TED日本語 - イブ・ロッシー: 空駆けるジェットマン

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - イブ・ロッシー: 空駆けるジェットマン

TED Talks

空駆けるジェットマン
Fly with the Jetman
イブ・ロッシー
Yves Rossy

内容

ジェット推進式の翼を背負い、イブ・ロッシーはジェットマンになる。自らの体を舵にして、スイスアルプスの空を、グランドキャニオンの深い谷を、自由に飛翔します。インパクトある映像の紹介の後、翼の仕組みを解説し、飛ぶことの体験とスリルについてTEDGlobalのステージで語っています。

Script

(Music)

Text: Jetman- Yves Rossy

Grand Canyon

(Video) Narrator: Many of the tests are conducted while Yves is strapped onto the wing, because Yves' body is an integral part of the aircraft.

Text: Wind tunnel tests

Narrator: The wing has no steering controls, no flaps, no rudder. Yves uses his body to steer the wing.

Stefan von Bergen: Well he turns by just putting his head on one or the other side. And sometimes he assists that with his hands, sometimes even with the leg. He's acting as a human fuselage, so to say. And that's quite unique.

Narrator: When he arches his back, he gains altitude. When he pushes his shoulders forward, he goes into a dive.

Text: Swiss Alps

Strait of Gibraltar crossing

English Channel crossing

Commentator: There he goes. There is Yves Rossy. And I think the wing is open, the wing is open. So our first critical moment, it's open. He is down. Is he flying?

Commentator Two: It looks like he's stabilized. He's starting to make his climb.

Commentator: There's that 90 degree turn you're talking about, taking him out. He's out over the channel. There is Yves Rossy. There is no turning back now. He is over the English Channel and underway. Ladies and gentlemen, an historic flight has begun.

Commentator Two: And what he's going to do as he approaches the ground is pull down on those toggles to flare, slow himself down just a little bit, and then come in for a nice landing.

Commentator: There he is. Yves Rossy has landed in England.

Bruno Giussani: And now he's in Edinburgh. Yves Rossy. (Applause) And his equipment as well.

Yves, welcome. It is quite amazing. Those sequences were shot over the last three years in various moments of your activities. And there were many, many others. So it's possible to fly almost like a bird. What is it [ like ] to be up there?

Yves Rossy: It's fun. It's fun. (Laughter) I don't have feathers. But I feel like a bird sometimes. It's really an unreal feeling, because normally you have a big thing, a plane, around you. And when I strap just these little harnesses, this little wing, I really have the feeling of being a bird.

BG: How did you start to become Jetman?

YR: It was about 20 years ago when I discovered free falling. When you go out of an airplane you are almost naked. You take a position like that. And especially when you take a tracking position, you have the feeling that you are flying. And that's the nearest thing to the dream. You have no machine around you. You are just in the element. It's very short and only in one direction. So the idea was, okay, keep that feeling of freedom, but change the vector and increase the time.

BG: So I'm kind of curious, what's your top speed?

YR: It's about 300 km per hour before looping. That means about 190 miles per hour.

BG: And what's the weight of the equipment you're carrying?

YR: When I exit full of kerosene, I'm about 55 kilos. I have 55 kilos on my back.

BG: And you're not piloting? There is no handle, no steering nothing? It is purely your body, and the wings become part of the body and vice versa?

YR: That's really the goal, because if you put [ in ] steering, then you reinvent the airplane. And I wanted to keep this freedom of movement. And it's really like the kid playing the airplane. I want to go down like that. And up I climb, I turn. It's really pure flying. It's not steering, it's flight.

BG: What kind of training do you do, you personally, for that?

YR: Actually, I try to stay just fit. I don't do special physical training. Just, I try to keep my mobility through new activities. For example, last winter I began with kite surfing -- so new things. So you have to adapt. Because this is -- I'm quite an experienced manager of systems as a pilot, but this is really -- you need fluidity, you need to be agile and also to adapt really fast.

BG: Somebody in the audience asked me, "How does he breathe up there?" because you're going fast and you're up 3,000 meters or so.

YR: Okay, up to 3,000 meters, it's not such a big problem with oxygen. But for example, bikers, they have the same speed. Just with the helmet, integral helmet, it's really no problem to breathe.

BG: Describe for me the equipment since you have it here. So Breitling's four engines.

YR: Yeah, two-meter span. Ultrastable profile. Four little engines,22 kilos thrust each, turbines working with kerosene. Harness, parachute. My only instruments are [ an ] altimeter and time. I know I have about eight minutes fuel. So just check before it's finished. (Laughter) And yeah, that's all. Two parachutes. That means, if I have a problem with the first one I pull, I still have the possibility to open the second one. And this is my life. That's the real important thing about safety. I did use that during these last 15 years about 20 times -- never with that type of wing, but at the beginning. I can release my wing when I am in a spin or unstable.

BG: We saw the 2009 crossing of the Gibraltar Strait where you lost control and then you dived down into the clouds and in the ocean. So that was one of those cases where you let the wings go, right?

YR: Yeah. I did try in [ the ] clouds, but you lose [ orientation completely ] . So I did try to take, again, a climb altitude. I thought, okay, I will go out. But most probably I did something like that.

BG: Something that is not very safe in image.

YR: But you feel great, but you have not the right altitude. So the next thing I saw was just blue. It was the sea. I have also an audible altimeter. So I was at my minimum altitude in that vector -- fast -- so I pulled that. And then I did open my chute.

BG: So the wings have their own parachute, and you have your two parachutes.

YR: Exactly. There is a rescue parachute for the wing for two reasons: so I can repair it afterward and especially so nobody takes that, just on his head.

BG: I see. Maybe come back here. This is risky stuff indeed. People have died trying to do this kind of thing. And you don't look like a crazy guy; you're a Swiss airline pilot, so you're rather a checklist kind of guy. I assume you have standards.

YR: Yeah. I have no checklist for that.

BG: Let's not tell you employer.

YR: No, that's really two worlds. Civil aviation is something that we know very well. We have a hundred years of experience. And you can adapt really precisely. With that, I have to adapt to something new. That means improvise. So it's really a play between these two approaches. Something that I know very well -- these principles, for example, we have two engines on an Airbus; with only one engine, you can fly it. So plan B, always a plan B. In a fighter, you have an ejection seat. That's my ejection seat. So I have the approach of a professional pilot with the respect of a pioneer in front of Mother Nature.

BG: It's well said. It's well said. What happens if one of the engines stops?

YR: I do a roll. And then I stabilize, and according to my altitude, I continue on two or three engines. It's sometimes possible -- it's quite complicated to explain -- but according to which regime I was, I can continue on two and try to get a nice place to land, and then I open my parachute.

BG: So the beginning of the flight is actually you jump off a plane or a helicopter, and you go on a dive and accelerate the engines, and then you basically take off mid-air somewhere. And then the landing, as we have seen, arriving on this side of the channel, is through a parachute. So just as a curiosity, where did you land when you flew over the Grand Canyon? Did you land on the rim, down at the bottom?

YR: It was down on the bottom. And I came back afterward on the sled of the helicopter back. But it was too stoney and full of cactus on top.

BG: That's exactly why I asked the question.

YR: And also the currents are quite funny there. There is big thermal activity, big difference in altitude also. So it was much safer for me to land at the bottom.

BG: So I think that right now, many people in the audience are asking, "Okay, when are you developing a double-seater so they can fly with you?"

YR: I have a standard answer. Have you ever seen tandem birds?

BG: Perfect answer. (Applause) Yves,one last question. What's next for you? What's next for Jetman?

YR: First, to instruct a younger guy. I want to share it, to do formation flights. And I plan to start from a cliff, like catapulted from a cliff.

BG: So instead of jumping off a plane, yes?

YR: Yes, with the final goal to take off, but with initial speed. Really, I go step by step. It seems a little bit crazy, but it's not. It's possible to start already now, it's just too dangerous. (Laughter) Thanks to the increasing technology, better technology, it will be safe. And I hope it will be for everybody.

BG: Yves, thank you very much. Yves Rossy.

(Applause)

 

ジェットマン ? イブ・ロッシー

グランドキャニオン

テストの多くは ロッシーが翼を付けた状態で行われる 彼の体を入れてはじめて機体が完成した形になるからである

風洞テスト

この翼には操縦桿も フラップも方向舵もない ロッシーは自分の体を使って翼の舵を取る

頭を右左に 傾けて旋回します 手や脚を 使うこともあります 彼自身が いわば飛行機の胴体なんです すごく独特なものです

高度を上げるときには 背をそらす 下降するときには 肩を前にかがめる

スイスアルプス

ジブラルタル海峡横断

英仏海峡横断

出ました イブ・ロッシーです 翼が開いています 最初の難関が翼の展開です 下降していきます さあ飛行に移れるか

安定したようです 上昇を始めています

お話の90度旋回ですね 海峡越えに向かいます イブ・ロッシー もう引き返すことはできません 英仏海峡の上を飛行中です さあ皆さん 歴史的飛行の始まりです

地面が近づいて来ました 引き綱を引いて 減速しつつ きれいに着地しようというところです

着地です イブ・ロッシーが英国の地に降り立ちました

その彼が来ています イブ・ロッシーです (拍手) 装備一式も持ってきてもらいました

ようこそおいでくださいました まったく目を見張るばかりです 今の映像は この3年間の 様々な挑戦の記録ですが 他にもまだまだあります もう人間も鳥のように飛べるわけですね 飛ぶのはどんな感じなんでしょう?

そりゃ楽しいですよ (笑) 私に翼はありませんが 時々鳥になったように感じることがあります 何か現実離れした感じです 普通はまわりに大きな 飛行機の機体があるわけですが この小さな翼を 身に着けていると 本当に鳥になった気分がします

どのようにしてジェットマンになったんですか?

20年くらい前に スカイダイビングを始めました 飛行機から飛び出すときは ほとんど何も身に着けていません こんな姿勢を取ります 特にトラッキング姿勢を取ると 飛んでいるように 感じられます 空を飛ぶ夢に一番近い形だと思います 周りに機械はありません あるのは自分だけです ごく短時間で 進む方向は1つしかありませんけど それで思ったのは この自由の感覚を保ったまま 方向を変え もっと長く飛べたらということです

知りたいんですが 最高速度はいくらですか?

旋回する直前で時速300キロくらい だから時速190マイルほどですね

背負っているのは結構重いんでしょうか?

燃料が満タンの飛び出す時点で 55キロくらいの重さを 背負っています

操縦はしていないんですよね? 操縦桿もハンドルもなしに 体だけを使い 翼が体の一部で 体が翼の一部という・・・

それがやりたいことです 操縦桿なんか付けたら ただの飛行機になってしまいます 私は動きの自由さを保ちたいんです 子どもが飛行機ごっこするように こんな風に下降し 上昇し 旋回したいんです 素の飛行です 操縦するのではなく 自分が飛ぶんです

このためにどんな訓練を しているんでしょう?

体調を維持するように心がけていますが 特別なトレーニングは何もしていません ただ新しいことをして 機敏さを保つようにはしています たとえば去年の冬は カイトサーフィンを始めました 新しいことに対しては 適応が必要になります 私はパイロットとして システムのコントロールに関しては 相当経験があります しかしこれの場合は 柔軟さ 軽い身のこなし 素早い適応力が必要になります

客席からの質問なんですが どうやって息をしているんでしょう? 高速で飛んで 高度3,000メートルまで行くわけですが

3,000メートルというのは 酸素に関しては問題ありません 速度についても オートバイは 同じくらいのスピードを出せます フルフェイスヘルメットをかぶっていれば 問題なく呼吸できます

装備について説明していただけますか? エンジンが4つありますね

翼幅2メートルで 非常にしっかりしています 小さなエンジンが4つ それぞれ22kgfの推力がある ケロシン燃料ジェットエンジンです ハーネスにパラシュート 計器は高度計と時計だけです 燃料が持つのは8分ほどで 切れる前に知っておきたいので (笑) これで全部です パラシュートは2つ付けています 何かのトラブルで 最初のが開かなくとも 2つめのパラシュートで 助かる可能性があります あとこれは命綱です 安全という点ですごく大切なものです この15年間で 20回ほど 使う機会がありました このタイプの翼ではなく 最初の頃の話です きりもみしたり制御不能になったときに 翼を切り離せるようになっています

2009年のジブラルタル海峡横断を見ましたけど 制御不能になって 雲の中に突っ込み 海に落ちましたね あの時は翼を捨てたわけですね?

雲の中で立て直そうとしました すっかり方向を見失い もう一度 上昇しようとして 大丈夫だと思っていたんですが たぶんこんな感じになっていたんだと思います

想像しただけですごく危なそうですね

気分は良かったんですが 高度が正しくなくて 次の瞬間目にしたのは一面の青でした 海です 音声式の高度計が付いているんですが 高度が最低で こんな角度で急降下していたので 切り離しました それからパラシュートを開きました

翼自体に 自分用の2つとは別にパラシュートがあるわけですね

そうです 翼にパラシュートが付いている理由は 2つあります 回収して修理するためと 誰かの頭の上に落ちないようにするためです

なるほど こちらに戻りましょうか 危険なのは確かですね このようなことをして亡くなる人もいます でもあなたは無謀な人には見えません 航空会社のパイロットでもあり むしろチェックリストを用意して 基準に則ってやる方でしょう

これに関してはチェックリストは何もありません

会社には言わないでおきましょう

実際2つの世界は違うんです 民間航空機の技術は確立されていて 100年の経験の蓄積があります だからすごく綿密にやることができるのです しかしこれの場合は 新しいことに適応する必要があり 即興をやることになります 2つのアプローチは本当に違っています 一方は非常によく分かっていて 原則があります たとえば エアバスにはエンジンが2つありますが 片方だけでも飛べるようになっています いつでもプランBがあるんです 戦闘機だと射出座席があります これが私の射出座席です 私はプロのパイロットとしてのアプローチを取りながら 母なる自然への畏敬の念を抱いた パイオニアでもあるのです

素晴らしい言葉ですね エンジンが1つ止まったときはどうするんですか?

回転し始めるので 安定させます 高度にもよりますが 2つか3つのエンジンで飛び続けます そうできるときには? 説明するのが難しいですが どこにいるかに応じて 2つのエンジンで飛び続け 着地に適した場所を探し パラシュートを開きます

飛ぶ時は最初 飛行機かヘリからダイビングし エンジンを加速して 空中のどこかで飛び始めるんですよね そして着地は 英仏海峡の映像で見たように パラシュートを使うわけですが そうすると グランドキャニオンを飛んだ時はどこに着地したんでしょう? 崖の上ですか? 下ですか?

底に降りました それからヘリの脚に乗って 戻ってきました 上の方は石ころが多く サボテンだらけでしたから・・・

(それで聞いたんです)

それに気流がすごく妙でした 上昇気流があって 高度差もすごくあります だから底に降りる方がずっと安全だったんです

聞いているみんなが思っていることだと思いますが あなたと一緒に飛べる2人乗りのは いつできるんでしょう?

それにはいつもこう答えています タンデムになって飛ぶ鳥を見たことありますか?

申し分ない答えですね (拍手) では最後の質問です 次は何でしょう? ジェットマンの次の挑戦は?

まず若い人に教えたいですね そして一緒に 編隊飛行をしてみたいです それからカタパルトを使って 崖から飛び出すというのも考えています

飛行機から飛び降りるのではなく?

ええ 最終的には 勢いを付けて離陸できるようになりたいです 段階的にやっています クレージーに見えるかもしれませんが 違います 今でもやろうと思えばできます 危険すぎるというだけです (笑) 技術の進歩によって もっと安全に やれるようになるでしょう そして誰でも飛べるようになることを願っています

ありがとうございました イブ・ロッシーでした

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画