, occupying this, occupying that. Are they going to become the world wave? Are they going to find their skills, their enthusiasm, and their strategy to find what they really want and push for the reform, or will they just stay complaining about the endless list of the things they hate? This is the difference between two towns.

Now, what [ do ] the statistics have? My friend's book, Maria Stephan's book, talks a lot about violent and nonviolent struggle, and there are some shocking data. If you look at the last 35 years and different social transitions from dictatorship to democracy, you will see that out of 67 different cases, in 50 of these cases it was nonviolent struggle which was the key power. This is one more reason to look at this phenomenon. This is one more reason to look at the Generation Epsilon, enough for me to give them credit and hope that they will find their skills and their courage to use the nonviolent struggle and thus fix at least a part of the mess our generation is making in this world. Thank you. (Applause)

こんにちは本日TEDxKrakow (クラクフ)で話せて光栄です 本日お話しするのは 世界を変える力を持つ ある現象についてです すなわち「人民の力」です 本日いらっしゃる モンティーパイソン・ファンのために モンティーパイソン風の逸話で 幕を開きましょう

2010年12月15日 こんな賭けを挑まれます「水晶玉を覗いたら 未来が見える 正確な未来だ ただその未来を世界に伝えなくてはいけない」 好奇心を抑えきれず あなたは賭けに乗ってしまいます 水晶を覗き込んだあなたは 一時間後 全国放送のテレビ番組のトーク番組で 何が見えたかを話しています 「2011年末までには ベン・アリ と ムバラク そしてカダフィは失脚 そして起訴されるだろう」 「イエメンのサレハとシリアのアサドにも 国民は 立ち向かい あるいは既に失脚に追いやっているだろう」 「オサマ・ビン・ラディンは死んでいるし ラトコ・ムラディッチはハーグで裁判にかけられているだろう」

番組の司会者は あなたを不思議そうに見つめます あなたは加えて話します― 「アテネ マドリッド そしてニューヨークの大勢の若者が アラブ諸国の人民に刺激を受けて 社会正義を求めてデモを起こすでしょう」

次の瞬間 白を装った二人の男性が現れ こんな風変わりなシャツを着せ 精神科病院へと連行します

というわけで 悪人達にとっての大きな脅威となる ある現象について詳しく話しましょう すなわち「人民の力」という現象です

「人民の力」は 以前からありました ガンディーが インドから英国帝国を追い出すのを助け キング牧師の歴史的な人種差別への勝利を助けました レフ・ワレサが ここポーランドから100万人のソビエト軍を 追放するのも人民の力によって可能になりました 知ってのとおりソビエト連邦の終わりの始まりでした

それに対して 現代の人民の力にある新しい要素を 本日皆さんにお話しします それは 学習を通して人に伝授できる 非暴力的闘争で 勝利するための 諸ルールとスキルがあるということです これが本当なら 我々もその運動の一部になれます

一つ目は 分析的スキルです まず 中東を見てみましょう 我々は 中東に対して完全に間違ったイメージを 持ってきました 冷蔵庫のように凍った地域であると考えてきました また その冷蔵庫には2種類の食品しかないのです ムバラクやベン・アリのような軍事独裁者を象徴するステーキ あるいは テヘラン風の神権政治のジャガイモです しかし その冷蔵庫が開いて出て来て 世界を驚かせたのは 何百万もの 変革を求める主に非宗教的な若者でした これを予想できなかった理由は人口統計を見逃していたからです エジプト人の平均年齢は24才で ムバラク元大統領が政権を取ったのは31年前です 彼の体制は期限切れでした アラブ諸国の若者は ある朝それに気付き 自分達の持つ力を認識したのです そして あの革命が起きました 他のアラブ諸国で独裁者に立ち向かう若者の持つ ルール 道具 戦略 言語についても同じことが言えます それらは正直 現在38才の私には違和感があります ヨーロッパで抗議をする若者の年齢はどうでしょう アラブ諸国の若者と類似していますよね

もう一つ例を上げましょう 私は世界中のいろんな人にお会いします 学者や教授や博士などです 彼らはいつも 次のような条件を並べます 「人民の力が効果を持つのは政権の抑圧が強すぎない時だけである」 「人民の力が働くのは 人口の年間年収が XとYの間の時である」 「人民の力が働くには国外からの促しが必要である」 「人民の力が働くのは石油がない時だけである」など もちろん 何らかの条件はあるでしょう しかし それらの条件よりも人々が持つ能力の方が この種の闘いにおいて より重要だということが分かってきたのです その能力とは 結束力 計画力 そして非暴力原則の維持です

例を挙げましょう 私はセルビアという国から来ました 我が国では バルカン半島の独裁者スロボダン・ミロシェビッチに対して 18人の野心的な野党党首が 一人の統一候補の下に 結集するまで10年かかりました それが達成された日は我々の勝利の日となりました エジプト人がタハリール広場に集結したとき 彼らは個々人のシンボルを消し 代わりにエジプトの国旗のみを掲げて抗議をしました 対照的な例としては ルカシェンコ大統領に対抗して争っている9人の候補者たちです どうなるかは明白です 従って結束は重要で また達成可能なことです 計画性も然り 自然発生の非暴力革命が 成功した話があれば それは嘘です そんなものは存在しません 警察や軍隊と友好関係を築こうとする 前線の若者の裏には 必ず計画があるのです

最後に 非暴力の原則ですが これがおそらく大変革の鍵でしょう 非暴力の方針を貫けば いずれは闘いに勝利します 10万人の非暴力的なデモ行進で 石を投げつけるふざけた扇動者がたった一人でもいれば カメラが集中するのは当然その一人です たった一度の暴力行為が 全運動を台無しにするのです

次の話は 戦略・戦術の選び方についてです 非暴力闘争において守るべきルールというものがあります まず 小さな活動から始め 次に 勝てる闘いを選んで活動します この部屋には200人しかいません この人数で 百万人の行進を企てられませんが 夜中に クラクフ中にスプレーペイントで主張を 広めれば 街中の人がそれに気づきます イベントに合う戦略を選ぶのです 特に 普及を促す小さな仕掛けが 暴力的抑圧に対して有効です ご覧頂いている写真は 史上最高の戦略の一つです タハリール広場の写真です国際社会は 革命が イスラム主義者に乗っ取られてしまうことを ずっと恐れていましたそこでキリスト教徒が 広場で祈るイスラム教徒を守りコプト教徒の結婚式が 何千人ものイスラム教徒に祝われるように組織したのです これは世界の見る目を変えました そしてこの裏にはしっかり計画があったのです つまり 一カ所に集まって警察隊の前で 怒鳴ったり力を誇示するデモ以外に 我々にできることはたくさんあります

またこの他に大変重要な力学が働きます 情勢分析で見逃される力学です つり合いの片側は恐怖と無関心で もう一方は情熱とユーモアです ビデオゲームをイメージしてください 恐怖が大きい地点からスタートします しかし 情熱が上昇すれば 恐怖は減少します 2日目には 人々は警察から逃げてくるのではなく 警察へ向かって行くようになります エジプトで 何か特別な力が働いているのは明白です

それはユーモアの力で 大変革の鍵となる強力な要素です ポーランドでもその力は圧倒的でした セルビアでちょっと変わった学生だった私と少数の仲間達は ある日大々的ないたずらを行いました 大きなドラム缶に 当時の大統領の写真を張り付け 街の中心におきました 上には穴があいていて 人々はその中にお金を入れて バットで大統領の顔を叩くことができました 私達は近くのカフェでそれを眺めていたのですが 発する音は大きいために 数分もしないうちに それを叩きたい人で長蛇の列ができました イベントのハイライトはそれではなく 警察が現れた時に始まりました 私達は 離れたカフェから眺めていただけですから 警察は私達を逮捕することも 見つけることもできません 子供連れの買い物客を逮捕するわけにもいきません そして彼らは最も愚かな行動を取りました ドラム缶を逮捕したのです そうして 警察が つぶれた大統領の顔のドラム缶を パトカーへと引きずる光景が実現しました 新聞社のカメラマンにとって最高のシャッターチャンスでした

このような事は簡単で ユーモアの力を使えばいいのです ユーモアの力は実は 権力者に大きな打撃を与えます 自らをあまりにも堅苦しく捉えている人間ですから 権力者はバカにされると傷付くのです

さて世間は インターネットに熱狂していますね もちろん便利ではありますが フェイスブックや ツイッターを革命の中心と早合点してはいけません 実質と道具を混同しないでください インターネットなどのニューメディアが便利なのは事実です 物事をより速く より安く行えます また 匿名性には参加者を保護する効果も少なからずあります

また別のインターネットの力の例をスクリーンに映しました 非暴力運動により政府の暴力行為にスポットライトを当てられるのです これは「僕達は皆 ハリード・サイードだ」というグループです エジプトのワエル・ゴニムとその友人達が立ち上げました これは警察からひどく暴力を受けた少年の写真です これにより彼は世に知られ おそらく 権力者を追放した最後の一手であったでしょう

しかし悪い面もあります 非暴力闘争は現実社会で実らせるものです 民主化や経済構造の面で 社会に変革を起こすには 画面を見つめて クリックするだけでは足りません 冒さなければいけないリスクがあり 実際に そうして勝利を収めている人間がいるのです

アラブ世界の将来については皆が知りたがっています アラブ世界の若者達によって 3人の独裁者は倒れ ヨルダンやモロッコの賢い王様を説得し 力を借り 地域革命も実現できましたが 行く末はまだ見えません エジプトとチュニジアの人々が革命を貫き通せるのか 諸革命が残虐な民族あるいは地域紛争に終わるのか 既に幾千人を殺した残酷な暴力が 日々繰り返される中 シリアの人々は このまま非暴力闘争を続けられるのか 暴力的手段を取ってしまい 醜い内戦に転じてしまうのか これらの革命は民主主義を実現するのか 軍隊や過激派に乗っ取られてしまうのか これらの答えは誰にも分かりません 西洋世界でも同じことです 若者たちが世界中の至る場所を占拠して デモを続けていますが それらは国際的な運動へと発展するのでしょうか 真の目的を実現するための技術 熱意 そして戦略を見つけ出し 革命を実現させられるのか 無限に続く文句をただ垂れるだけで終わるのでしょうか これが 二つの革命の違いとなるでしょう

統計を見るとどうでしょう 私の友人のマリア・ステファンによる 暴力と非暴力闘争についての本を見ると 驚くべきデータがあります 過去35年間の 独裁政権から民主主義へと社会が移行した67の事例のうち 50件は非暴力戦略が鍵となりました これは「人民の力」という現象と アラブ諸国の若者世代に注目する良い理由です また 彼らが非暴力闘争を行う技術と勇気を 見つけ出せるのだと 信頼と希望を持って私が言える由縁です そして彼らは我々の世代が犯した過ちを 少しでも修正してくれるでしょう ありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画