TED日本語 - スティーブ・トルグリア: スカイダイビング世界記録への挑戦

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - スティーブ・トルグリア: スカイダイビング世界記録への挑戦

TED Talks

スカイダイビング世界記録への挑戦
A leap from the edge of space
スティーブ・トルグリア
Steve Truglia

内容

スティーブ・トルグリアは本業で、車をひっくり返したり、火の中を歩いたり、建物から落ちたりします。そこで、スタントをより激しくかつ安全に、そして素晴らしいものにするために、最新技術を推進しています。TEDGlobal 2009では、次に挑戦するスリル満点のスタント、これまでで最も高い成層圏からのスカイダイビングについて、順を追って説明しています。

Script

I'm extremely excited to be given the opportunity to come and speak to you today about what I consider to be the biggest stunt on Earth. Or perhaps not quite on Earth. A parachute jump from the very edge of space. More about that a bit later on.

What I'd like to do first is take you through a very brief helicopter ride of stunts and the stunts industry in the movies and in television, and show you how technology has started to interface with the physical skills of the stunt performer in a way that makes the stunts bigger and actually makes them safer than they've ever been before.

I've been a professional stunt man for 13 years. I'm a stunt coordinator. And as well as perform stunts I often design them. During that time, health and safety has become everything about my job. It's critical now that when a car crash happens it isn't just the stunt person we make safe, it's the crew. We can't be killing camera men. We can't be killing stunt men. We can't be killing anybody or hurting anybody on set, or any passerby. So, safety is everything. But it wasn't always that way.

In the old days of the silent movies -- Harold Lloyd here, hanging famously from the clock hands -- a lot of these guys did their own stunts. They were quite remarkable. They had no safety, no real technology. What safety they had was very scant. This is the first stunt woman, Rosie Venger, an amazing woman. You can see from the slide, very very strong. She really paved the way at a time when nobody was doing stunts, let alone women.

My favorite and a real hero of mine is Yakima Canutt. Yakima Canutt really formed the stunt fight. He worked with John Wayne and most of those old punch-ups you see in the Westerns. Yakima was either there or he stunt coordinated. This is a screen capture from "Stagecoach," where Yakima Canutt is doing one of the most dangerous stunts I've ever seen. There is no safety, no back support, no pads, no crash mats, no sand pits in the ground. That's one of the most dangerous horse stunts, certainly.

Talking of dangerous stunts and bringing things slightly up to date, some of the most dangerous stunts we do as stunt people are fire stunts. We couldn't do them without technology. These are particularly dangerous because there is no mask on my face. They were done for a photo shoot. One for the Sun newspaper,one for FHM magazine. Highly dangerous, but also you'll notice it doesn't look as though I'm wearing anything underneath the suit. The fire suits of old, the bulky suits, the thick woolen suits, have been replaced with modern materials like Nomex or, more recently, Carbonex -- fantastic materials that enable us as stunt professionals to burn for longer, look more spectacular, and in pure safety. Here's a bit more. There's a guy with a flame thrower there, giving me what for.

One of the things that a stuntman often does, and you'll see it every time in the big movies, is be blown through the air. Well, we used to use trampettes. In the old days, that's all they had. And that's a ramp. Spring off the thing and fly through the air, and hopefully you make it look good.

Now we've got technology. This thing is called an air ram. It's a frightening piece of equipment for the novice stunt performer, because it will break your legs very, very quickly if you land on it wrong. Having said that, it works with compressed nitrogen. And that's in the up position. When you step on it, either by remote control or with the pressure of your foot, it will fire you, depending on the gas pressure, anything from five feet to 30 feet. I could, quite literally, fire myself into the gallery. Which I'm sure you wouldn't want. Not today.

Car stunts are another area where technology and engineering advances have made life easier for us, and safer. We can do bigger car stunts than ever before now. Being run over is never easy. That's an old-fashioned, hard, gritty, physical stunt. But we have padding, and fantastic shock-absorbing things like Sorbothane -- the materials that help us, when we're hit like this, not to hurt ourselves too much.

The picture in the bottom right-hand corner there is of some crash test dummy work that I was doing. Showing how stunts work in different areas, really. And testing breakaway signpost pillars. A company makes a Lattix pillar, which is a network, a lattice-type pillar that collapses when it's hit. The car on the left drove into the steel pillar. And you can't see it from there, but the engine was in the driver's lap. They did it by remote control. I drove the other one at 60 miles an hour, exactly the same speed, and clearly walked away from it.

Rolling a car over is another area where we use technology. We used to have to drive up a ramp, and we still do sometimes. But now we have a compressed nitrogen cannon. You can just see, underneath the car, there is a black rod on the floor by the wheel of the other car. That's the piston that was fired out of the floor. We can flip lorries, coaches, buses, anything over with a nitrogen cannon with enough power. (Laughs)

It's a great job, really. (Laughter) It's such fun! You should hear some of the phone conversations that I have with people on my Bluetooth in the shop. "Well, we can flip the bus over, we can have it burst into flames, and how about someone, you know, big explosion." And people are looking like this ... (Laughs) I sort of forget how bizarre some of those conversations are.

The next thing that I'd like to show you is something that Dunlop asked me to do earlier this year with our Channel Five's "Fifth Gear Show." A loop-the-loop, biggest in the world. Only one person had ever done it before. Now, the stuntman solution to this in the old days would be, "Let's hit this as fast as possible. 60 miles an hour. Let's just go for it. Foot flat to the floor." Well, you'd die if you did that.

We went to Cambridge University, the other university, and spoke to a Doctor of Mechanical Engineering there, a physicist who taught us that it had to be 37 miles an hour. Even then, I caught seven G and lost a bit of consciousness on the way in. That's a long way to fall, if you get it wrong. That was just about right. So again, science helps us, and with the engineering too -- the modifications to the car and the wheel.

High falls, they're old fashioned stunts. What's interesting about high falls is that although we use airbags, and some airbags are quite advanced, they're designed so you don't slip off the side like you used to, if you land a bit wrong. So, they're a much safer proposition. Just basically though, it is a basic piece of equipment. It's a bouncy castle with slats in the side to allow the air to escape. That's all it is, a bouncy castle. That's the only reason we do it. See, it's all fun, this job. What's interesting is we still use cardboard boxes. They used to use cardboard boxes years ago and we still use them. And that's interesting because they are almost retrospective. They're great for catching you, up to certain heights.

And on the other side of the fence, that physical art, the physical performance of the stuntman, has interfaced with the very highest technology in I.T. and in software. Not the cardboard box, but the green screen. This is a shot of "Terminator," the movie. Two stunt guys doing what I consider to be a rather benign stunt. It's 30 feet. It's water. It's very simple. With the green screen we can put any background in the world on it, moving or still, and I can assure you, nowadays you can't see the joint. This is a parachutist with another parachutist doing exactly the same thing. Completely in the safety of a studio, and yet with the green screen we can have some moving image that a skydiver took, and put in the sky moving and the clouds whizzing by.

Decelerator rigs and wires, we use them a lot. We fly people on wires, like this. This guy is not skydiving. He's being flown like a kite, or moved around like a kite.

And this is a Guinness World Record attempt. They asked me to open their 50th anniversary show in 2004. And again, technology meant that I could do the fastest abseil over 100 meters, and stop within a couple of feet of the ground without melting the rope with the friction, because of the alloys I used in the descender device. And that's Centre Point in London. We brought Oxford Street and Tottenham Court Road to a standstill.

Helicopter stunts are always fun, hanging out of them, whatever. And aerial stunts. No aerial stunt would be the same without skydiving. Which brings us quite nicely to why I'm really here today: Project Space Jump.

In 1960, Joseph Kittenger of the United States Air Force did the most spectacular thing. He did a jump from 100,000 feet,102,000 to be precise, and he did it to test high altitude systems for military pilots in the new range of aircraft that were going up to 80,000 feet or so. And I'd just like to show you a little footage of what he did back then. And just how brave he was in 1960, bear in mind.

Project Excelsior, it was called. There were three jumps. They first dropped some dummies. So that's the balloon, big gas balloon. It's that shape because the helium has to expand. My balloon will expand to 500 times and look like a big pumpkin when it's at the top. These are the dummies being dropped from 100,000 feet, and there is the camera that's strapped to them. You can clearly see the curvature of the Earth at that kind of altitude. And I'm planning to go from 120,000 feet, which is about 22 miles. You're in a near vacuum in that environment, which is in minus 50 degrees. So it's an extremely hostile place to be.

This is Joe Kittenger himself. Bear in mind, ladies and gents, this was 1960. He didn't know if he would live or die. This is an extremely brave man. I spoke with him on the phone a few months ago. He's a very humble and wonderful human being. He sent me an email, saying, "If you get this thing off the ground I wish you all the best." And he signed it, "Happy landings," which I thought was quite lovely. He's in his 80s and he lives in Florida. He's a tremendous guy. This is him in a pressure suit.

Now one of the challenges of going up to altitude is when you get to 30,000 feet -- it's great, isn't it? -- When you get to 30,000 feet you can really only use oxygen. Above 30,000 feet up to nearly 50,000 feet, you need pressure breathing, which is where you're wearing a G suit. This is him in his old rock-and-roll jeans there, pushing him in, those turned up jeans. You need a pressure suit. You need a pressure breathing system with a G suit that squeezes you, that helps you to breathe in and helps you to exhale.

Above 50,000 feet you need a space suit, a pressure suit. Certainly at 100,000 feet no aircraft will fly. Not even a jet engine. It needs to be rocket-powered or one of these things, a great big gas balloon. It took me a while; it took me years to find the right balloon team to build the balloon that would do this job. I've found that team in America now. And it's made of polyethylene, so it's very thin. We will have two balloons for each of my test jumps, and two balloons for the main jump, because they notoriously tear on takeoff. They're just so, so delicate.

This is the step off. He's written on that thing, "The highest step in the world." And what must that feel like? I'm excited and I'm scared, both at the same time in equal measures. And this is the camera that he had on him as he tumbled before his drogue chute opened to stabilize him. A drogue chute is just a smaller chute which helps to keep your face down. You can just see them there, popping open. Those are the drogue chutes. He had three of them. I did quite a lot of research. And you'll see in a second there, he comes back down to the floor.

Now just to give you some perspective of this balloon, the little black dots are people. It's hundreds of feet high. It's enormous. That's in New Mexico. That's the U.S. Air Force Museum. And they've made a dummy of him. That's exactly what it looked like. My gondola will be more simple than that. It's a three sided box, basically.

So I've had to do quite a lot of training. This is Morocco last year in the Atlas mountains, training in preparation for some high altitude jumps. This is what the view is going to be like at 90,000 feet for me. Now you may think this is just a thrill-seeking trip, a pleasure ride, just the world's biggest stunt. Well there's a little bit more to it than that.

Trying to find a space suit to do this has led me to an area of technology that I never really expected when I set about doing this. I contacted a company in the States who make suits for NASA. That's a current suit. This was me last year with their chief engineer. That suit would cost me about a million and a half dollars. And it weighs 300 pounds and you can't skydive in it. So I've been stuck. For the past 15 years I've been trying to find a space suit that would do this job, or someone that will make one.

Something revolutionary happened a little while ago, at the same facility. That's the prototype of the parachute. I've now had them custom make one, the only one of its kind in the world. And that's the only suit of its kind in the world. It was made by a Russian that's designed most of the suits of the past 18 years for the Soviets. He left the company because he saw, as some other people in the space suit industry, an emerging market for space suits for space tourists.

You know if you are in an aircraft at 30,000 feet and the cabin depressurizes, you can have oxygen. If you're at 100,000 feet you die. In six seconds you've lost consciousness. In 10 seconds you're dead. Your blood tries to boil. It's called vaporization. The body swells up. It's awful. And so we expect -- it's not much fun. We expect, and others expect, that perhaps the FAA, the CAA might say, "You need to put someone in a suit that's not inflated, that's connected to the aircraft." Then they're comfortable, they have good vision, like this great big visor. And then if the cabin depressurizes while the aircraft is coming back down, in whatever emergency measures, everyone is okay.

I would like to bring Costa on, if he's here, to show you the only one of its kind in the world. I was going to wear it, but I thought I'd get Costa to do it, my lovely assistant. Thank you. He's very hot. Thank you, Costa. This is the communication headset you'll see on lots of space suits. It's a two-layer suit. NASA suits have got 13 layers. This is a very lightweight suit. It weighs about 15 pounds. It's next to nothing. Especially designed for me.

It's a working prototype. I will use it for all the jumps. Would you just give us a little twirl, please, Costa? Thank you very much. And it doesn't look far different when it's inflated, as you can see from the picture down there.

I've even skydived in it in a wind tunnel, which means that I can practice everything I need to practice, in safety, before I ever jump out of anything. Thanks very much, Costa. (Applause)

Ladies and gentlemen, that's just about it from me. The status of my mission at the moment is it still needs a major sponsor. I'm confident that we'll find one. I think it's a great challenge. And I hope that you will agree with me, it is the greatest stunt on Earth. Thank you very much for your time. (Applause)

ここでお話しができてとてもうれしく思います 今日 皆さまにご紹介するのは おそらく地球上で最大のスタント いや 地球上というより ほとんど宇宙という所からのパラシュート降下です 詳しくは後ほどにして

まず初めに非常に簡潔に 映画やテレビで使われるスタントの世界をご案内します そして 科学技術がいかに スタントを行う人の身体能力と 結びつき始めたのか説明します 科学技術はスタントをより迫力あるものとし その一方 これまで以上に安全なものにしました

私は13年間プロのスタントマンをしています スタント・コーディネーターでもあり 自らスタントを行なう上演出も手がけています 仕事中は 常に健康と安全を考えています 現在 カークラッシュのスタントを行なう場合 スタントを行う人に加えスタッフの安全確保も必須です カメラマンもスタントマンも死なせられませんし 撮影現場で誰も死なせたり怪我をさせられません 通行人もですだから安全が全てなんです しかし そうでない時代もありました

サイレント映画だった昔 時計の針にぶら下がるシーンで有名なハロルド・ロイドをはじめ 多くがスタントを自ら行い目覚ましいものがありましたが 安全対策も 技術と呼べるものもありませんでした とても危険な環境でした こちらは最初のスタートウーマン ロージー・ヴェンガーです驚くべき女性です スライドからわかるようにとても強靭な方です 彼女はまさに道を開きました 女性はおろか誰もスタントをやらなかった時代にです

私が憧れ 尊敬するのはヤキマ・カヌート 彼はスタントにおける喧嘩のシーンの型を作りました ジョン・ウェインと仕事をし西部劇の殴り合いシーンでは ヤキマが演出か演技で必ずスタントに関わっていました これは『駅馬車』のワンシーンです ヤキマ・カヌートのこのような危険なスタントは他に類を見ません 本当に危険です後ろからのサポートや パッドや衝撃を吸収するマットも砂場もありません 馬を使ったものとしては最も危険なスタントとも言えるでしょう

危険なスタントと言えばもっと最近を見てみると 最も危険な部類に火を使うスタントがあります これは技術の進歩なしにはできません 特に危険なのは このような 顔にマスクをつけないものです 『ザ・サン』紙と『FHM』マガジンのために 撮影されたものです 非常に危険ですが 皆さんには 私が服の下に何か着ているようには見えないでしょう 過去の防火スーツはかさばる厚手のウール製でしたが 最新の原料に取って代わりました ノーメックスやより最近のものではカーボネックスといった 素晴らしい素材によりスタントマンが安全を確保して より長時間燃え続けより派手に見せられるようになりました もう少し続けます 火炎放射器でやられているところです

私たちがよくやるスタントに アクション映画では必ずある 勢いよく吹き飛ばされるシーンがあります 以前はミニトランポリンを使いましたそれしかなかったので それに傾斜ですそこから空中にジャンプします うまくいけばそれらしく見えます

今は技術を使いますこれはエアラムと呼ばれるものです スタントを行う初心者にとっては恐ろしい装置です 乗り方を誤ると ものすごい勢いで 脚が折れてしまうからです それはさて置きこの装置は圧縮酸素を使用します 上向きになっていますがこれに乗って リモコンか自分自身の足の力で 発射しますガスの圧力に応じて 人間を10メートル近くも 飛ばすことができます 実際ここならバルコニーまで飛ぶことができます 皆さんのご迷惑になるので 今日はやめておきます

カースタントも技術工学の進歩で より楽に安全になりました 以前よりさらに派手なカースタントも行えます はねられるのは今でも大変です これは昔からある厳しく勇気のいる荒っぽいスタントです しかしパッドや ソルボセインのような素晴らしい衝撃吸収材のおかげで こんな風にぶつかっても それほど怪我をすることはありません

下側右の写真は 私が行った ある衝突実験の様子です いろいろなスタントがあるのがわかります これは標識柱に突進する実験です Lattix製の支柱を使っています これは格子状に編まれた柱でぶつかると崩れます 左側の車は鋼鉄製の柱に突入しました 良く見えませんがエンジンが運転席まで来ていました 操作はリモコンで行いました もう一台の車は同じ時速100キロで 私が運転しました 無事 怪我もしませんでした

車の横転にも技術が使われています 従来の方法は 傾斜に乗り上げるものでこれは現在も使います しかし今は 圧縮窒素を用いたカノン砲があります 車体下もう一方の車の車輪の傍に 黒い棒が見えると思います あれは地面から発射されたピストンです 大型トラックや客車やバスなど何でもひっくり返すことができます 窒素カノン砲の威力次第です(笑)

いい仕事なんです 本当に(笑) とても楽しいんです! 店で買い物中に Bluetoothでこんな電話をすることもあります 「えーと バスを吹っ飛ばして燃え上がらせて 誰か爆発させようか」 すると周りの人にこんな顔をされます (笑) こんな会話が異様だなんて自分では感じなくなっているようです

次にお見せしたいのは ダンロップから今年初めに依頼された Channel 5の『フィフス・ギア』でのスタントです それは世界最大の宙返りです かつて成功した人は一人しかいません さて 昔ならスタントマンの解決法は 「スピードを上げられるだけ上げ時速100キロで 思いっきりいこうアクセルを床まで踏み込んで」 まあ それでは死んでしまうでしょう

そこで あちらのケンブリッジ大学に行き 機械工学博士の物理学者と話をしました 彼の計算によると時速60キロが必要とのことでした それでも 7Gの重力がかかり 途中でいくらか意識を失いました やり損ねて 落ちるには結構高さがあります そこでまた科学の出番です工学もです 車体と車輪を改良しました

高所からの落下は昔ながらのスタントです 面白いのは エアバッグを使うのですが いくつかは非常に先進的で以前とは違い 少し着地を誤っても横に滑り落ちないよう 設計された非常に安全なものです でも根本的には基本的な機材で 空気で膨らませる エア遊具と同じです 横のスラットが空気を逃がします 後はエア遊具と同じです だからやるんですこの仕事は楽しいことだらけです 面白いのは いまだにダンボール箱を使っていることです 何年も前から使われていて今も使っています レトロっぽいところが面白いのです ある程度までの高さからならその上に飛び降りられます

その一方 体を使った芸術とも言えるスタントマンの演技が ITとソフトウェアといった非常に高度な技術と 結びつきました ダンボール箱ではなくグリーンスクリーンを使うジャンプです これは映画『ターミネーター』のワンシーンです 2人のスタントマンがたいしたことないスタントをしています 9メートル程の高さから水にとてもシンプルです グリーンスクリーンがあればあらゆるものを背景にできます 動いているものでも 止まっているものでも 近頃はつなぎ目などわかりません これは二人のパラシューティストですが全く同じ事をしています スタジオ内で全く安全です あとでスカイダイビングをして撮影した動画を使って 動く空や飛んで行く雲を合成します

減速装置とワイヤーもよく使用します このようにワイヤーで吊って人を飛ばせます この人はスカイダイビングをせず凧のように飛ばされているのです あるいは凧のように動かされています

そしてこれはギネス世界記録への試みです 2004年に 50周年記念のショーのオープニングに頼まれました 再び技術のおかげで 100メートルを超える最速の懸垂下降をし 地面から1メートル弱のところで ロープを摩擦で溶かさず止まることができました 下降用装置に特殊な合金を使ったからです ロンドンのセンターポイント・ビルで行なわれ すぐ傍の交差点は立ち止まる人で溢れました

ヘリコプターでのスタントはいつも楽しいものです 外に吊るされても何でも あと空中スタントですスカイダイビングは必須です ここでうまく本題に戻ります プロジェクト・スペース・ジャンプです

1960年 米国空軍のジョセフ・キッティンジャーが すごい事を行いました 高度3万メートル 正確には3万1千メートルから降下です それは2万5千メートルほどの高度まで上昇する 新たな航空機で軍のパイロットが使用する 高高度システムの実験として行いました それでは 彼が行った当時の映像を 少しお見せしたいと思います 1960年 そんな時代にまったく勇敢でしたね

プロジェクト・エクセルシオです 3つのジャンプからなります まず初めにダミー人形をいくつか落とします そしてあれが巨大なガス気球です ヘリウムが広がる必要があるためあの形になっています 私の気球は500倍までふくらみ 限界までふくらますと大きなカボチャのように見えます これらは上空3万メートルから落とされたダミー人形で カメラが装着されています あそこまでの高度になると地球の湾曲がはっきり見えます 私はというと 3万6千メートルからの降下を計画しています つまり約36キロです ほとんど真空の マイナス50度の環境になります 極めて過酷な場所です

こちらはジョセフ・キッティンジャーです 皆さん1960年ですよ 彼は助かるか分かりませんでした極めて勇敢な男です 数か月前 彼と電話で話をしました とても謙虚で素晴らしい人物でした 彼からのメールには「計画が軌道に乗るよう幸運を祈ります」と 書いてありました「いってらっしゃい」とのサインとともに それを見てとても素敵だと思いました 彼は80代でフロリダに住んでいます彼はとても素敵な人です これは与圧服を着た姿です

さて 高度を上げる挑戦の一つは 1万メートル近くなると --すごいですよね? 1万メートルになると酸素に頼るしかありません 1万メートルを超えて1万5千メートル近くまで上昇すると 補助呼吸が必要になり耐Gスーツを着用します これは古いロックンロールジーンズをはいた彼で 折り返しのあるジーンズをはいています 与圧服も必要です 陽圧呼吸システムと 締めつけの強い耐Gスーツが必要です それらは呼吸を助けてくれます

1万5千メートルを超えると宇宙服のような与圧服が必要になります 3万メートルに達すると航空機など飛べません ジェットエンジン装備のものでも不可能です ロケット動力や非常に巨大な ガス気球のようなものが必要になります この役割を果たす気球をつくるチームを探すのには苦労し 何年もかかりました そのチームはやっとアメリカで見つけました 気球はポリエチレン製で非常に薄いものです テスト降下用に2つ気球を用意し 実際の降下用にもう2つ用意します 離陸時に破れることは周知の事実だからです 本当にとても破れやすいです

これは飛び降りるところです彼はこのことについて 「世界最高度での一歩」と書きました それはどんな気分でしょうか? 私は興奮と恐怖を同時に同じ分だけ 感じています これは回転する彼に取り付けられたカメラの映像で 姿勢を安定させる減速用のドローグシュートが開く前の様子です ドローグシュートは顔を下にした姿勢の維持に役立つ小さなパラシュートです ポンと開くのが見られます あれらがドローグシュートです彼は三つ用意しました 私はかなり調査しました 間もなく地上に戻ってくる姿が見えます

さて気球の大きさを分かっていただきたいのですが 小さな黒の点々は人です 高さは60メートルほどあり巨大なんです ニューメキシコ州で撮影されました これはアメリカ空軍博物館の写真です 彼のダミー人形もあり当時の状況そっくりです 私のゴンドラはあれより簡素なものになるでしょう 基本的には三つの面を持つボックスです

準備には訓練も欠かせません これは昨年アトラス山脈が走るモロッコで 高高度降下に備えたトレーニングの写真です これが高度2万7千メートルからの眺めです さて 皆さんはこれが スリルを楽しむ冒険だとか ただの派手なスタントだと思うかもしれません いや そんなものではありません

このスカイダイビング用の宇宙服を探す過程で 当初は思ってもいなかった 技術領域に導かれました NASA向けにスーツを製造している 米国の企業を訪ねました あれは最新のスーツですこれは昨年チーフ・エンジニアと撮った写真です 約150万ドルもするものでした それに重さ140キロ近くでスカイダイビングはできません なかなか難しいものです過去15年間 このためのスーツや製造者を探していました

ところが画期的なことが起こりました ごく最近 同じ施設でです これはパラシュートの試作品で現在 発注して製造させています 世界で唯一のものですこれも世界で唯一のスーツ 過去18年 ソ連の使用した 殆どの宇宙服をデザインした ロシア人によってつくられました 彼がその会社を辞めたのは 宇宙服産業の他の人たちと同じく 宇宙旅行のための宇宙服市場の出現を見たからです

もし1万メートル上空の航空機で 機内の気圧が下がっても酸素があれば助かります 高度3万メートルになると生きられません 6秒で意識を失い10秒で命を失います 血液が沸騰しようとしますそれを気化と言います 体が膨れ上がります恐ろしいです あまり 楽しいとは言えませんね 私たちや他の人たちはこう予想します たぶん連邦航空局や民間航空局は 「膨らまないスーツを着させて 航空機につなぐ必要がある」と言うでしょう この巨大なバイザーをつけ快適で視界も良好となります もし航空機が降下中に緊急事態が発生して 急に機内の気圧が下がっても みんな安全です

さて ここで コスタを呼んで 世界で唯一のスーツをお見せします 私が着るつもりでしたが すばらしいアシスタントのコスタにお願いしました ありがとう とても暑いですありがとうコスタ これはコミュニケーションをとるためのヘッドセットで 多くの宇宙服に見られます これは2層のスーツですNASAのスーツは13層です これはとても軽量なスーツです重さは約15ポンドです ほとんど重さを感じません私専用につくられた

実際に使える試作品です全ての降下で使う予定です コスタ 少し回ってみてくれる? どうもありがとう 膨らませても 違いはほとんど見られません この下の写真からわかります

このスーツを着て風洞でスカイダイビングもしました つまり 必要な訓練すべてを安全に行えるということです 実際に降下する前にですどうもありがとう コスタ (拍手)

みなさん 私からは以上です ミッションの現状ですが 大きいスポンサーがまだ必要です 見つけられると確信しています 偉大なチャレンジだと思います これが地球上で最高のスタントであるとお分かりいただけたらと思います どうもありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画