TED日本語 - ロバート・スワン: 最後の手つかずの大陸を守れ

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ロバート・スワン: 最後の手つかずの大陸を守れ

TED Talks

最後の手つかずの大陸を守れ
Let's save the last pristine continent
ロバート・スワン
Robert Swan

内容

2041年は、地球にとって大きな意味を持つ年です。地球最後の手つかずの大陸である南極を、開発から50年間保護する条約の期限が切れるのです。初めて両極を徒歩で踏破した探検家ロバート・スワンは、この条約を延長するミッションに取り組んでおり、我々自身の生存のために南極を守るよう、情熱と力強さをもって私たちに訴えます。

Script

Let's go south. All of you are actually going south. This is the direction of south, this way, and if you go 8,000 kilometers out of the back of this room, you will come to as far south as you can go anywhere on Earth, the Pole itself.

Now, I am not an explorer. I'm not an environmentalist. I'm actually just a survivor, and these photographs that I'm showing you here are dangerous. They are the ice melt of the South and North Poles. And ladies and gentlemen, we need to listen to what these places are telling us, and if we don't, we will end up with our own survival situation here on planet Earth.

I have faced head-on these places, and to walk across a melting ocean of ice is without doubt the most frightening thing that's ever happened to me.

Antarctica is such a hopeful place. It is protected by the Antarctic Treaty, signed in 1959. In 1991, a 50-year agreement was entered into that stops any exploitation in Antarctica, and this agreement could be altered, changed, modified, or even abandoned starting in the year 2041. Ladies and gentlemen, people already far up north from here in the Arctic are already taking advantage of this ice melt, taking out resources from areas already that have been covered in ice for the last 10,20,30,000,100,000 years. Can they not join the dots and think, "Why is the ice actually melting?"

This is such an amazing place, the Antarctic, and I have worked hard for the last 23 years on this mission to make sure that what's happening up here in the North does never happen, can not happen in the South.

Where did this all begin? It began for me at the age of 11. Check out that haircut. It's a bit odd. (Laughter) And at the age of 11, I was inspired by the real explorers to want to try to be the first to walk to both Poles. I found it incredibly inspiring that the idea of becoming a polar traveler went down pretty well with girls at parties when I was at university. That was a bit more inspiring. And after years,seven years of fundraising,seven years of being told no,seven years of being told by my family to seek counseling and psychiatric help, eventually three of us found ourselves marching to the South Geographic Pole on the longest unassisted march ever made anywhere on Earth in history. In this photograph, we are standing in an area the size of the United States of America, and we're on our own. We have no radio communications, no backup. Beneath our feet,90 percent of all the world's ice,70 percent of all the world's fresh water. We're standing on it. This is the power of Antarctica.

On this journey, we faced the danger of crevasses, intense cold, so cold that sweat turns to ice inside your clothing, your teeth can crack, water can freeze in your eyes. Let's just say it's a bit chilly. (Laughter) And after 70 desperate days, we arrive at the South Pole. We had done it. But something happened to me on that 70-day journey in 1986 that brought me here, and it hurt. My eyes changed color in 70 days through damage. Our faces blistered out. The skin ripped off and we wondered why. And when we got home, we were told by NASA that a hole in the ozone had been discovered above the South Pole, and we'd walked underneath it the same year it had been discovered. Ultraviolet rays down, hit the ice, bounced back, fried out the eyes, ripped off our faces. It was a bit of a shock -- (Laughter) -- and it started me thinking.

In 1989, we now head north. Sixty days, every step away from the safety of land across a frozen ocean. It was desperately cold again. Here's me coming in from washing naked at -60 Celsius. And if anybody ever says to you, "I am cold" -- (Laughter) -- if they look like this, they are cold, definitely. (Applause)

And 1,000 kilometers away from the safety of land, disaster strikes. The Arctic Ocean melts beneath our feet four months before it ever had in history, and we're 1,000 kilometers from safety. The ice is crashing around us, grinding, and I'm thinking, "Are we going to die?" But something clicked in my head on this day, as I realized we, as a world, are in a survival situation, and that feeling has never gone away for 25 long years. Back then, we had to march or die. And we're not some TV survivor program. When things go wrong for us, it's life or death, and our brave African-American Daryl, who would become the first American to walk to the North Pole, his heel dropped off from frostbite 200 klicks out. He must keep going, he does, and after 60 days on the ice, we stood at the North Pole. We had done it. Yes, I became the first person in history stupid enough to walk to both Poles, but it was our success.

And sadly, on return home, it was not all fun. I became very low. To succeed at something is often harder than actually making it happen. I was empty, lonely, financially destroyed. I was without hope, but hope came in the form of the great Jacques Cousteau, and he inspired me to take on the 2041 mission. Being Jacques, he gave me clear instructions: Engage the world leaders, talk to industry and business, and above all, Rob, inspire young people, because they will choose the future of the preservation of Antarctica.

For the world leaders, we've been to every world Earth Summit, all three of them, with our brave yacht,2041, twice to Rio, once in '92, once in 2012, and for the Earth Summit in Johannesburg, we made the longest overland voyage ever made with a yacht,13,000 kilometers around the whole of Southern Africa doing our best to inspire over a million young people in person about 2041 and about their environment.

For the last 11 years, we have taken over 1,000 people, people from industry and business, women and men from companies, students from all over the world, down to Antarctica, and during those missions, we've managed to pull out over 1,500 tons of twisted metal left in Antarctica. That took eight years, and I'm so proud of it because we recycled all of it back here in South America. I have been inspired ever since I could walk to recycle by my mum. Here she is, and my mum -- (Applause) -- my mum is still recycling, and as she is in her 100th year, isn't that fantastic? (Applause) And when -- I love my mum. (Laughter) But when Mum was born, the population of our planet was only 1.8 billion people, and talking in terms of billions, we have taken young people from industry and business from India, from China. These are game-changing nations, and will be hugely important in the decision about the preservation of the Antarctic. Unbelievably, we've engaged and inspired women to come from the Middle East, often for the first time they've represented their nations in Antarctica. Fantastic people, so inspired. To look after Antarctica, you've got to first engage people with this extraordinary place, form a relationship, form a bond, form some love. It is such a privilege to go to Antarctica, I can't tell you. I feel so lucky, and I've been 35 times in my life, and all those people who come with us return home as great champions, not only for Antarctica, but for local issues back in their own nations.

Let's go back to where we began: the ice melt of the North and South Poles. And it's not good news. NASA informed us six months ago that the Western Antarctic Ice Shelf is now disintegrating. Huge areas of ice -- look how big Antarctica is even compared to here -- Huge areas of ice are breaking off from Antarctica, the size of small nations. And NASA have calculated that the sea level will rise, it is definite, by one meter in the next 100 years, the same time that my mum has been on planet Earth. It's going to happen, and I've realized that the preservation of Antarctica and our survival here on Earth are linked. And there is a very simple solution. If we are using more renewable energy in the real world, if we are being more efficient with the energy here, running our energy mix in a cleaner way, there will be no financial reason to go and exploit Antarctica. It won't make financial sense, and if we manage our energy better, we also may be able to slow down, maybe even stop, this great ice melt that threatens us.

It's a big challenge, and what is our response to it? We've got to go back one last time, and at the end of next year, we will go back to the South Geographic Pole, where we arrived 30 years ago on foot, and retrace our steps of 1,600 kilometers, but this time only using renewable energy to survive. We will walk across those icecaps, which far down below are melting, hopefully inspiring some solutions on that issue.

This is my son, Barney. He is coming with me. He is committed to walking side by side with his father, and what he will do is to translate these messages and inspire these messages to the minds of future young leaders. I'm extremely proud of him. Good on him, Barney.

Ladies and gentlemen, a survivor -- and I'm good -- a survivor sees a problem and doesn't go, "Whatever." A survivor sees a problem and deals with that problem before it becomes a threat. We have 27 years to preserve the Antarctic. We all own it. We all have responsibility. The fact that nobody owns it maybe means that we can succeed. Antarctica is a moral line in the snow, and on one side of that line we should fight, fight hard for this one beautiful, pristine place left alone on Earth. I know it's possible. We are going to do it. And I'll leave you with these words from Goethe. I've tried to live by them.

"If you can do, or dream you can, begin it now, for boldness has genius, power and magic in it."

Good luck to you all.

Thank you very much.

(Applause)

南へ行きましょう みんなで南に行くんです この方向が南になります このホールの後方に向かって 8千キロ進んだなら 地球上で どこよりも 南にある場所 南極点に到ります

私は探検家ではなく 環境問題の専門家でもなく ただの生き残りに 過ぎません お目にかける写真は 危険なものです 南極と北極で 溶けている氷です 皆さん これらの場所が上げている悲鳴に 耳を傾ける必要があります もしそうしないなら やがて地球上のみんなが 生きるか死ぬかの状況に なるでしょう

私はこれらの場所に 向き合ってきました 溶け出している 氷の海の上を歩くのは 間違いなく 私がかつて体験した 最も恐ろしいことです

南極は希望に満ちた場所です 1959年に締結された 南極条約によって守られています 1991年には 南極の開発を 50年間行わないという 条項が追加されました ですから この条項は 変更され ― 修正され 改変され あるいは破棄されるかもしれません 2041年までという 期限付きなのです 人々は 北極周辺では既に 氷の融解を 利用しています 資源が掘り出されています 1万年 2万年 3万年 10万年もの間 ずっと氷に 覆われていた場所からです 彼らはヒントを繋ぎ合わせて 疑問を持たないんでしょうか 「なぜ氷が溶けているんだろう」と?

南極というのは 実に素晴らしい場所です これまでの23年間 私が全力で 取り組んできた使命は 北で起きていることを 南では決して ― 起こさせないようにする ということです

その始まりが いつかというと 私が11歳の時でした この変な髪型を 見てくださいよ (笑) 11歳の時 探検家達に 刺激されて 両極を踏破する 最初の人間になりたいと思いました 大学生の頃 極地探検家になる という考えは パーティーで女の子たちに ウケが良かったので さらに魅力的に 思えました 7年に渡り 資金集めに奔走し 7年に渡り ノーと言われ続け 7年に渡り 家族が ― 精神科医のカウンセリングを 受けさせようとし続けた末に 我々は3人で南極点へ向け 歴史上最も長い 自力のみによる 行進をしていました この写真で 私たちが立っているのは アメリカに匹敵する 広さの土地です そこにいるのは 私たちだけで 無線通信も 支援もありません 私たちの足の下には 世界の氷の90%がありました 世界の淡水の 70%がありました その上に立っていたんです それが南極大陸の力です

この旅で私たちは クレバスの危険や 猛烈な寒さに 直面しました あまりに寒くて 服の下で汗が凍り 歯がひび割れ 目の表面が凍るんです ちょっとばかり涼しすぎたと 言っておきましょう (笑) 死にものぐるいの70日間の後 私たちは南極点にたどり着きました 成し遂げたんです しかしこの南極点に到る1986年の 70日間の旅で 私にあることが起きました 私がここに立つ 元になったことです 目の色が変わったんです 70日間に及ぶダメージのためです 顔に水ぶくれができ 顔の皮膚がはがれ落ち 不思議に思っていました 帰ってきた時に NASAから知らされたのは 南極上空に オゾンホールが見つかった ― ということです 私たちがその下を歩いたのと 同じ年に発見されたんです 降り注いだ紫外線が 氷に反射して 目を焼き 顔の皮をはいだんです ちょっとショックでしたね (笑) それから考えるようになりました

1989年 今度は 北極に向かいました 60日に渡り 凍った海の上を 一歩一歩 安全な土地から 遠ざかって行きました ここもまた猛烈に寒かった 氷点下60度の中 裸で体を洗って 戻ってきた所です もし誰か「寒い」って 言う人がいたら (笑) 寒いってのは こういうのを言うんです (拍手)

安全な土地から 千キロ隔たったところで 災難に見舞われました 私たちの足の下で 北極海が いつもより4ヶ月早く溶け始めたんです 安全な場所からは 千キロも離れています 周りで氷がぶつかり合い 擦れ合っています 「ここで死ぬんだ」と思いました しかしその日 私の頭の中でひらめいたのは 世界は生きるか死ぬかの状況に あるんだということです 25年間 その思いが 頭から去ることはありませんでした あの時の私たちは 進むか死ぬかでした テレビのサバイバー番組 じゃないんです 何かがまずくなれば 即 命に関わります 北極へ歩いて行った 最初のアメリカ人となった 勇敢なアフリカ系 アメリカ人のダリルは あと200キロのところで 凍傷のため踵がもげ落ちました 彼はそれでも進み続け 60日間の氷の上の行進の後 私たちは北極点に立ちました 成し遂げたんです 私の前に徒歩で両極に行くほど 馬鹿な人間はいませんでした これは我々にとって 成功でした

あいにく帰路は 楽しいものでは ありませんでした 気分が滅入りました 成功してしまうというのは 時に 実現する過程より辛いものなんです 私は空虚で 孤独で 財政的に破綻し 希望を失っていました しかし希望が偉大な ジャック・クストーによりもたらされ 2041年問題に取り組むよう 私を駆り立てました ジャックは私に 明確な指示をしました 「世界のリーダーを巻き込み 産業界の人達と話をし そして何より 若者達を触発することだ 南極保護の未来は 彼らにかかっているのだから」

世界のリーダーを巻き込むため 我々のヨット「2041年丸」は 地球サミットに 3回とも参加しています リオには2回 1992年と2012年に来ました ヨハネスブルグでの 地球サミットでは ヨットで行われた 最長の地上の航海をし 南アフリカ中を 1万3千キロ走破し 2041年問題や 彼らの環境問題について 百万人以上の若者に 直接語りかけました

この11年の間に 千人以上を南極に連れて行きました 産業界の人々 企業の男女 世界中の学生たちが 南極に行きました これらのミッションの間 私たちは南極に放置された 千5百トンの屑鉄を回収しました これには8年かかりました 私が特に誇りに思うのは それをすべて ここ南アメリカにおいてリサイクルしたことです 歩けるようになって以来ずっと 私はリサイクルすることを 母から学んできました これが母です (拍手) 百歳になった今でも リサイクルしています すごくないですか? (拍手) 愛してるよ 母さん (笑) 母が生まれた時 世界の人口は 18億人しかいませんでした 何十億の人間ということで言うと 私たちはインドや中国の 産業界の若者達も 南極に連れて行きました この2つの国は 南極保護の決断において 非常に重要な役割を 担うはずです 信じられないことに 中東の女性にも 南極に来るよう促せました 彼らの国から南極に来た 初の代表だったことも たびたびです 素晴らしい人々で とても触発されます 南極の面倒を見るためには まず人々を この素晴らしい場所へと巻き込んで 関係を築き 絆を作り 愛を育む必要があります 南極に行くというのは すごい特権であり 私はとても幸運だと 思っています これまでに 35回訪れました 私たちと共に南極に行った人々は 国に戻ってから 南極の問題だけでなく 各々の国の問題を解決する 大きな力になっています

はじめの話題に戻りましょう 両極の氷の融解です 良いニュースではありません 半年前 NASAは 西南極氷床が 崩れつつあると発表しました 広大な氷です 南極は南米に並ぶほどの 大きさがあるんです 小さな国くらいもある 巨大な氷が 南極から はがれ落ちているんです NASAの計算によると 今後百年で 間違いなく 海水面が 1メートルは上昇します 私の母が地球で生きてきたのと 同じ長さの時間で それが起きるのです 私は気付きました 南極の保護と ― 我々が地球で生き残れるかは 繋がっているんです 解決法は単純です もし世界でもっと 再生可能エネルギーを使い エネルギーを もっと効率良く使い よりクリーンなエネルギーを 使うようにするなら 南極を開発すべき 経済的理由なんて ないのです もっとエネルギーをうまく管理できたなら 私たちを脅かす大規模な氷の融解を スローダウンさせるか 止めることさえ できるかもしれません

難問ではありますが それに対する私たちの 取り組みとして 来年末に私たちは 再び南極点に行きます 30年前に歩いて行ったのと 同じ場所へ 千6百キロの同じ行程を 辿って行きますが 今回は 再生可能エネルギーだけを 使います ずっと下の方では溶けている 氷冠を越えて行きます この問題について人々の心に 訴えかけられたらと願っています

これは私の息子の バーニーです 父と並んで歩むことを 約束してくれました 彼の役割は このメッセージを翻訳して 将来の若きリーダー達の 心に届けることです 息子をとても 誇りに思っています いいぞ バーニー

皆さん 生き残る者というのは ― これは私の得意技ですが ― 問題を見て「関係ない」 とは思いません 生き残る者は 問題に目を向け 問題が脅威になる前に 対処するのです 南極を守るために あと27年の時間があります みんなにかかっています みんなの責任です 誰のものでもないことによって 成功できるかもしれません 南極は雪の上に描かれた モラルの線であり この地球に残された 唯一手つかずの素晴らしい地を 死守しなければなりません 可能だと信じています 私たちはやり遂げられます ゲーテの言葉を 残したいと思います 私はそう生きようと 心がけています

「何であれやれること 夢見ていることがあるなら 今すぐ始めることだ 大胆さの中には 天才と力と魔法があるのだから」

健闘を祈ります

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画