TED日本語 - フィル・ボージェス: 絶滅危機にある文化を語る

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - フィル・ボージェス: 絶滅危機にある文化を語る

TED Talks

絶滅危機にある文化を語る
Documenting our endangered cultures
フィル・ボージェス
Phil Borges

内容

写真家フィル・ボージェスが、インドのダラムシャーラーの山から来た人々、エクアドル・アマゾンのジャングルの人々など、めったに見ることができない写真を紹介します。彼は、絶滅の危機にある文化の記録を通して、文化の保護に取り組んでいます。

Script

A fact came out of MIT, couple of years ago. Ken Hale, who's a linguist, said that of the 6,000 languages spoken on Earth right now,3,000 aren't spoken by the children. So that in one generation, we're going to halve our cultural diversity. He went on to say that every two weeks, an elder goes to the grave carrying the last spoken word of that culture. So an entire philosophy, a body of knowledge about the natural world that had been empirically gleaned over centuries, goes away. And this happens every two weeks.

So for the last 20 years, since my dental experience, I have been traveling the world and coming back with stories about some of these people. What I'd like to do right now is share some of those stories with you. This is Tamdin. She is a 69-year-old nun. She was thrown in prison in Tibet for two years for putting up a little tiny placard protesting the occupation of her country. And when I met her, she had just taken a walk over the Himalayas from Lhasa, the capital of Tibet, into Nepal, across to India -- 30 days -- to meet her leader, the Dalai Lama. The Dalai Lama lives in Dharamsala, India. So I took this picture three days after she arrived, and she had this beat-up pair of tennis shoes on, with her toes sticking out. And she crossed in March, and there's a lot of snow at 18,500 feet in March.

This is Paldin. Paldin is a 62-year-old monk. And he spent 33 years in prison. His whole monastery was thrown into prison at the time of the uprising, when the Dalai Lama had to leave Tibet. And he was beaten, starved, tortured -- lost all his teeth while in prison. And when I met him, he was a kind gentle old man. And it really impressed me -- I met him two weeks after he got out of prison -- that he went through that experience, and ended up with the demeanor that he had.

So I was in Dharamsala meeting these people, and I'd spent about five weeks there, and I was hearing these similar stories of these refugees that had poured out of Tibet into Dharamsala. And it just so happened, on the fifth week, there was a public teaching by the Dalai Lama. And I was watching this crowd of monks and nuns, many of which I had just interviewed, and heard their stories, and I watched their faces, and they gave us a little FM radio, and we could listen to the translation of his teachings. And what he said was: treat your enemies as if they were precious jewels, because it's your enemies that build your tolerance and patience on the road to your enlightenment. That hit me so hard, telling these people that had been through this experience.

So,two months later, I went into Tibet, and I started interviewing the people there, taking my photographs. That's what I do. I interview and do portraits. And this is a little girl. I took her portrait up on top of the Jokhang Temple. And I'd snuck in -- because it's totally illegal to have a picture of the Dalai Lama in Tibet -- it's the quickest way you can get arrested. So I snuck in a bunch of little wallet-sized pictures of the Dalai Lama, and I would hand them out. And when I gave them to the people, they'd either hold them to their heart, or they'd hold them up to their head and just stay there. And this is -- well, at the time -- I did this 10 years ago -- that was 36 years after the Dalai Lama had left.

So I was going in, interviewing these people and doing their portraits. This is Jigme and her sister, Sonam. And they live up on the Chang Tang, the Tibetan Plateau, way in the western part of the country. This is at 17,000 feet. And they had just come down from the high pastures, at 18,000 feet. Same thing: gave her a picture, she held it up to her forehead. And I usually hand out Polaroids when I do these, because I'm setting up lights, and checking my lights, and when I showed her her Polaroid, she screamed and ran into her tent.

This is Tenzin Gyatso; he was found to be the Buddha of Compassion at the age of two, out in a peasant's house, way out in the middle of nowhere. At the age of four, he was installed as the 14th Dalai Lama. As a teenager, he faced the invasion of his country, and had to deal with it -- he was the leader of the country. Eight years later, when they discovered there was a plot to kill him, they dressed him up like a beggar and snuck him out of the country on horseback, and took the same trip that Tamdin did. And he's never been back to his country since. And if you think about this man,46 years later, still sticking to this non-violent response to a severe political and human rights issue. And the young people, young Tibetans, are starting to say, listen, this doesn't work. You know, violence as a political tool is all the rage right now. And he still is holding this line. So this is our icon to non-violence in our world -- one of our living icons.

This is another leader of his people. This is Moi. This is in the Ecuadorian Amazon. And Moi is 35 years old. And this area of the Ecuadorian Amazon -- oil was discovered in 1972. And in this period of time -- since that time -- as much oil, or twice as much oil as was spilled in the Exxon Valdez accident, was spilled in this little area of the Amazon, and the tribes in this area have constantly had to move. And Moi belongs to the Huaorani tribe, and they're known as very fierce, they're known as "auca." And they've managed to keep out the seismologists and the oil workers with spears and blowguns. And we spent -- I was with a team -- two weeks with these guys out in the jungle watching them hunt. This was on a monkey hunt, hunting with curare-tipped darts. And the knowledge that these people have about the natural environment is incredible. They could hear things, smell things, see things I couldn't see. And I couldn't even see the monkeys that they were getting with these darts.

This is Yadira, and Yadira is five years old. She's in a tribe that's neighboring the Huaorani. And her tribe has had to move three times in the last 10 years because of the oil spills. And we never hear about that. And the latest infraction against these people is, as part of Plan Colombia, we're spraying Paraquat or Round Up, whatever it is -- we're defoliating thousands of acres of the Ecuadorian Amazon in our war on drugs. And these people are the people who take the brunt of it.

This is Mengatoue. He's the shaman of the Huaorani, and he said to us, you know, I'm an older man now; I'm getting tired, you know; I'm tired of spearing these oil workers. I wish they would just go away. And I was -- I usually travel alone when I do my work, but I did this -- I hosted a program for Discovery, and when I went down with the team, I was quite concerned about going in with a whole bunch of people, especially into the Huaorani, deep into the Huaorani tribe. And as it turned out, these guys really taught me a thing or two about blending in with the locals. (Laughter)

One of the things I did just before 9/11 -- August of 2001 -- I took my son, Dax, who was 16 at the time, and I took him to Pakistan. Because at first I wanted -- you know, I've taken him on a couple of trips, but I wanted him to see people that live on a dollar a day or less. I wanted him to get an experience in the Islamic world and I also wanted him to -- I was going there to work with a group, do a story on a group called the Kalash, that are a group of animists,3,000 animists, that live -- very small area -- surrounded by Islam -- there's 3,000 of these Kalash left; they're incredible people. So it was a great experience for him. He stayed up all night with them, drumming and dancing. And he brought a soccer ball, and we had soccer every night in this little village.

And then we went up and met their shaman. By the way, Mengatoue was the shaman of his tribe as well. And this is John Doolikahn, who's the shaman of the Kalash. And he's up in the mountains, right on the border with Afghanistan. In fact, on that other side is the area, Tora Bora, the area where Osama bin Laden's supposed to be. This is the tribal area. And we watched and stayed with John Doolikahn. And the shaman -- I did a whole series on shamanism, which is an interesting phenomenon. But around the world, they go into trance in different ways, and in Pakistan, the way they do it is they burn juniper leaves and they sacrifice an animal, pour the blood of the animal on the leaves and then inhale the smoke. And they're all praying to the mountain gods as they go into trance.

You know, getting kids used to different realities, I think, is so important. What Dan Dennett said the other day -- having a curriculum where they study different religions, just to make a mental flexibility, give them a mental flexibility in different belief systems -- I think this is so necessary in our world today as you see these clash of beliefs taking place. And all the security issues they cause us. So,one thing we did five years ago: we started a program that links kids in indigenous communities with kids in the United States. So we first hooked up a spot in the Navajo Nation with a classroom in Seattle. We now have 15 sites. We have one in Kathmandu, Nepal; Dharamsala, India; Takaungu, Kenya -- Takaungu is one-third Christian, one-third Muslim and one-third animist, the community is -- Ollantaytambo, Peru, and Arctic Village, Alaska.

This is Daniel; he's one of our students in Arctic Village, Alaska. He lives in this log cabin -- no running water, no heat other than -- no windows and high-speed Internet connection. And this is -- I see this rolling out all over -- this is our site in Ollantaytambo, Peru,four years ago, where they first saw their first computers; now they have computers in their classrooms. And the way we've done this -- we teach digital storytelling to these kids. And we have them tell stories about issues in their community in their community that they care about. And this is in Peru, where the kids told the story about a river that they cleaned up. And the way we do it is, we do it in workshops, and we bring people who want to learn digital workflow and storytelling, and have them work with the kids. And just this last year we've taken a group of teenagers in, and this has worked the best. So our dream is to bring teenagers together, so they'll have a community service experience as well as a cross-cultural experience, as they teach kids in these areas and help them build their communication infrastructure.

This is teaching Photoshop in the Tibetan children's village in Dharamsala. We have the website, where the kids all get their homepage. This is all their movies. We've got about 60 movies that these kids have made, and they're quite incredible. The one I want to show you -- after we get them to make the movies, we have a night where we show the movies to the community. And this is in Takaungu -- we've got a generator and a digital projector, and we're projecting it up against a barn, and showing one of the movies that they made. And if you get a chance, you can go to our website, and you'll see the incredible work these kids do.

The other thing: I wanted to give indigenous people a voice. That was one of the big motivating factors. But the other motivating factor is the insular nature of our country. National Geographic just did a Roper Study of 18 to 26 year olds in our country and in nine other industrialized countries. It was a two million dollar study. United States came in second to last in geographic knowledge. 70 percent of the kids couldn't find Afghanistan or Iraq on a map; 60 percent couldn't find India; 30 percent couldn't find the Pacific Ocean. And this is a study that was just done a couple of years ago.

So what I'd like to show you now, in the couple of minutes I have left, is a film that a student made in Guatemala. We just had a workshop in Guatemala. A week before we got to the workshop, a massive landslide, caused by Hurricane Stan, last October, came in and buried 600 people alive in their village. And this kid lived in the village -- he wasn't there at the time -- and this is the little movie he put together about that. And he hadn't seen a computer before we did this movie. We taught him Photoshop and -- yeah, we can play it.

This is an old Mayan funeral chant that he got from his grandfather.

Thank you very much. (Applause)

2年前 MIT(マサチューセッツ工科大学)がある事実を突き止めました ケン・ヘールという 言語学者によれば 現在 地球上で話されている 6,000の言語のうち 3,000は 子どもたちは話していません つまり一世代で― 文化の多様性は半分になります それから 2週間ごとに その文化の言葉を話す 最後の年配者が亡くなり 言語も消滅しています つまり何世紀にも渡って― 人々の経験から集められてきた 自然界についての知識体系が 消えてしまいます そして これが2週間ごとに起こるのです

これまで20年間― 歯医者として働いた後― 世界中を旅しては このような人々についての物語を 持ち帰ってきました これから皆さんと いくつかのお話を共有したいと思います こちらは タムディン 69歳の尼僧です チベットへの侵略に反対して 小さなプラカードを掲げたことで 2年間 刑務所に入れられていました 彼女と出会った時― 彼女は師であるダライ・ラマに会うため チベットの首都ラサから ヒマラヤを越えてネパールに入りインドを渡り― 30日間 歩いてきたところでした ダライ・ラマはインドのダラムシャーラーに住んでいます この写真は 彼女が到着して3日後に撮ったものです つま先が破けた ボロボロの テニスシューズを履いて 雪深い 3月 標高5600メートルを渡ってきました

こちらは ポルデン ポルデンは62歳の僧侶で 33年間 刑務所にいました ダライ・ラマがチベットを去る時に起こった 暴動で 彼の僧院にいた全員が 投獄されました そして 刑務所にいる間に殴られ 飢え 拷問を受け 全ての歯を失いました 私が出会った時彼は優しく親切な老人でした このような経験をした刑務所から出て 2週間 経った時でしたが 私に見せた彼の物腰には 感銘を受けました

ダラムシャーラーで このような人々に会い― およそ5週間を過ごし― チベットからダームシャラヘ流入した このような難民たちから 同じような話を聞きました 5週間目にダライ・ラマから 一般の人向けの お話がありました そこで 私は そこに集まった 僧侶や尼僧の群衆を見ていました その多くは 私がインタビューをして― 話を聞いた人たちでした 私は彼らの顔を見ていました 小さなFMラジオが渡され お話の通訳を聞くことが出来ました ダライ・ラマは言いました あなたの敵を尊い宝石のように扱いなさい なぜなら敵こそが あなたの 寛容や忍耐を作り上げ あなたを悟りに導くからです 私は この言葉に強く衝撃を受け このような経験をしてきた人々と話をしました

2か月後にチベットに行き そこで人々の話を聞き 写真を撮ることを始めましたこれが私がやっていることです インタビューをしてポートレートを撮ること トゥルナン寺の頂上で この小さな少女のポートレートを撮りました チベットでは― ダライ・ラマの写真を持つことは違法で― すぐに逮捕されてしまいますから 財布に入るくらい小さなダライ・ラマの写真の束を こっそり持ってきて人々に渡していました 人々に その写真を渡すと 写真を胸にあてたり 額に当てたりして じっとしていました そして これは― 私が撮影を行ったのは10年前なので― ダライ・ラマが去って36年後のことでした

ですから 人々にインタビューをしてポートレートを撮りました ジグミーと妹のソナムは チベットの西部に広がる チベット高原のチャンタンに住んでいました 標高は5,200メートルです 彼女たちは この時ちょうど5,500メートルの 高原から歩いて来たところでした ダライ・ラマの写真を渡すと 同じように 額に掲げていました ポートレートの撮影をした後は 照明をチェックするために使った ポラロイドを渡していますが 彼女にポラロイドを渡したら叫んでテントに逃げてしまいました

こちらは テンジン・ギャツォ 2歳の時にダライ・ラマの化身として 人里離れた農家から 見出されました 4歳の時に ダライ・ラマ14世に任命されました ティーンエージャーの時 国の侵略に直面し リーダーとして解決を迫られました 8年後 彼の暗殺計画が 発覚した時 人々は 彼に物乞いのような恰好をさせ 馬に乗せて 国から逃がしました そして タムディンと同じような旅をしました それ以来 母国には戻っていません そして この男性は 46年たった今でも いまだに 非暴力主義を貫き 深刻な政治・人権問題に立ち向かっています 若いチベット人は― 非暴力では対応できない 今は 政治的な手段として暴力を使うのが 主流なんだと言い始めています しかし ダライ・ラマは この立場をくずしません ですから彼は 世界の非暴力の― 生きる象徴なのです

こちらも リーダーで エクアドルのアマゾンに住む 35歳のモイです エクアドル・アマゾンの この地域では― 1972年に石油が発見され それ以来 ずっと― エクソンバルディーズ号事故で流出した原油と 同等 または2倍ともいわれる原油が アマゾンの この小さな地域に流出しており ここの部族は 常に移動しなければなりませんでした モイは ワオラニ族で ワオラニ族は とても荒々しく 「アウカ族」としても知られています 彼らは なんとか 地震学者や石油企業の労働者の侵入を 槍や吹き矢で防いでいました 私たち― 私はチームと― ジャングルで 2週間 彼らとともに過ごし 狩りの様子も見ていました これは 猿を狩る時で クラーレ(毒)を先に塗った投げ矢を使っています 自然環境に対する彼らの知識は 本当に素晴らしいものです 彼らは 聴覚や嗅覚も敏感で私が見えなかったものも見えていました 実際 私は彼らが投げ矢で 追っていた 猿すらも見えませんでした

こちらは ヤディラ ヤディラは 5歳で ワオラニ族の隣の族にいました 彼女の部族は 石油流出によって 過去10年間に 3度も移動を余儀なくされました そんな話は聞いたことありませんよね 最近 これらの人々を苦しめているのは プラン・コロンビアの一部として パラコートやラウンドアップといった除草剤がまかれ エクアドル・アマゾンの何千エーカーもの土地が 破壊されていることです 麻薬撲滅のためです この被害をまともに食らっているのがこういった人々なのです

こちらは メンガトゥーイ ワオラニ族のシャーマンです それで 彼が言ったのは 「もう年も取ったし― 疲れてきた― 石油労働者を追い払うのに疲れたし もうどこかに行ってほしいよ」と 普段 仕事の時は 一人で行きますがこの時は― ディスカバリーの番組をやっていたのです チームで行った時に とても懸念をしていたのは たくさんの人で押しかけて 特に ワオラニ族の中に深く入って行くことでした ただ 実際にやってみると この人たちは 地元住民に溶け込むのに どうしたらいいか 教えてくれました (笑い)

私が やったことの一つとして ちょうど9.11テロの前 2001年8月に― 息子のダックス 当時16歳を連れて パキスタンに行きました というのも― 息子を旅に連れて行ったことは何度かありますが 息子には まず 1日1ドル以下で暮らす人々を見て そして イスラムの世界も 経験してほしかったのです それで・・・ 私は ある種族に会いに行きました カラシュ族と呼ばれる人たちの取材でした カラシュ族は 精霊信仰者3,000名の集団で まわりをイスラム教信者に囲まれた― 本当に小さな地域に住んでいます 3,000人が残っていますが素晴らしい人たちです 息子には 良い経験になり毎晩 カラシュ族の人々と遅くまで ドラムをしたり 踊ったりしていました 息子はサッカーボールを持って行っていたので この小さな村で 毎晩サッカーをしました

そして 私たちは ついに 彼らのシャーマンと会いました さきほどのメンガトゥーイも彼の部族の シャーマンでした こちらが ジョン・ドゥーリカン カラシュ族のシャーマンです アフガニスタンとの国境にある 山奥にいます 実際 その反対側は トラボラといって オサマ・ビンラディンがいると言われていた場所です そして 私たちは ジョン・ドゥーリカンとともに 滞在しました 私は シャーマニズムについて様々な取材をしましたが それは 興味深い現象です 世界では 人々は 色々な方法で入神状態になります パキスタンでは ジュニパーの葉を燃やし 動物のいけにえを捧げ 動物の血を葉の上に注ぎ その煙を吸い込むのです そして 全員で 入神状態に入り 山の神に祈ります

ですから 子どもたちを 様々な現実に慣らすこと― それは大事だと思うのですダン・デネットが言った通り 様々な宗教を学ぶカリキュラムを組み 精神的な柔軟さを養わせること 異なる思想の中で精神的な柔軟性を培うことは 今日の世界では欠かせないことだと考えます 信条のぶつかり合いを目にしますし それらは安全保障上の問題も引き起こします そこで 私たちが5年前に始めたのが アメリカの子供たちと 先住民族の子供たちを結びつけることです まず 私たちが結びつけたのは ナバホ・ネイションとシアトルの教室です 今では15か所になりました ネパールのカトマンズ インドのダラムサラケニヤのタカウングにも― タカウングは キリスト信者 イスラム信者精霊信仰者が 3分の1ずつで構成されている社会です ペルーのオリャンタイタンボ アラスカのアークティック・ビレッジ

こちらはダニエル私たちの生徒の一人で アラスカのアークティック・ビレッジにいます 丸太小屋に住んでいて― 水道も 暖房もなければ― 窓も 高速インターネットもありません それから― これは あちこちで見ますが― 4年前 ペルーのオリャンタイタンボで 生徒たちが 初めてパソコンを手にしたときの様子 今では教室にパソコンがあります これを どうしたかと言うと― 子どもたちにデジタル・ストーリーテリングを教えたのです そして 子どもたちに彼らが大切に思う地元で 問題になっていることを話してもらいました これはペルーで 子どもたちが話しているのは 自分たちで きれいに掃除した川についてです 私たちは ワークショップを開いて デジタル・ワークフローや ストーリーテリングを学びたい人を集めて 子どもたちと 一緒にやってもらうのです ちょうど去年 ティーンエイジャーを連れてきましたが これが一番上手くいきました 私たちの夢は ティーンエイジャーを引き合わせることです 社会奉仕の経験が得られるだけではなく 異文化も体験することができます しかも この地域の子どもたちに教え 情報インフラを作る手伝いをしながらです

これは フォトショップを教えているところで ダラムシャーラーのチベット人の子どもたちの村です 私たちのウェブサイトで 子どもたちは皆 自分のホームページを作っています これは全部 子どもたちの動画で60もあります 子どもたちが作ったものですが― 本当に素晴らしいです 皆さんに お見せしたいのは― 子どもたちが動画を作った後 地域の皆さんに それを見てもらうのです これは タカウングで― 発電機とプロジェクターを準備して 納屋に上映して 動画を見せているところです 機会があれば 私たちのウェブサイトで 子どもたちの素晴らしい作品を見てください

もう一つ― 私は 先住民族の方に発言権を与えたいと思っていて それは 一つの大きな原動力になりました もう一つの原動力は 私たちの国が 他国に関心を持たないことです ナショナル・ジオグラフィックは アメリカと先進9か国の 18~26歳を対象に 世論調査を行いました 200万ドルの調査です アメリカは 地理的知識では 最後から2番目 子どもたちの70%は アフガニスタンやイラクの場所が分からず― 60%はインドも分からなかったのです 30%は太平洋の場所も示せませんでした この調査は 2~3年前に行われたばかりです

そこで 皆さんには 残り2~3分で グアテマラで生徒が作った映画を お見せしたいと思います 最近 グアテマラでもワークショップを行いましたが ワークショップの1週間前 去年10月のハリケーン・スタンで 大きな地滑りが起きて この村の600人が生き埋めになりました この子は この村に住んでいましたが― 当時は そこにいませんでした― これは 彼がそのことについて作った短編映画です 彼は この映画を作るまでパソコンを見たことがなく 私たちがフォトショップを教えて・・・ そうですね 映像を流しましょう

これは 古いマヤ文化の弔いの歌で 彼が祖父から教えてもらったものです

ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画