TED日本語 - ウェリ・ゲーゲンシャッツ: スーパーウィングスーツジャンピング

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ウェリ・ゲーゲンシャッツ: スーパーウィングスーツジャンピング

TED Talks

スーパーウィングスーツジャンピング
Extreme wingsuit flying (The TEDTalk)
ウェリ・ゲーゲンシャッツ

内容

ウィングスーツジャンピングは最先端のエクストリームスポーツです?信じられないくらいの大胆さやわくわくする妙技で、峡谷の間を時速160km以上で滑空します。ウェリ・ゲーゲンシャッツが、どうやって(なぜ)それをやるのか、驚くべき映像で示します。

Script

I started with paragliding. Paragliding is taking off from mountains with a paraglider, with the possibility to fly cross-country, distance, just with the use of thermals to soar. Also different aerobatic maneuvers are possible with a paraglider.

From there I started with skydiving. In this picture you can see there is a four-way skydive,four people flying together, and on the left hand side it's the camera flyer with the camera mounted to his helmet so he can film the whole jump, for the film itself and also for the judging.

From regular, relative skydiving I went on to freeflying. Freeflying is more the three-dimensional skydiving. You can see the skydiver with the red suit, he's in a stand-up position. The one with the yellow-green suit, he's flying head-down. And that's me in the background, carving around the whole formation in freefall also, with the helmet cam to film this jump.

From freeflying I went on to skysurfing. Skysurfing is skydiving with a board on the feet. You can imagine with this big surface of a skysurfing board, there is a lot of force, a lot of power. Of course I can use this power for example for nice spinning -- we call it "helicopter moves."

From there I went on to wingsuit flying. Wingsuit flying is a suit, that I can make fly, just only with my body. If I put some tension on my body, tension on my suit, I can make it fly. And as you see the fall rate is much much slower because of the bigger surface. With a proper body position I'm able to really move forward to gain quite some distance. This is a jump I did in Rio de Janeiro. You can see the Copacabana on the left-hand side.

From there with all the skills and knowledge from paragliding and all the different disciplines in skydiving, I went on to BASE jumping. BASE jumping is skydiving from fixed objects, like buildings, antennae, bridges and earth -- meaning mountains, cliffs. It's for sure -- for me -- it's the ultimate feeling of being in free fall, with all the visual references.

So my goal soon was to discover new places that nobody had jumped before. So in summer 2000 I was the first to BASE jump the Eiger North Face in Switzerland. Two years after this, I was the first to BASE jump from Matterhorn, a very famous mountain that probably everybody knows in here. 2005 I did a BASE jump from the Eiger, from the Monk and from the Jungfrau,three very famous mountains in Switzerland. The special thing on these three jumps were, I hiked them all and climbed them all in only one day. In 2008 I jumped the Eiffel Tower in Paris. (Laughter)

So with all this knowledge, I also wanted to get into stunts. So with some friends we started to do different tricks, like for example this jump here, I jumped from a paraglider. Or here -- everybody was freezing, pretty much, except me, because it was very cold in Austria where we did this filming. Everybody sitting in a basket, and I was on top of the balloon, ready to slide down with my skysurf board. Or this jump, from a moving truck on the highway. (Laughter)

Extreme sports on top level like this is only possible if you practice step by step, if you really work hard on your skills and on your knowledge. Of course you need to be in physical, very good, condition, so I'm training a lot. You need to have the best possible equipment. And probably the most important is you have to work on your mental skills, mental preparation. And all this to come as close as possible to the human dream of being able to fly.

So for 2009, I'm training hard for my two new projects. The first one, I want to set a world record in flying from a cliff with my wingsuit. And I want to set a new record, with the longest distance ever flown. For my second project, I have a sensational idea of a jump that never has been done before.

So now, on the following movie you will see that I'm much better in flying a wingsuit than speaking in English. Enjoy, and thank you very much.

(Applause) (Applause)

June Cohen: I have some questions. I think we all might have some questions. Question one: so does that actually feel the way the flying dream does? Because it looks like it might.

Ueli Gegenschatz: Pretty much. I believe this is probably the closest possibility to come to the dream of being able to fly.

JC: I know the answer to this, but how do you land?

UE: Parachute. We have to open a parachute just seconds before, I would say, impact. (Laughter) It's not possible to land a wingsuit yet.

JC: Yet. But people are trying. Are you among those -- you're not going to commit -- are you among those trying to do it?

UE: It's a dream. It's a dream. Yeah. We're still working on it and we're developing the wingsuits to get better performance, to get more knowledge. And I believe soon.

JC: All right. Well we will watch this space. But I have two more questions. What is the -- there was exhaust coming out of the back of the wingsuit. Was that a propelled wingsuit that you were wearing?

UE: Nope. It's just smoke.

JC: Coming off of you?

(Laughter)

UE: Hopefully not.

(Laughter)

JC: That seems dangerous.

UE: No, smoke is for two reasons, you can see the speed, you can see the way where I was flying. That's reason number one. And reason number two: it's much easier for the camera guy to film If I'm using smoke.

JC: Ah, I see. So the wingsuit is set up to deliberately release smoke so that you can be tracked. One more question. What do you do to to cover your face? Because I just keep thinking of going that fast and having your whole face smushed backwards. Are you in a helmet? Are you in goggles?

UE: The purest and the best feeling would be with only goggles.

JC: And is that how you usually fly?

UE: Usually I'm wearing a helmet. In the mountains I'm always wearing a helmet because of landings -- usually it's difficult -- it's not like regular skydiving where you have like the big landings. So you have to be prepared.

JC: Right. Now is there anything you don't do? Do people come to you with projects and say, "We want you to do this!" and do you ever say, "No, no I'm not going to."

UE: Oh of course, of course. Some people have crazy ideas and --

(Laughter)

JC: ... a round of applause ...

(Applause)

UE: Thank you very much.

(Applause)

私はパラグライダーから始めました パラグライダーをつけて山の上から 飛ぶのです うまくいくと 上昇気流だけで、クロスカントリーのように 長距離を飛ぶことができます その他、エアロバティックな 操作も出来ます

パラグライダーからスカイダイビングを始めました この写真は 4人組みのスカイダイビングで 4人で一緒に飛びます 左手にいるのはカメラマンで ヘルメットにつけたカメラで 一緒に飛びながらジャンプを記録し 審判に使うことができます

一般的なレラティブスカイダイビングから フリーフライングに移りました フリーフライングはより三次元的なダイビングです 写真には赤いジャンプスーツのダイバーがいて 立った状態です 黄色と緑のスーツの方は 頭を下にしています そして後ろにいて、フォーメーション全体を ヘルメットカメラで撮影しているのが 私です

フリーフライングからスカイサーフィンに進みました スカイサーフィンはサーフボードをつけたダイビングです 表面積の大きなスカイサーブボードを 想像してください 大きな力が加わります もちろんその力を使って ヘリコプタームーブと呼ばれるスピンなどができます

そこから、わたしはウィングスーツフライングへ進みました ウィングスーツフライングは それを着ることで、自分の身体だけで飛ぶことができます 身体に力を入れ、ジャンプスーツを突っ張ると 飛ぶことができるのです 落下速度が ずっと遅くなります 表面積が大きいからです 正しい姿勢により実際に前に進むことができて 非常に長距離を飛ぶことができます これは私がリオデジャネイロでやったジャンプで コパカバーナビーチが左手に見えます

こうしたパラグライダーやスカイダイビングの いろいろな技術や知識をもって 私はベースジャンピングに進みました ベースジャンピングは固定した物体、たとえば ビルディング、鉄塔、橋、それに地球、つまり 山や崖などから飛びます 私には、それは 全方向視野の、究極の 自由落下の感覚です

そのうち私の目標は、これまで誰も 飛んだことのない場所を見つけることになりました 2000年の夏、私はスイスのアイガー北壁から ベースジャンプした最初の人間になりました それから2年後には、皆さんもご存知の 有名なマッターホルンから 初めてベースジャンプしました 2005年にはアイガー、モンク、ユングフラウから どれもスイスではよく知られた山です この三つのジャンプで特別だったのは これらのジャンプを登山も含めて全部一日でやったことです 2008年にはエッフェル塔からジャンプしました (笑)

これらの知識をもって、私は スタントをやりたいと思いました そこで、友達と色々な技を使って たとえばこんなジャンプ パラグライダーからジャンプしたり あるいはこういうやつ 撮影を行ったのはオーストリアの 非常に寒い場所だったので 私以外は皆凍えながら撮影しました 皆は熱気球のバスケットに座っていますが 私は気球の頂上にいて スカイサーフィンで滑り降りようとしています それからこれ 高速道路を走っているトラックからジャンプです (笑)

このレベルのエクストリームスポーツは 一つ一つ練習をこなして来て きびしく技術と知識を磨いて 初めて可能になります もちろん肉体のコンディションは非常によくなくてはならず たくさんトレーニングしています 最高の機材も必要です そして何より重要なのは メンタルスキルで、精神的な準備が必要です これらすべてが揃ってようやく 人間の夢「飛行」に近づくことができるのです

そこで、2009年、私は 新しいプロジェクトのためにトレーニングしています 一つは、ウィングスーツで崖から飛んで 世界最長距離を記録すること これまでの飛行の 最長距離を更新したいのです 二つ目は 過去に誰もやったことのない センセーショナルなジャンプをやってみたいのです

それで、この後のムービーでは、私が 英語を喋るより、ウィングスーツで 飛ぶ方がずっと上手だとわかるでしょう 楽しんでください どうもありがとう

(拍手)

ジェーン・コーエン(JC):質問がいくつかあるの みんな質問があるでしょうけど 質問1 あれは夢で飛んでいる時の感覚に 似たものなの? そうかもしれないと思うんだけど

ウェリ・ゲーゲンシャッ(UE):たしかに あれが 飛んでいる、という感覚に一番近いかもしれません

JC: 答えは分かっているんだけど、どうやって着地するの?

UE: パラシュートです パラシュートを開きます 着地の衝撃の、そう、数秒前に (笑) まだウィングスーツでは着地できません

JC: でも、誰か試しているのよね あなたも― あなたはやらないの―ウィングスーツでの着地は?

UE: それは夢です はい それはいま進行中で より良い性能の為、もっと知識を得る為に ウィングスーツを開発中です そのうち出来ると思います

JC: オーケー どうなるかしらね あと二つ質問があるの あの、排気はなんなの? ウィングスーツから出ているやつ ウィングスーツはなにか推力があるの?

UE: いや あれはただの煙です

JC: あなたから出ているの?

(笑)

UE: 嬉しいことにそうじゃありません

(笑)

JC: 危ないわよね

UE: いや、煙には二つ理由があって あれでスピードがわかります 飛んでいる 道筋も それが理由1 理由2は 煙があるとカメラクルーの 撮影が楽なのです

JC: なるほど つまりウィングスーツはわざと煙が出るように 追いかけやすいようにしてるのね もう一つの質問 顔は何でカバーしているの? あれだけスピードが速いと 顔が後ろに引っ張られてしまいそうだけど ヘルメットをつけるの? それともゴーグル?

UE: 一番ピュアでいい感じなのはゴーグルだけです

JC: いつもはそうやって飛ぶの?

UE: だいたいはヘルメットをつけています 山の中ではいつもヘルメットです 着地がいつも難しいので 普通のスカイダイビングのように、広い着地点があるわけではないので 準備しておかなくては

JC: なるほど あなたがなにか「しない」ことはある? いろんな人がやってきて「こういうことをしてほしい!」って言われて 「いや、やりません」って言うことがある?

UE: もちろん、もちろんです クレイジーなことを考える人もいますから

(笑)

JC: 拍手を

(拍手)

UE: どうもありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画