TED日本語 - マシュー・チャイルド: ロッククライミングから学んだ9つのこと

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マシュー・チャイルド: ロッククライミングから学んだ9つのこと

TED Talks

ロッククライミングから学んだ9つのこと
Matthew Childs' 9 life lessons from rock climbing
マシュー・チャイルド

内容

このトークはTED University 2009でベテランロッククライマーのマッシュー・チャイルズがロッククライミングがうまくなる9つのポイントについて話します。これらのポイントは海抜ゼロメートルでも役に立ちます。

Script

It's pretty simple. There are nine, sort of, rules that I discovered after 35 years of rock climbing. Most of them are pretty basic.

Number one: don't let go -- very sure success method. But really, truly -- often you think about letting go way before your body does. So hang in there, and you come up with some pretty peculiar solutions.

Number two: hesitation is bad. This is a friction climb, up in Tuolumne Meadows, in the Yosemite high country. Friction climbing doesn't have any sort of hard positive edges. You're climbing on little dimples and nubbins in the rock. The most friction you have is when you first put your hand or your foot on the rock. And then from that point on, you're basically falling. So momentum is good. Don't stop.

Rule number three: have a plan. This is a climb called the Naked Edge, in El Dorado Canyon, outside of Boulder. This climber is on the last pitch of it. He's actually right about where I fell. There is about 1,000 feet of air below him. And all the hard pitches are actually below him. Often what happens is you're planning so hard for like, "How do I get through the hardest part? How do I get through the hardest part?" And then what happens? You get to the last pitch. It's easy. And you're completely flamed out. Don't do it. You have to plan ahead to get to the top.

But you also can't forget that each individual move you have to be able to complete. This is a climb called the Dike Route, on Pywjack Dome, up in the Yosemite high country. The interesting thing about this climb is it's not that hard. But if you're the leader on it, at the hardest move, you're looking at about 100 foot fall, onto some low angle slabs. So you've got to focus. You don't want to stop in the middle like Coleridge's Kubla Kahn. You've got to keep going.

Rule number five: know how to rest. It's amazing. The best climbers are the ones that in the most extreme situations can get their bodies into some position where they can rest, regroup, calm themselves, focus, and keep going. This is a climb in the Needles, again in California.

Fear really sucks because what it means is you're not focusing on what you're doing. You're focusing on the consequences of failing at what you're doing because any given move should require all your concentration and thought processes to execute it effectively.

One of the things in climbing is, most people sort of take it straight on. And they follow the most obvious solution. This is the Devils Tower in Wyoming, which is a columnar basalt formation that most of you probably know from "Close Encounters." With this, typically crack climbers would put their hands in and their toes in and just start climbing. The cracks are too small to get your toes into so the only way to climb is using your fingertips in the cracks, and using opposing pressure and forcing yourself up.

Rule number eight: strength doesn't always equal success. In the 35 years I've been a climbing guide and taught on indoor walls, and stuff like that, the most important thing I've learned was, guys will always try to do pull-ups. Beginning guys, it's like, they thrash, they thrash, they get 15 feet up -- and they can do about 15 pull-ups right -- And then they just flame out. Women are much more in balance because they don't have that idea that they're going to be able to do 100 pull-ups. They think about how to get the weight over their feet because it's sort of natural -- they carry you all day long. So balance is really critical, and keeping your weight on your feet, which is your strongest muscle.

And of course there is rule number nine. I came up with rule number nine after I actually didn't plan for a fall, and went about 40 feet and cracked a rib. Once you get to that point where you know it's going to happen, you need to start thinking about how you're going to let go because that is the critical piece of not getting hurt -- how you're going to fall onto the rope, or if you're climbing without a rope, fall to a place where you can actually control the fall. So don't hang on till the bitter end. Thank you very much. (Applause)

話は簡単です 35年間ロッククライミングして 見つけた9つのルールがあります 基本的なものばかりです

1つ、放さない。 成功するためにかなり有効なことです でも、確かに、頭が体よりも 先に諦めて手を放そうと考えだします だから、放さなければ、 想像力に富んだ解決策が思い浮かぶものです

2つ、ちゅうちょしないこと これはヨセミテのトゥオルミ・メドウズでの フリクションクライムです フリクションクライムには確かなホールドはなく 粒のようなホールドや、岩のちょっとしたくぼみを使って登ります 一番フリクションがある時というのは岩に最初に足か 手をかけた時です その後は基本的に落下状態にいます 勢いがあるのはよいことです ちゅうちょしないように

3つ、計画を立てておくこと これはボルダーの外にあるエルドラド渓谷の ネイキッドエッジという名前のルートです この写真のクライマーは最後のピッチを登っているところです ちょうど私が落ちたところ辺りにいます 地上から約305m離れています 実は要となるピッチはすでに登り終えています よくあるのが 難易度が高いポイントだけに 「どうしよう?」と考えすぎることです そうしたらどうなるか? 最後のピッチに到達して、簡単なルートなのに ここで完全に体力も気力も使い果たしている これではいけません ゴールに到達するには先まで計画しておく必要があります

同時にムーブを一つ一つ達成していく 必要があることも忘れないように これはダイクルートと名づけられていて ヨセミテのビラドームにあるルートです このルートの面白い点はあまり難しくないところです でもリードしているとなると 一番難しいところで、なだらかな岩肌を30メートルくらい 転がり落ちることになります なので集中することが重要です コールリッジのクブラ・カーンのように 途中で止まらず 動き続けなければなりません

5つ、休み方を知ること すごいクライマーは どんなに無理そうな状況でも体をうまく 配置することによりレストをとることのできる 場所を見つけ出し 落ち着きを取り戻して集中力をまた高め 登り続けます カリフォルニアのニードルズにあるルートです

恐怖を感じている時にはやるべきことに 集中していないのでよくありません どちらかというと失敗した時のことを 考えていると言うことになります どのムーブを成功させるにも思考能力は そのムーブをどのように達成するか 考えていなければなりません

クライミングをする時、ほとんどの人は もっとも自然に思える方法で登りはじめます これはワイオーミングのデビルズタワーです 玄武岩の岩頸で未知との遭遇に 出てきたので知っているかもしれません ここではクラッククライマーは 手やつま先を岩の割れ目に入れて 登りはじめます 割れ目が小さ過ぎてつま先を入れることができないので、 指先を何とか割れ目に入れ 足を 突っ張って 自分を上に押し上げます

8つ、力があればよいというわけではない クライミングのガイドを35年間続けてきて インドアにあるウォールなどで教えてきたのですが その中でわかった一番重要なことは 男は必ず懸垂しようとするということです 初めて登る男はもがいて、もがいて、もがいて 9メートルくらい登ります で大体の人は懸垂を15回できますよね? そこで完全に疲れきってしまいます 女性はもっとバランス感覚を使おうとします というのはもとから100回も懸垂することが できると想定していないからです なるべく足に力をかけようとします 自然な考え方ですよね 足は一日中体を支え続けているわけですから ですからバランス感覚は 一番力強い筋肉でできている足に 体重をかけるようにすることが重要です

そして9つ目 9つ目のルールを発見したのは 落ちることを考えずに いきなり12メートル落ちて肋骨にひびを入れた時でした もう絶対に落ちるとわかった時点からどのように 落ちるか計画し始める必要があります 怪我をしないためにはこれが一番 重要だからです ロープを使ってどのように落ちていくか ロープが無ければ落下が制御できる 場所にどのように落ちていくか 最後までただただ つかまっていることだけにこだわり続けるのは止めましょう ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画